柔軟に働き方を選ぶ時代に必要なこと >>

暗号解読について、以前質問して、

スーパーコンピュータならAESもそれ以外も1週間あれば解読できます。
個人レベルでは何やっても無駄です。

と教えていただきました。

次の疑問ですが、

AES、鍵の長さ256ビット、Camellia、鍵の長さ256ビット
で、2段階の暗号化をした場合の解読時間は
2週間になるのでしょうか?
それとも、
1週間*2^256 時間
くらいかかると計算するべきなのでしょうか?

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

質問文書をそのまま理解すれば


「それ以外も1週間あれば解読」とあるのだからそのまま1週間じゃないの?
またコンピュータの処理能力は日進月歩ですから徐々にちじまる話です。
(そもそも「あれば」というのは上限ですから1日や1時間でおわる
可能性もあるのでしょうから)

また
>個人レベルでは何やっても無駄です。
というのは、すべての悪意あるクラッカーがスパコンを自由に使えるわけではないので
究極の是か非の二元論的には「無駄」ですが、別に暗号化が無駄という意味ではないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

たとえば、

あるデータを、
最初は、AES、鍵の長さ256ビット、を使って1回目の暗号化をして、
その暗号化したデータを
Camelliaで、全く別の鍵で長さ256ビットのものを使って2回目の暗号化をする。
さらに、2回目の暗号化したものに対して、
MARSで、さらに新しい暗号化鍵で長さ448ビットのもので3回目の暗号化する。

のように、3回の多重暗号化をしても、解読にかかる時間は、1週間くらいということでしょうか?
それとも、3回なのでその3倍の3週間なのでしょうか?
それとも、1週間*2の256乗*2の448乗 の時間が必要になると考えるべきなのでしょうか?

多重暗号化したときの、効果の計算の仕方を教えていただきたいのです。
たとえば、上の1週間が、1分だったとしたら、3回の多重暗号化をした場合の解読時間の見積もりは、
(1) 1分
(2) 3分
(3) 1分*2の256乗*2の448乗
のどれになるのでしょうか?
あるいは計算時間の見積もりは、全く別のものになるのでしょうか?

お礼日時:2015/10/02 17:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QAES暗号は解けるのでしょうか?

米ニューヨーク・タイムズ紙(9月27日付)によると、オバマ民主党政権は来年の連邦議会に向け"盗聴法改正法案"を準備している。今回の改正では、インターネット向け通信傍受の強化をねらっており、ブラックベリー端末による暗号メールやフェースブックなどのソーシャル・ネットワーク、スカイプのようなP2P電話などが含まれている。

という話ですが、

せっかく盗聴しても、AESで暗号化されていて解読できなければせっかく法律を改正しても意味が無いように思えます。
アメリカ政府は、標準として推奨しているAES暗号を解けるのでしょうか?

それとも、暗号通信を奨励するためにこんな法律を提出しているのでしょうか?

Aベストアンサー

おもしろい質問ですね。
10年後ぐらいには答えが分かると思いますが、現時点では一般人の我々にそれを知る由はありません。

例えば、旧日本軍は自らの紫暗号が解読されていることを敗戦を迎えるまで知りませんでした。ナチスドイツのエニグマ暗号も同様です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%AB%E6%9A%97%E5%8F%B7
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%8B%E3%82%B0%E3%83%9E_%28%E6%9A%97%E5%8F%B7%E6%A9%9F%29

容易に解読できることが明らかになれば、誰もその暗号を使わなくなるでしょう。一般人には「おそらく解読できないはず」とか、「解読するには膨大な時間とコストがかかる」とか思わせておくのが良策なのです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報