イタリアワインが好きでいろいろ飲んでいるんですが、最近一つの疑問が解決せずに困っています。
似たようなワイン名や葡萄名が何度も出てきて非常にややこしい文章になってしまっているのですが・・・。
ブルネッロ・ディ・モンタルチーノに使われているブルネッロ種とヴィーノ・ノビレ・ディ・モンテプルチアーノに使われているプルニョロ・ジェンティーレ種の2種類の葡萄は、「どちらも1860年頃にサンジョヴェーゼ種から品種改良されたサンジョヴェーゼ・グロッソ種という葡萄の事である」と本には書いてあるのですが、ヴィーノ・ノビレ・ディ・モンテプルチアーノは中世ローマ時代から作られてきた由緒あるワインとのこと。
サンジョヴェーゼ・グロッソとはサンジョヴェーゼを品種改良したもので、本来はプルニョロ・ジェンティーレと呼ぶ葡萄である、つまりサンジョヴェーゼとプルニョロは同じ葡萄だということ?いやちがいますよね。どうやっても
つじつまを合わすことが出来ないのですが、どの本を見てもこのことは説明されていません。
このことついてどなたかご存知ありませんか?
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ぶどう品種は地域によって呼ばれ方が変わったり、元のぶどう品種がその地域の気候や土壌にあわせて少しづつ変化したりするので、同じ品種でも無数に名前を持っています。


質問にでてくるぶどう品種は広い意味ではすべてサンジョヴェーゼ種(Sangiovese)ですが、サンジョヴェーゼ種は大きくわけてサンジョヴェーゼ・グロッソ種(Sangiovese Grosso)とサンジョヴェーゼ・ピッコッロ種(Sangiovese Piccolo)にわかれます。
ブルネッロ種(Brunello)は19世紀にビオンディ・サンティによってサンジョヴェーゼ種の良いところを伸ばしてつくられたクローンで、1860年頃にと書かれているのが該当すると思います。
プルニョロ・ジェンティーレ種(Prugnolo Gentile)はサンジョヴェーゼ・グロッソ種のモンテプルチアーノ地方での呼ばれ方で1860年頃の記述とは特に関連はないと思うのですが?
ちなみにブルネッロ種はサンジョヴェーゼ・グロッソ種の系統です。

ぶどう品種に関しては Jancis Robinson の VINES GRAPES AND WINES が大変参考になります。ポケット版の GUIDE TO WINE GRAPES は日本語版が出ていると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってしまい申し訳ありません。
大変ていねいな回答どうもありがとうございます。
胸のつっかえが取れたような気がします。
葡萄品種に関する本も早速購入するつもりです。
本当にどうもありがとうございました。

お礼日時:2001/06/20 10:01

詳しい事はお答え出来ませんが、答えは「同じ」です。


ワインアドバイザーを受ける為の講座で、私はこのように教わりました。
よく、地方によって呼び名が違う場合がありますが、私は勝手にその手のものだと
解釈していました・・・。でも同じトスカーナ州でしたよね・・?
恐らく伝統を重んじるイタリアワイン界の習慣ではないでしょうか?

あくまで、ご参考までに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってしまって申し訳ありません。
そうですか、ワインアドバイザーを受けるようなハイレベルのところでもこの問題は無視されているということはmiyakoさんのおっしゃるように地方によっての呼び名の違いが主な理由ってところなんですかね。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/06/20 10:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qデータベースソフトウェアの選び方(Windows使用者)で困っています

ある農作物の品種と年産ごとの定性・定量実験から得られるデータ、成分とその定量値をデータベースにしたいのですが、どのようなデータベースソフトウェアを選べばいいのでしょうか。
データベースの使い道は以下の通りです。

1 品種間や年産間の比較をグラフでしたい
2 毎年、分析データは蓄積されていく
3 PC間でデータベースを共有したい
4 成分は品種、年産により異なる
5 分析機器(GCMS,LCMS,CEMS)についても記載したい

このような注文の多いデータベースを可能とするような、しかも比較的構築が簡単なソフトウェアって、アクセス、ファイルメーカー、エクセル…どれなんでしょうか。自分では、アクセスが適当かなと思っているのですが…。

Aベストアンサー

DB選定の基準は、データの規模、同時使用人数、信頼性、予算などによります。
「どんなデータを蓄積するのか」はとりあえずは考える必要はないかと。(リレーショナルデータベースであれば、その辺は大して変わらないので。)

グラフについても、ほとんどのDBはExcelにデータを書き出せますので、さほど気にする必要はないかと思います。(データの蓄積はDB、分析はExcelという使い分けが出来る)

一応の目安としては、
データ量は年間数万件
同時使用は3人程度まで
頻繁にバックアップを取れる環境がある
程度であれば、Accessで十分です。

上記と1ケタ異なるようでしたら、OracleやSQL-Serverの導入も視野に入れたほうがいいかも。
同時使用人数は少ないが、データ量は多い、信頼性も重視ということであれば、MSDEって手も考えられますね。

Qワイン:葡萄の品種

最近、趣味としてワインを始めました。
試しに買ったものが、シャトー・ル・フレース2007(赤)とシャトー・ド・クレレ2007(白)です。

質問は、2つあります。
1つ目は、もしこれをレストランで注文する際は何と言えばいいんでしょう?
もう一つは、これらの葡萄の品種は何でしょう?

私に分かるのは、シャトー・ル・フレース2007(赤)がボルドー地方のワインでシャトー・ド・クレレ2007(白)がロワール地方のワインということだけです。
どちらも、かなりおいしいです。

それと、こんな質問をこれからも何度もして皆さんにお世話になると思います。

どうか、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

シャトー・ル・フレースではわかりませんでしたが、シャトー・ド・フレースなら、JALが取り扱っているようですね。
シャトー・ド・フレースは、ボルドーのワイン、ということしかわかりませんが、もしラベルに、Appellation ○○ Controlee という表記が見つかれば、その○○のところをおしえていただければ、大体の品種が想像付きますので。
おそらくはBordeauxか、Medocかと思いますが。

シャトー・ド・クレレ2007(白)のほうは、シャトー・ド・クレレは商標で、一般的なワイン名はミュスカデ・セーブル・エ・メーヌ・シュル・リーと思います。
品種は、ミュスカデです。ロワール川の河口から50kmほど入った地区のワインですね。

ワインリストには、一般的には、ワイン名と年号(ヴィンテージ)、それと、赤と白は別べつに表記されています。原産地も書かれていることが多いです。味(辛口など)や値段の表記は、そのレストランなどによって書かれていたり、いなかったりです。

Q「リレーショナルデータベース」と「データベース」

「リレーショナルデータベース」と「データベース」は何が違うのでしょうか?
accessはリレーショナルデータベースとの事ですが,普通のデータベースと何が違うのでしょうか?

[データベースはこうだけど、リレーショナルデータベースはこうだよ!]
って教えて頂ければ助かります。

Aベストアンサー

データベースというのはデータの集まりのことで、ソフトウエアのことではありません。データベースという用語は法律でも定義されています。
著作権法第2条第1項十の三
 データベース 論文、数値、図形その他の情報の集合物であつて、それらの情報を電子計算機を用いて検索することができるように体系的に構成したものをいう。

リレーショナルデータベースとは複数のデータベースを組み合わせて(関連付けて)一体として管理するデータベース構造(スキーム)のことであり、組み合わされる個々のデータベースのことはテーブルと呼びます。もちろんリレーショナルデータベースもデータベースの一種です。上記の法律の条文に照らしてみれば明らかでしょう。
EXCELのような表計算ソフトでもデータベース(テーブル)を構築することはできますが、リレーショナルデータベースを構築するには専用の管理機構が必要で、表計算ソフトでは構築不能です。

Accessのようなソフトはこのデータベースを管理・操作するためのソフトウエアであり、分類上「データベースソフト」あるいは「DBMS(データベース・マネジメントシステム)」と呼ばれます。素人向けはデータベースソフト、業務用はDBMSと呼ぶのが普通です。なお、マイクロソフトではAccessのことを、一般向けにはデータベースソフトウエアと呼び、技術者向けにはDBMSと呼んでいるようです。これらのソフトウエアで管理・操作する対象がデータベースでありリレーショナルデータベースなのであって、Accessなどのソフトウエアがデータベースなのではありません。

パソコンが仕事で使われることの少なかった初期(主にホビー・家庭用途)は、パソコン上で動作するデータベースソフトは「カード型」などのリレーショナル機能のないものが主流でした。住所録管理程度であればこれで十分でしたし、当時の表計算ソフトは現在のような大量データは扱えませんでしたから(最大500行とか)、Windows普及以前はデータベースソフトと言えばリレーショナル機能のないカード型ソフトが家庭や零細企業では普通に使われていました。
リレーショナルデータベースがあっても高価で(ビジネス用で一番普及していたdBASEは定価268,000円だったはず)、システム構築も簡単ではないので、システム化の進んだ大手企業やその関連会社でもなければ導入していないのが普通だったと思います。

データベースというのはデータの集まりのことで、ソフトウエアのことではありません。データベースという用語は法律でも定義されています。
著作権法第2条第1項十の三
 データベース 論文、数値、図形その他の情報の集合物であつて、それらの情報を電子計算機を用いて検索することができるように体系的に構成したものをいう。

リレーショナルデータベースとは複数のデータベースを組み合わせて(関連付けて)一体として管理するデータベース構造(スキーム)のことであり、組み合わされる個々のデータベー...続きを読む

Q赤ワイン用の葡萄を使って、白ワインを作っているのってあります?

赤ワイン用の葡萄を使って、白ワインを作っている地方とかありますか?
この質問をするわけは、ドイツの古城街道のシュワーベン地方とフランケン地方の境のあたり(ぎりぎりシュワーベン地方)で、キャプションでは「赤ワインをふるまう」と書いてあるのに写真では黄色っぽい色をしているからです。黄色っぽいのも白ワインと思うのですが。
赤ワインようの、たとえばカベルネでも皮をむいて処理したら一応白ワインになりますよね?でも一般的ではないのでしょうか?

Aベストアンサー

 赤ワインの色はブドウの皮から抽出されたものですから、皮を一緒に仕込むことで色がつきます。ブドウの果汁を絞るときに皮を分離できますから粒の状態のブドウの皮をむく必要はありません。

 白ブドウから作られた白ワインをブラン・ド・ブラン、黒ブドウから作られたワインをブラン・ド・ノワールなどと呼ぶこともあります。蛇足とは思いますが、フランス語でブランは白、ノワールは黒の意です。

 まあ、赤ワイン用ブドウで白ワインを作るのはあまり多くありませんが、例外はシャンパーニュ(シャンパン)で、シャルドネはもちろん使いますが、ピノノワールやピノムニエなどの黒ブドウから作られるシャンパーニュはたくさんあります。

 ドイツワインの件が本題でした。ドイツはヨーロッパでも北のほうに位置しています。ヨーロッパにおけるブドウ栽培の最北限はドイツです。こうした寒い地方では黒ブドウにもあまり色素が乗らずに、赤ワインを作っても濃い赤にならないと聞いています。ただ、黄色っぽく見えるほどではなく、ロゼに近い色になるはずですが...。その写真、そう思ってみたら黄色ではなくロゼに近い色に見えませんか?そんなわけないか(^^;

 回答になってませんね。ごめんなさい。

 赤ワインの色はブドウの皮から抽出されたものですから、皮を一緒に仕込むことで色がつきます。ブドウの果汁を絞るときに皮を分離できますから粒の状態のブドウの皮をむく必要はありません。

 白ブドウから作られた白ワインをブラン・ド・ブラン、黒ブドウから作られたワインをブラン・ド・ノワールなどと呼ぶこともあります。蛇足とは思いますが、フランス語でブランは白、ノワールは黒の意です。

 まあ、赤ワイン用ブドウで白ワインを作るのはあまり多くありませんが、例外はシャンパーニュ(シャンパ...続きを読む

Q【エクセル】データベースシートの値を印刷用シートに2段に分けて返すには?

データベース上では1行で横方向に複数のデータを落とし込んでいますが、
印刷用のシートはレイアウトの関係上1行のデータを2行ずつに返しています。

1人目1行目の各セルは
 A4=IF(データベース!A1="","",データベース!A1)
 A5=IF(データベース!B1="","",データベース!B1)
 A6=IF(データベース!C1="","",データベース!C1)
2行目の各セルは
 B4=IF(データベース!D1="","",データベース!D1)
 B5=IF(データベース!E1="","",データベース!E1)
 B6=IF(データベース!E1="","",データベース!E1)
2人目一行目(上から三行)の各セルは
 A4=IF(データベース!A2="","",データベース!A2)
 A5=IF(データベース!B2="","",データベース!B2)
 A6=IF(データベース!C2="","",データベース!C2)
2行目(上から4行目)の各セルは
 B4=IF(データベース!D2="","",データベース!D2)
 B5=IF(データベース!E2="","",データベース!E2)
 B6=IF(データベース!E2="","",データベース!E2)

これだと下にコピペすると参照先がずれてしまいますので手入力してます。
Row関数などを使って上手く参照させるように出来たらと考えています。
いい方法は無いでしょうか?

よろしくお願いいたします。

データベース上では1行で横方向に複数のデータを落とし込んでいますが、
印刷用のシートはレイアウトの関係上1行のデータを2行ずつに返しています。

1人目1行目の各セルは
 A4=IF(データベース!A1="","",データベース!A1)
 A5=IF(データベース!B1="","",データベース!B1)
 A6=IF(データベース!C1="","",データベース!C1)
2行目の各セルは
 B4=IF(データベース!D1="","",データベース!D1)
 B5=IF(データベース!E1="","",データベース!E1)
 B6=IF(データベース!E1="","",データベース!E1)
2人目...続きを読む

Aベストアンサー

ANo1です。

A4に
 =INDIRECT(ADDRESS(INT(ROW()/2)-1,COLUMN() + MOD(ROW(),2)*3,,,"データベース"))
を入力して、右、下方に必要なだけフィルコピーでいかがでしょうか?


※ ついでながら・・・・ご提示の式で
 =IF(データベース!A1="","",データベース!A1)
などは、『A1が""だったら""を、それ以外の場合はA1の値を表示』という意味になりますので、結局のところ
  =データベース!A1
で良いことになりませんか?

Q葡萄の品種オンライン辞典

葡萄の品種の特徴を紹介しているサイトはありませんか?できれば産地の情報も知りたいです。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こちらは如何ですか
アイウエオ順で検索できます。ttp://www.tanakaya3.com/knowage/cepage.htm

より本格的であれば、こちら(フランス語)で
cepageをクリックすれは。色々と解説があります。
http://www.vitis.org/accueil.html

Q別のACCESSデータベースのテーブルのレコードを追加したいのです

別のACCESSデータベースのテーブルのレコードを追加したいのです

同じ内容のデータベースが二つあります
データベース1とデータベース2を其々別の人がデータを入力しています
データベース1にデータベース2のテーブルで T_データT_データ明細の二つのレコードを追加したいのですがどの様にすればよいでしょうか

ご指導をお願いいたします。

Aベストアンサー

レコードカウントで採番する場合は、

rsInMain.AddNew
rsInMain!番号 = rsInNUM!番号 + 1
rsInMain!項目1 = rsOutMain!項目1
rsInMain!項目2 = rsOutMain!項目2
j = rsInMain!番号
rsInMain.Update

のところで、

rsInMain!番号 = rsInNUM!番号 + 1



rsInMain!番号 = rsInMain.RecordCount + 1

に置き換えればいいです。

それと、

'T_番号の更新
rsInNUM.Edit
rsInNUM!番号 = rsInNUM!番号 + 1
rsInNUM.Update

の部分はコメントアウトするか削除します。


こちらの環境では、レコードソースを
クエリ、テーブル、SQLどれも問題はないのですが。
一応、簡単にT_テーブルでオートフォームでフォームを
つくり、あとボタンをくっつけた簡単な
フォームでやっています。

Qバックス(酒神)という名の葡萄品種

バックス(ギリシャの酒神)という名の葡萄品種ってありますか?
どういう特徴があり、産地はどこでしょうか?

Aベストアンサー

「バッカス」の方がわかりやすいかも。
ドイツ原産でミュラー・トゥルガウの改良品種です。
白ワイン用で、フルーティなマスカット系の香りがします。
日本では少ないようですが、北海道のワイナリーで作られたものを頂いた事があります。クセが無く、上品で美味しかったです。

Qデータベースの正しい定義は?

初歩的な質問ですが、データベースを正しく定義するとどのようになりますか?

SQLとファイルシステムを一緒にしたものがデータベースですか?

また、データベースとデータベースエンジンの境界ってどこになりますか?

データベースを論じる記事を頻繁に目にしますが、さっぱり分かりません。データベースとオラクル、DB2、あるいは、SQLサーバーなどは必ずしも同じではないと思うのですが.. これらは単なる製品ではないでしょうか。製品の使い方を論じることはデータベースを論じることではないような気がしています。

データベースって何ですか?ご意見をお聞かせください。

Aベストアンサー

データを寄せ集めて整理したファイルを、データベース(以下、DB)と呼んでいる人をネット上でたびたび見かけますが、それはDBの構成要素の一つに過ぎません。

DBを管理するソフト(DBMS)は、以下のような機能を持っています。

(1)データを統合させ、重複データを極力、持たせないようにする。
(2)データの構造変更が、直接、変更部分をアクセスしないアプリケーションには影響を与えない。(データの独立性)
(3)複数ユーザから検索、更新などがあっても、データに矛盾を発生させない(排他制御)
(4)部分回復、全面回復
アプリケーションの更新を無効にできる。更新したアプリケーションが異常終了しても自動的に回復。システム全体がダウンした場合の回復。
(5)セキュリティ機能
(6)DDL(=データ定義言語)で定義、DML(データ操作言語)で操作できる
 →リレーショナルDB用の言語は、DDLやDMLを総じて、SQLと呼ぶ。
(7)検索のオプティマイザ
(8)再編成
などなど。。。

>データベースを正しく定義するとどのようになりますか?

単に「データベース」というと、DBの実体(ファイル群)を指す場合やDBMSを指す場合があります。

>SQLとファイルシステムを一緒にしたものがデータベースですか?

SQLを解析して実行可能にしている部分や、OSのファイルシステムに近い部分は、DBMSを構成する一部分の機能です。

>データベースとデータベースエンジンの境界ってどこになりますか?

データベースエンジンとは、SQLを受け付け、DBアクセスを制御し、結果を返す部分でしょうから、DBMSの中核機能ということになると思います。

DBエンジン以外に、DBMSには(オペレータ)コマンド、コンパイラ、ユティリティなどが備わっています。

SQLは国際標準化団体により、標準仕様が提示されています。しかしこれだけでは、「ただのペーパー」であり、その仕様通りに動くソフトウェア(DBMS)を誰かが設計・製造しなければ、誰も使えません。

商用としてリレーショナルDBMS(RDBMS)を開発しているメーカーには、以下のような製品、会社があります。

(1)Oracle・・・オラクル
(2)SQL Server・・・マイクロソフト
(3)DB2 UDB・・・IBM

国産でも、以下のような製品、会社があります。
(1)Symfoware・・・富士通
(2)HiRDB・・・日立
(3)RIQSII・・・NEC

オープンソースとして無料で提供されているRDBMSもあり、代表的なものにMySQLやPostgreSQLなどがあります。
オープンソースは無料で使える反面、以下のようなサポートの問題があります。
(1)トラブルがあった場合のサポートがない
→有償契約でサポートを請け負う会社はある
(2)不良があった場合にいつ誰が調査、対策するのかが不確定
(3)機能サポートが、いつ誰によりされるのかが不確定

商用RDBMSの場合は、これらが明確です。

各RDBMSは、段階的にSQLに準拠して行っているものが多いですが、標準仕様のSQL内でも未サポートの部分、標準仕様と仕様差がある部分、独自機能があるのが一般的です。
これはSQLの標準仕様が出来上がってから、各メーカーがゼロから開発している訳ではないことやメーカー各々に独自の技術があるからです。

データを寄せ集めて整理したファイルを、データベース(以下、DB)と呼んでいる人をネット上でたびたび見かけますが、それはDBの構成要素の一つに過ぎません。

DBを管理するソフト(DBMS)は、以下のような機能を持っています。

(1)データを統合させ、重複データを極力、持たせないようにする。
(2)データの構造変更が、直接、変更部分をアクセスしないアプリケーションには影響を与えない。(データの独立性)
(3)複数ユーザから検索、更新などがあっても、データに矛盾を発生させない(排他制御)
(4)部...続きを読む

Q「クカトゥー・スパークリング・レッド」ワインと同じ味の赤ワイン

「クカトゥー・リッジ・クカトゥー・ブラック・スパークリング・レッドNV」(フルネーム?)の味が大好きなので、これと同じ(限りなく近い)味の、香ばしく、濃厚な味わいの赤ワインを探しています。スパークリングでもそうでなくても構いません。

  イメージ引用:
  http://www.exwine.net/s/catalog/7801569n.html

ワイン通の皆様、そのようなワインをご紹介いただけませんでしょうか?よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

レッドスパークリングは皆ダメだと思っていました。
葡萄の実を完熟させなければ、キレイなレッドスパークリングは作れない。
葡萄の実を完熟させると、酸味が抜けるので、えぐみも出やすくて美味しいスパークリングワインは造れない。
ところが、クカトゥーリッジのレッドスパークリングは、美味しい。。。
味は、レッドスパークリングですからネムイというかボケていてキレは無い。
でも、とてもやわらかっくて、、、不思議な魅力のスパークリングワインです。
・・・美味しいですねこのワイン。

で、クカトゥーリッジのレッドスパークリングに似たワインは難しいと思います。
多少、、、感じが似ているのは、バルネイブスタリーかな?と思います。
同じバルネイブスタリーのレッドワインも美味しいですよ。
オススメします。

ネットで探したのですが、ちゃんとした写真が見つかりませんでした。
スミマセン。

バルネイブスタリー・カベルネソーヴィニオン/スパークリング コノワラ
http://plaza.rakuten.co.jp/lunatic/5000
バルネイブスタリー リザーブ・カベルネソーヴィニオン コノワラ
http://www2.yappa.biz/drink/0/150_5.html

レッドスパークリングは皆ダメだと思っていました。
葡萄の実を完熟させなければ、キレイなレッドスパークリングは作れない。
葡萄の実を完熟させると、酸味が抜けるので、えぐみも出やすくて美味しいスパークリングワインは造れない。
ところが、クカトゥーリッジのレッドスパークリングは、美味しい。。。
味は、レッドスパークリングですからネムイというかボケていてキレは無い。
でも、とてもやわらかっくて、、、不思議な魅力のスパークリングワインです。
・・・美味しいですねこのワイン。

で、...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報