マンガでよめる痔のこと・薬のこと

心理学部の三回生です。卒論のテーマがなかなか具体的なものにならなくて悩んでいます……。
自分のゼミは文献研究を行うのですが、興味のある分野を答えると毎回却下されます。具体性にかけるから却下されているとも思うので、考えているのですが……なかなかうまくまとまりません。

気になっているテーマは、
・日本(アジア)と西洋の差などの研究
・男女差(夫婦関係など)の研究
・消費行動(行動経済学)関連の研究

です。文化差や男女差は少し話しただけで却下されました……。
ゼミの教授の専門は哲学なので、あまり心理学のテーマに興味がないのか、(テーマは自由と言われましたが)やはり哲学を勧められます。しかし、講義でも必修になっていたものを2つ3つ受けた程度で知識はほとんどありません。一度勧められた哲学書は目を通したものの難しく、読めるような論文になるとは思わないのです。

なので心理学関係で行きたいのですが、いまいちテーマが絞れません。他のゼミで文献研究を行うところは少なく、ほとんど質問紙を用いた統計分析を行うところが多いので、相談もしにくくここに質問してみました。

少しでもいいので助言や、アイディアなどいただけたらと思います。
よろしくお願いいたします。

質問者からの補足コメント

  • 回答ありがとうございます。
    質問の仕方が悪くてごめんなさい、3つの事柄は全て調べたいのではなく、この3つのうち、どれか一つにしぼって、さらにそれを

    具体的なテーマにできないかと思っておりました。
    あと、文献研究になるので20代と40代の男女で調べるなどが出来ません……すみません;

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2016/01/05 08:59

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

なるほど・・・心理学部だけど、指導教授の専門は哲学・・・どこで折り合うか? まあ、心理学と哲学は親戚みたいなものですからね。


それと、あなたの挙げた3つの候補は、心理学・哲学と言うよりも、どちらかというと「比較文化論」のような感じであり、もう少し、先生の専門領域に近づけた方がよいかもしれません。

3回生と言うことですが、卒論のテーマはいつまでに決める必要があるのですか?
先ず、知識がほとんどないなどと手をこまねいているヒマがあるのなら、短期間にでも、基本的な哲学/心理学書を固め読みしてみては如何でしょうか?
その結果、これだ!と思うものがあれば、その理由を熱意を込めて、先生に語れればよいのではないでしょうか?

私自身、遠い日の学生時代、卒論のテーマが中々決まらず、あまり本も読まず、安易にまとめてしまったことを悔いています。今でこそ、いっぱしの本好きで、1年間に100冊は読んでおり、その中には哲学書や心理学関連書もありますが・・・。

いくつか、思いつくままに候補を挙げてみましょうか?(ほんの私の好みかもしれませんが・・・)

・河合隼雄『こころの処方箋』、『宗教と科学の接点』ほか多くの著書のある、日本の心理学の第一人者、ユング心理学の権威。⇒ユングも研究価値あり。

・フロイト『精神分析入門』や
『人はなぜ戦争をするのか』※ 
http://www.nhk.or.jp/meicho/famousbook/2016speci …
他多くの著書のある19~20世紀を代表する心理学者、精神分析学者、精神科医であり、広義の哲学者とされることもある。⇒Wikipediaのフロイトの項参照

・アドラー『人生の意味の心理学』は、NHK Eテレ「100分de名著」で2016年2月放映予定。アドラーは、フロイト、ユングと並び称される心理学者で、2014年のベストセラー『嫌われる勇気』はアドラー心理学のエッセンスを表したもの。ひとつの「行動学」とも捉えられ、あなたの関心に近いかもしれませんね。・・・そういえば、人々の行動原理について研究している学者は多く、近年はアドラーの他にも、マーフィー、マズロー、パーキンソンなども面白い所です。

・フロム『自由からの逃走』※や
『愛するということ』http://www.nhk.or.jp/meicho/famousbook/30_ai/ind …
この人も心理学者であり、哲学者であったとも言える。

・フランクル『夜と霧』※ http://www.nhk.or.jp/meicho/famousbook/14_frankl/
他多くの著書あり、アドラー、フロイトにも師事した精神科医、心理学者。『夜と霧』は、ユダヤ人収容所に収容されるという極限の中で、如何に気持ちを奮い立たせて生き抜いたかを語った名著中の名著。

哲学に目を転ずると、取り敢えず一人だけ挙げると

ハンナ・アーレント※:まずは解説書から
矢野久美子著『ハンナ・アーレント』(中公新書、2015年度「新書大賞第3位)、仲正昌樹『今こそアーレントを読み直す』(講談社現代新書』

※の本/人は、「戦争の世紀」と呼ばれる20世紀に生き、ナチズムや戦争の世紀を見つめ、人間について考察し、優れた著作を残しました。

色々別の著書のものを読んでいくと、それぞれの間の微妙な違いや共通点などが見えてきて、比較することも可能なのでは?

そして、あなたが2番目に挙げられた男女の違いなどについては、「ジェンダーの社会学」という学問があり、私の現在、最も関心があるテーマです。男と女(夫と妻)の関係がどうあるべきかというのは、深くて広いテーマです。ただ、このテーマを扱っている先生は意外に少なく、純粋な哲学とも心理学とも言えない面もあるので、卒論で採り上げるには、少し荷が多いかもしれませんね。

以上、取り留めのない文章で失礼しました。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

返信が遅れてすみません。テーマの提出は5月になっております。
嫌われる勇気、夜と霧、自由からの逃走は一度目を通したことがあります。やはり具体的に文献を1つに絞って、そこからテーマを広げていった方がいいですよね。もっと色んな本を読む必要がある気がしてきました…今からじゃ遅いかもしれませんが……。
どちらにせよ、根本的にテーマを考え直す必要がありますよね。色々な意見、とても参考になりました。もう少し自分の研究可能な範囲のものをテーマにしようと思います。回答ありがとうございました。

お礼日時:2016/02/24 22:18

教員が哲学なら、哲学主軸の心理になりそうですね。



・日本(アジア)と西洋の差などの研究
歴史的思想の違いから、行動様式あるいは対応のやり方あるいは・・・
何か差があるものを対象とする。

・男女差(夫婦関係など)の研究
う〜ん。これも歴史背景を重ねて思想的な切り口を入れた方が
いいかもしれません。
思想は、どうしても歴史と絡みます。
歴史を外すなら、現在多く普及してあるだろう思想を調べてでしょうか?

・消費行動(行動経済学)関連の研究
これは、難しそうです。
心理行動は経済行動に反映しますが、哲学には遠いかもしれませんね。

後は、No.2の方が言われるように、参考文献がそれなりにあると
通りやすいと思います。

あまり独自性が強いのは、卒論には向いていないと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

返信が遅れてすみません。回答ありがとうございます。
確かに、独自性が強いものはきちんと研究しなければ、出来の悪い卒論になってしまいますよね。もう一度よく吟味してみます。

お礼日時:2016/02/24 22:11

文献研究というのがどんなモノなのか、関係者で共通の理解が出来ているのか、そこに多少の問題があるのかもしれません。


この下のは、webで【文献研究の一つの文スタイル例】だそうです。
http://pweb.sophia.ac.jp/oka/edu/presentation/li …
http://pweb.sophia.ac.jp/oka/edu/presentation/te …
【文献研究とは literature review(先行研究の振り返り)であり、「文献そのものを研究対象にする」「文献そのものをデータとして扱う」ということであり、】と説明しています。 {実験や質問法などでデータを収集し、そのデータから、何かを考察する}のと{関連する多くの文献を読破し、その多数の文献の内容をデータとして、研究の対象にして考察する}のとの違いが、文献研究という区分を出しているのでしょう。
【日本(アジア)と西洋の差などの研究】を多数文献で探しそれを読んで考察するというのは、どういう観点で考察することが出来るものか、あまりに漠然としているか、あまりに研究がしにくそうか、そんな気分がします。
(社会)心理学関係で、日本(アジア)と西洋の差などの研究をしている文献がどの程度集められそうでしょうか。
《文化差や男女差を論じている研究》の動向や《文化差や男女差を論じている研究》の傾向や特徴を、卒業研究の目標にしてしまうと、実現可能な具体的な文献研究計画を作ることが出来るのか、不安になります。
気になる文献を2つ,3つ読んで、その研究の意義を考えたり、自分の感想や意見を述べるなど、授業の一環で通常されるレポート提出の方法は、文献研究ではないそうです。
教室に心理学の学術誌が多くあるのならば、1950年代、60年代、70年代、80年代、90年代、2000年代で、どのような研究があるのかの推移を調べ、その推移・変化の原因となっていることについて考察し、今後の心理学の動向や問題点を論じるとかでも良いのかもしれません。
心理学でも、最近は臨床心理・心理臨床の学生が増えているような気がしますが、心理臨床関連の出版物の動向と心理学専攻者の動向に関する研究というようなテーマでも、文献研究が出来そうな気がします。
どのような研究をするのか、自分の関心、研究に割ける自分の時間と、文献を読んでデータ化するのか、文献に関するデータを集め研究の対象にするのか、その辺りを考えて、テーマを絞って、ある程度まで考えてから、先生に《++の観点で、**の文献に関して~~や~~をして考察してみたいのですが、、、》と相談してはいかがでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

返信が遅れてすみません。
回答ありがとうございました。とても参考になりました。
もう一度、文献研究に合ったテーマを一から考え直してみようと思います。

お礼日時:2016/02/24 22:07

亜細亜と西洋における消費行動が男女でどのように差があるかを20代と40代で調べる

この回答への補足あり
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q卒業論文について

心理学系の学科に通う、大学3年生の者です。

このあいだゼミで卒業論文についてやるので、来週までに扱いたいテーマを用意してこいと突然言われ、どうしたらよいのか全くわからず途方に暮れています。
恋愛に関するものでやりたいな、と、漠然と考えてはいたものの、
いざテーマとして絞ろうとすると、一つに絞れず悩んでいます。

そこで質問なのですが、卒論のテーマはどのように絞っていくのですか?
また、私は、自分の問題にも絡められることを扱いたいのですが、そういったものでも良いのかどうか、また、どうやって調べていったら良いのか全くわかりません。。

ゼミの先生は良くいえばとて自由にやらせてくださる先生で、普段のゼミではとても自由に発表をさせてくださってとてもやりやすいのですが、大学の教授ではなく、精神科の先生が講師として来てくださっているので、卒論などの書き方については何も仰ってはくれません。
私が知らないだけなのでしょうか。。

勝手なお願いで申し訳ないのですが、アドバイスを宜しくお願いします。。

Aベストアンサー

 社会心理学を専攻している大学院生です。

 僕が大学3年のときも、やっぱり同じような状況でした(^^; 社会心理学の領域でも何人か先生がいらっしゃいましたので、先生方の研究室に伺って、こんなテーマでやりたいっていうことを話していたのですが、突然「もうちょっと詳しいのを文章で書いてまとめてきて!」など言われて非常に焦ったり・・・。
 ひとまず、第1回目でしたら、漠然とでもよいと思いますし、テーマはいくつか持っていってもよいと思います。同じような回答をされている方もいますが、最終的には今回出すテーマとは違ったことを卒論としてまとめる可能性もあると思います。いろいろと調べていくうちに、もうちょっと違うことをやりたいといった風に興味が変わることもありますしね。

 さて、テーマの決め方についてですが、在り来たりといえばそうですが、大きく分けて、トップダウンに決める方法とボトムアップに決める方法があります。
 トップダウンに決めるとは、興味のある出来るだけ抽象度の高い概念から段々卒論でやれるレベルの具体的なテーマへと絞り込んでいく方法です。例えば、「人間についてやりたい」→人間について何を?→「対人関係についてやりたい」→対人関係の何を?→「恋愛関係についてやりたい」→恋愛関係の何を?→「恋愛関係における感情についてやりたい」→恋愛関係における感情の何を?・・・・・・・といった風に絞り込んでいきます。
 このやり方でやると、ある程度具体的になってきてから(例えば、対人関係についてやりたいというくらい)、先行研究を調べてその中で自分の興味に似通った研究を探すということができます。
 次にボトムアップに決めるという方法ですが、これは自分の体験や日常生活で感じることのような、最も具体的なところから始めて、卒論のテーマとして認められる程度の抽象性を持たせるというやり方です。簡単に言えば、トップダウンの逆ですね。こっちの方が具体的に研究を進めやすいという利点はありますが、先行研究を調べると、ほとんど同じような研究が以前されていた!!!なんてことも時々あります。同じ研究がないかどうかしっかり調べないと、後で泣きをみます^^;

 この2つの思考の流れを参考にして、がんばって絞り込んでみて下さい。

 なお、恋愛研究をするならば、是非読んでおいた方がいい文献がありますので、載せておきます。

松井豊 1993 恋ごころの科学 セレクション社会心理学-12 サイエンス社

 少し古いですが、恋愛研究の第一人者(元・・・?、最近は災害について研究しておられます)の書いた文献です。これまでの恋愛研究の概要を分かりやすくまとめてあり、学部生でも十分読めるレベルですので、是非読んでみて下さい。

 また、日本心理学会や日本教育心理学会の大会発表論文集を見ると、最近は恋愛についての研究が非常に増えています。それらを参考にしてみるのもよいと思いますし、国立国会図書館の雑誌記事検索で「恋愛」のキーワードで検索しても、非常に多くの研究がヒットします。何本か読めば、最近の恋愛研究がどうなっているのかも分かると思います。

 がんばってくださいね^^

 社会心理学を専攻している大学院生です。

 僕が大学3年のときも、やっぱり同じような状況でした(^^; 社会心理学の領域でも何人か先生がいらっしゃいましたので、先生方の研究室に伺って、こんなテーマでやりたいっていうことを話していたのですが、突然「もうちょっと詳しいのを文章で書いてまとめてきて!」など言われて非常に焦ったり・・・。
 ひとまず、第1回目でしたら、漠然とでもよいと思いますし、テーマはいくつか持っていってもよいと思います。同じような回答をされている方もいますが、最...続きを読む

Q卒論のテーマが決まりません!

 大学3年なのですが、卒論のテーマが全く決まりません。何をやりたいのか、ということも見つかりません。文献で調べて書こうと思うのですが、そういう場合、ほとんど文章を写してしまっていいのでしょうか?

Aベストアンサー

私も卒論を書かなくてはいけない身なのですが……

私の場合はある程度テーマは決まっています。
やはり一番は担当の教授に相談してみることじゃないでしょうか?
私は卒論の分野を決めるだけで、二人の先生の間を行ったりきたりしました。
一人はゼミを見てもらっている先生なので、
私がそのときに発表した内容や提出したレポートを元に
いろいろ文献を貸してくださり、
こんな勉強もあるんだよって教えてくれました。

大学3年間で一番面白かった分野を思い出して
それに関係のある文献をあたってみるとか。

私は1回の時文献を丸写ししたようなレポートを出して、
先生に軽蔑っぽい印象を受けたことが一度あり、
そのときのことがとても恥ずかしかったです。

でもすごくマイナーな文章を丸写し(文献表などもすべて)
するのはらくだと思います。

やはり書く気があるのかないのか……
書く気があるのであれば、勉強したほうがいいと思います。
お金を払ってまで大学に行っている意義が見出されるかもしれませんし。

それでは、がんばってください。

私も卒論を書かなくてはいけない身なのですが……

私の場合はある程度テーマは決まっています。
やはり一番は担当の教授に相談してみることじゃないでしょうか?
私は卒論の分野を決めるだけで、二人の先生の間を行ったりきたりしました。
一人はゼミを見てもらっている先生なので、
私がそのときに発表した内容や提出したレポートを元に
いろいろ文献を貸してくださり、
こんな勉強もあるんだよって教えてくれました。

大学3年間で一番面白かった分野を思い出して
それに関係のある文献をあたってみ...続きを読む

Q心理学の卒論、又は卒論について

 こんにちは。私は現在大学の4年です。卒論のことについて悩んでいます。心理学の卒論についてですが、どのように研究調査をしたらよいのか困っています。情報不足、勉強不足で申し訳ありませんが教えていただけたらうれしいです。
今までの道筋を簡単に説明します。

(1)先行論文を先に読みました。国会図書館で検索しました。ただし国会図書館にあるものは博士論文です。
少し難しかったので別に大学で紀陽の論文リストから探してみましたが他大学では学位論文はコピーさせて
くれないかもしれないと聞きました。

(2)質問用紙・調査の件についてですが別の学生のみなさんはもともと付属してついていたものを使用したため簡単にできたと言っていましたが、学位論文をとりよせると質問紙やアンケートなどもついてくるのでしょうか。

(3) 大学の図書館で質問紙集のようなものを発見しま した。いくつものテストがありました。
 そのテストだけを使用することで論文は書けるのでしょうか

(4) 質問紙を作った?と言っていますが作った形跡
  のない方もいます。どこかよい文献と論文が
  ありましたら教えてください。


ほんとうに勉強不足で申し訳ありません。いくつもの図書館を回って先行論文等探していますが調査をするためにはどうしてもいきずまってしまいます。
どうかよろしくお願いします。心理に限らなくてもよいのでわかる方がいたらお願いします。

 こんにちは。私は現在大学の4年です。卒論のことについて悩んでいます。心理学の卒論についてですが、どのように研究調査をしたらよいのか困っています。情報不足、勉強不足で申し訳ありませんが教えていただけたらうれしいです。
今までの道筋を簡単に説明します。

(1)先行論文を先に読みました。国会図書館で検索しました。ただし国会図書館にあるものは博士論文です。
少し難しかったので別に大学で紀陽の論文リストから探してみましたが他大学では学位論文はコピーさせて
くれないかもしれないと聞き...続きを読む

Aベストアンサー

「心理に限らなくてもよい」と書いておられますが,
あなたは心理学専攻ではないのですか?

厳しいことを言いますが,
心理学の卒論を書こうというのに
4年生の今ごろになってこのような質問をしているようでは手遅れという気がします。
専攻外ならなおさらでしょう。

心理学の研究の進め方についての指導は受けていらっしゃるのでしょうか?
先行研究の探し方からして少し方向をまちがっているように思います。

博士論文というものは
極めて狭い専門的テーマを何年もかけて深く追求した成果ですから
かなりの大部となるのが普通で,
研究者同士であっても専攻領域が違うと理解しづらいものです。
ましてや勉強不足の学生がいきなり博士論文を読んでも理解できないのは当然です。

紀要論文も悪くありませんが,
先行研究を探すなら国内では「心理学研究」,「教育心理学研究」など,
国際的には“Journal of Experimental Psychology”,“Journal of Personality and Social Psychology”などの学術誌にまず当たって,
研究史の流れを押さえつつ関連論文をたどるのが王道でしょう。
このような学術誌はまともな心理学教室なら必ず購読しているはずです。

研究で用いられた質問項目は
原則として論文中または付録資料の形で公表されているはずです。
あなたの見つけた本や下記URLのようなサイトで手に入る尺度もありますし,
直接研究者にコンタクトを取って手に入れる方法もあります。

ただ質問紙調査の方法についてきちんと学んでいらっしゃるのか心もとない限りです。
既成の尺度をばら撒いて集計するだけで論文が書けると思うなら大まちがいです。

ある母集団に対して検証すべき仮説を設定し,
そのために必要な質問項目を選定し,
結果の分析手法をあらかじめ検討し,
予備調査を経て質問項目の調整を行ない・・・
といった手順を経て初めて意味のある調査が行なえるわけで,
そのような手順を踏まない調査などただの紙くずです。

先行研究の追試に徹するということで
同じ母集団からの標本を対象に同じ質問項目で調査を実施して同じ分析手法を使うという手もありますが,
これは2,3年生のうちにこなしておくべき課題であって,
オリジナリティ皆無の卒論では評価はされないでしょう。

いずれにしても
まともな卒論を書こうというならある程度の時間が必要で,
付け焼刃の知識で乗り切れる類のものではありません。
卒論は提出さえすれば内容など問われないというのなら別ですが,
大学で心理学を学んだと自信を持って言えるためには
もう1年じっくり腰をすえて勉強しなおすことをお勧めします。

参考URL:http://epmail.edu.mie-u.ac.jp/hirooka/mpsbmain.asp

「心理に限らなくてもよい」と書いておられますが,
あなたは心理学専攻ではないのですか?

厳しいことを言いますが,
心理学の卒論を書こうというのに
4年生の今ごろになってこのような質問をしているようでは手遅れという気がします。
専攻外ならなおさらでしょう。

心理学の研究の進め方についての指導は受けていらっしゃるのでしょうか?
先行研究の探し方からして少し方向をまちがっているように思います。

博士論文というものは
極めて狭い専門的テーマを何年もかけて深く追求した成果です...続きを読む

Q卒論のテーマについて

 臨床心理のゼミに属している大学3年生です。

卒論のテーマについてレポートを提出するのですが、困っています。
私は、自己探究で卒論を書きたいのですが、初めは夢分析や箱庭を使いそれから得たデータをもとにして書けばよい。などと言ったとっても簡単な考えでいたのです。(そもそも、卒論と言ったものについてまだ何も考えていなかったのです。)が、それでは自分のことについてただ書き綴るだけで、卒論にも何もならないと先生に言われてしまいました。
自己探究をするにも、客観的に自分のことをかけるようなものではないといけないと言われて困っています。
また、箱庭をやるにしても箱庭療法については授業などですでに勉強しているため私が行っても結果を考えてしまい意味が無いのではないかと友達に言われてしまいました。。。
 丸二日考えましたが前に進めません。
わらにすがるような思いでここに書き込むことを決心しました。
卒論を書くからには、よいものにしたいと考えています。
皆さんの力を貸してください。

Aベストアンサー

 補足、拝見しました。

 例えば、#3のblaqueさんがおっしゃるように、「マイナス志向とパニック障害の関連を研究する」というテーマならあり得ると思います。また、パニック障害は確か行動療法が主だったと思うのですが(僕は社会心理なので、実は臨床のことは薄れた受験知識程度しかないのですが・・・・^^;;)、マイナス志向のような認知を変えるといった認知療法でも効果があるんじゃないか?みたいなテーマも可能かも知れません(重ねて書きますが、臨床の知識はほとんどないので、実際に認知療法が使われてるかもしれませんし、効果がないことが先行研究で明らかにされてるかもしれません)。
 ただ、このようなテーマを「自己探究」という手法でやるのは、やっぱり難しいと思います。

 自分を研究対象にした研究としては、近代心理学の祖でもあるヴントが「内観」という手法を用いて実験を行っています。しかし、かなり厳密な手続きと訓練が必要な手法であるにもかかわらず、結局客観的ではないとされてますね^^;

 卒論って、自分が気になるテーマについてやることが多いと思います。taeminoさんでいえば、パニック障害とかマイナス志向ですね。とても自分に関わっているテーマですので、敢えて「自己探究」という方法をとらなくても、卒論をまとめていく過程で充分に自己探究はできると思います。
 例えば、客観的なデータを扱う研究であっても、仮説を立てるときには、自分の経験をベースに組み立てることも出来ます(予備調査を行ったりもしますが)。また、最終的な結論を出すに当たっても、自分の経験や印象が正しいか、データが教えてくれることが正しいか、悩まなくてはなりません。
 おそらく、taeminoさんが望む回答は、taeminoさんの気になっているテーマについて研究していけば、自己探究という手法を使わなくても得られるのではないかと思います。

 さて、もうやってらっしゃるとは思いますが、まずは気になるテーマ(パニック障害とかマイナス志向かな?)について、先行研究を調べてみてください。先行研究でこれらについて議論されていることを参考にしつつ、taeminoさんが考える仮説というのをたてていきます。
 具体的に言うと、例えばtaeminoさん自身のパニック障害の原因が知りたいのであれば、自分自身の経験から、パニック障害の発生のメカニズムや促進要因、抑制要因を「自己探究」します。もしかしたらこうかな?という仮説(案)ができあがったら、まずは先行研究にその答えが書いていないか探します。たくさん研究されている領域だと思いますので、関係しそうな文献などいろいろあると思います。それらの文献を読みつつ、自分の仮説を組み替えたり、この部分は明らかになっているから、まだ分かっていないこの部分をやろうと方針転換したりします。そんな感じで、最終的に検証しようとする仮説を作っていきます。

 ただ、最初の質問を見ますと、ゼミの先生が求めているのは、仮説(案)のようなものではないでしょうか?例えば、「パニック障害についてやりたい!」だけでも、最初だったらOKだと思います。まだ3年生ということもありますので、先生の意見なども聞きつつ、ちょっとづつ具体的な仮説を作っていけばよいと思います。

 がんばってくださいね^^

 補足、拝見しました。

 例えば、#3のblaqueさんがおっしゃるように、「マイナス志向とパニック障害の関連を研究する」というテーマならあり得ると思います。また、パニック障害は確か行動療法が主だったと思うのですが(僕は社会心理なので、実は臨床のことは薄れた受験知識程度しかないのですが・・・・^^;;)、マイナス志向のような認知を変えるといった認知療法でも効果があるんじゃないか?みたいなテーマも可能かも知れません(重ねて書きますが、臨床の知識はほとんどないので、実際に認知療法...続きを読む

Qやりたい事はあるのに…卒論のテーマが決まらない…

初めまして。大学3年のwakanと申します。
現在心理学を専攻しており、社会心理のゼミに所属しています。
ソロソロ大まかな卒研内容の発表なのですが…
テーマが決まらないのです。

やりたい事は決まっています。
・恋愛や否定的感情
・浮気の研究

上記はあくまで“やりたい事”であって“テーマ”ではないのです。
恋愛心理で有名な松井さんの論文
恋愛のダークサイドの研究をしてる富重さんの論文
他の方の論文も頭が爆発するほど読んだのですが…

“テーマ”が決まらないのです。
とあるHPで載っていた“浮気観と恋愛感情”
との関連と言う題について卒論作成され、以外に男女の間でたとの事…
あぁ!このテーマ面白そう!やってみたいな…と思ったのですが
これじゃぁ盗作になるしと悶々としてます。

どなたかアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

私も大学では社会心理のゼミでしたので、参考までに。

といいつつ、、、
一般的な意見ですが、wakanさんの“知りたいこと”をテーマにしてはどうでしょう?
私のゼミでも、旦那の浮気をどうにかしたい!と思ったゼミ生は
嘘と隠し事に関する研究をしていました。
彼氏ができないゼミ生は、
男女関係に友情は成立するのかを研究していました。

知りたいな、と思ったことを研究する。
それが一番おもしろいんじゃないかな、と思います。
自分の知りたいこと、を研究してくれる学者さんはなかなかいないですしね。時間があるうちに、知りたいことを研究してみてはどうですか?

Q卒論のテーマが決められない・・

 最近(去年から)、卒論のことで頭がいっぱいで、周りのことを考えられません。
昔から人と接する時は、反射的に笑顔になるのですが、友達・彼氏に会っても空元気で、

「卒論進んでる?」「さっさと適当に書いちゃえばいいんだよ」とか、
「卒論でお前は、いったい何がやりたいんだ?」など、

卒論の話題を聞かれると、意識しても笑えなくなり、気を落としてしまい、
周りに気を遣わせてしまいます。

それと、些細なことでも傷ついてしまいます。

父に電話で、「卒論はどうだ?」と聞かれて、「2ヶ月考えて、新しく決めたテーマも、先生と話し合って、変えないといけなくなった」と伝えて、「え?何、じゃあまた振り出し?」と言われただけで、涙が出てきてしまいます。

母は、私の弱気な発言に嫌気がさしていて、留年してからは、聞いてもくれません。

去年は、教育実習、介護体験、就活、卒論などで、精神的に参っていて、卒論が進まない不安・焦りで不眠、過眠、無気力、そしてまた焦りの繰り返しで、咳払いがとまらず、普段はおとなしめの性格なのに、大声で怒ったり泣いたりと、おかしな状態でした。

そんな状態だったので、卒論が完成できるか不安で、「後期休学したい」と言ったのですが、親や教務課の人からは「逃げない方がいい」と反対され、卒論を続けましたが、テーマもあやふやで決められず、今年の3月に、留年してしまいました。

留年してから、テーマを変えてやり直すことに決め、また図書館に頻繁に通って、「論文とは?」という基本的なところから勉強し直しました。
先生から、学術論文をたくさん読め、と言われ、今まで50本くらいは読んだのですが、それなのにテーマが決められません。


前、よく知らない教務課の人に、

「そんな性格だから、卒論のテーマも決められないんだ。」
「やっても、出せないのが一番最悪だよ。」

と言われ、
去年、4ヶ月毎日のように図書館に通って必死でやろうとしていたのに、何も知らない人に、簡単にそう言われて、悔しくて泣いてしまい、過呼吸になりました。

しかし、最近は、こんなにもテーマが決められなくて、教務課の人に言われたように、自分はダメな性格なんだ・・・と落ち込んでしまいます。

親に授業料を払ってもらっているので、やらなければ!!と思うのですが、やらなければ!!と思うと、余計自分が何をやりたいのかが見えないです。。。

前期の卒論提出まで、3ヶ月を切っているのに、テーマが決らず、絶望的です。
うちのゼミでは、調査をしなければならないので、半ば、前期卒業を諦めてしまっています・・・

何が言いたいのか、わからない長文文章になってしまいましたが、

どうしたらいいのかわかりません・・・・何かアドバイスをお願いします!!(>_<)

 最近(去年から)、卒論のことで頭がいっぱいで、周りのことを考えられません。
昔から人と接する時は、反射的に笑顔になるのですが、友達・彼氏に会っても空元気で、

「卒論進んでる?」「さっさと適当に書いちゃえばいいんだよ」とか、
「卒論でお前は、いったい何がやりたいんだ?」など、

卒論の話題を聞かれると、意識しても笑えなくなり、気を落としてしまい、
周りに気を遣わせてしまいます。

それと、些細なことでも傷ついてしまいます。

父に電話で、「卒論はどうだ?」と聞かれて、「...続きを読む

Aベストアンサー

 教務課の人が何を言おうと、研究する苦労はまじめに研究しようとする人にしかわからないと思います。ご両親がその辺を理解できないのも、ある意味仕方ない面があるのかもしれません。

 とはいえ、何とか気持ちが楽になるアドバイスを、と考えさせていただきました。(調査という言葉から、文系の研究室をイメージしています)

○テーマ(というか「問い」)が、よい論文かどうか決める要素の7~8割を占めるので、そこで苦労しても不思議はない

○まじめに書こうとしすぎる人ほど書くのが難しくなる
 卒業さえできればよいとか、なるべく手抜きをして書こうとする人ほどあっさり論文を書いてしまったりします(質はともかく)。逆に、自分のやりたいことと完璧にマッチする、すばらしい水準のものを書こうとすると、それだけでプレッシャーだと思いますよ。
 自分に要求する水準を、少し下げてはいかがでしょうか。ひとまず制限ある時間と資源を使って、書けるものを書く、というふうに。あなたは大変まじめそうな方なので、そう思ってもいい加減な論文にはならないでしょう。

○テーマを選択する基準
 大きく分けると、(1)自分の興味関心が持てそうな分野から探す、(2)学問分野の流れのなかで、論点になっている部分から探す、ということでしょうか。これは自分に合いそうな方法を選ばれたらよいでしょう。

○卒論に求められる水準、許容範囲を把握する
 これは研究室によってかなり異なり、ひどいところでは2冊の本を混ぜながら写すだけで通ったりするので、先輩のものなどを見てみてください。
 ただ、基本的に卒論はほとんどの場合お蔵入りして日の目をみません。周りの人がいかに誇らしげに話を振ってきたところで、広い目で見れば所詮その程度です。あまり気にされないように。

 最後に、何をやるにしても体が資本ですから、健康に十分注意して作業してください。前期に卒業するメリットが絶大でなければ、多少余裕をもてる後期卒業でもいいのではないでしょうか。半年分の授業料くらい、働けばすぐに返せますよ。

 教務課の人が何を言おうと、研究する苦労はまじめに研究しようとする人にしかわからないと思います。ご両親がその辺を理解できないのも、ある意味仕方ない面があるのかもしれません。

 とはいえ、何とか気持ちが楽になるアドバイスを、と考えさせていただきました。(調査という言葉から、文系の研究室をイメージしています)

○テーマ(というか「問い」)が、よい論文かどうか決める要素の7~8割を占めるので、そこで苦労しても不思議はない

○まじめに書こうとしすぎる人ほど書くのが難しくなる
...続きを読む

Q○○ゼミ記入→担当教授の名前を記入?

エントリーシートなどでよくゼミ名記入の欄があるのですが、私は今までそのゼミの内容、専攻(例えば『近世文学ゼミ』)の名前を書いていましたが(その方が他の人にも分かりやすいと思って…)、どうやら説明会などで周りを見ていると皆、そのゼミの担当教授の名前(例えば『山田太郎ゼミ』など)を書いているようです。

やはり、この欄には担当教授の名前を書くべきなのでしょうか?
今まで専攻のゼミ名を書いてエントリーシートを提出していたので、心配になって来てしまいました。。

どなたか教えて下さい!よろしくお願いします!!

Aベストアンサー

結論から言えばどちらでも良いと思います。

担当教授が、その研究分野で知名度が高い場合は
教授名を書いておくと良いような気がします。
また、履歴書の中の自己アピールのような欄に、
これまでの研究について書いていく場合は、
同じく担当教授名を書いておけばよいと思います。

そうでない場合は、あなたがなさってきたように
ゼミの内容を書かれているほうが、面接をする側にとって親切だし、これまで勉強してきた内容をアピールしやすいので良いと思います。

納得のいく就活をしてくださいね☆

Q心理学でも極めると、就職有利か?

大学の卒業研究で、希望通りの研究室に
配属されなくて、結果的に心理学(社会、認知)の研究室
になりました。
ネット上でも、(特に2ちゃん○るとか)、心理学は自己満足
の学問だ、なんてひどい事を言われたり。
心理系の資格といえば、臨床心理士ぐらいしか思いつかなかったり。
自分は心理学を学んで行く上で不安で仕方がありません。

話は飛びますが、将来はそこそこいい企業に就職したいと思っており、
もし、そこの面接試験で、学生時代は心理学に打ち込んだ! と
言えば、採用される可能性は高くなると周囲の人(親とか)は言っています。中途半端な技術者よりよっぽどいいらしいとも言っています。

ですが、本当にそんな風になるものなのでしょうか。不安で仕方ありません。

大学で心理系の学問をして、何か身を立てた方にアドバイスを求めたいです。お願いします。

Aベストアンサー

企業は学部で学んだ程度の心理学に多くを期待していません。
残念ながら,大卒の就職に関しては
何を学んだかよりもどこの大学で学んだかということのほうが
重要なファクターになるというのが今も現実でしょう。

それでも社会・認知系のゼミで学んだことがらは無駄にはなりません。
少なくとも中途半端な臨床の知識などよりも
企業活動の中で役立つ可能性ははるかに高いと思われます。

過去のQ&Aから関連のありそうなものを挙げておきますので
参考になさってください。

就職について
http://okwave.jp/qa2931725.html

心理士に関係ある職業・心理学を最大限に活かせる職業
http://okwave.jp/qa2850352.html

企業における心理学専攻学生の配置職場について
http://okwave.jp/qa2785566.html

心理学を生かす就職
http://okwave.jp/qa2419887.html

心理学の就職
http://okwave.jp/qa963829.html

企業は学部で学んだ程度の心理学に多くを期待していません。
残念ながら,大卒の就職に関しては
何を学んだかよりもどこの大学で学んだかということのほうが
重要なファクターになるというのが今も現実でしょう。

それでも社会・認知系のゼミで学んだことがらは無駄にはなりません。
少なくとも中途半端な臨床の知識などよりも
企業活動の中で役立つ可能性ははるかに高いと思われます。

過去のQ&Aから関連のありそうなものを挙げておきますので
参考になさってください。

就職について
http://okw...続きを読む

Q心理学の卒論、統計のやり方(t検定?相関係数?)

心理学部の大学4年で、現在卒論を書いています。

序論は書き終えたものの、肝心の質問紙調査後の統計のやり方が全く分からず困り切っています><

私の研究は大まかに言うと、

対人恐怖傾向が高い人は(対人恐怖尺度を利用して質問)インターネットをよく利用し(利用頻度について質問)、その中でもインターネット上でよく会話する人は(自己開示尺度を利用して質問)、しない人よりも孤独感は少なくなる(孤独感尺度を利用して質問)

といった仮説に基づいて質問紙調査をしました。

この場合、t検定はする必要が無く、全て相関係数を求めるだけでいいんでしょうか?

また、できれば男女差についても調べてみたいのですがどうすればいいのでしょうか?

一応本を借りたりして調べてはいるのですが、spssの使い方については理解できるものの、その分析が何を調べたい時に使うものなのかいまいち理解できずに困っています。

ゼミも先週で終了してしまい、教授ともほとんど連絡が取れない状態です・・・

ご存知の方、教えて頂けると嬉しいです><

Aベストアンサー

No.2です。

御礼、拝読しました。
今の大学生の皆さんは、就活の方が大変で、学問に専念する時間が限られてしまうような社会状況でしたね。

因子分析は、対象者の回答結果に基づいて、それぞれの尺度に含まれた質問項目を分類するために実施します。
尺度や質問紙を作成する段階では、必須の分析法法ですが、今回は、あくまでもそれぞれの尺度を用いられたということでしょうから、とくに実施する必要はないでしょう。
もし今回のデータに対しても因子分析を実施するのであれば、今回の対象者における、例えば、対人恐怖の心理的構造を見たいというような場合には、必要となります(たぶん、これは、質問者様の研究目的からは、外れるだろうと思っています)。

ちなみに、「プロマックス回転」は、因子分析を実施した後で、結果の解釈をしやすくするために、「因子の回転」を実施することが普通になっていますが、その回転方法の1つです。


重回帰分析は、例えば、今回の対象者の、対人恐怖の得点に対して、何が影響しているかを調べるという目的があれば、実施することになります。
例えば、性別なのか、自己開示の程度なのか、あるいは、孤独感の強さなのか、どれが対人恐怖得点に影響しているかを見たいという場合です。
書かれていることから判断する限り、これも研究目的からはずれているように思えます。

したがって、平均値の差の検定、相関係数の算出、そして、相関係数の有意性の検定、この3つが、質問者様の文章からは、必須の検定、統計分析(もちろん、それぞれの尺度の点数の分布や、平均点がどれくらいという、基本統計量を求めることは別です)と考えられます。

なお、No1.の方の回答中にあります、「単純集計して、結果のゆがみをみてみましょう。きれいな富士山型(中央が盛り上がって、端に行くほど減っていくグラフ)になっていないと、t検定は使えません。
結果にゆがみがある場合はF検定を使います」という点について、補足します。

これは、対象者の回答が、正規分布しているかどうかを確かめることが必要であるという意味です。
というのは、t検定を実施する場合には、そのデータが正規分布していることが前提条件となるからです。
ただし、t検定には、「頑健性(ここでは、正規分布していなくとも、t検定を適用しても、とんでもない結果は生じにくい、という意味です)」がありますので、少々のことは差し支えありません。
それに、SPSSでt検定を実施した場合、自動的に(デフォルトで)、分布の正規性を確認し、正規分布であった場合(こちらが、本来のt検定の結果になります)と、そうでなかった場合の結果を計算し、表示してくれます。
ですから、私が書きましたように、平均値の男女差を見たいということであれば、そのまま「2群の母平均値の差の検定」を選択して、計算をしてみれば、必要な結果はすべて得られます。
出て来た結果のどこを、どう見れば良いかは、SPSSの解説書であれば、必ず載っていると思いますので、SPSSの参考書でご確認ください。

それでは、時間が限られているかも知れませんが、きちんとした卒業論文が仕上がることをお祈りしています。

No.2です。

御礼、拝読しました。
今の大学生の皆さんは、就活の方が大変で、学問に専念する時間が限られてしまうような社会状況でしたね。

因子分析は、対象者の回答結果に基づいて、それぞれの尺度に含まれた質問項目を分類するために実施します。
尺度や質問紙を作成する段階では、必須の分析法法ですが、今回は、あくまでもそれぞれの尺度を用いられたということでしょうから、とくに実施する必要はないでしょう。
もし今回のデータに対しても因子分析を実施するのであれば、今回の対象者における、例えば、...続きを読む

Q企業からの電話は必ず受けないと落とされる?

就職活動中の者です。
会社説明会に出席しているだけでまだ、選考は受けていません。
合否を電話で知らせてくる企業が多いと思います。
ですが、もしもその電話にたまたま、出られなかった場合はすぐに落とされてしまうのでしょうか?
例えば、トイレやお風呂に入るだろうし、電車やバスに乗っていて携帯電話に出られない。折り返しの電話を入れるにも、万が一非通知でかかってきた場合はどの企業が掛けたのかわからないと思います。
聞いた話によると、一回電話に出なかった場合、即落とされた人もいるみたいです。その人が受けた会社は大手らしいですが、大手企業は結構冷たいと言っていました。

選考中は携帯電話を四六時中持っていないといけないのでしょうか?

Aベストアンサー

落とされません。

でも、留守電はONにしておいたほうがいいかも。
大抵は、留守電にメッセージを残しておいてくれる企業が多く、
その場合は、また後でかけなおします。または、都合のいい時に○○まで連絡下さいとメッセージが入っています。

また、留守電をONにしていなくても、
大抵は、後からかけなおしてくれます。

>一回電話に出なかった場合、即落とされた人もいるみたいです。

これ、デマだと思いますよ^^;
どうして、一度は受かったのに電話にでなかったから落とされたと、その人はわかったのでしょうか?一度着歴が残っていたのに、後日不合格の連絡が入ったからですか?ちょっとおかしくないですかね?


また、企業が電話してくるのは、
殆どの場合は、合格の場合のみです。不合格の人にまで電話していたらいくら人手があっても足りませんから。
つまり、企業側はあなたに会社にきてほしいと思っているわけです。
そんな人を、電話に出られなかっただけで落とすなんてこと。一体新卒採用一人に莫大な費用をかけているのに、一本の電話に出られないだけで落とすということはないでしょう。企業ももちろん、24時間テレアポのように学生がでられないことは百も承知です。


また、もしそんな電話一本でられなかっただけで不合格にするような会社があれば、相手の都合も考えることができないようなつまらない企業だから行く価値はないと思えばいいと思います。


就活、頑張ってね。
あんまり変な情報に踊らされないように^^;

落とされません。

でも、留守電はONにしておいたほうがいいかも。
大抵は、留守電にメッセージを残しておいてくれる企業が多く、
その場合は、また後でかけなおします。または、都合のいい時に○○まで連絡下さいとメッセージが入っています。

また、留守電をONにしていなくても、
大抵は、後からかけなおしてくれます。

>一回電話に出なかった場合、即落とされた人もいるみたいです。

これ、デマだと思いますよ^^;
どうして、一度は受かったのに電話にでなかったから落とされたと、その人はわ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング