痔になりやすい生活習慣とは?

はじめまして
質問をご覧いただきましてありがとうございます。

先日Nゲージに興味を持ったと親戚に伝えたところ、たくさんの線路(直線 片渡線 ポイント)とポイントボックスを送っていただきました。 とは言ったものの、今までNゲージはスーパーミニカーブレールを使っての本当に小さいレイアウトのみしか行ったことがなくいきなりたくさんの線路があってもこまってしまった状態です。
とりあえず、どれくらいの大きさのものができるのかを知るために、適当に勘でつなぎ合わせたところ、写真のようなレイアウトが完成しました。 大きさは、2m20×70cmくらいのものが完成しました。 そこで質問なのですが、
①このレイアウトをしっかりとしたレイアウトボードの上で作成するうえで特に問題はないでしょうか?(レイアウト上の問題点・走行上の問題点 等)
②片渡線の先からは、列車が動かなくなりました。調べたところ複線にするためには、パワー装置を2つ用意する必要があると知りました。 しかし、真ん中のポイントからポイントへと縦断する線路については、パワー装置を写真のように内側につなげても走らせることができなかったです。 何かレイアウト上でむりがあるのでしょうか?それともパワー装置を3つ用意する必要があるのでしょうか?
③全体的に走りが不安定でした。不安定な足場の上に仮で設置しているので電気が流れにくいことが考えられますが、安定していれば問題は改善されるでしょうか?今ある電源はTomix のN600ですが、出力電力のせいではないでしょうか?レイアウトの大きさは特に関係ないのでしょうか?
④この場合、どことどこにパワー装置をつなげればよいのでしょうか?
⑤真ん中を横断する線路を引き込み線にしてみようとしましたが、それでも真ん中の線路を走行させることができませんでした。なぜ走行させることができなかったのでしょうか?
⑥写真左側の線路はお互いがくっつきあってしまっていますが、やはり問題がありますでしょうか?

まったく初めてやっているものですから、基本的なこともよく理解できていません。何か勉強できる書籍やサイトがあればそれもご教示いただければ幸いです。基本的な質問ばかりで大変恐縮ですが、ご回答よろしくお願いします。

「初心者のNゲージレイアウト 教えてくださ」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

鉄道模型からは引退して日がたっているため詳細な回答は出来ませんが気が付いた点を書きます。



真ん中の斜めに横切る線路は、鉄道模型においてリバースと呼ばれます。
リバースにはギャップが必要です。ギャップが無いとショートする可能性が出てきます。
ギャップとは漢語で言えば絶縁のことです。
詳細は「リバース 鉄道模型」でググってみてください。

内回りと外回りの間の渡り線にもギャップが必要です。ショートの恐れがあります。

古びたTシャツがあればそれを適当な大きさに裁断して、それでレールの表面をからぶきしてみてください。
走行の安定性が増すはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返信遅くなりました。
ありがとうございました。
このような配線はあまりしないほうが良いとのこと理解しました。

簡単な楕円型に留置線を配置する形にしたいと思います。
お世話になりました。

お礼日時:2016/01/23 19:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QNゲージのレールの掃除方法

レールが汚れたのか、走らない箇所があります。
掃除方法でおすすめはありますか?
クリーニング用の車両はあるのですが、なにせ走らないので意味がありません。。。

Aベストアンサー

まず線路に沿って掃除機をかけてみてください。意外と多くの埃が積もっています。

やすりで磨くのは、あまりお勧めしません。やすりで磨くとかなりの確立で磨いた線路に小さな凹凸が出来ます。その上を何度か列車を通過させると車輪と線路の間にスパークが発生し車輪と線路の両方に黒い汚れが付きます。この汚れは落としにくく悪循環になりかねません。

なのでクリーニング液を毛羽立っていない布にしみ込ませ、線路の金属部分に沿うように拭き取るのが一番です。線路幅くらいの大きさのプラ板に布を貼ると効率よく出来ますよ。

あと、予算に余裕があればLOCOを使ってみてください。2700円と価格が高いですが効果はかなり期待できます。大きな模型やなら売っていますが、無ければメールやFAXで買うことも出来ます。
http://www2.ocn.ne.jp/~loco/hyousi.htm

QTomixとKatoのレールを選択する際の注意点を教えてください(Nゲージ:Bトレイン)

コンパクトなレイアウトまたはモジュールを作成する際の,TomixとKatoのNゲージのレールの注意点を教えていただけないでしょうか(長所・短所でもOKです).購入の検討にさせていただきたいと思っています.

バンダイのBトレインショーティをNゲージのレイアウトで走らせたいと思っています.しかしNゲージの経験はまったく無いので0からのスタートとなります.
販売店で相談したところ,レールではTomixとKatoが日本の2大メーカだが,互換性は乏しくどちらを取るかが大きな分かれ道だと言われました.
調べるにつれなかなか奥が深そうで,明確にこちらとは決められないと思われますので,それぞれの長所・短所などをお伺いして,どちらを選択するか検討したいと思った次第です.
Bトレインのレイアウトなので,コンパクトなレイアウトまたはモジュールを目指していますので,その時に関わりそうな点を中心にコメントいただけるとうれしいです.類似の質問も過去にされていますが,よろしくお願いいたします.

Aベストアンサー

質問者様こんにちは
TomixとKATOの特徴などですが、
形状は
KATO 道床がひろい 
→ 道床付き線路としてはTomixと比べて後発で、TOMIXにくらべて床に設置したときの安定性を狙った様です。
道床が広い分、枕木も長く表現できるので、模型としては多少実感的に見えます。
TOMIX
→ Nゲージ鉄道模型のシステム化をはじめたメーカーです。先発した分、道床などいまから考えると「狭いかな?」と思いますが、確か複線間隔37mmを作るときに、間に直線線路を挟むと、ちょうど線路中心間隔37mmが簡単につくれることが出来たと思います。
(この辺はさすがにシステム化のさきがけ的なすばらしい発想だなと思います。)
 ただし、見た目は実感見が少々わるいかな・・・と
(個人的な意見ですので気にしないでください。)

基本になる複線レール間隔について
KATO→線路中心間隔 33mm
TOMIX→線路中心間隔 37mm
実物の複線区間で車両が並んだ状態から比較すると、KATOの中心間隔33mmでも、広い感じです。NゲージですとKATOの33mmが
実物に近いかな と思いますが、Nゲージは脱線の復旧やレール磨きなどの保守をしなければならないので、TOMIXの37mm間隔の方が保守しやすいでしょう。

レールの種類
KATO→ポイントなどのバリエーションが少ない。
TOMIX→カーブポイントなどいろいろなバリエーションがある。
いろいろな線路プランを考えると、TOMIXの方が面白い線路配置が出来そうです。また、信号機も2灯~5灯信号機など点灯のギミックなども面白いです。
(KATOもそろそろカーブポイント位は発売して欲しいものです。)

制御機器(パワーパック)について
鉄道模型は線路に流す電流のプラスマイナスを切替えて前後進を変更するのと、走行電圧DC12Vは基本的にどちらも同じです。
しかしながら、メーカーによって線路へのコネクタの形状が違いますので、必然的にレールと同じメーカーとなってしまいます。
ただ、リード線を切ってハンダ付けする知識くらいあれば、他社の制御機器を使うことは可能です。

Bトレインショーティーを楽しむのであれば、TOMIXの線路で面白いものがあります。
トミックスの線路は「ファイントラック」という呼び方をしていますが、最近発売された製品で、曲線半径を通常よりも小さくした「ファイントラック・ミニ」また、更に極小半径の「ファイントラック・スーパーミニ」というレールがあります。特にスーパーミニの方は半径103mmですので、走行できる車両は限定されますが、テーブルの上にも乗るくらいのレイアウトを作ることが出来ます。Bトレインショーティーくらいですと、余裕で走らせられますので、お勧めです。

いずれにしても、模型屋さんで、両メーカーのパンフレット、カタログ等を入手して検討されることをお勧めします。
KATO
http://www.katomodels.com/
TOMIX
http://www.tomytec.co.jp/

質問者様こんにちは
TomixとKATOの特徴などですが、
形状は
KATO 道床がひろい 
→ 道床付き線路としてはTomixと比べて後発で、TOMIXにくらべて床に設置したときの安定性を狙った様です。
道床が広い分、枕木も長く表現できるので、模型としては多少実感的に見えます。
TOMIX
→ Nゲージ鉄道模型のシステム化をはじめたメーカーです。先発した分、道床などいまから考えると「狭いかな?」と思いますが、確か複線間隔37mmを作るときに、間に直線線路を挟むと、ちょうど...続きを読む

QNゲージの線路の固定の仕方は?スパイクで固定とは?

 初心者です。講談社の「昭和の鉄道模型をつくる」を定期購読しています。自分で作った60×45cmの木製のレイアウトボードにNゲージの線路(TOMIXのファイントラック)を固定したいのですが、本に「スパイクを使って」とか「スパイクする」と出ていました。僕は細い釘で固定しようと思っていたのですが、レール固定用のスパイクという商品があるのでしょうか?もしあるとしたらTOMIXのファイントラック用の商品名など教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

初めまして。経験を元にお答えさせて頂きます。
線路の固定方法ですが色々な手段があります。
・釘で固定する(レイアウトボードに固定)
・瞬間接着剤で固定する(カントを付ける時に固定)
・両面テープで固定する(高架駅線路を固定する)
・ビスで固定する(高架線路を固定する)  などなど

基本的には釘で固定します。スパイクするとは釘で固定する事です。
TOMIXのファイントラックでしたら直線線路・曲線線路にかかわらず線路と線路の間に小さな穴があります。
そこに釘(画鋲と同じ長さくらいの釘)を差し込んで固定します。
固定する際、かなづちで叩いて釘を差し込むと最終、線路に傷・破損をさせてしまう恐れがありますので、ポンチ(ホームセンターで売っています)という工具を使う事をお勧めします。
木製のレイアウトボードにより異なりますが、ペンチなどで押し込む方法もあります。
次に釘に関してですが、ホームセンターで売られている釘には色々な種類があります。しかしほとんどが銀色をしています。
線路を固定する場合、必ず釘の頭(かなづちで叩く部分)が線路と線路の間に見えてしまいます。
目立たなくするために釘の頭を黒・茶色の塗料で塗装して目立たなくする事をお勧めします。
KATOから8mmの黒色の釘(品番21-18)が販売されています。
この釘は固定式線路やフレキシブル線路(自由に曲げられる線路)を固定する時に使用するものですがTOMIXのファイントラックにも使用可能です。
余談ですが、バラスト(砂利を表現)を撒く場合、ボンド水(ボンドを薄めた水)を使います。
通常の線路では問題ありませんがポイント(枝分かれ線路)や自動踏み切り、自動信号機の部分にバラストを撒く場合は注意が必要です。
ボンド水がポイントなど機械構造の中に進入すると稼動しなくなります。防水対策をお願いします。

初めまして。経験を元にお答えさせて頂きます。
線路の固定方法ですが色々な手段があります。
・釘で固定する(レイアウトボードに固定)
・瞬間接着剤で固定する(カントを付ける時に固定)
・両面テープで固定する(高架駅線路を固定する)
・ビスで固定する(高架線路を固定する)  などなど

基本的には釘で固定します。スパイクするとは釘で固定する事です。
TOMIXのファイントラックでしたら直線線路・曲線線路にかかわらず線路と線路の間に小さな穴があります。
そこに釘(画鋲と同じ長さ...続きを読む

QNゲージの固定レイアウトの台を安い費用で作る方法を教えて下さい

Nゲージの固定レイアウトの台を安い費用で作る方法を教えて下さい

Nゲージの固定レイアウトの台を安い費用で作る方法を教えて下さい。

Aベストアンサー

厚さ1センチ位の板で十分です。だけどかたずけるスペースは入りますね。友達は完全に作り替えられなくなりました。奥行き2メートル、幅6メートルですが、その横に布団敷いてます。はまりすぎなんですが、金持ちはなにするやら?完全に街を再現しました。羨ましいです。


人気Q&Aランキング