【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

ロードバイクのカーボン・フレームとアルミ・フレームの違いについてお尋ねしてみたいと思います。
一口にカーボン、アルミの質感とか剛性とかピンからキリまであり、単純に比較するのは難しいとは思いますが、走行性能にはどれほどの違いがあるのか?知りたいです。平地、ヒルクライム、ダウンヒルそれぞれのシチュエーションでやはりカーボンが一枚上をいくのでしょうか?例えば、アルミ最軽量と謳われるキャノンデール。昨年新型のCAAD12が登場しましたが、こちらは、カーボンと遜色ない実力はあるのでしょうか?この質問は、カーボン、アルミ両方を乗り継いでこられたライダーから回答を頂けますと嬉しいです。(走行性能のみの回答でOK!)宜しくお願い致します^^

「ロードバイクのカーボンとアルミの走行性能」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

お前は大型オートバイか?、というレベル(値段)までいかないと似たり寄ったり......とは、カーボン60万、アルミ40万の自転車を所有している友人の弁。

これを聞いて深追いは止めました。微差にそれだけつぎ込むなら重量級、ちょっとやそっとでは壊れない鉄の自転車を買って体を鍛えよ、とも言われました。

言い得て妙。
    • good
    • 9

定価アルミ10万以下から、カーボン20万以上への乗り換えをしました。


条件が同じではない為、純粋なアルミとカーボンの比較はできませんが、感じた事を。
まず、スピードと登坂能力に関しては、材質ではなく軽さが一番重要。カーボンの方が軽くできるから、カーボン有利になりますが、購入予定車の重量を確認すると良いかと思います。
その軽さやスピードに直結するのがホイールです。ホイールは完成車付属から、多分かえるようになります。高級なものに変えればカーボン車、アルミ車にかかわらず早くなります。
私が大きく違いを感じたのは、振動。
アルミは骨まで響き、カーボンは肉までしか響かないので、乗り心地が良く感じた。
ただし、シートポスト等も変わっていた為、純粋な車体の材質による違いだけではありません。
私も2台目を購入する際に、どちらにするか悩みました。カーボンは取扱いが難しそうに思ったので、
でも、もうカーボン以外には、乗らないと思います。取扱いも普通に使用する分には、問題ないと感じています。
くれぐれも、アルミが悪いと言っている訳ではありませんので、ご注意を。
アルミには、アルミの良さがあるかと思いますが、私にはカーボンが合いました。
Cad12については、乗ったことがないので、ゴメンなさい分かりません。
完成車を買ったら、今度はホイールで悩むと思いますよ。
    • good
    • 13

↓3


ジュラ自体がアルミ合金の一種なのだから「多く含有」てのはおかしい表現じゃないかと。
7000番台だと加工が難しくって高くつくって聞いてるからロードだと6000番台のアルミ合金だろうけど、6000番台のアルミ合金にはジュラの表記はJIS規格には存在しない。

鉄の1/3の重量しかない素材で重量増を防いで必要強度を確保しなけりゃそもそもアルミで作ったフレームの意味がないからクロモリよりも重くなるなんてのはないんじゃない?
しかも機械的強度も1/3しかないんで必然的にパイプ径を太くしなけりゃならないから物性的にしなりづらい。
そもそもアルミは弾性に乏しい素材だからたわみを利用なんきゃできっこない。
たわんだら戻ってこないよ。塑性変形しっぱなしになる。
しかも疲労強度限界が存在しない金属だから弱い入力でも金属疲労は絶対に蓄積し必ずいつか折れる。
クロモリやチタンは限界点より小さな負荷であれば金属疲労が進行しないけど。
だから柔らかい乗り心地ってのは絶対にありえない。
これはカーボン全盛前のアルミ時代にツールなどの選手が一様に「硬すぎる」と言ったのを裏付けている。
知ったかが過ぎるような気がしますよ。

ツールなどの過酷で名のあるレースに出てくるバイクがカーボン一色なのを見るとそりゃ走行性能的には重量に勝るカーボンが優れているけどそのカーボンだって炭素繊維・樹脂・加工・設計いろいろな要因がモロに出るからひとくくりに語ることなんてできっこない。
だって20万そこそこで買えるフレームから100万越えのフレームまであるのに、いくらパテント上乗せ分が高くても同じなんてことは考えなくてもわかる。

それを比べようってのも無理な話のような気がしますよ。
相撲とプロレスを比べるようなもんだし。

走行性能ってのもレースでの話か、乗って楽しいって話なのかも分からないし、身長や体重でも同じフレームによって感じ方は全然違う。

第一、完全フルアルミのフレームよりもシートかチェーンどちらかか両方かのステーにカーボン使ってるフレームのほうが多いけど、そもそもそれだとカーボンが仕事してるのかアルミが耐えてるのかわからんもんね。

結論
ぶつけて・落車で全損になっても、重量に目を向けて高くてもいいならカーボン。
硬くてもいいや。安けりゃってならアルミ。
どちらも嫌だしそもそもレースとは無縁ってならクロモリっていう極めて一般的なアドバイス以外になり得ない解答こそ正解かも。
    • good
    • 9

アルミ素材は、Cr-Moパイプと同じ強度をもさせるとすると 


・厚さを厚くする
・パイプ径を大きくしないと持ちません。
ジュラルミンを多く含有させた合金にすれば 強くはなりますが 溶接が出来なくなると思います。(今はジュラルミンの溶接できるか?)

なので アルミ素材では、Cr-Moとカーボンより軽くは、つくれないと思います。(Cr-Moパイプもいろんな種類が有ります)

アルミは、金属で硬度は、柔らかいので 撓みが穏やかに撓むと言いましょうか
ゆっくり撓みゆっくり戻る感じ 鈍い反応
これが 踏みこぎ時のパワーロスになりがちで 購入上位機種は、固さを出すのでしょう

対して カーボンは、カーボン(炭素繊維)の種類 繊維の糸の太さや引張強度を選んで 積層や巻具合で 強度や撓みの味付けが容易に作り出せます。
釣り竿の撓み曲りを連想していただくと解りやすいでしょう 竿の様に柔らかく大きく曲がりませんが あのように曲がって戻るが しなやかで バネ的反発力を作り出せます
炭素と樹脂なので 金属疲労が来ません チェーンステーの撓みが 上手く作れ 撓みを推進力として活かせるので軽く走る 後ろから押される感じの走りが感じられるフレームが多く存在します。
それと 振動吸収性 細かな振動や大きな衝撃も カーボンパイプが上手く吸収してくれ アルミやCr-Moより 乗り心地が良いです。
カーボンフレームでカーボンバーにすると とても乗り心地が穏やかに感じます。

個人的に アルミは、強く作ろうとすると 肉厚パイプで重くなる感じが強いです。

カーボンが一番自転車として良い素材(足に優しい)だと思ってますが
欠点も有ります 立てかけ駐輪で 横倒しなどすると シートステーなどぶつけると簡単に損傷してしまいます。乗車強度がっても 横衝撃は弱い
傷つき 塗装がはがれ カーボン地が見えた状態では、湿気を吸収してカーボン素材が加水分解劣化が進みます。 傷つけたら 塗装等をタッチアップして カーボン地が見えないようにすることが必要です あと紫外線劣化も良く無いので 室内保管で
直射日光があまり当たらないところに保管 ここさえ注意すれば 長く乗れると思います。
    • good
    • 4

以前に乗っていいたアルミバイクは下手なカーボンバイクより軽くて走りました。


硬性感が好きでした。
踏み込んだときの”ダイレクト感”、踏んだだけ進むフィーリングが好きでした。
これでブルベ400kmを完走したから、”乗り心地”も必要条件を満たしていると思います。
CAAD10やアルミバイクに乗るブルベライダーは結構多いですよ。
あまり語られないですが、
長距離ツーリングの場面においてアルミフレームの耐久性は安心できます。
カーボンだと下手をすると破損するイメージがどうしても払拭できません。
多分に精神的なものですが。

単純にアルミvsカーボンの比較は難しいです。
ヒルクライムとダウンヒルは今、乗っているカーボンバイクの方が優位と感じています。
ヒルクライムは軽さ、特にダンシング時の振りやすさ、
ダウンヒルは振動吸収性能と、高速で下手に凹みを拾った時の挙動の良さが気に入っています。
これが素材の特性に由来するのか、フレームの設計によるのかは簡単には断じられません。

CAAD12は試乗会でちょっと乗っただけだから何も語れません。
ただ、軽くて踏みやすい印象を受けました。

私は初心者にはアルミを勧めることが多いです。
走りには大きな遜色を感じないし、比較的安価で、扱いが容易だからです。
以上 ご参考に。
    • good
    • 4

走りに関してはね。


カーボンは、衝撃を吸収してくれます。
だから、疲れにくいといわれてます。
毎日、疲れるほど乗るんか!と聞きたいね。

でも、ふにゃふにゃなフレームを好む人はカーボン、クロモリでしょうね。
カーボンもガチガチなのあるけど、かなり疲れるかも。

アルミ全盛のとき、30万ぐらいのフレームありました。
アルミをボロッカスに言う今、こんな高価のフレーム売れませんよね。

アルテック2というパイプにクロモリのフォーク
フォークが滑らかなので、硬さは感じなかったかな。
この後に、カーボン。当時、フレームの値段として、ライトスピードかこれかという値段でした。
そりゃ、高かったからね。乗りやすく感じた。速く感じた。高かったから、そういうふうに思えたのでしょうね。半年ぐらいで、アルミの方が乗りやすいと感じたかな。カーボンは、カーボンのストレートフォークで、これがよくなかったのかもね。
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qロードバイクで時速40キロ以上出すには?

SurlyのPacerというクロモリのロードバイクを購入しました。
コンポはティアグラでコンパクトクランクですが、平地でダンシングなしで最高が37-8キロ程度しか出せません。手はブラケットを持った状態です。ロードバイク所有の友人(アルミ、SORA)をはじめ他のロードの人はみな40キロは軽いといいます。

私は30代男性でロードは初めてで、貧脚といえばそうですが、それでも40ぐらいは軽く出せるのかなと思っていました。都内の交通量の多い場所を走ることがほとんどですが、それでも幹線道路などでは瞬間的には40を越えても良さそうなものかと思うのですが。

サイコンの設定や空気圧管理などは問題ありません。前が50-34でそこのインナーからアウターへの切り替えのタイミングがうまくいっていない気もします。また他に原因として考えられることはありますでしょうか?やはり脚力の問題でしょうか(笑)。また、皆様はどの程度の速度が出せているのでしょうか?

Aベストアンサー

ANo.3です。

今日はひさびさに天気予報から傘マークが消えたので自転車で通勤しました。
幹線路に入ったところでフロント39T-リア13Tに入れ
ケイデンスを110rpmまで上げ41km/hで巡行したら
200mも走らないうちに心拍が170を超えてしまったので
ケイデンスを95rpmまで落としてしまいました>ショボ~ン。
(通勤では甲州街道を主に走っているのですが
高速巡行できる区間は実はあまりないです。)

> インナーからアウターへの切り替えのタイミングがうまくいっていない気もします。
コンパクトクランクって、おいしいところでフロントの変速タイミングが来ちゃいますよね。
以前はコンパクトクランクを使っていたのですが
上りとLSD以外はずっとフロントアウターに入れっぱなしでした。

> 最高が37-8キロ程度しか出せません。
であるならばフロント50T-リア17T、ケイデンス90rpm、約33km/hでの
巡行を身につけちゃうとイイと思います。
そのペースが維持できれば、道路状況が良いときにリアを16T→15T→14Tと
シフトしていけば自然に?40km/hになります。
http://www.asamako.net/scripts/gear_ratio.php
この速度域はロードでは常用域ですので
変にもがくよりも、キレイなペダリングを心掛けた方がイイと思います。
キレイなペダリングでフロント50T-リア17T、ケイデンス90rpmの巡行が出来るようになれば
40km/hで走るのも「軽いこと」になりますよ。

で、キレイなペダリングの習得にはANo.4さんのご指摘どおり
ビンディング・ペダルを使った方がイイのですが、どうでしょう?
そして、ペダルは「踏み込む」のではなく「回す」こと。
力を入れるのは1時から3時のところ。
それ以外のところで力を入れても、疲れるだけで大した推進力になりません。
力を入れるときは腹筋とハムストリングを使うこと。
股関節を大きく柔らかく使い、腿をなるべく高くあげること。
骨盤を立て上半身を腹筋で支え、上半身はリラックスさせること。
アンクリング(踵が下がること)させないこと。
なんてことを私は学びました。
人それぞれやり方はあると思いますが、まあ参考にして下さい。
この↓サイトなんて、役に立つと思いますよ。
http://www.sportsmovie.jp/funride/top/
http://www.sportsmovie.jp/funride/technique/?sm=0&it=101
(登録が必要ですが無料です。)

あとね、私の巡行スピードはホイール(フルクラムRACING3)にも助けられてます。
もう少し走りこんだら、ホイールをグレードUPすると「効く」かも知れません。

ANo.3です。

今日はひさびさに天気予報から傘マークが消えたので自転車で通勤しました。
幹線路に入ったところでフロント39T-リア13Tに入れ
ケイデンスを110rpmまで上げ41km/hで巡行したら
200mも走らないうちに心拍が170を超えてしまったので
ケイデンスを95rpmまで落としてしまいました>ショボ~ン。
(通勤では甲州街道を主に走っているのですが
高速巡行できる区間は実はあまりないです。)

> インナーからアウターへの切り替えのタイミングがうまくいっていない気もします。
コンパクトクランク...続きを読む

Qカーボンフレームを破損したご経験ありますか?

こんばんは
フルカーボンフレームを使用している者です。通常の走行でならば、ほとんどフレームが損傷することはないと認識しながら乗っておりますが、もし、損傷するとすればどのようなときなのか気になります。
現在、フルカーボンへの買い替えを考えておられる多くの方も、悩んでおられるところと思います。
カーボンの破損を経験された方、どのような状況で、どのように破損したのか、教えてください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

TCR Compositで練習中の落車でフォークを折りました。買って半年でしたから、走行は5000Km前後だと思います。

下り坂で一番スピードが乗ったところで、工事路面の縦の継ぎ目にちょうど前輪が嵌ってそのまま落車、パンツは破れ脇腹から血を流した状態で押して帰りました(悲しかった)。ヘルメットは、側頭から落ちたので真っ二つでした(被っていなかったら、今頃は写真になっていたでしょう)。偶々、後から車が来ていなかったのもラッキーでした。フォークが折れたのは前輪が挟まっていたためでしょう。

ヘッドの方までは被害が及んでおらず、フォークとホイールの交換だけですみました(10万越えましたが)。また、左から落ちたので、ドライブトレーンは無傷でした。あと、Polarのコンピュータがどこかにふっ飛んで蒸発しましたね。
まあ、落車の状況から、アルミでもクロモリでもフォークは駄目になっていたでしょうから、カーボンだったことは被害額以外は変わりないと思います。

Q型落ち品のロードバイクを売っているサイトを教えてください

型落ち品のロードバイクを探しています。 


型落ち品お売っているサイトを教えてください。

Aベストアンサー

http://www.cycle-yoshida.com/

特価自転車コーナーは型落ちがけっこうありますよ

Qアルミ or クロモリ どちらがいいでしょうか。

アルミ or クロモリ どちらがいいでしょうか。

クロスかロードのバイクで週末はちょっとロングを走りたいと思っている初心者です。
今は変速付きママチャリで遊んでいます。

それで選ぶ際のフレームの素材なのですが、
アルミ、クロムモリブデン、カーボンと主にあるようですが、どれがよいのでしょうか。
予算的にカーボンは多分無理だと思います。

アルミは軽いけど剛性(柔軟性?)がないので路面の衝撃をそのまま伝えるらしくて長時間の乗車はきついらしいですね。
でも、軽くてしなりがない分キビキビ走れるみたいです。

クロムは剛性があるので長時間でもさほどつらくならないようですね。
ただ、ちょっと重いですね。

ネットで調べましたけどこれくらいの違いしか分かりませんでした。
ただ、例えばこの振動がゴツゴツくるアルミでも、それがいいっていうバイカーもいるんですよね。

まったくの初心者なので、700cって何? という感じで調べている状態です。
アルミ、クロモリと言っても車種の年代によって、また、サスがあるなしとかでかなり違ってくるのだろうと思いますが
バイカーの先輩としてご経験上のアドバイスをいただけたらと思います。
よろしくお願い致します。

アルミ or クロモリ どちらがいいでしょうか。

クロスかロードのバイクで週末はちょっとロングを走りたいと思っている初心者です。
今は変速付きママチャリで遊んでいます。

それで選ぶ際のフレームの素材なのですが、
アルミ、クロムモリブデン、カーボンと主にあるようですが、どれがよいのでしょうか。
予算的にカーボンは多分無理だと思います。

アルミは軽いけど剛性(柔軟性?)がないので路面の衝撃をそのまま伝えるらしくて長時間の乗車はきついらしいですね。
でも、軽くてしなりがない分キビキビ走...続きを読む

Aベストアンサー

アルミで クロモリ同等の 強度を持たせようと すると 太く厚いパイプになり 結果 フレームは
重くなる傾向が有ります アルミ材質にもよりますが 粗悪安価なアルミ材ですと柔らかく 重くなって結果 乗り難いものになります。

クロモリと言っても 種類があると思います 
最近のパイプは 詳しくないですが
昔 石渡 022というのが 一般的で ロードですと019という軽量パイプを使用します
超軽量を狙い 017(コロンバスSLX相当かな?)という 薄いパイプも有りましたが 転倒すると フレームお釈迦といった 強度でした。
自分は、ロードで無く ランドナーという OFFを走る650Bタイヤのフレームを 作った際
022ダブルバッテトーチューブベースのものと チェーンステイ、シートステイを019を使ったフレームを使用していましたが
019(薄く軽量固い)のチェーンステーは 固く 撓みが少なく 踏み込みパワーロスが少ない反面
足に来ます。疲れる 痛くなる 足に負担が大きかったです。
自転車は 基本サスペンションは、無く フレームの撓みで 有る程度 乗り心地や 踏み込みパワーを
緩和してくれるもので 結構固さや撓みは 重要です。
 フロントフォークの曲がりひとつでも 乗り味は変わります。

ロードの理想は、固すぎない クロモリです。
 クロモリフレームは ロー付けで組み立てます。下手なビルダーが バーナーで炙り過ぎると 良くないです。 作る人を選びます。
アルミは、柔らかい 重いので 好みません(マウンテンバイクなどには、良いかも)
一番良いのは、カーボンパイプの フレームです。 それなりのカーボンフレームなら 撓みが絶妙
乗り心地良く 足に来ません 一番軽く 楽に乗れるのが カーボンです。
値段が高価ですが それ相当の価値が有ります。

サスペンション付きは、まず
サスペンションによる 重量増が 問題 サスペンションとしての機能が 合っているか 微調整できるかで 使えるか 付かないかが決まります。
乗る人の 体重でも設定が変わりますので 自転車用サスペンションが 何処を狙って 選定されたものかを見極め 試乗し 自分に合うかを 確認した方が良いでしょう
また 細かな相談や調整をしてもらえる ショップでの購入を お勧めします。
未経験、素人、詳しくなければ、何件も ショップをめぐり 相談
一番 自分に合う店で 購入する事
自転車自体より ショップの アフターが重要です。
元 選手が開いたショップだから 良いとい事も有りません 
安いけど 腕がないのも 困りもの ですね! スポークホイール組めない ショップも意外と多いんですよ。

アルミで クロモリ同等の 強度を持たせようと すると 太く厚いパイプになり 結果 フレームは
重くなる傾向が有ります アルミ材質にもよりますが 粗悪安価なアルミ材ですと柔らかく 重くなって結果 乗り難いものになります。

クロモリと言っても 種類があると思います 
最近のパイプは 詳しくないですが
昔 石渡 022というのが 一般的で ロードですと019という軽量パイプを使用します
超軽量を狙い 017(コロンバスSLX相当かな?)という 薄いパイプも有りましたが 転倒すると ...続きを読む

Qロードバイクって軽く30km/h出るって本当?

よくロードバイクなら誰でも30km/hで漕ぎ続けられる(1時間程度)と書かれているホームページをみかけますが、本当なのでしょうか?
もちろん「誰でも」が本当の誰でもではないことはわかりますが、たとえば、自転車通学している高校生あたりに乗らせたら30km/h以上で走ることはできるのでしょうか?

私はクロスバイク(10万円程度)に乗って片道10kmを毎日通勤していますが、信号のストップアンドゴーを抜きにしても、平均時速25km~28km程度しか出ていないと思います。
通勤は10kmなので、自転車に乗っている時間は20分強です。
私の実力から言うと平均30km/hで1時間走り続けることは不可能です。
※自転車通勤暦は1年で、毎日タイムアタックばりの全力!!!疾走で漕いでいます。
もちろん走るのは車道。

たまに同じくクロスバイクの友人と一緒に帰ることもあるのですが、その友人も私と同程度のスピードしか出せませんので、一般人に比べ、私が極端に漕ぐのが遅いということでもなさそうです。

私と友人以外の世の中の人は化け物ぞろいなのでしょうか?
それともクロスバイクとロードバイクはそれほどまでにスピードの差が違うのでしょうか?
例えばロードバイクで30km/hは軽いよ!って言っている人がマウンテンバイクにでも乗ったら何km/hくらいで走るのでしょうか?

つまらない質問ですが、よかったら教えてください。

よくロードバイクなら誰でも30km/hで漕ぎ続けられる(1時間程度)と書かれているホームページをみかけますが、本当なのでしょうか?
もちろん「誰でも」が本当の誰でもではないことはわかりますが、たとえば、自転車通学している高校生あたりに乗らせたら30km/h以上で走ることはできるのでしょうか?

私はクロスバイク(10万円程度)に乗って片道10kmを毎日通勤していますが、信号のストップアンドゴーを抜きにしても、平均時速25km~28km程度しか出ていないと思います。
通勤は10kmなので、自転車に乗ってい...続きを読む

Aベストアンサー

jyuzo様
皆様が回答しているように、ロードで30Kは容易に出せます。ただし、街乗りでのスピードは多くの車や人に迷惑をかけることになります。
jyuzo様のクロスで25Kなら立派です。マウンテンだとクロス-5K程度でしょう。
小職はこれらを一通り通過して、今はつれ合いと小径で輪行・ポタリングの日々です。楽しいですよ!
バイクの次にサイクリストの事故は悲惨です。
(過去に事故に巻き込まれました)
スピードの話題から誰か好い人と何を見に行くのかの興味に比重が変わりますように‥。

Qヒルクライムに適したロードバイクについて

こんにちは。
ロードバイク歴丁度一年の学生です。

先日、交通事故に遭い自転車のフレームを交換することになりそうなのですが、どういったフレームにするか悩んでいます。
以前はカーボンバッグ&カーボンフォークのアルミフレームに乗っていました。
普段はサイクリングと峠のTTを楽しんでおります。
気が向いたらヒルクライムイベントにも参加したいと考えております。

そこで質問なんですが、登坂に向いているフレーム素材はなんでしょうか??よく耳にするのはカーボンですが、どうなんでしょうか??
正直、乗りこなせるかが不安なのと取り扱いに気をつけなければいけないことを考えると自分にはまだ早いのではと思ってしまいます。

ちなみにインターマックスのエックスライトとかが気になっています。

稚拙な文章で申し訳ありませんでした。
是非ご回答よろしくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

既に回答も出ていますが、ヒルクライムとなると軽いバイクが有利です。カーボンフレームはアルミやクロモリなどの金属系のフレームよりも軽量な事が多いです。しかしながらカーボンフレームにも本当に様々なものがあり、カーボンだから軽いという事は一概に言えません。

一般的にフレーム単体で千グラムを切る重量は軽量フレームになります。個人的な経験からの印象ですが、バイク全体の重量で7キロ以下の重量になると、一気に身軽になり、はっきりとした軽量性を実感できますが、7キロを超えてしまうと、7.5キロでも8キロでもあまり変わりません。ヒルクライムで機材の優位性を求めるのなら7キロ以下を目指しましょう。
エックスライトも公称960グラムですから最軽量ではありませんが軽量な部類には入ります。
インターマックスは評判も上々で、20万円以下で手に入る1キロ以下のフレームというのはそんなにありません。その意味ではコストパフォーマンスに優れた賢い選択だと思います。

しかしながら、自転車の全体の重量はフレームもさることながら、パーツによってもかなり変わります。むしろ重量だけで言えばパーツの依存度の方が高いです。カーボンフレームであれば、多くの場合フレーム単体で1300グラム以下くらいの重量で収まります。エックスライトとは300gの重量差があるわけですが、この重量差はパーツ選択で簡単に挽回できる重量です。軽量なエックスライトでも、重量のあるパーツで組めば軽量なメリットは生きてきません。フレームはもちろん要なのですが、パーツもできるだけ軽量なもので選ばないとエックスライトを選んだ意味がなくなってしまいますので注意が必要です。

ポジション的には大きめのフレームというのもわかるのですが、重量から考えれば適正範囲内で小さめのフレームサイズの方が当然有利です。場合によってはフレームサイズの違いによって100g以上も差がある事があり、数十グラム単位で軽量化を行うヒルクライムバイクとしては致命的です。ヒルクライマーは自分の周りでも小さめなフレームを選ぶ人が多いですね。エックスライトの960グラムという重量もフレームサイズの記載はありませんので参考重量程度に考えた方が良さそうです。

コンポはともかくとして、以外に重量がかさむのがステムやサドル、シートポストです。この辺のパーツは比較的安価ながらも軽量なモデルが発売されているので、是非とも重量に注意して選びたいところです。
パーツ、フレームともにカタログに出ているメーカー公称重量は、多くの場合実測重量よりも軽く記載されており、あまりあてにしない方がいいでしょう。

以下のサイトで各パーツの実測重量の一覧が参照できます。
http://weightweenies.starbike.com/listings.php
http://www21.atwiki.jp/partsweight/

2台目のロードで、使用目的、方向性も絞れているので、軽量カーボンという事で間違いないと思います。1年も乗っていれば乗りこなせないという事も絶対ありませんし、早いという事もありませn。逆に今後のレベルアップを考えて少し無理をしても良いものを選ぶべきだと思います。

既に回答も出ていますが、ヒルクライムとなると軽いバイクが有利です。カーボンフレームはアルミやクロモリなどの金属系のフレームよりも軽量な事が多いです。しかしながらカーボンフレームにも本当に様々なものがあり、カーボンだから軽いという事は一概に言えません。

一般的にフレーム単体で千グラムを切る重量は軽量フレームになります。個人的な経験からの印象ですが、バイク全体の重量で7キロ以下の重量になると、一気に身軽になり、はっきりとした軽量性を実感できますが、7キロを超えてしまうと、7.5キ...続きを読む

Qロードバイクの最高速はどれぐらいなのですか。

例えば
自分のマウンテンバイクでトップギアにして平地でペダルを漕げるだけ頑張って高回転させてこれ以上自分の足が回転についていけなくなるまで漕ぐと、速度は35キロぐらいです。
だからこれを最高速とします。ヘトヘトになりました。

同じように一般的なロードバイクだとこの条件で何キロぐらいの速度が出るのですか。
平地で無風状態です。

Aベストアンサー

メーターつけてても本当に正確か?と疑いたくなる時はありますが、それはおいておいて。

マウンテンバイクだとノブ付きタイヤでも出す人は40~50出すみたいですね。
俺は質問者さんと同じぐらいです。
スリックタイヤに履き替えて走行してみては?少しは速度があがると思いますよ。

ロードであれば瞬間スピードですが50km記録しました。ただ国道で試したので本気で漕いだという実感はないのでもしかしたらばもう2~3km+で漕げるかもしれません。うぬぼれかもしれませんけども。

余談ですが、プロの世界だと平地ストレートで70km以上出すとか耳を疑う数字を聞きます。
(下りだと100km越えとかなんとか)

Qロードバイク推奨サイズより大きいサイズのポジション

こんにちは。
私の身長は163.8mm股下758mmです。
ロードバイク、GIANTのDEFY2、14年モデルに乗りたいのですが在庫がSサイズ(適正身長165-175cm)しかありません。しかし、私の推奨サイズはXSです。
どうにかして乗れないでしょうか。
試乗してみたところ腕が完全に、というほどではないですがやはり伸びてしまいました。
ステム(80mm)を短くしたりしてなんとかできないでしょうか。
買わないとステムやサドルの高さ、前後など調整はしてもらえないようなので。。
参考までに自転車のジオメトリーのURLを載せておきます。http://www.giant.co.jp/giant14/bike_datail.php?p_id=00000042#geometry

推奨モデルを買うのが一番なのはわかっているんですが、どうしてもこの自転車に乗りたくて、なんとかならないものかと思い質問させていただきました。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私に近い身長ですね。確かに適正サイズはXSでしょう。

さて、結論から先に言えば、的確な対応をすれば、全く問題無く快適に乗れます。

時々、短いステムを装着すると操縦性がクイックになりすぎる、などと言う人がいますが、それは完全なデマです。私も、ある事情で60mm相当のステムとドロップハンドルを組み合わせた車両を持ってますが、一切の不具合は有りません。

それで、的確な対応とは、30度90mmくらいの深い角度の実質的ステム長の短い特殊な寸法のピスト用ステムか、MTB用ハイライズステムを逆付で交換する事です。
というのも、530mmの多少長めのトップチューブ長は大した問題ではありませんが、145mmというヘッドチューブ長が曲者で、乗り慣れてハンドルを低い位置にセットしたいと思えるようになった時、通常の6度のステムではハンドルが意図した高さまで下げられないからです。
恐らく、6度80mmのステムだと、ステム下のスペーサーを無しにして最大限ハンドルを下げたとしても、サドルとの落差は0だと思います。
慣れてくると、マイナス3~5cm程度が適当だと思いますので、急角度のステムを使用するしかなくなる訳です。
で、17度以上のステムは、いきなり選択肢が減りますし、見た目が多少不自然だと感じるかもしれませんので、それが些細なデメリットですが、これは捉え方次第でしょう。
可変ステムだとかなり安価に入手出来ますので、ポジションがそれなりに固まるまで、90mmくらいのサイズのモノを装着するのも良い方法です。
このジャイアントのDEFY2は、元々コンフォートモデルなので、ピッタリの適正サイズに拘るのも大した意味がありません。
気に入ってるのなら、買っちゃえばよろしいかと思います。
多少無理目の改造も、かえって愛着が湧くというものです。

私に近い身長ですね。確かに適正サイズはXSでしょう。

さて、結論から先に言えば、的確な対応をすれば、全く問題無く快適に乗れます。

時々、短いステムを装着すると操縦性がクイックになりすぎる、などと言う人がいますが、それは完全なデマです。私も、ある事情で60mm相当のステムとドロップハンドルを組み合わせた車両を持ってますが、一切の不具合は有りません。

それで、的確な対応とは、30度90mmくらいの深い角度の実質的ステム長の短い特殊な寸法のピスト用ステムか、MTB用ハイライズス...続きを読む

Qロードのカーボンフレーム寿命について

ロードバイク、カーボンフレームはおおむね転倒等の影響が無かったものとしますと、どれくらいで寿命を迎えるのでしょうか?
詳しくご存じの方からの回答をお願いします^^

Aベストアンサー

結構難しい質問です。
ざっくりとした答え方では、今のカーボンフレームなら一般人がちゃんと屋内保管をして無理な使い方をしなければ5~10年は持つみたいです。

なぜ期間に幅があるかといいますと、カーボンにも種類が有りまして、メーカーによって使っているカーボンが異なるからです。
カーボンの繊維の種類、編み方、弾性も低弾性率から超高弾性率までありこの組み合わせ方で色々な特徴を作れるからです。
なので耐久性も様々らしいです。

私もカーボンは素人で、曖昧な言い方になりスミマセンが、作っている人も実際に乗ったときの耐久性をハッキリ言うことが難しいみたいですよ。
というのも、使う人の体重や乗り方で全然変わるからだと聞いたことがあります。
テストでフレームにどれだけ力をかければ壊れるかや、振動を与えてヒビをみたりする事はやるみたいなので「どれだけ衝撃を与えれば壊れるか」や「どれだけ力をかければ壊れるか」は知っているみたいですが、一番困る質問は「フレームは何年持つか」だそうです。

昔のカーボンはそろそろ剥離したりしているようですが、現在のカーボンは相当進んでいるようです。
なので、現在のカーボンフレームなら5~10年持つみたいです。


今の大手の(有名な?)フレームメーカーは、トップグレードのフレームをプロがUCIのレースで一年使っても壊れない物を作るそうです。
なので、UCIのトップチームが一年で走る距離は持つそうです。
ちょっとどれだけになるかハッキリした距離は分かりませんが、ツール・ド・フランスで約3000km位という話もありますから全部合わせるとワンシーズンで1万キロ位にはなるんでしょうか。
ツールのトップチームでも、余程のエースでもなければワンシーズンで一つのフレームを使い倒すようですよ。(落車すれば別ですが)
それを私たちは何年で走るんでしょうね?
一年に2000kmを走るのなら5年持つのではないでしょうか?
もちろんプロとアマでは整備の方法も違うので単純に計算するのは乱暴ですが、わかりやすく言うとこういうことになります。

とはいっても、みんながトップグレードのフレームを使うわけではないですよね。
入門用のカーボンはどうなのかというと、技術が1世代前のプロが使っていたカーボン相当らしいです。
作る技術が上がっているので、一般人が使う程度では10年持つものも珍しくないみたいです。
前にSCOTTジャパンの人に「フレームって何年持つんですか?」って聞いてしまった事があるのですが、帰ってきた答えは「普通に使えば10年以上持ちますよ」でした。
もちろん落車したり石畳のようなところばかり走ったりせず、ちゃんとメンテナンスしてという条件ですが。
多分ですが、自社でカーボンの成形までできるSCOTTレベルのメーカーなら10年は持つのではないかと。
カーボンの扱いがそれほど得意ではないメーカーでは継ぎ目とかから剥がれてきたりするみたいなので5年くらいかもしれませんね。

よくカーボンは寿命が短いとか言われますが、普通に乗って、事故に遭わなければ飽きるまで乗れるはずです。(と私は思ってます)

結構難しい質問です。
ざっくりとした答え方では、今のカーボンフレームなら一般人がちゃんと屋内保管をして無理な使い方をしなければ5~10年は持つみたいです。

なぜ期間に幅があるかといいますと、カーボンにも種類が有りまして、メーカーによって使っているカーボンが異なるからです。
カーボンの繊維の種類、編み方、弾性も低弾性率から超高弾性率までありこの組み合わせ方で色々な特徴を作れるからです。
なので耐久性も様々らしいです。

私もカーボンは素人で、曖昧な言い方になりスミマセンが、作ってい...続きを読む

Qロードバイクの買い替えについて悩んでいます。 アルミバイクで一年半乗っ

ロードバイクの買い替えについて悩んでいます。 アルミバイクで一年半乗っていてカーボンへの乗り換えです。アルミの中でもしなやかな乗り心地と言われていても踏み心地や乗り心地はカーボンとは全く違いました。使用用途は週末100k~150Kのロングライド、将来は佐渡や能登に出てみたいです。住居環境はアップダウンの多い農道がメインです。勾配20%の道もあります。身長170cm体重63k、40代です。買い替え候補は

1.オルベア オニキス

2.フォーカス カヨ

3.スペシャライズド ターマックコンプ

4.ウィリエール モルテローロ

5.ルック 566

6.クォータ カルマ

以上の6車です。 雑誌のインプレのような裏事情なしで皆様の率直なインプレとお勧め車を頂ければと思います。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

20万円台のカーボンは注意が必要です。特に完成車ではその仕様で満足できるのなら良いのですが、何かを換えると高い物に付きます。私も20万円台のカーボンをクランク等のコンポの一部、ホイール、ハンドル、サドル等を交換し、気がつくと合計50万円を遙かに超えてしまいました。しかし、残念ながらそれでも満足できないものですからほとんど乗りません。妻のサイクリング用車になっています。

ホイールはカーボンやチューブレスに乗り慣れますとクリンチャー用アルミホイールに興味を失いました。走りやすさと疲労度が違います。ハンドルもカーボンはもう手放せません。初めからルック566等のフレームを好きな物で組めば良かったと後悔しています。ですから初めての一台ではないのですからルックのようなフレーム買いが賢明なのではと思います。ルックは残念ながら山で試乗できませんでしたが平地ではすばらしい自転車だと思いました。まるでレクサスに乗っているようでした。何かの参考になさってください。


人気Q&Aランキング