【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

非婚も少子化も、
男が結婚したがらないなら、どうしようもないですよね。

女側からできることなんて間接的な事ばかりだし、効果もたかが知れてます。
それに、どう足掻いても女は「負担をかける側」なのだから、求婚もし辛い。
女から与えてあげられる幸せも、あまりにも漠然としていて分かりにくい上に、確約できるものでもない。

安く買えます!
省エネです!
って売り込んでも、
「別に欲しくねえし」
って言われればそこまで。
どんなに懸命に営業しようとも、欲しくない人には買ってもらえない。
そして欲しがる人はどんどん減っていく。


男が女をもっと求めるようにならなくちゃ、非婚化も少子化も止められないと思います。
でも、男というのはそう都合よくも出来ていないようです。

たとえ女性側の「品質」が多少上がったとしても、自由気ままの気楽さのが大事で、
家庭を持つことを避ける男は増え続けるのではないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

共働きが専業主婦を上回る時代に、負担をかける妻と、それを受け止める夫という構造が古いかと。

さらに言えば、若者の多くが非正規、低年収にあえぐ中で、相手を支え、子供を育てる余裕がない人が増大している。結婚はむしろお互いの生活コストを下げて、協力し合うことで、一人では難しいことに向き合う手段と考えればいいんだけどなかなかそうはならない。成熟社会の先進国はみんな同じです。意識を変えるのはむしろ女性かと。専業主婦で一生安泰という、寄生概念の人がいなくならない限り、結婚する人はますます減るでしょう。
    • good
    • 15

少子化は先進国の特徴であり それ故に別名 「先進国病」とも言います


経済成長しますと可処分所得が増大し子育てより贅沢に振り向けるようになるのです
結果 家電&耐久消費財の所有、観光産業、外食産業、レジャー産業が成長します
つまりは贅沢嗜好となってしまい生活レベル下げられなくなるのです(子育てよりレジャー)
先進国は皆 少子化であり 少子化は先進国の証なのです
(他にニート もあり これは経済的余裕から親が甘やかした結果に過ぎません 初め 少し位いいか?などと言ってる内に長くなり抜けられなくなるのです ニートの誕生です)
纏めますと
1、経済的余裕から贅沢嗜好 レジャー優先 核家族化となります(西欧は元々核家族が基本ですが)
2、経済的余裕から夢実現に夢中になり結婚優先しないので非婚化 良くて晩婚 結果少子化になるのです
3、老後の人生設計迄考えが及ばない気付かない 結果惨めな死に方に?なるなど想像出来ないのです

生活レベル落とすのは難しく 少子化解消は大変難しい事が理解出来るでしょう
更に日本の場合は「正常出産は30歳迄が限界」の教育してこなかったのです
30歳過ぎの初産は異常出産が多くなり 35歳過ぎたら不妊 そんな事知らずに育ちました
そろそろ子供欲しいと思った頃は既に遅しで 不妊治療(体外受精)で数百万円を失っております
それで不妊治療の政府援助は35歳迄にしようと決めたようです

結婚優先なら今の日本 贅沢さへ望まなければ何時でも出き「お金掛かるからは言い訳」と言って良いでしょう
言い換えますと贅沢心の為に結婚が優先されなくなったのです 更に老後を無視した人生設計があります
なので日本経済が破綻すれば世代交代した頃には自動的に解消されるでしょう 贅沢が続く限りは難しいです。
    • good
    • 5

>たとえ女性側の「品質」が多少上がったとしても、自由気ままの気楽さのが大事で、


>家庭を持つことを避ける男は増え続けるのではないでしょうか?
断言できますよ。「そんなことはない」です。男性にとって望ましい女性が増えれば、
家庭を持ちたい、結婚に憧れる男性は増えます。

問題は女性が女性として上げていきたい女性の品質と
男性が女性に求めている女性の品質がまったく一致していないことです。

まあヒントはいつぞやの婚活殺人の容疑者でしょうね。お世辞にも美人とは言えない容姿で
男性を次々とだまし、殺害しました。この事件が明るみに出たとき、世間はどれだけの美人なのかと
予想したのですが、犯人の容姿を見てド肝を抜かれた人は多かったと思います。
あの犯人がどんな男性をターゲットにし、どんな言葉と、どんな態度で相手を信頼させ、結婚までさせたのか。
それが参考になると思います。

ま、あの事件を見た男性としての感想は「やっぱ男(特にモテナイ男)が結婚しようとするモンじゃないな。」ですが。
これは男性が更にやる気を無くした発言でもあるけど「そんな手で来られたら簡単に騙されてしまう」と思うからこそです。

あの事件は確実に世の男性の非婚化を推進させたでしょうけどね。
でも、男性が求めている女性像のヒントには十分なり得るはずです。
    • good
    • 28

世界中、どこでも男の方が短命です。



これは生物学的な差異に基づくものだ、という
考えもありますが、米国の調査では
1920年代の男女の平均寿命の差は1歳ほどにすぎなかったのです。
つまり、生物学的な要因というよりも、
近代になって男性の寿命を縮めている社会的な要因が
存在するということです。

寿命だけではなく、自殺率も女性より男性のほうが圧倒的に高い。
暴力事件の被害者になる割合、仕事中に労働災害に遭う割合、
戦争に行って死ぬ割合。

どれも男の方がはるかに高いのです。
米国では最近、教育のレベルも男の方が下がっています。

それでも女性は弱者だから保護しろ、優先しろ、
男は我慢しろ、と女性専用車両とかも出現しました。

そういうことで、男の、無言の、意識しない反抗が
始まっているのかもしれませんね。
    • good
    • 42

時代ですね。

それに伴っての、思うにSEXへの渇望の減退じゃないでしょうか。
成長が続いていて、緩やかなインフレなら、こんな風にはならないんですよ。
つまり、子供が財産であり老後の保険でもあるという感覚が多少なりともあったんだけど、かかる費用に対して、それ以上の期待ができなくなった。デフレで貨幣価値が下がり続けるってことは、子供の生産性、給与が親よりも低くなるだろうと感じられること。

また、女性が自立し強くなり、十分一人で生きていけるようになった一方で、男も身の回りが便利になって、一人で不便なくやっていける。
AVや二次元とかいって、安易な方法で性欲処理するからそれに慣れてしまう。
リアルな人間との付き合いは、出来るだけやりたくない。これも低成長時代、デフレの弊害。
将来に明るい見通しがないから、こじんまりと小さく生きてしまい、女の子に添い寝してもらうだけで満足するという信じがたい様相を呈してくる。

こういうのは全体の話ですから、個人ベースではその流れに歯止めを掛ければいいだけ。すべては意識の問題。
日本は、まだまだ、十分所得水準が高いし、一人でやっていくよりも二人で暮らした方がいいことは明らかですから、悲観せずに、いいパートナーに巡りあわれることをお祈りしてます。
    • good
    • 2

昔は、周りと親がもっと積極的に探してきてお見合いさせたものです。



今では合コンでもないことには知り合えません。

自由恋愛って、意外にハードル高いんですよ。
    • good
    • 16

今の男性はお給料が少ないから結婚して家族を養う自信がないのです。

結婚したら少ないお小遣いで我慢しなくちゃならないのも嫌だし。
お金があってバリバリ働く男性は家庭を持ちたいと思うのではないでしょうか?毎日忙しくて疲れて家に帰っても大したご飯も作れずほこりだらけの家で寝るより奥さんにおいしいご飯作ってもらってキレイな家に帰り疲れを癒したいじゃないですか。
女性は出産や育児の体力面でタイムリミットがあるから焦るけど、男性はあまり関係ないからお金ないし今すぐ結婚しなくても。。。となるのではないしょうか。
家庭に入る女性より家庭の大黒柱となる男性の方が結婚のプレッシャーは大きいのだと思います。「うちの旦那は甲斐性なしだからさ~」なんて奥さんに言われたくないんですよ。そうなればプライドもズタズタです。デリケートですね。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

女性の結婚への意欲の高さ、子供が欲しいと思う気持ちに対し、
男性側はどうも、結婚や子供への意欲が低いように思います。

昔から年貢の納め時とか比喩されるように、男から見て結婚というものがあまり魅力的ではない、
制度や経済的な問題もあると思うけど、
それ以上に自由でいたい欲求のほうが強いというか。
女側はいつも「結婚願望がある男」という限定されたパイの中での獲得競争ばかり。

男はいつまでも遊んでいたい欲求が強く、
女は結婚したい欲求が強いのに「待つ側」の立場。
なんか色々あべこべな気がします。

お礼日時:2016/03/09 19:20

男性用・女性用の、手軽な、オナニーグッズが簡単に変えるのも理由の一つだそうです

    • good
    • 0

そりゃあれだけ見本が離婚すりゃ、怖いわな。

    • good
    • 28

結婚観は、昔も今も変わっていない。

男女平等と言っても、やはり、男は生活能力が必要だ。無責任な男だと遊んだり、適当なことをする人もいるが、日本の男は、概ね真面目なんだ。だから、生活能力が無いので、我慢してるだけだ。政治が悪いのだ。だから、生活能力のある年配者と結婚する率が高くなってる。政治で、若い人が去勢されてるだけだ。男は昔と変わらない。概ね誠実だ。生活能力が低くても良かったら、そのように言ってあげるべきだ。
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q少子化の原因は女のワガママでしょう?

戦後、物すら無い貧しい時代はこれが普通でした。

男=働く → 女、子供を養う
女=家事 → 家族を守る

現代のように手当も無い時代
貧乏でも子沢山ブームだった


ところが、女も働かせろ!と女性から要望デモが発生したため
女性も社会で働くようになりました。そこからおかしくなりました。


男=働く → 女、子供を守る
女=働く → 男から社員の席を奪うが男を養う気は無い

余った男=結婚したくてもお金が無く生涯独身
余った女=働く男に養ってもらう or 高望みして生涯独身


男性は今まで通り女性を養うのに
女性は社会進出しても男性を養わないのです
男性は女性に正社員の席を奪われ養いたくても養えない人が現れました


社員の席を女性に奪われた男性は非正規で食いつなぎますが
それでも戦後の日本よりは遥かに恵まれています
実際、日雇いで5人家族も実在します


しかし、余った女性は余った男性を選ばなくなりました
「セレブ婚」「芸能人」「ハクバの王子様」「玉の輿」そんな夢みたいなことばかり考え
相手にもされないイケメン、高額所得者ばかり狙い遊ばれ生涯独身で過ごす人が増えました


つまり、女性がワガママになったから
男性が女性に愛想を尽かしたのではないでしょうか?


もし、女性が「貧しくても一緒に頑張ろうよ」の一言があれば結婚しようと決意する男性は沢山いると思うんです。しかし、今の時代の女性は「は?養う甲斐性もないのに?」とバッサリするでしょう


さらにおかしいのが

「アラサー」「アラフォー」という言葉です
女性の肉体は30歳がタイムリミットなのに(流産、ダウン症リスク、不妊)
厚かましいワードでまだ大丈夫と保護してるのでしょうか?

また、女性に興味を持たなくなった男性のことを「草食系男子」と語り
自分達には全く非が無いような言い方ばかり

魅力的な女性が減ったから
男性は風俗、AV、エロゲなど女性を相手にせず
効率的に独身貴族を過ごす方法を考える人が増えました

全ては女性のワガママが原因ではないでしょうか?
女性手帳の導入しても世間の女性は「何で女だけ?女が悪いってか?」という意見がありましたが

ぶっちゃけその通りだと思うのですが・・・

戦後、物すら無い貧しい時代はこれが普通でした。

男=働く → 女、子供を養う
女=家事 → 家族を守る

現代のように手当も無い時代
貧乏でも子沢山ブームだった


ところが、女も働かせろ!と女性から要望デモが発生したため
女性も社会で働くようになりました。そこからおかしくなりました。


男=働く → 女、子供を守る
女=働く → 男から社員の席を奪うが男を養う気は無い

余った男=結婚したくてもお金が無く生涯独身
余った女=働く男に養ってもらう or 高望みして生涯独身


男性は今まで通り...続きを読む

Aベストアンサー

”女=働く → 男から社員の席を奪うが男を養う気は無い”
   ↑
なるほど。男女平等ということなら、一理も二理もありますね。
もっとも、私は男女平等など信じておりませんが。


”男性は今まで通り女性を養うのに
女性は社会進出しても男性を養わないのです
男性は女性に正社員の席を奪われ養いたくても養えない人が現れました”
     ↑
ここがポイントですか。
それにしても鋭いですね。
でも、こういうことを言うと、情けない男、と言われます。
男女平等は何処へ行ったのでしょう。


”余った女性は余った男性を選ばなくなりました”
     ↑
そうなんですよ。
男女平等だ、なんて言っても、女性は自分より高収入
高学歴、高身長の男としか結婚しません。


”女性がワガママになったから
男性が女性に愛想を尽かしたのではないでしょうか?”
    ↑
昔から、女性は我が儘でした。
現在は、男女平等という悪い思想が入って来たので
女性の我が儘が表に出て来たのです。
それに怖れをなした男が、尻込みする、ということは
あるでしょう。


”女性に興味を持たなくなった男性のことを「草食系男子」と語り
自分達には全く非が無いような言い方ばかり”
   ↑
これは笑いました。
言われてみればその通りかもです。
女性に怖れをなした結果、草食系が増えたのだ、という
ことですね。


”魅力的な女性が減ったから”
    ↑
これはマジに賛同です。
日本の女性は、男になろうとしているような感があります。


”全ては女性のワガママが原因ではないでしょうか?”
    ↑
よく考えると、質問者さんの言うことが正しいような気になって
きましたよ。
ただ、総ての原因が女性にある、というのは間違いです。

1970年から現代まで、婚姻関係にある男女の間の
子供の数は、殆ど変わっていません。
2,19  →  2,09
(1970) (2012)

つまり少子化の原因は、婚姻の減少にあります。
その婚姻減少の理由は何でしょう。

1,必要性の減少
・女性の社会進出が進み、結婚しなくても生活
 出来るようになった。
 元来、女性は、自分よりも高収入、高学歴の男との
 婚姻を望む傾向があるが、女性の高収入化、高学歴化
 により、対照となる男が制限される結果となった。
・男の方も、家事の家電化、コンビニ、風俗などが整備され、
 あえて結婚する必要性が減少した。

2,価値観の変化
・結婚するのが当然という価値観が崩れた。
・かつては見合いが主流だったが、現代では
 恋愛結婚が原則となったため、恋愛難民が
 出現した。

3,経済の停滞
・非正規社員が増え、妻子を養うことが難しく
 なった。

”女=働く → 男から社員の席を奪うが男を養う気は無い”
   ↑
なるほど。男女平等ということなら、一理も二理もありますね。
もっとも、私は男女平等など信じておりませんが。


”男性は今まで通り女性を養うのに
女性は社会進出しても男性を養わないのです
男性は女性に正社員の席を奪われ養いたくても養えない人が現れました”
     ↑
ここがポイントですか。
それにしても鋭いですね。
でも、こういうことを言うと、情けない男、と言われます。
男女平等は何処へ行ったのでしょう。


”余った女性は余...続きを読む

Q男が結婚するメリットって何ですか?

常識という概念を捨てて、
みなさんは「結婚」というものを考えることができますか?

「育った環境が違う赤の他人同士が何十年も同じ家で生活すること」
これが「結婚」ですよね?

僕にはなぜ”男”が「独身」の今の生活を捨てて、
そのような生活スタイルを取りたいのか・・わかりません。

・恋人同士の時に愛情が芽生えてこの女と一生暮らしたい!と思った。
→しかし現実は20年も経てば愛情も薄れ、夫はやっかいもの扱い
・自分の働いたお金は妻、子供にとられてしまう
→独身なら自分のお金は自分のためにだけに使える
・男は仕事なので、子供はなついてくれない
→子供のため・・妻のために・・働いても、結局むなしいだけ

キレイ事は抜きにして、
以上にあげたことは事実じゃないですか?

「男にとって結婚ってなんなんでしょう?」

・仕事から帰ってきて口うるさい親父には子供はなついてくれない
・女である母親はいつも子供の傍にいるからなついてくれる
・それでも嫌われた子供、妻を男は一生養っていかなくてはいけない
・離婚すれば養育費を払うのはたいてい仕事をもつ男の方・・

何一つ僕にとって「結婚」にメリットを感じないんです・・残念ながら。
デメリットしか思いつきません。

子供がほしいから・・結婚するというのは
女性ならいい!
男にとっては・・なんのメリットもないですよ。

なのに何故、結婚することが常識なのか?
社会は結婚しない男を認めないのか?
反発しているぼくはおかしいんですか・・??

老後のためといっている方もいます!
→パートナーが先に死んだらどうします?
→子供なんて今の時代あてにはできませんよ!

一人なら
・休みの日は自由に友達と遊ぶことができる
・自分の給料はそのまま自分のもの
・妻には小言は言われない
・趣味、友達さえ見つければ寂しいなんて思わない
・老後も自分で費用を貯めれば老人ホームに入ればいい

デメリットを見つける方が難しいです。
メリットしかないんです!

僕にとって”男の結婚”とは
「女と子供を育てるためのボランティア活動としか思えません」

なぜ、あなたは結婚したんですか?
僕に結婚の魅力を教えてほしいです。
キレイ事は抜きにして!
よろしくお願いします!

常識という概念を捨てて、
みなさんは「結婚」というものを考えることができますか?

「育った環境が違う赤の他人同士が何十年も同じ家で生活すること」
これが「結婚」ですよね?

僕にはなぜ”男”が「独身」の今の生活を捨てて、
そのような生活スタイルを取りたいのか・・わかりません。

・恋人同士の時に愛情が芽生えてこの女と一生暮らしたい!と思った。
→しかし現実は20年も経てば愛情も薄れ、夫はやっかいもの扱い
・自分の働いたお金は妻、子供にとられてしまう
→独身なら自分のお金は自...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。私は34歳、嫁33歳、結婚9年目、子供7歳(娘)を持つ既婚男性です。

結論から言いますと

「結婚にメリットはない」

です。タイムマシンがあるなら、独身の自分に
「結婚だけはするな!」と忠告します。

これからの若者には、性欲処理は風俗かセフレで解消し、
働いた金は趣味や老後の貯蓄に回し、気楽に生きて欲しいと思います。

現代では晩婚化、少子化も進み、離婚件数も増え続けています。
この原因を探って行くと、女性が社会に出て、男性と同等の立場と
勘違いしている事に原因があります。昔の女性と違い、生意気になってしまったのです。
旦那に寄生し、給料が少ないなどと生意気な口をきき、旦那には死なない程度の昼飯代を渡し自分は友達とホテルでランチ。
旦那が仕事で疲れて帰って来ても、昼間遊んでる主婦が疲れたと言って
家事を旦那に押し付ける。それを拒否したら「旦那は家事を手伝わない」などと抜かす。

もうやりたい放題です。

賢い男はそれらを察知し、結婚はデメリットしか無いと感じているのです。
下記のアドレスに悲惨な状況がUPされています。
この旦那さんは撮影の2ヵ月後にレンタカー内で練炭自殺をされたとのことです。ご冥福をお祈りいたします。

http://kabup.tank.jp/img/1210925441153.jpg
http://kabup.tank.jp/img/1210928749093.jpg
http://kabup.tank.jp/img/1210970343814.jpg

この例を見ても、結婚しようと思うマゾ属性なら結婚すれば良いと思いますが、正常な人間なら結婚はしない方が賢明です。

こんにちは。私は34歳、嫁33歳、結婚9年目、子供7歳(娘)を持つ既婚男性です。

結論から言いますと

「結婚にメリットはない」

です。タイムマシンがあるなら、独身の自分に
「結婚だけはするな!」と忠告します。

これからの若者には、性欲処理は風俗かセフレで解消し、
働いた金は趣味や老後の貯蓄に回し、気楽に生きて欲しいと思います。

現代では晩婚化、少子化も進み、離婚件数も増え続けています。
この原因を探って行くと、女性が社会に出て、男性と同等の立場と
勘違いしている事に原...続きを読む

Q男にとって結婚のメリットないから非婚化時代では?

18歳以上35歳未満の男女未婚者約1万人にアンケートした

 「交際している異性はいない」と回答した男性は67%、女性は52、5%だった。
このうち「異性との交際をしたいと思わない、望んでいない」と回答したのは男性で49,5%、女性は53%に上った。

こういうデータ見てても都会出身で安定した収入のある男性や女性でも
男性に寄生せず、自立力や経済力のある女性ならメリットない気が・・・・
YAHOO知恵袋に書かれていましたが

結婚しないメリット

★気が楽
★ストレスが溜まらない
★家族とはいえ、夫婦は他人だし自分で稼いだお金を全て自分で自由に使える
★離婚率が4割に近い時代にそういった心配もなし、子供作って離婚したら子供は女性側に取られるし
慰謝料や養育費だけはぼったくられて最悪
★静かでいい
★性企業も充実しているし、アダルト系のビデオ、大人のおもちゃも充実しているので
性関係でも困らない(実際に今は30代既婚者の約2人に1人はセックスレス)
★少し前まで言われていた世間体も30代でも過半数が独身なので
世間体も気にならなくなった。
★社会も実力主義化しているので、どれだけ金を生み出せるか、どれだけ戦力になるかで
給与などが決まっている時代なので家族がいる、いないは関係ない時代になった。

などが言われていた。

まぁ一番メリットのあるのは怠け者の女でしょうね。
親の金で大学まで行って、専業主婦願望・・・・理由は働きたくない昼間にダラダラしたいなど・・・・

まぁ今の時代は入学金払えば大学なんて行かれる時代ですから
ダラダラ22,3歳まで学生時代を送って、その後は男にうまく寄生すれば
税金も免除、3号制度で保険料もなし、長生きだけはして年金免除受けてたのに
受給年齢ではがっぽり、離婚さえされないように気をつければ
楽して生活安泰・・・・・・

こりゃ男で交際希望する人は減るでしょうし、日本の女性も欧米並みに自立している女性が増えてきているので
女性側も経済力や自立力がある人は結婚のメリットない気が・・・・

18歳以上35歳未満の男女未婚者約1万人にアンケートした

 「交際している異性はいない」と回答した男性は67%、女性は52、5%だった。
このうち「異性との交際をしたいと思わない、望んでいない」と回答したのは男性で49,5%、女性は53%に上った。

こういうデータ見てても都会出身で安定した収入のある男性や女性でも
男性に寄生せず、自立力や経済力のある女性ならメリットない気が・・・・
YAHOO知恵袋に書かれていましたが

結婚しないメリット

★気が楽
★ストレスが溜まらない
★家族とはいえ...続きを読む

Aベストアンサー

 昔に比べて、生身の人間との接触の機会が減りましたから、必然的にカップルや結婚の機会が減ってるのでは。

 今は家にいながらたいていの事は出来てしまうので、外に出て生身の人間と接触する必要が少なくなったので、コミニュケーションが苦手な人間が増えた結果ではないかと。
 (昔なら、外に出なければ何も出来ませんでしたし、家にいてもつまらなかったので)

 ---------
 気の合わない人と結婚すれば毎日苦痛でしょうが、気の合う人と結婚すれば、毎日楽しいですよ。

 なので、するしないを決めずに「あぁ、この人とずっと一緒にいれたら楽しいだろうなぁ…」という人に出会ったら結婚すれば良いのでは。

Q女の価値が下がってる気がします。

加齢による魅力の低下ではなく、
時代による女性性の価値低下が目立つ気がします。

男性にとって女性性というものの必要さが薄れているというか、
草食化もその結果のひとつでしょうし、
エロ技術もどんどん進化するし、
性的優位性では均衡を保てず、特権が薄れてパワーバランスが崩れてきているというか、
そんな気がします。


逆に女性は男性性を必要としないのかというと、そういう変化はあまり見られないんですよね。
男の独身貴族はむしろ勝ち組扱いされることもままありますが、
女のおひとりさまは、どんなにメディアが擁護しようと冷笑的で負け組のイメージが拭えませんし、
女性自身もそれを分かっていると思います。
この先男女はどうなっていくのでしょう?

Aベストアンサー

質問者様、慧眼だと思います。

#1さんも書いておられますが、女性の価値は実質的には向上を続けています。しかし、それは相対的に「男性の価値を下げる」という手法で行われてきたものです。

今までは男性も「男女平等のため」ということで、女性の価値の向上と男性の価値の下落に付き合ってきました。しかし、最近、ここからドロップアウトする若い男性が続出しているようなのです。つまり草食男子や絶食男子です。

女性は男性がいないと生殖活動というか「子供を生み育てる」ということが非常に困難になります。ところが男性側が「女性の希望にこたえる必要はない」という意識になってきているといえます。簡単にいえば「結婚なんてめんどくさい」ということです。

結婚というのは、男性とって義務と経済的な負担が増えるぐらいで、メリットは「自分の子供が持てる」という程度なんですね。その条件を比べたときに「子供なんて要らないから結婚しない」という選択肢は男性にとっては当然の帰結になります。女性と違って、自分で生むわけではないからです。

このような状態が続くとすると、いくつかの選択肢があると思います。
・フランスのように、非婚カップルの容認と認知・不認知など子供に差を付けず、養育を中心としたゆるい婚姻関係に変わっていく
・女性がさらに強くなり社会に対する負担を強め「男性の年収」を気にしなくなる
・男性がとことん絶食化した結果、最終的に男尊女卑に戻る

 今後の出生率向上政策を考えると、フランス式はもっと可能性が高いといえます。ただし、既存の「家庭」の概念を壊すので、今の自民党政権ではやりたがらないでしょう。
 日本において、女性がこれ以上社会的な負担を背負ってくれるかというと、なかなかそうは行かないと思います。20年から30年かけて変化するならありえますが、その間相当に草食化が進むでしょう。
 ある意味、一番可能性があるのは「結局男尊女卑に戻る」です。アメリカなどでもウーマンリブが行き過ぎて「家庭に帰りたい女性」が増えているのが現実です。多くの女性は男性と同等の社会的負担に耐えられないのです。男尊女卑とはいいますが、結局男性が女性を保護することでもあります。保護するがゆえに「でしゃばるな」ということであり、イスラム教はまさにこのような考え方です。
 イスラムの女性は「守られている安心が心地よい」といい、ウーマンリブのような女性が生身で社会的負担に晒されるのは疑問ももっています。もちろん運転免許も取れないレベルはまた別の問題です。

 日本の風土風俗を考えたときに、日本の女性には古来から「ある権利」があります。それは「家庭を支配する権利」です。世界的にみて、家計費を妻が管理し夫の給料をすべて妻に差し出すのは日本ぐらいです。これは武士階級の奥向きの取り仕切りは奥様、表向きの社会的な取り仕切りは殿方、という伝統に則った風習であると思います。

 したがって、日本の奥様は自分たちの権利である「奥向きの仕事」に辣腕を振るい、外で働く殿方をコントロールするのが一番賢い、ということに戻るような気がします。
 つまり「妻は胃袋と堪忍袋で夫を操る」という古来からの内助の功というやつです。

少なくとも今のままでは、男性にしても女性にしても負担と消耗が激しく、いつまでも続くことは無いと思います。

質問者様、慧眼だと思います。

#1さんも書いておられますが、女性の価値は実質的には向上を続けています。しかし、それは相対的に「男性の価値を下げる」という手法で行われてきたものです。

今までは男性も「男女平等のため」ということで、女性の価値の向上と男性の価値の下落に付き合ってきました。しかし、最近、ここからドロップアウトする若い男性が続出しているようなのです。つまり草食男子や絶食男子です。

女性は男性がいないと生殖活動というか「子供を生み育てる」ということが非常に困難になり...続きを読む

Q恋愛も結婚もしない選択肢を選ぶ人が多くなりますが、少子化問題はどうクリアすべきでしょうか?

29歳男性です。
中学高校は男子校、工学部の大学院卒なので女性は1割もいませんでした。
運良く、大企業に就職することが出来て今は企業の研究職に就いており、今は研修というかたちで
博士号を取得するために大学に出向しています。

女性がほとんどいない環境でしたので恋愛経験がなく、大学の同期も職場の同僚もそういう連中が
多いです。仲間にAKBオタクはいないですけど、鉄道や航空など機械系のオタクは多いですね。
中には自宅に鉄道のジオラマを作ってしまった強者もいます。

私もメカいじりは好きで、車を自分でいじっていますし、趣味で自転車もしていますがパーツを
買ってチューンアップしています。

私も含めてなのですが、仕事仲間の多くは彼女が欲しいと思ったり、結婚したいと思ったりするこ
とはありません。趣味に興じていたりする方が楽しいですし、趣味は裏切りませんから。

いい年こいて恋愛をしたことがない、結婚願望がない男性は、特に女性から見れば奇特で、それこそ
人間的に問題があると写るでしょう。でも、誰しも完璧じゃないし、恋愛経験があるからといって
人間的に優れているとは限らないでしょう。単に価値観が違うだけです。

これからの時代、恋愛や結婚も人生のオプションの一つになっていくと思います。
私も30歳までにはワンルームマンションを買うつもりですし、企業に勤めてから老後のために
貯金型の保険に入って蓄えています。生涯独身なら、生命保険は最小限にして入院保険や年金保険
を充実させた方がよいですね。

さて、こういう多様な価値観がある世の中ですが、政府やマスコミは少子化を問題視しています。
私個人としては、少子化になって何が悪いと思っています。
人口が減って困るのは税収が減って困る政府と、結婚を生業とする業者だけでしょう。
労働力を担保したいなら、外国人労働者を雇えばいいし、日本人を増やしたければ一夫多妻制を
設けるのも一つの手だと思います。

どこかの統計を見ましたが、20代の男女で恋愛経験が無いのは男性の方が多いようです。
これは何を意味するかは、肉食系と呼ばれる男性や既婚者の男性が独身女性を取っ替え引っ替え
して遊んでいるからと推測できます。

女性を手に入れるために血気盛んな男性もまだまだいるのですから、少子化問題は一夫多妻制に
して、肉食系男性にお任せして我々草食系男性は自分のライフスタイルを謳歌したいものです。

巷では、何かにつけて合コンを絡ませる商法が流行っていますが、往々にして男性の参加者は
女性よりも少ないようです。男性の参加者が少ないのは経済的な問題もあると思いますが、
恋愛に対する魅力が薄れているとも思います。

今はあまりにも便利になりすぎて、お金さえあれば何でも買えるし、一人でも不便を感じなくなり
ました。また、ネット社会が発展した影響で、それまでは出てこなかった男性女性の聞きたくない
本音が出てくるようになり(発言小町でも醜い女性の本音がたくさんあります)、男女がお互い
距離を取っていると思います。

それでも、恋愛に魅力を感じている人がいるのですから、少子化問題はそういう人達に頑張って
もらいたいです。

・この多様な価値観がある世の中で、少子化問題に対処するために皆さんはどう思いますか?

恋愛カデに書いたのは、恐らくは回答者の多くは恋愛至上主義者で、肉食系が多数を占めるから
小作りに励んでいる方々が多いと推測されたからです。
是非とも、一人3人は頑張って産んで欲しいものです。

29歳男性です。
中学高校は男子校、工学部の大学院卒なので女性は1割もいませんでした。
運良く、大企業に就職することが出来て今は企業の研究職に就いており、今は研修というかたちで
博士号を取得するために大学に出向しています。

女性がほとんどいない環境でしたので恋愛経験がなく、大学の同期も職場の同僚もそういう連中が
多いです。仲間にAKBオタクはいないですけど、鉄道や航空など機械系のオタクは多いですね。
中には自宅に鉄道のジオラマを作ってしまった強者もいます。

私もメカいじり...続きを読む

Aベストアンサー

文章から言うと、貴方のご質問は・・・

>この多様な価値観がある世の中で、少子化問題に対処するために
 皆さんはどう思いますか?

この一行ですね。

マスコミが騒いでいるのは、経済→少子化→悪化→滅びる。
こんな感じなんでしょうね。

全く気にする事は無いと思います。人間が少なくなると便利に成ります。経済というのは、他国と比べるからややこしいんだと思います。

人口が少ないと貧乏人が多くなりますか?
日本は1憶2千万人ですが、我が国より少ない人口の国は山ほどあります。その国は全て貧しくて、不幸で、不便で、苦しい事ばかりでしょうか?

良くアホなマスコミは、スウェーデンは素晴らしいとPRしておりますが、人口は、950万人です。日本の10分の1ですが幸福ですね。

隣の韓国は、5千万人です。なので人口が減少しようが、増加しようが、経済に多少の影響が有るだけですから本質的な問題ではありません。

更に、老人が多いと福祉費用が増大し国家が赤字になる?これは、歴史の中のほんの1ページにしかすぎません。歴史は繰り返す。

ですから、この老人は永久に死なないのではなく、死ぬわけです。死んだ後は、若者ばかりで老人が少なくなると思えば楽しい生活が待っているのであれば問題が無いという事ですね。現在の60代が20年後に全て死ぬと楽に成りますか?

戦後、日本は、人口が急激に減少し、それを持ちなおす為に国が奨励し子供を沢山産んだのが団塊の世代のベビーブームだったのですが、その無計画な子供を生産した結果が、老人を悪者扱いになっているのですから理屈に合いません。

これが、正しいと考えれば、今、急激に子供の生産を奨励すると、60年後以降には、またまたベビーブームと成り、老人が増加する事ですか?

人間は、というより人類は、人口の増減は常にあり戦争でもあれば減少するのは当然の事です。ならば戦争ばかりあれば人口調節が出来るのでしょうか?

だからと言って貧しいかと感じるのは、贅沢な生活と比較するから貧しいと思うので、例えば、東南アジアの国で経済が貧困な国は、沢山あります。タイ・ベトナム・インドネシア・フィリッピン・台湾・インドなどと色々とあります。

その国で生きている人は、金持ちも居れば、貧乏人も居る訳ですから金の儲け方によって違うのが解ります。

なので、どんな環境にあっても、それぞれ違った人生があるという事ではないでしょうか?

今後とも日本が資本主義を貫き通し方針を変えないとすると、勝つ人は勝つ、負ける人は負ける。金持ちは金持ちで、貧乏人は貧乏という事になります。

また、選択の自由も有りますから、日本がダメなら他の国に移住すれば良い訳ですから、地球単位で考えるなら、考える必要も有りません。

また、一般的に言えば、貧乏人の子沢山というのがありますが、貧乏になれば自然的に子供が増加する?これは、金が無いから避妊が出来ない。貧乏だから堕胎が出来ないという事が有るのかもしれませんが子供が沢山増える?或いは、堕胎を許さない厳しい戒律の中の宗教を信じる人は産むしか選択肢が無いと思います。

結論ですが、自然界の出来事に、愚かで強欲な人間が考えている事は自然の摂理に逆行する考えだろうと思いますので、考えるだけ無駄だというのが正しい気がします。

言える事は、どんな環境の中であっても自分の責任と覚悟で生きる、これが妥当な考えだと思います。

文章から言うと、貴方のご質問は・・・

>この多様な価値観がある世の中で、少子化問題に対処するために
 皆さんはどう思いますか?

この一行ですね。

マスコミが騒いでいるのは、経済→少子化→悪化→滅びる。
こんな感じなんでしょうね。

全く気にする事は無いと思います。人間が少なくなると便利に成ります。経済というのは、他国と比べるからややこしいんだと思います。

人口が少ないと貧乏人が多くなりますか?
日本は1憶2千万人ですが、我が国より少ない人口の国は山ほどあります。その国は全て貧しく...続きを読む

Q恋愛出来ない男は本当に惨めですよね

私は20代後半の男です。
今まで生きてきて、彼女がいた期間はありません。
学生の頃から、一部の男女から「ブサイク」「キモい」等と言われてきました。
私は、軽い吃音があるのと、アトピー持ち、顔はブサメンです。
下戸で酒がほとんど飲めないのも大きなマイナスポイントなのでしょう。

恋愛に関してそれなりに努力はしてきたつもりです。
美容室で髪はそれなりに切ってもらい、整髪料もつけてます。
服も雑誌などでの勉強は欠かすことはありませんし、かなり気を使ってます。
日頃からボクササイズとジョギング、筋トレは欠かさず、体形はそれなりに整えてます。

しかし全く結果が出ません。
性格はそんなに悪いとは思われていないのか、数少ない女友達に何か上手くきっかけを作ってデートに誘えば、10回誘ったうち1,2回ぐらいはデートすることに成功しますが、2回目以降は殆どありません。
SNSや出会い系でも相手を探してますが、写メ交換すると殆ど連絡来なくなりますし、写メ交換せずに会っても、会った瞬間相手のテンションがガタ落ちで、ほとんど何も進展せずに終わります。

連戦連敗が続き、もうどうしていいのか分かりません。
同年代の人は次々に結婚し、独身の人も恋愛に関してそれなりに動いていた人は、彼氏彼女持ちばかりで、今は相手がいない人も以前は相手がいて、将来に希望が持てる人ばかりです。
街中で幸せそうなカップルや家族連れを見かけるたびに惨めな気分になります。
最近では自分より一回り年下の高校生ぐらいのカップルを見かけることも多くなり、自分が今まで必死に努力してきたのは一体なんなんだと思うこともあります。
最近は恋愛と仕事のストレスで過敏性腸症候群になり、さらに苦しい状況に追い込まれてます。

「恋愛は持って生まれた才能(顔、トーク術)が一番大事なのかな」と思います。
どんなに性格悪い男でも、彼女が途切れないという人は多いですし、恋愛できる男ばかりに女性が廻ってきて、私のようなモテない男には全く廻ってこない状況。
特に、私の恋愛を馬鹿にしてきた連中は、軒並みいい恋愛経験を積み、その中から自分に合う女性と結婚し、幸せな家庭を築いているようです。
浮気や不倫、二股など、一人で複数の異性と関係をもつことは男性の方が圧倒的に多いみたいですし、そういうことを平気で繰り返すモテ男ばかりが、いい思いばかりしてると思うと、本当に悔しいです。

時々どうしようもなく人肌が恋しくなり風俗に行くことがあるのですが、友人に自分が風俗に行ったこと話すと、「大金積まないとSEXできないなんて惨めだね」と言われたこともあります。

こういうことを話すと、「人生恋愛だけじゃないよ」「彼女や妻がいると自由が少なくなる」等と言われますが、恋愛できる男には「恋愛するかしないか」「結婚するかしないか」という選択肢があり、その選択肢があるかないかは、人生においてかなり重要な事だと思います。
仮に、私と付き合ってもいいという女性が表れても、それは1,2人で私に結婚相手を選ぶ選択肢はありません。
数多くの女性の中から自分と性格や相性が合う女性を選べる、恋愛できる男と比べると、かなり厳しい現実です。

世の中は本当に不公平です。
自殺したいと思うこともよくあります。

私のような人間が幸せになろうとすると、さらに不幸になるのでしょうか?

私は20代後半の男です。
今まで生きてきて、彼女がいた期間はありません。
学生の頃から、一部の男女から「ブサイク」「キモい」等と言われてきました。
私は、軽い吃音があるのと、アトピー持ち、顔はブサメンです。
下戸で酒がほとんど飲めないのも大きなマイナスポイントなのでしょう。

恋愛に関してそれなりに努力はしてきたつもりです。
美容室で髪はそれなりに切ってもらい、整髪料もつけてます。
服も雑誌などでの勉強は欠かすことはありませんし、かなり気を使ってます。
日頃からボクササイズとジョギン...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
自分も容姿が悪くいつも恋愛が上手く行かずにここで相談している者です。

一般的に容姿が悪ければ会話でカバーしなければならないのに、
その会話も流暢に出来ないとなると絶望する気持ちもわかります。
この状況でネガティブだから悪い。前向きになれというのは酷だと思います。
正論は正しい。でも正論を武器にしてはいけないって某映画の台詞です。

いやむしろ、質問者さんはかなり前向きに頑張っていますよね。
容姿が悪いからって諦めることなく自分を磨いたり女性にアプローチしているんですから。
本当にネガティブならこんな事は続けられませんよ。
様々な問題を抱えながら、女性とデートが出来ているのは努力の賜物だと思います。
今は色々上手く行かなくてちょっと落ち込んでるだけなんじゃないかな?

ここからは容姿が悪い仲間の私の経験談を元にしたアドバイスです。
私なりの考えとしては、やはり出会いの数をもう少し増やした方が良いと思います。
世の中には素の質問者さんを好きになってくれる女性もきっといます。
ただ、容姿が悪かったりするとどうしてもその数は限られてきます。
その女性を見つけるために、色んな場に参加した方が良いです。
身の回りの女友達だけだとどうしても数が限られます。

私はカップリングパーティーや街コンによく行っていますが、
こういう場は容姿か会話力で短時間で女性に気に入られる必要があるので、
質問者さんには向いていないかな?でも、街コンならあまり喋らなくても
女性に対して行動で優しさを見せれば可能性はゼロではないと思いますよ。
一緒に街コンに行く友達がいないのであれば、ネットで募集してみるとか
パーティーで同性の友達を捜してみるとか...やれることはやってみるといいです。

あとは、時間がかかりますが社会人サークルや習い事などですね。
上手く喋れなくても、時間をかければ好きになってくれる女性がいるかもしれません。

個人的にはネットの出会いはなあ...やっぱ容姿重視ですからね。
私も写真見せた瞬間に音信不通になった事は何度もありますよ(笑)
でも、メールで仲良くなれるというのは質問者さんにとっては
かなりメリットになると思うので、現実の出会いと平行して
あまり期待しないで続けると良いかも知れませんね。

出来れば、これらを全て平行してみるのが良いと思います。
どれか1つに絞ると上手く行かなかったときのダメージが大きいです。

確かに容姿が悪いと多くの女性の中から1人を選ぶと言う事は出来ないでしょうね。
自分を好きになってくれる女性の中からパートナーを見つける事になるでしょう。
でも、その女性を心から好きになれるのであれば、それはとても素晴らしい事だと思いますよ。
決して妥協なんかではありません。

今はとても落ち込んでいて、そういう気持ちになれないのはわかります。
でも、恋人を探す努力を怠らずに前に進み続けて欲しいです。
いつか、この人なら素のままの自分を好きになってくれるという人を
見つけたときに、きっと救われるんじゃないかと思います。
今までやってきたことは、全て無駄なんかじゃ無かったってね。

最後に、これはナンパ師の友達に言われた言葉です。
少しでも何かの参考になればと思い書きます。
ある日、質問者さんと同じように連戦連敗で落ち込んでいて
恋愛は結局は容姿だと絶望していた時に相談したときのやりとりです。

私「1日ナンパして全く成果が出なかったり酷い事を言われたら凹まない?」
友「ナンパではそれは普通だからなあ。」
私「じゃあ、となりにイケメンのナンパ師がいて、自分だけ成果が出なかったら?惨めにならない?」
友「イケメンでちゃんと努力している奴にはどうやっても勝てない。自分に出来るのはイケメンの慢心しているところにつけいるしかない。」
私「なるほど...。」
友「成果は人と比べるものではないよ。容姿が悪くても上手く行っている人もいる。結局は努力と経験ね。容姿のせいにするのは甘えだよ」

こんな偉そうな事を言ってる私もしょっちょう凹んでみんなのお世話になっています。
なんだか自分を励ましている気持ちです。頑張ってください。応援しています。

こんにちは。
自分も容姿が悪くいつも恋愛が上手く行かずにここで相談している者です。

一般的に容姿が悪ければ会話でカバーしなければならないのに、
その会話も流暢に出来ないとなると絶望する気持ちもわかります。
この状況でネガティブだから悪い。前向きになれというのは酷だと思います。
正論は正しい。でも正論を武器にしてはいけないって某映画の台詞です。

いやむしろ、質問者さんはかなり前向きに頑張っていますよね。
容姿が悪いからって諦めることなく自分を磨いたり女性にアプローチしているんです...続きを読む

Q草食系とか最近の男は情けないとか言うけれど。

草食系とか最近の男は情けないとか言うけれど。
最近↑のように言われていますね。

だけど、男側から言わせれば、そんな刺々しい女性が増えて嫌になったから
女性に興味がない男性が増えたのではないでしょうか?

男性に男らしさを求めるなら、それを言う女性にも男性を立てる慎ましさが必要だと
思います。高い目線から要求するばかりじゃ男性も逃げていきますよ。

ちなみに、当方は21歳の彼女がいますが、デート費用は1万円以上なら彼女には
ある程度出してもらっていますし、彼女もちゃんと私を立ててくれています。

反面、職場の女性はお茶くみは嫌うけど、力仕事は「男がしてよ~」という始末。
そんなの言われなくてもやるよ、と思うし、性別による仕事内容の適不適はあるので
力仕事は男性がやったほうが効率がいいとは思いますが、お茶くみは嫌だ、力仕事
は嫌、嫌々ばかりで仕事を選ぶのはどうかと思います。

セクハラも「~ちゃん」「女の子」には敏感に反応するけど、「男なんでしょ」
「~君」には反応薄いですし。

自分の権利を主張するのは結構ですが、義務も果たして欲しい。刺々しい女性が
増えたようで寂しいです。

本当に男性が弱くなったのか、草食男子が増えたのは女性に原因があると思えませんか?

草食系とか最近の男は情けないとか言うけれど。
最近↑のように言われていますね。

だけど、男側から言わせれば、そんな刺々しい女性が増えて嫌になったから
女性に興味がない男性が増えたのではないでしょうか?

男性に男らしさを求めるなら、それを言う女性にも男性を立てる慎ましさが必要だと
思います。高い目線から要求するばかりじゃ男性も逃げていきますよ。

ちなみに、当方は21歳の彼女がいますが、デート費用は1万円以上なら彼女には
ある程度出してもらっていますし、彼女もちゃんと私を立ててくれ...続きを読む

Aベストアンサー

「最近情けない草食系が増えた」というのはマスコミの情報の蔓延と言葉が生み出した錯覚にすぎません。


例えば「空気を読め」という言葉ですが、
この言葉が流行る前はそういう感覚自体はありましたが、まだ漠然とした感覚だったので今ほど神経質になることもなかったと思います。しかしこれが自然な状態です。


そこで「空気を読む」という絶妙の表現がみつかり初めて具体性をもち、
それをマスコミが蔓延させた事によって空気を読むことが必要以上に強いられるようになりました。
空気を読め、というのは必要から発生した言葉ではなく、言葉が必要を生み出してしまった現象です。

「草食系男子」も似ています。

そのような人は昔から今と同じくらいたのです。最近になって性に淡白な男性が増えるという現象が起こったわけではありません。

ただ昔はそんな絶妙な表現も今のインターネットのような情報の伝達速度もなく、これまで表沙汰にならずにとりわけ存在を意識することもなかっただけです。
自分の意識や心が周りの世界を決めます


加えて今の日本は色んなものが便利になり何でも手に入る時代です。
その反面、人の心に余裕が感じられないという二面性をもつ微妙な時代です

そんな状況が分相応という感覚を麻痺させ女性達が完璧主義になってしまい「近ごろの男は情けない」と感じる一因になっているのではないでしょうか。

「最近情けない草食系が増えた」というのはマスコミの情報の蔓延と言葉が生み出した錯覚にすぎません。


例えば「空気を読め」という言葉ですが、
この言葉が流行る前はそういう感覚自体はありましたが、まだ漠然とした感覚だったので今ほど神経質になることもなかったと思います。しかしこれが自然な状態です。


そこで「空気を読む」という絶妙の表現がみつかり初めて具体性をもち、
それをマスコミが蔓延させた事によって空気を読むことが必要以上に強いられるようになりました。
空気を読め、とい...続きを読む

Q女性は何故、女性優遇・男性差別を理解・認識しない?

タイトル通り、女性は何故、女性優遇・男性差別を理解・認識しない(できない?)のでしょうか?このサイトで見ても、「どこが女性優遇・男性差別なのか分からない」という女性からの回答が非常に多く見受けられることから、そんな風に思いました。

女性優遇
最近ではレディーズデイなど、女性だけの特典が非常に多くなっています。それは企業の戦略なので、女性優遇にならないというのは、一理あります。
しかしそれならば、「女性は産休になれば休むので、企業の生産性を考えると男性を積極的に採用する。そして重要なポストに就かせやすいようにする」・「女性のお茶汲みは企業のイメージ向上につながるので、女性にしてもらう」ということは、男性優遇・女性差別ではないということになりますよね。

男性差別
まず、女性専用車両。本来なら任意協力で男性も自由に乗車しても良いのに、執拗に男性を追い出すことはよくあることです。これって、男性差別ですよね。
あとは、DV。男女共同参画では男性から女性への暴力は禁止はありますが、女性から男性の暴力は禁止ということが書いてありません。それどころか、女性から男性の暴力は許される風潮があって、笑いのネタなることもよくあることですよね。

ほかにも女性優遇・男性差別は色々とあると思うので、ご自身で調べていただけたらと思います。

追記
「だったら男性が積極的に訴えるべきです」・「女性に何か恨みでも嫌なことでもあったの?」・「じゃあ、その逆はどうなの?」といったような回答・感情むき出しの回答は無しでお願いします。

タイトル通り、女性は何故、女性優遇・男性差別を理解・認識しない(できない?)のでしょうか?このサイトで見ても、「どこが女性優遇・男性差別なのか分からない」という女性からの回答が非常に多く見受けられることから、そんな風に思いました。

女性優遇
最近ではレディーズデイなど、女性だけの特典が非常に多くなっています。それは企業の戦略なので、女性優遇にならないというのは、一理あります。
しかしそれならば、「女性は産休になれば休むので、企業の生産性を考えると男性を積極的に採用する。そして...続きを読む

Aベストアンサー

>女性は何故、女性優遇・男性差別を理解・認識しない(できない?)のでしょうか?

日本においては、女性の権利解放時に「義務」を同時に負担させなかったからです。また、歴史的に日本の女性は、世界的に見て古来からかなりの権利を持っていたことも原因です。

そもそもウーマンリブ=女性解放運動は第一段階として19世紀後半に女性参政権として、第二弾として戦後アメリカで反戦運動の一派としてウーマンリブ運動が盛んになり世界中に広まったのが機運であり、現在の日本の女性解放運動も原則的には第2波の影響を受けたもの、といえます。

日本の女性解放運動が推進される際には、欧米で当たり前とされている「権利と義務」の「義務」がすっぱり抜け落ちているのが、男性を苦しくさせているのです。

そもそも最初の「参政権」の時点で、男性も参政権を持つ者、持たない者、に分かれていました。それが普通選挙として男性なら誰でも持てるようになったのは、参政権=国政参加権=戦争をするかどうかの可否=徴兵制、という流れがあったからです。
民主的な選挙というのは古代のギリシャやローマ時代からありましが、この時代から参政権=軍務、だったのです。
つまり戦争をするかどうかを決める権利とその戦争に参加する義務、が一体であり近代民主主義であっても「社会を運営する権利」と「社会運営にかかる費用負担の義務」は同一であり、だからこそ最初は多くの税金を負担する人のみの権利であったものが、社会が成熟するにつれて税金を払う人(男性のみ)の普通選挙に変わっていきました。
それは、社会運営が段々に複雑になっていったからです。

女性の参政権についていえば、欧米にはその前に必要なことがありました。19世紀初頭の女性にはそもそも財産権が無かったということです。
財産権が無い、ということは社会運営コストを自分の財布(自分の稼ぎ)から出すことができない、ということです。ですので、欧米では女性の参政権付与と同時に女性への財産権の付与も行われ「社会に参加する権利」を与えられるということは「社会に対する義務を果たすということ」という不文律が女性にも広まっていったのです。

日本ではこの「権利と義務」のうち「社会に果たすべき義務」という観点が抜け落ちたまま、女性解放が進んだのです。

なぜなら、日本では江戸時代すでに女性には男性と同じ財産権があったからです。もっと昔、鎌倉時代には女性が家を相続する、というのも普通に行われていました。
戦国時代を経て、武家は男性優位社会になったものの江戸時代でも人口の9割以上を占める庶民では男性も女性もほぼ同じ権利を有していたのです(ということは義務も同じです)

このため、たとえば持参金を女性に返さないと離縁できない、とか三行半は男性しかかけないものの、女性側の圧力で強制的に書かされた、などの事例がたくさん出ているのです。


結局、欧米では女性が解放され社会に参加するなら義務も果たす、という意識が生まれたのに比べ、日本の女性解放は単に「女性により多くの権利を与えた」=「本来果たすべき義務を明確に意識させなかった」という結果になっています。

たとえば女性専用車両の問題でいえば、その車両に乗ることで痴漢被害を軽減できるなら、同時に痴漢冤罪撲滅のために尽力するのが義務といえます。女性の側が「私達は痴漢のリスクを理解して、混合車両に乗るので、痴漢冤罪が起きないように努力します」というのが社会運営に必要なコストになるからです。
それが出来ないならむしろ女性専用車両に乗るべきであり、それが「優遇」というものの本質なのです。

また日本女性は「優遇」に甘えていて、本質を見失っているといえます。
そもそも「優遇」というは、子供やリタイアしたシニアのように「社会運営の負担」から自由になっている人々のためのものです。その点では障害者など「負担したくても事情が許さない」人も含みます。
その代わり、子供であれば自由に権利を行使することは出来ず保護者の監督を必要とします。リタイアしたシニアで言えば「社会運営の負担」から自由になって老後を楽しんでください、という御褒美の意味合いが強いのです。

ですので、社会運営に関っていると自負している女性なら本来「優遇とは何事だ!子ども扱いするな!私はちゃんとお金を払うだけの稼ぎもあるし、負担もしている。馬鹿にするな!!」といわなければならないはずなのです。

それをせずに嬉々として「女性優遇うれしい!!」と飛びつくのは本来の「ウーマンリブ」のリブの精神に著しく違反している、といわざるをえないのです。

また適齢期の女性が「私よりも年収が多い人」というのも権利と義務を忘れた発言といえます。
古来の結婚観であればこのような発言も許されるでしょうが、少なくとも男女雇用均等法が施行されてから20年以上経つ以上、本来なら男性がつくことが出来たポストに女性が付いていることも少なくないからです。

これは「高収入の男性を少なくして、高収入の女性を増やす」ということですから、「私よりも年収の多い男性」が少なくなり、結果として女性にとってよりより配偶者の数を減らしていることになります。

これを解決するには「女性は高ポストにつかず、高収入を得ない」か「自分の収入で結婚した男性を養う」覚悟のどちらかしかありません。これが「社会運営として負担すべきコスト」の具体的な事例です。

しかし、実際の日本女性は、どちらも負担しない、のです。

このような事例はたくさんあり、一言で言えば「日本の女性は権利だけ確保して、義務を果たさないから、結果として男性がより苦境にあえぐ」のです。

これが女性をして「認識しない」原因であり、一度覚えた権利のために後から義務を果たす人は誰もいない、ということです。

ですから今後何かの折につけて「男女平等・義務平等」といい続けるしかないのです。

ところで、DVについても現在では「女性から男性への暴力」もDVとして認定されています。また暴力だけでなく「相手の携帯電話を勝手に見る」こともDVに該当しますので、底まで含めれば女性側のDVも相当数に上ると思われますし、実際に隠れていますが女性からのDVもかなりの数に上るといわれいます。
(平成21年横浜市調査では男性からも女性からも被害数はほぼ同じですが、誰かに相談した件数は女性被害者24%・男性被害者8%とかけ離れています。これは男性被害者の社会的受け皿が少ないからでもあります)

>女性は何故、女性優遇・男性差別を理解・認識しない(できない?)のでしょうか?

日本においては、女性の権利解放時に「義務」を同時に負担させなかったからです。また、歴史的に日本の女性は、世界的に見て古来からかなりの権利を持っていたことも原因です。

そもそもウーマンリブ=女性解放運動は第一段階として19世紀後半に女性参政権として、第二弾として戦後アメリカで反戦運動の一派としてウーマンリブ運動が盛んになり世界中に広まったのが機運であり、現在の日本の女性解放運動も原則的には第2波の...続きを読む

Q恋愛というものは、出来ないと思ったら早めに諦める方が得策だと思うのです

恋愛というものは、出来ないと思ったら早めに諦める方が得策だと思うのですがどう思われますか? 

何故、この質問に至ったのかと申しますと、最近、彼女いない歴=年齢で悩んでいる30代以上の男性の質問をよく見かけるからです。

実は私も彼女いない歴=年齢で24歳ですが、恋愛関係は諦めました。
何故なら、女性が怖いですし、いい年して恋愛を知らないという事実は女性から見て迷惑だし、いい気持ちはしないと思ったからです。

また、恋愛は相手の立場になって考える事が大事と聞きます。

そうしますと、私が仮に女性の立場になって自分(24歳で恋愛未経験)を見た場合、『付き合いたくない』という結論に至りました。

やはり年相応の経験のある人が良いと思います。


勿論、例外もあるとは思いますが、昨今の恋愛格差を考えますと恋愛弱者は早めに恋愛関係を諦める方が良いと思うのですが、どう思いますか?

※それでも恋人が出来るように努力する人、諦めない人は頑張って欲しいですし、応援したいとは思いますが。

Aベストアンサー

恋愛をする、しないは本人の自由ですが
正直 「もったいないなあ」と、思いますよ。
恋愛をしたくて 誰かを求めている女性が、たくさんいるはずですから。
あなたのような人を 求めている女性も 必ずいるはずですから。

恋愛はしなくても、「擬似恋愛」ぐらいは したらどうでしょう?
つまり、真剣にその人を好きで付き合うのではなく
恋愛気分を味わいながら、とりあえず女性と仲良くしてみる…ということです。
女友達の延長と考えてもいいです。

恋愛をするには 「相手は、こんな人でないといけない…」と、あれこれ
条件を考えがちですが、「擬似恋愛」であれば
相手の条件なんて どうでもよくなります。

例えば、彼氏がいる女性でもいいし
好みの容姿でなくてもいい、
年齢も 結構上の人でもいいかもしれない
グループでどこかに遊びにいくというのでもいい…

「擬似恋愛」のいいところは、
もともと相手を、すごく好きなわけではないので
デートを断られても、平気であること

会話などのスキルが自然に磨かれるので
その後、本当に好きな人ができたときに
それが役立つこと

女性を怖くなくなること

…などがあります。

それから、恋愛弱者などと自分のことを勝手に評価しないほうがいいと思いますよ。
恋愛は 女性経験の数や、年収や、外見や、スポーツのできるできないや…
つまり、そういうどこかの安っぽいレベルを競い合うゲームのような
薄っぺらい価値をつけられるものではないと思います。
あなたがこれから出会う女性と 一緒に歩く時間の中で
共に作っていくものだと思います。

「擬似恋愛」で、女性との会話や遊びに慣れてきたら
本当の恋愛も 自然に始まるはずです。

恋愛をする、しないは本人の自由ですが
正直 「もったいないなあ」と、思いますよ。
恋愛をしたくて 誰かを求めている女性が、たくさんいるはずですから。
あなたのような人を 求めている女性も 必ずいるはずですから。

恋愛はしなくても、「擬似恋愛」ぐらいは したらどうでしょう?
つまり、真剣にその人を好きで付き合うのではなく
恋愛気分を味わいながら、とりあえず女性と仲良くしてみる…ということです。
女友達の延長と考えてもいいです。

恋愛をするには 「相手は、こんな人でないといけない…」...続きを読む

Q容姿の悪い男性は恋愛を諦めるしかない時代の到来。

イケメン全盛期はまだまだ続きそうな勢いです。

女性の男性に対する理想はうなぎ登りに高くなってきています。


容姿が良いイケメンであることは必須条件で、さらには経済力や社会的地位のある肩書きまで当たり前のように求めますよね。


そのような時代に『中身や性格が大切』なんて言葉はもう建前か綺麗事のようにしか聞こえません!


結婚出来ない男性が激増していきます。
私のまわりには一生涯恋愛に縁の無いだろう不細工貧乏が腐るほどいます。不幸オーラ全開出しまくっています。


恋愛を諦めた男性はどのような覚悟でこれから一生涯独身を貫こうとしていますか?
お気持ち教えてください。
m(_ _)m

Aベストアンサー

>『中身や性格が大切』なんて言葉はもう建前か綺麗事のようにしか聞こえません!

ん~奇麗事のように・・・じゃなくって奇麗事なの。
色々中身だの価値観だの言う人いるけど
もとをただせば奇麗事になるよ。

>恋愛を諦めた男性はどのような覚悟でこれから一生涯独身を貫こうとしていますか?
いいんじゃね?
趣味や自分の好きな事に金と時間を費やせるんだから。

女性に金と時間をかけずに自分の好きなことに金と時間を使える喜びがあるじゃん^^v

恋人、結婚だけが人生ではないのだよ。

たっくさん書いてあげたいけど、面倒なので割愛するけどね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング