あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

こんにちは、初めて質問させていただきます。
先日先物日経225ミニをはじめたばかりのものものです。
現在大証(夜間)の先物とCME先物の価格を比較したところ、大証16735,CME16870でした。日経平均の終値が16852ですので、大証の先物価格があまりにも安すぎると思うのですが、なにか理由があるのでしょうか?明日はSQ日なのでそれがかんけいしているのでしょうか?もしご存知の方がいらっしゃいましたとご教授ください。おねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>現在大証(夜間)の先物とCME先物の価格を比較したところ、大証16735,CME16870でした



① 比較時刻は同じですか? 大証は深夜3時に終了しますが、CMEは明け方までやっています。
② CME先物は、円建てをご覧になっていますか? CMEにはドル建て日経先物というものもあります。詳しくは書きませんが、ドル円と日経平均の値動きが正の相関関係にあるときは、理論的にドル建ての方が高くなります。

大証日経先物とCME円建て日経先物の価格を同時刻に比較した場合、差はありません。せいぜいBID-OFFERが開いているか否かの違い程度です。そうでないと、簡単に裁定で稼げてしまいます。


>日経平均の終値が16852ですので、大証の先物価格があまりにも安すぎると思うのですが、なにか理由があるのでしょうか?

株の理論先物価格の計算式を簡単に書くと、以下のようになります。

理論先物価格 = 原指数 + 金利 - 配当

今は、「金利<配当」ですので、先物価格は原指数より当然に安くなります。

仮に、午後3時丁度時点で日経平均原指数が16852、先物価格が16735であれば、その差額の‐117が、市場の総意の「金利 - 配当」であることを(概ね)意味しています。

>明日はSQ日なのでそれがかんけいしているのでしょうか?

SQ前に需給で価格がブラされることはあっても、同じ日経先物間(大証、CME円建て、SGX)で価格差が生じるほど、SQが影響を及ぼすことはありません。繰り返しになりますが、裁定で簡単に稼げてしまうからです。つまり、仮に価格差が発生したとしても、瞬時に(=ミリ秒単位で)修正されます。

先物と原指数間の価格関係も同じです。先物価格は、「理論先物価格 = 原指数 + 金利 - 配当」の計算式に基づき動いているからです。先物の方が先に動くということであれば、「原指数 = 先物価格 - 金利 + 配当」とお考えいただいても、結構です。

少しでもご参考になれば、幸いです。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

kyohayakin さん、 丁寧なご回答ありがとうございました。
➁ のご回答が大証の先物が110円程度低く表示されていた原因だったようです。 その後、
※日経平均先物6月限は配当権利落ち日(3/29)までの期間、配当の価格分安く取引される為に先物と日経平均の価格差が発生します。
3月の日経平均の予想配当落ち額は112.3円ですので、先物理論価格は日経平均より(金利分考慮無しで)112.3円安くなります。 と欄外に表示が出ていました。 
 kyohayakin さんの回答はとても丁寧でよりわかりやすくなぜ先物と日経平均の価格差がでるのか、また、裁定により価格差がなくなるのか勉強になりました。ありがとうございました。

➀ については、ほぼ同時(表示誤差のため2,3分の誤差がありました)に確認し、東証の終了時に比べ関連指数(石油や為替など)はほぼ同じであることを確認したうえであまりにも大証における先物価格が安すぎるため質問させていただきました。

お礼日時:2016/03/12 17:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日経225先物とCME日経平均先物との関連性について教えて下さい

最近日経225先物取引を始めました
今苦戦していて勉強中です
そこで初歩的な事だと思うのですが教えて下さい
日経225先物とCME日経平均先物との関連性についてどなたか教えて頂けませんでしょうか?CMEの動きをどのように参考にしたら良いのか教えて下さい。
後、CMEにはドル建てと円建てがあるみたいですがどう違うのでしょうか?金額にして100円位違ってる時もあるのですがどちらをどう参考にしたら良いのでしょうか?
一般的にはドル建てが参考資料として載せられてますがどうしてでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは、


> CMEの動きをどのように参考にしたら良いのか教えて下さい。

日経225先物は機関投資家などによって裁定取引が行なわれています。
したがって、大証の日経225先物の始値は、CMEの日経225先物の
終値に近いところにサヤ寄せされるケースが多くなります。

CMEの日経225先物が、前日の大証終値に比べて大幅に
下落して取引を終えたとすると、両者の価格差を調整するための
裁定取引により、翌日9時からスタートする大証の日経225先物は、
寄り付きから大きく値下がりする可能性が高まります。




>CMEにはドル建てと円建てがあるみたいですがどう違うのでしょうか?


日本円で日本の商品の、大証の日経225先物に投資する場合は、
為替リスクを考える必要がありませんが、CMEの日経225先物
に投資している海外投資家は、ドルなりユーロなりを円に換えてから
日本の商品に投資しますので、為替リスクが発生します。


海外の投資家が、単に日経225ではなく、
ドル建での日経225を考える必要がありますのは、
日経225の上昇下落の予想だけでは投資がしにくいので、
ドル建の日経225を上場して、為替リスクを考えなくて良いように
しているのだろうと思います。




> 一般的にはドル建てが参考資料として載せられてますがどうしてでしょうか?


また、ドル建てと円建ての価格差の原因は、
ドルと円の金利差を反映したものです。

ドル金利をベースに理論値を計算するので、
円建てより80円~100円くらい高くなります。


それと、建玉ですが、円建日経225よりもドル建日経225の方が多いので、
より活発に取引されていることがわかります。


ですから、
ニュース報道ではドル建ての値を使用することが多いようです


それと、ドル建ての値を使用するのは、
「あくまでも単に過去の習慣?」 という説のもあります・・・。

こんにちは、


> CMEの動きをどのように参考にしたら良いのか教えて下さい。

日経225先物は機関投資家などによって裁定取引が行なわれています。
したがって、大証の日経225先物の始値は、CMEの日経225先物の
終値に近いところにサヤ寄せされるケースが多くなります。

CMEの日経225先物が、前日の大証終値に比べて大幅に
下落して取引を終えたとすると、両者の価格差を調整するための
裁定取引により、翌日9時からスタートする大証の日経225先物は、
寄り付きから大きく値下...続きを読む

Q日経平均株価と日経先物の価格差について

2013年2月14日の日経平均株価は11000円くらいで、日経先物はその夜11300円くらいまで上がりました。このまま円安が続くと、どんどん値差が開いて行ってしまうと思うのですが、どのようにお互いの値差を縮めるのでしょうか。2/18(月)に先物が買われたら、その金で現物株式を買うのでしょうか?つまり先物は値段を下げるように動いて、日経平均株価を上げるような、作業をするのでしょうか?

Aベストアンサー

大変失礼ながら、なぜかビックリするほどの的外れな回答が続いているので、ビックリしてます。

まず、日経平均株価(以下、日経平均とします)と日経先物はほぼ完全に連動しています。
なぜなら、日経先物はSQでは日経平均に採用されている225銘柄から算出される指数(まさに日経平均)と一致する先物(デリバティブ)だからです。

。。。だからです、と言われても良く分からないと思いますので、すこし細かく説明します。
SQで「完全に一致する」ことが決まっているので、SQに至る途中で例えば、日経平均が日経先物よりも高くなったら日経平均の採用銘柄を(全て対象として日経平均への寄与度に応じて←少しやっかいなので括弧書き^^;)売って、日経先物を買えば、SQで「確実に」利益になります。日経平均が日経先物よりも安くなった場合はその逆です。このような取引を裁定取引といい、繰り返しますが、「絶対に」利益になるのです。

「絶対に」利益になることが分かっているのですから、やらない手はありません。事実、大手の証券会社ではコンピューターを使って常に日経平均と日経先物の乖離を観測し、少しでも有意な差が生じたら裁定取引を実行します。ここで大手の証券会社と書いたのは、日経平均の採用銘柄は225もあるので、それを一度にそして瞬時に売買するのは個人等では無理だからです。

そして、絶対に利益になるのですから、皆がその瞬間を虎視眈々と狙っているわけです。結果、有意な差が開くか開かないかのすれすれのところで裁定取引が実行されてしまうので、日経平均と日経先物は差が解消されてしまいます。よく日経先物に引っ張られて日経平均が動くと言われますが、日経先物はそれ自体が一つのデリバティブなので、日経平均を動かすより簡単に操作できるので、意図的に日経先物を動かして裁定取引を狙うような手法が成立するために、日経平均が日経先物に引っ張られるような動きが生じることがあるのです。(これとは別に、例えば、相場や株価全体を動かすような経済要因(テロとか)が発生した場合にまず日経先物が強烈に売買される、ということもあります)

そして、今は日経先物は夜間でも売買できるようになりました。ダウなどの動きにより日経先物が大きく動くことは当たり前に生じます。(2月14日夜間もそうだったんですね)
で、次の朝、東京市場が開いて日経平均が決定されるわけですが、先物が大きく動いた場合などは中々日経平均の値が決定されません。なぜなら、225個の個別株では買い気配(や売り気配)が続いてしまうので、225銘柄の全ての株に値段が付くまでに時間がかかることが多いからです。そうして、結果的に決まった日経平均は日経先物と限りなく同じものとなります(これを鞘寄せといいます)。そうでないと裁定取引が成立してしまうからです。
ご質問者が指摘されるような「2/18(月)に先物が買われたら、その金で現物株式を買うのでしょうか?つまり先物は値段を下げるように動いて、日経平均株価を上げるような、作業をするのでしょうか?」というような作用は一切なく、日本時間でも日経平均が上がると予想されれば、日経先物は9時からドンドンと上昇することもありますし、そんな時は日経平均はいつまでも決まらないこともあります。

少し長くなりましたが、日経平均と日経先物の大まかな関係は以上のようなものです。

さて、最後にSQまでの日経平均と日経先物が完全に一緒か?というとそうでもないことにはお気付きでしょう。その差は主に金利などに由来するのですが、ここから先は理解を深めるため、ご自身で勉強されることをお勧めします。

大変失礼ながら、なぜかビックリするほどの的外れな回答が続いているので、ビックリしてます。

まず、日経平均株価(以下、日経平均とします)と日経先物はほぼ完全に連動しています。
なぜなら、日経先物はSQでは日経平均に採用されている225銘柄から算出される指数(まさに日経平均)と一致する先物(デリバティブ)だからです。

。。。だからです、と言われても良く分からないと思いますので、すこし細かく説明します。
SQで「完全に一致する」ことが決まっているので、SQに至る途中で例えば、日経平均が...続きを読む

Q最近 日経先物と日経現物との価格差が50円程ありますが・・・

最近 日経先物と日経現物との価格差が50円程ありますがこれは、なぜですか?

(1) 普通は、近いところで推移するはずなのに最近は乖離しています。
その理由はなぜなのか教えてください

(2) また、その価格差はいつ元に戻る(乖離が少なくなる)のでしょうか?

(3) その乖離が少なくなる推移の仕方は、現物が先物に近づいていくのでしょうか?
それとも、現物に先物の価格が近づいていくのでしょうか?

もしくは、現物、先物の中間価格に近づいていくのでしょうか?

よろしくおねがいします

Aベストアンサー

nariyukiさんもだいたいはわかってたんですね。
これから先はかなり自信ないので私の想像とゆうか妄想とでも思って読んでください。^^;
(株取引は経験者ですが先物はやった事ありません。ごめんなさい)

今現在の先物は4月以降のものだと思いますので、
日経平均現物3・28以降を予測してるんだと思います。
そこで来週3・28になってからですが、
現物がそれほど下がらなければ先物も上げてくるのではないでしょうか。
逆に下げが大きければ先物もそれに寄せて下げると思います。
現物でも権利落ちで下げるのもあれば、
そんなのものともしないで上げるのもありますからね。

はっきりした事回答できなくてごめんなさい。(*∩_∩*)
キチンとした事、他のプロの方回答してくれると嬉しいですね。

Q「権利落ち日=売り」で大丈夫ですか?

株の初心者です。
どの銘柄でも、概して、権利落ち日の後、数日の間(翌日だけの場合もあるかもですが)は必ず結構な値下がりをすると捉えて、権利落ち日に一旦売りに出すというパターンで行動して大丈夫でしょうか?
2月末権利確定の株(10万円未満)を保有しています。権利確定日が25日、権利落ち日が26日だと思います。中長期的には上がり続けている銘柄なので、売りに出すべきか検討しています。過去3年くらいのデータを見ると、やはり権利落ち日以降数日間下がっています。

Aベストアンサー

その銘柄を保有されている理由は何でしょうか。配当や優待を得たいと言うのであれば、権利落ち日に売却と言う事になりますが、得た配当以上に値下がりする可能性もあります。
すでに利益が出ているなら権利日を待たずに売却し、権利落ちで安くなったときに買い戻すのが賢明かと思います。
もしこの銘柄を長期保有したいのであれば、権利落ちしても手放さずに持ち続けてもいいのでは。
10万円未満と言うことですから、権利落ちしても値下がり幅はわずかだと思いますので。昨日権利落ちした「しまむら」や「セブン&アイ」などは、大きく値を上げています。日経平均があれだけ上昇すると、権利落ちも何も関係無く上がります。
手放したいなら権利落ち前に、長期保有なら権利は取らずに売却し、権利落ちで買い戻すか、売らずに持ち続けてはどうでしょうか。

Q貸し株注意喚起銘柄に指定されると・・・

素人の質問で恐縮です。仕手筋が逃げて売り込まれた銘柄を信用買いしましたが、買った日に「貸し株注意喚起銘柄」に指定されました。
週明けの動きが気になって仕方がありません。

「貸し株注意喚起銘柄」に指定されると、その銘柄は、
(1)その後どのような動きをするのが一般的でしょうか?(買い方、売り方どっちに有利?それとも関係無しでしょうか?)
(2)その理由は?

諸先輩の、ご教示をお願いします。

Aベストアンサー

6378は投資対象としては株価が割高にありますよね。業績は徐々に回復して復配もするようですが(掲示板信用したらあぶないかも?)いつも不安があるような感じです。

「貸し株注意喚起銘柄」に指定されたのは一日の出来高が通常に比べ異常だったからだと思います。
しかも篠原氏が360万株を信用で所有しているようで現引きした場合すぐにも逆日歩になると考えたのでしょう。
今後株価が上下に大きく動く可能性があり一般投資家に損害を与える恐れがあると判断されたのだと思います。

取り組みで動いている株ですから急落も予想の範囲内で週足で見る限り不思議ではありません。
普通なら600~630程度は返すとおもいますが?

今回の急伸は篠原氏の大量報告書が原因でしょう、思惑買いが入ったと思います。しかも300万株の大部分現物買いですね。信用売りも12万株くらい増えています。

篠原氏の買いが3/7~6/13なら(信用できませんが)あなたの買値がまだ安いことになります。

篠原氏の現引きと逆日歩にかけてみる価値はありますかね????

>週明けの動きが気になって仕方がありません。
仕手株で勝負と決めて買われたのでしょうけど心配でしたら株数を落とされたらいかがですか。

このての株は十分すぎるくらい調査してなお「買わない」くらいの用心が必要と思います。
短期で急落の可能性は低いと思いますから株数の調整か手元に現金ですね。

頑張って下さいね。 あくまで自己責任でお願いします。

6378は投資対象としては株価が割高にありますよね。業績は徐々に回復して復配もするようですが(掲示板信用したらあぶないかも?)いつも不安があるような感じです。

「貸し株注意喚起銘柄」に指定されたのは一日の出来高が通常に比べ異常だったからだと思います。
しかも篠原氏が360万株を信用で所有しているようで現引きした場合すぐにも逆日歩になると考えたのでしょう。
今後株価が上下に大きく動く可能性があり一般投資家に損害を与える恐れがあると判断されたのだと思います。

取り組みで動...続きを読む

Q寄り付き前の板で始値がわかりますか?

今、株式の勉強をしている者です。まだまだ始めたばかりですが…。

寄り付き前の板を見ていて疑問に思ったことがあります。板を見て、その日の始値の予測はつくものなのでしょうか。買い優勢か売優勢かはわかるのですが…。現在、赤文字と青文字の値のところが大体の始値でしょうか。見ていた板を添付させていただきます(もし不都合があれば削除させていただきますのでおっしゃってください)。

Aベストアンサー

9時直前の2~3秒前なら、ほぼその気配(株価)で寄付きます。注文そのものは8時から表示されますが、9時直前に板の注文状況を見ながら注文を出したり、指値を変えたりする人も多い(自分もです)ので、寄付ギリギリまではよくわからないというか、全く参考になりません。

特に明日はSQ(簡単にいうと日経平均先物の決済日)なので、寄前の板が全く参考になりません。日経平均採用銘柄の板を見るとわかりますが、気配がストップ安やストップ高になる銘柄が多いです(このままの状態では寄付きません。初心者はビックリするみたいです。でも直前に元に戻る)。明日の朝、暇ならトヨタやキャノンやソフトバンクとかの板を見てると面白いかも。SQは毎月第2金曜日です。

その画像は日経ETF(1321)でしょう?自分は買わないので寄り前の板(気配)を見たことがないけれど、そんなに動かないのではないですか。個別銘柄は直前に大きく動く場合がありますが…

日経ETFは、日経平均に連動しますよね。その日経平均は日経平均先物に連動します。つまり先物に連動します。で、今日の先物(日中)は9.760円で引けました。明日の寄付きはダウ平均や為替、ユーロ圏の問題などによって変わってきます。

日経平均先物は日本(大証)だけでなく、シカゴ(CME日経平均先物)、シンガポール(SGX日経平均先物)でも取引されています。CMEは当然アメリカなので、日本の夜間のダウ平均や為替を織り込みながらリアルタイムに動きます。その終値に、日経平均先物(大証)がサヤ寄せして始まります。ちなみにSGXは8:50に取引開始で、寄付きの価格は2分遅れくらいでニュースが出ますが、日本より10分早いだけなので参考にする意味がありません。

なので朝、CME日経平均先物(円建て)を見れば、日経平均がいくらで寄り付くかかなり正確にわかると思います(騰落率で見る)。なので日経ETFもほぼ正確に寄付きの価格はわかるでしょう。寄り付いてから上がるか下がるかはわかりません。

CME日経平均先物(円建て)は、証券会社のホームページの海外指標のところにあります。ほかにもMONEY BOXなどいろいろ便利なサイトがあります。

http://moneybox.jp/

9時直前の2~3秒前なら、ほぼその気配(株価)で寄付きます。注文そのものは8時から表示されますが、9時直前に板の注文状況を見ながら注文を出したり、指値を変えたりする人も多い(自分もです)ので、寄付ギリギリまではよくわからないというか、全く参考になりません。

特に明日はSQ(簡単にいうと日経平均先物の決済日)なので、寄前の板が全く参考になりません。日経平均採用銘柄の板を見るとわかりますが、気配がストップ安やストップ高になる銘柄が多いです(このままの状態では寄付きません。初心者はビッ...続きを読む

Qアメリカの市場は、日本時間でいうと何時~何時まで?

お世話になります。
本を読むと、ナスダックや、ダウが、下げたから・・どうこうということが書いてありました。
これらのチャートを見る場所は、見つけることが出来ましたが、ん?っと思ったのがこれらの、開いている時間は、日本時間にすると何時から何時までなのでしょうか?

ナスダックや、ダウ、共に同じ時間帯で開いているのですか?

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

もうサマータイムに入っているのですが、日本時間で言うと
22:30(10:30PM)~5:00迄です。
現地時間の9:30~16:00と言う訳です。

チャートを見るのでしたら日本語表示でほぼリアルタイムに
更新される参考URLがお勧めです。ここだと日本企業の株価も
20分遅れですが一覧出来ます。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/tetsuya-stock/adr.html

Q日経平均株価先物で、限月ごとに、価格が異なる?

理論的に、先物の価格は、3月物と6月物で、異なるのでしょうか?

異なるのであれば、それは、risk-free rateになるのでしょうか?

それとも、オプションのように、時間的価値が存在するのでしょうか?

Aベストアンサー

結論を言えば先物限月間裁定取引はプロが行う取引環境でなければ鞘取りは非常に難しいです。
(例外はもちろんあります。プロが狙っていない時。アバウトですが本当にそうです(;^_^A)
これは素人では非常に難しい鞘取りになると思って頂いて結構です。相場のプロがほぼ常に狙っていますから。。。取引端末の情報や執行スピード等、環境の違いは大きいです。

あまり難しい事は言えません(分かりません)が、#3さんの数式を参考にして頂くと、大体の答えはでます。

が、実践では理論通りにはならない事もあるのは、多々です。実際、12月物と3月物は最終日は理論価格と離れた価格で取引されています。
何故か?需給がそうさせるからです(;^_^A
相場の本にもありますが、基本的に需給が相場を決めるのです。
需給に逆らって利益を得られるのは、実践で見る限りは現物と先物の裁定だけと思います。
先物と先物の限月間はSQ決済では100%の利益確定取引は出来ません。(これは御存じと思いますが)
理由:需給が最終的に大きなウエィトを占める為。

(1)日経平均の配当落ち分とは、どのように計算される のでしょうか?

恥ずかしながらパスさせて下さい。(;^_^A
パスする理由:情報端末が勝手に計算してくれるから私は考えた事ないんです。。。_| ̄|○

(2)3月のSQ日後で、3月25日位(配当落ち日)の間は、 現物は、6月ものより、配当分だけ高く取引される、 ということでしょうか?

そう思って頂いて結構です。
要は、現物は配当をもらえる、先物は配当をもらえない、ゆえに現物の方が高く取引されるのです。
(日本ではキャリーコストが安いためです。)

結論を言えば先物限月間裁定取引はプロが行う取引環境でなければ鞘取りは非常に難しいです。
(例外はもちろんあります。プロが狙っていない時。アバウトですが本当にそうです(;^_^A)
これは素人では非常に難しい鞘取りになると思って頂いて結構です。相場のプロがほぼ常に狙っていますから。。。取引端末の情報や執行スピード等、環境の違いは大きいです。

あまり難しい事は言えません(分かりません)が、#3さんの数式を参考にして頂くと、大体の答えはでます。

が、実践では理論通りにはならない事も...続きを読む

Q金利が上昇すると、債券価格は下落するのはなぜですか?

金利が上昇すると、債券価格は下落するのはなぜですか??

この場合の「金利」って何を指すのでしょうか?教えて下さい。

後、下のようなケースが理解できません。よければこちらも教えて下さい。
下にある金利が何を指すのかも教えて下さい。

【Q】
2005年1月1日に、表面利率1%、額面100万円の10年満期の国債が発行されました。
あなたは、それを100万円で購入します。
その後金利が上昇し、
2006年1月1日に、表面利率2%、額面100万円の10年満期の国債が発行されました。
さて、あなたの持っている2005年債は一体いくらで売却できるでしょうか?
大切なのは、答えの絶対値ではなく、その算出の仕方にあります。
だから答えを先に書いてしまいましょう。およそ918,378円です。
金利が上昇した結果、債券価格は下落したとこになります。
その理屈と計算方法を答えてください。



よろしくお願いします^-^

Aベストアンサー

証券マンです。このような質問をよくお客様から受けます。だいたいの場合、疑問の理由は「金利」「利率」「利回り」の意味合いを把握されていないことから来るようです。

>この場合の「金利」って何を指すのでしょうか?
↑一般的には長期金利や短期金利、公定歩合などでしょう。

>金利が上昇すると、債券価格は下落するのはなぜですか??
↑理解しやすくするためにものすごく簡略化して書きます。
今の公定歩合が0.5%とします。利率が0.5%だと並と考えられる時代とします。ところが明日から公定歩合を5%に引き上げになるとします。すると明日以降に発行される債券は利率5%が並になる、と考えれば、今日までに発行されていた0.5%の債券を売却して明日以後発行になる5%の債券を求める動きが出るでしょう。
したがって、「金利が上昇すると、(今までの)債券は売られて価格が下落」します。金利下落時は逆です。

>【Q】
利率1%、残存9年の債券がある。今の長期金利は2%である。
これが50円ならあなた買いますか?普通買いますよね。なぜ? だって9年で値上がり分の50円と利息9年分9円の合計59円が入るから。50円の投資で9年かけて59円手に入るんだから。すごい効率ですよね。
じゃ60円なら買い?80円なら?95円なら?
これの損益分岐点を求めたものが回答です。利回り計算をすればいいんです。

〔{1+(100-x)/9}/x〕*100 =2
参考URL(最終利回り)をご覧ください。

この式の分子に来ているのは、結局「今後1年あたりどれだけの収入があるか」ってことです。
(毎年決まった利息)プラス(償還までの差益・差損の1年当たり分の合計)ですから。
(それをいくらの投資によって得られるか)が分母(購入価格)です。

参考URL:http://www.daiwa.co.jp/ja/study/knowledge/bond02.html

証券マンです。このような質問をよくお客様から受けます。だいたいの場合、疑問の理由は「金利」「利率」「利回り」の意味合いを把握されていないことから来るようです。

>この場合の「金利」って何を指すのでしょうか?
↑一般的には長期金利や短期金利、公定歩合などでしょう。

>金利が上昇すると、債券価格は下落するのはなぜですか??
↑理解しやすくするためにものすごく簡略化して書きます。
今の公定歩合が0.5%とします。利率が0.5%だと並と考えられる時代とします。ところが明日から公定歩合を5...続きを読む

Qサヤ取りをしたい! ぜひ教えてください。

日経225先物を買って(売って)ETF(日経225連動型)を売る(買う)というのはどうでしょうか。

先物の証拠金1枚60万円,連動型100株170万円,合計230万円あれば出来るのでしょうか。
初心者ですが,ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

裁定取引と言っても、鞘取りといっても、同じ事だし、株式市場でも、裁定取引ではなく鞘取りと言う人もいくらでもいますが、いずれにしろ、価格変動リスクが事実上ゼロのものから、銘柄間の鞘取りなど、結構リスクをとるものまであり、裁定取引という言葉自体がかなり曖昧な概念なので、一般論としては、「素人には裁定取引は無理」とか「パラメータがどうした」とかは、あまり関係ないです。また、質問にある裁定取引は、かなり単純な例なので、電卓すら要らないと思います。
しかし、こういう単純な裁定取引の場合、最大のネックは手数料です。個人の場合、どうやっても手数料は割高になるので、手数料を払っても鞘が残る程価格に歪みがでないと、できません。いわゆる「プロ」と言われている人達は、一定の期間内に一定の利益を上げる事を要求されているので、確実に儲かる取引は必ず全部やる、というわけではありませんが、「それで確実に儲かるのであれば、機関投資家がとっくに実行しています。」というNo.1の方の回答は、ある意味で真実を突いています。商品にある程度の流動性(売買の活発さなど)があると、額としてもそこそこの利益が期待できるので、「プロ」と言われる人達が入ってきてしまいます。
個人も価格変動リスクがゼロに近い裁定取引が可能になるのは、出来立ての先物・オプションとか、まだ未成熟の商品に限られる傾向が、明らかにあります。(金先オプションが出来たての頃は、オプションの事が何もわかっていない個人が参入してきて、多少オプションが分かっている程度の個人でも、価格変動リスクがゼロの裁定取引は可能だった、と聞いた事があります。日経225のオプションも、出来立ての頃は、かなりミスプライスが多く、私自身、結果的に手数料を払っても絶対に儲かってしまうポジションが出来てしまった事はあります。その当時の手数両立はベラボーに高かったのですが…)

まぁ、225先物とETFの最良の売値・買値がわかる環境にすれば、手数料を取り返せる程、価格が歪むかどうかは、直ぐにわかります。で、充分な価格の歪みを発見できたら、後は如何に注文を素早く執行するか、という点にかかってきます。ETFが充分に成熟した商品であれば、手数料を払っても鞘が残る程、価格が歪む事は滅多になく、板を一生懸命見ている時間が無駄、という結果になります。こうなると、いくら経験を積もうが、どんなソフトを導入しようが、どうにもなりません。偶々出来たとしても、それは単なる幸運に過ぎません

裁定取引と言っても、鞘取りといっても、同じ事だし、株式市場でも、裁定取引ではなく鞘取りと言う人もいくらでもいますが、いずれにしろ、価格変動リスクが事実上ゼロのものから、銘柄間の鞘取りなど、結構リスクをとるものまであり、裁定取引という言葉自体がかなり曖昧な概念なので、一般論としては、「素人には裁定取引は無理」とか「パラメータがどうした」とかは、あまり関係ないです。また、質問にある裁定取引は、かなり単純な例なので、電卓すら要らないと思います。
しかし、こういう単純な裁定取引の...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング