「教えて!ピックアップ」リリース!

2016/05/27にオバマ大統領が広島に来られ原爆資料館や平和公園にお見えされましたがなぜ長崎には来られないのですか?
またメディアはどちらかといったら広島と長崎を取り上げるときに広島を取り上げることが多いと思うのですがなぜですか?

A 回答 (5件)

Q1. オバマ大統領が広島に来られ、なぜ長崎には来られないのですか?


Q2. またメディアは広島を取り上げることが多いと思うのですがなぜですか?
             ↓

A.Q2に関してですが
広島が人類史上初の原爆の被爆地ですし、広島で約20万人、長崎約7.4万人の
非武装の一般市民が殺戮されましたが、その被害人数も広島の方が約3倍です。
長崎は爆心地の長崎天主堂と教会が残っていませんが、広島は爆心地の原爆ドーム
が保存され被爆地のシンボル化しています。このような理由からだと思われます。
 

A.Q1に関してですが
オバマの広島訪問のみが決定した当時の、米国内向けと日本のマスコミへの理由は。
「ケリー米国務長官が訪問済みで安全性の確保に問題がない」…でした。

ですが、そこには世界に向けても米国内にも語れない秘話が米側にはあるのです。

▼1.クリスチャンの大量虐殺を広める訳にはいかない

一番明白な根本的理由は…長崎は日本を代表する伝統的キリストの街であり。
世界にクリスチャンの大量殺戮を広める訳にはいかない。との事情が考えられます。

遺構ひとつとっても、広島は原爆ドームを残しシンボル化して保存しているのに対して。
長崎では爆心地の長崎天主堂と教会を真っ先にGHQの指令で解体し残せませんでした。

これは、当時から長崎の事はGHQ=米国の意思・意図で隠蔽されていたことの証ですし。
クリスチャン大国の米国として、キリスト教に対する罪は晒されたくないのが本音でしょう。


▼2.公式記録の「 史上、二度の原爆実験に、成功した」を知られたくない。
  ソース
  http://buzz-bomber.com/japanism/archives/247

世界には広島と長崎の両方に、それぞれ別々の種類の原爆が投下された事を知らない方
が大勢います。

また、広島には俗説の「戦争終結の為にやむを得ず投下した」という説が通っても…。
広島から僅か3日後にわざわざ別の種類の原爆を長崎に投下したことは、その理屈には
当てはまらず。世界に知れ渡れば…世界中の誰もが疑問を抱くことでしょう。

この件の真実は、米国の原爆開発=マンハッタン計画を行ったのは ロスアラモス研究所
なのですが、広島と長崎に投下された原爆で、広島で20万人、長崎約7.4万人の非武
装の一般市民が…無差別に殺されるという世界史上も全く類を見ない大量殺戮行為なの
にです、米国公文書館の公式記録には「 史上、二度の原爆実験に、成功した」と記されて
います。なんと「実験」です、実験!と…ロスアラモス研究所に扱われているのです。

その証拠として以下の3つの事実が挙げられます。

1つ目は、1945年6月の沖縄戦直後、米国統合参謀本部議長のブラッドレーは
「既に日本は事実上の敗北状態となっており、降伏を準備している」と勝利を確信し…。
トルーマン大統領に緊急報告書を提出し、不必要な進軍と戦力の疲弊を止めていました。
米軍は1945年6月には日本の降伏を知っていたのです。

俗説の「戦争終結の為にやむを得ず投下した」という話は全くの大嘘でしかありません。

上記の裏づけは、戦後の1946年、米国戦略爆撃公式調査団からの「最終報告書」では。
「例え原爆の投下が無かったとしても、ソビエトが参戦しなかったとしても…。本土の
上陸作戦が行われなくても、日本は非常に高い確率で九州上陸作戦の決行予定日となる
1945年11月1日から12月31日迄には、確実に降伏するしかなかったであろう。」
このように述べられており、1945年6月のブラッドレーの緊急報告書と全く同一見解となる
報告書が再び、トルーマン大統領に公式に提出されているのです。
ソース
http://www.anesi.com/ussbs01.htm

2つ目は、広島と長崎に落ちた原爆は「種類」を変えてあります。広島はウラン235型
原爆(Little Boy)、長崎はプルトニウム型原爆(Fat Man)です。「戦争を終わらせる」
との「目的」だけなら同じ種類の原爆でいいはずです。
なぜ、種類の違う原爆を投下したのでしょう?← しかも広島から3日後に続けてです。
これは、米国(米軍)が日本の降伏を知っていたので大切な核実験をやり損なわないよう
に急いで「2種類の原爆」を「使用してみる必要」があった為です。
まさに公式記録通りの「実験」と解釈するしか納得できない事実なのです。

3つ目は、米国スタンフォード大学教授で歴史学者 バーンスタイン博士の研究論文では。
「日本へ原爆を投下したのは「ソビエトを威嚇すること」が根本的な理由である。
 ソビエト(共産圏)の影響力が日本、満州、支那、朝鮮半島に及ぶことを阻止するため
 にソビエトに対する示威行動・威嚇攻撃として日本に原爆を投下の必要があった。」
要するに目的は、対峙する「ソビエト」への「威嚇行動」だった。と書かれています。



▼結論として。
今回、オバマが広島と長崎の両方を訪問したなら、その流れとして世界の報道は…。

広島と、日本を代表する伝統的キリストの街、長崎でクリスチャンの大量殺戮を行った、
キリスト教に対する罪も、上記2つの「不都合な真実」から世界に原爆の使用した本来の
理由は「実験」であったことも、3つ目の終戦間際に極東地域の侵略に南下しだした旧ソ
連への威嚇行動の論文も…疑問や検証として世界に報じられてしまうかも知れません。

▼真実は知られないように…、真意を悟られないように…。

          今回オバマの訪問は「広島のみで留めた」と、私は考えています。



広島と長崎に落ちた原爆は「種類」が違うのはナゼ?
「2016/05/27にオバマ大統領が広島」の回答画像5
    • good
    • 4
この回答へのお礼

とてもわかりかったです!
ありがとうございます。

お礼日時:2016/05/28 13:14

サミット会場からの距離と時間、大統領のスケジュール的な事とアメリカの思惑が絡んでいるでしょう。


広島と長崎の両方を訪問すると言う事は、如何なる内容になろうが世界は謝罪と捉えてしまうと言う懸念もありますから、
それではアメリカにとっては困る問題でもあるでしょうね。
核を使ったのは戦争だからであって、アメリカ側の主張としての戦争を早く終わらせる為と言う言い分に関して全くの
言い訳では無いでしょうし。
ましてや日本が始めた戦争ですからね。
広島が取り上げられるのは、世界で初めて核爆弾が投下された地域と言う事も有るでしょうし、シンボルとしての
原爆ドームも有りますし、象徴的イメージにもなって居る事も有るのでは無いでしょうか。
    • good
    • 0

木庭は広島訪問とサミット参加なので、長崎は予定にないからです。

    • good
    • 0

地球上で最初の「被爆地」だからではとおもいます。

    • good
    • 0

スケジュール上の問題だと思われます。


広島の方が先に起こり、死者の数も多いので、どうしてもシンボルとしてはそちらの方が有名になります。
また訪れるにしても政治的効果の観点から、やはりより大きいインパクトを与える広島の方を優先したのでしょう。
次回、米大統領が訪問するようなことがあれば、次は長崎に訪問される可能性は少なくない、と私は推測します。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング