ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

いくら検索しても不明なのでお知恵を貸してくださいませ。メダカ専門店(複数)で購入し、屋外の各睡蓮鉢で飼っていますが、投入後、早い個体で10日後~ひと月の間でポツポツと死にます。もちろんそれ以上に普通に長生きする個体もいますが、典型例としては、新しい個体を入れると既存のメダカの中から上記のような状態になるものがポツポツ出てきます。ある日を境に急に元気がなくなり、ヒレとじになり落ちるという感じです。一気に複数が死ぬのではなく、1匹ずつそうなります。M~Lサイズを買うことが多いので、単なる寿命?とも思ったのですが、こういう状態が続いています。アンモニアや亜硝酸数値に特に問題はありません。何か考えられる複数の可能性とはどういうものでしょうか?ご教示願えますとたいへん幸いです。以下が飼育環境です。
・底床は、荒木田+川砂の鉢が多いです。またこの組み合わせと相性がいいとされているバクテリアの素を規定量入れることもあります。水は澄んでいます。なお最近東京都の水は酸性に傾きやすい?とも聞いたので、スドーのメダカ源水なるものをやはり入れる時もあります(雨後とか)。
・40~80Lの鉢が各種ありますが、過密防止のため、例えば目分量で50Lの容量の場合、せいぜい20匹と少しまでとしています。
・置き場所は日当たり~午前の陽と夕日のみが数時間だけ当たるところ等、様々です。
・水合わせと水質合わせは2~3時間かけて行っています。
・糸を引くほどではないですが糞がやや白いときがありますが、黒い糞のも落ちます。
・餌は1分以内で食べれる微量を朝一回与え、雨や寒い日は与えません。
・カキ殻も入れてますが、雨が激しい時はシートで雨除けしています。
・夜遅く帰宅した際は夜中に懐中電灯で5分間くらい各鉢をチェックしてますが、こういうのはストレスでしょうか?でも間接的にも死に至るほどなのでしょうか?
・水換えはよほど汚れてきたなと感じたときのみ、水温に注意して1/3位するときもあります。
・卵とかは普通に見受けられます。
・目視の限り、白点や水カビではなく、昨日まで元気だったのに何故、という感じで死んでいきます。
・メダカは死んでも、同居のミナミヌマエビや姫タニシ(タニシは一晩メチレンブルー薬浴後にメダカの鉢に入れるようにしています。
・ちなみに、昨年メダカ全滅した鉢(その時は床に赤玉)に、アカヒレ40匹を代わりに入れてみたところ、一匹も長い間死にませんでした。

お詳しい方からアドバイス頂戴できましたら非常に助かります。何卒よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

お礼に書かれている点について回答をします。



 高級種は自然界にいない個体を作り出した物が多く、ヒメダカ、黒、茶以外は条件面が悪いと繁殖はできません。青の場合は白と黒の交配であり、白の遺伝子が悪さをするので種親が悪いと失敗する事はあります。緑の場合は茶色の個体と白の交配であり、青と同じ条件です。白はヒメダカのアルビノにならなかった個体ですから失敗をする率は高くなりますし、紫の式部、橙の楊貴妃等にはこれ等の血縁があります。

 メダカは季節を問わず外で繁殖をさせた物以外では寒暖に耐えれない個体が多く、金魚の様な転覆する事はあまりなく、直ぐに死にます。置かれている場所が直接陽が当たる場所の場合は葦簀、簾等で調整をしないと駄目です。アカヒレも原種は同様な飼育は可能ですが、特殊なタイプの個体に関しては耐える事はできません。

 アンモニア(酸が強い)、アンモニューム(アルカリが強い)は金魚の様な個体には影響があり、これ等は燐酸塩が悪さをします。これ等はアンモニア等を隠し立てし、硝酸塩に置換させないだけでなく、餌を与え過ぎると硫黄を発生させて硫酸塩を生じさせます。ハス、スイレンを入れている場合には燐酸塩を含む肥料が使用されていますの入れては駄目ですし、入れる場合には2年以上追肥していない物以外では甲殻類(カニ、エビ)、爬虫類(カメ等)、両生類(カエル、イモリ等)等も殺しますし、これ等を食べる鳥類(カラス、モズ等)、哺乳類(ネズミ、イタチ等)までも殺します。

 水がどの様な状態か見ないと判断できませんが、青水の場合でしたら問題はありません。私の家では金魚、錦鯉、川魚等も飼育しており、メダカ、アカヒレの飼育水が青水ですのでこれを使用しています。
    • good
    • 5

カラーメダカを飼育している飼育歴45年以上のベテランです。



 飼育しているメダカは高級種でしたら水温に弱い個体が多く、私の亡父(飼育歴75年以上)と思考錯語をしながら幹之等を繁殖させました。青、緑、白、黄のカラーは何度も失敗し、繁殖させていますが、水質に関しては10分単位でメダカは死にますし、金魚の場合でも1時間単位で死にます。これは水が透明な場合でも起きますし、バクテリアがいない、プランクトンがいない等が原因です。

 アカヒレはコイの仲間で熱帯魚でなく、温帯魚です。温帯魚は苛酷に耐えれる個体であり、これが玉砕する場合は水質、苛酷なストレス等がない限りありません。ヌマエビは逆にこれ等に弱く、直ぐ玉砕します。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

tetu758さん

大ベテラン様からの見識有難いです。バクテリアやプランクトン、水温と水質のやはり問題ですか。はい、飼育2年目ながら生意気にも、鉄仮面や錦の珍しいやつ、ラメ系新種など数千円からペアで数万円のものを広島などの有名ショップから現物写真購入を中心に飼っています。

幾つか追加で確認させていただけないでしょうか?

1. 高級種は交配されたものなので、見映えはいいが最初から弱いものと認識して長生きしたらラッキー程度に考えておくべきでしょうか?
確かに、一方で黒メダカや青メダカは放っておいても勝手に生きていける場合が多いと思い当たりました。

2. また、水温変化が激しい時に落ちるというアドバイスだと捉えましたが、感覚として、昨日は半袖で過ごせる気温だったのに、今日は長袖2枚着ているといった例えば本日のここ東京みたいな気温差で既にして、この寒暖差激しい梅雨時期は、かなり危ないという感じと思っておくべきでしょうか?

3. pHは各鉢で7.5から8.0で、アンモニアもキットでさっき測ったらイエローの無害値を一応示しましたが、こういうバロメーターはあまり当てにならないでしょうか?

4. バクテリアやプランクトンをもっと促進する方法はありますか?例えば、拙宅内に600リットル程容量の作ってから10余年の池があり、濾過槽やポンプも付け、そこで大きな肉食ナマズを1匹だけ飼育しているのですが、そこの水をメダカ鉢の中に1/4位入れてみるというのは、有効そうでしょうか?10余年、適度な水換えのみでやってきたので、夜に懐中電灯で水中を照らすとプランクトンみたいのが沢山見えます。

長々とすみませんが、またご教示いただけましたら幸甚でございます。
何分よろしくお願いいたします。

お礼日時:2016/06/07 09:44

ミナミヌマエビに攻撃されているんじゃないかな。


タニシは大丈夫だと思うけど。
もう一つは日当たりが良すぎて水温高すぎかな。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qメダカが毎日死んでいきます

毎日メダカが死んでいきます。
.水槽を購入したのは2月24日でW30,H25,D18の大きさで温度を保つ装置(25度にしかなりません)、ろ過装置が付いています。
.水道水を汲み置きしてメダカ用のカルキぬきの液を使い1晩置きました。
.水槽購入翌日の25日にめだか12匹を水槽に入れました。(袋のまま30分くらい水槽に入れ温度合わせをしました。)
.餌はメダカ用のドライタイプを1日2,3回。水草は本物ではなくにせものを3つ入れました。
.水草の裏に挟まるような形で死んでいることが多かったので、水草を1つとりました。またろ過装置の水流も弱めました。
.3月1日にもう10匹メダカを購入し温度合わせをしてから水槽に入れました。(当初から20匹くらい買いたかったので)水草の代わりに水をきれいにする作用のある石を入れました。
.3月4日メダカを更に15匹飼い始めました。これはメダカが少なくなったためです。現在6日の時点で37匹購入したのに15匹しかいません。

長くなりましたが、最近は1日に死ぬメダカの数も増えてきており心配しています。(今日は朝夕で3匹づつ)
白い点がつくなどの病気は見た感じ無いようだったのですが、今日死んだ2匹は体が赤く傷ついているようでした。(1匹は昨日の時点で気づいたので隔離していました。)
一応今新しいお水を作っている最中なのですが、こういう状況の場合は全部水を替えたほうがいいのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

毎日メダカが死んでいきます。
.水槽を購入したのは2月24日でW30,H25,D18の大きさで温度を保つ装置(25度にしかなりません)、ろ過装置が付いています。
.水道水を汲み置きしてメダカ用のカルキぬきの液を使い1晩置きました。
.水槽購入翌日の25日にめだか12匹を水槽に入れました。(袋のまま30分くらい水槽に入れ温度合わせをしました。)
.餌はメダカ用のドライタイプを1日2,3回。水草は本物ではなくにせものを3つ入れました。
.水草の裏に挟まるような形で死んでいることが多かったので、...続きを読む

Aベストアンサー

魚が泳がないで止まった時にあまり流されてなければ水流はいいんじゃないでしょうかね。

健康なのは、起きてる時は上の層で活発に泳ぎまわって餌を探してますね。
底でじっとしてるのは弱ってると思います。
エラを良く見て、魚全体がバクバク呼吸が早いような時は水が汚水化してますね。要換水だと思います。

特定の固体だけがエラがバクバクしてるなら、その固体には何か問題がありそうです。
その呼吸にも早さが色々あって激しい時は重い病気かもしれないですね。
エラ病なのかエロモナス病なのかさっぱり分かりませんけど、感染力のある病気であれば怖いので隔離してメチレンブルーや塩投入してます。
治るのもいます。

見た目問題無いのに突然死するのも結構いて、こんなのは分からないですよね。こっちの方がちょっと怖いです。

水換えは餌をやると結構水が悪化しやすいですね。
何日に一度と言うより、状態を見てやったら良いと思います。
なるべく餌をやらないようにして、エラ見てバクバクしてたら緊急水換えですね。なるべくそうなる前に換えた方がいいですけどね。
水量の割に過密で、濾過が出来あがってないとすぐそんな状態になるんじゃないでしょうかね。アンモニア中毒なのか分からないですが。

魚が泳がないで止まった時にあまり流されてなければ水流はいいんじゃないでしょうかね。

健康なのは、起きてる時は上の層で活発に泳ぎまわって餌を探してますね。
底でじっとしてるのは弱ってると思います。
エラを良く見て、魚全体がバクバク呼吸が早いような時は水が汚水化してますね。要換水だと思います。

特定の固体だけがエラがバクバクしてるなら、その固体には何か問題がありそうです。
その呼吸にも早さが色々あって激しい時は重い病気かもしれないですね。
エラ病なのかエロモナス病なのかさ...続きを読む

Qメダカ全滅後のスイレン鉢の処理

お世話になっております。
スイレン鉢でメダカを飼っているのですが、なかなか上手く生かしてあげられません。

今年5月、ボウフラだらけになってしまったので、新たなメダカを5匹投入したのですが、少しずつ死んでいき、最後の1匹になってしまいました。
亡くなり方ですが、一匹は体がボロボロになって水面に浮かび、死亡。一匹は体はきれいだったのですが、底に沈んで白くなっていました。。スイレンが繁っていて底が見えにくいので、あとは不明です。

最後の一匹は、それからずっと生きていて、元気に泳ぎ回っていました。メスだったようで、なんどか卵もつけました。一匹だけなので、受精せずでした。

それから、スイレン鉢にお昼に直射日光が当たっているのに気がついて、心配になって日陰に持っていきました。リンゴの木の下で、木に虫がついていたようで、スイレンの葉っぱにたくさんの虫の糞が落ちていました。。汚くて良くないかなあ、と思ったのですが、ついそのままにしてしまいました。。

それから、それまでエサをまったくやっていなかったのに罪悪感をかんじ、エサをやり始めました。。メダカのエサというものが店になかったので、コイのエサを5,6粒、スプーンでつぶして2,3日おきにやりました。

水替えというものはほとんどしておりません。メダカを入れたとき、あまりにもボウフラがわいていたので、それを捨てるために水を替えました。。

そしたら今日、死亡して数日たっているようなメダカの可哀想な姿を発見しました・・・
つい数日前まですいすい泳いでいたのですが・・・

またボウフラがわいているので、はやめに新たなメダカを投入しないといけないのですが、自分の育て方のまずかった点、メダカを入れる前にしなければいけないことをお教えください。
ちなみに、現在スイレンの花が咲いています。

お世話になっております。
スイレン鉢でメダカを飼っているのですが、なかなか上手く生かしてあげられません。

今年5月、ボウフラだらけになってしまったので、新たなメダカを5匹投入したのですが、少しずつ死んでいき、最後の1匹になってしまいました。
亡くなり方ですが、一匹は体がボロボロになって水面に浮かび、死亡。一匹は体はきれいだったのですが、底に沈んで白くなっていました。。スイレンが繁っていて底が見えにくいので、あとは不明です。

最後の一匹は、それからずっと生きていて、元気に泳ぎ回っ...続きを読む

Aベストアンサー

メダカ全滅、との事ですが、・・・実は、私もペット店から買ってきたメダカが全滅したことがあります。
一般にメダカは、丈夫な魚で、結構、汚れた水でも生きていますし、水温も、水面に氷の張る温度でも、夏場、40度近い
水温でも、生きています。 ただ、ペット屋さんのメダカは、かわいがりすぎているのか、水質や水温に適応できないで
死んで行くようです。
私のお店で買ったメダカは、二度全滅したのですけど、二度目の時は、幸い、卵を残していたので、それがふ化して
今は、ほとんど死なず、一年以上生きています。  卵から生まれたメダカは、本当に丈夫です。
結論から言うと、お店のメダカは、ゆっくり時間をかけて、水質にならしていくしかないでしょう。

メダカ専用の餌は、ペット屋さんに普通に売っています。 ボウフラは、メダカが小さい時は、結構、増えてくるのですが、
親になると、メダカ自身が、ボウフラを食べるのでいなくなります。 ちなみに、生み付けた卵は、別の容器に入れて
ふ化させないと、メダカの親に食べられてしまいます。

Qビオトープでのメダカの突然死について

広いベランダに大きなひょうたん池を設置して、2年程になります。
睡蓮が二つに水生植物が多数。生体は、メダカ10匹、ミナミヌマエビ
数知れず、タニシも数知れず住んでいます。

毎日メダカは卵を産んでくれて、すこぶる元気でした。
内訳は緋メダカ5匹、白メダカ3匹、白光メダカ2匹です。
先日朝、えさをあげようと池を覗いたら、なんか皆すごい浅瀬に
あがって来てじっとしていました。
おかしいな、とは思ったのですが、さほど気にせず一日外出した
ところ、2匹のメダカが☆になっていて、翌日また・・と次々に
☆になりました。
前日まで卵を産んでいたので、なぜなのか信じられません。
越冬までした子達です。水質の変化?と考えても、ミナミも元気
で、孵化した稚魚も元気です。

原因を必死で考えましたが、もし、先日入れた睡蓮の肥料の油粕
なら、隣に置いている30cmの睡蓮鉢のメダカがぴんぴんしている
はずもありません。(同時に肥料を与えています)

大きい池が寂しいので、今成長中のメダカ(死んだ親達の子供で、
室内のプラ水槽で食べられないぐらいの大きさまで待つつもり
でした)1cm程を池に放したくても、原因がわからないと怖くて
できません。

原因は何が考えられますか?
また、その池は今後どうしたらいいでしょうか。
ある程度自分のミニビオトープに自信があった為、凹んでいます。
アドバイスをお願いします。

広いベランダに大きなひょうたん池を設置して、2年程になります。
睡蓮が二つに水生植物が多数。生体は、メダカ10匹、ミナミヌマエビ
数知れず、タニシも数知れず住んでいます。

毎日メダカは卵を産んでくれて、すこぶる元気でした。
内訳は緋メダカ5匹、白メダカ3匹、白光メダカ2匹です。
先日朝、えさをあげようと池を覗いたら、なんか皆すごい浅瀬に
あがって来てじっとしていました。
おかしいな、とは思ったのですが、さほど気にせず一日外出した
ところ、2匹のメダカが☆になっていて、翌日また・...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
他の方の御礼を読んでいると、9割方部分的な有毒ガスの発生でしょう。

>高水温や酸欠の可能性は低いのですか。肥料の可能性が一番高いと考えたのですが、
高水温、酸欠、肥料が原因でしたら、殆どの生き物に影響が出ます。

>鉢に底の方へぐぐーっとお箸で入れ込んで行きます。
>ちょっと赤玉土から煙が上がる程度なんです
これを読むと鉢底の嫌気部分の有毒ガスが狭い範囲で流出し、直ぐに収まったと考えられます。これに当たったメダカが弱い中毒でエラに障害を受けたと思います。

ビオトープで水草が元気であれば、底砂の表面には充分な好気性の濾過バクテリアが繁殖していると思いますので、3日も経てば追加のメダカは影響ないと思います。
参考まで。

Q睡蓮鉢のメダカがすぐに死んでしまう

植えて3年くらいになる睡蓮鉢があるのですが、
最初にメダカを入れたときは1年半くらい元気に生きてました。
その間、ほとんど水の入れ替えをせず、餌もやっていませんでした。
ボウフラ除けだったので、ボウフラや水草を食べてくれればいいと思ってました。1年半生きていたので間違ってないと思います。
その後、ネットのメダカの飼い方を読んで、どうやら他の人は水を入れ替えているらしいと思い、春になってから水の入れ替えをするようにしたら、全滅してしまいました。
何が悪かったのか・・・水の温度の変化がありすぎたのかもしれないですが、近所の池の水を入れたせいかもしれないです・・・。
それ以来、何度メダカを買って入れてもすぐに死んでしまいます。
水を入れ替えても(メダカを入れる前)効果ないです。
水を入れ替えただけではだめなのでしょうか?
どのようにしたらいいでしょう? メダカがいないとボウフラが大発生してしまいます。

Aベストアンサー

水替えが少し多いと思います。おそらく今の状態はメダカが亡くなって、すぐに水を入れ替えている感じだと思います。メダカが亡くなっても、1/3以下ぐらいの水替えで良いと思います。今の状態は、バクテリアが発生していない普通の池の水にいれているだけに近い状態だと思います。以前の状態がバクテリアが発生していて良い状態だったと思います。水替えなどは、ほとんどしていないと思います。それを思い出して下さい。今のメダカは、池の水を入れて水質が安定する前で、バクテリアも何も発生していないで亡くなって、また水替えという感じだと思います。これでは、バクテリアが発生する期間がなくてメダカは長生きできないです。なので、基本的に1度池の水を入れたら水替えは控えた方が良いと思います。水質が安定するまで少しメダカが亡くなっても1/3以下ぐらいの量の水替えの交換で良いと思います。一応、池の水でも何がいるか分かりませんので、カルキ抜きは入れてあげた方が良いと思います。今の状態でリセットする必要はないと思います。これで、少し落ち着くまで水替えを控えて様子を見ていてください。

Q睡蓮鉢でメダカを飼う注意点を教えて下さい

先月メダカを10匹購入し、睡蓮鉢(直径50cm深さ30cm)にホテイアオイを7つ入れて飼っていました。
ホテイアオイは太陽光が必要と思い、午前中3時間程日に当たる場所に置いてました。
が、毎日1、2匹ずつ死んでしまい暑すぎたと思ったので南側だけど直射日光が当たらない所に移動しました。それでも全滅してしまったので酸素不足や水質にも問題があるのでしょうか?


水温の検証で最初に置いてあった場所に戻してみました。朝28度、日中34度、夜29度でした。

発泡スチロールは外気温にあまり左右されないと聞いたのでスーパーでいただいてきました。
やはり手の感覚でも分かるぐらい差がありましたが、それでも日中は30度にはなりました。


もう一度、メダカを飼うつもりで準備をしています。
この睡蓮鉢にメダカ用の床砂で麦飯砂利を敷き詰めて、ホテイアオイとマツモを入れてます。
この他にも気をつけた方がいい事とか、準備に必要な物があれば教えて下さい。

それから黒メダカは強いとお店の人に言われて飼ったのですが、ヒメダカや白メダカとは丈夫さは違うのでしょうか?

Aベストアンサー

飼育方法は検索すればいろいろ出ます。
鉢は、できるだけ大きく厚みのあるのが外気温の
影響を受けにくいです。水は水道水をそのまま
使ってないでしょうか。

http://www.google.co.jp/#sclient=psy-ab&q=%E3%83%A1%E3%83%80%E3%82%AB+%E9%A3%BC%E8%82%B2+%E9%89%A2&oq=%E3%83%A1%E3%83%80%E3%82%AB%E3%80%80%E9%A3%BC%E8%82%B2%E3%80%80%E3%81%AF%E3%81%A1&gs_l=hp.1.0.0i4j0i4i30.2129.14414.0.18183.19.19.0.0.0.0.222.2746.0j18j1.19.0....0...1c.1j4.23.psy-ab..0.19.2637.ed-RLU26iC0&pbx=1&bav=on.2,or.r_qf.&bvm=bv.50165853,d.dGI&fp=8d5fac21e106913f&biw=1366&bih=648

Qメダカのいるスイレン鉢の肥料は?

ベランダでメダカを飼い始めて2年目になります。
今までは、赤玉土にアナカリスのみを植えてメダカを飼っていましたが、新たに違うスイレン鉢に温帯スイレンを植えてそこでもメダカも飼おうと思っております。
今までの鉢では肥料は何も入れていなかったのですが、調べてみたところスイレンは肥料くいで、花を咲かせたかったら肥料を入れた方がいいとのこと。
メダカがいる場合は有機肥料がいいそうですが、有機肥料はすごく臭いとかで・・・マンションのベランダでの栽培なので心配です。
匂わない肥料で、同じ鉢でメダカを飼育しても問題のない肥料がありましたら教えて下さい。よろしくお願いします!

Aベストアンサー

元肥えと追肥で発酵油かすをやっていますが、そばによっても臭くないです。メダカも問題なく増えています。
いま、きれいに咲いていますよ。

油かすは必ず発酵と書いてあるのを使ってください。

Q赤玉土でのメダカの飼育について

メダカの水槽を殺菌済みの赤玉土で立ち上げたいと思います。水槽のサイズはSサイズです。
土を入れて直ぐにメダカを入れるとPHの関係で死ぬと言われましたので新しいバケツに赤玉土を入れて軽く水で洗ってから何日かしてから使うつもりですが(ビーシュリンプをソイルで立ち上げて飼ってはいます)
(1)赤玉土を水で洗ってから大体何日位でメダカを入れてもだいじょうぶでしょうか?
(2)赤玉土で飼育をする場合、底面濾過と単なる水作などの置くタイプのブクブクとどちらの方がよいのでしょうか?(実は前回シュリンプの用の底面濾過&ソイルが敷いてある予備水槽で飼育をしたらあっという間にメダカの糞が詰まって大変な事になってしまいましたので今回赤玉土が良いと聞いたのでそちらで試してみようかとおもいました。)
(3)赤玉土の場合水換えや水足しはどのような頻度でどれくらいの量を換えたり足したりしたらよいでしょうか?

是非ご指導宜しくお願い致します。 

Aベストアンサー

否定的な意見が多いようですが、実際に経験して回答しているのかはなはだ疑問です。

私の経験から言えば、園芸用の赤玉土での飼育に全く問題はありません。それでメダカが死ぬ事などありませんよ。ちなみに、アクアリウム用のソイルには肥料分が含まれているものもあり水草水槽には効果的ですが、水草をあまり入れない飼育水槽で高価なソイルを使用してもあまりメリットはありません。土系の底床材を使いたいのなら、赤玉土の使用は悪くないと思います。

1)赤玉土を使うと最初は水がかなり濁りますが、濁りが落ち着けばすぐにでも大丈夫です。水を安定させたいのなら、2-3日待ってからでも良いと思います。
なお、通常の赤玉土は力を加えると団子が潰れて簡単に粉末になりますから、水をそっと流して濁りを取る程度にした方が良いと思います。硬質赤玉土や焼き赤玉土なら潰れにくいですが、それでも掻き混ぜればある程度は潰れます。最初に目の細かい(2mm位)のフルイにかけて微塵(粉々になった土))を取り除いておけば、濁りが少なくなるので時間が短縮できます。

2)底面濾過よりも投げ込み式の濾過装置の方が良いと思います。土の粒はどうしても時間がたつと礫てくるので水の通りが悪くなります。

3)普通の飼育方法で問題ありません。赤玉土だからといって特別な事はありません。

否定的な意見が多いようですが、実際に経験して回答しているのかはなはだ疑問です。

私の経験から言えば、園芸用の赤玉土での飼育に全く問題はありません。それでメダカが死ぬ事などありませんよ。ちなみに、アクアリウム用のソイルには肥料分が含まれているものもあり水草水槽には効果的ですが、水草をあまり入れない飼育水槽で高価なソイルを使用してもあまりメリットはありません。土系の底床材を使いたいのなら、赤玉土の使用は悪くないと思います。

1)赤玉土を使うと最初は水がかなり濁りますが、濁りが落...続きを読む

Q水槽に藻が大繁殖!何とか藻を駆除したい!メダカを助けて!!

水槽に藻が大繁殖!何とか藻を駆除したい!メダカを助けて!!

保育園の夏祭りでメダカをすくってきて子供が飼っています。
水草といっしょに藻が入ってきたらしく、水温の上昇とともに大繁殖しています。
見た目が悪いのは我慢できるのですが、
頻繁に採って捨てないとメダカが絡まって死んでしまったり
泳ぐ所がなくてすみっこに群れてています。
水槽も砂も洗ってみたのですが、すぐに元通りです。
今年の夏祭りで金魚をすくって入れたい!と言っているので
それまでに何とかしたいのですが、良い方法はないでしょうか?
以前は、3割ほど水が減ったら水道水をそのまま入れると藻はきれいになっていたのですが
耐性ができたのか、へっちゃらです。
今では、金魚用にと入れたポンプにも繁殖しているので何とかしないと!!と思っております。
どなたか我が家のメダカを救ってください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

tetu758です。先程の貴方の補足に対して答えます。メダカにとって青水は最高の環境ですが、掃除屋のタニシ、石巻貝が役に立たないで、ミナミ系統のエビが死ぬ様でしたら、リセットが一番ですが、睡蓮鉢を購入して姫睡蓮等を検討されていらっしゃるのでしたら、その水を睡蓮鉢に移してメダカを育てればメダカは成長が良くなり、姫睡蓮や水生植物は水を浄化をしますので、素晴らしいビオができます。

 金魚を購入されるならば、メダカを睡蓮鉢に引越しが終了後に水槽を洗浄し、乾燥させます。この時に使用しているフィルターと活性炭は全て交換をしてさい。水槽の再起動をしてから数日は個体は入れないで、要観察をしてください。

Qビオトープ 生体入り 底砂の掃除は必要?不必要??

ビオトープを始めたばかりですが、底砂に中粒の砂を入れていてメダカ、シジミ、スネール、シュリンプなど生体を入れる予定です。

現在はスネール入れてバクテリア繁殖待ちの状態です。

そこで疑問なのですが、換水や底砂の掃除はやはり必要なのでしょうか?

換水や底砂の掃除が必要ない場合はなぜ必要ないのかを知りたいです!

アクアリウム水槽なのでは、底砂の掃除は定期的に必要だとおもうのですが、ビオトープに生体を入れている方はどのようにしているのでしょう??

ビオトープやアクアリウムの上級者の方、アドバイスよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

水槽内に溜まり続ける酸性物質「リターとスラッジ」の扱い次第でしょう。

スラッジの原因は、水槽へ投入し続ける有機物=餌。
餌の量を極限まで減らすか、コケなどを食べて餌なしで飼育できる水生生物(ヌマエビなど)の飼育。
これら、水生生物からの排泄物には窒素とリンが含まれています。
水生生物からの排泄物と硝酸塩を肥料成分として、抽水植物や沈水植物の育成。

植物の根、茎、葉は、やがて朽ちて、水槽の底でリターとなります。
リターに原生動物(ゾウリムシやツリガネムシなど)が繁殖すれば、それらを餌とするエビや小魚を養えることになります。

光をエネルギーの源として、植物と水生生物、原生動物、バクテリア類がバランスすれば、底砂清掃や水替えは必須ではありません。

植物の育成には、窒素、リン、カリウムの3つは必須要素です。
窒素とリンは、有機物を食べる水生生物(魚、エビ、貝)から供給されます。
しかし、カリウムだけは外から補給する必要があります。
水道水には微量のカリウムが含まれています。

植物が勢いよく生長し、水の吸い上げ量が多い場合、水槽水の自然蒸発量も手伝い、水槽水量は思いの外、ドンドン減少します。
当然ながら、減少した水道水の不足分を補給することになります。
この、補給水によりカリウムは供給されることになります。

掛け流しではない、水槽ビオトープの寿命について。
スラッジやリターは酸性物質です。
7年~10年程度で、、、
最後の最後は、水槽環境が酸性化し水槽内のバランスは崩壊します。
この時が、水槽ビオトープの寿命(再リセット期)となります。

水槽内に溜まり続ける酸性物質「リターとスラッジ」の扱い次第でしょう。

スラッジの原因は、水槽へ投入し続ける有機物=餌。
餌の量を極限まで減らすか、コケなどを食べて餌なしで飼育できる水生生物(ヌマエビなど)の飼育。
これら、水生生物からの排泄物には窒素とリンが含まれています。
水生生物からの排泄物と硝酸塩を肥料成分として、抽水植物や沈水植物の育成。

植物の根、茎、葉は、やがて朽ちて、水槽の底でリターとなります。
リターに原生動物(ゾウリムシやツリガネムシなど)が繁殖すれば、それ...続きを読む

Qメダカは元気だけど水草がすぐダメになる

水草初心者のため、経緯を書きましたら長文になりました。すいません。

6年ほど、大きめの鉢(花器)でメダカを飼っています。
これまで、水質調整?カルキ抜き?等々したことなく、酸素も砂も草も入れたことがありませんでした。(小さなインテリアサンゴを2つだけ入れてます)
水道水で清潔に保ってるだけですが、とても元気に3~4年生きます。

100均でエサを買うくらいで、アクアコーナーなど見たこともなかったんですが、
少し前、ホームセンターではじめて「水草」というのがあるのを知り、かわいいので買いました。
(後からネットで見たら、バコパという種類かな?と思います)
店員さんに「買ったポットのまま(土ごと)鉢に沈め、根っこがつかるくらいの水かさを保てばOK」と言われそのようにしていた所、3週間くらいでポツポツ花も咲きました。
が、1ヵ月くらいしたら粉状の(最初は花粉かと思った)大量の虫がびっしり発生し、捨ててしまいました。

その後、別のホームセンターでアマゾンソードというのを購入。
店員に「このまま鉢に全体が沈むように入れる」と言われ行いましたが、1週間足らずで茶色くなってダメでした。

現在は、小さな木に刺さったかわいい水中草(種類不明)を入れてますが、
最近、上のほうの葉が白くなり、下のほうの葉はポロポロ崩れて原型がなくなって来ました。
買った時は赤茶っぽい葉っぱでした。

質問ですが。
メダカが長生きする環境とは思われますが、水草ももう少し長持ちさせたいです。
ただ、肝心のメダカは元気ですし、うちの鉢がインテリア性の高い、かわいい楕円の花器なので、器具をつけたくないんです。
日当たりは抜群の場所に置いてます。

スペースもないので水草を沢山増やしたいほどではないですが、何が不足ですぐダメになってしまうんでしょう?
酸素の出る石?コケ抑制の石?みたいなものを入れればいいんでしょうか?
(コケは出る前に丸洗いしてるのでいらない気もしますが)
何か具体的な品名で教えていただけると助かります。

水草初心者のため、経緯を書きましたら長文になりました。すいません。

6年ほど、大きめの鉢(花器)でメダカを飼っています。
これまで、水質調整?カルキ抜き?等々したことなく、酸素も砂も草も入れたことがありませんでした。(小さなインテリアサンゴを2つだけ入れてます)
水道水で清潔に保ってるだけですが、とても元気に3~4年生きます。

100均でエサを買うくらいで、アクアコーナーなど見たこともなかったんですが、
少し前、ホームセンターではじめて「水草」というのがあるのを知り、かわいいので買...続きを読む

Aベストアンサー

水草にもそれぞれ生育しやすい環境というものがあるので、ただ水中にあれば良いという訳ではありません。草花を育てた事があれば、種類に合わせた適切な世話が必要な事はわかると思います。

例えば、水温。
大抵の水草は水温が高すぎると死んでいきます。30℃を越えるようなら、多くの水草は弱ります。
例えば、水が酸性気味かアルカリ気味か。
多くの水草は弱酸性程度の水を好み、アルカリ性の水では溶けてしまいます。石灰分を多く含むサンゴ砂は水をアルカリ性に傾けるので、多くの水草には向きません。
例えば、日当たり。
部屋の奥側くらいの暗さだと光が足りず弱ってゆきます。多くの水草には日当たりは良い方が向いていますが、直射日光はコケが生えたり水温が上がりすぎたりと水槽としてマイナス面も強いので避けた方が無難です。強い光を嫌う水草もあるので、鉢の置き場所は直射光が入らない窓際などの明るい場所がベターです。
例えば、肥料分。
水草も植物なので肥料分は必要です。光合成では必要な栄養素が摂れません。少量なら魚の糞などが分解されて肥料になりますが、大量にまたは大きく育てたい場合は、魚に害のない水草用の肥料も使います。
例えば、二酸化炭素
植物は、明るい時に二酸化炭素を吸収して光合成をしますので、ある程度の二酸化炭素が必要です。水草が少量なら、飼っている魚の出す二酸化炭素である程度賄えますが、水草が多い場合は昼間だけ人工的に二酸化炭素を添加することも必要です。ちなみに、夜は水草も酸素を吸って呼吸していますが、魚が生きているのなら足りています。

>酸素の出る石?コケ抑制の石?みたいなものを入れればいいんでしょうか?

この手の物は不要です。効果はほぼありません。
それよりも、鉢の置き場所を水草に合わせる事と、鉢の環境にあった水草を選ぶ事が大切です。条件が合わない水草では枯れるのは目に見えています。まずは、マツモや金魚藻(カボンバやアナカリス)など丈夫な水草を入れてみてはいかがでしょうか。
カボンバはアルカリ性や高温に弱いなどちょっと条件にうるさいところがありますが、うまく合えばメダカの産卵場所にもなりぴったりです。アナカリスは兎に角丈夫で、よほどのことがなければ枯れません。30℃を越えるような高温では弱りますが、それ以外は丈夫で増えすぎるて困るくらいです。

水草にもそれぞれ生育しやすい環境というものがあるので、ただ水中にあれば良いという訳ではありません。草花を育てた事があれば、種類に合わせた適切な世話が必要な事はわかると思います。

例えば、水温。
大抵の水草は水温が高すぎると死んでいきます。30℃を越えるようなら、多くの水草は弱ります。
例えば、水が酸性気味かアルカリ気味か。
多くの水草は弱酸性程度の水を好み、アルカリ性の水では溶けてしまいます。石灰分を多く含むサンゴ砂は水をアルカリ性に傾けるので、多くの水草には向きません。
例えば...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング