はじめまして。
祖父の実家のことです。地方にあります。
その家は、150年ほどたっても、倒壊の心配がまったくないくらい
丈夫に作られた日本家屋です。
昔からの庄屋の家です。

祖父がとってきて、管理をするものがいなくなる可能性が
高くなってきた今、どうするか考えています。
父はこの先鳥取に戻る予定はありません。
どうしても方法がない場合は更地にしておくことしか思いつかないのですが
由緒正しい立派な家なので、つぶしてしまうのはもったいない気がするのです。
何か、よい方法があったら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

そんな立派な建物を壊してしまうのは惜しいですよね。


私は地域の親子クラブの役員をしているのですが、今夏のキャンプの宿泊施設探しにおおわらわです。
予算も少ないですし、各家庭の負担額もできる限り少なく抑えたいので、各地の青少年の家の他に、宿泊に開放してくれている民家にも問い合わせていますが、どこも結構人気で一杯です。

ですから、そういうふうに利用すれば喜ばれるのではないでしょうか?
ちなみに今問い合せをしてる民家は1泊で中学生以上で\2,500、小学生以上が\1,400、小学生未満が\500という料金設定になってます。
私のところの親子クラブで親子合わせて総勢50名を予定していますから、\100,000弱ということになるでしょうか?

ちなみに管理は地元の農林産物振興センターという所に任せているみたいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
ただいま検討中です。

お礼日時:2001/08/14 11:43

 地元の教育委員会に買取の交渉をされたらどうでしょうか。

地元では、歴史的文化財として、農具の展示などと併せて、学生の教育の助けになると思われます。
    • good
    • 0

賃貸にしたら如何ですか。


賃貸の収益を建物のメンテナンス費用に充てれば良いと思いますが。
家は人が住まなくなると傷みが早くなりますから、人に貸して住んでもらうだけでも、建物の為には良いですよ。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q墓地の名義変更

私の家は何百年も続く旧家でありまして、100坪の墓地を持っております。この墓地の名義が40年前に亡くなった親父の名義のままで、今回私の名義にしたいと考えております。私には3人の兄弟がおりまして、そのもの達は一度も墓の手入れをしたことがありません。親父がなくなって40年以上私と妻とで清掃・管理して参りました。今になって兄弟が墓を分けろといいます。親父の遺産相続の時、親父の不動産はすべて私が継ぐという協議書をかわしていますが、今回の名義変更の時印鑑は押さないと言っています。どうしたらよいのでしょうか。

Aベストアンサー

>年老いた私が生きているうちに

何をおっしゃいますか。
書類さえ整っておれば1から2ヶ月で終わります。
裁判で時間のかかることは事実関係に争いがある場合です。
今回は、誰が親で誰が子で、と云うようなことなのでこれに争いはないと思います。
争いがあるとすれば「その協議書は偽造だ」などと云うなら偽造かどうか調べないとならないので1ヶ月や2ヶ月では終わりません。
それでも1年もあれば十分です。
万一、死亡しても、相続人が裁判を引き継ぐので何の心配もないです。

Q立派な人になりたいのですがどのような組織に入ればよいですか

人々と接しながら立派な人になりたいのですがどのような組織に入ればよろしいでしょうか。

Aベストアンサー

「立派な人」って何ですか?高級を取る人ですか?尊敬される人ですか?仕事ができる人ですか?

どんなに人格者でも反発する人がいると思います。どんな職業につくかではなく,どんな人生を歩くか,どんな勉強をするかだと思いますよ。

Q日本の旧家って?

私は旧家について知りたいのですが、以前の華族だけが旧家なのでしょうか?旧家にもいろいろあると思うのですが栄えている旧家の風習ってあるんでしょうか?私は旧家に嫁するには大変だと勝手に思っています。ですが、私の知人で常識的に考えても現代の若者にしてもあまりに奔放な性にだらしない人が旧家に嫁しました。こんなのアリなんですネ!?旧家って誇りをお持ちの方どうお考えになりますか?

Aベストアンサー

 旧家の学術的、法律的な意味での定義というのは特にありませんが、一般には、数世代に渡って、同じ場所、同じ家に、世襲世帯を持ち続けている家を指してそう呼ぶことが多いようです。

 たとえ旧華族等であっても、新しく未知の土地に引っ越して、そこに家を新築して住まい始めた場合、その土地では「由緒ある家柄」ではあっても、いわゆる「旧家」たり得ません。

 語弊を覚悟で申し上げるならば、旧家とは、昔の身分や資産状況云々というのではなく、数世代に渡って、家族ぐるみの引っ越しや「家系の途絶え」を経験していない、土着の家柄、とも言えそうです。

 旧家が難しいといわれるのは・・・
 ・核家族世帯が大半の現代においても、旧家は2世帯、3世帯家庭であることが大半であること、
 ・旧家の主人や家族は、その地域の「顔役」であることも多く(例えば町内会など地元組織の世話役をしていたり、議員や委員、あるいは地場産業の経営者であったりなど)、その立場上、普通のサラリーマン家庭にはない特別なことがあったりすること、
 ・また、神社の氏子や寺院の檀家というような、古式ゆかしい慣習を継承するための特別なものがあったりするために、
・・・そのようなイメージがあるためでしょう。

 旧家=お金持ち、という訳ではなく(例外をたくさん知っています)、また、いかにも現代的自由奔放な「旧家」も多く知っています。ご質問の後段で掲げられている問題は、旧家だから云々と考える必要は、今の世の中、もう無いと思って頂ければよろしいかと思います。

 旧家の学術的、法律的な意味での定義というのは特にありませんが、一般には、数世代に渡って、同じ場所、同じ家に、世襲世帯を持ち続けている家を指してそう呼ぶことが多いようです。

 たとえ旧華族等であっても、新しく未知の土地に引っ越して、そこに家を新築して住まい始めた場合、その土地では「由緒ある家柄」ではあっても、いわゆる「旧家」たり得ません。

 語弊を覚悟で申し上げるならば、旧家とは、昔の身分や資産状況云々というのではなく、数世代に渡って、家族ぐるみの引っ越しや「家系の途...続きを読む

Q芸術愛好家か芸術家愛好家か?

オークションで1万円からスタート予定だった作品がゴッホの作品ということが
判り、(ただし加筆修正あり、誰がしたのかな?)スタート価格が300万円から
になった、とニュースで言ってました。そして6600万で落札されたとか。

はぁーそんなものか・・・、と芸術作品に対する評価はいいかげんなものなんだ
と改めて感じました。
(特に当初1万円の価値をつけたオークション会社はその画に1万円の価値しか見
 出してなかったのだから、そのままスタートすべきと思うのですが・・
 堂々とインタビューに答えてたけど画のプロとして恥ずかしくないのかな?)

芸術品も結局アイドルグッズ(チャリティーとかで出るステージ衣装の販売とか)
なんかと同じで「誰が」描いたか、使ったか、着ていたか、に価値があり
作品そのものはどうでもいいのですかね。
もっと下品に言うと「下○売ります!」と一緒。「女子大生はいくら、女子高生なら
いくら・・」って値踏みする連中みたいに画の内容はそっちのけで
「ゴッホならいくら、シャガールならいくら・・」ってやってるみたい。
みなさんは、どう思われます?

ドガのステージで1人きりでスポットを浴びて踊っている踊り子の画や
ルドンの花瓶の花の画、いわさきちひろの画とか「いいな」って思うんですけどね。

オークションで1万円からスタート予定だった作品がゴッホの作品ということが
判り、(ただし加筆修正あり、誰がしたのかな?)スタート価格が300万円から
になった、とニュースで言ってました。そして6600万で落札されたとか。

はぁーそんなものか・・・、と芸術作品に対する評価はいいかげんなものなんだ
と改めて感じました。
(特に当初1万円の価値をつけたオークション会社はその画に1万円の価値しか見
 出してなかったのだから、そのままスタートすべきと思うのですが・・
 堂々とインタビューに答...続きを読む

Aベストアンサー

美術品の評価が美術品そのものではなく、
作家の知名度に依っている、という指摘はその通りだと思います。
ですが、それにはまた別の面もあると思います。

たとえばゴッホで言えば、ゴッホの優れた作品は確かに優れた作品です。
優れた作品が高い値で取引されるのは、まあ正当なことです。

しかし、一人の芸術家の作品は、必ずしも優れた作品ばかりではありません。
若い未熟なとき、また功成り名遂げて安定してしまったときの作品は
全盛期ほどの迫力も感動もないのが普通です。
上野の美術館で、アメリカの大金持ちのコレクションを見たことがあるのですが、
だいたいの作家が「安定してしまった」以降の作品で、
どうにもつまらなかった覚えがあります。
ゴッホの場合、安定するまで生きなかったわけですが、
かならずしも名作ばかりではないのは同じです。

名の通った作家なら、駄作でも、無名の作家の名作より高く取引されます。

ではなぜ駄作でも高く買うかというと……いや、私も名画を
買った経験は無いのですが、自分の嗜好を分析していうと……
それは「確かに優れた作品」を見たことがあるからです。
たとえ目の前にある作品がたいしたことがなくても、想像力によって、
その作家の一連の作品という「物語」を感じ取ろうとするわけです。

たとえていえば、一度、すごくおいしいカキフライを食べた経験があれば、
後にそれほどうまくないカキフライを食べたとしても、
想像によって「このカキフライ」に「あのカキフライ」を重ね合わせて、
十分楽しむことができる……というような。

美術コレクターの払う大金は、「想像(妄想か?)の種」に対する支払いであると
考えれば、個人的には、そういうこともあっていいだろうと思っています。
それが「想像に過ぎない」と言っても、
「想像で得られる感興もまた本物の感興だ」と言われるかもしれないし、
実際にそう感じているかもしれません。

美術品の評価が美術品そのものではなく、
作家の知名度に依っている、という指摘はその通りだと思います。
ですが、それにはまた別の面もあると思います。

たとえばゴッホで言えば、ゴッホの優れた作品は確かに優れた作品です。
優れた作品が高い値で取引されるのは、まあ正当なことです。

しかし、一人の芸術家の作品は、必ずしも優れた作品ばかりではありません。
若い未熟なとき、また功成り名遂げて安定してしまったときの作品は
全盛期ほどの迫力も感動もないのが普通です。
上野の美術館で、ア...続きを読む

Q他家の墓地に退去してほしい

はじめまして。
某農村部の旧家に住むものです。
お墓のことで悩んでいます。

私の家は山を二つ所有しているのですが
母屋の正面にある山、裏手にある山にそれぞれ墓地があります。
(山は双方敷地と一繋ぎになっています。)
正面の山には当家代々の墓地、
裏手の山には近隣の家々(現在2軒)の集合墓地があり、
それぞれ法施行前からの『みなし墓地(?)』です。
裏手の山は元は他家の所有で
60年近く前に先々代が買い取りましたが
他家の墓地がそのまま残っています。
当家の敷地は公道から私道を一本引いて
奥まったところにあります。
そこから正面・裏手の山に入るのですが
毎年お盆の時期に他家2軒の人間が
墓掃除・墓参りにやってきます。

ここからが悩みの本題です。
他家2軒をそれぞれA家、B家とさせて頂きます。

A家は元々の山の所有者です。
毎年お盆に当家の敷地に堂々と車で乗り入れ
挨拶をするでもなく、玄関先を素通りして
墓地へと向かい
お参りが済むとさっさと帰っていきます。
最近は日常生活においても無礼が目立ちます。

一方B家にはそれらの不満はありませんが
母80代、息子50代の二人暮らしです。
息子さんは結婚しておらず
不謹慎ではありますが
将来B家の墓は無縁墓となる可能性があります。

いくら田舎とはいえ
他人が自由に歩き回れるような家では
不安な部分もありますし
自分の子の代で墓地紛争が
起きないとも限りません。
この先無用なトラブルを防ぐためにも
近々それなりの態度を示したいと思っています。

そこでご相談なのですが
(1)自家所有の山に他家の墓地がある場合
  移転を要求することは法的に可能でしょうか。
(2)もし可能であれば
  どのような手続きが必要でしょうか。
(3)また不可能な場合には
  どのような理由が思い当たるでしょうか。
 (時効取得という言葉を耳にしました。)
以上です。

初めて投稿させて頂きました故、
長文・乱文になりましたことは
誠に申し訳ありませんでした。
またお見苦しい感情を晒しましたことも
重ねてお詫び申し上げます。

皆様のお知恵を拝借できたらと思っております。
何卒ご教示ください。

よろしくお願い致します。

はじめまして。
某農村部の旧家に住むものです。
お墓のことで悩んでいます。

私の家は山を二つ所有しているのですが
母屋の正面にある山、裏手にある山にそれぞれ墓地があります。
(山は双方敷地と一繋ぎになっています。)
正面の山には当家代々の墓地、
裏手の山には近隣の家々(現在2軒)の集合墓地があり、
それぞれ法施行前からの『みなし墓地(?)』です。
裏手の山は元は他家の所有で
60年近く前に先々代が買い取りましたが
他家の墓地がそのまま残っています。
当家の敷地は公道から私道を一本引いて
奥...続きを読む

Aベストアンサー

(1)不可能
(3)そもそも祭祀権があり現にその墓が存在する場合、墓地の立ち退きを要求する権利が地主にはありません。
立ち退きを要求できる場合は管理料の不納、あるいは道路整備等の公共事業のみです。
たとえ土地が転売されようと、抵当権が執行されようと、先に存在する墓はどうすることもできません。

よって立ち退きを求めるとなると、お金でお願いするより仕方ありません。
新たな墓の購入費用、移転費用、移転には宗教的な扱いが必要ですし、行政上の手続きを専門家にお願いするのも金がかかります。かなりまとまったお金を積む必要があると思います。

Q性格が明るいのはそんなに立派ですか?

昨今、性格が明るいのが最も良いことでもあるかのような風潮があります。
もちろん、性格が明るくないよりは明るいほうがいいとは思います。
しかし、性格が明るいのはそんなに立派なことなんでしょうか?

例えば求人情報を見てても明るさが第一条件の職場がたくさんあります。
しかし、明るくても他人に迷惑をかける人なんていくらでもいますよね。
何かの本で読みましたが、アメリカの連続殺人犯には陽気で明るく社交的な者もたくさんいるようです。
個人的には明るいことと人格は別物だと思うんですが、どうでしょうか?
皆さんの周りには明るくて人に迷惑をかけてる人はいませんか?
明るいがゆえに犯罪性や悪事、失敗などの印象が薄められてる人達です。
個人的には人格が一番大事で、その次に明るさだと思いますが、違うのでしょうか?
人格主義の考え方は古いんですかね。

Aベストアンサー

外向的な人が評価され,内向的な人は問題があるかのように言われてしまう風潮が確かにありますよね.
というのも,近代の西欧型社会では外交的な人間の方が適応しやすいような「仕組み」になっているからです.
結果的に,内向的な方は幼稚園の時点で不利に立たされてしまうという現状があります.
ですが,外界とうまく適応していける社交的な「明るい」人と,自分の内的な世界を大切にしている内向的な人とでは,それぞれに違った良さがあるように私は思います.
それぞれの得意分野が違うのだと考えればよいのではないでしょうか.
「明るさが第一条件の職場」では,社交的な人,職場の士気を高めてくれるような人,何事も割り切って考えられるような人材を求めているのでしょう.
ですが,そんな要素が全く求められない職種もありますよね.
例えば優れた哲学者や芸術家にはいわゆる「変人」と言われるような方もたくさんいますが,むしろそこが評価されたりするわけです.
要は必ずしも明るいことが良いことではなくて,その特性をいかにして発揮できるかが評価のポイントになるのだと思います.

ytvfingさんが例に挙げるような「明るくて人に迷惑をかけている人」というのは,特性をうまく活かせていない人ですよね.
そういった方が仮にそのキャラクターでもって困難を乗り切っているのだとすれば,それは「明るさ」というよりは「憎めなさ」のような別の要素がかかわってきているのではないですか?

外向的な人が評価され,内向的な人は問題があるかのように言われてしまう風潮が確かにありますよね.
というのも,近代の西欧型社会では外交的な人間の方が適応しやすいような「仕組み」になっているからです.
結果的に,内向的な方は幼稚園の時点で不利に立たされてしまうという現状があります.
ですが,外界とうまく適応していける社交的な「明るい」人と,自分の内的な世界を大切にしている内向的な人とでは,それぞれに違った良さがあるように私は思います.
それぞれの得意分野が違うのだと考えればよ...続きを読む

Q旧家について

地方の旧家の一族出身者の方に質問させていただきます。

そのために、これまでどういう苦労やいやな目にあったことなこと、旧家に生まれてこなければよかった、と思うことをお聞かせください。

旧家出身でいい目にあった、得をしてきた、と言う話はよく聞きますので、その反対のお話をお聞きしたいと思いまして。

アメリカ人の知り合いに、日本の旧家について質問されて、困ったことがありましてwww

私は、単なる労働者階級の一族出身者ですwww

Aベストアンサー

旧家ですが、親が3なんと次男ですから、どうでもよい存在。

本家が松形デフレですってんてんになって、それの尻拭い(借金をうちで変わる変わりに土地を買った)をやって、「土地改良」やるから、なんて手紙がきて、金を送ったらば全員で飲んでいたなんてこともありましたし、
1円送れ、というので、郵便局から子為替をつくって、その場で局員に入れてもらって送ったら、1枚足らなかったから送れ、なんて手紙が着たり。
不在地主としては、小作(本家)に言い様に扱われたほうて゜す。

子供の小遣いに小為替でわたしたという、伝説があります。

昔、一揆にあって、本家の家を燃されたこともあります。平安時代から続く新田の水門番をやっていたので、それなりに権力がありますけど、一揆の対象になるので暴君だった様です。

Q昔の学生はそんなに立派だったのか?

 私の大学の教授達はよく、今の学生を批判する(というよりも「嘆く」に近い)時に「私が学生の頃はマルクス主義を知らないと馬鹿にされた。だから必死に『共産党宣言』などを読んだものだ」という発言をします。これを聞いて、仲間外れにされないように携帯電話をねだる中学生と本質的には変わらないと思いました。中には、思想に感動して自ら勉強した人もいるでしょうが、大部分は周りに流されて、または取り残されまいとして勉強したに過ぎないのではないでしょうか?もしそうなら、始終携帯はを離さずプロフを持ちたがる現代の中高生と変わらないと思います。

 勿論、向かう対象が学問か携帯電話かではその後に残るものも違うでしょう。しかし、単に流行りに付いて行っただけならば、立派だった、或いは堕落したのは学生ではなく時代だと思います。それを学生の人間性に責任を求めるのはおかしいと思うのですが、どうなのでしょうか。やはり昔の学生の方が立派だったのでしょうか?

※例として挙げた「マルクス主義」「共産党宣言」の部分はうろ覚えなので対応していないかもしれませんが、読み流してください。

 私の大学の教授達はよく、今の学生を批判する(というよりも「嘆く」に近い)時に「私が学生の頃はマルクス主義を知らないと馬鹿にされた。だから必死に『共産党宣言』などを読んだものだ」という発言をします。これを聞いて、仲間外れにされないように携帯電話をねだる中学生と本質的には変わらないと思いました。中には、思想に感動して自ら勉強した人もいるでしょうが、大部分は周りに流されて、または取り残されまいとして勉強したに過ぎないのではないでしょうか?もしそうなら、始終携帯はを離さずプロフ...続きを読む

Aベストアンサー

高度の教育を受ける者が自らの利益のためだけではなく
低賃金で労働する人達によって自らの生活も支えられていることを認識して
学生達がその人達の生活のことを考えることをおろそかにしなかったと言うことでしょう。
高度の教育を受け将来上に立っていく人であるならば
そういうことを考える人であるべきであるという教授の思いなのではないですか。
高度教育を受けながら、それを自分のためだけに、儲けるのが悪いことのように言われるのはどうなんでしょうなどと村上ファンドの人みたいに皆が言うようになることを嘆くのでしょう。

Q旧家の今がわかる本。

田舎の旧家・・できれば、元大地主か商家あたりの
現代の様子を取り扱っている作品を探しています。

資料系の本を探すとどうしても、昔の旧家の生活ぶりしか
わからないので、できれば現代の旧家の暮らしぶりが
わかる作品を知っていれば教えてください。

ハードカバーでも文庫でも雑誌でも漫画でも構いません。
どのような雰囲気なのかを知りたいのでよろしくおねがいします。

Aベストアンサー

私は旧家の代表例の1つとして(現山形県内の)"酒田の本間家"を想起し、少し調べてみました。そして・・・

●http://homepage2.nifty.com/hekisui/honmake.htm
●http://www.homma-museum.or.jp/
●http://www2.ocn.ne.jp/~hommake/
●http://hometown.infocreate.co.jp/tohoku/sakata/rekisi.html
●http://blogs.yahoo.co.jp/replankeigo/50236392.html
●http://www.weblio.jp/content/%E6%9C%AC%E9%96%93%E5%AE%B6
等々が"酒田 本間家"でググッたほんの一部のURLで、それなりに旧家の本間家を垣間見られると思いますし、[教えて!goo]内では
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa551507.html
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1373132.html
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1470777.html
辺りが多少なりとも関連しそうな気はします。

ですが、関連本に関しては次の書辺りしか見当たらず
http://www.bk1.jp/product/02381599
又、著者名では上掲の本間高明(氏)との、名前は出て来たものの、「本間家とどの様な関係か?」を含め不明瞭な点も多々あるのが、今回の私なりの検索の結果でした。(嗚呼)

僅かでも参考になれば嬉しいですが、お粗末なカキコみにて失礼致しました。

私は旧家の代表例の1つとして(現山形県内の)"酒田の本間家"を想起し、少し調べてみました。そして・・・

●http://homepage2.nifty.com/hekisui/honmake.htm
●http://www.homma-museum.or.jp/
●http://www2.ocn.ne.jp/~hommake/
●http://hometown.infocreate.co.jp/tohoku/sakata/rekisi.html
●http://blogs.yahoo.co.jp/replankeigo/50236392.html
●http://www.weblio.jp/content/%E6%9C%AC%E9%96%93%E5%AE%B6
等々が"酒田 本間家"でググッたほんの一部のURLで、それなりに旧家の本間家を垣間見られると...続きを読む

Q立派な会館を建てたがる宗教団体は?

やたらに立派な会館を建てては「素晴らしい会館ができたわ!」などと浮かれている宗教団体は、そんな贅沢三昧に使う金があったら飢えで苦しむ人達のために使った方がはるかに素晴らしいことだと思わないのでしょうか???

Aベストアンサー

あなたの質問を見て、ふと某宗教団体が浮かびました(笑)えへ♪

それは、まあ置いといて・・・(^^;こんな話しはいかがですか?

市町村は税金を集めて、公共の利益のため、住民の便を図るため色々な事に使っています。
その中で1番大きくお金が動くものが、建築系です。橋をつくったり、建物を作ったり。
大きな利益が動きますので、市長、県知事、国会議員と建設業社との癒着がよく揶揄されていますね。

さて、問題です!!!!!!!
なぜ建築会社と、発注する側はなかよくなるのでしょうかっ!(笑)

それ以外に、大きい建物はその力を示すシンボルとして古来より
権力の象徴として1番わかりやすぅぃ形です。ピラミッドなんかそうですね。

それと興味があれば、北朝鮮の概要を紹介したHPなんかを見てみてください。
巨大建築たっぷりで、マスゲームたっぷり、擦りこまれたみたいに画一的な反応をする人々・・・・
あれれ?何かに似てますね(笑)

ではでは(^^;)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報