ウォッチ漫画『酒男子』新連載開始!

「絶対絶対~しない」という時に「never ever」というと思いますが、
アメリカ人の友達は「never EVER」と言っていました。
また、ラジオでは「never EVER EVER!」とか「never Ever」と言っていました。
否定なのにどうして「never」より「ever」を強調するのでしょうか?
何か変な質問でしょうか。
でも半年間不思議に思っていました。

A 回答 (4件)

Gです。

 こんにちは!

neverで既にnoと言うフィーリングを強めていますね. no-everの略された形とされているわけですね.

never everと言って、これまたnever-everと言う事になりますね. ただ、そのような単語はまだ作られていないと言うだけの事です. <g>

never EVERとeverを強く言うことで最大限の強調を出そうとしている口調なわけです. 強く言っているわけですから、文字では大文字を使うと言う風習に沿って書いたわけです.

everは英語ではintensifierと呼ばれる部類の物なんですね. かかってくる単語を持つフィーリングをより引き出す役目をする、と言う意味です. 味の素、みたいなものです.

このintensifierは味の素と同じように、後からつけるんですね. You are beautiful ever! とか今回のnever everのようにです.

この単語には、今まで経験した以上に、これからもたぶん見つけることができないと思うように、どんな事があっても、とフィーリングが入ってくるんですね.

ですから、このnever everは将来どんな事があってもneverだ、と言うフィーリングが入ってくるわけです. ですから、日本では「強調」と言っているわけです.

つまり、このeverはneverを強調しているわけです. そして、EVERと大文字にして、アクセントを強くした口調で、更に、強調した言い方になるわけです. もっと強調したいのであれば、Never EVER EVERとEVERを二度いうことで表現できますし、NEVER! NEVER! NEVER!と言う言い方をして、NO,NO,NO!と強める事もできるわけです.

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。

この回答への補足

ご回答をありがとうございます。

> このintensifierは味の素と同じように、後からつけるんですね. You are beautiful ever! とか今回のnever everのようにです.

なるほど。学校の勉強をすっかり忘れていても、肯定文で「ever」が使われるのを見ていたので
強調なんだ、と理解できました。
「absolutely」って言葉もあるんですよね。これも意味を強めると思うんですが、
「ever」とは全然違うのでしょうか?

> この単語には、今まで経験した以上に、これからもたぶん見つけることができないと思うように、どんな事があっても、とフィーリングが入ってくるんですね.

これもわかりました。
#3のお礼にも書かせていただいたんですが、
今日バイト先のマネージャーに怒られたんだよという時に
「'don't ever do that again. 」という具合に「'don't 」が強調されているんですよ。
「速攻首だ」っていう2番目の文中です。

said to the student 'you can't take things out in cups'
said to me 'don't ever do that again. next time i'll see you, i'll fire you instantly'

> NEVER! NEVER! NEVER!と言う言い方をして、NO,NO,NO!と強める事もできるわけです.

これも使えるんですね。WLSではまだ聞いたことがありませんでした。
「never ever」だけ見てるとわからなかったのですが、
「NEVER! NEVER! NEVER!」こういう言い方もできる事を知って
「ever」が何なのかわかってきたような気がします。

Gさんのご回答もメール配信されなくなっちゃいました。
でも、必ず読ませていただいています。

7月22日08:02

補足日時:2004/07/22 08:01
    • good
    • 3

Gです。

 

(Would you) please don't do it again.

Don't do it again.

Never do it again.

Don't ever do it again.

Don't you ever do it again.

Never(,) ever(,) do it again.

の順に感情的になってきます. (、)を使ったのは、将来絶対に、ト言うフィーリングを出すために、糸位置ついて、「決して、どんな事あっても、やるなよ」というフィーリングを出しているわけです.

No matter what happens, never do it again.と似たフィーリングを持っています. 

また、お前がどのように感じようと俺の知った事ではない、No matter what you think, never do it again.と言う表現も使いますね.

これらは「感情的に非常に高い」ので、事情を知らない第三者から見ると感情の出しすぎ、というイメージがあります. そんなに感情的にならなくてもいいじゃないかと感じるわけですね.

しかし、警察学校や兵役基礎訓練では、指導員の言うことを100%守らなくてはいけないし規律というものを非常に重要視します.

なぜかと言うと、それを怠ると危険を増大する可能性がある、と見るからなんですね.

ですから、特殊訓練で間違いを犯した場合死者が出るような場合一応全然生を高めるために、模擬爆弾などを始め使います. しかし、間違いを犯した場合、もしそれが本物であった場合死者が出るわけですから、この感情的表現は妥当な物と見ます.

absolutelyなどの副詞は副詞として強調している事になります. よって、この文章には使えないんですね. 

では、また。

P.S.
メール、来ないですね.
    • good
    • 1
この回答へのお礼

再びご回答をありがとうございます。

Gさんとtrackさんに謝っておかなくちゃいけないことがあります。
何が聞きたいかわからない補足をしてすみませんでした。
もうわかってます。もう大丈夫です。

(Would you) please don't do it again.
Don't do it again.
Never do it again.
Don't ever do it again.
Don't you ever do it again.
Never(,) ever(,) do it again.

こうして並べてみると「ever」って本当に強い言葉なんですね。
彼が一回でも大文字で「EVER」と書かなかったらこんなに強い言葉だとは気づかなかったと思います。
第一、文字のチャットには音がないですし。

> No matter what happens, never do it again.と似たフィーリングを持っています.

このフィーリング、わかります。

> absolutelyなどの副詞は副詞として強調している事になります. よって、この文章には使えないんですね. 

「absolutely」は副詞で「ever」は副詞じゃないんですね。
じゃ、「ever」は何かわからないけれど、何でもいいです。
「ever」がよくわかりましたから。ありがとうございました!
7月22日19:48

お礼日時:2004/07/22 19:48

そもそも、ever自体が強調の意味を持っているからだと思います。

否定、比較、疑問を強調する時に使います。everがなければ特に強調されませんよね。
everを付け加えることにより、強調の意味を持つので強く発音するのかと思います。その部分を相手に伝えたいからなのではと思うのですが…。
使い方に関しては参考URLを見てください。

参考URL:http://www.h6.dion.ne.jp/~english1/sub14.html

この回答への補足

あ、追伸です。
私の友達は肯定文にも使っていました。
だから、学校で習った事を全部忘れていても「ever」は強調だという事がわかりました。

でも、もちょっとぴんと来ないんです。
私が思っているよりずっと「強調!!」の意味が強い、
という事をしっかり覚えておけばいいのかなとも思います。

7月22日06:13

補足日時:2004/07/22 06:11
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答をありがとうございます。
ご紹介のサイト、あれから調べて読んで、
そうなんだ~うまい説明してあるな~と思っていたところでした。

でも、下のチャットの文を見てください。
バイト先のフード関係のマネージャーがに怒られたという彼の言葉です。
マネージャーはお客さんである学生の子にルールを説明し、あとで彼を怒って(脅かして)いますが、
「'don't ever do that again. 」と「'don't 」が強調されています。

said to the student 'you can't take things out in cups'
said to me 'don't ever do that again. next time i'll see you, i'll fire you instantly'

イマイチわかんないんですよね、このeverの使い方。。。
7月22日06:08

お礼日時:2004/07/22 06:08

hirorin2004さん、こんばんは。



想像ですが、
(1)「絶対絶対~しない」の「しない」=NEVERで、
「絶対」=EVERだとしたら?

日本語でも「絶対、ぜーーったいにしないって!」という風に「絶対」を二回繰り返しますよね。


(2)「NEVER」を2回言うと否定の否定で肯定になってしまうから?

例えば、「NEVER SAY NEVER」だったら、「できないと(絶対に)言わない」だから「できる」ですよね。
NEVERを何回も言うと否定か肯定かどっちかわかんなくなるかも。

以上。クレフでした☆
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答をありがとうございます。

(1)わかりました。

(2)ですが、
例えば「~の反対」という言葉なら
「~の反対の反対の反対の・・・」で、わけわからなくなると思いますが、
例えば「だめ」という事場なら
「だめだめだめだめ・・・」と重ねてもいいような気がします。
Neverも同じかなって。
7月22日05:34

お礼日時:2004/07/22 05:34

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QWould you like~?とWould you~?の違いは

相手に何かをお願いするときに、
Would you like~?
Would you~?
と両方の言い方があると思うのですが、likeをつけるかつけないかはどのように判断するのでしょうか?
また意味はどう変わるのでしょうか?

Aベストアンサー

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧めたら)~をお気に召すでしょうか?」という丁寧で控え目な調子の出る勧誘表現なのです。I would like to~「~したい」(~することをできればしたい)という表現もこの用法からきているのです。

Would you like~のlikeは「~を好きである」という他動詞でlikeの後に名詞を目的語として持って来ることができます。例:
Would you like another cup of tea?「もう一杯紅茶如何ですか?」
Would you like going on a picnic?「ピクニックに出かけるというのは如何でしょう?」
Would you like to go on a picnic?「同上」(このto不定詞は名詞的用法)

ご参考になりましたでしょうか。

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧め...続きを読む

Q【英語】Never,ever,ever

皆さん。
インタビュアーの
Was there ever any time that you felt like you nailed this role?
という質問に、シャーリーズ・セロンは
Never. Never,ever,ever, ever.

と答えました。「まったく、全然」というのを強調した言い方だと思うのですが、二つ目から、never ではなく、everになる感覚がわかりません。どなたか、この感覚をお伝えいただけないでしょうか。また、never→ever以外にも、似たような、ケースはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

2つ目からeverに変わるというよりも、Neverをより一層強調してるんですよ。
Neverだけだと、『一度もないです』って感じですが
Never,ever.だと『今まで一度たりともないです』っていうようなニュアンスでしょうか。
今回の場合は更にeverを連呼してますんで
『今までこれっぽっちもどころか全くないです!』
くらいの勢いだと思います。

否定文をより強める意味のeverであり、それを複数重ねるのは本人の気持ちからもっともっと強く否定したかったということじゃないですか。

因みに強める意味のeverは否定文だけでなく肯定文でも使われます。I love you ever so much!とか^^;
ちょっと本題からずれたかな・・

Qネイティブがよく言う ”I mean”, ”Yon know”の意味を教えて下さい。

ネイティブの方が話しをする時に頻繁に、
"I mean・・・"
"You know・・・"
という上記の言葉をよく話しているのを聞きますが、
日本語でいうと、どのような意味合いになるのでしょうか?
いくつか例文を交えて説明していただけると有難いです。
どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

I mean・・・
今風に言えば「っていうかぁ~」みたいに使いますし、一度言ったことにもうちょっと説明を加えたいときに使います。

I like this book. この本好きなの
It's interesting for me. おもしろいんだよね
I mean, the story was good, and characters, too.
ってかさ、話はいいし、キャラクター達もいいんだよね

You know・・・
意味はないです。単に間をつなぐ「えっと」「あのね」「でしょ?」っていう軽い表現です。

You know , I was so busy today, you know, I worked so hard, too much talked to my client.
あのね 今日すっごい忙しかったよ、あのね、一生懸命仕事してさ、お客さんといっぱい話したしさぁ。

一度覚えると使いやすい言葉ではありますが、多用すると聞き苦しい感じがします。
また両方ともカジュアルな会話で使いますので、使うときは周りの人が使っているかどうかよく確認してからのほうがいいかもしれません。

I mean・・・
今風に言えば「っていうかぁ~」みたいに使いますし、一度言ったことにもうちょっと説明を加えたいときに使います。

I like this book. この本好きなの
It's interesting for me. おもしろいんだよね
I mean, the story was good, and characters, too.
ってかさ、話はいいし、キャラクター達もいいんだよね

You know・・・
意味はないです。単に間をつなぐ「えっと」「あのね」「でしょ?」っていう軽い表現です。

You know , I was so busy today, you know, I worked so hard, t...続きを読む

Qcould be と would be の違い

could be と would be のニュワンスの違いを教えていただけますでしょうか。
couldはcanの過去形で、 wouldはwillの過去形であることは分かるのですが、
仮定法的な感じで使う時がどう違うのかが分かりません。
例えば、That would be nice! と That could be nice! では、意味はどう
違うのでしょうか?
私的には、wouldの方は「そうなるといいね~ 」という感じで、
couldの方は「それは素敵に違いない!」というような少し強い感じでしょうか?!
最近海外ドラマを見て英語の聞き取りの勉強をしているのですが、
結構に日常会話にcould、 wouldが、仮定法的な感じでよく使われています。

分かる方、ご解説いただけると助かります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

同じような英語のQ/Aサイトに違いを説明する回答があり、ベストアンサーがこれでした。

Would" expresses the idea of "willingness" ,  and  "could" expresses the idea of "ability"

ですから《That would be nice》はこちらの良くなって欲しいという意思が加味されています。

一方、《That could be nice》の方は現状の諸条件を勘案すると、将来《nice》である可能性が極めて大きいといった可能性の予測が入っています。

他の文章で説明します。

●Would you please drop me here?
●Could you please drop me here?

前者は『ここで降ろして頂けると好都合なのですが、同意頂けませんでしょうか?』 相手と喧嘩中なら降ろしてはくれないでしょうね。 運転者のご機嫌を伺っているのです。

後者は『ここで降ろして頂けると誠に好都合なのですが、交通事情など周りの諸条件からして可能でしょうか?』 例えばいくらお家の前であっても高速道路上だったら不可能ですね。 そういう一時停止の可能性の有無を聞いていると判断出来ます。 

参考URL:http://answers.yahoo.com/question/index?qid=20090209230529AAjApFB

同じような英語のQ/Aサイトに違いを説明する回答があり、ベストアンサーがこれでした。

Would" expresses the idea of "willingness" ,  and  "could" expresses the idea of "ability"

ですから《That would be nice》はこちらの良くなって欲しいという意思が加味されています。

一方、《That could be nice》の方は現状の諸条件を勘案すると、将来《nice》である可能性が極めて大きいといった可能性の予測が入っています。

他の文章で説明します。

●Would you please drop me here?
●Could you pleas...続きを読む

Qどうしても使い方がわからない・・・such as とlike

こちらのサイトでも調べてのですが、どうしてもわかりませんでした。 ~のような というときのsuch asと likeの使い分けです。例を用いてなるべく簡単にわかりやすく説明してくださる方いらっしゃいませんか?すみませんが教えてください。

Aベストアンサー

such as ~ のほうは「例えば ~ などのようなもの」という例を挙げるもので、

like ~ のほうは「~ に似ているもの」という類似性を示すもの、

という印象の違いがあると思います。

日本語で「~のようなもの」という言葉には、例を挙げている場合と、形や様子が似ているものを挙げている場合があいまいに混じっているので、和英のときに一緒にまとめられてしまうのですね。

Q違いを教えて!keep on ~ing と keep ~ing

「~し続ける」という意味合いで「keep ~ing」というのがありますが、あるテキストに

He keeps on telling me that...
(彼はいつも私に言ってる)

というのがありました。この例文ではなぜ「on」が含まれているのかなと思って調べてみたら、「keep on」には「ガミガミ言う・小言を言う」という意味があることがわかりました。
http://www2.alc.co.jp/ejr/index.php?word_in=Keep+on&word_in2=%82%A9%82%AB%82%AD%82%AF%82%B1&word_in3=PVawEWi72JXCKoa0Je

しかし、なぜ「on」を入れることでそういうニュアンスに変化するのかが、どうもしっくり理解できません。

また、「on」を使っても特に意味自体に変化はなさそうな例文も↑のサイトからいくつも見られました。(例えば、「keep on listening/聞き続ける」や「keep on going/行き続ける」などたくさん。)

どういう時に「on」を使うのか、教えていただけないでしょうか。

「~し続ける」という意味合いで「keep ~ing」というのがありますが、あるテキストに

He keeps on telling me that...
(彼はいつも私に言ってる)

というのがありました。この例文ではなぜ「on」が含まれているのかなと思って調べてみたら、「keep on」には「ガミガミ言う・小言を言う」という意味があることがわかりました。
http://www2.alc.co.jp/ejr/index.php?word_in=Keep+on&word_in2=%82%A9%82%AB%82%AD%82%AF%82%B1&word_in3=PVawEWi72JXCKoa0Je

しかし、なぜ「on」を入れることでそういう...続きを読む

Aベストアンサー

沢山ご回答がありますね。

keep (on) ~ing は on があってもなくても同じ意味で 単純に「し続ける」という意味です。
on は 副詞で「(ある動作を)続けて」という意味をもち これを入れるとより継続的に繰り返している感じになります。
まあそれゆえ日本語で捕らえると「しつこい」という意味を含むことになるかもしれませんね。

御参考になれば幸いです。

Qeverとnever

こんにちは。
問題集をみていたら、次の質問がありました。

Your comment that English is the standard language of the world is one of the most foolish things I ( ) heard.

( )には、(1)have ever (2)have never のどちらを選ぶかが問題です。
答えは(1)ですが、ever と neverの違いがわかりません。解説をお願いします。

Aベストアンサー

Your comment that English is the standard language of the world is one of the most foolish things I ( ) heard.

( )には、(1)have ever (2)have never のどちらを選ぶかが問題です。
答えは(1)ですが、ever と neverの違いがわかりません。解説をお願いします。

【回答】
No.1の方の言う通りですが、補足します。ever と never の関係は、他の語にもありますので、この機会に覚えてください。

either の否定形 not either なので、neither
or の否定形 not or なので、nor
one の否定形 not one なので、none

Q文頭の「また」や「あと」などの表現はどういう?

たとえば、英語で
「この語はどのように発音しますか?また、どのようなときに使うのですか?」
というような質問をしたい時、2つめの文頭の「また」(もしくは「あと」「それと」など)は英語でどのように表現するのでしょうか?
私の感覚だと、文頭にAndとかAlsoをおいて「And (Also), when is it used?」みたいな感じになるのですが、これはなにかおかしい気がします。

Aベストアンサー

No.2です。ごめんなさい、「文頭の」というご質問だったんですね。

ご参考までに、会話だとかカジュアルな文の文頭ならAndが来て構わないのですが、きちんと書く場合には文頭にAndとかButとか来ないほうが良いとされています。

http://homepage3.nifty.com/MIL/butand.html

http://www.eigo-nikki.com/article/13292266.html

Qit could be の意味と使い方。

英会話の途中でよくit could be . it can be などがよく出てくるのですがいまいち使い方と意味がわかりません。英会話に詳しい方教えていただけませんか。

Aベストアンサー

その文脈によって意味が多少違うことになりますが、大抵、「~なんじゃない?」「~の可能性がある」の含みをもったニュアンスでつかう。

例えば、ホームズが「もしかして、それってあの時いってたあれか?」と叫んだとき、会話の中でワトソンが「その可能性はあるね・・・。」と肯定して受ける場合、It could be right. の Rightを省略して、It could be.とする。 スペースアルクのサイトでそのまま「it could be」で辞書検索するといろいろ分かりますよ。前文検索型のすごくい辞書です。

参考URL:http://www2.alc.co.jp/ejr/index.php?word_in=it+could+be&word_in2=%82%A0%82%A2%82%A4%82%A6%82%A8&word_in3=PVawEWi72JXCKoa

Qwould like to と  want to の違い

初歩的な質問なのかもしれませんが、
I would like to go .
I wanna go .
両者の違いはどういった点でしょうか。

Aベストアンサー

話し相手に"I want to go.”というと、かなりきつい言い方になります。「俺は行きたいんだから、行かせろ」みたいな。
だから、"I'd like to go."と言えば、「私は行きたいのですが」と、相手の好意を引き出すような言い方になります。

僕は昔、アメリカを旅行中に、ある日本人旅行者に、聞いたことがあるのですが、「飲食店でコーヒーを飲む時、砂糖がほしいので、I want sugar.と言ったら、砂糖をくれなかった。あとで誰かに聞くと、言い方が横柄なのでくれなかったのではないか、こういう時は"Sugar please."が良かったらしい」みたいな話を聞きました。

英語は、敬語はないのですが、相手にお願いをする時には、かなり言葉づかいには気をつけるべきものがあります。お願いする前にはplease,
してもらった後にはthank youは必ず言わなくてはいけません。それと同じで、I want...というのは、他人にお願いする時は避けるべきでしょう。
但し、相手にお願いするのではなく、「私は将来~になりたい」というのであれば、" I wanna be a ~."というのであればいいです。また、相手の言葉を言い換える場合は、wantを使ってもいいです。たとえば、
"I would like to go there."と相手が言った場合、
"Oh, you want to go there. I see."みたいに。

話し相手に"I want to go.”というと、かなりきつい言い方になります。「俺は行きたいんだから、行かせろ」みたいな。
だから、"I'd like to go."と言えば、「私は行きたいのですが」と、相手の好意を引き出すような言い方になります。

僕は昔、アメリカを旅行中に、ある日本人旅行者に、聞いたことがあるのですが、「飲食店でコーヒーを飲む時、砂糖がほしいので、I want sugar.と言ったら、砂糖をくれなかった。あとで誰かに聞くと、言い方が横柄なのでくれなかったのではないか、こういう時は"Sugar please....続きを読む


人気Q&Aランキング