人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

論理ってなんですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

論理と理論は違いますが、ここでは同じような


モノとして考えます。

結果と原因を因果の流れで結びつけるのが
理論です。

なぜ、そんなことが必要なのか。

ヤカンに水を入れ、コンロに掛け点火すれば
お湯ができます。

おそらく一兆回繰り返しても、お湯が出来る
でしょう。

しかし、一兆回の次はお湯が出来ないかも
しれません。

お湯が出来る、と保証するのが理論です。
だから、理論が構築できれば、予測が
出来ることになります。

社会科学では、この理論はあまり信用出来ません。
経済学などその典型です。
経済理論など外れてばかりです。

自然科学では、一応信用できますが、
それもパラダイムの内部に限定されます。
    • good
    • 0

繋がり



それぞれが、どのように繋がりを持っているのかを組み立てれば「論理的」であり、繋がりその物を書き出せば それが「論理」になり得る。
    • good
    • 1

辞書によると、「考えや議論などを進めていく筋道。

思考の妥当性が保証される法則や形式。」となっています。大体こんなところでいいのではないでしょうか。

論理学でいうところの論理はすごく狭くて、矛盾率や推論規則などのように我々がア・プリオリに持っている判断基準を公理化したものを指します。注意しなくてはならないのは、その中にはいわゆる帰納法などは含まれないということです。

我々が実際にものを考える場合は、論理の前提となるものが必要になります。数学では公理がそれで、公理の選び方によっていろんな数学が展開されます。自然科学の場合は経験から帰納された「法則」や事実を前提に論理を積み重ねて新たな理論や法則を作り上げる、ということを繰り返します。

論理的に正しい手順で考えられたものは、前提さえ正しければ必ず正しい結果が導かれます。自然科学の場合は導き出される理論がすべて仮説にとどまるのは、前提となる法則がすべて帰納法によるものだからです。
    • good
    • 1

土台からの整合性を外さないようにした積み重ね、


みたいな言い方はどうでしょうか。
    • good
    • 0

ああ、一方で、筋書き通りには行かねぇよ、何て言う事もありますよね。


論理の虚実ってものがそこにはあるのでしょう。
    • good
    • 0

筋ってやつじゃないでしょうか。


筋が良いねってことは合理性が実現されているとか、分かってるねって意味にもなると思います。
    • good
    • 0

1.論理の原点は、「単位と相互作用」の発生に始まる。


不確定性原理において、「無=不確定性無限」となる。
存在確率が無限に拡散すれば、存在=空間的有限性をなさず、
相互作用はできない。論理は成立しない。

2.「無=不確定性無限」の潜在的認識可能性において、
異なる仮定断面の自覚化(hの収束=物体の収縮=宇宙膨張)
=時系列化を仮想的時間軸とし、その経験において、究極的
に超弦=量子定常波(量子=仮想的時空に対する無の射影)
に還元する階層現象性を、経験的に表面的に(いい加減に)
捉える事で、有限な存在性を可能にし、その「階層現象性」
の下層に潜在する原理的共通性(媒介粒子)の確率的交換
において、相互作用は可能になっている(光量子の交換=
電磁相互作用、重力子の交換=重力、中間子の交換=核力)。
この、「時間の経過」「存在=単位の発生」「その相互作用」
がそろう事が、「論理」の前提条件である。

3.その存在=対象と、感受=概念の双方に、先述の「階層
現象性」が関わって、「論理」を可能にしている。
概念の発生は、経験の蓄積において、グループ化が可能な
要素の集合が得られるからであり、それは、階層現象化に
おいて原理的に共通性がある、あるいはその階層現象化した
進化(物質進化~化学進化~生物進化)の過程で系統を共有
する事が、類似性を生むのだ。
その「グループ化」されたイメージに条件反射的に言語を
結びつける事で概念は生じ、その組み合わせの中で抽象的な
概念(相互作用を含む)につながり、「論理」を可能にする
のだ。
    • good
    • 1

論理とは、と考えるヒントに「行動の論理」とは、と言う問いをご自身で考えてみて下さい。

論理は決して言語空間に固有な概念ではありません。
    • good
    • 2

「論理とは何か」というのはかなり漠然としており、私がそれに充分に答えるにはあまりに大変で、概括的に答えるとあまりに漠然とするので、(そこについては、ご勘弁ください汗)論理というのは、「論理的に正しいとは」に実は、本質的にかなり繋がりますので、ここでは主にそれについていいます



論理とはまず、かなり概括的に言いますと、考えの筋道、思考の手続きについての概念であって、実は、「論理的に正しい」というのは、その結果が「現実に合致してるか否か」ではなく、その考え方は、正しいか正しくないか、また妥当か妥当でないか
それに付加されるように、健全かそうでないか(健全性とは、考えに於いて前提にしていることは、本当に正しいのかな?というようなもの)というものです

犬であって、人の言葉を喋るならば、犬だろう

というのは、日常的には不自然極まりなく、おかしいだろ!どこが論理的やねん!と思うかもしれませんが、実は論理的には正しい推論であります

しかし、「犬であって人の言葉を喋る存在なんて、いる?いるわけないだろ」というような問題になるのが健全性について、ということですね

健全性の保証があるかどうか、というのは、論理的な正しさに影響せず
論理的な正しさとは、その考え方にのみ依存します、上の例でいえば、「○であり△である存在については、少なくとも○ではあるだろう」という「考え方」は、明らかに正しい、ということです
    • good
    • 3

「源義経の母親はナポレオンである」という論理学の問題が、いまツイッターで話題沸騰だそうで・・

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q理論の意味を分かりやすく説明すると

「理論」という言葉がありますが、小学生くらいの子供に説明するとしたら、
どんな表現を使うと分かりやすいでしょうか。
簡単な例を挙げるとするなら何がよいでしょうか。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

隠れている物事のきまり=法則・規則を、物事を観て頭の中で考えることで導き出したもの。

でどうでしょう。

例えばゲームをやっている内にゲームの勝ち方を考え、実際にやってみて確かめます。
そしてそれで勝率が上がったら「理論が正しかった」ということになる。
変わらなかったら「理論は正しくなかった」。

例えば水をかき回していたら何度か温度が上がったとします。
その事からある一定の仕事をくわえると一定の温度が上がるのではないかという理論を立てます。
その理論が正しければ上がった温度から加えられた仕事の量が量れるんではないかと考えます。
そこで上がった温度からかき回した回数を予測して当たっていれば理論は正しかった証明になると思います。
事実(データーや様子の観察)をもとに頭で考えたのが理論であってそれが当たっているかどうかは実際に試してみる、実験してみる事で確かめます。

理論は言葉に直せないと理論とは言えないようにも思います。
例えばゲームの勝ち方を直感的につかんでいても、それを言葉に直して人に伝えて同じように勝ちを拡げられなければ理論とは言えないと思うのです。
文章だけではなくて数式の場合もあると思いますが。

文科系にも理論はありますが、それは隠れている物事をうまく説明できる「言葉」ではないかと思います。例えばある芸術を観ておもしろいと思う理由は何なのか。こういう方法で作品を作ってみたら良い結果が得られるのではないか。経済がこう動く理由は何なのか。

隠れている物事のきまり=法則・規則を、物事を観て頭の中で考えることで導き出したもの。

でどうでしょう。

例えばゲームをやっている内にゲームの勝ち方を考え、実際にやってみて確かめます。
そしてそれで勝率が上がったら「理論が正しかった」ということになる。
変わらなかったら「理論は正しくなかった」。

例えば水をかき回していたら何度か温度が上がったとします。
その事からある一定の仕事をくわえると一定の温度が上がるのではないかという理論を立てます。
その理論が正しければ上がった温度から...続きを読む

Q添削お願いします。

私は、「看護理論が、何故、実際に看護活動をするときに必要か」と問われれば、必要であると答える。「何故、必要であると考えるのか」について証明するためにヴァージニア・ヘンダーソンの看護理論を用いて自分の考えを説明する。まず、「ヴァージニア・ヘンダーソンの看護理論とは何なのか」、「それがどのようなものであるか」を知るために、ヘンダーソンが書いた「看護の基本となるもの」を読むことにした。その本の中で、彼女は、日常生活活動として、14の項目、(1)正常に呼吸する。(2)適切に飲食する。(3)身体の老廃物を排泄する。(4)身体の位置を動かし、またよい姿勢を保持する。(5)睡眠と休息をとる。(6)適切な衣類を選び、それを着たり脱いだりする。(7)衣類の調節と環境の調整により体温を生理的範囲内に維持する。(8)身体を清潔に保ち、身だしなみを整え、皮膚を保護する。(9)環境のさまざまな危険を避け、また他者を傷害しないようにする。(10)情動、欲求、恐怖、意見などを表現して他者とコミュニケーションを持つ。(11)自分の信仰に従って礼拝する。(12)なにかやりとげたという感じをもたらすような仕事をする。(13)遊ぶ、あるいはさまざまな種類のレクレーションに加わる。(14)正常な発達と健康につながるような学習をし、発見をし、好奇心を満足させる。また利用可能な保健施設を活用する。を挙げ、これを「十四の基本ニード」としている。そして、ヘンダーソンはそれら一つ一つにつき、どのような側面が看護師の援助を必要とするかを分析した。そもそも、本当に実際の看護活動で、看護理論が必要なのだろうか。技術と知識さえきちんと身についていれば、それなりの看護を患者に提供することができるのではないだろうか。確かに、看護は実際に経験してみて学べることの方がたくさんある。
 しかし、看護は身体や心に起こるできごと、人と人の間のできごとが複雑に関係しあって成り立っていると考える。その中で、何が起きているのかを言葉にして理解したことを積み重ねていくと、看護をこれから勉強していく人にとっては体験する前に頭で理解することができる。患者とのやりとりに困ったときには、どうしたらそれを打破していい方向に向かっていけるか考えることもでき、また、予め患者や患者との関係がどうなっていくのかを意識しながら意図的に関わっていくこともできる。だから、私は、看護理論が実際に看護活動をするときに必要であると考える。看護理論があるからこそ、患者によい看護が提供できるのだと思う。
「看護理論は、何故、看護活動に必要か」について論文を書きました。どなたか添削していただけないでしょうか?また、文字数を1500字程度にしたいので、つけたしたらいいことなども教えていただけるとありがたいです。看護理論はヘンダーソンのものを使用しました。起承転結にきれいにまとめたいと思っているので、そのコツなども教えていただけると嬉しいです。
急いでいます。よろしくお願いします。

私は、「看護理論が、何故、実際に看護活動をするときに必要か」と問われれば、必要であると答える。「何故、必要であると考えるのか」について証明するためにヴァージニア・ヘンダーソンの看護理論を用いて自分の考えを説明する。まず、「ヴァージニア・ヘンダーソンの看護理論とは何なのか」、「それがどのようなものであるか」を知るために、ヘンダーソンが書いた「看護の基本となるもの」を読むことにした。その本の中で、彼女は、日常生活活動として、14の項目、(1)正常に呼吸する。(2)適切に飲食する。(3)...続きを読む

Aベストアンサー

看護学部に勤務したことのある元教員で、専門は心理学です。

No.1の方のコメントはもちろん、もっともなことですが、それ以前に、ヘンダーソンの看護理論や、14の基本的ニードというのは、教科書レベルのことで、周知のことがらでしょう。
まったく新しい看護理論に言及するなら別ですが、ヘンダーソンの14の基本的ニードのような教科書レベルのことについて、そのすべての項目を書き連ねる必要はありません。

また、この文章では、そのヘンダーソンの基本的ニードについて長々と述べた部分と、そのあとの部分に内容的なつながりがありません(「そもそも」以降とのつながり)。

大学か、専門学校でのレポートなのでしょうが、レポートは、単なる「調べ学習」ではありません。
ここでは、看護理論が実際に看護実践活動をする際に必要な理由を問われているのですから、それに対するあなたなりの回答が求められているのです。
「看護理論が実際に看護実践活動をする際に必要な理由」、あるいは、これをもとにもう少し具体的な課題設定をして、それに対する回答を書くつもりでレポートをまとめる必要があります。

これだけでは、お分かりになりにくいでしょうから、少しヒントを差し上げます。
一般に理論というのは、現象を理解するための枠組み、物差しとして働いてくれるものです。
そして、シンプルな内容で、適用範囲が広い理論が良い理論であると考えて差し支えありません。

書くべき内容、アイデアを書き出して、整理し、図解やマインドマップの形でそれらの関係を整理したり、導いたりして整合性がとれ、論理的につながってから、文章にすることをお勧めします。
アイデアや、各内容を出す、それらの間の関係を整理するというところで十分時間を使い、しっかりとお考えになってください。

看護学部に勤務したことのある元教員で、専門は心理学です。

No.1の方のコメントはもちろん、もっともなことですが、それ以前に、ヘンダーソンの看護理論や、14の基本的ニードというのは、教科書レベルのことで、周知のことがらでしょう。
まったく新しい看護理論に言及するなら別ですが、ヘンダーソンの14の基本的ニードのような教科書レベルのことについて、そのすべての項目を書き連ねる必要はありません。

また、この文章では、そのヘンダーソンの基本的ニードについて長々と述べた部分と、そのあとの部分に...続きを読む

Q肘の内側は何?

腕の関節の外側のことは”肘(ひじ)”ですが、内側の名称は何なのでしょう?同様に膝の反対側は何て言うのか知っている人教えて下さ~い。

Aベストアンサー

もともと日本語に肘の裏、膝の裏を表す言葉は無いようです。
医学用語ではそれぞれ "popliteal fossa" "cubital fossa" の訳として肘窩(ちゅうか)・膝窩(しっか)が使われますが、おそらく造語であると思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

価格.com 格安SIM 料金比較