マンガでよめる痔のこと・薬のこと

音源の出す音の振動数f0,音速V,音源と観測者の距離l
(✳︎音源と観測者は一直線上にある。)
時刻0に音源を出た音が観測者に到達する時刻t1,時刻tに音源を出た音が観測者に到達する時刻t2とする。
・音源が観測者の方へ速さで近づき、観測者は静止している。
・音源は静止しており、観測者は速さuで音源から遠ざかる。
・音源はvで観測者方向に移動し、観測者はuで音源から遠ざかる方向に移動する。

条件のもと上記の3つの場合について
1.)t1=
2.)t2=
3,)f=
の流れから観測者の聞く振動数fの導出方法をご教授ください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

UT とは」に関するQ&A: ISレンズUTとは?

A 回答 (6件)

No.2&3です。

すみません、No.2の補足を読む前にNo.3を書いてしましました。

>違う導出方法として問題に「到達時刻の差」から導出するというものがありましたので質問させていただきました。

基本的な考え方は、No.3に書いた
(1)「静止した空気」にどんな波ができるか(これは音源の運動で決まる)
(2)それを観測者がどう受け取るか(これは観測者の運動で決まる)
でよいと思います。

「到達時刻の差」というのは、結局は「波長」から「振動数」を求めるときの「音速」を「距離/時間」で求めるときに、距離を基準にするか時間を基準にするか、ということだと思います。

「公式」を機械的にあてはめるのではなく、上記のような「空気の振動」に立ち返って考えれば、整理できるのではないかと思います。
    • good
    • 0

分類のし方や文字の使い方を変えるとすっきりなります。


まず速度は空気という媒質を基準として表します。
時間は発音時間tと受音時間t'を使います。(原文対応:t'=t₂-t₁)

音源側のはなし
空気と音源が静止していれば、音波の長さ=Vt
どちらも静止していないなら、音波の長さ=Ut
ここで、Uは、音源から見た音波の速さです。
(原文対応:場合2ではU=V-0,場合1,3ではU=V-u)

受音側のはなし
空気と受音者が静止していれば、音波の長さ=Vt'
どちらも静止していないときは、音波の長さ=U't'
ここで、U'は、受音者から見た音波の速さで、
(原文対応:場合1ではU'=V-0,場合2,3ではU'=V-u')

上の2つの段落は、音源と受音者が入れ替わっているだけです。
原理が同じものであることをが理解できます。
(原文対応の方は複雑に違います。このことが、頭脳に負担を与えます。)

さて、音波の長さは変わりませんから、Ut=U't'---(4)
となります。
比で表すと t/t'=U'/U---(5)
音源が発した波の数ftと受音者が受けた波の数f't'は等しく、
ft=f't'ですから、t/t'=f'/fとなります。
これを(5)に使えば
f'/f=U'/U---(6)
こうして、3つの場合のどれにもあてはまる式ができました。

各場合に対応してみましょう。
場合1:f'/f=U'/U=(V-0)/(V-u)
場合2:f'/f=U'/U=(V-u')/(V-0)
場合3:f'/f=U'/U=(V-u')/(V-u)

(6)式は正しく使えば、風が吹いていても成り立ちます。
その際、uとu'は空気に対する相対速度です。
(6)式自体も覚える必要はなく、
「ドップラーの振動数は相対速度に比例する」
とだけ覚えとけばいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答いただきありがとうございます。
比という考え方を取り入れ少しスッキリしました。

お礼日時:2016/10/05 12:27

No.4です。


言葉で言っているだけでは分かりづらいので、具体的にやってみましょう。

振動数だけを求めたいのであれば、t1、t2 は何も関係しないこととが分かります。


>時刻0に音源を出た音が観測者に到達する時刻t1,時刻tに音源を出た音が観測者に到達する時刻t2とする。

音源も観測者も静止していれば、音速は一定なので
  t1 - 0 = t2 - t    ①
の関係です。

(1)音源が観測者の方へ速さで近づき、観測者は静止している。

 観測者は「空気」に対して静止していますので、「発信した場所」と「受信した場所」だけで現象を記述できます。音源が「時刻tに音を出した」あとどのように動くかは、この場合問題にはなりません。

 音源の速度を v とすれば、時刻tまでに v*t だけ近づいているので、音速を c とすれば、
 (時刻 0 のときの音源と観測者の距離)=(時刻 t のときの音源と観測者の距離)+(時刻 t までに音源が進んだ距離)
ということですから

  (t1 - 0)*c = (t2 - t)*c + v*t

という関係式になります。(v=0 なら①に一致します)

 これより
  t1 = [ (t2 - t)*c + v*t ] / c
   = t2 - (1 - v/c)*t
  t2 = t1 + (1 - v/c)*t

 音源の発する振動数を f0 とすると、観測者の方向へは「1秒間に、 (c - v ) の距離に f0 個の波) 」が伝わるので、その波長は
  λ1 = (c - v) / f0
静止した空気(音速 c )の振動数 f1 としては
  f1 = c/λ1 = [ c/(c - v) ]*f0
となります。


(2)音源は静止しており、観測者は速さuで音源から遠ざかる。

 観測者が「空気」に対して移動していますので、「空気に対して音が発信された場所」に対して、「発信された時点にいた場所から受信するまでにどれだけ移動したか」を補正しないといけません。音源が「時刻tに音を出した」あと、観測者がどう動いたかを求める必要があります。

 音源は静止しているので、空気中の音については
  音速 c、振動数 f0、波長 λ2=c/f0
ということです。

 観測者の速度を u とすれば、音源が音を発したときにいたとこらから、時刻Δtの間に音源から u*Δt だけ遠ざかります。従って、

 (時刻 0 のときの音源と観測者の距離)+(時刻 0~ t1 の間に観測者が進んだ距離)=(時刻 0~ t の間に音が進んだ距離)
 (時刻 t のときの音源と観測者の距離)+(時刻 t~ t2 の間に観測者が進んだ距離)=(時刻 t~ t2 の間に音が進んだ距離)

ということですから(時刻 0 のときの音源と観測者の距離)を L1 とすると

  L1 + u*(t1 - 0) = c*(t1 - 0)
  → L1 + u*t1 = c*t1     ②
  (L1 + u*t) + u*(t2 - t) = c*(t2 - t)
  →L1 + u*t2 = c*(t2 - t)   ③

という関係式になります。(u=0 なら①に一致します)

 これより、未知数 L1 を消去するために ③ - ② とすると
  u(t2 - t1) = c*(t2 - t - t1)
整理して
  (c - u)*t1 = (c - u)*t2 - c*t
よって
  t1 = t2 - [ c/(c - u) ]*t
  t2 = t1 + [ c/(c - u) ]*t

 この場合には、空気中を音の波長=音源の発する波長は λ2=c/f0 であり、観測者の「音」に対する相対速度は (c - u) であるから、その振動数は
  f2 = (c - u ) / λ2
    = (c - u ) / (c/f0)
    = [ (c - u ) / c ]*f0
となります。


(3)音源はvで観測者方向に移動し、観測者はuで音源から遠ざかる方向に移動する。

 上記(1)(2)をミックスすればよいです。
 つまり

・空気中に、
  波長:λ1 = f0 / (c - v)
  振動数:f1 = c/λ1 = [ c/(c - v) ]*f0
で放出された音に対して、

・空気に対する相対速度 (c - u) の観測者が受信する。

ということです。

 従って、その振動数は、t1、t2 とは関係なく
  f3 = (c - u ) / λ1
    = (c - u ) / [ (c - v) / f0 ]
    = [ (c - u ) / (c - v) ]*f0
となります。

 t1、t2 はけっこう面倒ですが、考え方は(2)と同じで、

 (時刻 0 のときの音源と観測者の距離)+(時刻 0~ t1 の間に観測者が進んだ距離)=(時刻 0~ t の間に音が進んだ距離)
 (時刻 t のときの音源と観測者の距離)+(時刻 t~ t2 の間に観測者が進んだ距離)=(時刻 t~ t2 の間に音が進んだ距離)

このうち「時刻 t のときの音源と観測者の距離」が「v と u の両方に関係」することになります。つまり

  L1 + u*(t1 - 0) = c*(t1 - 0)
  → L1 + u*t1 = c*t1        ④
  (L1 - v*t + u*t) + u*(t2 - t) = c*(t2 - t)
  →L1 - v*t + u*t2 = c*(t2 - t)   ⑤

 これより、未知数 L1 を消去するために ⑤ - ④ とすると
  u(t2 - t1) - v*t = c*(t2 - t - t1)
整理して
  (c - u)*t1 = (c - u)*t2 - (c - v)*t
よって
  t1 = t2 - [ (c - v)/(c - u) ]*t
  t2 = t1 + [ (c - v)/(c - u) ]*t
    • good
    • 0

No.2です。

「考え方」でもう一言。

振動媒体の「空気」の上にできるのは、「波の山谷」で、これは「ある波長の波が並んでいる」ということです。
これが「空気中の音速」で進んでいく。

つまり、そこに存在する「実体」は、空気中にマッピングされた「波の形」=「波長」です。
これが、どのように音源から放出されたか、観測者がどのように受け取るかで、「1秒間の波の数」つまり「振動数」が決まります。

「静止した空気」にどんな波ができるか(これは音源の運動で決まる)、それを観測者がどう受け取るか(これは観測者の運動で決まる)、という2段階で考えましょう。
    • good
    • 0

ドップラー効果は、「空気」の振動である「音」について、それが「音源」「観測者」が振動媒体の「空気」に対してどう運動しているか、によって決まります。



「公式」という考えから出発すると本質が理解できなくなります。
下記のサイトが分かりやすいので、頭の整理にお使いください。
http://wakariyasui.sakura.ne.jp/p/wave/dopp/dopp …
http://wakariyasui.sakura.ne.jp/p/wave/dopp/dopp …
http://wakariyasui.sakura.ne.jp/p/wave/dopp/dopp …

考え方としては
(a)音源が運動するときには、「音速」は一定だが音源と基準点の「距離」が変わる、つまり波長が変わる。空気中には、この波長で決まる振動数の音が伝わります。
(b)観測者が運動するときには、「空気」に対して運動する、つまり音源からの「波長」は一定だが「観測者にとっての相対的な音速が変わる」。

これでやってみてください。
1)は(a)、2)は(b)、3)は両方、ということです。「プラスマイナス」の符号に注意して。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答いただきありがとうございます。
載せていただいたサイトは全て拝見済みでして...。
そのサイトは相対速度、観測者にはいる振動数を考えて導出していることは理解しているつもりでございます。
違う導出方法として問題に「到達時刻の差」から導出するというものがありましたので質問させていただきました。

お礼日時:2016/09/30 12:14

音源と観測者の距離L(lだと見づらいので大文字にします)



・音源が速さvで近づき、観測者は静止
1.)t1= L/V
2.)t2= t+(L-vt)/V
3,)
時間0からtまでの間に音源が出す波の数は f×t
その波が 時間t1からt2まで に届いている
周波数(1秒あたりの波の数) は [波の数]/[時間]
f=(ft)/(t2-t1)
=(ft)/(t+(L-vt)/V- L/V)
=(ftV)/(tV+(L-vt)- L)
=(ftV)/(tV-vt)
=(fV)/(V-v)

残りの,観測者が動く場合,音源と観測者両方動く場合 も同様に.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答いただきありがとうございます。
残りの
・観測者が動く
・音源と観測者が動く
の2つの場合が同様に考えていくと行き詰まってしまったので質問させていただいたのですがもう一度やってみます。

お礼日時:2016/09/30 12:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qlim[n→∞](1-1/n)^n=1/e について

こんにちは

lim[n→∞](1+1/n)^n=e
が成り立つことは簡単に示せるのですが、
lim[n→∞](1-1/n)^n=1/e
となることの証明はどのようにすればいいのでしょうか?
ご存知の方がいらっしゃいましたらご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

e=lim(1+t)^(1/t)   〔t→0〕
がeの定義なので、(t→+0でもt→-0でもOK)
-1/n=tとおきます。

n→∞のとき、t→-0なので、
(与式)=lim(1+t)^(-1/t)   〔t→-0〕

これを変形すると、
=lim{(1+t)^(1/t)}^-1   〔t→-0〕
=e^-1
=1/e

高校の範囲なら、この証明で大丈夫です。

Q蒸気圧ってなに?

高校化学IIの気体の分野で『蒸気圧』というのが出てきました。教科書を何度も読んだのですが漠然とした書き方でよく理解できませんでした。蒸気圧とはどんな圧力なのですか?具体的に教えてください。

Aベストアンサー

蒸気圧というのは、主として常温付近で一部が気体になるような物質について用いられる言葉です。

液体の物質の場合に、よく沸点という言葉を使います。
物質の蒸気圧が大気圧と同じになったときに沸騰が起こります。
つまり、沸点というのは飽和蒸気圧が大気圧と同じになる温度のことを言います。
しかし、沸点以下でも蒸気圧は0ではありません。たとえば、水が蒸発するのは、常温でも水にはある程度の大きさ(おおよそ、0.02気圧程度)の蒸気圧があるためにゆっくりと気化していくためであると説明できます。
また、油が蒸発しにくいのは油の蒸気圧が非常に低いためであると説明できます。

さきほど、常温での水の飽和蒸気圧が0.02気圧であると述べましたが、これはどういう意味かと言えば、大気圧の内の、2%が水蒸気によるものだということになります。
気体の分圧は気体中の分子の数に比例しますので、空気を構成する分子の内の2%が水の分子であることを意味します。残りの98%のうちの約5分の4が窒素で、約5分の1が酸素ということになります。

ただし、上で述べたのは湿度が100%の場合であり、仮に湿度が60%だとすれば、水の蒸気圧は0.2x0.6=0.012気圧ということになります。

蒸気圧というのは、主として常温付近で一部が気体になるような物質について用いられる言葉です。

液体の物質の場合に、よく沸点という言葉を使います。
物質の蒸気圧が大気圧と同じになったときに沸騰が起こります。
つまり、沸点というのは飽和蒸気圧が大気圧と同じになる温度のことを言います。
しかし、沸点以下でも蒸気圧は0ではありません。たとえば、水が蒸発するのは、常温でも水にはある程度の大きさ(おおよそ、0.02気圧程度)の蒸気圧があるためにゆっくりと気化していくためであると説明できま...続きを読む

Q音速は音源の移動に無関係に一定なのでしょうか。

音速は音源の移動に無関係に一定なのでしょうか。
例えば外宣車が猛スピードで通り過ぎたらその前後で調子が変りますが、これはドップラー効果というのですね。周波数は前後で変っても、音波の速度は変らないような気がします。
もうひとつの思考実験として、猛烈な高速気流を発生する風洞の中で音を発生したら、流れの前後で音速は変るのかという質問です。流れの先では速くなるような気もします。

同じ波の移動ということでは、光速は光源の移動に関わらず一定であるという法則に近似していると思うのですがこれは間違った思考方法でしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは、いや、既にお早うございますでしょうか?

>これはドップラー効果というのですね。周波数は前後で変っても、音波の速度は変らないような気がします。

音の発生源(音源)自体の速度が変わっても、音の速度は変わりません。

時速50キロで走行している宣伝カーのスピーカー音が「音速+車速」になるのであれば、宣伝カーが近付いて来るときと遠ざかって行く時の音に変化は無いはずです。

要するに、音速が音源の移動速度による影響を受けないからこそ、そこにドップラー効果という現象が発生するのです。(学問上、科学的にはそういう事になっていると思います)

>猛烈な高速気流を発生する風洞の中で音を発生したら、流れの前後で音速は変るのかという質問です。

これは興味深い疑問だと思います。

理論上強風の中でも音の伝わる速度は変わらないと思いますので、音の変化はないと言うのが教科書的な答えになるのではないかと思います。(ここでは仮に答えは、変わらないとしておきます)

それを裏付ける事例としては、もし音が気流や風速の影響を受けるとするならば、仮に音源から自分の居る場所までの間に左右、上下、斜めなど多方向に強弱バラバラな風が吹いていた場合、歌やメロディーは音程がバラバラになり、極端な場合は横方向とかに強風が吹くと自分の所に音が届かなくなって何も聞こえないと言う事が起きるはずですが、実際にはそういった現象を体験した事も有りませんし、体験したという話も聞いた事が有りませんから。

実際に空気の流れを音速より早くする事は不可能だと思われますが、仮に流速(風速)が音速を超えた場合にはどうなるのか、何処かの大学でバーチャルシミュレーションでも良いので一度実験してもらいたい興味深い課題だと思います。(個人的には何と無く変わりそうな気がしますが、風速が音速を超えた場合はどうなるのか興味深いという事です)

なぜ変わりそうな気がするかというと、超音速旅客機コンコルドに搭乗中に音速を超えて飛行している時でも「エンジン音は普通に聞こえる」という話を聞きますし、知り合いのパイロットから聞いた話では「戦闘機で音速を超えて飛行していても自機のエンジン音はずっと聞こえている」という話を聞いた事が有るからです。
(一緒に飛行している友軍機のエンジン音も聞こえると言っていました)

そうです、どうやら音速を超えて飛行していてもエンジン音が聞こえるようなので、私が思うには「音速を超える速度の音源が発する音は、音源となる物体の速度の影響を受けるのではないだろうか」という仮説が頭の中を過ぎります。
(当然ですが、パイロットや乗客が聞こえていると言っているのはエンジン音であって、ソニックムーブの衝撃音の事では有りません)

これは、先に記述した質問者様の疑問の「猛烈な気流」イコール、私の考える「音速を超える気流」の場合にも同じ事が起きるかも知れないと言うところに結びつきます。

>同じ波の移動ということでは、光速は光源の移動に関わらず一定であるという法則に近似していると思うのですがこれは間違った思考方法でしょうか?

他の回答者様のおっしゃるように音と光は別というご意見はもっともで、確かに音波と電波(光は目に見える特殊な電波(粒子))は別な物なのですが、それは相対的に見た場合と、光のもつ絶対的速度の関係を度外視して考えれば、このご質問に当てはめて考えた場合は「極似している」といえると思います。

音速の話に似ているのですが、人間は既に音速を超え事に成功しているので「音速を超えた時の状態」が有る程度分かっていますが、残念ながら光速を超える事は出来ていません、しかし可能で有ると仮定した場合「光速に近い速度又は光速で移動しながら進行する光を見たらどうなるのか」というのは大きな疑問であり、質問者様の音の疑問と共通する点が多いと思います。

>媒質から見た場合は、常に音速です、光は、誰から見ても常に光速ですが・・・

なのではなく、光も光速を超えて移動する事が可能な状態で観察した場合は音と音速の関係に近似していると思います。

ただ光が、誰から見ても常に光速なのは、我々が光速を超えることが出来ていないから、そう感じるだけなのではないかとも思えます。

ただし、実際には超音速での音波伝達や発生した音と音源の速度の相対実験は行なわれていないと思います、それに私自身も音速を超えたことは有りませんし、人類の誰もが実際に光速を越えた事は無いので、全て推測とか想像の世界でしか有りません。

結局、ぜんぜん答えになっていないかも知れませんが、何か質問者様の考えのヒントにでもなればと思いまして、投稿させていただきました。

長文失礼致しました。

こんばんは、いや、既にお早うございますでしょうか?

>これはドップラー効果というのですね。周波数は前後で変っても、音波の速度は変らないような気がします。

音の発生源(音源)自体の速度が変わっても、音の速度は変わりません。

時速50キロで走行している宣伝カーのスピーカー音が「音速+車速」になるのであれば、宣伝カーが近付いて来るときと遠ざかって行く時の音に変化は無いはずです。

要するに、音速が音源の移動速度による影響を受けないからこそ、そこにドップラー効果という現象が発生するので...続きを読む

Qドップラー効果について

ドップラー効果について分からないことがあります。

ウィキペディアによると、
「ドップラー効果(ドップラーこうか)とは、波(音波や電磁波など)の発生源(音源・光源など)と観測者との相対的な速度によって、波の周波数が異なって観測される現象のこと。発生源が近付く場合には波の振動が詰められて周波数が高くなり、逆に遠ざかる場合は振動が伸ばされて低くなる。」
とあり、相対的な「速度」によるもの、と説明されています。

で、よくあるドップラー効果の説明は、
「救急車が近づいてくるときはサイレンの音が高くなり、救急車が遠ざかっていくときは音が低くなる」
だと思います。

しかしこの場合、救急車の速度は一定であるはずです。時速60km/hなら、その同じ速度で通過する。
その音を聞いている観測者も立ち止まっているとして、両者の相対的な速度に変化はないはずです。
どうも私には変化しているのは両者の「距離」に思えて、ドップラー効果をすんなり理解することができません。
「ドップラー効果は相対的な速度による」は、どう理解したらいいのでしょうか?

また、ウィキペディアの、
「観測者も音源も同一直線上を動き、音源S(Source)から観測者O(Observer)に向かう向きを正とすると、観測者に聞こえる音波の振動数は、
 f’=f×((V-νo)/(V-νs))
となる。ここで、 f: 音源の出す音波の振動数、 V: 音速、 νo: 観測者の動く速度、 νs: 音源の動く速度」
これにも距離の要素が入っていなくて疑問です。
私には救急車との距離が近ければ近いほど高く聞こえるのですが。

ドップラー効果について分からないことがあります。

ウィキペディアによると、
「ドップラー効果(ドップラーこうか)とは、波(音波や電磁波など)の発生源(音源・光源など)と観測者との相対的な速度によって、波の周波数が異なって観測される現象のこと。発生源が近付く場合には波の振動が詰められて周波数が高くなり、逆に遠ざかる場合は振動が伸ばされて低くなる。」
とあり、相対的な「速度」によるもの、と説明されています。

で、よくあるドップラー効果の説明は、
「救急車が近づいてくるときはサイレ...続きを読む

Aベストアンサー

音源では動いていてもオリジナルの周波数を維持しています。音源は相対速度がゼロだからですが、聞く人との間にプラスの速度があれば、(近寄っていれば)音波は詰まって音源よりも高く聞こえ、マイナス(遠ざかりつつ)であれば音波が間延びして低く聞こえるということです。

>私には救急車との距離が近ければ近いほど高く聞こえるのですが。

音源と聞く人との距離そのものは関係ありません。おたがいが動いているときの相対速度が音源の周波数を決定します。聞く人へ近寄っているときは高く聞こえ、すれ違って遠ざかり始める瞬間から音は低くなります。



速度変化がなければありえません。高いとは、大きいということならうなずけます。


人気Q&Aランキング