セミって夜は鳴かないと思っていたんですが、昨日の夜たくさん鳴いていてびっくりしました。お祭りなんかで照明があって明るい所で鳴いているセミはたまにいますが、真っ暗なのに数匹が夜中の12時前にジージー鳴いていて、一定期間鳴くとみんな一斉に鳴きやんだんですがセミって夜中でも鳴くものなんですか?

A 回答 (3件)

暇&面白そうだったので調べてみました。


結論、光がなければセミは鳴かない。ということでした。仲間との連絡(?)等で少し鳴くことがあるそうですが。文章を見る限りでは、この連絡での鳴き声ではないかと予想されます。
参考URL先の「セミの家」というHPのよくある質問で詳しく書かれているので、そちらをご覧になってはいかがでしょう。

このHPの最後は「光も無いのに、にぎやかに鳴いているセミがいる。が、非常に稀な現象である」ということが書かれています。momoharuさんも、もしこの現象ならラッキーと思うべきではないでしょうか?

参考URL:http://search.yahoo.co.jp/bin/search?p=%A5%BB%A5 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっぱりセミは夜は鳴かないんですよね~?最初は目が見えないセミで光がわからないのかと思ったんですけど、あまりにたくさんいるので不思議でした。セミ同士の連絡っていうのもあるなんておもしろいですね。
稀な現象ということでしたら本当にラッキーだったんですね♪
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2004/08/02 21:53

中野重治の「真夜中の蝉」という詩があります。


真夜中にみんな寝てしまっているのに,
蝉が杉の木あたりでじいっというて鳴くのが
じつに馬鹿だ,というような内容です。
高校生くらいの時に読んで,
なんだこりゃ,と思い記憶に残っています。

だから蝉って夜にも鳴くんじゃないでしょうか。
うちの近所でも鳴いてます。
寝てるところを起こされたら,
「じつに馬鹿だ」と呟いて(笑)
また寝てしまいましょう。

 
    
    • good
    • 0
この回答へのお礼

へえ~ そのような詩があるんですね~
幸い寝ているときではなかったんですが、寝ているときにセミが鳴き始めたら迷惑ですよね~
でも私も「じつに馬鹿だ」とおおらかな気持ちでいようと思いました(笑)
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2004/08/02 21:56

うちの近所でも、夜中にたくさん鳴いてますね~!


街灯の近くは特に多いです。

明るさも関係ありますが、気温も関係あるんじゃないでしょうか?(専門家じゃないので定かではありませんが・・)
最近夜でも30度を越えてるところもありますよね。

「気温が高い・明るい」・・こういう条件ならセミは鳴く・・と私は思っているのですが・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

気温も関係あるんですかね?
夜中に鳴かれるとどうも夜らしくない感じで複雑な気分です・・・。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2004/08/02 21:54

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【童話・フランスの童話の話】日本の童話の「蟻とキリギリス」の話はフランスでは「キリギリスと蝉(セミ)

【童話・フランスの童話の話】日本の童話の「蟻とキリギリス」の話はフランスでは「キリギリスと蝉(セミ)」の話だそうです。

で、この話の大元はフランスの「キリギリスと蝉(セミ)」の話でそれがアメリカに伝わったときにアメリカで「キリギリスと蟻(アリ)」の話に置き換わって、

アメリカの「キリギリスと蟻(アリ)」の話が日本に伝わったときに「蟻とキリギリス」の話に変わったそうです。

フランスの「キリギリスと蝉(セミ)」の話ってどんな内容なんですか?


日本人は蟻とキリギリスの話で蟻が1年中せっせと働いて、キリギリスは1年中遊んで暮らしていて冬が訪れて寒くなって食料が無くて困っているところを蟻に助けられて「やっぱり真面目に毎日働くことが良い行き方だ」と教える童話になってますが、

フランスの場合はキリギリスと蝉(セミ)ですよね?

蝉(セミ)がせっせと働くイメージはないんですが、本国のフランスの「キリギリスと蝉」の童話の話はどうなっているんでしょう?

Aベストアンサー

ご参考。
http://okwave.jp/qa/q3295013.html

Q木酢液や、竹酢液はセミ除けにもなりますか?

夏の風情を感じさせてくれるセミの鳴き声ですが、
尋常じゃないぐらい出没して、コーポの階段にひくっりかえってごろごろいるので、気持ちが悪いのです。
隣の家が大きな庭を持ち、そこへよってきたもののあまりというか、ついで?というか・・・。泣き声も
エコーがかかって普通じゃありません。
家に竹酢液があるのですが、廊下にまいて階段の分だけでも避ける事はできませんか?
もたほかによい方法がありますか?
また、もともと虫嫌いなのですが、竹酢液を使ったら、寄ってきてしまう虫はいませんか?
すべての虫除けになるのでしょうか?

Aベストアンサー

効くでしょうね。
ただ、元気な蝉には効くと思いますが、力がなくなりつつある蝉には効かないように思います^^;
不時着?ってかんじで^^;

状況は私の環境に似てますね^^;
向かいの家の構造上音というものが異常に大きく聞こえるところに居ます。
携帯でヒソヒソ話してる声もはっきり聞こえますから^^;
寿命が尽きてきている蝉も階段などによく居ます。
今日、「あぁ、蝉の季節になってしまった」と思ったところです^^;;;

木酢液、竹酢液はあらゆる虫を寄せ付けないですから、逆に寄ってくる虫は居ないでしょう。
(益虫も寄ってこない)
動物にも使用する場合があります。(猫、犬避けなど)
(人によってはとても嫌う人もいるくらいです)

Qセミの鳴き声はなぜ種類によって違うのでしょうか?

セミは種類によって鳴き声・鳴く時間帯等が異なります。
http://www.echizenya.co.jp/mini/colum/cicada.html

どのように鳴く(音をたてる)のか、というと
「発音器は腹部にある発振膜と鳴筋と共鳴室からなる」
http://www.tokorozawa-stm.ed.jp/d_base/nakumusi2001/naku2/02.htm
ということです。

セミは見た目、そんなに体の構造は違わないような気がしますが、
なぜ種類によってここまで鳴き声が異なるのか、非常に気になります!
特に、アブラゼミに比べてヒグラシとかツクツクボウシは
全く異なる音のように感じます。

ちなみに鳴く虫として代表的なスズムシはコオロギ科で、
(セミはカメムシ科)羽の振動により音を出すものなので
セミとは基本的に違うと思いました。

なにかご存知の方、いらっしゃいましたら是非教えて下さい!
虫に詳しい方、ご意見お聞かせ下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

確実に同種のメスを呼ぶためです。ツクツクボウシ属やクマゼミ属のセミは近縁種でも驚くほど鳴き声が違っていますが、たとえばエゾゼミ属のセミは近縁種どうし互いによく似た鳴き声です。しかし人間の耳には似たように聞こえても(慣れれば違いがわかるにしても)、セミにははっきりと違いがわかるのです。いずれにせよ結局「楽器」が似ていてもプログラムされている歌が異り、メスを確実に呼び寄せるようになっているのです。

ちなみに、メスは鳴きません(発音器がありません)。また、周期ゼミで見られるようにメスが翅を開けたり閉じたりして音を出す行動は国内の種では全く確認されません。

Qお店で店員さんにジーっと見られるのが苦手です。

デパートの小さいコーナー(ハンカチコーナーとか臨時コーナー)などで、
店員さんと一対一になったときなど、横からずっと見られ続けたりするのが
とても苦手なのですが、そういうときに離れてもらうことは可能なのでしょうか。
可能な場合は何と言ったらいいのでしょうか。

店員さんがある程度の広さ(売り場)を受け持っている場合やお客さんが多い場合なら
「一人で見たいので」等言えるかもしれませんが、
そのコーナーに張り付いているように言われているのだろうな、とか
万引き防止や商品を丁寧に扱うように見ているのだろうな、とか思うと言い難いし、
そもそもそんな要求自体が非常識なのかなと思ってしまいます。

過去の似たような質問も見ましたが、上記のような例での対応を教えていただけたら助かります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

元店員です。

販売員がウザい、という話は一般論として時折耳にしますね。。

現役時代、1度も接客クレームを受けた事のない販売員として、ちょっと思う事を書いてみますね。

接客の基本は、
お客様に自室か、
もしくは仲良しの友達や家族の部屋にいる気持ちで
くつろいでもらう事、
と後輩に教えてきました。

お客様を放置するのではなく、お客様の希望される距離感で接するのが
接客ですよ、という事です。

つまり、構われたくない方については、積極的な干渉は避ける、でもお客様がなにか聞きたいと感じた時すぐ対応できるように、
視界外でさりげなく控える、という事でしょうかね…。

その辺りは、100名のお客様がいたら100通りの希望や主張があるわけで、

残念ながら、一声もかけない段階から判断する事は不可能なんです。

接客クレームも、「ウザい」というものから
「かまってくれない」というものまであるくらい、
お客様の販売員への要望は多岐にわたるので…。


ですが相談者さん、回答者さんのケースは、
やはり心ない販売員だったのでは、と思います。

人の気持ちがわからない人間、
自分の事しか考えない人間は
接客の世界にもいるので、
非常に残念ですが、お客様を不快にさせる販売員もいます。

でも接客を志し、スキルを磨いていく多くの販売員は、
人として自分がされて嫌な事をしないように思います。

相談者さんが、
相談者さんにとって最高に居心地のいい販売員と出会えるといいなぁと、

販売員の一人(元ですが)として願ってやみません。。

元店員です。

販売員がウザい、という話は一般論として時折耳にしますね。。

現役時代、1度も接客クレームを受けた事のない販売員として、ちょっと思う事を書いてみますね。

接客の基本は、
お客様に自室か、
もしくは仲良しの友達や家族の部屋にいる気持ちで
くつろいでもらう事、
と後輩に教えてきました。

お客様を放置するのではなく、お客様の希望される距離感で接するのが
接客ですよ、という事です。

つまり、構われたくない方については、積極的な干渉は避ける、でもお客様がなに...続きを読む

Qセミの羽と種類

こんにちは。この羽のセミの名前を教えてほしいです。
羽の筋?は鋼のようで模様もかっこよかったのですが、今日捕まえたセミは筋がない薄っぺらな羽(おそらくアブラゼミ)で、調べても薄い羽か透明な羽しか出てきませんでした。

Aベストアンサー

質問を読んで、一瞬「???」となったんですが、質問は
「写真のセミの翅脈(羽の筋)が太くて頑丈だ。
今日捕まえた他のアブラゼミは薄くて筋がなかった。
だからこの写真はアブラゼミではないと思うが、アブラゼミ以外は翅自体が透明なものしか図鑑に載っていなかった。
この写真のセミはなんだろう?」
ということであっていますか?

あっているとしたら、この写真のセミはアブラゼミで間違いありません。
翅脈も写真で見る限り、通常のものと変わりません。

むしろ、今日捕られたアブラゼミに筋がなかったということですが、この筋がないと、翅を支えられませんし、羽化の時にこの筋に水分を通して翅を伸ばすので、羽化ができなくなります。
今日捕まえたアブラゼミであったならば、筋は必ずあったはずです。
翅の太さや厚さも個体差で少しぐらいの違いはあるかもしれませんが、ほとんどわからない程度のはずです。
ですから、今日捕まえた「アブラゼミ」が本当にアブラゼミなのかどうかというのが、まず疑うべき点なのではないでしょうか。

絶対にアブラゼミであるというのであれば、もしかしたら羽化からそう時間がたっていないものなのかもしれません。羽化直後は翅は真っ白ですが、だんだん茶色く硬化していきます。
その過程のものであれば、柔らかさから「ペラペラ」と感じることもあるのではないかと思います。

質問を読んで、一瞬「???」となったんですが、質問は
「写真のセミの翅脈(羽の筋)が太くて頑丈だ。
今日捕まえた他のアブラゼミは薄くて筋がなかった。
だからこの写真はアブラゼミではないと思うが、アブラゼミ以外は翅自体が透明なものしか図鑑に載っていなかった。
この写真のセミはなんだろう?」
ということであっていますか?

あっているとしたら、この写真のセミはアブラゼミで間違いありません。
翅脈も写真で見る限り、通常のものと変わりません。

むしろ、今日捕られたアブラゼミに筋がなかったと...続きを読む

Q家財道具の一斉処分について

家財道具の処分にあたって
どういうところに頼めばいいのか、
相場はどの程度なのか、
全くわかりません。
以前テレビ番組で(それは遺品整理でしたが)みたのは
50万円ぐらいかかっていたように思います。
いろいろ全くわからなくて困っています。
ご経験がある方や、その方面の知識をお持ちの方、
何でもいいので教えていただければ本当に助かります。

※処分品としては、
テレビ、冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ、食器棚、整理棚、チェスト、TVローボード、オーディオボード、婚礼ダンスセット、ダイニングテーブル、照明器具、その他細かいもの。
二人家族が2DKのマンションで生活していた物ほぼ全部といった感じです。

Aベストアンサー

こちら住まいは大阪ですが、家財道具の処理は通常引っ越しの時に業者に頼めば費用は発生しますが処分してくれます。
引っ越しはせずに処分だけする場合は、引っ越し業者に見積もりを依頼すれば良いと思います。
私は約3年前に今の家に引っ越す時、引っ越し業者に不用品の処分を見積もって貰った事が有ります。
確かに産業廃棄物の場合は処分費が少し高めでしたが、2屯トラック約一台分でも10万は掛かりませんでした。
しかし、処分業者に頼んだところ引っ越し業者の約半分の費用で済みました。
業者に聞くと、リサイクル出来るものはそちらに回すらしいです。

私が頼んだ処分業者は知り合いの紹介でしたが、良い業者ならボッタクリは有りません。
只、見積もりだけはしっかり取っておくのがコツです。
当時の作業員にはチップを弾みましたが。
家財の処分で50万は要らないでしょう。

Qセミは種類によって鳴く気温が異なるそうですが、それぞれ何度位で鳴くのでしょうか?コオロギの鳴数についても調べています。

気温(気候ではなく)によって変化する動物の行動を調べています。

温度計ではなく、身の回りのもので気温を予測できる方法を調べているのですが、
セミは、種類によって、よく鳴く温度が異なると聞きました。
昔は明るさ、時間によってだと考えられていたそうですが、
最近の温暖化等で気温が高いときに、山間部などの暗い場所でも
アブラゼミなどが鳴くことから、気温も大きく関連すると考えられる様です。
調べてみたところ、特にヒグラシなどで気温との関連が出てきたのですが、数値にばらつきがあり、迷っております。

また、検索中に何種類かのセミの鳴く温度帯を表にしたページがあったのですが、
もう一度探したところ全然見つからず困っています。

セミの無く気温(一種のみのものでも構いません)をご存知の方がおられれば教えてください。
できれば、その理由や情報源なども記載して頂けると助かります。
参考文献などの情報だけでも大丈夫です。

そのほか、昆虫の行動で気温が予測できるものがあれば
教えて頂けると大変嬉しいです(ある程度で大丈夫です)。
どうぞよろしくお願いいたしますm(>_<)m

気温(気候ではなく)によって変化する動物の行動を調べています。

温度計ではなく、身の回りのもので気温を予測できる方法を調べているのですが、
セミは、種類によって、よく鳴く温度が異なると聞きました。
昔は明るさ、時間によってだと考えられていたそうですが、
最近の温暖化等で気温が高いときに、山間部などの暗い場所でも
アブラゼミなどが鳴くことから、気温も大きく関連すると考えられる様です。
調べてみたところ、特にヒグラシなどで気温との関連が出てきたのですが、数値にばらつきがあり、...続きを読む

Aベストアンサー

調べておられるようなのでご自分で観察された方がより科学的かと思います

Q石鹸シャンプーでびっくり!

以前にこちらで質問をさせて頂き、石鹸シャンプーを愛用し始めました
頭皮の痒みもなくなって、ただ髪のごわごわは予想していたけれども大変で、
以前は途中で断念しました
ところが!つい先日急に髪がさらさらになったのです
普通のシャンプーを使用していたときよりもさらさら
石鹸シャンプーのあのゴワゴワわ一体どこへ?という位。。
でもなぜ急に!?と疑問です
もしかして家族がシャンプーを誤って流してしまい普通のに入れ替えた?
と疑うくらい急にです。
でも洗う時は相変わらずキシキシするしそんな事はないと思うのですが、
石鹸シャンプーを愛用された方は、こんな急な変化を感じているんでしょうか?
すごくびっくりしています!

Aベストアンサー

私も石鹸派です。

予想です。
シャンプーってツルツル感出すために成分が髪に残るように出来ているんですよね。
石鹸でそれが中途半端に落ちるとゴワゴワ感、完全に落ちると髪本来のサラサラに戻るのではないかと。

何かを持つ時の手の湿り気に例えると、
水で濡れた手ならツルリと滑る(シャンプーのツルツル感)、
微妙に湿り気がある手なら摩擦力がしっかりあって持ちやすい(切り替え時のゴワゴワ感)、
水分が全くない状態の手ならスルスル滑る。(石鹸のサラサラ感)
このパターンに似ているような気が。

とにかく、シャンプーと石鹸の使用後の感じは全く違うことは感じます。(たまに、ホテルでは石鹸置いていない所もあるので)

Qセミ(蝉)の地中生態を発見したのは誰?

『セミは地中で数年過ごし、地上へ出て10日足らずで一生を終える』とは、50年以上昔の小学校で教わった。いまの小学校でも多分、同じ事を教えているでしょう。
ところが、その事実を発見したのは誰なのか聞いたことがない。無名の人なのか、著名人か。いずれにしても相当苦労して突き止めたことでしょう。その「地上の星」は誰でしょうか。

Aベストアンサー

セミは地域や種類によって幼虫期間が違うので、
調べるには各国ごと、各種ごとの研究が必要です。

ファーブル昆虫記に、
「幼虫の大きさを調べたところ、セミは少なくとも4年間は地下にいる」という記述があります。
だからこの時点では詳しくはわかっていなかったようです。
ファーブル以降の研究者の努力によってわかったのでしょう。

土の中から幼虫が出てくるということは、
アリストテレスの『動物誌』にそういう記述があるようです。(私は読んでませんが)

Qセミの幼虫が行方不明になりました

さっき地面の穴を覗いたら、そこからセミの幼虫が覗いていたので、
子どもたちを喜ばせようと思って捕獲してきました。
ミンミンゼミか、アブラゼミだと思います。
家に帰ってカーテンに止まらせると、しばらく登ってからじっとしていたので、「ここで脱皮するんだな」と思い、そのまましばらく離れていました。
30分ほどして幼虫の方を見ると、いないんです。カーテンの隅から隅まで探したのですが、影も形もありません。
「落ちたのかな?」と思い、思いつく所は全て探しましたが全く見つかりません。
私は足のある虫は平気な方ですが、家のどこかで気付かないうちに潰れてしまったら・・・と思うとどうにも落ち着きません。かなり恐怖です。
窓を見ると、10cmほど網戸が開いていました。でも、カーテンから5センチ近く離れた窓の外へ逃げてしまうことがあるのでしょうか?
家の中にいるとしたら、今後どうすれば見つかるでしょうか?
セミの幼虫に詳しい方、特性などご存知の方がいらっしゃいましたらアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

くまなく探すしかないと思います。
カーテンにつながっている箇所でセミのつかまれる部分を重点的に探されたら、ある程度絞れるかもしれません。

もしかしたら落ちて(落ちたくらいでは死にません)、部屋の別の場所に向かって歩いているかもしれません。セミは人の瞬間的な動きにビビッてよく落ちます。

つぶれない限り、今日夕方までに見つかると幼虫の形での救出が充分可能だと思います。

セミは、羽化(脱皮ではないです)をする場所は定まるまで時間がかかりますから、カーテンなどで羽化を観察される際は、目を離してしまうといなくなることはよくあります。14時台のような夕方よりずいぶん前に羽化の場所が確定することはまれです。

穴に入っているセミは、まだ羽化の準備段階前半です。
できるかぎり、観察には穴から既に脱しているセミを用いてあげてください。

セミが分速1mで歩くと仮定すると、30分で30m歩くことになります。
鋭い爪を用いて網戸を伝い壁などを通じて遠くに行った可能性もあります。
家の中で見つかるとしたら、めでたく成虫の形で再会となるかもしれません。羽化失敗か羽化中に出くわす可能性もあります。羽化は必ずしも成功はしないので…

見つかるといいですね!

くまなく探すしかないと思います。
カーテンにつながっている箇所でセミのつかまれる部分を重点的に探されたら、ある程度絞れるかもしれません。

もしかしたら落ちて(落ちたくらいでは死にません)、部屋の別の場所に向かって歩いているかもしれません。セミは人の瞬間的な動きにビビッてよく落ちます。

つぶれない限り、今日夕方までに見つかると幼虫の形での救出が充分可能だと思います。

セミは、羽化(脱皮ではないです)をする場所は定まるまで時間がかかりますから、カーテンなどで羽化を観察される...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報