出産前後の痔にはご注意!

インテリアの勉強をしようと考えています。
特に、床や壁などの内装を見たいと考えています。
2ヶ月ほどヨーロッパ(スェーデン、イタリアは確定)に1人旅するので、遊び半分、勉強半分というような感じでいろいろなインテリアを見たいです。
ヨーロッパ住宅の内装を見れるような場所や方法はありませんでしょうか?

インターネットで調べたところ、インテリア留学が多いようですが、ヨーロッパ住宅の内装の雰囲気が見たいだけなので、留学はちょっと...

いまのところ考えているのは
・本屋でインテリアの雑誌集め
・インテリアを勉強する学部がある大学を見に行く
・インテリアの展覧会などがあれば行く
という感じです。

上記を含む内容や、それ以外でおすすめの場所(お店、国、美術館、なんでも)や方法があればぜひ参考にさせていただきたいです。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

決定はIKEAがそもそも本社を置いていたスウェーデン(今は大人の事情でオランダですが)の


ストックホルムとイタリアはミラノあたりですか?それ以外だと、
その手で著名な街としてパッと挙がるパリ、コペンハーゲンあたりがお勧めです。

チェーンのホテルではなく、ご予算が許せば大都市中心部の部屋数が数十室の小さなホテルだと
元金持ちの屋敷を改造したものが多いので、泊まってみると楽しいと思います。
建物は昔風なのに、内装はかなり今風なんて所結構あるので、
ホテルのホームページを検索して探してみてください。

それを2か月するととんでもない予算になるので(予算潤沢なら是非どうぞ)、
1週間貸しのアパートなどを借りて、家具や巡りをするといいと思います。

パリしか詳細な回答付けられませんが、大型店だと
BHV
http://www.bhv.fr/magasins/bhv-paris/
Galeries LafayetteのMaison館
http://haussmann.galerieslafayette.com/category/ …
このあたりがお勧めです。日本でいう東急ハンズやLOFTみたいなかんじです。

パリで美術館だと、遺族が物納した建物をそっくり使っている美術館が結構あります。
マルモッタン美術館
http://www.marmottan.fr/
ピカソ美術館
http://www.museepicassoparis.fr/
ロダン美術館
http://www.musee-rodin.fr/
このあたりがお勧めです。マルモッタンは地下を大改装しているので
地下はいわゆる古典的な雰囲気ではないです。
ピカソ美術館も改装してそのままではないですが、かなり手入れされていて
ピカソに興味なくても建物自体で楽しめる気がします。
ロダン美術館は古き良きおフランスの建物がそのまま残っています。

展覧会に関しては、各都市観光局のサイトあたりで検索してみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても詳しい回答ありがとうございます。
イタリアはミラノやボローニャに行ってからローマに行こうと考えています。

ヨーロッパはどこの国も、昔の建物を改装して新しくする風潮が強いようで、回答者様がおっしゃったように、ホテル内だけでも十分インテリア見学を楽しめそうです。

貴重な意見、ありがとうございました。
ぜひ参考にさせていただきます。

お礼日時:2016/11/01 23:17

フランスのベルサイユ宮殿がおすすめです!

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
ベルサイユ宮殿は確かに、古風な建築様式を見たり、単に観光としても十分楽しめそうですね!
参考にさせていただきます。

お礼日時:2016/11/01 23:19

インテリアは生活そのものです。


せっかくの旅行ですし、本や展示会ではなく、実生活を覗いてみてはいかがでしょうか。
民泊でその土地の住居にお邪魔するのが一番です。
(ホテルはまた普通の住居と作りが違いますし)
Airb&bなどでいろいろ見て、気になるところにぜひ泊まってみてはどうでしょうか?

インテリア本はあくまで見本なので実際とは異なります。伝統建築やその内装を残している住居もまれです。わたしはドイツ在住ですが、周りの普通の人たちはIKEAで台所を買って設置し、壁は自分たちで塗ってます。 それでもどこの家もなんだかオシャレで面白いです。家族の写真だったり季節ごとのデコレーションもインテリアの一部なんですよね。

個人的にはフィンランドの生活様式がお気に入りです。デパートで売ってあるカトラリーセットは4人分で300ユーロ。高くても質の良い物を買い、引越しなどで処分するときには小物でもリサイクル店に売りに行く。衝撃でした。
高くても気に入ったものを使い続ける。心地よいデザインを追求する。
フィンランドの家は本当に居心地が良いです。
建築家アアルトの自邸は見学できるようになっていますし、機会があればぜひ行ってみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答者様はドイツ在住ということで、とても貴重なご意見ありがとうございます。
Airb&bはぜひ参考にさせていただきます。
実際に人が生活する家を見ることで、いい勉強になると思います。

お礼日時:2016/11/01 23:23

イタリアならミラノで開催される、家具やインテリアの見本市、ミラノサローネは行くべきでしょうし、フランスならパリでのメゾン・エ・オブジェが有名です。


日本語のサイトもあり、入場券も買える所も在るようです。
本は素晴らしいものがありますが、持って帰るには重すぎるし、送料がバカになりませんので、タイトルだけ覚えておき、日本からAMAZONで買うのが宜しいです。
インテリアは大きく括れば流行はありますが、その国々での流行もありますので、月刊誌のインテリア本はとても参考になりますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

イタリアの見本市、調べました。
もともとマーケットがとても好きなので、勉強以外でも楽しめそうです!
また、インテリア本についての情報もありがとうございました。
参考にさせていただきます。
貴重なご意見ありがとうございました。

お礼日時:2016/11/01 23:26

スウェーデン イノベーター社 オススメです。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
ぜひ参考にさせていただきます!

お礼日時:2016/11/02 16:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング