ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

私たちの会社は親族3人が役員のファミリー会社です。
(従業員が20数名の株式会社です。)

私たち従業員が会社に対して疑問に思う事がいくつかあるので、教えて頂きたいのです。

(1)社用車として認められるのは何台まで?
(2)どんなに高価な車でも社用車として登録できる?
(3)陸運局で車番ではなく会社名から所有車の照会は可能?

<備考>
現在役員が会社に乗ってきている高級外車(ベンツ)2台と国産車1台は全て会社名義という事はわかっているのですが
その他に社員が出張に使用する国産車2台と1トントラック
1台も調べてはないですが、会社名義と思われます。

その他に役員がプライベートで会社には乗ってきませんが
フェラーリとポルシェを持っています。

それから会社に乗ってきているベンツも営業に使われることは一切ありませんが、社用という意味でそれはあまり重要ではないんでしょうかね?

なにせ、通勤に5~10分の為に何千万もする車は本当に必要
なのか?と少々呆れながら感じております。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

#4です。


失礼ですが、あなたは不必要な社用車がたくさんあることが不満なのではなく、今の会社の経営者が単に嫌いなだけではないですか?
経営者を嫌ってしまっては、きっとその経営者が何をしても目について文句をいいたくなります。

>社用車でしかも毎日ガレージに止まって営業に一切使われない車なら社長や役員以外の従業員が使用してもいいはずですよね。

ちょっと?です。あなたは新入社員かもしくはそれに近いくらい社会経験が少ないですか?というのはいまどき公務員だって「市長専用車」や「官僚専用車」というのがあります。公務員で「国の税金で買っているのだから使っていないときは、俺たちにも使わせろ」って一般公務員はいわないでしょう?会社の物であればどの従業員にも使う権利があると思うのはちょっとおかしくないですか?では社長室も社長がいなければ誰でも使っていいことになる。そうではないと思いますが。

>今回の件は退職せずに共存共栄していく為の質問で、会社の財布と自分の財布は同じなの?

大会社であれば役員会や株主総会などがきちんとしているのでそうもいかないでしょうが、小さな会社の場合はそういうことも多いようです。ただしあくまでの建前上は「経費」扱いですけどね。これを経費として認められ以上、横領にはなりません。というか会社ってどこでもそんなもんではないの?社長だからいいんじゃないの?って思わないとやっていけないんじゃないですか?社長だから特権がないと誰も社長になりたがらないんでは?社長にしてみれば会社を大きくしたのは俺だみたいな思いもあるだろうし、「法律に触れない程度で、かつ倒産しない程度で会社の金はある程度自由に使わせてもらう!」みたいな思いもあるでしょう。
私はこの気持ちとてもわかりますよ。でもあなたの言ってることもわかるような気がしますが、でもそれはひがみとか社長への憎しみのような気がします。「役員の経費での贅沢は許されない」というのなら、その会社の役員って何が魅力なんでしょうか?一生懸命働いて、その見返りをたくさんもらうって、ある意味当然では?
    • good
    • 8
この回答へのお礼

貴重なご意見有難うございます。
私の社会経験を尋ねられて、ハット気付いた事があります
【そこそこ大きな会社に3年勤めた後に10人くらいの小さな会社に10年程勤め、現在の会社に勤めて3年になります。】

確かに前に勤めていた小さな会社では、社長や奥さんも社用車に乗っておられましたし、色々と経費で落とされていたように思います。それに対して特に不公平だと感じた事はありませんでした。

では何故今回はそのような気持ちになれないかと考えました。結局は♯4さんがいうように経営者が嫌いなのです。

というより、経営者の考え方が気に入らないのです。
前の会社では社長が自ら動き、正に社員の見本でした「あ~やっぱり社長にはかなわないな!」と思えるような人でした

今の会社に入社する時に社長と話してみて「社員の事を考えてくれる立派な考えを持った人だ」と思い、入社しましたが

健康問題とか未払い賃金やその他にも社長に対しての不信感がつのり、労働組合を結成しました。

もちろん共存共栄の為に結成したのですが、心を閉ざし、前より閉鎖的です。
経営方針すらださないで、経費節減だけを唱えています。私たちが経費を節減した結果利益がどのようになったのかもわからないですし、月例会議にも参加しなくなりました

過去最高の利益を出しながら決算賞与もでませんでした。
経費を節減し原子があれば払うとのことですが、私たちにこれ以上の経費の節減を迫る本人たちはどうなのか?と
思い質問しました。(言いたくはなかったんですが愚痴になってしまいましたね。)

私も最近になって骨を埋める会社では無いなと感じております。
♯4さんの言うことを聞きながら、いっその事自分が社長として事業を始めたいなとも思えました。

何れにしても、愚痴をこぼさずに前向きに考えていきたいと思いました。ご意見どうも有難うございました。

お礼日時:2004/08/05 12:10

ベンツでもジャガーでも会社名義で登録出来ますし、台数に制限はありません。


但し、税務上は少々考え方が異なります。
名義が会社であるかどうかは問わず、「使用の実態」がどうなっているのか、これを非常に重要視するのです。
社用で使用せず、専ら役員のプライベート利用であれば、これはその人たちに対する利益供与(所得税の課税対象)となります。

陸運局での照会について。
懇意にしている人(元警察関係)との雑談の中で聞いたことですが、正当な理由がなければ教えてもらえないそうです。
単なる興味本位であれば、変な疑いをかけられてもいけないので止めた方がいいですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

使用の実態が問題なのですね。
なるほど。。。しかし会社に乗ってきていない車についての実態は、よくわかりませんです。
台数にも制限がないということですから、もしかしたら社用車になっているのかもしれませんね~。

陸運局の話は恐ろしくリアルですね~(警察関係だから…)
これは…ちょっと止めておいたほうがよさそうですネ。
とても参考になりました。どうもありがとうございます。

お礼日時:2004/08/06 15:22

結論からいうと台数の制限もないし、価格の制限もありません。

したがってどんな車に乗っていようとかまいません。税務署が判断するのはどんな車に乗っているのかではなくて、適正に処理されているかです。もしも税務署が不審に思ったとしても、#3の方が答えられているように、何とでも理由はつけられます。

「本当に必要なのか?」というのはおそらく「必要はないけれど、欲しい」のだと思います。親族で役員をやっているということですから、基本的にはその人たちは経営者ですから「どんな車を何台持っていようが、あなたの知ったことではない」という結論に至ります。もし破綻したとしてもその責任も当然当事者が負うわけですし、あなたに責任がまわってくるわけでもありません。「自分のリスクの範囲の中で、好きなことができる」これが資本主義の原則なのです。皆が平等ではなく貧富の差があるのです。ただその会社が破綻すればあなたにも迷惑がかかるでしょうから、あなたのすべきことは「破綻しないような会社を見極めること」であり、「危険だと思う会社には勤めない」ことです。「経営者が高級車に乗っているので不満」はあなたの範疇ではありません。

私には「自分は30000円のスーツを着ているのに、社長は300万円のスーツを経費で買っているのでずるいな」というのと同じに聞こえますが、「社長なんだからいいんじゃない?」と思ってしまいます。
その経営者達は「会社を作って、高級車にのるぞ!」という夢によって会社を始め、それを実現させたのかもしれません。でもそれっていけないことですか?そういう夢がなければ、今の会社だって成功していなかったかもしれませんよ?

この回答への補足

破綻しないような会社を見極める必要があるというのは全くその通りだと思います。

私たちも家族を守るという意味では一家の社長でしょう。危険を感じてはいても、共存共栄が図れないか最大限の努力をした後の判断が退職だと思っています。

社用車でしかも毎日ガレージに止まって営業に一切使われない車なら社長や役員以外の従業員が使用してもいいはずですよね。(かなり安全性は高まるし。)でも実際には従業員は誰も乗れない...
従業員の誰もが乗れない社用車なんて意味ないと思うのです。同じ税金対策をするなら社員の為や会社にとって+になるような使い道を考えて欲しいと思うのです。(家と会社の往復だけでは何の効果もありません。)

「貧富の差」とか「資本主義の原則」も確かに理解出来なくはないのですが…今回の件は退職せずに共存共栄していく為の質問で、会社の財布と自分の財布は同じなの?という意味もありました事を補足させて頂きます。
夢を持って会社を大きくしていく事はいい事ですが、会社は決して私物ではなく従業員たちの物でもあるのではないでしょうか?
ですから私たちは社長がどんなに高いスーツを着ていようが高級車に乗っていようが、自分の財布から買うのであれば何の問題もありませんし、ひがみもしません。

補足日時:2004/08/04 16:43
    • good
    • 1

税法上、会社が所有できる車の台数に制限はありません。

  また、車格に関しても、ベンツであろうとフェラーリであろうと関係ありません。  当然、購入代金、車検代金、駐車場費、点検整備・修理代金も全てOKです。  台数については、極端な場合は分りませんが、通常は従業員の人数分程度でしたら、問題なさそうです。

それは営業上不可欠かどうかは、税務署員ではなく、会社側の判断に委ねられているからです。

おそらく、その会社は、すでに自動車関係税で数百万円単位の税金を国庫に納入しているはずですから、厳しくは言わないようにしているのかな、と感じています。

但し、その先が問題です。

会社側は、運行に要した高速料金やガソリン代に関して、営業に使用した事を立証しなければいけません。  何の関係もない観光地に遊びに行った時の領収書をいくら集めても、経費で落とすとガーンとやられます。

ただ、それでも 「その近辺の有望な顧客ルートを開拓するため訪問した」 と突っ張れば、税務署員が頭から否定する事は難しいかも知れません。

参考までに、たとえば接待ゴルフに客を乗せて行った時の高速料金やガソリン代は、交通費ではなく、接待交際費扱いになります。  課税対象ですね。 今は一割が損金不算入扱い (昨年度までは二割) ですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

税法上は問題ないのですね。
会社の役員ともなれば、何でもあり!
のような話ですネ。

社用車の高級外車を乗り回して
接待交際費で飲み歩いて
でも、営業成果が全くないというのは
どういう事なのか疑問が残ります。
何れにしても、会社側の判断が大事という事が
よくわかりました。

間違った判断がなされぬ様監視いたします。
参考になる回答どうもありがとうございました。

お礼日時:2004/08/04 15:51

正確なところはわかりませんが、会社として必要で、経営に破綻をきたさない範囲であれば、何台でも、どのようなグレードでも購入することは可能だと思います。


ただし、あくまでも社用車というのは、業務用であり業務外で使うことは、その対価を支払うか、あるいは その分を現物支給された収入として扱わない限り許されません。

もし、プライベートで社用車を使用しているなら、税務署へチクリましょう。

参考URL:http://www.sohovillage.com/forum/1010732695
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いつ破綻をきたすかわからない場合は…
困りましたね。後はモラルの問題でしょうか?

常識or非常識かというと、間違いなく後者です。
フェラーリやポルシェが社用車なら間違いなく
業務外での使用という事ですネ。

調べてみます。(ありがとうございます>

お礼日時:2004/08/04 15:44

社会的な常識の範囲でなら認めてもいいのでは?と思いますが、おそらく税金対策で社用にしているのだと思います。


景気が悪く、社員の給料の支払いが滞ってるのに、社用車でベンツだったら、その会社は破綻するでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

その通りですネ。法律上問題がないとしても…
見てくれがいくら良くても社員たちの為になっているかどうかの方が重要で、そこを履き違えたままだと必ずやいつか破綻してしまうでしょうね。

お礼日時:2004/08/04 15:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q社用車=社長の自家用車はOK?

気になるので‥知りたいです。
知ってどうにもなりませんが。万が一、夫が出世しても‥勧められません。

中小企業です。資本金5000万円 従業員数 60名 。親子2代目。3代目も息子でしょう。
社長が、ある程度、高級な車に乗るのは、いいと思うのですが。

夫の会社の社長は、
高級外車(1500万くらい)に乗っています。社用車扱いです。通勤自家用でも乗っています。
専務も高級国産車です。社用車扱いです。
とうとう、工場長も欲しいといって、高級国産車です。社用車扱いです。

1.これは、違法ではないのでしょうか?
 会社には聞けません。

給料は、上がる制度があるのですが、上がりません。思い出して社員が数年おきに申し出ると、800円上がりました(^_^;)
残業代が付かないのを、思い余った親族が匿名で労働基準局に通報し、改善されました。
ボーナスも社長の気分で決まります。今年の売り上げは、去年の倍ですが、期待はしていません。
退職金制度も、金額が決まっていません。

社長は、人は悪くないですが‥
夫の転職先も無いですが‥

社員で「社長は、高級外車という現物支給のボーナスでいいなぁ。」と言ってます。みんな仲良く働いています。

2.中小企業は、他所でもこんなもんでしょうか?上場企業は違うのでしょうか?
 やむをえませんが、将来が不安になりました。

私のパート先は、小さい小さい会社(5人)で社長は、社用車:軽だけでした。自家用車で普通車を乗ってました。
その前の中小企業(100人程度)では、社長&部長は、自家用車が社用車でした。

気になるので‥知りたいです。
知ってどうにもなりませんが。万が一、夫が出世しても‥勧められません。

中小企業です。資本金5000万円 従業員数 60名 。親子2代目。3代目も息子でしょう。
社長が、ある程度、高級な車に乗るのは、いいと思うのですが。

夫の会社の社長は、
高級外車(1500万くらい)に乗っています。社用車扱いです。通勤自家用でも乗っています。
専務も高級国産車です。社用車扱いです。
とうとう、工場長も欲しいといって、高級国産車です。社用車扱いです。

1.これは、...続きを読む

Aベストアンサー

規模の小さい会社の社長や役員が高級車に乗っても、分相応でないといってクレームをつけられるのは、会社法に基づく株主だけであって、その他の人は、つけられません。

ところが中小企業の会社の場合、自分の会社の株を持っている人は社長やその親族自身であることか殆どであり、結果的にやり放題なのです。
その結果が、高級社用車と相成ったという次第です。

しかし、もう一つ奥をつっこんで言いますと、中小企業の規模の小さい会社の経営者が会社名義の高級乗用車に乗り私物化しますと、税務上その高級乗用車は会社のものでなく個人への給与と見なされることがあり個人への課税されることがあります。
その会社が、あるいはその社長等が税務当局にどういう言い逃れをしているのかしれませんが、その辺は闇の世界です。

私の知っている例は、税務当局が定年退職した職員を一人その会社へ顧問税理士として押しつけるのです(要するに天下りさせるのです)。もちろん会社は、月額いくばくかの顧問料を払います。
税務調査の際は、税務当局と顧問弁護士と会社はなれ合いですから、少々の脱税すれすれの行為ぐらいは、うやむやとなるという次第です。

規模の小さい会社の社長や役員が高級車に乗っても、分相応でないといってクレームをつけられるのは、会社法に基づく株主だけであって、その他の人は、つけられません。

ところが中小企業の会社の場合、自分の会社の株を持っている人は社長やその親族自身であることか殆どであり、結果的にやり放題なのです。
その結果が、高級社用車と相成ったという次第です。

しかし、もう一つ奥をつっこんで言いますと、中小企業の規模の小さい会社の経営者が会社名義の高級乗用車に乗り私物化しますと、税務上その高級...続きを読む

Q自営業の人に車を1、2年で次々に乗り換えていく人が

自営業の人に車を1、2年で次々に乗り換えていく人が多いですが、ふと思ったんですが、自営業者は車を会社の経費で落として(ここまでは普通)、利益を減らして税金の支払いを減らし、最大限な裕福を求め(ここも普通)、中古車を売った所得を隠し持つためにやってる(←疑問はここ)と思いました。

自営業の人は中古車を売って得たお金をちゃんと所得として申告しているのでしょうか?これは申告しないと国税局にバレるものなのでしょうか?

家の近くに1、2年でレクサスを乗り換えている自営業者がいます。これは違法所得をしてるのでは?と思ったので質問しました。

Aベストアンサー

その自動車が、事業用であるばあいは、固定資産売却益あるいは固定資産売却損として収入または支出に計上されます。
収入になるのか支出になるのかは、減価償却後の資産額との差額により計算されます。
つまり手放した額は収入には繋がらず、単なる資産の売却になるわけです。
もしも減価償却後の試算額<販売価格 であるなら収入計上です。

3,00,000で5年焼却で10%残存価格設定なら、2年で192万円の資産が残ります。
200万円で売れたら、8万円の売却益です。190万円で売れたら2万円の売却損です。

車両運搬具購入の金は、支出扱いで経費と認められます。質問にあるとおり、新車購入時は経費として収入と差し引いての確定申告になるわけです。(事業用以外の個人使用がある分は経費からは差し引かなければなりません。)
そのうえで、減価償却費も認められます。

ということで、経費計上できる面が大きいでしょう。
税率10%なら、300万円で仕事で50%私用するなら、15万円新車購入に税金が。。。
ただ、300万円以上儲けないと無理ですけど。。

Q社長が個人の出費を経費でおとします

社員10名程度の株式会社です。経理は社長と奥さんが行っています。
社長のクレジットカード、携帯代、奥さんの車のガソリン代(会社には自転車で来ます)などを経費で落としています。
社長のクレジットカードの明細には、夫婦で食事したものや百貨店での買い物(たぶん、洋服やバッグ)、個人持ちのパソコンなどがぎっしり。

経営状況は決して良いとはいえません。(赤字です)そのため、社員のボーナスはなし。昇給もなし。無理めな売上目標を設定されています。

こんなことって許されるのでしょうか?
法的?に許されない場合は直訴しようと思ってるのですが・・・

Aベストアンサー

法的解釈からだとおっしゃる気持ちはわかるのですが、質問者さまの会社は株式会社とはいえ個人経営の店と一緒の状態だと思います。社長と奥さんはまず会社を作る段階でお金を出しているわけです。その後も運転資金等でお金を工面したりして、社員10名の会社を守っている人なわけです。その資金繰りの部分なのですが、金融機関とお付き合いしていく中で、法人とは言え保障は個人補償なわけで、その基準は代表者に資産がいくらあるかとかで計算されています。つまり、代表者(というか個人補償している人)がたくさんお金(資産)を持っているほうが都合が良いということになるわけです。なので会社経費として落とし、なるべく自分のお金を使わないほう金融機関とのやりとり上、都合が良くなる。そういうケースに当てはまるのかな、と。
実際その中身は様々なんでしょうが、それは他人の家の財布を除くのと同じ行為ですので、慎むべき部分です。
泣き寝入りしろというわけではなく、質問者様の会社は株式とはいえ、社長と奥さんが借金をすることによってまかなわれいる。ということは理解してください。
その上で、もう少し私達のことも考えて下さいと言うことはお互い立場を考えてのことと言えるので悪いことではないと思います。
(いろんなケースがあるので一概には言えませんが、経営者の財産(あえて財産という言葉を使っています)は目減りし、従業員の財産は増えているなんていう会社はたくさんあると思います。最終的に経営者もお金が欲しくてやっているので、その辺を考慮し、ストレートに気持ちをぶつけるのではなく立場を理解した上で話をしたほうがよいと思います。)

法的解釈からだとおっしゃる気持ちはわかるのですが、質問者さまの会社は株式会社とはいえ個人経営の店と一緒の状態だと思います。社長と奥さんはまず会社を作る段階でお金を出しているわけです。その後も運転資金等でお金を工面したりして、社員10名の会社を守っている人なわけです。その資金繰りの部分なのですが、金融機関とお付き合いしていく中で、法人とは言え保障は個人補償なわけで、その基準は代表者に資産がいくらあるかとかで計算されています。つまり、代表者(というか個人補償している人)がたくさ...続きを読む

Q個人の車を社用車として使用した場合の経費について

初めて質問させていただきます。
2年前に設立した小さな有限会社で経理を担当しております。社員は私だけです。この度社用車が必要になったのですが、設立したばかりの会社なのでリース契約ができない等様々な事情で、私個人で車を購入し、社用車として使用することになりました。
月々のローン返済分、保険料(私の名義になっています)、税金、車検等を会社の経費に出来るのでしょうか?その際の仕訳や、必要な手続き等がございましたら、教えてください。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>小さな有限会社で経理を担当しております。社員は私だけです…

社長のほかに社員が 1人ということですか。それとも、社長兼従業員ですか。

ご質問でいう「私」が社長で、その車が 100パーセント業務用にしか乗らないのなら、そのまま経費にして問題ないでしょう。
私用にも使用するなら、走行距離などで按分しなければなりません。

ご質問でいう「私」は従業員に過ぎないのなら、その車は会社にリースすることとし、リース料金は会社の経費になるとともに、あなたの「所得」にもなります。

>その際の仕訳や…

社長名義の車であるとして、有限会社とはいえ実態は個人企業と代わらないようですから、
買ったとき・・・【現金or普通預金等/借入金】
買ったとき・・・【車両運搬具/現金or普通預金等】
月々のローン返済分・・・元本部分は【借入金/現金or普通預金等】
月々のローン返済分・・・利息部分は【利子割引料/現金or普通預金等】
保険料・・・【損害保険料/現金or普通預金等】または【車両関係費/現金or普通預金等】
税金・・・【租税公課/現金or普通預金等】または【車両関係費/現金or普通預金等】
車検等・・・【修繕費/現金or普通預金等】または【車両関係費/現金or普通預金等】
ガソリン代・・・【消耗品費/現金or普通預金等】または【車両関係費/現金or普通預金等】
減価償却費・・・【減価償却費/車両運搬具】
でよいでしょう。

>必要な手続き等がございましたら…

決算書および確定申告書に記載します。

>小さな有限会社で経理を担当しております。社員は私だけです…

社長のほかに社員が 1人ということですか。それとも、社長兼従業員ですか。

ご質問でいう「私」が社長で、その車が 100パーセント業務用にしか乗らないのなら、そのまま経費にして問題ないでしょう。
私用にも使用するなら、走行距離などで按分しなければなりません。

ご質問でいう「私」は従業員に過ぎないのなら、その車は会社にリースすることとし、リース料金は会社の経費になるとともに、あなたの「所得」にもなります。

>その際...続きを読む

Q個人名義で購入する車の費用を会社経費に出来ますか?

有限会社を設立して間もないのですが、業務で使用する車を購入しようと考えています。
自動車保険料が割引になるので、出来れば個人名義で車を購入し、その代金(含む諸費用)を会社の経費で落としたいと考えていますが可能でしょうか?
また、可能な場合は減価償却対象の資産となるのでしょうか?
ご教授お願いいたします。

Aベストアンサー

できないそうです。

個人で購入し、会社と個人との間で車輌賃貸契約を結び、毎月会社から個人に賃貸料を支払うことにすればいいそうです。

個人の方は確定申告で賃貸料を申告し、会社の方は賃貸料を損金処理すれば、税率の差で多少マシになるようですね。

Q法人名義の車なのですが、自動車保険は個人名義でも大丈夫なのでしょうか?

最近、自分でやっている小さなお店を法人化しました。
そして法人名義で車を購入しようとしているのですが、
自動車保険を法人名義で加入すると、新規扱いとなる為、
等級が低く、かなり保険料がかさんでしまいます。

現在までは、個人名義のオンボロ車に個人で保険に加入しており、そちらは11等級です。

設立したばかりの為、様々な出費がかさみ、出来るだけ保険料はおさえたいのですが、このまま個人の等級を活かす方法はないでしょうか??所有者が会社名義だとやはり会社名義の保険でないとマズイのでしょうか??

保険についてまったくの無知なため、どなたか御教え下さい。

Aベストアンサー

個人名義で契約をしていても法人で経費処理するのは可能だと聞いています。実態的に会社で使用所有管理をしていれば大丈夫だと聞いています。(断言で無くごめんなさい)

「所有者 ローン会社 使用者 法人名」となる自動車は、保険上では法人の所有となります。自動車保険の契約時には契約者が誰であろうと車両所有者を書き入れることになります。この車両所有者が最初の回答に書いた扱いになります。同じく被保険者も一定の範囲で無いと、等級の継承ができません。
この先もその法人を経営し、自動車購入も法人でとお考えでしたら、この際新規契約で正しくやっておくのが最善ですね。
またその際個人の保険の等級はそのまま保留状態で保存しておくことができます。10年間保存しておくことができ、新たに個人で契約するときに今の等級で契約できます。

Qポルシェカイエンの中古で5年おち、八万キロを買いました。車屋さんは、イ

ポルシェカイエンの中古で5年おち、八万キロを買いました。車屋さんは、イグニッションコイルを新品に買えたといっていっていました。距離が多いので今後予想される故障箇所はどこか(それにかかる費用、車屋さんはディーラーじゃなく、うちで修理はできると言っていました)、心配しています。詳しい方教えて下さい。
月に一度は遠出しますがそんなに心配しなくていいでしょうか?

Aベストアンサー

早々故障するクルマじゃねえっすよ、ポルシェって。消耗品交換時期を知らせるんで動かなくなる、は山ほどありますけど、ね。それを「故障だ!」って大騒ぎする残念な人も、多いっすね。

8万kmっすかぁ。。。しょっぱい所っすね。まずはウォーターポンプの交換時期っすね。続いてカムシャフトセンサーとクランクセンサーそれにエアフロメーターの交換時期っす。スロットルチャンバー周りのアイドル制御バルブ(ターボ車ならプレッシャーセンサー)も交換っす。ブローバイホースは交換しとかないとリアルに『故障』に繋がるっすね。足周りで言えばダンパーとボディの間に噛ませるアッパーマウントのトップマウントがすり減ってご臨終時期だから交換時期っすね。それに燃料周りでフューエルポンプがそろそろ交換時期で、ついでに給油口~ガソリンタンクの接続に使っているゴムホースも交換しときたいっすね。この程度じゃねっすか?とりあえずイグニッションコイル交換してもらえて、良かったっすね。
以上が欧州車の『消耗品』で、これに加えて国産車で言う『消耗品』のタイヤ・ワイパーブレード・オイルフィルター/エアフィルター/キャビンフィルター・プラグ/プラグコード・バッテリー・照明バルブも交換っすわ。特に欧州車バッテリーは長寿命で8万km程度なら新車時から交換されていない、そろそろご臨終時期っすね。欧州車のバッテリーは急にご臨終迎えるっすから、早めの交換が基本っすよ。

いずれにしてもEセグメント以上のクルマはDセグメントより1-2万km早めのタイミングでの消耗品交換が基本っす。Dセグメント以下が基本5の倍数(5万km-10万km-15万km…)だからEセグメント以上のカイエンだとどんなに譲歩しても4の倍数(4万km-8万km-12万km…)で交換時期がやってくるっす。フェラーリなんか、基本3の倍数(3万km-6万km-9万km…)っすから、ね。

ついでにエアコンのコンプレッサーもケアしときたいっすね。ACガスを入れる人は山ほどいるけどAC潤滑材を入れる人って、驚くほど少ないの。潤滑材を注入してもらうだけで寒くなるくらい効くようになるっすよ。大体工賃込みで 3-4000円/本 で、カイエンだと2本は必要かなぁ。。。
出来ればBoschのお店(http://www.bosch.co.jp/jp/bcs/shop_search/)で故障診断機に掛けてもらう(http://www.bosch.co.jp/jp/bcs/car_drivers/bsp/services/)と最優先で交換すべき消耗品が分かるっすよ。カイエンだと4万円位かなぁ。。。

ただね、これ全部やると新車の頃の性能に肉薄するパワーとトルクが戻るんっすよ。交換時期にきっちりやっておけば30万km位、余裕っすよ。やらないで放置しとくと急に停まっちゃうけど。

早々故障するクルマじゃねえっすよ、ポルシェって。消耗品交換時期を知らせるんで動かなくなる、は山ほどありますけど、ね。それを「故障だ!」って大騒ぎする残念な人も、多いっすね。

8万kmっすかぁ。。。しょっぱい所っすね。まずはウォーターポンプの交換時期っすね。続いてカムシャフトセンサーとクランクセンサーそれにエアフロメーターの交換時期っす。スロットルチャンバー周りのアイドル制御バルブ(ターボ車ならプレッシャーセンサー)も交換っす。ブローバイホースは交換しとかないとリアルに『故障』...続きを読む

Q車の法人登録の仕組みって?

経営者は車、それも高級車を経費として購入できるみたいですが、それはどういう仕組みになってるんでしょうか。 購入者の名義は個人(経営者)ではなくて会社の名前になるんですか?
ポケットマネーからお金を出すのではなく、会社の売り上げ?からし払いをするのでしょうか(従業員に支払う給料に影響はない?)。
それだと、会社社長はマイバッハやロールスロイスファントム、ヴェイロンなども簡単に購入できるのでしょうか。
車両価格が高ければ高いほどその社長(会社)にとっては都合がいいような事を聞いた覚えがあります。
減価償却と何か関連はあるんでしょうか。
ちなみに私は減価償却についてはきちんと理解できていませんのでそれの説明もあわせてしてもらえたらと思います。

Aベストアンサー

「経営者だから高級車を経費で購入できる」というのが、本来は間違いなんす。
経費で購入できる車は、業務に使用する車だけです。
街中で走っている、社名入りのライトバンも経費で購入した会社の車ですが、あれがわりと本来の想定です。
社長や企業の幹部が使っている黒塗りの高級車も確かに経費で購入していますが、「経営幹部であれば業務で使用する車もそれなりに高級なものが良いだろう」というだけであって、「業務で使用する」という前提がなければ買うことはできません。

・・・本来は。

問題は、「業務で使用する」がけっこう幅広く解釈できることです。中小企業の社長さんが「業務」を拡大解釈して、ほとんど私用でしか使わない車を経費で購入しているというのはよくあることですが、厳密に言えば脱税です。実際には、多少なりとも業務(通勤含む)で使用していれば、文句を言われることがほとんどないというだけですね。
※他の方が「ヴェイロンは無理」というのは、あまりに趣味性が強すぎて「業務で使用する」という建前が通らないだろうということです。


また、「減価償却」とはわかりにくい概念ですね。
個人の場合ですと、普通は「モノを買ったらお金が減る」とだけ理解していると思います。ただ、会社の場合は違います。買ったもので利益を挙げることが前提となっていますので、
「モノを買ったら→(1)お金は減る。 (2)だけどモノが手に入る (3)だから会社の財産はプラスマイナスゼロだ」
と理解します。
ただ、手に入ったモノも徐々に価値が薄れていきます。これが減価償却で、毎年一定額だけ「モノの価値が減った=財産が減った」から、「経費が発生した」と考えます。
従って、今年500万の車を買ったとしてもいきなり経費が500万円かかるとは考えず、100万円ずつ5年に分けて経費計上します。ということは、5年間は毎年自動的に100万円のマイナスが発生するわけですから、この期間は利益が減ることになります。(つまり、税金が減ります)

「経営者だから高級車を経費で購入できる」というのが、本来は間違いなんす。
経費で購入できる車は、業務に使用する車だけです。
街中で走っている、社名入りのライトバンも経費で購入した会社の車ですが、あれがわりと本来の想定です。
社長や企業の幹部が使っている黒塗りの高級車も確かに経費で購入していますが、「経営幹部であれば業務で使用する車もそれなりに高級なものが良いだろう」というだけであって、「業務で使用する」という前提がなければ買うことはできません。

・・・本来は。

問題は...続きを読む

Q社用車の選定(セダンかミニバン特装車か?)

経営者から、社用車の選定を一任されました。
社用車と言っても、いわゆる営業車などではなく、経営者の通常の移動(近距離から最長片道500km前後)はもちろん、
関係先の役員クラスや、お得意様の送迎にも使います。
いつも2名で使用します(もちろん、ドライバー除く。3人以上はない。別にクラウンロイヤルを継続所有)。

これまではセダンばかりでした。
バブル期はプレジデントでしたし、最近ではシーマの4500VIPです。
経営者いわく、
「またセダンでもいい」と言いつつも、アルファードとエルグランドの特装車も興味があるそうです。

とにかく一任されたので思案中なんですが、
レクサス LS
トヨタ アルファード特装車
日産 エルグランド特装車
以上3車種でとりあえず検討を始めました。
それぞれのメリット・デメリットやオススメ情報を教えて下さい。

※輸入車は候補には入っていません

Aベストアンサー

>それぞれのメリット・デメリットやオススメ情報を教えて下さい。

経理会計を基本とすれば、迷わずレクサス(セダン)なんです。
レクサスに限らずセダンだと、社用車(営業車)として税務署が経費として認めてくれますよ。
昔「何故、経営者はベンツに乗るのか?」という本が爆発的に売れましたよね。^^;
オーナー社長が実質的に個人使用していても、営業車として経費で落とす事が出来るからです。
無政府状態の日本では、1円でも節約する必要がありますからね。
絶滅危惧種である国会議員一匹を養うのに、一匹当たり約1億2千万円もの税金が必要です。
消費税率UPについて、毎日国会遊技場(一日当たり会場使用料約1億円)で子供口喧嘩を楽しんでいますよね。
「Aちゃんが悪い。先生に言うぞ!」「Bちゃん。1+1は幾ら?」「次は、社会常識の問題です」「ファイナルアンサー?」「ヘキサゴン!」「南無妙法蓮華経」「南無先生池田」
毎日、楽しそうですね。(爆笑)
が、与野党問わず「絶滅危惧種である国会議員保護経費削減」は拒否しています。
もっと、国・国民の利益を考えて政治を行って欲しいのですがね。
話が逸れましたが、経営的(損益計算書)重視なら迷わずセダンです。

>それぞれのメリット・デメリットやオススメ情報を教えて下さい。

経理会計を基本とすれば、迷わずレクサス(セダン)なんです。
レクサスに限らずセダンだと、社用車(営業車)として税務署が経費として認めてくれますよ。
昔「何故、経営者はベンツに乗るのか?」という本が爆発的に売れましたよね。^^;
オーナー社長が実質的に個人使用していても、営業車として経費で落とす事が出来るからです。
無政府状態の日本では、1円でも節約する必要がありますからね。
絶滅危惧種である国会議員一匹を養うのに、一...続きを読む

Q会社と個人との間で車輌賃貸契約

 保険料などが割安なため、個人(社長)名義で車を購入し、会社で業務に使用したいと考えております。
 会社はとても小さな会社です。(SOHOに近い有限会社)

 会社と社長の間で「車輌賃貸契約」を結び、会社から社長に対して賃貸料を払う形式にする必要があることは調べました。
 社長としても自動車を会社に貸して儲けるつもりはなく、車の購入費用(車両+諸費用)から個人で使用する分(7分の2)を除外して、法廷償却年数に準じた年数(6年)で割った金額を賃貸料にしたいと考えています。(7年目以降は賃貸料をゼロにする)

 この賃貸料は社長にとっては収入かもしれませんが、車の購入資金を手持ち資金から支払っており、賃貸料に「儲け」が含まれていないと感じます。

 このように事実上の儲けがない場合でも、所得として申告・納税する必要が生じてしまうのでしょうか。
 また、車検や自動車税など所有者に発生する費用については、どのように処理すべきでしょうか。


※平日(7分の5)は、車を業務外で使用することはありません。社長の奥さんなど家族が使うこともありません。

 保険料などが割安なため、個人(社長)名義で車を購入し、会社で業務に使用したいと考えております。
 会社はとても小さな会社です。(SOHOに近い有限会社)

 会社と社長の間で「車輌賃貸契約」を結び、会社から社長に対して賃貸料を払う形式にする必要があることは調べました。
 社長としても自動車を会社に貸して儲けるつもりはなく、車の購入費用(車両+諸費用)から個人で使用する分(7分の2)を除外して、法廷償却年数に準じた年数(6年)で割った金額を賃貸料にしたいと考えています。(7...続きを読む

Aベストアンサー

『昨夜まで考えていた方法』でよろしいかと思います。
そこまですると窮屈な気もしますが…。
少々私見を言いますと、
借入や資産購入でよくある諸事情に、法人では信用不足のため個人の名義を利用する、というケース。事業としての利用が明確であれば、否認されないはずです。
では、車の場合
1.その車を必要とする業務内容か否か
  →1台目の場合は問題にはなりにくい
2.通常より高額なものかどうか
  →自社や得意先の地位、業務内容によってはロールスロイスも可
3.個人的な使用目的かどうか
  →自宅の車庫に置いたままでは苦しい

などが通常ポイントになるでしょう。
5/7という考え方は誠実で良いのですが、過去の経験には「じゃあ、これも按分しないといけない!」などと指摘を受けて、やぶへびだったことも(苦笑)
理論値的な結果として、説得力はありますが、表面に出すことは避けたいところです。150万円の譲渡金額でも良いのですが、私なら次のように説明します。
「保険料を安くするため(またはローンが会社では通らないため)、個人で買って会社に転売した。分割で払うので弁済期間中は名義をそのままにしている。金利を取らないのは、たまに私的にも利用するから。しかし諸経費等も会社に負担させているので、分割返済が月3万円のところ、使用料として5千円を差し引いた額を返してもらっている。」
で、譲渡証書は210万円。5千円に関しての賃貸契約書などは作りません。
最初の3つのポイントをクリアしていれば、「ダメという法的根拠を言ってくれ!」とすごむでしょう。(笑)

『昨夜まで考えていた方法』でよろしいかと思います。
そこまですると窮屈な気もしますが…。
少々私見を言いますと、
借入や資産購入でよくある諸事情に、法人では信用不足のため個人の名義を利用する、というケース。事業としての利用が明確であれば、否認されないはずです。
では、車の場合
1.その車を必要とする業務内容か否か
  →1台目の場合は問題にはなりにくい
2.通常より高額なものかどうか
  →自社や得意先の地位、業務内容によってはロールスロイスも可
3.個人的な使用目的かどうか...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング