確定拠出年金について質問させてください。

22歳会社員です。1月から個人型確定拠出年金を始めようと思っています。

申し込む際に楽天証券とSBI証券、どちらに申し込むか悩んでいます。

運用は株を中心として積極運用をしていこうと思っています。
 
自分なりに確定拠出年金の特徴を挙げてみました。


楽天証券の特徴

・手数料がSBIより安い。
・ラインナップに人気のセゾン投信や信託報酬が安いインデックスファンドが多い。
・給付が一時金と年金の併用可
・ネット銀行、新生銀行などの口座振替不可



SBI証券の特徴

・ひふみ年金がある。
・新生銀行で口座振替可能(住信sbi銀行と新生銀行を使っているので)
・nisa口座がSBI証券なので管理が楽。
・ラインナップが多い。
・給付の併用不可
・手数料が楽天証券より高い。


どちらのほうがオススメでしょうか?

他に異なる特徴などあれば教えてください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

お若いのに確定拠出年金に目をつけられるとは、ここに質問される前にご自分で相当調べられたので


あろうと思います。

若い方であれば、
・同じ金額を納めても所得が低いことが多いので、世間がいうほどの節税効果を得られない
 (更に、住宅ローン控除、ふるさと納税などの効果が薄れる可能性がある)
・60歳までは引き出し不可。住宅や教育等にお金がかかる可能性があるので、そちらの方が
 優先順位が高い

というデメリットが考えられますが、それらは自分の中でクリアした上でiDeCoを考えておられると
思います。若いころの私に質問者様の認識が欲しかったと思います(汗)

さて、質問本題の楽天証券とSBI証券どちらが?という質問ですが色々な考えがあって、どちらが
正解とは言えない性質のものとは思いますが、私の選択基準を見てもらって参考になればと思います。

ちなみに私は、40代の地方公務員で、NISA口座をSBI証券に持っています。

・年間手数料の比較
 楽天証券とSBI証券とも、一定以上の資産残高があれば年間手数料が2,004円となり同額。
 ただし、閾値が楽天証券10万円(1年未満の積み立て)とSBI証券50万円(3年強の積み立て)となっており
年間で20万円以上積み立てができる民間の方とは違うため、楽天証券有利な部分が大きいと考えている。

・給付の併給の可否
 現在の想定では(iDeCoをやらずとも)退職所得、65歳以上の年金双方に受取時に税金が発生すると思われる。
将来の税制は想定不能であるが、現在業務で税を担当しており、受取時にかかる税金も退職所得(一時金で受け取る)
を選択する場合でも年金方式で受け取る場合でも自分で好きなだけ計算が出来る自信があるので、選択肢が広い楽天証券
が有利と考えている。

・口座の利便性、リスク
 NISA口座をSBI証券で持っているので、SBI証券が便利で有利と考えている。
 NISAとiDeCoを合算しても日本投資者保護基金で保証する1,000万円を超えないと思われるので、
証券会社を分ける動機には薄いと考えている。

・運用商品メニュー
 数ではSBI証券が勝る。ただ、内訳をみると長年の実績のため似たようなものとなっている商品が結構あり
数ほどの差は無いものと考えている。

上記の比較と、信託報酬が安いインデックスファンドが多いということから、私としては楽天証券を選択して、
現在、資料請求を行っているところです。

直接の質問とは関係ないですが、ふるさと納税で表見上減らした住民税の相当額分については給与引き去りの
形で共済貯金(金利1%超)に積み立てしており、ある程度はそのまま積み立てておき、一定額はNISAの原資
としています。
iDeCoにより増えた控除分の住民税については同様に給与天引きで積み立てに回すことを想定しています。
当然に再来年以降のことですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

たしかに若いうちは節税効果は小さいですが、若いほうが課税の繰り延べ効果が大きいので加入しようと考えています。

ふるさと納税の効果が薄れるのは、単に課税所得額が減り、払う税金が減る=効果が薄くなるということなので問題ないかと思っています。

給付方法を選べるということと、手数料が安く抑えられることからお話を伺って私も楽天証券の方がいいと思いました。

控除で戻ってきた分をNISAや積立預金で資産運用していくのはいいですね。参考にさせていただきます。

お礼日時:2016/11/19 23:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QSBI証券の口座の紹介について

お伺いしたいのですが、私はSBI証券+住信SBIネット銀行の友人紹介(家族を含む)

をしまして、家族は間違いなく、入金5万以上をしているのですが、その紹介料(プレゼント)を

いただいておりません。

また、一度に5万以上の入金をしました家族もプレゼントをいただいておりません。

またメールでSBIに質問をしたのですが、「こちらで紹介された方が入金されたかどうか確認

できない」等、曖昧な返事でした

みなさんはどのような感じでしょうか?

期間


2011年4月1日(金)~ 6月30日(木)

対象となるお客さま


期間中に下記1、2の条件をいずれも満たした個人のお客さま

1. 住信SBIネット銀行のWEBサイトよりSBI 証券口座をご開設
対象の適否は、以下の方法でご確認ください
新しいウィンドウで開きます。〔金融商品仲介口座 > 金融商品仲介口座について > 確認方法〕

2. SBI ハイブリッド預金に一度に50,000円以上入金(※)

特典内容


現金4,000円プレゼント(SBI 証券よりSBI 証券口座に入金)

特典提供時期


2011年7月末頃(予定)

ご注意事項


・ 特典提供の時点で、住信SBIネット銀行の代表口座、SBI 証券口座のいずれかをご解約の場合、またはSBI ハイブリッド預金を休止されていた場合、プレゼントの対象外となります。
・ 特典を受ける権利を第三者へ譲渡、換金等することはできません。
・ 特典として提供されるプレゼント金額は、課税の対象となる場合がありますので所轄税務署にご確認ください。
・ 期間中であっても、金融情勢の変化等によりプレゼント内容の変更や募集を終了させていただく場合があります。

(※)

【「一度に50,000円以上入金」の対象適否の具体例】

2011年4月11日に50,000円入金 ⇒ ○
2011年4月11日に20,000円、2011年4月14日に30,000円、合計50,000円入金 ⇒ ×
2011年4月11日に20,000円と30,000円に分けて、合計50,000円入金 ⇒ ×

【SBI 証券口座開設日に関するご注意事項】

2011年3月1日~2011年3月31日にSBI 証券口座を開設したお客さまが、2011年4月1日~2011年6月30日に初めてSBI ハイブリッド預金へ一度に50,000円以上入金した場合も、本プレゼントの対象となります。


【2011年3月1日~2011年3月31日にSBI 証券口座を開設したお客さまの対象適否の具体例】

2011年3月4日に口座開設、2011年4月8日に50,000円入金 ⇒ ○
2011年3月4日に口座開設、2011年7月1日に50,000円入金 ⇒ ×(入金日が対象期間外のため)
2011年2月28日に口座開設、2011年4月8日に50,000円入金 ⇒ ×(口座開設日が対象期間外のため)

【SBI 証券の口座開設方法】

(1) 住信SBIネット銀行に口座をお持ちのかた
住信SBIネット銀行のWEBサイトにログインし、住信SBIネット銀行のWEBサイトよりSBI 証券の口座開設をお申込み

(2) 住信SBIネット銀行に口座をお持ちでないかた
住信SBIネット銀行の口座開設をお申込みいただき、口座開設申込完了画面よりSBI 証券の口座開設をお申込み

SBI証券の口座開設はこちらから

SBI証券の口座開設のご案内(仲介業)

【SBI 証券口座開設に関するご注意事項】

・ SBI 証券の口座開設は、お申込みから15日程度かかります。プレゼントをご希望のかたは、日数に余裕をもってお申込みください。なお、郵便事情やお申込時の書類の不備などにより、さらにお時間をいただくこともあります。
・ SBI 証券の口座開設日が期間中のかたがプレゼントの対象となります。
・ SBI 証券の口座開設日は、SBI 証券のWEBサイトへログイン後のメッセージボックス内
『当社からのお知らせ「口座開設時の特典及びお取引までのご案内」』の受取日です。
・ 住信SBIネット銀行のWEBサイトよりSBI 証券の口座をご開設いただいた場合にプレゼントの対象となります。住信SBIネット銀行のWEBサイト以外からSBI 証券口座をご開設いただいた場合はプレゼントの対象外となります。

【SBI ハイブリッド預金に関するご注意事項】

・ SBI ハイブリッド預金をご利用いただくには、SBI 証券と住信SBIネット銀行の口座が必要です。
・ SBI ハイブリッド預金をご利用いただくにはお申込みが必要です。住信SBIネット銀行のWEBサイト、およびSBI 証券のWEBサイトでの所定のお手続完了後、ご利用を開始できます。
・ SBI ハイブリッド預金に関しては、一度の入金額が50,000円以上であることが条件です。
(50,000円未満の入金を複数回行い、その合計が50,000円以上となっても対象外となります。)
・ SBI ハイブリッド預金へ対象条件の金額以上の入金がされているかは、住信SBIネット銀行のWEBサイトの入出金明細にてご確認ください。
・ SBI ハイブリッド預金への入金方法は、代表口座および目的別口座の円普通預金からのお振替え、またはSBI 証券からの資金振替があります。SBI ハイブリッド預金のご利用方法や資金振替のタイミング等についてはこちらにてご確認ください。
・ SBI 証券からの資金振替によるSBI ハイブリッド預金への入金によりプレゼントの対象となるには、2011年6月29日15:00までにSBI ハイブリッド預金のお申込手続きを完了する必要があります。
・ SBI ハイブリッド預金について詳しくは商品概要説明書をご覧ください。(商品概要説明書)

本プレゼントに関するご質問は、SBI 証券のカスタマーサービスセンターまでお問合せください。
0120-104-214(年末年始を除く平日8:00~18:00) 携帯電話・PHSからは 03-5562-7530 をご利用ください。

お伺いしたいのですが、私はSBI証券+住信SBIネット銀行の友人紹介(家族を含む)

をしまして、家族は間違いなく、入金5万以上をしているのですが、その紹介料(プレゼント)を

いただいておりません。

また、一度に5万以上の入金をしました家族もプレゼントをいただいておりません。

またメールでSBIに質問をしたのですが、「こちらで紹介された方が入金されたかどうか確認

できない」等、曖昧な返事でした

みなさんはどのような感じでしょうか?

期間


2011年4月1日(金)~ 6月30日(木)

...続きを読む

Aベストアンサー

特典内容 現金4,000円プレゼント(SBI 証券よりSBI 証券口座に入金)

特典提供時期 2011年7月末頃(予定)

今日は5/2(月)です。疑問が曖昧。






 

Qネット証券の 事を お尋ねします普通の証券会社(野村証券、SMBC 日興証券)には 口座を持って 

ネット証券の 事を お尋ねします
普通の証券会社(野村証券、SMBC 日興証券)には 口座を持って 取引していますが 株の売買で 手数料が かかるので ネット証券に 口座を開こうと 考えています
何処が良いか 詳しい方 アドバイスをお願いします

Aベストアンサー

そうですねぇ。
下記で選んでもらえばよいと思います。
http://kakaku.com/stock/

但し、最近ではSMBC 日興証券あたりでも
ネット証券レベルのサービスで手数料の
安いコースも選べる(変えられる)ように
なっています。
参考 ダイレクトコース
http://www.smbcnikko.co.jp/service/course/index.html

私としては、
①SBI証券
投資信託などをやっているとかなり
お得感はあります。

②楽天証券
使い勝手がいいかなと思います。
最近手数料も値下がりとなりました。

グループの銀行などとの連携で
金利の優遇やポイントやキャッシュバックが
あったりなど、いろいろと優遇される面が
あります。

①では毎月12000円のキャッシュバック
②では2000~3000ポイントの還元
を受けてます。A^^;)

まず、日興でコース変更されてみては
いかがでしょうか?

Q銀行口座間での無料の資金移動する為の証券口座

ネット上の違う銀行口座同士で無料の資金移動するなら、証券会社の口座を通すのがいいと聞きました。

そこで年会費や口座維持手数料が掛からない証券会社口座を探してるのですが、オススメはありますか?

株はやりません。資金移動だけの利用です。

自分で調べたところ、イートレ・楽天・松井・マネックス証券がやってるみたいです。この中ではどこがオススメですか?他の会社でありますか?

三菱UFJから新生銀行への移動を考えてます。

Aベストアンサー

資料請求して、無料でできるところを選ぶか、HPで調べると納得がいくでしょう。

この方法だと1日は必要です。出金指示の時間帯によっては2日以上かかることもあります。

出金をリアルにしたなら、カードがあるイートレかマネックスです。

マネックスの場合、セブン銀行のATMを平日無料で使えるので、新生銀行へお金を移すのは非常に簡単です。

新生→MUFGなら、簡単なのですが。

Q確定拠出年金の拠出配分についての質問

確定拠出年金をかけていますが、大きく分類すると国内 外国株式   国内 外国債券 銀行の定期等元本保証型とあります。現状国内株式価格が8800円前後で推移しています。今後の株価の見通しと
今後どのような項目に配分を多くしたらよいか教えてください。
今は国内債券4割 元本保証型を3割 外国債券を1割 国内株式を2割
おおよその割合ですがかけています。

Aベストアンサー

>今後の株価の見通しと
 マーケット・タイミング戦略は確率的に殆ど機能しない事が統計上明らかになっています。ご自身の市場観察眼に余程の自信があるか、市場観察眼のある人を見つける才能に余程の自身があるか(殆どの人はあてずっぽうで言っているだけです)のどちらかでなければ下手に相場を見るのは辞めた方がいいでしょう。一応申し上げておくと、個人的には株式に対して長期的に見るなら強気になってもいいと思っています。

>今後どのような項目に配分を多くしたらよいか教えてください
 先ほども申し上げたようにマーケット・タイミング戦略はその機能性が認められないので“いつ”より“どのように”配分するかが重要です。そしてこの配分は質問者様のリスク許容度で決定されます。

 質問者様の配分をみると、かなりリスク許容度が低いようですね。国内債権も含むと安全資産が実に7割にもなります。老後資金の殆どを確定拠出年金に頼っている自営業の方のポートフォリオならこんな感じになるか、というような印象を受けます。市場価格よりも安いものが多い事や分配金の再投資を課税されないでできる等のメリットを考えても安全資産ばかりに資金を投入するのはもったいないと個人的には感じます。

 それと外国株式を持っておられないようですね。為替リスクを考慮に入れても外国株式は国内株式より標準偏差が小さい(低リスク)です。リスク回避的でもこれを少量ポートフォリオに組み込むことは有用と言えるでしょう。

>今後の株価の見通しと
 マーケット・タイミング戦略は確率的に殆ど機能しない事が統計上明らかになっています。ご自身の市場観察眼に余程の自信があるか、市場観察眼のある人を見つける才能に余程の自身があるか(殆どの人はあてずっぽうで言っているだけです)のどちらかでなければ下手に相場を見るのは辞めた方がいいでしょう。一応申し上げておくと、個人的には株式に対して長期的に見るなら強気になってもいいと思っています。

>今後どのような項目に配分を多くしたらよいか教えてください
 先ほど...続きを読む

Q株式投資初心者です。 取引手数料の安さに惹かれて松井証券の口座を開設しましたが、松井証券の画面は見づ

株式投資初心者です。

取引手数料の安さに惹かれて松井証券の口座を開設しましたが、松井証券の画面は見づらくないですか?

やはり、本格的にやるならSBI証券などの大手証券会社から始めたほうがいいですか?

Aベストアンサー

ネット証券で十分だと思います。
大手証券は、客によりランク分けがあるのか担当者次第なのか商品案内が締め切り間近とか、ロクな提案しかしてきません。
大手証券と付き合うメリットは、IPOの割当やTOB応募の時くらいですね笑


人気Q&Aランキング

おすすめ情報