確定拠出年金について質問させてください。

22歳会社員です。1月から個人型確定拠出年金を始めようと思っています。

申し込む際に楽天証券とSBI証券、どちらに申し込むか悩んでいます。

運用は株を中心として積極運用をしていこうと思っています。
 
自分なりに確定拠出年金の特徴を挙げてみました。


楽天証券の特徴

・手数料がSBIより安い。
・ラインナップに人気のセゾン投信や信託報酬が安いインデックスファンドが多い。
・給付が一時金と年金の併用可
・ネット銀行、新生銀行などの口座振替不可



SBI証券の特徴

・ひふみ年金がある。
・新生銀行で口座振替可能(住信sbi銀行と新生銀行を使っているので)
・nisa口座がSBI証券なので管理が楽。
・ラインナップが多い。
・給付の併用不可
・手数料が楽天証券より高い。


どちらのほうがオススメでしょうか?

他に異なる特徴などあれば教えてください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

お若いのに確定拠出年金に目をつけられるとは、ここに質問される前にご自分で相当調べられたので


あろうと思います。

若い方であれば、
・同じ金額を納めても所得が低いことが多いので、世間がいうほどの節税効果を得られない
 (更に、住宅ローン控除、ふるさと納税などの効果が薄れる可能性がある)
・60歳までは引き出し不可。住宅や教育等にお金がかかる可能性があるので、そちらの方が
 優先順位が高い

というデメリットが考えられますが、それらは自分の中でクリアした上でiDeCoを考えておられると
思います。若いころの私に質問者様の認識が欲しかったと思います(汗)

さて、質問本題の楽天証券とSBI証券どちらが?という質問ですが色々な考えがあって、どちらが
正解とは言えない性質のものとは思いますが、私の選択基準を見てもらって参考になればと思います。

ちなみに私は、40代の地方公務員で、NISA口座をSBI証券に持っています。

・年間手数料の比較
 楽天証券とSBI証券とも、一定以上の資産残高があれば年間手数料が2,004円となり同額。
 ただし、閾値が楽天証券10万円(1年未満の積み立て)とSBI証券50万円(3年強の積み立て)となっており
年間で20万円以上積み立てができる民間の方とは違うため、楽天証券有利な部分が大きいと考えている。

・給付の併給の可否
 現在の想定では(iDeCoをやらずとも)退職所得、65歳以上の年金双方に受取時に税金が発生すると思われる。
将来の税制は想定不能であるが、現在業務で税を担当しており、受取時にかかる税金も退職所得(一時金で受け取る)
を選択する場合でも年金方式で受け取る場合でも自分で好きなだけ計算が出来る自信があるので、選択肢が広い楽天証券
が有利と考えている。

・口座の利便性、リスク
 NISA口座をSBI証券で持っているので、SBI証券が便利で有利と考えている。
 NISAとiDeCoを合算しても日本投資者保護基金で保証する1,000万円を超えないと思われるので、
証券会社を分ける動機には薄いと考えている。

・運用商品メニュー
 数ではSBI証券が勝る。ただ、内訳をみると長年の実績のため似たようなものとなっている商品が結構あり
数ほどの差は無いものと考えている。

上記の比較と、信託報酬が安いインデックスファンドが多いということから、私としては楽天証券を選択して、
現在、資料請求を行っているところです。

直接の質問とは関係ないですが、ふるさと納税で表見上減らした住民税の相当額分については給与引き去りの
形で共済貯金(金利1%超)に積み立てしており、ある程度はそのまま積み立てておき、一定額はNISAの原資
としています。
iDeCoにより増えた控除分の住民税については同様に給与天引きで積み立てに回すことを想定しています。
当然に再来年以降のことですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

たしかに若いうちは節税効果は小さいですが、若いほうが課税の繰り延べ効果が大きいので加入しようと考えています。

ふるさと納税の効果が薄れるのは、単に課税所得額が減り、払う税金が減る=効果が薄くなるということなので問題ないかと思っています。

給付方法を選べるということと、手数料が安く抑えられることからお話を伺って私も楽天証券の方がいいと思いました。

控除で戻ってきた分をNISAや積立預金で資産運用していくのはいいですね。参考にさせていただきます。

お礼日時:2016/11/19 23:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q確定給付年金から確定拠出年金への移行と今後

確定拠出年金についての質問です。

確定拠出年金は、確定しているのは、毎月給料から拠出する掛け金だけで
将来受け取れる年金額は不確定です。

運用の上手下手にかかってくるようですが、これは、会社の運用次第になり
契約時に受取額が決定している確定給付年金と比べリスクが高いと思うのですが
今後、もらえる金額は、賭金より低くなる可能性の方が高いのでしょうか?

最近、パナソニック、シャープの赤字のニュースを見ていると会社の倒産を含め
いろいろ心配することが多くなりました。

確定拠出年金で検索していると次のような説明が書かれていました。

退職金の満額の内20%を確定拠出年金に転化とあります。

このような制度なら会社の確定拠出年金に入るのではなく銀行など他の確定拠出年金に
入った方が得なのでしょうか?

確定給付年金から確定拠出年金への移行の時に脱退しておけば良かったのか?

アドバイス、回答をお手柔らかに願います。

コンピュータ関係の仕事をしています。
会社は、まあまあ大きいほうです。


確定拠出年金制度というのは、退職金の満額の内20%を確定拠出年金に転化するということで、
この制度は、年金の受給年齢が60歳→65歳→まだ伸びそう、60歳になり会社を定年退職した時に年金の支給がない5年間に、この年金を充当することですが、確定拠出年金は、株に転化するか、貯蓄するか、他色々な選択肢があります。

つまり、年金が途絶える私達の足元をみた金融会社の為の制度です!

確定拠出年金についての質問です。

確定拠出年金は、確定しているのは、毎月給料から拠出する掛け金だけで
将来受け取れる年金額は不確定です。

運用の上手下手にかかってくるようですが、これは、会社の運用次第になり
契約時に受取額が決定している確定給付年金と比べリスクが高いと思うのですが
今後、もらえる金額は、賭金より低くなる可能性の方が高いのでしょうか?

最近、パナソニック、シャープの赤字のニュースを見ていると会社の倒産を含め
いろいろ心配することが多くなりました。

確定拠出年金で...続きを読む

Aベストアンサー

>このような制度なら会社の確定拠出年金に入るのではなく銀行など他の確定拠出年金に
入った方が得なのでしょうか?
会社の企業型確定拠出年金は手数料は会社負担ですが、個人で加入する個人型確定拠出年金は手数料は個人負担です。
運用などはほとんど同じですから、企業型は投資などの危険を冒さない場合は元本と掛金が減る危険のない定期預金の商品にでもしておけばいいのですが、個人型は手数料分を上回る運用益を上げないと元本は減っていきます。

>退職金の満額の内20%を確定拠出年金に転化とあります。
おそらくその場合は会社が拠出する掛金の総額は従来の退職金の総額の20%減という事かと思いますが(つまりその20%分は自分で運用して確保しろということ)、その割合も会社により様々です。

Q個人型 確定拠出年金

SBI証券で個人型の確定拠出年金を考えております。

投資信託もあまり自信が無いので、「第一のつみたて」だけで
ずっと運用していこうかと思うのですが
(私の試算では、それでも銀行の定期預金よりは良かったです)
そんな運用の仕方は良くないのでしょうか?

みなさんはどうされていますか?

Aベストアンサー

投資する人の考え方次第だし、他にどんな投資をしているのかわからないのですから、いいか悪いかは言えません。

でも、まだ若いのでしたら、ずっと0.375%の利率で運用するのはもったいないとは思います。まあ、税金を考えたら実質はもっといいし、減らないからいいと思います。

私もSBI証券で個人型をやっていますが、今年はシュローダーBRICs株式ファンドと中央三井DC外国株式インデックスFだけに投資しています。ここ1年での騰落率はそれぞれ58%と14%です。国内株は確定拠出年金とは別にやっているので、今年は投資していません。私はリスクを愛するので元本確保型の商品には全く興味がありません。税率までの損は許容範囲です。

Q投資信託と個人型確定拠出年金での資産運用に関して

資産運用について相談させて下さい。

私は40代前半の会社員です。
今、所属している会社には
企業型の確定拠出年金制度はありません。

SBI証券で口座を開設したのですが
投資信託と、個人型確定拠出年金を
それぞれ毎月積み立て、老後資金の確保に
繋げたいと思っています。

ただ個人型確定拠出年金の本を読んでいたら
60歳まで積み立てたお金は下せませんが
投資信託と個人型確定拠出年金を
両方、並行して行うのではなく、個人型確定拠出年金
のみで資産運用して行く方が、節税効果も高く
また老後の資産運用に適切だと思う様になりました。

ちなみに当初の予定としては、投資信託2本を毎月7,000円。
確定拠出年金を毎月7,000円を予定していたのですが
それよりも、毎月23,000円の上限一杯まで個人型確定拠出年金のみで
運用して行こうかと思っています。

この件に関して如何でしょうか?

一番お聞きしたい点は
・一般の投資信託と個人型確定拠出年金を並行して
資産運用するか?
・それとも個人型確定拠出年金だけにして
資産運用する方が良いのか?
という点です。
宜しくお願い致します。

資産運用について相談させて下さい。

私は40代前半の会社員です。
今、所属している会社には
企業型の確定拠出年金制度はありません。

SBI証券で口座を開設したのですが
投資信託と、個人型確定拠出年金を
それぞれ毎月積み立て、老後資金の確保に
繋げたいと思っています。

ただ個人型確定拠出年金の本を読んでいたら
60歳まで積み立てたお金は下せませんが
投資信託と個人型確定拠出年金を
両方、並行して行うのではなく、個人型確定拠出年金
のみで資産運用して行く方が、節税効果も高く
ま...続きを読む

Aベストアンサー

>毎月23,000円の上限一杯まで
>個人型確定拠出年金のみで運用
よろしいのではないですか?
但し、60歳まで(最大15年)運用しても、
2.3万×12ヶ月×15年?≒約400万
運用益がうまいぐらいに出ても500万
です。

そういう意味でいけば、投信の積立も
さらに併用されて老後資金をもっと
残された方がよいと思います。

留意点として、確定拠出年金は、原則
途中解約で現金を受け取ることができ
ません。
その点はご注意ください。

Q個人型確定拠出年金の選び方

会社員です。勤務先に企業年金制度がないため、個人型確定拠出年金に加入しようと思っています。国内債券、外国債券、外国株式に投資するインデックスファンドを考えています。
各社のサイトやパンフレットを比べたり、モーニングスターで各運用商品の実績を見たりしていますが、決めかねています。
理由は、例えば、A社=口座維持手数料が安いが、品揃えの数がいまいち。B社=品揃えは豊富だが、商品の実績がいまいち。C社=良さそうな商品があるが、口座維持手数料が高い、など決め手がありません。
どのような点で選んだらよいのか教えていただけませんでしょうか。
できれば、経験者の方や専門家の方にご回答いただければと思います。

Aベストアンサー

教えて!goo>マネー>投資・融資>投信、08/01/08に同じ話題(↓)
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3660405.html
「個人型401Kでの投資信託商品」

に完全回答を投稿してあります。良かったらよんでね!

Q個人年金控除と確定拠出年金

個人年金と確定拠出年金は違うものなのでしょうか?

又、個人年金控除と確定拠出年金の所得控除を両方利用することは出来るのでしょうか?

例えば
個人年金控除の5万円
確定拠出年金の216,000円(月18000円)
計266000円の控除を受ける事が出来るのでしょうか?

Aベストアンサー

>個人年金と確定拠出年金は違うものなのでしょうか?
異なる。

>個人年金控除と確定拠出年金の所得控除を両方利用することは出来るのでしょうか?
可能。

>個人年金控除の5万円
社会保険料控除
>確定拠出年金の216,000円(月18000円)
小規模企業共済等掛金控除

Q確定拠出年金の拠出配分についての質問

確定拠出年金をかけていますが、大きく分類すると国内 外国株式   国内 外国債券 銀行の定期等元本保証型とあります。現状国内株式価格が8800円前後で推移しています。今後の株価の見通しと
今後どのような項目に配分を多くしたらよいか教えてください。
今は国内債券4割 元本保証型を3割 外国債券を1割 国内株式を2割
おおよその割合ですがかけています。

Aベストアンサー

>今後の株価の見通しと
 マーケット・タイミング戦略は確率的に殆ど機能しない事が統計上明らかになっています。ご自身の市場観察眼に余程の自信があるか、市場観察眼のある人を見つける才能に余程の自身があるか(殆どの人はあてずっぽうで言っているだけです)のどちらかでなければ下手に相場を見るのは辞めた方がいいでしょう。一応申し上げておくと、個人的には株式に対して長期的に見るなら強気になってもいいと思っています。

>今後どのような項目に配分を多くしたらよいか教えてください
 先ほども申し上げたようにマーケット・タイミング戦略はその機能性が認められないので“いつ”より“どのように”配分するかが重要です。そしてこの配分は質問者様のリスク許容度で決定されます。

 質問者様の配分をみると、かなりリスク許容度が低いようですね。国内債権も含むと安全資産が実に7割にもなります。老後資金の殆どを確定拠出年金に頼っている自営業の方のポートフォリオならこんな感じになるか、というような印象を受けます。市場価格よりも安いものが多い事や分配金の再投資を課税されないでできる等のメリットを考えても安全資産ばかりに資金を投入するのはもったいないと個人的には感じます。

 それと外国株式を持っておられないようですね。為替リスクを考慮に入れても外国株式は国内株式より標準偏差が小さい(低リスク)です。リスク回避的でもこれを少量ポートフォリオに組み込むことは有用と言えるでしょう。

>今後の株価の見通しと
 マーケット・タイミング戦略は確率的に殆ど機能しない事が統計上明らかになっています。ご自身の市場観察眼に余程の自信があるか、市場観察眼のある人を見つける才能に余程の自身があるか(殆どの人はあてずっぽうで言っているだけです)のどちらかでなければ下手に相場を見るのは辞めた方がいいでしょう。一応申し上げておくと、個人的には株式に対して長期的に見るなら強気になってもいいと思っています。

>今後どのような項目に配分を多くしたらよいか教えてください
 先ほど...続きを読む

Q確定拠出年金について教えてください。 先日転職した先が、確定拠出年金に加入でした。 詳しい説明を受け

確定拠出年金について教えてください。

先日転職した先が、確定拠出年金に加入でした。

詳しい説明を受けていない為、よくわからないことがあります。

・確定拠出年金は厚生年金に上乗せ?されるものなのでしょうか?(厚生年金は会社員ならば必ず加入するものだと思うのですが、厚生年金に加入していてさらに確定拠出年金に加入したことになるのでしょうか?)

・前職まで厚生年金に加入していたのですが今までの年金はどうなっているのでしょうか?

・確定拠出年金は退職金ってことですか?

恐らく会社の規定によって様々異なると思うのですが…。

どなたか詳しい方教えていただけると助かります!よろしくお願いします!

Aベストアンサー

>・確定拠出年金は厚生年金に上乗せ?されるものなのでしょうか?
制度の経緯からすれば「上乗せ」とも言えますが、実際には別物です。
 ・「厚生年金基金」は厚生年金の上乗せでしたが、基金が破たんをきたした。
 ・そこで上手く基金を解散できたところなどは、基金の代わりに確定拠出型年金[401k]と言うモノを労働者にあてがった。
 ・確定拠出年金は労働者の自己責任で投資額(掛け金)の運用指示を行う。その為、年金として受け取る際に、個人の年金財源が10億円[冗談だけど]の人もいれば、拠出金総額を下回る[事務手数料が控除される関係で]人も出る。どっちに転ぼうが自己責任。

☆プチ情報☆
厚生年金や国民年金は「確定給付型年金」と呼び、掛け金は変動するけれど年金額が決まっている(計算により推測できる)
一方、毎月決まった掛け金を拠出して、年金額は運用次第(才覚と運任せ)となっているのが「確定拠出型年金」


> ・前職まで厚生年金に加入していたのですが今までの年金は
> どうなっているのでしょうか?
脱退一時金等を受領していないのであれば、企業年金連合会預かりになっているモノと思われます。
判断する上での情報が無いので、この点はあいまいな答えでお許しください。


> ・確定拠出年金は退職金ってことですか?
そういう目的で導入している企業もあります。
 ⇒そういう目的で導入している企業には大変失礼ですが、退職金がゼロになるか10億円になるのかバクチを労働者に打たせるのはどうなんですかね?

一方で、最初に書きましたように厚生年金基金を解散した代替えとして、各人の自己責任で個人年金を作らせる目的で導入している企業もあります。
 ⇒私が勤めている会社は20年ほど前に基金解散を行いましたが、その代替えとして導入を検討いたしました[自己責任だと知らんぷりしてリスクを労働者に丸投げすることが倫理的に問題と言う考えで見送り]。


> 恐らく会社の規定によって様々異なると思うのですが…。
その通りですね。
公的年金である厚生年金保険は、会社の規定に関係なく強制加入[一部例外はあるけれど]。
一方、適切な言い回しではありませんが・・・厚生年金基金や確定拠出型年金を用意するかどうかは各企業の自由。

>・確定拠出年金は厚生年金に上乗せ?されるものなのでしょうか?
制度の経緯からすれば「上乗せ」とも言えますが、実際には別物です。
 ・「厚生年金基金」は厚生年金の上乗せでしたが、基金が破たんをきたした。
 ・そこで上手く基金を解散できたところなどは、基金の代わりに確定拠出型年金[401k]と言うモノを労働者にあてがった。
 ・確定拠出年金は労働者の自己責任で投資額(掛け金)の運用指示を行う。その為、年金として受け取る際に、個人の年金財源が10億円[冗談だけど]の人もいれば、拠出金...続きを読む

Q企業型確定拠出年金の運用方法(初心者です)及び書籍を教えて下さい!

いつもお世話になります!
5年程前から主人の会社で拠出年金が導入され、現在残高が250万程あります!
主人はお金の事は無頓着で、妻の私も拠出年金の説明を受けたわけでもなく、今まで加入時に入ったまま動かさずにしておりました。(元金保障型80%、日本債権20%)が、今、このタイミングに少しでも老後の年金を増やしたく、スイッチング及び運用割合を変更しようと思うのですが、さっぱりわかりません。
家を購入したばかりで、住宅ローンがかなりありますので、老後に余裕があるという生活ではありません。
主人は現在45歳です。

Q1.初心者にもわかり易い投資のお勧め本を紹介して下さい。
Q2.拠出年金の見直しは年に何度位行えばよいものでしょうか?
Q3.今、現時点でスイッチング及び割合変更するのは、どの様な商品が良いと思われるでしょうか?

もちろん自己責任において判断致しますので、上記アドバイスを頂きたと思います。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

A1.山崎元氏の「超簡単 お金の運用術」

A2.コスト次第だが年一回程度が一般的

A3.タイミングで積極的に資産配分を変える投資手法はコスト分、配分が一定のそれに勝てない事が統計的に明らかになっており余程自身の景気判断に自信が無い限りお勧めしない。

>元金保障型80%、日本債権20%
 現在の資産配分はインフレリスクに脆弱、リスク減少を最優先にするとしても国内外の株式を10~20%は持つべき。

>住宅ローンがかなりありますので、老後に余裕があるという生活ではありません
 であればリスク資産(株式等)の保有は上記の提案程度に抑えるべき。その水準まで下がったら困るというなような最大限の負担可能リスクを基準に資産配分を考えるのが投資の基本。
 住宅ローンがあるうちは拠出額を最低限まで減らしてローンを返済するのがベター。3%のローンを返すのは3%の元本保証で非課税の預金をするのと同じ効果。

Q確定拠出年金

確定拠出年金に加入したいと思っています。
現在勤めている会社では厚生年金に加えて厚生年金基金に加入しています。
このような場合は個人型確定拠出年金には加入できないことは調べて分かりました。
会社が企業型確定拠出年金を行っていない場合は、結局確定拠出年金に加入することはできないのでしょうか。

会社の話では厚生年金基金の運用がうまくいっていないので、そのうちなくなるかも、ということだったのですが、それまで待つしかないのでしょうか。

詳しい方、ご回答お願いします。

Aベストアンサー

企業型確定拠出年金は、勤務先が制度を導入していなければ加入できません。
また、厚生年金基金に加入しているということですと、残念ながら個人型確定拠出年金にも加入できません。

しかしながら、「確定拠出年金法等の一部を改正する法律案」が国会(衆議院)で審議中です。
改正案の通りに成立しますと、厚生年金基金の加入者でも個人型確定拠出年金に加入できるようになります。
改正案では、2017年1月1日施行で、掛金額は月額1.2万円(年額14.4万円)が上限となっています。
私は今国会での成立を期待しておりますが、まだどうなるかは分かりません。

議案の行方にご注目いただき、上記の通りに改正されましたら、個人型確定拠出年金への加入をご検討いただくのが良いと思います。
掛金の全額が所得控除の対象となりますが、これは勤務先の年末調整で手続きが可能です。
また、厚生年金基金は解散する可能性もあります。勤務先が企業型確定拠出年金を導入した際には、個人型確定拠出年金で積み立てていた資産を企業型確定拠出年金に移換することが可能です。

以上、お役立ていただければ幸いです。

企業型確定拠出年金は、勤務先が制度を導入していなければ加入できません。
また、厚生年金基金に加入しているということですと、残念ながら個人型確定拠出年金にも加入できません。

しかしながら、「確定拠出年金法等の一部を改正する法律案」が国会(衆議院)で審議中です。
改正案の通りに成立しますと、厚生年金基金の加入者でも個人型確定拠出年金に加入できるようになります。
改正案では、2017年1月1日施行で、掛金額は月額1.2万円(年額14.4万円)が上限となっています。
私は今国会での成立を期待しております...続きを読む

Q確定拠出年金の商品選択について

確定拠出年金の商品選択で迷っています。
月額6.8万円を25年間かける予定です。他に個人的に資産運用を続けていくつもりで、こちらは定期預金・外国債券・日本株・外国株と分散投資をしています。
確定拠出年金は、老後の日常生活費と考えているので、日本におけるインフレリスクへの対応に焦点をしぼって、TOPIX連動型に100%いこうと考えています。もちろん、給付時期が近づくにつれて(実際は65~70歳からになりそう)債権や定期預金タイプに徐々に移管するつもりです。
この考え方をどう思われますか。

Aベストアンサー

考え方はこれで大丈夫だと思います。
ただ、1つだけ注意したいのが、特別法人税です。
2008年3月末までは、凍結される見通しですが、これが再開されると資産総額に対して年1%(国税)+住民税分が運用成績に関係なく差し引かれます。
その頃には、公的年金控除額よりも、特別法人税の方が影響が大きい資産になっていると思います。
この分のリターンだけは確保しておかないと、税金で元本割れになるかも知れません。

参考URL:http://www.cci-nenkin.jp/joho/joho03_01i.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報