これからの季節に親子でハイキング! >>

バッテリー液の残量を見る時、正直どれくらい入っているのかよくわかりません。なので、毎回蓋を開けて電極板?にバッテリー液が浸かるように補充しています。
逆に言えば、使っていない場合は不足していると判断しています。
この認識で正しいでしょうか?

「バッテリー液の補充について」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

基本的にあっています。


電極を露出させないラインが最低ラインで液口スリーブの下端が最高ラインです。
バッテリー補水口って下に向かってパイプ状に伸びていますよね?これが液口スリーブでバッテリーを揺らされたときに波が換気口を直撃しないためのものです。
ただこれの下端以上にバッテリー液が入っているとガスが抜けなくなりますからここの下端に触らないのが上限、ということになります。

http://gyb.gs-yuasa.com/download/manual/file/man …

なお、ふたを開けるのであればまずはバッテリーの上面や側面をきれいに拭いてからです。
ふたを開けて懐中電灯で照らすと側面から水位はそれなりに判るはずです。
「バッテリー液の補充について」の回答画像8
    • good
    • 1
この回答へのお礼

とても丁寧なご回答ありがとうございました。

お礼日時:2016/11/25 00:36

画像のバッテリーに限って言えば、もうとっくの昔に寿命が尽きているようですね。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

一月半前にオートバックスでみてもらった時はまだ問題ないと言われましたが。

お礼日時:2016/11/25 00:35

こんにちは。


ご質問者さんの認識で正しいと考えます。(バッテリーは補水が出来るタイプだと思います)
MFバッテリーですと、液口栓の上全面がシールや樹脂カバーで覆われていて補水が安易には出来ないようになっているはずです。
また、たしかに液口栓は開けにくくなったタイプですが、10円や500円硬貨を十字に切った部分に差し入れて回すと開けやすいと思います。
似たタイプで、GS/ユアサバッテリーの取扱い説明書(PDF)がありましたのでご参考に。
*6ページに側面から液面が確認できない場合の液面確認・補水要領が載っています。
http://gyb.gs-yuasa.com/download/manual/file/man …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても丁寧なご回答ありがとうございました。

お礼日時:2016/11/25 00:36

昭和の時代は、補水していましたが、


平成の自動車は、ほぼ(多分全部)補水不要です。

補水不要バッテリーは、MF(メンテナンス・フリー)バッテリーと呼ばれます。

大昔の補水が必要なバッテリーは、キャップが手で開けられるように
なってました。

http://store.ponparemall.com/asg/goods/indigo_00 …

上面の6つの黒い部分がキャップです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
そうだったんですね!
確かに昔の車のバッテリーのこのようなキャップが付いていますね!
今のは開けづらいので、開ける必要がないってことなんですね。

お礼日時:2016/11/24 19:14

最近のバッテリーの液は、減らないです。

私は、メンテナンスフリーのバッテリーではない、安物のバッテリーを使っていますが、補充した記憶がありません。寿命では、ないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
今のバッテリーはそうなっていたんですね!
イエローハットで購入しましたが、今回蓋を開けて見ると結構減っているように見えましたので、精製水を入れてみました。
ただもうすぐ買い換えて2年たつので、確かに替え時だと思います。

お礼日時:2016/11/24 18:01

補水不要のバッテリーのように見受けられるのですが、


バッテリー液が減るのですか?

であれば、バッテリーを交換したほうが良いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
補水不要のバッテリーがあるんですか!
全ての蓋を開けて見ると、ある程度減っていたので補水しておきました。

以前、バッテリーを交換する際に、カーショップの店員からこまめにバッテリー液をチェックして補充しておくとバッテリーの持ちが良いと聞いておりましたので。

お礼日時:2016/11/24 17:58

極板と電解液が科学反応して電気を発生します、半分しか浸かっていないと、電気発生能力も当然半分になります。


一応その認識で正しいですが、減るということは、ぎりぎりだと、すぐにつぎ足す必要?。
極板同士を連結する、棒状の金属、あれが浸かる手前までならOK。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
一応、1センチほど使っているところまで補充しております。
あまり入れすぎるのもよくないようなので、電極板が少し使っている状態で、あとは毎月チェックしようと思っています。

お礼日時:2016/11/24 17:55

まぁその認識で問題ないと思います。


ただし何を足しているかが問題。
液が減った原因が蒸発の場合、蒸発するのは水だけなので電解液を足すと濃度が濃くなりすぎます。そういう場合は純水を足します。
倒したりして電解液をこぼしたようなときは水を足すと薄くなるので電解液を足します。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
一応、カーショップで購入した精製水を補充しております。

お礼日時:2016/11/24 17:54

間違ってはいないと思いますが…通常はバッテリーの正面に「レベルライン」があるはずです。


その中にあれば大丈夫、減っていれば加水、ということですね。

なお…出来ればバッテリーの上面は「あまり汚くしておかない」ほうがいいですよ。
少しくらいなら平気ですが、埃が厚く堆積してしまうようだと、リークする可能性があるからです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
側面にラインがありますが、どうもよく分かりません。
ライトで照らすとわかるのですかね?

お礼日時:2016/11/24 17:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qバッテリーの液口栓の開け方

今までバッテリーが上がったことも無く気にしていませんでしたが、最近バッテリーが弱くなってきたこともあり、新品に買い換えました。

そこでふと疑問に思ったのですが、液口栓の開け方が分かりません。
つまみみたいなものがあり、それを回して開けるタイプではなく、十字の溝がある栓です。
プラスドライバーを合わしてみましたが、サイズがまったく違い、開ける事は不可能でした。
ホームセンターでバッテリーが置いてあるコーナーに行っても、液口栓を開けるようなものはおいてありませんでした。

液を補充する時や、充電するときも液口栓を開ける必要があると聞いたので、いざと言うときに困らないように、どうやって開けるか教えてください。

Aベストアンサー

最近のバッテリーはメンテナンス・フリーですから
液の補充は必要有りません。

補充しなければ成らないほど、液面が下がった場合は補充しますが
その際は、皆さんの回答の通り、コインを使うのが一般的です。

そもそも、バッテリーの交換時期って事は有りませんか?
早め早めの交換が無難ですよ。
外出先で、動かなくなったら悲惨ですよ。

Qバッテリー液の補充は水道水でもいいですか?

バッテリー液の補充を頻繁にしています、10日ぐらいで300ml入ります。

バッテリー本体は1年ぐらい前に交換しました。

カーショップでバッテリー液を購入しているのですが、なんだかもったいなくなってきました。

以前の車は、バッテリー液の代わりに水道水を補充していましたが、特に問題なく走っていました。

少し不安に思いますが、水道水でも大丈夫なのでしょうか?

Aベストアンサー

>少し不安に思いますが、水道水でも大丈夫なのでしょうか?

大丈夫/ダメ の2択なら、ダメです。

バッテリー液が減る=水が電気分解されて、水素と酸素(共に気体)になって放出される。
水道水には、カルキなど不純物(純水以外の成分)が含まれているので、
補充を続けると、不純物が蓄積されて行き、バッテリーの寿命を縮めます。

では、どれだけ寿命が縮むか?
すみません。正直良く分かりません。
水道水を使っていて、体感できるほど寿命が縮んだなら、次のバッテリーには
水道水を入れないようにすれば良いと思います。

質問には無かったのですが、そこまでバッテリー液が減るのは異常です。
バッテリー液が減る=過充電状態 です。
オルタネーターのレギュレーターの点検をお勧めします。

Qバッテリー補充液を入れすぎました

 http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=143070 と同様の質問です。
 トヨタのミニバンに乗っています。普通のクルマです。先日、ふと気づいたら、バッテリー液が不足しているようでした。そこで、クルマ用品店に行ってバッテリー補充液(強化液)を買ってきて入れました。希硫酸にちょっとした添加物が入っているものです。6箇所のキャップがあり、それぞれに順次継ぎ足しましたが、終わってから見てみると、そのうち2箇所で上限のラインを 1cm ほど超えています。4箇所は正常です。
 その後、乗ってみると、まあ普通に動きますし、バッテリーの調子が悪いとも思いません。しかし、上限値を超えていることが心配です。このまま乗っていてもいいものでしょうか。それとも、何とかして少し減らした方がいいのでしょうか。上限値を超えると、どんな不都合があるのでしょうか。
 教えてください。

Aベストアンサー

マニュアル的にいえば抜いた方が良いでしょう。
また、メーカーに問い合わせれば上限にあわせてください。と返答があるかと思います。つまり、それを認めた場合、万が一のことがあればまずいですから。


でも、私ならおそらく抜きません。
私は以前ラリーとダートトライアルにでていました。
車は常に振動しています。砂利道だってまだあります。
特に競技では、振動ははんぱじゃありませんボディ剛性足りず亀裂が入ることもめずらしくはありません。横転することもあります。
また、熱の問題ですが、気温が高い位は全く問題ありません、まずバッテリーはエンジンルーム内に設置して使うことを前提にしてありますから、エンジンの熱で想像以上の温度になります。レースでは公道とは違いかなり高回転まで使います。その時の水温、油温相当高く、エンジンルーム内も想像以上です。

しかし、特にそのレベルのレースでは市販品でなにも問題ありませんでしたから、ちなみに本格的なレースではドライバッテリーを使います。

まあ1cmなら自分なら気にしません、むしろ足りない方がいやですね。

Qなぜバッテリーの箱は透明ではないのか?

 バッテリー液の液量を点検しようとした時に気づいたのですが、なぜバッテリーの箱は半透明なのでしょうか?液量を確認しやすくするためには、透明の方が見やすいはずです。事実、半透明だと全然液量が見えません。少しでも蒸発を防ぐためなのでしょうか?車をゆすると量がわかるといいますが、みなさんはそのようにされておられるのでしょうか?
 箱の上から確認できるものやメンテナンスフリーなどもあるようですが、私のは一番一般的なものです。皆さんはどの程度で点検をし、補充するサイクルはどの程度でしょうか?また、点検しやすい方法があれば教えていただきたく思います。

Aベストアンサー

昔はガラスでできていたそうですね。今は材質的にプラスチックですので透明にするのが難しいのでしょう。しかしそれでも一昔前(三昔かな。)は黒いものが多かったからまだ見えやすくなったのでしょう。

大体端の方から少なくなります。その部分のセルの蓋をとって中をのぞくと入れ口の両側に湾曲した板が内側に向かってついています。液面が少なくなると、先端から液面が離れて平らになります。補充液を注ぎ適量になると先端に接触して、表面張力で液面が湾曲しますので、これを目安にすればよいでしょう。

Qバッテリーの液口栓(キャップ)

バッテリーを充電しようと思い、充電器の説明書を読むと以下が書いてありました。

充電するバッテリーの準備
(前文省略)
バッテリーの液口栓(キャップ)を全部取り外し、液口の上に締め付けずのせておいてください。(充電中、バッテリー内部より発生するガスの排出及び、バッテリー液が周りに飛び散らない様にするため。)
(以降省略)

オルタネーター(ダイナモ)がエンジン運転中にバッテリーを充電しているときは、何故、液口栓を閉めたままでいいのでしょうか。

Aベストアンサー

オルタネーターで充電する時は、電圧充電ですので、泡の出て来る量が少ないです。

これに対して充電機で充電する場合は電流充電ですので、充電終了まじかには大量の泡が発生します。
この時に液栓の穴が詰まりかけていたりすると発生したガスが逃げ難く圧力が上がり、最悪バッテリーのケースが破裂します。

ですので、充電器電充電する時は、液栓を外して下さいとなります。

Q車のバッテリーの端子部分に青い粉の様なものが噴いています。

車のバッテリーの端子部分に青い粉の様なものが噴いています。
これはなんでしょう?

粉はプラス側とマイナス側両方に出ています。(マイナス側の方がひどい)

掃除しても掃除しても気付くと出ています。

この粉が原因かは不明ですけど、気付くと車の時計がめっちゃ狂っていたり、時々バッテリーがあがったりします。
どうしたらいいのでしょうか?

どなたか教えてぐぅ~

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

青い粉の正体は「緑青(ろくしょう)」です。
バッテリー端子その物は鉛ですが、鉛端子に接続されてるケーブル線の端子は銅です。
銅の錆びを「緑青」と言います。
緑青が吹く程の錆びを放置してると「接触不良」の元ですから、綺麗に錆びを落としてください。
手順は、
1、マイナス側の銅端子のナットを弛めて外す
2、プラス側の銅端子を同じように外す
3、バッテリー端子をサンドペーパー(紙ヤスリ)で磨く(錆び落とし)
4、銅端子の錆び(緑青)を同じように落とす
5、銅端子の内側はサンドペーパーを割り箸等に巻き付けて磨く
6、端子が綺麗になったら、プラス側端子からバッテリー端子に取り付ける(ナットはシッカリ締める)
7、最後にマイナス側端子をバッテリーに取り付ける

バッテリー端子の接触が悪いと充電もまともに出来ないですし、セルを廻す時も大きな電流が流れ難くなります。
しかし、そこまで放置してたバッテリーなら、バッテリーの寿命になってるかも知れませんので、最悪はバッテリー交換になると思います。

Qバッテリー液の補充頻度はどのくらいが一般的でしょうか?

バッテリー液の補充頻度はどのくらいが一般的でしょうか?
通常は一度も補充する事無く寿命を迎える事が多いですか?

Aベストアンサー

最近のMF(メンテナンス・フリー)バッテリーなら、バッテリー寿命まで補水が要らない事が多いようです。

普通バッテリータイプでも大体、補水が頻繁(3~4ヶ月に1度)になるようだと、既に寿命です。

夜間、アクセルに合わせてライトの輝度が変わるようだと、バッテリー交換時期か、充電系の故障だと思ってください。(一時的な電気の使いすぎもありえますが・・・要注意)


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング