プロが教えるわが家の防犯対策術!

スポーツの中にはトレーニングするだけで高額の費用がかかるものがあり、若い頃から一流のコーチにつけてトレーニングしていれば数百万、数千万かかるものも多いです。

一方で、野球やサッカーの一流選手の中には母子家庭だったとか、若い頃の貧乏育ちを告白する人も多く、貧乏育ちの悔しさをバネにして頑張って超一流になった選手も少なくありません。

今では野球やサッカーもある程度のお金がないといいトレーニングを受けられないと言われますが、今あるスポーツで、育ちが貧乏でも一流になれる可能性があるスポーツと、裕福な育ちでないと一流になれないスポーツをそれぞれ挙げるとすれば何になるでしょうか。

私の予想は以下の通りです。他にもいろんなスポーツがあると思うので挙げてみてください。
〇 育ちが貧乏でも一流になれる可能性があるスポーツ
  野球、サッカー、ラグビー、陸上

〇 裕福な育ちでないと一流になれないスポーツ
  ウィンタースポーツ全般、テニス、馬術、射撃、モータースポーツ

質問者からの補足コメント

  • 貧乏でも一流になれる可能性があるスポーツは、育ちが貧乏でも15歳頃までに大器の片鱗を見せ、優秀な指導者の目にとまってあとは組織的な支援を受けるようになるというものも含んでいます。

    今の時代、スポーツで一流になるには親がかなりの投資をする必要があると言われますが、その割には今の野球やサッカーの一流現役選手のほとんどが、親が裕福だったという話を聞きません。

    貧乏の悔しさをバネにしてトレーニングに励み、そして一流選手になったという人はこれからも沢山出てくるのではないでしょうか。

    No.3の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2016/12/17 16:11
  • トレーニングするのにお金がかかるスポーツは裕福でないとできませんよ。
    貧乏育ちが必ず大成すると言っているわけではなく、貧乏育ちでも一流になれる可能性があるかどうかを聞いており、全然違うので誤解なきよう。
    (というか、普通の日本語能力があれば誤解する可能性はないはずなんですが)

    No.4の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2016/12/17 18:45
  • 回答がずれていますね。

    金をかけてもかけていなくても一流になれる可能性があるスポーツと、金をかけることが前提で、その中で一流になれる人となれない人に分かれるスポーツを聞いています。

    質問文をよく読んで回答してください。

    No.6の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2016/12/18 08:33
  • 運について聞いているのでなく、育ちが貧乏でも大成する可能性があるスポーツと、貧乏だとトレーニングできないため大成する可能性がゼロであるスポーツについて聞いています。

    質問をちゃんと読んで下さいね。

    No.5の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2016/12/18 12:29
  • 金がないとできないスポーツはありますよ。
    フィギュアスケートなんか、スケートやリンクを確保するだけでも相当金がかかりますし、そのようにしてある程度トレーニングしなければ素質や才能があるかどうかも分かりません。

    野球やサッカー、陸上や格闘技などは貧乏でも学校の部活動などで実績を残せばトレーニングにお金を出してくれる人も現れるでしょうが。

    貧乏でも一流になれるスポーツと、裕福でなければ一流になれないスポーツは確実に存在するのです。
    金なんか関係ないというのは単なる綺麗事ですよ。

    No.8の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2016/12/18 17:48
  • あなただけ回答がずれまくっているのですが。というか回答にもなっていないです。
    ここは質問に答える場所であって、自分の意見を表明する場ではありません。

    No.9の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2016/12/18 19:16
  • あなたは質問に対して回答していません。
    ここは質問に対して回答する場ですので、それ以外の書き込みは利用規約に反します。

    「人それぞれ」ですか。全く意味がなくかつ無責任な書き込み(回答ですらない)ですね。

    No.10の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2016/12/18 19:24

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中1~10件)

よその国を誹謗するつもりはありませんが、


国際大会で、アフリカや南米など、
いわゆる貧しい国が強いスポーツに他なりません。
・道具を使わないで、体一つでできる。
・ボール一つでできる
貴方のいう、陸上、サッカーですね。
体一つでも設備の必要な、水泳やスケートはお金がかかります。

・日常生活や労働がトレーニングになる。
やっぱり、すべてのスポーツの基本、「走る」事ですね。
    • good
    • 0

差別してるということで、通報しときます。

後は知らんでー。
    • good
    • 0

貴方がずれてるんですよ、舐めてるんですよね、スポーツ選手の事。

    • good
    • 0

金を理由に諦めるか、実力を理由に諦めるか、人それぞれなんじゃないですか、ケガもあるしね、そう都合よくいかないですよ。

この回答への補足あり
    • good
    • 0

そう思うならそれでいいんでないの?その程度で言うことで。

この回答への補足あり
    • good
    • 0

いえいえ、金なんか関係ありません。

素質、才能がある人には金は集まります。才能あるけど金がないからやりません、結局金のせいにしてるだけです。その程度の人だったという事で。
この回答への補足あり
    • good
    • 0

大相撲は、貧乏でもいけそう。


相撲部屋は食べ放題で住むとこ確保できて、貧乏からの横綱ねらい可能。水戸泉関など、入門前、納豆でタンパク質をとってたとか。

他方、金かかりそうなのは、ちょっと邪道かもですが、
ヨット。
あと、ゴルフも金かかりそう。
    • good
    • 0

どんなに金かけても一流になれない奴なんか一杯いるんやで。

この回答への補足あり
    • good
    • 0

どんな環境条件でも大成する可能性が有るのかは


全て運(天性)にかかってくると思いますが・・・
他の分野の大成した人達でも運がやはり重要
な要素と思います。
この回答への補足あり
    • good
    • 0

裕福か貧乏よりも素質があるかどうかでしょう?


漫画の世界みたく必ずしも貧乏育ちが大成するとは限りませんから。
この回答への補足あり
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q生まれが貧乏だった現役プロ野球選手っていませんか?(in日本)

生まれが貧乏だった現役プロ野球選手っていませんか?(in日本)

日本でプロ選手って言うとどんなものでもお金をかけている印象があります
そんな中家庭が貧しいけど必死に頑張って今はセパのプロ野球選手として活躍している人を知りたいです

Aベストアンサー

昔の選手は、生まれが貧乏な人が殆どです。

坂東英二
「僕は子どものころ、ほんまに貧乏やった。貧乏が一番イヤなのは、自分を売らなアカンこと。学生時代には友だちとケンカしたでしょ。意見が合わないとき、顔色なんか見ない。“俺はこう思う”って言える。でもいま上司とか取引先が無理難題言って、それは明らかに間違っていたとしても、ケンカできないでしょ?  家族とか人生がかかってるから。それを考えて、自分を売るときが一番辛い。」

森祇晶
父親が多額の借金を抱えており、それ故に大学に行けるだけの頭脳を持ちながら高卒で野球選手になった

野村克也
家業は食料品店であった。父・要一は野村が3歳の時に満州にて戦死したというが、実際は道端の供え物の柿を食べて亡くなったらしく、幼少時代に情けない思いをしたと語っている。丹後ちりめんの産地で周囲は裕福な家庭が多い一方、野村の家は貧しく劣等感にさいなまれる。看護師だった母は病弱で癌も患うが、小学校1年から兄とともに毎日新聞配達をし父の戦友の助けと、母の糸繰りの仕事で何とか生活した。貧乏な生活から脱却したいとの思いから、将来は歌手になろうとコーラス部に所属したり、俳優になろうと映画館通いをしていた。中学2年のときに野球部に入り、次第に周囲から注目される。中学卒業後は働くように母から言われるが、兄が大学受験を断念する等の取り計らいにより京都府立峰山高等学校に進学する。母に内緒で野球部に入部するがばれて退部するよう言われるが、顧問の取り計らいにより続けさせてもらう。貧しくバットも買えないため、海水を一升瓶に入れて持ち帰り素振りをしていたという。野球部は大変弱く廃部も検討されており、野村も全くの無名選手だった。卒業後の進路は顧問がプロ球団の監督に手当たり次第に推薦状を送り、南海監督・鶴岡一人だけが返事をくれた。

スタルヒン
旧制中学1年時に、父親が自ら経営していた喫茶店「バイカル」の従業員に対する殺人事件を起こし受刑者となる。「殺人者の息子」となってしまったスタルヒンではあったものの、既に旭川中学校の投手として有名だったスタルヒン本人には同情が集まった事が、現在も外交史料館に残されている当時の取り調べ記録に「母トトモニ一般ヨリ同情ヲ受ケ居レリ」と記載されている。しかしながらこの事件の為に経済的に追い込まれ、旧制中学の授業料や生活費すら、同級生らによるカンパに頼るほど生活に困窮するようになっており[1]、日本国籍を取得できない遠因の一つになっていた。当初は、当時の日本野球の最高峰であり最も人気のあるチームの一つであった早稲田大学に進学することを希望していたものの、この事件の影響で、事実上大学進学はかなり難しい状況になっていた。

昔の選手は、生まれが貧乏な人が殆どです。

坂東英二
「僕は子どものころ、ほんまに貧乏やった。貧乏が一番イヤなのは、自分を売らなアカンこと。学生時代には友だちとケンカしたでしょ。意見が合わないとき、顔色なんか見ない。“俺はこう思う”って言える。でもいま上司とか取引先が無理難題言って、それは明らかに間違っていたとしても、ケンカできないでしょ?  家族とか人生がかかってるから。それを考えて、自分を売るときが一番辛い。」

森祇晶
父親が多額の借金を抱えており、それ故に大学に行けるだけの...続きを読む


人気Q&Aランキング