3年前に或る新聞で『メダカが絶滅』と掲載されていたので何とか探して庭の池で飼育していますがメダカを入れる以前に熱帯魚店から購入した緋メダカを入れており、私は緋メダカとメダカの混血が生まれると思っていましたがもう数世代交代(最初にそれらしきメダカを見たようにも思えますが)しているのに混血らしきメダカは生まれた様子はないのですが緋メダカは種として固定されたメダカでしょうか。但し探してきたメダカは『蚊だやし』とは違います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

先の方が解答したように緋メダカは野生種の黒メダカの突然変異種で黒色の色素胞のなくなってしまったものです。


しかし、遺伝上・分類上は同種の扱いになるので交配は十分に可能です。
記憶が確かならばメンデル遺伝に従うので緋メダカと黒メダカの中間の色合いのメダカが生まれることはなく、交配をしても子供の色は緋か黒かになってしまいます。
みかけは緋や黒であっても混血である可能性が十分に考えられます。

メダカが絶滅の危機に瀕しているのは確かですが、善意であれ採ってきて増やし、河などに放流する事は在野の遺伝子を撹乱させることは種をさらなる危機に追いやります。
趣味で飼う分にはよいのですが保全などは専門家にまかせるのがよいでしょう。
    • good
    • 0

緋めだか、普通のめだかの突然変異体で、時代はほぼ江戸後期の現在の江戸川区当たりで発生したらしいです。

もう古すぎてだれが、作ったのか分からないくらい古い改良品種です。
質問文でちょっと気になったのですが、普通のめだかを探してきて、増やしてこれからどうするつもりでしょう。
川に放すつもりなら、ちょっと聞いて下さい。
めだかは、各川それぞれに微妙に遺伝子が違うようで、増やしためだかを不用意に川に放すと遺伝子汚染になってしまいます。
むやみに増えためだかを放してしまっては、ブラックバスの放流となんら変わらない結果となり、せっかくめだかを川に増やそうとおもっても、悲しい結果となります。
めだかの事を思うなら、まづ、川から持ち帰らない、川に放さない事を心がけませんか?
川そのものを奇麗にする事を小さな事から初めてはいかがでしょう。
そうでなかったすみません。
    • good
    • 0

緋メダカは、メダカの黒色色素の欠損した突然変異体ですので、劣性遺伝だと思われます。



ちなみに、青メダカは黄色色素の欠損、白メダカは黒色黄色両方の色素が欠損した突然変異体です。

参考文献:平凡社世界大百科事典
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私のミスで御礼の事大変遅くなりまして申し訳御座いません。
緋メダカは突然変異の劣性遺伝ですから種が固定されており、緋メダカ同士なら、かけ合わせによれば真っ赤なメダカも誕生する可能性もある夢が開けます。
普通のメダカとは混血は不可能なので私の池のメダカは混血ではないと自信を持ちました。知り合いが分けて欲しいとの事なので渡すと3センチぐらいなので日本のメダカと違うとの意見があり心配していました。
余談ですが青メダカ及び白メダカは懐かしく思います。私の子供の頃は緋メダカの住んでいる池、場所は子供の秘密の場所でしたが青メダカ及び白メダカは宝物で絶対秘密の場所でした。御回答有難う御座いました。

お礼日時:2001/06/27 21:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q死んだメダカがいた水槽の子メダカ

メダカを15匹飼っていて、7匹死にました。
赤い斑点が出来たメダカは薬浴させて、良くなりつつあります。
元気なメダカは新しい水槽に移したのですが、気がついたら、前の水槽(死んだメダカを飼っていた)で、卵が孵化していました。
メダカが次々と死んだ水槽なので、大丈夫かなーと思うのですが、このままの状態で良いでしょうか?
以前、こちらで質問させて頂いた時に、水槽の中の物は捨てた方が良いとアドバイスを頂いたのですがどうしたら良いでしょうか?
孵化した子メダカから順々に新しい水槽に移した方が良いでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

メダカが死んだなんらかの原因があると思うので、子メダカは新しい水槽に移すなりして、その水槽の環境をリセットしてしまうほうがいいでしょう。新しい水槽の水を元に、飼育ケースなどでいいですから子メダカを入れるものを用意してください。
水槽のほうは、水はいったん捨て、底材は日光に当ててください。雑菌等は死にますがバクテリア等は残ります。
水槽も洗ったら、底材をセットし汲み置きの水、水草などを入れ、1週間ほどおいて環境を安定させてください。水が濁ったり、油膜状のものがあまり浮かないようでしたら、メダカを入れてもいいかと思います。

Q白メダカと青メダカの繁殖のさせ方

白めだかと青めだかの繁殖のさせ方と飼い方を教えてください。

Aベストアンサー

普通のメダカと同じですよ、照明時間と水温が合っていてオス、メス、いればそのうち卵を付けているのがいます、直接取ってもいいし産み付けるのを待って、別の入れ物に入れてもいいでしょう。
がんばってね!

Qメダカの水槽のライトと部屋の明かりについて教えてください。

メダカの水槽のライトと部屋の明かりについて教えてください。

今日、メダカを飼い始めたんですが
水槽に蛍光灯のライトがついています。

メダカも明るいと寝れないと聞いたので夜は消そうと思うんですが、何時ごろ消せばいいですか?


水槽がある場所は
昼は日光が自然に入るのでライトをつけるのは大体暗くなってからです。



それと
水槽のライトを消していても
部屋の明かりがついてると、メダカは寝れませんか?

水槽がある部屋は
夜中まで明かりをつけていることがよくあるんですが…メダカに影響ありますか?


よろしくお願いします。

Aベストアンサー

我が家は実に適当なのですが、照明は自分のためと、水草の為です。
外泊するとき消し忘れたら帰って来るまで、点灯したままの時のも有れば、朝点け忘れて暗いままのときも有り、小口モーリーの水槽なんか、稚魚の隠れ家として繁殖しているアメリカンスプライトに、遮られて殆ど明かりの無い状態が、2ヶ月ほど続くことも有りますが、元気です。
明かりには、神経質に成らなくても、大丈夫だと思います。

それより、温度管理と、水質管理が大事です。
他の方と同じですが、窓辺は、温度管理が難しいので、対策が必要かなと思います。

Q生まれたメダカがメスの割合が高い

こんにちは。
スイレン鉢でメダカを飼っているのですが、雌メダカの割合が非常に高いので「もしかしたら異常?」と思い質問させて頂きます。

はじめはオス2匹メス2匹の合計4匹からスタートしたのですが、今では(おそらく第4世代)少なくとも50匹はいます。
スイレン鉢の一つには第3世代のみが約20匹いるのですが、オス:メスの割合が1:9なのです。つまりオスが2匹だけなのです。
これってかなり異常ですよね?単純にメスの方が生存競争に強いということなのでしょうか?
魚類や爬虫類は水温で性別が決まると聞いたことがあるので、もしかしたらスイレン鉢(特に温度コントロールしてない)という場所が不適切なのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

環境ホルモン(内分泌攪乱化学物質)の作用で
生物がメス化するという報告があります。
また、生命は危機的状況に陥ると、子孫を残すため、
メスの出生率が増加すると言われています。
後世に子孫を残す目的においては、
雄は少なくても良いですが、
雌は多ければ多いほど良いですからね。

何かしら水槽内でメダカたちにとって
快適ではない状況が作り出されている可能性があります。
あくまで可能性ですが・・・
勿論大きくてろ過装置が装備され温度管理の出来る
水槽で飼ってあげるのが一番でしょうが、すぐにはむりでしょうし
とりあえずは、水草を十分入れ、水も今の水槽内の水を半分くらい
カルキを抜いたものと換えてみてはいかがでしょう?

Qメダカの2つめの水槽立ち上げについて

ゴールデンウィークに新品水槽(きんぎょのお部屋S)とメダカをもらいました。親メダカ4匹と、同じ水槽に稚魚ネットを入れて稚魚20匹程が居ます。

新たに水作のきんぎょファミリーLを購入したのでそちらを親メダカ用として立ち上げます。

今の水槽はロカボーイを使用しているので、一緒に水作エイトを入れて使用してバクテリアを定着させてから新水槽を立ち上げた方が早いのかなと思うのですが、どうでしょうか?もし今の水槽で水槽エイトに定着させる場合、どの位かかるでしょうか。また、ソイルと飼育水は少しでも新水槽に分けた方が良いでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは。

水槽の新規の立ち上げの場合は、「1~2週間水を回してから魚を導入」というのが鉄則ですが、すでに飼育中の水槽があるのでしたら、もう少し早く飼育を開始できます。
もちろん、現在お使いの水槽の濾過がしっかり効いていて、水が出来上がっている状態というのが大前提です。

水作を3日~4日程回して、濾過バクテリアをある程度定着させたら、飼育水の半分と一緒に親メダカを新しい水槽に移しましょう。
水作の濾過が完全にフル稼働するには、まだしばらく時間がかかりますので、二つの水槽を比べて、飼育密度の高い方に濾過能力の高いロカボーイをいれておきましょう。

メダカは中性付近を好みますので、PHを下げやすいソイルは、特に必要ではありません。
産卵後の卵の回収にも支障をきたしますので、無くても構わないと思います。

Qメダカのフィルターについて メダカを飼っているのですが、母が夜うるさいと言ってフィルターを消し

メダカのフィルターについて



メダカを飼っているのですが、母が夜うるさいと言ってフィルターを消してしまいます。消しても構わないのでしょうか?機種はニッソー製マスターパル1です。エアポンプも付けてます。

Aベストアンサー

原則、ろ過機を止める事は濾過槽内のバクテリアにとって「死」を意味します。
濾過槽内のバクテリアがダメージを受けると云う事はメダカさんにとっても「死」を
意味します。

ご質問のない様より察するに、ろ過機がうるさいのではなく「エアポンプ」がうるさいのではありませんか?
エアポンプは床等に直接置くと振動でうるさいものです。

最近はうるさくないエアポンプ・・・例えば日動のノンノイズ、水作の水心SSPPシリーズなどがありますが
紐をつけて空中にぶら下げるとどのエアポンプでも案外音は小さくなります。

とにもかくにも魚たちにはろ過機は生命維持装置ですので、
そのへんのところお母様と相談なさることをお勧め致します

ご参考まで

Qベタとメダカは一緒の水槽で飼えますか?

ベタとメダカは一緒の水槽で飼えますか?
メダカは5匹、ベタは3匹です。水槽は15×15×30cmほどです。

Aベストアンサー

(個性もあるので)やってみないとわかりません

Q卵生メダカと卵胎生メダカについて・・・。

はじめましてfish10000と申す物です。

今回はメダカについて皆様に御回答を頂きたいと思いました。

ではさっそくの質問です。


卵生メダカと卵胎生メダカについて色々な事を学びたいのですが、自分はあまりよく分からないので皆様に回答していただきたいです。

今現在、自分はメダカを飼おうかと悩んでおります。

そこで卵生メダカと卵胎生メダカのメリットとデメリットを書き込んでほしいという訳です。

今、自分が知っていると思われる知識では・・・。
卵生メダカは産卵管理が大変。(卵を孵化させるまでが。)
卵胎生メダカは水温に気を使う。(暑い寒い等。)
という事ぐらいです。(間違いがある場合は教えてください)

そして最終的には購入の方も検討していますので皆様が一人一票ずつオススメする方(卵生メダカor卵胎生メダカ)
のメダカに投票していただきたいです。

皆様の心からの御回答をお待ちしております。


そしてこれらの長い文章を読んで頂き誠に有り難う御座いました。

Aベストアンサー

質問者様、新年明けましておめでとうございます。
今年初めての回答をさせて頂きます。

>卵生メダカは産卵管理が大変。
 卵生メダカを大きく分類すると、年魚と非年魚に別けられます。
 年魚は中央アフリカや、南米に生息する、雨季と乾季のある地方に生息するメダカで、雨季の水がある間に産卵して、乾季で乾上がり水が無くなる3ヶ月から7ヶ月を土の中で卵で生き続け、雨季が来て雨が降り、水が溜まると孵化して成長し産卵するメダカたちです。種類としては、ノソブランキウス属、旧シノレビアス属(旧というのは、現在はオーストレビアス、シンプソニクティス、等4~5属に分類されております。)が代表種ですね。
 非年魚は西アフリカ等の乾季の無い細流に生息するアフィオセミオンの仲間、プロカトーパスの仲間、リブルスの仲間、エピプラティスの仲間等、沢山の種類のメダカが居ます。日本メダカもオリジアスの仲間で卵生メダカの一種です。

これらは、卵胎生メダカの良く知られている、グッピー、プラティ、ソードテール等の改良品種とは違い、一部を除き、殆どが原種を基本に累代繁殖を目的として飼育されております。
 その特異な生態と、極彩色を纏った姿は、海水魚の色彩にも勝るとも劣らず熱帯魚飼育の魅力の全てが網羅されて居るといっても過言では無いでしょう。
 特に繁殖はこのメダカたちを飼育する上で最も魅力的で、繁殖を目的としないのであれば、ただ単に死ぬまで生かして、命を粗末にするだけの行為と認識して飼育しない方が良いでしょう。

 一つの例として今私が飼育しているアルゼンチンパールフィシュという名前で販売される事もあるオーストレビアス・ニグリピニスは、黒地にブルーの細かいスポットが沢山入っているとっても綺麗な初級者向きのメダカです。17cm×17cm×17cmの水槽に、ろ過器無しのヒーター無し、水草を浮かべ蛍光灯を使用、オス1、メス2の1トリオで、水槽内に産卵床のピートを入れたコップを入れてあります。朝の水温は10度、日中12度くらいに上がると、オスがメスを産卵床のコップに誘い、2匹同時にピートに潜り産卵しております。

 卵胎生メダカについては、先に述べたグッピー等のメダカのほかに、ガンプシアの仲間とポリキリアの仲間等がいます。卵胎生めだかで検索すれば色々ありますね。

 卵生メダカは一般のショップではなかなか手に入らないので、国内の通販で買う事が確実です。URLを貼っておきます。
http://www.ne.jp/asahi/medaka-ken/k.t/index.html
http://toyoama.jp/
写真を見るだけでも楽しいですよ。

質問者様、新年明けましておめでとうございます。
今年初めての回答をさせて頂きます。

>卵生メダカは産卵管理が大変。
 卵生メダカを大きく分類すると、年魚と非年魚に別けられます。
 年魚は中央アフリカや、南米に生息する、雨季と乾季のある地方に生息するメダカで、雨季の水がある間に産卵して、乾季で乾上がり水が無くなる3ヶ月から7ヶ月を土の中で卵で生き続け、雨季が来て雨が降り、水が溜まると孵化して成長し産卵するメダカたちです。種類としては、ノソブランキウス属、旧シノレビアス属(...続きを読む

Qクロメダカ水槽にミナミヌマエビの導入を検討しています。

クロメダカ水槽にミナミヌマエビの導入を検討しています。

現在、60×25×30cmの水槽にクロメダカ16匹、30×17×20の水槽に4匹飼っています。
卵から飼いはじめたので、生後約1ヶ月で約6~7mm程度に成長しました。

メダカだけでは寂しいので、ミナミヌマエビを導入しようか考えています。
ただ、まだメダカが小さいのでミナミヌマエビを導入すると捕食されて全滅してしまわないかと心配になっています。

メダカ水槽にミナミヌマエビを導入する場合、メダカが何mmぐらいでミナミヌマエビの導入が安全でしょうか?

またネットで調べたところ、メダカ:ミナミヌマエビ比率は3:1ぐらいがいいと書いてありましたが、その比率で良いでしょうか?

教えてください。

Aベストアンサー

カラーメダカを飼育している者です。飼育に関してですが、親の個体とはミナミヌマエビは良いのですが、仔魚や稚魚の場合ですと食害されます。

 食害の防止策は1.5cm位の大きさになれば、ミナミヌマエビはメダカ等に逆に追い回されますから問題はありません。これがヤマトヌマエビですと親は勿論ですが、自分の倍のタナゴ、モロコ、ドジョウ等に関しても抱き付いて噛み殺してから食べますので、コイ、フナ等の大型魚以外とは飼えません。

 私の家の例ですが、メダカ50:エビ5の比率にしており、掃除屋として働きます。比率を高くするとエビやカニはメダカ等に抱き付きますので、避けています。死肉を食べた個体は肉の味を覚え、生体を襲う様になり、危険です。

Q川でとってきたばかりのメダカが即、死んで行く。

先日、メダカを取りに川へ行きました。
捕まえてからすぐに移動用の小さな水槽の中で死んでしまうものが
何匹かいました。それらは川へ流しました。

結局、30匹程度、持ち帰り、
大きめの金魚鉢へ移し、水は川からとってきた水を使用しました。

翌日、みてみたらバタバタしんでいて
すでに10匹程度しかいません。

ショック死したのでしょうか?
原因がわからず、困っています。

Aベストアンサー

まず、この季節で疑われるのが、高水温と酸欠です。

=高水温=
メダカは夏でも30℃未満の水温で飼育する必要があります。
飼育水が短時間でも35℃を超えると、メダカにダメージを与え、ポツポツ死んでゆきます。
長時間、35度以上の高水温には耐えられません。
川でメダカを取ってきてから、自宅の金魚鉢へ離すまでに、メダカの水温が高くなるようなことはありませんでしたか?
自宅では、涼しい日のあたらない場所へ金魚鉢を置いていますか?
この季節は、明るい窓際などに金魚鉢を置くと、直射日光が当たらなくても、結構水温が高くなるので注意が必要です。

=酸欠=
メダカを飼育している金魚鉢は何リットルくらい入りますか?
30匹を長期飼育するには、水槽サイズで最低45センチ26リットル以上は必要です。
取りあえず、数日間の仮の住処としても30センチ12リットル程度は必要です。
ただし、この水量ではメダカにかなりのストレスを与えます。
なるべく早めに大きな水槽へ移してあげましょう。
また、その水量に溶け込んでいる酸素の量も限られます。
メダカたちは水面で口をパクパクしていませんか?
もしも、水面でパクパクしていたら酸素不足で窒息しています。
空気ポンプで空気をブクブクしてあげましょう。

そして、大急ぎで信頼のおける熱帯魚店でメダカ30匹の飼育用の水槽・フィルター・底砂・餌を買ってきましょう。
そのときに、メダカの飼育方法を教えてもらいましょう。

一応、江ノ島水族館のメダカの飼い方のHPをお知らせします。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~kurobe56/fms/intro6.htm

まず、この季節で疑われるのが、高水温と酸欠です。

=高水温=
メダカは夏でも30℃未満の水温で飼育する必要があります。
飼育水が短時間でも35℃を超えると、メダカにダメージを与え、ポツポツ死んでゆきます。
長時間、35度以上の高水温には耐えられません。
川でメダカを取ってきてから、自宅の金魚鉢へ離すまでに、メダカの水温が高くなるようなことはありませんでしたか?
自宅では、涼しい日のあたらない場所へ金魚鉢を置いていますか?
この季節は、明るい窓際などに金魚鉢を置くと、直射日...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報