痔になりやすい生活習慣とは?

①ロケットを宇宙に向けて発射するとき、テレビなどで見ると、
かなりのスピードで空気の線?が見える程ですが、
なぜあれほどのスピードが必要なのでしょうか?

②大気圏に突入するとき、すごいスピードで
マッハ21.8にもなると、温度も断熱圧縮で1300度?
と、どっかの回答で見かけたのですが、
なぜ、それほどのスピードと温度になってしまうのですか?

飛行機から物を落としても、たかだか数百キロですよね?
空気の薄いとことなら、空気の圧縮もなく…。と思ってしまうのですが。
隕石なんかは、周回軌道もないのに…なぜ、すごいスピードと温度になるのですか?

どうか、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

No.2&3です。



>たぶんですが、1000mから物を落としても、10000mから落としても、空気抵抗で速度はあまり変わらないと思うんです。

はい、そのとおりです。「徐々に加速」していくと、空気の抵抗で「一定の速さで頭打ち」になります。「終端速度」というようです。
スカイダイビングの場合には、180~200km/h の速さのようです。
http://lumens.blog.fc2.com/blog-entry-28.html

>極端な話ですが、衛星が宇宙速度を減速して停止したら、熱は発生せずに、ゆっくり落ちてくることが可能なんでしょうか?
>たまたま、地球の自転速度と同じ隕石が、ちょうど良い角度で、ぶつかってきたら、熱は発生しないんでしょうか?

最初から空気中で「徐々に加速」する場合には、上記のように「終端速度」を超えることはありませんが、空気のない宇宙から、地球の引力で加速して大気圏に突入する場合には、大気圏突入時の初速度がかなりの大きさになっています。

例えば、国際宇宙ステーションは、地上からの高度が 400 km です。これが周速度ゼロに減速して自由落下すると、大気圏が高度 100 km として(この高度でも大気はほとんどないようですが)、大気圏突入時の鉛直方向の速度は、単純な自由落下の計算(重力加速度は一定で近似)で
  v ≒ 2.4 km/s
になることが分かります。大気圏突入までに、地球の引力で十分に加速されてしまうということです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%9A%9B …

それから、水平方向にしても、赤道上で
・地球表面の自転速度:1700 km/h ≒ 470 m/s
・国際宇宙ステーションの周回速度:27,700 km/h ≒ 7.7 km/s
の速度差があります。

赤道上の静止衛星は、地上 36,000 km とかなり高いところ(地球の半径の 5倍程度)に軌道があるので、「静止して見える」といっても周速度では約6倍、相対速度にすれば
・地球表面の自転速度:1700 km/h ≒ 470 m/s
・静止衛星の周回速度:3.1 km/s
の差で約 2.6 km/s あります。
http://iss.jaxa.jp/shuttle/flight/sts99/earthkam …

つまり、宇宙から地球の大気圏に飛び込むときには、鉛直方向にも、水平方向にも、初速度が大きくなるということです。大気は「だんだんに濃くなる」ので、大気がそこそこ濃くなったあたりで、ちょうどうまく「水平方向にも、鉛直方向にも、速度ゼロ」の状態を作るには、相当にうまく「速度制御」をしてやらなければいけないということです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度の回答、ありがとうございます。

>例えば、国際宇宙ステーションは、地上からの高度が 400 km です。これが周速度ゼロに減速して自由落下すると、大気圏が高度 100 km として(この高度でも大気はほとんどないようですが)、大気>圏突入時の鉛直方向の速度は、単純な自由落下の計算(重力加速度は一定で近似)で
>  v ≒ 2.4 km/s
>になることが分かります。大気圏突入までに、地球の引力で十分に加速されてしまうということです

なるほど、周速度ゼロにしたのに、秒速2.4km!で落下したんじゃたまりませんね。
とっても判りやすい説明、ありがとうございました。

お礼日時:2017/03/01 13:03

(1)


燃料さえ有れば、時速1kmの速度でも構いません。
燃料に限りが有るので、スピードを速くし、燃料が燃え尽きる前に脱出速度近くにしたいからです。

パチンコの球には推進装置が無いから、打ち出す速度を秒速十数キロにしないと、地球の重力から脱出出来ません。

ロケットは推進装置と燃料を積んでいるので、燃料残量との計算でそうやっています。

(2)
空気摩擦で速度が制限されますが、重力加速度によってある一定値まで加速します。
おっしゃる通り、この時の摩擦で熱くなる訳では有りません。

多くの人が「空気摩擦で熱くなる」と誤解しています。
前方の空気が圧縮され続けるため、断熱圧縮によって金属をも溶かす温度になります。エアコンの原理ですね。

燃料を使ってゆっくり降りてくれば熱くなりません。
が、燃料を大量に使うので実用的では有りません。

(1)もこれも、搭載燃料に限りがあるからです。
    • good
    • 0

時間をかけてゆっくり降下すれば断熱圧縮の効果も空気との摩擦熱も無視できますが.... そのために必要な燃料はどこから調達しましょうか?



余談.
「1000mから物を落としても、10000mから落としても、空気抵抗で速度はあまり変わらない」というのはその通りなんだけど, その空気抵抗が摩擦熱を生み出します. ちなみに人間を成層圏から落とすと時速 1000 km くらいにはなります.
    • good
    • 0

別に早くはありませんよ。

風船でもISSの高度に到達できます。
ロケットが必要なのは慣性の法則。重い物体ほどエネルギーが必要。

常に地球中心へと引き寄せる力が働くから。その力で加速する。
空気の摩擦熱。と、衝撃波の熱。
隕石は大気層に入ったくずを言う。大気層に入ったから・・・
    • good
    • 0

No.1です。



> (2)は、JAXAのQ57は、理解できるのですが、
> それならば、「人口衛星は時速30,000km程度」を減速して止まってしまえば、高温になることは無いのでしょうか?

減速して止まるとは何処で止まるのでしょう?
大気圏上層で対気速度0または対地速度0とする、、、ということでしょうか?
つまりその場にポッカリ浮かんでいる状態にすると?

でしたら高温にはなりません。周囲の大気との摩擦も圧縮もありませんから。
ただし、それにはその高度での地球の引力を打ち消すだけの下向きの(=地球の方向への)推力が必要です。
推力の代わりに遠心力を得ようとすると地球を周回する方向に進まないといけないです。それは大気と摩擦を生む。。。

参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
だんだんわかってきました。

>それにはその高度での地球の引力を打ち消すだけの下向きの(=地球の方向への)推力が必要です。

これは、衛星が浮かんでいるためには、ってことですよね。
違っていたら、再度教えてください。すみません。

お礼日時:2017/03/01 11:59

No.2です。

ちょっと間違った記述がありましたね。

②に関する回答で「「空気の抵抗」との摩擦熱で、あれだけの発熱をします」と書いたのは正しくありません。
「空気の圧縮による発熱」というのが正しいです。
http://iss.jaxa.jp/kids/faq/kidsfaq10.html
http://utyuu-tanosimu.net/entry50.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度の投稿ありがとうございます。

(1)は、なんとなく理解できました。
ありがとうございます。

(2)は、私の例えが悪くてすみません。
「飛行機から」では無く、「高度から」の意味です。
たぶんですが、1000mから物を落としても、10000mから落としても、空気抵抗で速度はあまり変わらないと思うんです。

極端な話ですが、衛星が宇宙速度を減速して停止したら、熱は発生せずに、ゆっくり落ちてくることが可能なんでしょうか?

たまたま、地球の自転速度と同じ隕石が、ちょうど良い角度で、ぶつかってきたら、熱は発生しないんでしょうか?

質問で返してすみませんが、教えてください。

お礼日時:2017/03/01 11:27

>①ロケットを宇宙に向けて発射するとき、テレビなどで見ると、


>かなりのスピードで空気の線?が見える程ですが、

打ち上げ直後は、けっこう「のろのろ」と上昇していきますよね。
ただし、どんどん加速はしています。

新幹線だって、発車のときにはのろのろで、ホームを離れるときにもまだ最高速度には程遠いスピードです。

>なぜあれほどのスピードが必要なのでしょうか?

水平で地球を周回するときに、「重力」と「遠心力」が釣り合う速度まで加速しないと、重力の方が大きくなって落下します。この「周回速度」に相当するのが「第一宇宙速度」と呼ばれるものです。
↓ 宇宙速度
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%87%E5%AE%99 …

飛行機は「空気の浮力」で飛びますが、ロケットはこれを利用せず、「遠心力」だけで一定高度を保てないといけません。

>②大気圏に突入するとき、すごいスピードで
>マッハ21.8にもなると、温度も断熱圧縮で1300度?
>と、どっかの回答で見かけたのですが、
>なぜ、それほどのスピードと温度になってしまうのですか?

空気の抵抗がなければ、「重力加速度」でどんどん加速します。空気の抵抗でブレーキがかかるので、あの速さで済んでいます。「空気の抵抗」との摩擦熱で、あれだけの発熱をします。ブレーキをかけて余分になった「運動エネルギー」が「熱エネルギー」に変わっているのです。

>飛行機から物を落としても、たかだか数百キロですよね?

意味不明です。「たかだか時速数百キロメートルですよね?」ということですか? それは「水平方向の速さ」であって、鉛直方向(高さ方向)にはどんどん加速しますよ。

>隕石なんかは、周回軌道もないのに…なぜ、すごいスピードと温度になるのですか?

う~ん、もう少し「起こっている現象」をふつうに想像できる「理科のあたま」を養ってくださいね。
とりあえず、こんな「自由落下運動」を考えてみてください。ちなみに、水平方向には「等速運動」します。
https://kids.gakken.co.jp/jiten/4/40001430.html
    • good
    • 0

(1) 地球の引力を振り切るためです。


  Wikipediaの「宇宙速度」の解説が参考になるでしょう。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%87%E5%AE%99 …

(2) まず、速度が飛行機とは比べ物になりません。旅客機の巡航速度は対地速度で時速800km~1,000km程度。対して人口衛星は時速30,000km程度。空気抵抗がほとんどない大気圏上層部であってもこの速度で突入すると前方の大気は大きく圧縮され高い熱を発します。
  JAXAのサイトにある以下のページのQ57が参考になるでしょう。

http://iss.jaxa.jp/iss_faq/go_space/step_5.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

(1)は、なんとなく理解できました。
ありがとうございます。

(2)は、JAXAのQ57は、理解できるのですが、
それならば、「人口衛星は時速30,000km程度」を減速して止まってしまえば、高温になることは無いのでしょうか?
教えてください。

お礼日時:2017/03/01 11:17

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q138億光年前の光

望遠鏡などで遠い星を見るとその距離(光年)に応じた年数前の光を見ていることになると思います。
現在もっとも遠くの銀河は138億光年のかなたにあるといわれており、これは138億年前の光であるということになります。
しかし、138億年前はビックバンで宇宙は1点に集まっていたはずです。
このビックバンの時に放った光が、何故今見えるか不思議です。

Aベストアンサー

あなたの疑問は正しいですよ。

137億光年前には、そこと地球の場所も数ミクロンしか離れていなかった訳です。
その間を光が旅するのに137億年も掛ったという事です。

その時代には宇宙全体が1cm位の大きさだった。

その時代の宇宙の膨張速度はインフレーション的に膨張していて、1cm離れた場所でのお互いの速度は10²⁵km/秒にも及んだ。

そこから出た光も膨張と共に一緒に吹き流されてしまいコッチにやって来れない。

膨張速度が緩やかになり、ヤットこちらに向かい始めたのは、宇宙の大きさが今の1/4の時代。クエーサーが観測されているけど、それが出来始めた時代。

そうやって、ようやく地球に今光が届いた。
僅か数ミクロンの距離を137億年も掛けて旅した訳です。

「でも、光速度は一定値Cでは無いですか?」という疑問も湧くかも。

[光は、そこの無重力系に対して一定値C」という重要な命題があります。

宇宙膨張で膨張するのは座標系、物理的に言うと、無重力系がお互い飛んで膨張してます。

だから地球から遥か遠い空間は、地球からみて光より速い速度で膨張しています。が、その場所の座標に対してはCで進みます。

あなたの疑問は正しいですよ。

137億光年前には、そこと地球の場所も数ミクロンしか離れていなかった訳です。
その間を光が旅するのに137億年も掛ったという事です。

その時代には宇宙全体が1cm位の大きさだった。

その時代の宇宙の膨張速度はインフレーション的に膨張していて、1cm離れた場所でのお互いの速度は10²⁵km/秒にも及んだ。

そこから出た光も膨張と共に一緒に吹き流されてしまいコッチにやって来れない。

膨張速度が緩やかになり、ヤットこちらに向かい始めたのは、宇宙の大きさが今の1/4の時代。...続きを読む

Q昔の 【教えてGOO】で 太陽が無くなれば?の質問で 氷河期は人類滅亡は勿論だけど。 時間軸が狂いま

昔の 【教えてGOO】で 太陽が無くなれば?の質問で 氷河期は人類滅亡は勿論だけど。
時間軸が狂いますよね?
水金地火木土天冥海 全て 軸がずれますよね?
予測して下さいまし。

Aベストアンサー

時間軸の意味がわかない。
公転がなくなるの太陽が無くなった瞬間にすべての惑星円運動をやめまっすぐ飛んでゆく。
地球が光速に近づくわけでもないので時間の変化はないでしょう。
地軸の変化もすぐに表れるものではないし自転もそのまま続くでしょう。
合わせて月もだんだんと離れてすべての惑星と衛星は別々に飛んでゆくと思われます。

Q肉眼で見える夜空の星は、すべて銀河系内の星か、もっと遠い銀河か

プラネタリウムに行くと、必ずギリシャ神話の話があります。
あれに、イライラします。そんな作り話を聞きたいのではなくて
星の話、宇宙の話を聞きたいのに。
どこそこに落下した隕石には鉄分が他の隕石よりも多く含まれているので
散ってしまった星のかなり内部から飛んで出たもの(鉄が多い)ですとか、
コレコレの恒星の特徴は、とか。物理的なこと、天文的なことを聞きたいのに。
ギリシャの話はいらないのです。

さて、肉眼で見える夜空の星は、たいていは、我々の天の川銀河系でしょうか
アンドロメダでしょうか

Aベストアンサー

銀河系の外にあって肉眼で見えるのは (超新星を除くと) アンドロメダ銀河, さんかく座銀河と大小マゼラン雲くらいのはず. いずれも星として分離することはできないだろうね.

Q月の自転と公転周期が同じな理由

フジテレビ「月は自転しない」で視聴者からツッコミ殺到 「スタッフの確認不足から生じたミス」と謝罪
と言うネタを見た。

では、何故「公転と自転の周期が一致している」のでしょうか?

私の推測では、起き上がり小法師の様に、地球の引力により、重い元素が地球側に集まった為。

閑人の素朴な疑問に、お付き合い頂ける方、どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

原始地球がまだ熱く柔らかかった頃、巨大な隕石が激突し、外に散らばった破片が固まってできたのが月だ、というのが通説(ジャイアント・インパクト説)だというのはご存知だと思います。質問者様がおっしゃるように、冷えて月が固まるときに、核が中心少しズレた位置にできてしまったため、重い側(今の月の表)がずっと地球の重力で引かれるようになったと思われます。

重心のズレの原因は、たしか鉄の分布だったと思います。
下記資料にも似たようなことが書いてあったので、ご参考までに。

参考:日本経済新聞 プラスワン
http://style.nikkei.com/article/DGXKZO92034990U5A920C1W12001?channel=DF210220171916&style=1

Q人の住める中性子星はありますか。

人の住める中性子星はありますか。

Aベストアンサー

無いですね。

QNASAが先日見つけた7つの惑星って日本から望遠鏡で観察できますか?

NASAが先日見つけた7つの惑星って日本から望遠鏡で観察できますか?

Aベストアンサー

太陽系外の惑星は肉眼(望遠鏡を使って)で見ることができません。

太陽系外で望遠鏡で見えるのは、恒星と呼ばれ、太陽のように自ら光を発している天体だけです。

最近は肉眼(光を見る)のではなくて、電波を見たり、磁場を見たりすることで存在を確認できるようになりました。
だから最近まで発見されなかったということでしょう。

Q電波暗室でラジオの電源を入れるとザーという音は消えますか

ラジオを放送局がない周波数に合わせると
ザーーージャアアーといったノイズが聞こえますが
これは宇宙から届く電波などの音だと教わりました。
そこで質問ですが、電波暗室では、こういったノイズも聞こえなくなるのでしょうか。

Aベストアンサー

>ラジオを放送局がない周波数に合わせると
>ザーーージャアアーといったノイズが聞こえますが
>これは宇宙から届く電波などの音だと教わりました。

それは、おそらく一部であり、ほとんどのものは「地上の電気機器などから出るノイズ」および「ラジオの中で発生する雑音」に由来すると思います。

なので、電波暗室でも聞こえます。「ラジオの中で発生する雑音」に由来するノイズがあるからです。
下手な回路設計では、あちこちで「局部発振」します。電子回路の中には熱雑音が発生します。電源からは「ハムノイズ」が乗ります。
「静かな、ノイズのないアンプ」を作るのは、オーディオマニアの夢ではないでしょうか。

Q日周視差、年周視差による天体距離の測定について。

地球の赤道直径は12756km、日周視差に利用。地球の最大の地心視差。
地球の公転軌道円の直径は、約3億km、年周視差に利用。
これを利用して、近くの天体までの距離を3角形測量法で測定できると、WIKI等のInt-Netに書いてありますが、疑問があります。

C1)同時刻に測定すれば問題ないが、時間を例えば半日や半年間ずらせて測ると、地球は太陽の周りを
北極星から見た場合、反時計回りに、約30km/sの公転速度で動いている。
更に、銀河系を北極星側から見た時、太陽は時計回りに約217km/sの公転速度で動いているというから、その移動距離も入れて計算すべきと思います。
半日(約12時間=43200秒)ずれると、太陽の周りを1287360 km動く。これは地球の赤道直径よりもはるかに大きい。
銀河系での動きは半日で、937.44万kmになるから、これらの移動距離をベクトル合成した距離が、
3角形の基線の長さになると思います。
半年ずれるとすごい距離になります。半年間に目標の星も動けば更にややこしくなります。

しかし、WIKI等のInt-Netの「視差、日周視差、年周視差」での説明では、これらの事は一切記載が無く、地球の赤道直径、地球の公転軌道円の直径を基線とする3角形の説明をしてます。

時間差で、日周視差、年周視差を測定する場合、地球のこれらの移動距離を考慮していない記載をしているのはどうしてでしょうか? 本当はこれらの移動も考慮して計算すべきではないのでしょうか?

地球の赤道直径は12756km、日周視差に利用。地球の最大の地心視差。
地球の公転軌道円の直径は、約3億km、年周視差に利用。
これを利用して、近くの天体までの距離を3角形測量法で測定できると、WIKI等のInt-Netに書いてありますが、疑問があります。

C1)同時刻に測定すれば問題ないが、時間を例えば半日や半年間ずらせて測ると、地球は太陽の周りを
北極星から見た場合、反時計回りに、約30km/sの公転速度で動いている。
更に、銀河系を北極星側から見た時、太陽は時計回りに約217km/sの公転速度で動い...続きを読む

Aベストアンサー

う~ん

http://d.hatena.ne.jp/Lansen/touch/20070920/1190312492
http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/1987122/1994983/97502282

かな。

近隣の恒星だと、固有運動が千分のー秒/年 以下であることが
多いので無視しても全然構わないけど、そうでない変わり種の星や
遠距離の星は考慮しないとだめですね。

Q【地球の自転は周囲の何の影響を受けて自転しているんですか?】 地球は磁石としても磁石を動かすには何ら

【地球の自転は周囲の何の影響を受けて自転しているんですか?】

地球は磁石としても磁石を動かすには何らかの他の磁界が必要ですよね?

太陽が発している磁界を地球という磁石が受けて自転している?

それとも宇宙空間の真空の無重力の世界に小さな磁石として磁場が生まれて地球は自転する?


まさか月が磁石の役割をして地球は月の磁石によって自転してるわけないですよね?

Aベストアンサー

たくさんの岩のかたまりが合体成長して惑星が作られる最後の段階では、地球の半分くらいの大きさのやや小さな惑星同士がぶつかって合体して、地球のような惑星になったと考えられています。

地球が自転しているのは、小さな惑星同士が合体して地球ができたときに、真正面からぶつかったわけではないからだと考えられます。

真空の宇宙空間では摩擦力が働かないから、その時の惰性で今も自転し続けている。

月の影響で海水の満ち引きが起こり、少しずつブレーキが掛っている。

宇宙空間へ鉄磁石を回転して投げれば、ず~と回転し続ける。

そのままの運動をず~と続けるというのが、運動の基本。
(慣性の法則)

地上の生活では、必ず摩擦力が働くので、止まる。

運動の基本は慣性(外力が働かない限りその運動を続ける)で有って、摩擦と言う外力が働くから止まる。
これを最初に見抜いたのは天才ガリレオ。

Q【山の標高】富士山の標高の3360mは東京湾の海面を0mとして高さを出しているそうです。 エレベスト

【山の標高】富士山の標高の3360mは東京湾の海面を0mとして高さを出しているそうです。

エレベストの標高の基準は何ですか?

オーストラリアのゴールドコースとアメリカのマイアミと日本の東京湾の海面は同じ高さなのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは

以下の2つのページが参考になると思います。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E3%81%95#.E6.A8.99.E9.AB.98
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%82%AA%E3%82%A4%E3%83%89#.E3.82.B8.E3.82.AA.E3.82.A4.E3.83.89.E9.9D.A2.E3.81.A8.E6.A8.99.E9.AB.98

「基準点」をどこに取るのかが、難しいです。
2つめのリンク先で取り上げられているように、富士山の標高も、基準点次第で変わります。

>オーストラリアのゴールドコースとアメリカのマイアミと日本の東京湾の海面は同じ高さなのでしょうか?
同じではありません
・地球の形
・重力のばらつき
のため、地球を「球」に例えた場合の高さは違ってきます。
…正確には「球」ではなく、「回転楕円体」です。


何か、参考になれば幸いです。


人気Q&Aランキング