先日学生実験でPCNAを発現させてQセファロースという陰イオン交換カラムに通して吸着させ、塩濃度をあげることにより溶出させました。
0M,0.1M,0.3M,0.5Mと塩濃度をあげたのですが0.5Mの時にPCNAがでてきたことがわかりました。
文献やネット上を調べると静電結合により塩濃度が上がると溶出してくるとあったので、0.3M~0.5Mの所でPCNAとカラムの間の静電結合を超えるのだろうと思います。
これについて考察せよと言われたのですが、何を書けばいいのかわかりません。pHを変えることによってでてくる塩濃度変わってくるんだろうし(今回の実験ではpH 7.5です)、何かこれでPCNAの性質がわかるんでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

レポートなのでヒントだけ。



pHが変わるととかかれていますがなぜ結果が変わるのでしょう。
それはPCNAの持つ何かが変化するからなのですか?
タンパクには電荷をもつ部分がありますよね。

あとはがんばってみてください。
pIも考えるヒントになるでしょう。
    • good
    • 0

 


「学生実験」とありますが,何の実験でしょうか。「生化学」ですか,「分析化学」ですか。目的は何でしょうか。それによって,考察する内容も変わります。

「生化学」であれば PCNA の性質に関する考察が重要でしょうが,「分析化学」であれば「イオン交換クロマトグラフィー」に関する考察が重要になります。

どちらにしても,まづ MiJun さんもお書きの様に,「イオン交換クロマトグラフィ-」の原理を調べられた方がよいと思います。

 
    • good
    • 0

レポートのようなのでヒントですが、TOPページで「カラム」と入れて検索すると沢山Hitしますので参考にしてください。


文献検索よりも図書館で基礎的な(カラム分離)に関して調べた方が良いのでは・・・?

蛇足ですが、「PCNA」に関しての調べは良いのですが・・・?

御参考まで。

頑張って!
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qイオン交換クロマトグラフィー

イオン交換クロマトグラフィーについて教えて下さい。

タンパク質を水に溶かし(PH7)正電荷を帯びたイオン交換樹脂に吸着させました。
イオン交換樹脂吸着されたタンパク質は正電荷を帯びた物質ですか?
吸着される物質は化学的にどんなものですか、また吸着されなかったものはどんなものだといえますか?

Aベストアンサー

樹脂が、正電荷を帯びているのなら、吸着されるのは、”負電荷”を帯びた物質です。
単純に、プラスとマイナスの話なんです。

陽イオン交換クロマトグラフィーで使う樹脂は、”負”に帯電して、陽イオンを吸着させるために使います。陰イオン交換カラムはその逆で、樹脂自身は”正”電荷です。

プラスに吸着するのは、マイナス。
で、吸着しないのは電荷が無い or プラス。
あとは自分で考察してください。
分かってしまうと、大した話ではないんですよ。

QpHの範囲について。pH0~14以外のpHは存在するのか。

pHのことで質問です。ベックマンコールター社のpHメーターは、pH-2からpH19.9まで測定できるとなっていました。私はpHは0~14までしかないと思っていたのですが、 pHがマイナスな物or14以上のものとはどういうものでしょうか。教えていただけますか?]

Aベストアンサー

過去の質問に出ていますのでご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=853772

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=853772

Qイオン交換クロマトグラフィー

自分なりに理解してみたのですが不安なので確認したいのですが、陰イオン交換クロマトグラフィーの場合タンパク質がマイナスに帯電している度合いが強ければ強いほど遅く溶出されてくるのでしょうか?
それが正しいとしたら等電点の低いタンパク質ほど遅く溶出してくるのでしょうか?

Aベストアンサー

陰イオン交換クロマトグラフィーの場合、
あるpHにおいて、タンパク質のマイナス電荷の度合いが強ければ強いほど、
カラムにタンパク質が強く結合します。
質問者さんはその理解はしていらっしゃるようです。

しかし、通常は陰イオン交換クロマトグラフィーを用いたタンパク質の精製は、

カラムにタンパク質を結合させる。

例えば様々な濃度のNaCl水溶液(pHはうすいbufferで調整)の塩化物イオン(電荷はマイナス)で競合させて、タンパク質を溶出させる
例えば次のように
10mM
20mM
30mM
40mM

そうするとタンパク質のマイナス電荷に応じて(カラムとの結合の強さ二応じて)、タンパク質が溶出されてきて、精製ができる

といった感じでやります。

もし、精製とかを念頭に質問させているのならば、質問者さんのようにはしません。

Qゲルろ過の塩濃度について

現在理系学部生四年で卒研の真っ最中です。分子量約50000のタンパクと約30000のタンパクをゲルろ過クロマトグラフィーで分けようとしました。バッファーはpH7のリン酸バッファーに0.3Mの塩をくわえたものです。しかし、ベースラインが無く、ピークを回収しSDS-PAGEで確認しても、わかれていません。そこで、塩濃度を0M にして再度おこないましたが、やはりわかれません。わかれないのは、分子量の差があまり無いからだと思います。
一般的に塩濃度を高くすると、タンパクはまとまってカラムから出てくるイメージがあるのですが、ゲルろ過における塩濃度の設定はどのような意味があるのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

>塩濃度を高くすると、タンパクはまとまってカラムから出てくるイメージがある

これはイオン交換クロマトの場合ですね。ゲルろ過の場合には、タンパクの大きさで分けますから、極端に高塩濃度でない限り、Rf値にはあまり影響しません。

>ゲルろ過における塩濃度の設定はどのような意味があるのでしょうか

ゲルろ過におけるバッファーに含まれる塩には、タンパクの非特異的接着を抑制するという意味があります。弱いイオン結合で接着しているタンパク分子は、塩濃度を上げることで引き離すことができます。

ゲルろ過では、カラムを作ったらまず最初にマーカーを流して、カラム特性を把握しておくことが大切です。その上でサンプルが溶出される位置が分かれば、その後の戦略が立てやすくなります。

Qイオン交換クロマトグラフィーについて

イオン交換クロマトグラフィーの原理について教えてください。原理について詳しく説明されているホームページもありましたら教えてください。

Aベストアンサー

キーワード検索したら、最初に独法のページが出てきました。いかがでしょうか。

参考URL:http://www.sat.affrc.go.jp/joseki/Chromatography/IonExcange_chromato.htm

Qアンモニアの分解・・硝酸塩の数値とPhについて教えてください

小学生の息子が、夏休みの自由研究でメダカを使った実験をしました。

2Lのペットボトル3本を切り、その中に投げ込み式のろ過装置、砂利、ホテイアオイの水草をそれぞれに入れ、1Lの水とメダカ2匹を入れました。

10日間、同量の餌を与え、Ph、アンモニア、亜硝酸塩、硝酸塩の動きを試薬を使って調べました。

予想した通り、ろ過装置、砂利、水草の順に硝酸塩が多く、アンモニアもろ過装置、砂利、水草の順に少なくなっています。
バクテリアとの関係でまとめているところです。

質問ですが、今回ただ一つPhがろ過装置、砂利、水草ともに7日目あたりから7.2から7.5に同様に上がった点が疑問です。

通常、硝化される場合にはPhが下がるとありますが、今回の数字はどのような原因で上昇したと思われますか?

アドバイスを頂けると幸いです。

Aベストアンサー

> 通常、硝化される場合にはPhが下がるとありますが、今回の数字はどのような原因で上昇したと思われますか?

・水温

気温と水温は測定されていますか?
そして、測定時の水温は、すべて同じにしなければ正しいpHは得られません。

水の中和は発熱反応です。
 H+ + OH- = H2O + 56kJ
ですので温度を上げると水が電離します。
 pH=-log(H+)
ですから、水の電離によって水素イオンが増えるとpHが下がります。

息子さんの自由研究ということで、、、、
小姑みたいな事を一点。
Ph・・・×
pH・・・○
です。
1957年・JISでは「pH」で制定されています。

Q陽イオン交換クロマトグラフィーについて

陽イオン交換クロマトグラフィーについて
イオン交換した後に溶出させる際に一般的にNaCLを使うのはなぜでしょうか??

溶出させるならば吸着力のより強いMgやCaの方がよいと考えたんですが;;
知識不十分なため間違った考え方でしたらすいません

Aベストアンサー

>吸着力のより強いMgやCa
それをやれば、もちろんMg^2+やCa^2+がたっぷり残りますから、「吸着力のより弱い」金属イオンは平衡からしても不利ですので、カラムは全くクロマトグラフィーの用をなしません。

QDNAの変性と塩濃度の関係について

『溶液中の塩濃度を下げるとDNAが変性しやすくなる』と生化学の本には書かれていますが、なぜそういった現象が見られるのでしょうか?

Aベストアンサー

 DNAのリン酸部分は、マイナス電荷を持っています。マイナス電荷同士は反発し合います。DNAの2本の鎖はリン酸のマイナス電荷の反発によって、一本鎖にしようという力が働いています。それが変性の原因なんですが、塩が溶けていると少し状況が変わってきます。私は物理化学が苦手で、正確な説明はできないのでたとえ話をします。
 DNAの両方の鎖のリン酸同士がお互いに槍でつつき合っているところを想像してください。水に食塩が溶けているとします。Naイオンは水を泳ぎ回っている(たぶん)として、プラスにチャージしてますから、当然リン酸にも近づいていきます。近づいて“リンさん、久しぶり。元気?”などと挨拶するわけです。リンさんも、お互い槍でつつき合っているより、女の子と話している方が楽しいにきまってますから、つつくのもそこそこに“あ、こんにちは。”などと話をしてしまうわけです。その間つつき合うのは休止しているわけで、つまり、変性しようとする力は減少することになります。塩濃度が高くなると、“リンさん、元気?”がどんどん増えることになるので、つつき合いはどんどん減少し、どんどん安定するという次第です。
通常、この効果をマスキング(リン酸のマイナス電荷をナトリウムのプラス電荷で隠すイメージ)と言います。

 DNAのリン酸部分は、マイナス電荷を持っています。マイナス電荷同士は反発し合います。DNAの2本の鎖はリン酸のマイナス電荷の反発によって、一本鎖にしようという力が働いています。それが変性の原因なんですが、塩が溶けていると少し状況が変わってきます。私は物理化学が苦手で、正確な説明はできないのでたとえ話をします。
 DNAの両方の鎖のリン酸同士がお互いに槍でつつき合っているところを想像してください。水に食塩が溶けているとします。Naイオンは水を泳ぎ回っている(たぶん)として、プラスにチ...続きを読む

Qイオン交換クロマトグラフィー

イオン交換クロマトグラフィー(陰イオン交換体)について質問させてください。
吸光度とpHのグラフを作成しました。
そこで、このグラフより、どのpHであるタンパク質は陰イオン交換体(樹脂)に吸着したかを考える上で、グラフのどの部分から分かるのですか?
また、その理由をおしえてください?
あと、そのグラフから、あるタンパク質の等電点を求めるにはどのようにすればよいのですか?

Aベストアンサー

本来は吸光度だけでは何も言えないんですけどね.
まあ,一応それで等電点を求めたことにして,それより高い pH にしてやればネットチャージが-になるはずなので,アニオン交換樹脂にくっつくはず,とやるのでしょう.
等電点がちゃんと求まる保証はありませんが,高 pH 側で一定になったところの吸光度値と,低 pH 側で一定になったところの吸光度値の中間値を求めて,その値を示すであろう pH をグラフから読み取れば,まあ,いいのではないかと.

Q一般的にセキツイ動物の肺は,両生類,は虫類,鳥類,ほ乳類の順に表面積が

一般的にセキツイ動物の肺は,両生類,は虫類,鳥類,ほ乳類の順に表面積が大きくなり,気体交換効率が高くなっているようです。それはどうしてか,くわしく教えて下さい。

Aベストアンサー

交換効率は鳥類が最も優れてますよ。
鳥だけが一方通行の呼吸をしてますから。

どうしてかというと必要に応じてであって、
なぜ必要に応じた機能があるかはまったく謎です。
淘汰説は適合するケースがきわめて小さな割合なので、
ぜんぜんまちがいです。正しいなら全部適合するはず。
個体差として現れない構造的な進化を説明できません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報