【警棒の防衛の意味を初めて理解した】「警棒は攻撃ではなく防衛である」って、、、


相手が襲って来たら、「防衛」で殴って反撃することを「防衛」かと思っていた。

けどそれは誤りで、、、

相手が襲って来たら、相手の武器を振り落とすのに警棒を使うから「防衛」って言うんだ。

なるほどねえって思った。

相手の武器を持っている手を警棒で叩いて武器を落として相手の戦意を無くさせるのが警棒の役目であり防衛だそうです。

警棒で相手の体をフルボッコしてるのは警棒の正しい使い方でもないし、その使い方は防衛ではなく攻撃であり、過剰防衛で懲役4年を食らう。

もし相手がナイフで襲ってきたら、警棒を出して、相手のナイフを持っている手にチョップを食らわして手が木っ端微塵に骨が砕け散ってもそれは正当な正当防衛になって懲役0年で罪には問われない。

武器を落として戦意喪失している相手に向かって警棒でボッコボコに叩いたら殺人未遂か死んだら殺人容疑で逮捕される。懲役17年。3年免除で。けど相手も武器を持っていたし、相手から攻撃して来て、初犯といいことを加味して懲役6、8年って言ったところかな。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

でもな職質受けて一般人が警棒持ってると、軽犯罪法で引っぱられますぜ。


 ナイフを振り回す相手に遭遇した時の防衛用と言う言い訳は通用しませんが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みなさん回答ありがとうございます

お礼日時:2017/03/21 07:45

ま~昔の十手みたないもんですから。

「【警棒の防衛の意味を初めて理解した】「警」の回答画像2
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q正当防衛と過剰防衛の境界線

よく殺人で正当防衛が成立するのは、ナイフを持って襲ってきた相手と揉み合いになり、不故意「事故」で刺して殺してしまったときです。だから、当然 石で相手の頭を石で殴って 意識不明の重体にさせても もちろん 成立すると思われます。

ところで、次の場合は どうでしょう。

例えば イジメられっ子が イジメっ子3人に取り囲まれ、無理やり ゴキブリを食べさせられそうになり、咄嗟に イジメっ子の頭を石で殴って 意識不明の重体にさせた場合です。
誰だって、ゴキブリなんか いくらお金を積まれても絶対にイヤなはずです。
しかし、この場合、正当防衛の要件の「急迫不正の侵害に対し、自分または他人の生命・権利を防衛するため、やむを得ずにした行為」に入るでしょうか。
言い方を変えれば分かりやすいかもしれません。
虫を食べさせられそうになったら人を殺しても(再起不能)罪にならないか。
答えはnoだと思います。
情緒酌量で罪が軽くなるかも知れませんが、罪が無くなるほどではありませんよね。
通常の相手であれば、骨の一、二本折れば大人しくなります。
この 状況では殺意が見えるため、正当防衛に必要な「仕方ない」の範囲を逸脱しています。

しかし、女性がレイプされそうになって、レイプ魔の頭を石で殴った場合はどうなるでしょうか?
正当防衛が認められるには、その想定される急迫不正している危害の程度と回避行動による想定される危害の程度が同程度またはそれ以下であることが必要だと思いますが、この場合は 回避行動による想定される危害の程度が 想定される急迫不正している危害の程度よりも 上回っていますが 微妙です。

そこで質問ですが、相手を石で殴って意識不明の重体を負わせる行為が 正当防衛として 認められるためには、どれくらいの 急迫不正している危害の程度でなければ いけないでしょうか?

よく殺人で正当防衛が成立するのは、ナイフを持って襲ってきた相手と揉み合いになり、不故意「事故」で刺して殺してしまったときです。だから、当然 石で相手の頭を石で殴って 意識不明の重体にさせても もちろん 成立すると思われます。

ところで、次の場合は どうでしょう。

例えば イジメられっ子が イジメっ子3人に取り囲まれ、無理やり ゴキブリを食べさせられそうになり、咄嗟に イジメっ子の頭を石で殴って 意識不明の重体にさせた場合です。
誰だって、ゴキブリなんか いくらお金を積まれても絶対...続きを読む

Aベストアンサー

正当防衛が過剰防衛になったりするのは良くあります。肉体的なケガでなくでも言葉でもありえます。性格的なこともあって咄嗟にどうしようもないこともありますよね。

それが、正しい行動かどうかの判断なんて当事者には不可能で、正当防衛であると主張するしかありません。お互いの主張の食い違いは裁判で争うことになるでしょうね。

私としては、正当防衛されるようなことはしてはいけないということになります。

不当な行為: 3:1でゴキブリを食べさせる=傷害行為かな?それと、強姦未遂 

パニック状態となったばあい相手が何をするわからないことはあらかじめ予想できることで、それにもかかわらず計画性をもって実行したほうは罪が重いとおもいます。

一方で予想できない事態中に近くにあった石で殴ったことには計画性はなく動機は純粋に相手の行為を未然に防ぐためであり正当防衛であると思います。

過剰防衛なのかどうか?という部分はやはり裁判となると思います。

Q正当防衛

正当防衛ってどこまでが正当防衛になるんですかね?

たとえば相手がナイフとかで切りかかってきたのでバットなどで反撃した場合や泥棒が侵入してきたので捕まえて全治1 ヶ月以上の重傷を負わせた場合どうなるのですか?

Aベストアンサー

>イフとかで切りかかってきたのでバットなどで反撃した場合

そのバットは何処から取り出したの?と裁判になるでしょう。
都合よくバットなんか落ちてるわけないですからね。
はじめから準備したのであれば全く正当防衛ではないですね。

外歩いてて強盗にあって、組合になり 殺される命の危険を感じて、そばに石があった、それで殴って逃げた
これなら話のつじつまは合いますから。

>泥棒が侵入してきたので捕まえて全治1 ヶ月以上の重傷を負わせた場合
これも現場検証の状況によりますね。

Q防犯、防衛のためにサバイバルナイフを常に持ち歩くことは犯罪になりますか?

防犯、防衛のためにサバイバルナイフを常に持ち歩くことは犯罪になりますか?

Aベストアンサー

>正当な理由とはどのような理由ですか?

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kurashi/drug/hamono/hamono.html

Q正当防衛について

以前、都内某百貨店内において(当時私はそこに入っているテナントの社員)、閉店時間を40分過ぎても帰ろうとせずに、(館内には閉店のアナウンスが何度も流れている)特に買い物の用事もない様子なのに居続けたお客さんに、「時間になったのでそろそろ退店していただきたい旨」を常識的な言葉で伝えたところ、20代後半と思われるその男が、突発的に私の胸の辺りを平手で強打し、「何だこの野郎。オレにケンカ売ってんのか。」と言いながら今にも殴りかからんばかりの威圧的な態度に出てきた。という事がありました。
同僚が割って入ってくれたこともあり、事なきを得ずに済みましたが、私は相当短気で衝動的な性格ですので、その時「例え解雇されたとしても、この男が殴りかかって来たら反撃しようと」体内にアドレナリンが噴出していたのを今でも覚えています。

質問は正当防衛についてですが、「緊急不正の侵害に対する反撃」は認められると思うのですが、(店舗内での出来事で雇用主が事態をどう受け止めるかの話ではなく、警察沙汰になった場合の一人の人対人の話です)実際に顔を殴られていないが、平手で胸を強打され言葉で威嚇された後、殴りかかられた場合に、私がこの男に反撃(顔面へのひじ打ち・股間への蹴りなど)した場合、正当防衛は認めてもらえるのでしょうか?
私が疑問なのは「殴りかかって来そうだったから、こちらから殴った」のは認められず、「殴られたから殴り返した」のは認められると、どこかで読んだ事があるからです。

以前、都内某百貨店内において(当時私はそこに入っているテナントの社員)、閉店時間を40分過ぎても帰ろうとせずに、(館内には閉店のアナウンスが何度も流れている)特に買い物の用事もない様子なのに居続けたお客さんに、「時間になったのでそろそろ退店していただきたい旨」を常識的な言葉で伝えたところ、20代後半と思われるその男が、突発的に私の胸の辺りを平手で強打し、「何だこの野郎。オレにケンカ売ってんのか。」と言いながら今にも殴りかからんばかりの威圧的な態度に出てきた。という事があり...続きを読む

Aベストアンサー

正当防衛については誤解している人が多いようです。


「緊急不正の侵害に対する反撃」
    ↑
反撃というだけでは正当防衛になりません。
その反撃が防衛行為と認められる場合に
正当防衛の可能性が出て来るだけです。


”殴りかかられた場合に、私がこの男に反撃(顔面へのひじ打ち・股間への蹴りなど)
 した場合、正当防衛は認めてもらえるのでしょうか?”
    ↑
その反撃行為が防衛行為として相当の範囲で
あれば正当防衛になります。
相当かどうかはケースバイケースになります。
もう少し、詳細な事実関係が判らないと判定できません。

・殴りかかられた、というのですから急迫不正の侵害は
 存在、継続している、ということになります。

・だから、これに対する反撃は防衛行為ということで
 認められる可能性が高いです。

・問題は、何を持って相当なる防衛行為と言えるかです。

 相手は悪い事をしているのですから、反撃する他に
 方法がなかった、という必要はありません。
 この点、誤解している人が非常に多いですね。
 反撃する以外に方法がない、というのは緊急避難で
 問題になることです。
 不正と正の関係にある正当防衛の場合は、そんな条件は
 要求されません。
 少なくとも、相手に最小の被害を与える方法にとどめる、
 という程度です。

 ただ、法益の均衡を著しく欠くような場合には相当とは
 言えません。
 例えば、年寄りが木の棒で攻撃したきたのに対し
 屈強の若者が斧で防衛行為をしたのを過剰防衛とした
 判例があります。

 また、小指を捻られたので、突き飛ばしたら転倒し
 重傷を負った場合に、正当防衛を認め、無罪にした
 判例もあります。

 
”私が疑問なのは「殴りかかって来そうだったから、こちらから殴った」
 のは認められず、「殴られたから殴り返した」のは認められると、
 どこかで読んだ事があるからです。”
    ↑
殴り返した、というのは急迫不正の侵害が終了して
いる場合があります。
その場合は、急迫不正の侵害が存在しませんので
正当防衛は成立しません。
殴られそうだから、殴った、というのは急迫不正の侵害が
存在しますね。
だからそれが防衛行為であり、防衛行為として相当であれば正当防衛に
なります。

正当防衛については誤解している人が多いようです。


「緊急不正の侵害に対する反撃」
    ↑
反撃というだけでは正当防衛になりません。
その反撃が防衛行為と認められる場合に
正当防衛の可能性が出て来るだけです。


”殴りかかられた場合に、私がこの男に反撃(顔面へのひじ打ち・股間への蹴りなど)
 した場合、正当防衛は認めてもらえるのでしょうか?”
    ↑
その反撃行為が防衛行為として相当の範囲で
あれば正当防衛になります。
相当かどうかはケースバイケースになります。
もう少し、詳細な...続きを読む

Q知人(絶縁)に襲撃された場合の正当防衛について

前の職場のことなのですが
交友のあった上司を怒らせてしまい
土足で自宅に乗り込まれ、ヤクザを使って海に沈めるだのバラバラにして捨てるだの
脅迫されて現金を奪われた挙句に
翌日、銀行貯金を全額引き下ろされて奪われました。

いつでも殺しに行けるからなと脅迫されていたので
離職して引っ越しました。
どこに逃げても探偵使って追いかけるからなと脅迫されていたので警察にも言うに言えずでした。
それで、知人(縁を切った)に万が一襲撃された場合の正当防衛について伺いたいです。

もしその知人に押しかけられ
帰れと言っているのに玄関をこじ開けようとしてきたりして
突破された後、刃物等で戦い負傷又は死亡させた場合は正当防衛は認められるでしょうか?
いくら知人とはいえ、強盗まがいのことをされて
散々、殺すと脅迫されてお金を奪われた上でのケースです。

Aベストアンサー

"帰れと言っているのに玄関をこじ開けようとしてきたりして
突破された後、刃物等で戦い負傷又は死亡させた場合は正当防衛は認められるでしょうか?"
   ↑
正当防衛が成立するためには、次の条件を満たす
必要があります。刑法36条。

1,急迫不正の侵害が存在すること。
 質問者さんの場合は、侵害が予期されていますので
 問題が無いわけではありませんが、一応満たしている
 と思われます。

2,自己または他人の権利を防衛する
 為の行為であること。
 これは満たしているでしょう。

3,やむを得ない行為であること。
 これが最大の問題です。
 やむを得ないかどうかは、総ての事情を考慮して
 決められます。
 体格、性別なども関係してきます。
 この文面だけで、どうこうは決められません。


”いくら知人とはいえ、強盗まがいのことをされて
散々、殺すと脅迫されてお金を奪われた上でのケースです。”
     ↑
そういうことであれば、予期された侵害を利用して
負傷、殺害した、ということになりかねません。
この場合は、正当防衛にはならない、というのが
判例通説です。


尚、盗犯防止法という法律がありまして、この場合は
正当防衛が認められやすくなっています。
参考までに。

①盗犯を防止し又は盗贓を取り返そうとするとき、
②兇器を携帯して又は門戸障壁等を喩越損壊し若しくは鎖鑰を
開いて人の住居又は人の看守する邸宅、
建造物もしくは船舶に侵入する者を防止しようとするとき、
③故なく人の住居又は人の看守する邸宅、建造物若しくは
船舶に侵入したる者又は要求を受けて
これらの場所より退去せざる者を排斥しようとするとき、

の各場合において、自己又は他人の生命、身体又は
貞操に対する現在の危険を排除するため
犯人を殺傷したときは、刑法36条1項の防衛行為が
あったものとする。

"帰れと言っているのに玄関をこじ開けようとしてきたりして
突破された後、刃物等で戦い負傷又は死亡させた場合は正当防衛は認められるでしょうか?"
   ↑
正当防衛が成立するためには、次の条件を満たす
必要があります。刑法36条。

1,急迫不正の侵害が存在すること。
 質問者さんの場合は、侵害が予期されていますので
 問題が無いわけではありませんが、一応満たしている
 と思われます。

2,自己または他人の権利を防衛する
 為の行為であること。
 これは満たしているでしょう。

3,やむを...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報