出産前後の痔にはご注意!

班田収授法が終わったのって902年ですか?

延喜の荘園整理令と同年で終わったという解釈でよろしいのでしょうか?

ご教授願いします!

質問者からの補足コメント

  • 延喜の荘園整理令実施の年に班田収授法が最後だったということですか?⬅︎二文目訂正

      補足日時:2017/04/02 10:33

A 回答 (2件)

No.1です。


>つまり、班田収授法は続いてるけど902年で最後の班田となり班田収授法は無意味になったと言うことですか?

902年の段階では、「途絶えていた班田を行なうようになったぞ!12年後(班田は12年ごと)もまた班田をするぞ!」という意気込みだったと推測します。
ですので、班田収授法自体は生きていたということです。

その後、実際に何回行なわれたかはわかりませんが、10世紀の後半にもなれば「なかなか次の班田は行なわれないなあ」次いで「もう班田はできないんだろうなあ」と徐々に変わっていったと思います。
明確に止めたという史料がないので、班田収授法はこのころから実質的に死文化したのでしょう。

似たような話に遣唐使があります。
実質的な最後の遣唐使は承和のとき(9世紀前半)ですが、これも後になってから結果的に最後になったのであって、当時は次の遣唐使の可能性もあったと思います。
後に菅原道真のとき(894年)に明確に廃止となったので、こちらはわかりやすいですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

あざした!

お礼日時:2017/04/05 01:21

902年は最後の班田がされた年ともされていますが、班田収受法が終わったというのとはちょっと違います。


「今回で最後にします」といったものではなく、「今後もやっていこう」でも結局あまり続かなかったという感じですね。

また、班田も902年が「確認されている最後」であって、実際には何回か続いていた可能性もあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

つまり、班田収授法は続いてるけど902年で最後の班田となり班田収授法は無意味になったと言うことですか?

お礼日時:2017/04/03 12:10

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q春分の日のはいつ設定されたのか

春分の日のはいつ設定されたのか

Aベストアンサー

日本の国の祝日での春分の日は、No.1さんの回答通りですが、日本以外の世界をもと目を広げたら、メキシコのマヤ民族は、春分の日と秋分の日を特別な日と決めています。ピラミッドの階段の影が、春分の日は、蛇が昇る、秋分の日は、蛇が下るように見える設計になっています。

Q至急どなたかお願いします! 息子の宿題の問題なのですがどうしても分からなかったので後で教えるために解

至急どなたかお願いします!

息子の宿題の問題なのですがどうしても分からなかったので後で教えるために解き方と答えを教えてほしいです。

①2/1-4/3÷2

②36/7÷3/14+2/1×6/1

お願いします!

Aベストアンサー

とりあえず途中計算を多めに書きますね。
(③④に関しては無理やり途中計算を作った感じになりましたが…)

①1/2 − 3/4 ÷ 2
=1/2 - 3/4 × 1/2
=1/2-3/8
=4/8-3/8
=1/8

②7/36 ÷ 14/3 + 1/2 × 1/6
=7/36 × 3/14 + 1/12
=(7*3)/(36*14)+1/12
=(7*3)/(3*12*7*2)+1/12
=1/(12*2)+1/12
=1/24+2/24
=3/24
=1/8

③2/7 ÷ 1/4
=2/7 × 4
=(2*4)/7
=8/7

④1/2 × 3/5
=(1*3)/(2*5)
=3/10

Q【漢文】漢文の「天子」は産まれた瞬間に地位が確立する者のことで王子等のこと。 「武王」は軍師のこと。

【漢文】漢文の「天子」は産まれた瞬間に地位が確立する者のことで王子等のこと。


「武王」は軍師のこと。

では「文王」は今の時代の何に相当しますか?

孔子や孟子は文王ですか?

けど孔子や孟子は文王ではなく「先生」と言われていたようです。

Aベストアンサー

「文王」や「武王」は個人に与えられた諡号(しごう=贈り名 これは死後に贈られその功績を称えるもの)であって、普通名詞ではなく固有名詞です。中国・朝鮮等をはじめとした東アジアの王朝でこのように呼ばれる人は複数ありますが、最も古くかつ有名なのは、周(紀元前1152年 - 紀元前1056年)の始祖である「文王」です。また「武王」も同様で、周の武王(文王の子)が有名です。
 したがって、一般に付けられる称号ではありません。
 日本で言えば、天皇の贈り名です。ただし、現代(明治以後)は、元号がそのまま諡号になります。今上天皇が崩御されたら、「平成天皇」となるはずです。昔はそうではなく、中国にならって、生前の功績を称える諡号が付けられました。「神武」「綏靖」「安寧」など付けられましたが、平安時代以後は地名をあらわすもの、「平城」「亀山」などが多くなり、ついには「後」を付けた「後醍醐」も現れました。再び元のようにもどったのは、江戸末期の「光格」「仁孝」「孝明」からです。
 というわけで、孔子や孟子は関係ありません。

Q私は韓国人とのハーフですが、旧日本軍の良さが理解できません。 当方、第二次大戦に関しては関心があり日

私は韓国人とのハーフですが、旧日本軍の良さが理解できません。
当方、第二次大戦に関しては関心があり日本軍の極悪非道さと反面、アメリカ軍の勇敢さにはとても感心します。

旧日本軍は中小国程度の国力でありながら、自分が強いと過信してしまったとても滑稽な軍隊です。
兵器の質は米英独ソ伊仏(西方電撃戦時点)下手したら、ユーゴにも大きく劣りとても劣悪なデザインで、非人道的な兵器ばかりです。
兵器面に関しては★☆☆☆☆

また、兵士の質に関してもバカが多くまともな教育を受けられず無理矢理兵役につかされたので奇妙な特攻や、万歳突撃を行ったりと、非常にクレイジー克つ馬鹿馬鹿しいです。
兵士の質は★☆☆☆☆

なのにも関わらず、本国においては未だに日本軍の大本営発表を真に受け止めていたり、日本軍は勇敢で強い等と馬鹿げたことを言っている方がおります。
これに関しては非常に幼稚だと思うのですがどう思いますか?

Aベストアンサー

第二次大戦で日本は決定的な役割を果たしました。何も恥じる事はありません。

背理法で考えてみましょう。もし、日本が真珠湾攻撃を行っていなかったら、歴史はどうなっていたかと。

当然アメリカ軍の参戦は無かったか、あるいは、例え有っても、参戦時期は大幅に遅れていたでしょう。

その結果、ヒトラーが第二次大戦で勝利したかもしれません。少なくとも、第二次大戦は大幅に長引き戦死者の数も大幅に増加したでしよう。

日本の真珠湾攻撃が、第二次大戦の終結を早めたのです。従ってヨーロッパは日本に感謝するべきです。戦争の終結を早め、ヨーロッパ人の戦死者の数を大幅に減らしたのですから。

真珠湾攻撃を行った、東条英機以下のA級戦犯が何故ヨーロッパでも批判されるのか理解出来ません。

東条英機はヨーロッパ人にとって命の恩人ではないですか?もちろん、A級戦犯の靖国合祀も当然です。第二次大戦の終結を早めた歴史の英雄を何故合祀してはいけないのでしょう?

Q昔は、男女差別がありましたよね。江戸時代、男女は、どんな歩き方をしたのでしょうか?

昔は、男女差別がありましたよね。江戸時代、男女は、どんな歩き方をしたのでしょうか?

Aベストアンサー

男女差別って。
役割分担はありましたけど、女性が男性より下に見られていたわけではないですよ。
まあ、戦国時代や明治時代の戦争が多かった頃は男性の力が強かったのは確かでしょうけど。

歩き方ですか。男性は大股で、女性は内股で歩いていたでしょう。
でも、女性の歩き方を含む作法を教えていたのは年配の女性であって、男性がそうするように圧力をかけていたわけではないです。
女性の作法は、男の口出しのできない領域でしたので。まあ、今でもそうですけど。

Q日本には奴隷制はなかった?

ウィキペディアで被差別民を調べると、次のようなのがでてきます。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A2%AB%E5%B7%AE%E5%88%A5%E6%B0%91
①インドのカースト制における不可触民
②カーストシステムそのものから排除された形で共同体を形成する部族民
③日本の被差別部落民
④イスラームのズィンミー等がある。

また賎民は次のとおりです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B3%A4%E6%B0%91
①日本・・・五色の賎、穢多・非人
②インド・・・アウト・カースト
③中国・・・奴婢や生口等の奴隷が労働力の中核
④朝鮮・・・僧侶、胥吏、女官、妓生、医女、男寺党、奴婢、白丁

ヨーロッパやアメリカの説明はありませんが、奴隷はいたので、奴隷=被差別民・賎民と考えていいですか?

ときどき『日本には奴隷制はなかった』という人がいますが、五色の賎、穢多・非人は奴隷とはいえないでしょうか?

また、奴隷と被差別民・賎民のちがいって何でしょうか?

ウィキペディアで被差別民を調べると、次のようなのがでてきます。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A2%AB%E5%B7%AE%E5%88%A5%E6%B0%91
①インドのカースト制における不可触民
②カーストシステムそのものから排除された形で共同体を形成する部族民
③日本の被差別部落民
④イスラームのズィンミー等がある。

また賎民は次のとおりです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B3%A4%E6%B0%91
①日本・・・五色の賎、穢多・非人
②インド・・・アウト・カースト
③中国・・・奴婢や生口等の奴隷が労働力の中...続きを読む

Aベストアンサー

日本にも奴隷はいたし制度としてあった時期もありました。
ただ、奴隷制がメインではありませんでした。

なんでこんな話になっているかというと、その一つにマルクス主義とそれへの反論があります。
マルクス主義の歴史学では、古代は奴隷制、中世は農奴制とされています。
ヨーロッパでは古代ギリシア・ローマで奴隷がメインだったと当てはめるのはいいとして、日本がどうだったかというのは考慮されていませんでした。
かつては日本でもマルクス主義を導入した研究があって、古代に奴隷制の要素もあるとして無理にマルクス主義に当てはめようとしていました。
その後、実証主義になり奴婢などの奴隷がいたとしても奴隷制がメインというのはおかしいのではないかという考えが増えて行きました。

ですので、「マルクス主義のいう奴隷制は日本にはなかった」という意味で言っていると思います。
ただし、結論だけをみて「日本には一切の奴隷はいなかった」のように間違った捉え方をしてしまっている人もいます。
古代の奴婢や中世の人身売買では奴隷でしょうから。

Q明治の王政復古って、退化では? 天皇絶対化と選民意識、松蔭の膨張主義に突き動かされている時点で、その

明治の王政復古って、退化では?
天皇絶対化と選民意識、松蔭の膨張主義に突き動かされている時点で、その非合理性、普遍性の無さから、後の悲惨な敗戦が運命付けられていたと言えないでしょうか?
水戸学がその害悪の根源ですか?

Aベストアンサー

#4です。補足ありがとうございます。

>日本を考えたところ、個よりも組織や国等に重要性を置きがちで、その根源は何かを考えたところ、悪弊の大きなトリガーが明治維新の天皇主権だと考えたわけです。

たしかにそういう点は否めないと思います。ですから、私も「後の悲惨な敗戦が運命付けられていた」という点は賛同します。

ただ、これが退化で悪弊なのか、というと私はそうでもない、と考えます。
ちなみに、私はアメリカでの生活経験がありますので、それを踏まえて考えたいと思います。

前回の回答でご紹介したコラムでも、アメリカ人などは「王政の国は共和政よりも古臭い」と考えていて、日本の占領期に大いに「日本を民主主義化してやろう」と憲法などを変えて行ったわけです。

でも私はこのコラムニストの価値観に賛成です。
アメリカの例だけでなく民主主義を維持するためには「多様で多彩な個人の考え方の集合」が必要とされています。自由ということなのですが、その代り社会の秩序維持はとても大変になります。「個人の考え方の相違をお互いに認め合う」というのは意外に大変で、社会が安定していればいいですが、災害や経済危機・戦争などの不安定な時期はものすごく社会自体が不安定になるものだからです。

日本はご存知のように災害が多発する国です。東日本大震災の時の日本人の団結力の強さは、世界に賞賛されたぐらいです。あれ、逆をいえば共和政の国だとなかなかできない、ということです。
 実際にアメリカのカトリーナ台風の時にニューオリンズはパニックになってしまっていますし、他にもそういう事例は多々あります。外国の人から見て「なぜ日本人はあれだけの災害にあっても、パニックにならず秩序が保てるのか」と疑問に思っているわけです。

その答えは、質問者様が喝破したように日本は「個よりも組織や国等に重要性を置きがち」であり、その根源には天皇制があることは間違いない、と私も考えます。

どのような社会制度、どのような歴史でも必ず負の側面と良い側面があります。先の大戦での敗戦はまちがいなく、天皇中心制による弊害であったと断言できるでしょう。しかし、同時によい側面もあって、阪神大震災や東日本大震災・熊本地震など大きな災害にあっても秩序を保ち、力強く復興できるのも、また日本人の特徴でありその要に天皇制があることも間違いない事実だと思います。

個人的な話をすれば、アメリカに住んで居た時に、私は「自分は日本人である」ということを強く意識しました。
元来どちらかというと「自分の考えを優先」するタイプなのですが、それでもアメリカのように「すべての物事が相対的で、お互いの立場を表明しあわないと前に進まない」というのは辟易しました。
 そのため、アメリカでは会社などで上司の権限がものすごく強くなっています。皮肉なことですが、そうしないと効率よく前に進まないからです。どのくらい強いかというと課長クラスでも、自分の判断だけで部下をクビにできるぐらいです。

逆に日本のほうが社会の階層化はマイルドです。課長が「お前クビ!」と言っても、部長が「まあ待て」と言うかもしれませんし、人事部も「ちょっと待て」というでしょう。個の確立ができていない、という見方もできますが、弱い個人は社会や組織で守られている、という見方もできるわけです。

元々国、国家というものは、個人では生きられない人間が、集団生活をすることによって生き延びる確率を上げた、という発明品であります。

国家のルールはその国の歴史的背景に由来します。一番不孝なのは、その国とその社会の実際に制度設計が合っていないことでしょう。中国なんかは私たちから見れば「共産党独裁で息苦しい」と見えますが、中国人からすると「確かに息苦しいが、これだけ巨大な国でなんどもバラバラになった歴史から見れば、この程度の強制で済んでいるなら良い」と考えるそうです。確かに中国の歴史は異民族の侵入と分割統治の歴史を繰り返しているから、社会を安定させる方を選んでいるのでしょう。

再度書きますが、日本は災害が多い国です。災害を個人の力で乗り切ることはできません。そのためには普段は多少息苦しい非合理性が垣間見えても、良い面もあると考えています。

もっとも、#1さん宛の補足に書かれた弊害はその通りだと思います。でも、このレベルなら天皇制を維持しつつ民主主義のやり方で解決していくことも不可能ではないでしょう。それができないのは、みんなが望んで居ないか、それとも国民が馬鹿なのか、ということだと思います。

良い面に目をつぶり、すべての悪弊を天皇制だけに収れんするのはよい考えだとは思えません。

#4です。補足ありがとうございます。

>日本を考えたところ、個よりも組織や国等に重要性を置きがちで、その根源は何かを考えたところ、悪弊の大きなトリガーが明治維新の天皇主権だと考えたわけです。

たしかにそういう点は否めないと思います。ですから、私も「後の悲惨な敗戦が運命付けられていた」という点は賛同します。

ただ、これが退化で悪弊なのか、というと私はそうでもない、と考えます。
ちなみに、私はアメリカでの生活経験がありますので、それを踏まえて考えたいと思います。

前回の回答でご...続きを読む

Q世界史を単なる暗記ではなくて体系的に学ぶのに良い本やサイト、ブログなどを教えてください。

世界史を単なる暗記ではなくて体系的に学ぶのに良い本やサイト、ブログなどを教えてください。

Aベストアンサー

ものすごくお勧めなのが、

・銃・病原菌・鉄1万3000年にわたる人類史の謎(上下巻)
です。
これむちゃくちゃ良くできています。
この本の割と的確な(と私が思う)ブログを見つけましたので、参考に紹介します。
http://ncode.syosetu.com/n3357bb/30/

また
・サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福(上下巻)
も面白いでしょう。

日本史のエピソードと世界史をつなげるには
・地球日本史(全3巻)
が良いと思います。かなり目からウロコです。

もう少し手前から考えたいなら
・ヒューマン なぜヒトは人間になれたのか
もいいと思います。ただ、これNHKのドキュメントを本にまとめたものなので、映像で見るほうがわかりやすいかもしれません。これも「銃・病原菌・鉄」の鉄の役割以上の衝撃があります。

これの内容をまとめたもの
http://www.infokkkna.com/ironroad/2012htm/iron8/1204human.pdf#search=%27%EF%BC%AE%EF%BC%A8%EF%BC%AB+%E3%83%92%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3%27

ものすごくお勧めなのが、

・銃・病原菌・鉄1万3000年にわたる人類史の謎(上下巻)
です。
これむちゃくちゃ良くできています。
この本の割と的確な(と私が思う)ブログを見つけましたので、参考に紹介します。
http://ncode.syosetu.com/n3357bb/30/

また
・サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福(上下巻)
も面白いでしょう。

日本史のエピソードと世界史をつなげるには
・地球日本史(全3巻)
が良いと思います。かなり目からウロコです。

もう少し手前から考えたいなら
・ヒューマン なぜヒトは人...続きを読む

Q「ハカーマニシュ朝ペルシア」などに使われる「朝」ってどういう意味ですか?

「ハカーマニシュ朝ペルシア」などに使われる「朝」ってどういう意味ですか?

Aベストアンサー

王朝のことですね。
君主の家名・家系や国号を付けて呼んだりします。

朝には君主に関わる、「朝廷」や「朝見」のような語にも使われてます。

Q太平洋戦争に関して質問です。

アメリカ軍は、当初日本軍相手に苦戦しても、ガダルカナル島奪回後1943年以降は圧倒的な物量を投入して日本軍を圧倒していき、サイパン島陥落以降の1944年後半からは本土に対する空襲が激しくなっていきましたが、もしこの時にアメリカ軍がサリンを入手し日本の都市に使用していた場合、のちの広島や長崎の原子爆弾投下並み或いはそれ以上の被害というのは生じていたのでしょうか?日本では防火訓練が行われていても、ほとんど役にたたかなかったと言われていますが、もし日本の空襲でサリンが使用されていた場合、その都市の人口というのは壊滅だったのでしょうか?

Aベストアンサー

>原子爆弾投下並み或いはそれ以上の被害は生じたか?

規模にもよりますが、死者で原子爆弾を上回るのは困難です。
ただし、ガスによる負傷者を考慮すると、被害は上回るかもしれません。



>サリンが使用さた場合、その都市の人口というのは壊滅だったか?

前述のように、死者はそれなりに出ますが、問題はガスによる負傷者。
人数では壊滅しませんが、都市機能としては壊滅的被害になります。



化学兵器は「貧者の核兵器」と言われるくらい殺傷能力の強いものです。
第一次世界大戦で実戦に使用された時には多くの犠牲者がでました。
しかし、ガスはその特性上すぐに拡散します。
第一次世界大戦では、塹壕戦という溝にこもっての戦いだったので、
空気より重いガスがたまって非常に効果的でした。
市街戦での使用であれば、風向きを考慮して効果的な地点に
逃げ道を塞ぐように計画的に散布すれば、小さな町なら壊滅できます。
また、サリンは被害者への後遺症は非常に深刻です。
致死は少なくても、被害は大きなものになります。

日本への使用の場合、空襲による場合はガス弾の使用になります。
このため、少しずれると効果は限定的です。
サリンやマスタードガスの場合、液体で散布して揮発させます。
うまくいけば、車のタイヤや靴について拡散できますが、
基本的に空気より重くて停滞する性質にしていますので、
離れると被害は少なくできます。
もし、米軍がどこかで化学兵器を使用すると、以後は警戒され
ある程度の被害は出ますが、壊滅するほどの被害は困難です。



現実問題として、毒ガスの使用はジュネーブ議定書違反です。
よく勘違いされますが、毒ガスの製造・開発・所持は
この議定書を含め禁止されていません。
また、アメリカや日本などは署名していますが批准していません。
しかし、実戦で使用された場合、日本が使用する口実になります。
日本は、今はウサギの島で知られる大久野島などで毒ガスを
製造していました。もし、米軍が市街地に無差別攻撃をすれば、
日本が米軍への反撃で使用する口実になります。
小さな基地なら奇襲で攻撃されると防ぎきれません。
ちなみに、アメリカはイタリアで毒ガスを持ち込もうとして
貨物船が攻撃され、拡散されて大きな被害を出しました。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%AA%E7%A9%BA%E8%A5%B2#.E3.82.B8.E3.83.A7.E3.83.B3.E3.83.BB.E3.83.8F.E3.83.BC.E3.83.B4.E3.82.A7.E3.82.A4.E5.8F.B7.E4.BA.8B.E4.BB.B6
Wikiにもありますが、この時ドイツの攻撃を憂慮したアメリカは
「毒ガス使用は報復限定」と声明を出しています。
日本にも用意していたとされますが、規模は分かりません。
アメリカは毒ガスの使用は可能でも使用しませんでした。
サリンを入手しても、あくまでも報復のため限定的な地域が対象で、
都市に使用することはありません。

>原子爆弾投下並み或いはそれ以上の被害は生じたか?

規模にもよりますが、死者で原子爆弾を上回るのは困難です。
ただし、ガスによる負傷者を考慮すると、被害は上回るかもしれません。



>サリンが使用さた場合、その都市の人口というのは壊滅だったか?

前述のように、死者はそれなりに出ますが、問題はガスによる負傷者。
人数では壊滅しませんが、都市機能としては壊滅的被害になります。



化学兵器は「貧者の核兵器」と言われるくらい殺傷能力の強いものです。
第一次世界大戦で実戦に使用された時に...続きを読む


人気Q&Aランキング