最近このサイトで質問したのですが、私は今高校1年生で中学の時は不登校でした。高校受験に失敗し、デザインの専門学校に通っています。専門学校は私立学校で、親にかなりの負担をかけています。
名前を出していいのか分からないので出しませんが、今通っている学校は、正直馬鹿です。もちろん私も馬鹿です。私の偏差値はだいたい30ぐらいです…。
不登校だったので、3年生の後期からの受業内容は分かりません。高校も、必要最低限しか授業をやらないし、理科や、日本史に至っては授業がありません。親にもこれ以上負担はかけられないので塾にも行けません。
愛芸は偏差値が50ぐらいだと聞きました。参考書などで勉強すれば私でも行けるでしょうか?希望が薄いことは分かっています。でも目標が欲しいです。
私の将来の夢は広告会社に務めることです。親孝行できるようにように頑張りたいと思っています。
アドバイスお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

愛知県立芸術大学の入試に必要な科目は、調べましたか。


例えば美術学部のデザイン学科では、一般入試の場合、大学入試センター試験で3教科(国・数・英から2,地歴公民・理から1)+個別学力検査(2次試験)で実技試験です。
「偏差値50」というのは、教科の学力試験に限った数値です。ちなみに偏差値50というのは、全国の全ての大学受験生の中での「平均」という意味です。大学受験をする人は、高校受験をする人(=中学生のほぼ全員)よりも学力的に上位層なので、高校受験の時の平均(偏差値50)と、大学受験の時の平均(偏差値50)はレベルが違います。同じ偏差値50でも、大学受験の偏差値50のほうが学力的には上です。大学受験の偏差値50は、高校受験では偏差値60くらいのレベルだと見ておいたほうが良いでしょう。
また、愛知県立芸術大学は、国公立の芸術大学の中では実技で上位レベルの大学です。学科試験(センター試験)さえクリアすれば良いというものではなく、むしろ実技試験をクリアする方が大変かもしれません。

最低限レベルの授業しか受けられないいまの環境で、センター入試3教科で偏差値50レベルに到達するのは、教科書と参考書だけではほぼ無理でしょう。教科書も、同じ教科でも種類がいろいろあって、たぶんあなたの専門学校(高校)が使用しているのは、一番簡単な内容の教科書でしょう。
センター試験は、進学校で使う教科書を隅々までしっかり勉強していれば解けるようなレベルに設定されていますが、あなたのいまの環境では、基本となる教科書のレベルから進学向けに変えないといけないので、参考書を使う程度では、受験レベルの問題を解くのには足りないと思います。
目標を持つのは良いことですが、乗り越えるべきハードルが多すぎるように思います。
広告会社に勤めるのが目標であれば、愛知県立芸術大学を目指す必要はありません。いまの専門学校でしっかり技術を身につけて、卒業後に即戦力となるスキルを身につければ良いです。
大学、特に芸術大学は、就職予備校ではありません。就職するためのスキルを教えてくれる場所ではないのです。
もし希望する職種の採用条件に「大卒」というのがあるのなら、大卒資格を得るために進学するのも良いですが、芸術大学である必要はありません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

貴重なご意見ありがとうございます。
他に愛芸を目指す人に失礼ですよね…。
高校受験に失敗したことを本当に後悔しています。
頑張って、大卒資格はとれるように頑張りたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2017/04/17 20:29

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q偏差値ってなんですか? 偏差値が高ければ高いほど頭がいいのは分かっているんですが、どのくらいが頭悪く

偏差値ってなんですか?




偏差値が高ければ高いほど頭がいいのは分かっているんですが、どのくらいが頭悪くて、どのくらいが普通なのかがよく分からないです。
自分のレベルにあった大学に行きたいので質問します。

Aベストアンサー

50がまん中。60で頭いいじゃんレベル70ですげえじゃん。40前半以下は死ねよレベル。

Q学校の宿題で今年目標とする漢字一文字とそれに対する俳句を書かなきゃいけないのですが私が選んだ漢字は「

学校の宿題で今年目標とする漢字一文字とそれに対する俳句を書かなきゃいけないのですが私が選んだ漢字は「階」で

「階」:去年とは違う新しい自分の階段を歩むために私は進化していくこれからの階段を上っていきたい。
ということで階にしました。しかし、俳句が全く思いつかないです(泣)

575で誰かいい俳句ないですか(泣)
回答くれると嬉しいです(泣)

Aベストアンサー

俳句には季語がいるのですが、質問の性質上 季節感は無くてもいいのかな
季語無しなら、
階段を 登り試練を 乗り越える
年の瀬に 未知の階段 登り切る(季節感あり)
目標を めざし一段 また一段

Q大学の詐欺的行為 いい加減な授業

自分の通っている音楽大学で、コンピュータによる作曲をやっているのですが、機材は10年も前のPC、ソフトは何年も前のもしか入っていない。マイクやスタジオミキサーなどしっかりしたものは何一つない状態。

この状態でパンフレットでは『最新のコンピュータ設備を完備。新しい音楽制作にチャレンジできる充実した環境』と書かれている。

教師の授業のいい加減さも色々。授業に来なかったり、開始10分終了、担当教員が担当楽器を教えず違う楽器で楽しんでいる。などくそみたいな授業状態になってるものもあります。

なんとかおおっぴらに取材してもらい生徒たちではどうにも動かせない、このバカげたシステムを改善したいのですが、このような内容を取り上げていただけるマスコミやTV番組などはありますでしょうか?

Aベストアンサー

LEC大はとうとう募集停止のようですね。
いい加減な大学は、文科省の指導が入ります。改善されない場合、改善命令が公開され、この大学のように受験生の信頼を失うということになります。

マスコミやTVよりは、正攻法に文科省に状況を送るのが一番効き目はあるはずですが。

Q高1女子です。どこの大学に行こうか迷っています。私は私立の進学校に通っています。成績は底辺の底辺です

高1女子です。どこの大学に行こうか迷っています。私は私立の進学校に通っています。成績は底辺の底辺です。

2年生からは文系、理系、福祉のコースに分かれます。なので行きたい大学を絞って、勉強する教科を決めなければいけません。

こんな馬鹿が恥ずかしいのですが、私は
立教大学コミュニティ福祉学部に憧れています。

もちろん今のままでは行けないことは分かっています。でもここから何とか本気で巻き返したいんです。

全くの無知なので、なにを勉強したらいいのか分かりません。教えていただけると嬉しいです。
厳しい言葉でもいいのでお願いします。

Aベストアンサー

追加するなら、中学の難関高校の過去問題などオススメです。
英語、国語に絞り、長文に慣れることから始めましょう。
高校受験ですでに酷く出遅れていますから、それを取り戻すには今しか無いですよ。

Q教員養成系の学校教育コースとは?

 受験生の娘を持つ父親です。娘は中学校の教員になりたいという希望を持って、国立大学の
教育学部を目指して、受験勉強に励んでいます。
 ところで、教員養成系の教育学部には、英語、数学などの教科教育を専攻するコースと別に、
学校教育(総合教育)を専攻するコースがあり、娘は最近このコースに興味を示しています。
 そこで、このコースの特徴や、特定の教科教育を専攻する場合と比べたメリット、デメリット等
を教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

学芸大の学校教育選修から中学校の教員、特に英語の教員を目指す人数は例年どのくらいでしょうか?

>これは、正直よくわかりません。
私の学年で私の知っている人は、2人いるようです。
年によっては、1人とか0人という可能性も十分にあります。

また、A類なので授業内容は小学校教育を対象にしたものと思いますが、中学校教育にも十分通じるものと考えて良いでしょうか。

>授業によります。

専門の授業(教育哲学・教育史・教育方法学・学校経営学・教育社会学など)は、十分に通じるものだと考えます。教科・年を超えて通じる領域なので。

しかし、A類(小学校)だと「初等○○科教育法」および「○○科研究」という授業を9科目全て必修で履修せねばなりません。
「初等国語科教育法」「国語科研究」「初等生活科教育法」「生活科研究」「初等音楽家教育法」「初等家庭科教育法」など。書写からピアノの授業までが必修です。

これがもしB類(中学校・高校コース)であれば、「中等○○科教育法」+「専門の授業」が必修となります。英語だったら、「中等英語科教育法I~IV」、「英米文学」とか「英文法」とか「英会話」とかの授業が必修になってきます。

だから、A類学校教育で中高の英語の免許も取ろうとする場合、「初等○○科教育法」および「○○科研究」の必修に加えて、「中等○○科教育法」+「専門の授業」などの英語科の授業を履修していくことになります。


だから、結論から言えば、「初等国語科教育法」「国語科研究」「初等生活科教育法」「生活科研究」「初等音楽家教育法」「初等家庭科教育法」など中高免許だけを狙う人から見れば、無駄な授業、役にたたない授業がたくさんあることになります。

また、A類は、教育実習も「基礎実習(3週間)」「応用実習(3週間)」ともに小学校でやる実習が必修となります。B類は、「基礎実習」「応用実習」ともに中学でできます。

A類が中高免許を狙う場合の、「中学校実習」は、附属中で3週間やることになります。

しかし、はじめから、「小学校の免許と中学校・高校の免許、両方ほしい」という人は、また話が別です。「A類に在籍していて、B類の授業を狙った方が取りやすい」という現実です。これは入ってからわかることですが、B類の人が小学校免許もほしい!と思ったときには、A類の人がB類の授業を取り時よりも大変になります。(専門の関係かな?)なぜか、ちょっとあいまいですが、そういう現実があります。

学校教育には、毎年この副免組みが出てきます。中高免許も一緒にとる人たちです。学校教育では、英語組み、社会組み、国語組みなど、5、6にんで一緒に授業を組み立て、一緒の授業なので、仲良くなっています。「英語飲み」「国語飲み」などもけっこう開催されているようです。(今の学校教育のキーワードの一つに、「幼少連携」や「小中連携」「中高連携」が言われています。小6と中1の間で不登校が3倍になるなど「中1ギャップ」の問題があるからです。)


それとも中学校教育になるとだいぶ様子が変わってくるものなのでしょうか?

>先ほども書いたように、小学校は全般的に幅広く履修しますが、中学校は専門に絞って深く履修します。
専門教科を極めたいのであれば、学芸のB類か、他大の中学校コースをオススメします。中高だけを狙う人には、やはり学芸大の学校教育は合わないと思います。

学芸の学校教育の他の大学や学科にはないよさとして、「学教フォーラム」や「教育学道場」など、企画・イベントがあって教員とともに教育について学べるところです。

他の人は他の人ですが、少なくとも私にとっては、「教育」を深められる最高の環境です。

学芸大の学校教育選修から中学校の教員、特に英語の教員を目指す人数は例年どのくらいでしょうか?

>これは、正直よくわかりません。
私の学年で私の知っている人は、2人いるようです。
年によっては、1人とか0人という可能性も十分にあります。

また、A類なので授業内容は小学校教育を対象にしたものと思いますが、中学校教育にも十分通じるものと考えて良いでしょうか。

>授業によります。

専門の授業(教育哲学・教育史・教育方法学・学校経営学・教育社会学など)は、十分に通じるものだ...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報