【発光効率のルーメンの不思議な話】


白熱灯の発光効率のルーメンは11-18lmである。

自動車のヘッドライトに使われているのはハロゲンランプである。

ハロゲンランプの発光効率は30lmである。

----------

自動車のヘッドライトの明るさは部屋の白熱灯の2倍の明るさに過ぎないと言える。

しかし自動車のヘッドライトは上向きにするとものすごく遠くまで明かりで照らすことが出来る。

本当に自動車のハロゲンヘッドライトは部屋の白熱灯の2倍の明るさなのでしょうか?

部屋の白熱灯の2倍が自動車のヘッドライトの明るさとは信じがたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ルーメンは光源(ライトなど)から全方向(360°)に放射される光全体の量を表します。

一方、自動車のヘッドライトなどで照らされた前方の部分の明るさ(室内の白熱灯で照らされたある面の明るさ)はルックスで表し、光源から特定の方向に照射される光の強さはカンデラで表します。
同じ明るさでも、どういう状況の明るさであるか、ルーメン、ルックス、カンデラではみな違います。

自動車のヘッドライトには後ろや周りに金属の反射鏡があって、光源(ライトなど)から全方向に出た光を前方に集め、なおかつヘッドライト前にはレンズが付いていて前方の特定の方向に光を絞って照らしています。
ですから自動車のヘッドライトが明るく見えるのは、自動車の前方の特定の方向(真正面)だけです。そこから少し外れると自動車のヘッドライトはまったく明るくありません。

これに対して室内の白熱灯は部屋全体を照らします。なので、室内の白熱灯と自動車のヘッドライトの明るさは、比べる土俵がまったく違うので、比較できません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みなさん回答ありがとうございます

お礼日時:2017/04/19 12:22

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【電気・接点回路の確認表示灯のON、OFFの理屈が理解出来ないので助けて】 図イが確認表示灯でLで

【電気・接点回路の確認表示灯のON、OFFの理屈が理解出来ないので助けて】

図イが確認表示灯でLでONのときに光る。

図ニが位置表示灯でHでOFFのときに光る。

接点回路図を見て図ニの位置表示灯はOFFのとき光って、ONのときに消えるのは並列回路の場合、抵抗が小さい方に電流が流れる性質を利用してONのときに消えるのは分かります。

図イの確認表示灯は0と3が繋がれば光るので1の必要性が分かりません。

電流は抵抗が小さい方に流れるということは0と1の間がOFFだと断線しているので抵抗がゼロなので1番抵抗が小さいということですよね?

ということは3から断線のとこまで流れたときに光ると思うんですがなぜ光らないんですか?

3が光らないなら1は不要な気がするんですが、私の頭の中では図イはOFFでもONでも光ってる気がします。

なぜOFFのとき光らないのか教えてください。

スイッチって左右に端子が4点あって、どこを通っても良いので左右に1本でも良いので繋がれば電気は流れるんですよね?

2本通らないと電気は流れない仕組みなんですか?

Aベストアンサー

イ、のスイッチは「パイロットスイッチ」ではなく「ひかるスイッチ」です
電流検知式の「パイロットスイッチ」は2線式ですが、「ひかるスイッチ」は接地側線が必要な3線式です

「パイロットスイッチ」はスイッチを入れると照明等が正常の場合は確認灯が点灯しますが
照明が白熱灯で電球が切れている場合は、スイッチを入れても確認灯は点灯しません
また負荷がヒーターでサーモスタットで切れている場合、照明器具本体のスイッチが切れている場合など
負荷がかかっていない場合、スイッチを入れても確認灯は点灯しません

「ひかるスイッチ」は0に電圧側線、1に負荷側線、3に接地側線を接続します
スイッチを入れると確認灯に電圧側と接地側が通電されるので、負荷の状態にかかわらず確認灯は強制的に点灯します

「ほたるスイッチ」「パイロットスイッチ」「ひかるスイッチ」「パイロット・ほたるスイッチ」結線図
http://www.taroto.jp/site/faq/faq7-1.html

Q10Wって何ルーメンですか?

10Wって何ルーメンですか?

なんでW表記とルーメン表記の2種類があるのでしょう?

どういう理由で使い分けているのでしょうか?

Aベストアンサー

ルーメンは仕事率の単位ではないので、ワットには換算できません。

ワット表記は昔の白熱電球の消費電力を目安としています。白熱電球の明るさを知っている人はそのほうがなじみやすいからでしょうね。
電球型蛍光灯や、電球型LEDは、実際の消費電力と、「昔の白熱電球で言えば何ワットの明るさ」の両方が併記されていることが多いです。

Q【紫外線ライト、ブラックライトの付属品としてイエローゴーグル、イエローグラスが付くのはなぜですか?】

【紫外線ライト、ブラックライトの付属品としてイエローゴーグル、イエローグラスが付くのはなぜですか?】


紫外線を直接目で見る直視は目に悪いからゴーグルが付くんですか?

なぜ黄色のレンズが使われるんですか?

Aベストアンサー

紫外線を直接目に受けると、目の角膜が炎症を起こしてしまいます。
そのため、紫外線をカットするためにメガネやゴーグル等を使います。
イエローの色付きとのことですが、安価である程度の能力を期待しているのだと思います。
イエローだから紫外線をカットする能力が高い訳ではないです。
市販の防護用のメガネやフィルムでは無色透明のものもあります。

QパワーアンプLM3875について

パワーアンプについて質問があります。
http://www.tij.co.jp/jp/lit/ds/symlink/lm3875.pdf
リンク先のデータシート6ページ目の{単一電源応用回路}について、0.7uHのLとありますが、
これはどのようなコイルを使うべきなのでしょうか?
トロイダルコイルやらチョークコイルやらいろいろあってよくわかりません。
また、定格電流はどの程度がいいのでしょうか?

秋月電子、 http://akizukidenshi.com/catalog/default.aspx
千石、 https://www.sengoku.co.jp/
若松通商、 http://www.wakamatsu-net.com/biz/
マルツパーツ館、 http://www.marutsu.co.jp/
鈴商、 http://www.suzushoweb.com/

この5つのパーツ屋さんのどれかで(0.7uH程度のコイルを)そろえたいです。

なければ自作も考えています。
その場合はどうやって作ればいいでしょうか?

また、先ほどの回路図のCとRINについて、以前の質問で

>VRとOPアンプの非反転入力の間にコンデンサが入ってますがコンデンサが入ると非反転入力のDCバイアス電圧が不定になってしまいOPアンプは正常に動作しなくなりますので外してVRと直結してください。

というように、VRとアンプの間にコンデンサを入れるのはよくないとききました。
ですが、このパワーアンプでは関係ないのでしょうか?

一応そのことが聞きたかったので二つ質問しました。
回答よろしくお願いします。

あと、回路は下の回路図を使用しようと考えています。
R8R9の抵抗は10kのVRとして使用します。

何か訂正箇所がありましたらご指摘してください。

パワーアンプについて質問があります。
http://www.tij.co.jp/jp/lit/ds/symlink/lm3875.pdf
リンク先のデータシート6ページ目の{単一電源応用回路}について、0.7uHのLとありますが、
これはどのようなコイルを使うべきなのでしょうか?
トロイダルコイルやらチョークコイルやらいろいろあってよくわかりません。
また、定格電流はどの程度がいいのでしょうか?

秋月電子、 http://akizukidenshi.com/catalog/default.aspx
千石、 https://www.sengoku.co.jp/
若松通商、 http://www.wakamatsu-net.com/biz...続きを読む

Aベストアンサー

>http://www.tij.co.jp/jp/lit/ds/symlink/lm3875.pdf
>リンク先のデータシート6ページ目の{単一電源応用回路}について、0.7uHのLとありますが、
>これはどのようなコイルを使うべきなのでしょうか?

このLはアンプが発振した場合にその発振周波数の電流を抑えて並列の10ΩをSPに直列に挿入するために試用します。したがって発振が起きた場合の想定周波数は100kHz以上になりますので周波数特性の良いインダクタを使用する必要があります。また、発振していない通常の状態ではこのインダクタにはSPに流す電流が流れますのでDC抵抗の十分低いインダクタが必要になります。
 結論としては 空芯コイル が最適です。インダクタンスの計算はこちらのサイト(http://gate.ruru.ne.jp/rfdn/Tools/ScoilForm.asp#p1)の計算機能を使って設計できますので手巻きで簡単に作成できます。

>>VRとOPアンプの非反転入力の間にコンデンサが入ってますがコンデンサが入ると非反転入力のDCバイアス電圧が不定になってしまいOPアンプは正常に動作しなくなりますので外してVRと直結してください。

>というように、VRとアンプの間にコンデンサを入れるのはよくないとききました。
>ですが、このパワーアンプでは関係ないのでしょうか?

こちらの回路(http://www.tij.co.jp/jp/lit/ds/symlink/lm3875.pdf の5ページの単一電源応用回路)では電源を2本の100kΩの抵抗で分圧したポイントから75kΩの抵抗で非反転入力にDCバイアスが与えられてますのでDCバイアス電圧は不定ではありません。この場合、DCバイアス電圧は電源電圧の1/2です。ですので「VRとアンプの間にコンデンサを入れる」のは問題ありません。

>あと、回路は下の回路図を使用しようと考えています。
>R8R9の抵抗は10kのVRとして使用します。

回路図が小さすぎて拡大しても不鮮明で読み取れません。添付する画像は縦横比を1:1にしてできるだけ大きく見えるように工夫してください。

>http://www.tij.co.jp/jp/lit/ds/symlink/lm3875.pdf
>リンク先のデータシート6ページ目の{単一電源応用回路}について、0.7uHのLとありますが、
>これはどのようなコイルを使うべきなのでしょうか?

このLはアンプが発振した場合にその発振周波数の電流を抑えて並列の10ΩをSPに直列に挿入するために試用します。したがって発振が起きた場合の想定周波数は100kHz以上になりますので周波数特性の良いインダクタを使用する必要があります。また、発振していない通常の状態ではこのインダクタにはSPに流す電...続きを読む

QLm3875回路について(故障)

Lm3875回路について(故障)

先日作った3875のアンプを壊してしまいました。
高い電圧50v弱くらいを逆接続しまったのが原因そうなのですが、3875の定格はこえていません。
ボリュームもこわれていませんでした。
ということは、3875に接続した回路がこわれたということでしょうか?
回答お願いします

回路は、https://box.yahoo.co.jp/guest/viewer?sid=box-l-6pbdvsudc2wsusrtg5phqzqc4y-1001&uniqid=66af2433-3537-472a-bd0c-fa756c3c118d&viewtype=detail
これのc2とc6をショートしたものです。
つなげた電源は
https://box.yahoo.co.jp/guest/viewer?sid=box-l-6pbdvsudc2wsusrtg5phqzqc4y-1001&uniqid=8114c036-c71e-47dd-bbb0-b6670a8ecae8&viewtype=detail
この回答です。

回答よろしくお願いします!

Lm3875回路について(故障)

先日作った3875のアンプを壊してしまいました。
高い電圧50v弱くらいを逆接続しまったのが原因そうなのですが、3875の定格はこえていません。
ボリュームもこわれていませんでした。
ということは、3875に接続した回路がこわれたということでしょうか?
回答お願いします

回路は、https://box.yahoo.co.jp/guest/viewer?sid=box-l-6pbdvsudc2wsusrtg5phqzqc4y-1001&uniqid=66af2433-3537-472a-bd0c-fa756c3c118d&viewtype=detail
これのc2とc6をショートしたものです。
つなげた電源...続きを読む

Aベストアンサー

今晩は。


ICの電源を逆に接続した場合はほぼ100%ICは壊れてしまいます。ICの電源端子のVEEはICチップの中にあるトランジスタや抵抗を電気的に相互に絶縁するためにICチップのサブストレート(P型半導体)に接続されてます。個々のトランジスタやダイオード、抵抗はお互いにこのサブストレートのP型半導体で囲まれて分離絶縁されてます。通常の使用方法ではICチップのこのサブストレートのP型半導体が回路の最低電位につながれているので個々の部品のN型半導体からはサブストレートのP型半導体へ電流が流れなくて絶縁されてます。
 しかし、VEEに間違えて回路の最高電位をつなげるとこのサブストレートのP型半導体から本来分離されている個々の部品のN型半導体へダイオード接続されたのと同じ状態で大電流が流れてICは破壊されてしまいます。もしその逆接続した電源にシリーズに大きな抵抗が挿入されていればその抵抗で電流が制限されてICが破壊しない可能性もありますが、抵抗を使ってなければICは壊れてしまったと考えられます。
 ちなみに壊していないIC(バイポーラ)が手元にお持ちならばテスターのダイオード測定モードで計ってみれば電源端子の逆接続の方向はダイオードになってるのが確認できます。

今晩は。


ICの電源を逆に接続した場合はほぼ100%ICは壊れてしまいます。ICの電源端子のVEEはICチップの中にあるトランジスタや抵抗を電気的に相互に絶縁するためにICチップのサブストレート(P型半導体)に接続されてます。個々のトランジスタやダイオード、抵抗はお互いにこのサブストレートのP型半導体で囲まれて分離絶縁されてます。通常の使用方法ではICチップのこのサブストレートのP型半導体が回路の最低電位につながれているので個々の部品のN型半導体からはサブストレートのP型半導体へ電...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報