バックハンドが苦手でほとんどフォアハンドで打っているのに、肘の外側が痛いバックハンドテニス肘になりました。

フォアハンドでバックハンドテニス肘になるのは、どういう理由でしょうか?
フォアでこういう打ち方だとバックハンドテニス肘になりやすい、とか、打ち方で意識したほうが良いことなどがあれば教えてください。

A 回答 (1件)

腕だけで振ってるから痛くなるんだと思います。



自分もテニスをやっていてテニス肘になったことがありますが、体幹で打つように意識したことと、肘あたりのトレーニングを取り入れたことで改善することができました。

痛くない打ち方に変えるのではなく、体幹を意識した腕だけに負担がいかない打ち方に変えることをオススメします。
詳しくはテニスクラブのコーチにでも相談して下さい。

トレーニングに関しては、負荷の低いチューブを使ったトレーニングをオススメします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
体幹を意識しているつもりなのですが、そうなっていないのでしょうね。難しいですね。
フォアハンドで打っているのに、バックハンドテニス肘になるというのが、不思議だったのですが、きっと打ち方が間違ってるのでしょうね。

お礼日時:2017/05/16 09:14

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qソフトテニスをしている人に質問です!! バックハンドストロークとフォアハンドストロークのこつを教えて

ソフトテニスをしている人に質問です!!

バックハンドストロークとフォアハンドストロークのこつを教えてください!!

Aベストアンサー

質問が大雑把すぎる。

コツといったって『これさえしっかりやるばアナタも打てる!』
というほど、ストロークは簡単ではありません。
また、学ぶべき順序もあります。
アナタの実力のほども分かりません。

お力になれるのであれば協力しようかと思いますが、答えようがありません…。

Q硬式テニス バックハンドの打ち方の違い ガットについて

以前に、趣味>その他に同じ質問をしていたのですが、親切な回答者がここに聞いてみると良いといっていたので、聞きたいと思います。
私は高校1年生で、中学のとき軟式テニスを3年間やっていました。
硬式テニスでは、ダブルハンドとシングルハンドがあるとわかったのですが、どちらがどういいのでしょう?特徴を教えてください(それぞれのホームの欠点と長所ナド)
また、僕は軟式でドライブマンという名前をつけられるほどドライブをかけていたのですが、硬式になってもできるだけホームは硬式にしたのですが、かなりのドライブがかかってしまいます。これは良いのでしょうか??僕なりにはこのほうが入りやすいです。しかし、この打ち方のせいか、ガットが1週間も持たずに切れてしまいます。自分の高校のテニス専門店にいって相談してみて、ポリエチレンにガットをかえてみたのですが、5日できれてしまいました。このままではお金がいくらあっても足りず、小遣いでは納まりきれません。何か良い方法はありませんか??よろしくお願いします

Aベストアンサー

私は多くの軟式から転向した方を見てきました。
やはりバックに苦戦される方が多いようです。

両手と片手の違いはまず力配分です。
片手では利き腕1本で打ちますが、両手では利き腕が1~2割の力、もう一方が8~9割の力で打ちます。
ですから利き腕は添えるだけで、実はもう一方の腕のフォアハンドだという人もいます。
打点は、片手は両手より前で球を捉えるため、リーチとしては片手より短いですが、余裕的には両手の方があるように感じます。
軟式転向者の多くの方は両手打ち(軟式のバックの癖が出にくいとも聞いたことあり)だったと思いますが、もちろんやり易い方を選ぶべきです。
両方試して自分に合った方が正解ですよね。

また、軟式から転向された方はスイングの振りぬきが抜群に良いため、スピンのかかった球を打てる方多いです。
正直、硬式を続けている方より軟式転向者の方が良いフォアを打てるのではと思っています。
ですからドライブの打球はガンガン磨いていけばよいのではないでしょうか。

ガットですが、私もスピン系の球を打っていたときは合宿など1日で切れることもよくありました。
金銭的に辛かったのですが、運良く高校からガット張り器があったので一番安いリールガット(1万円くらい)を買って自分で張っていました。
20~21回分張れたので、1張りで500円位だったでしょうか。
設備があればお勧めします。

私は多くの軟式から転向した方を見てきました。
やはりバックに苦戦される方が多いようです。

両手と片手の違いはまず力配分です。
片手では利き腕1本で打ちますが、両手では利き腕が1~2割の力、もう一方が8~9割の力で打ちます。
ですから利き腕は添えるだけで、実はもう一方の腕のフォアハンドだという人もいます。
打点は、片手は両手より前で球を捉えるため、リーチとしては片手より短いですが、余裕的には両手の方があるように感じます。
軟式転向者の多くの方は両手打ち(軟式のバックの癖が...続きを読む

Q軟式テニス(バックハンドの打ち方)

今、私は中学で軟式テニスをやっているのですがバックハンドがうまく打てません。
思いっきり振ると飛ばしてしまうし、弱めに打つとラケットに当てるだけになってしまいます。
あげくの果てにはカットがかかってしまい、試合でバックハンドが打てなくなってしまいました。
どうしたら良いでしょうか??

Aベストアンサー

こういうことは、文書で表記するのはなかなか難しいですよね。わたしが、うん十年前中学で軟式テニスをしていた時は、ウエスタングリップでバックハンドの方が、バックスウイングが短く打点のタイミングさえうまく合えば、フォアよりかえってジャストミートして打ちやすかったと思いました。当たる瞬間のガット面がまっすぐになっていないのと其の後のフォロースルーが振り切れてないのではないでしょうか、一緒にやっている友達なら、打っている時のガットの面が斜めになって切れて(カット)しまっているとかわかるはずなのですが、聞きやすい友達がいませんか?それがムリならガラスや鏡の前でスウイング(イメージトレーニング)してみれば当たる瞬間のガット面がフラットになっていないからカットがかかってしまうと認識できると思いますが、私はそういう風にして克服しました。ボールにあたる瞬間にフラットを意識して後はかぶせるように思いっきり振り切ればドライブがかかってコート内に入るはずです。何回か、壁打ちとかで練習すれば出来るはずです。諦めずに頑張って下さい、必ず出来ます。参考にならなかったらごめんなさい。今は年に1度ぐらい硬式テニスをセミイースタングリップぎみで、そして、バックハンドはイースタンで持ち替えて打ちます。参考URLは調べた事がないので載せません。

こういうことは、文書で表記するのはなかなか難しいですよね。わたしが、うん十年前中学で軟式テニスをしていた時は、ウエスタングリップでバックハンドの方が、バックスウイングが短く打点のタイミングさえうまく合えば、フォアよりかえってジャストミートして打ちやすかったと思いました。当たる瞬間のガット面がまっすぐになっていないのと其の後のフォロースルーが振り切れてないのではないでしょうか、一緒にやっている友達なら、打っている時のガットの面が斜めになって切れて(カット)しまっているとかわ...続きを読む

Qソフトテニス:バックハンドの打ち方

ソフトテニス暦8年の後衛です。どうしてもバックハンドがうまく打てません。問題は打点が安定しない(横方向・前方向共に)、ラケットヘッドが回らないなどが主に気になります。フォアハンドでは、かなりいい球を打てますが、バックが下手で典型的な悩みですが誰かコツを教えていただけませんでしょうか?

Aベストアンサー

片手・両手で違うと思います。
私の場合はシングルハンドなのですが振り子のイメージを払拭したことでだいぶマシになりました。
雑誌等を見ると肩を中心に振り子のイメージでスイングすると書かれていることが多いですが、振り子をイメージしすぎると振り抜きが悪くなり振り遅れることが多々ありました。
しかし、コーチに「ラケットをボールの下にセットすれば自然と下から上のスイングになる」といわれたことで一気に苦手を克服しました。
とにかくあまりスイングを気にせず、ラケットを低めにセットし思い切り振りぬく(振り子はイメージしない)といいですよ。

Qテニスの片手バックハンドの打ち方について

テニスの片手バックハンドストローク・バックハンドスライスのときに(右利きの場合)、左手をパーの形に開いて後方に持って行かねばならないのは何故なのでしょうか?

Aベストアンサー

上体が開かないように、左手を後方に残してます。
片手バックは右肩が支点になるので、その部分を中心に回転させたい、という意図ですね。
上体が開いてしまうと、軸がブレてスイングや面が不安定になってしまいますので。

あと左手をパーにするのは、指先に力を込めることにより、右腕と左腕の対称性と連続性を意識するためです。
左右対称が意識できれば、体のバランスが良くなりますし、連続性が意識できれば体幹の使い方が良くなります。
バック以外にもすべてのショットで、左手への意識を強くすることが、より良いフォームにつながりますので、ぜひぜひお試しくださいませ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報