Driving a car is about speed.

「クルマを運転することはスピードについてである」 ではなんか変なんですが、どういう意味に受け取ったらいいでしょうか?

A 回答 (2件)

この about の使い方をアメリカ人はよくします。


Merriam-Webster dictionary はこのような about を、
"fundamentally concerned with or directed toward" (基本的に関係する、基本的に方向付けられている)
というように説明しています。

日本語には常にピッタリする訳はないかも知れませんが、従ってご質問の英文を訳せば『クルマの運転というのは基本的にスピードが関係する → クルマの運転とは要はスピードだ』ということになると思います。

同じように、例えば America is about opportunity. 『アメリカとは要は機会(の国)のことなんだ』のような言い方も出来ます。
    • good
    • 1

aboutをどう訳すかですが、aboutには


・~について、~に関して
・~を必要とする、~を目的とする
・~に従事する
などの意味があります。

となれば
「車を運転することはスピードを出すってこと」とか
「車を運転することは、スピードが出せるってこと」→「スピードを出さずに車を運転するなんてありえない」
といった意味に取れます。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QStaring is Caringの意味

http://staringiscaring.nl/
上記サイトを見ていまして、タイトルが「Staring is Caring」(正確にはStaring = Caring)です。
「見つめることが思いやり」と翻訳サイトでは和訳されますが、
サイトの内容と照らし合わせると、この和訳ではしっくりきません。
どなたか、このサイトのタイトルを正しく和訳できる方はいらっしゃらないでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>サイトに訪ると表示される「START STARING」というボタンに見守ることをスタートするとありますが、これは、女性のきわどいショットを見つめることと、エチオピアの少女を見守ることの2つの意味をかけているということでしょうか。

このサイトの主旨は存じ上げませんでしたが、正に秀逸なダブルミーニングのコピーであると感じます。

>このサイトの最終的なゴールが、スカートをユーザーに買ってもらい、エチオピアの女性にその利益を送って、生活を豊かにし、エイズから身を守る術を身につけるという事だと認識しています。

なるほど!実際のスカートの販売でしたか。ここにもダブルミーニングが用いられています。
skirtにはカジュアルな表現に於ける『少女、女の子』の意味があり、
即ち『少女を見守るならばスカートを買ってください』
との暗喩が籠められています。
非常によく出来た啓蒙手法であると感じ入りました。

Q○○ is about.の訳

○○ is about.の訳
対戦ゲームでの話ですが
○○という相手をやっつたときに
「○○ is about.」という説明文がでてきたんですけど
これはどういう感じの意味なんでしょうか

Aベストアンサー

be aboutは「周辺にいる」という意味です。

Qなぜ、「そういうことなんだ」の英訳が「That's what this is all about」なの?・・・

 先日、テレビで語学番組を見ていた折、次のフレーズがでてきました。

(Aさんの説明を受けて)
Bさん:I see. That's what this is all about.

上の文は「なるほど。そういうことなんだ。」という意味なのですが、なぜそういう意味になるのか分りません。「I see」はいいのですが、「That's what this is all about」がなぜ「そういうことなんだ」となるのでしょうか?
また、「So that's how it was」を「そういうことなんだ」という意味で使ってもいいでしょうか?
どなたかお分かりの方がおられましたらご教授お願いします。

Aベストアンサー

that は前回の質問と同じく相手が言ったことです。

this : 話題になっていること。今回は this「このこと」とはっきり言っている。

what : 無理に分析すると this is all about XX「これはすべてXXに関すること」という表現が元にあります。初めはよく分からなかった「このこと」というのが相手の説明によって XX に関することであると分かった。あまり使わない言い方ですが、別の表現では this is all about what you have explained「これはすべてあなたが今説明してくれたことに関するのですね」。
結局 what this is all about は「このことすべてが関していること」→「これに関係するすべてのこと」→「これが何に関することなのか」

「あなたが今言ったことがこれが何に関するかなんですね」→「それがこれがどういう関わりのことなのか」→「そういうことなんですね」

So that's what this is all about. ですが、これ全体での表現と言うより、so の使い方で考えた方がいいでしょう。前回でも書いたように so は相手が結論を出す前にこちらから結論を出すような響きがあります。同じ「なるほど」でも、「分かりました」という I see とは違うのです。

that は前回の質問と同じく相手が言ったことです。

this : 話題になっていること。今回は this「このこと」とはっきり言っている。

what : 無理に分析すると this is all about XX「これはすべてXXに関すること」という表現が元にあります。初めはよく分からなかった「このこと」というのが相手の説明によって XX に関することであると分かった。あまり使わない言い方ですが、別の表現では this is all about what you have explained「これはすべてあなたが今説明してくれたことに関するのですね」。
結局...続きを読む

Qnuts about と crazy about

NYの人が歩きながら食べているらしいもののひとつをお土産にもらいました。
袋に nuts 4 nuts と書いてありました。
2番目の nuts は nuts about に使われている意味の nuts なのではないかと思います。
だとすれば nuts about と crazy about はどのように違うでしょうか?

Aベストアンサー

Gです。 こんにちは。

nuts aboutは日本語の「目がない」と言う表現に近いフィーリングを持っています。 慣用句でありまた少し俗語的表現でもあります。 ナッツには目がないんだよな、と言う感じです。 (それを聞いた私は、もちろんナッツには目はないよ。 芽は出るかも知れないけど、とつい言ってしまいます<g>) 

この日本語と同じように、性格によって、使いたくない人はでてきますね。 

なぜこの単語が使われるのか、と言うと、nut/nutsと言う単語が超俗語的に精神異常者・キチガイという意味で使われるからなんですね。 それらの人をさしてこの単語を使う事は常識のある人であればタブーとされています。 つまり、crazyなんです。 ですから、昔からある、I'm crazy about/for xxxの代わりの表現となっているわけです。

ですから、商品登録名として、Nuts for Nuts これは一種の「駄洒落」を使った表現だと言う事になり、Nuts for nuts nutsと言う表現もできないことはないわけですね。 つまり、ナッツキチガイのためのナッツ、と言う事になります。 (友達同士ではこのNutsという単語は問題なく使われています)

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 

Gです。 こんにちは。

nuts aboutは日本語の「目がない」と言う表現に近いフィーリングを持っています。 慣用句でありまた少し俗語的表現でもあります。 ナッツには目がないんだよな、と言う感じです。 (それを聞いた私は、もちろんナッツには目はないよ。 芽は出るかも知れないけど、とつい言ってしまいます<g>) 

この日本語と同じように、性格によって、使いたくない人はでてきますね。 

なぜこの単語が使われるのか、と言うと、nut/nutsと言う単語が超俗語的に精神異常者・キチガイという意...続きを読む

Qなんか危うい~スピードラーニング~

聞き流すだけで、耳が英語に慣れるというのはあり得ますが、
スピーキング力につながるようなリスニング力を付けるやはり、単にタラーっと集中せずに聞き流すだけではダメで、集中して聞く必要があるかと思います。
それに、1日5分から、と宣伝してますが、
5分くらいでは、大して慣れませんよね。
最低限の文法も考えずに単なる暗記のような事をしても、定型会話はできるかもしれませんが、話がゼンゼン広がらないのでは?自由に話す力が弱すぎて…。
それに赤ちゃんと同じ方法で学ぼうという事自体が、危う過ぎると思います。
赤ちゃんと成人(大人)では脳が変化しており、赤ちゃんの時には通用した学習法も、
大きくなってからでは、効率が逆に悪いと思います。
どっかで、脳が十分に発達したら、意味を考えて学習した方が、単なる慣れで学習するよりも効率的であるという内容を読んだことがあります。
赤ちゃんとオトナでは、脳で使う場所が異なるんですよね。
ホントに英語を学習したくない人にとっては、一切やらないよりは全然良いでしょうけど、気休め程度にしかならないのでは?
むしろ、少しでも学習したい気持ち(英語を好きな気持ち)があるんなら、NHKの遠山さんの「ラジオ英会話」を毎日15分聴いて、楽習した方が、断然意味あると思います。a song 4 you とか結構好きです。

皆さんはどう思いますか?

聞き流すだけで、耳が英語に慣れるというのはあり得ますが、
スピーキング力につながるようなリスニング力を付けるやはり、単にタラーっと集中せずに聞き流すだけではダメで、集中して聞く必要があるかと思います。
それに、1日5分から、と宣伝してますが、
5分くらいでは、大して慣れませんよね。
最低限の文法も考えずに単なる暗記のような事をしても、定型会話はできるかもしれませんが、話がゼンゼン広がらないのでは?自由に話す力が弱すぎて…。
それに赤ちゃんと同じ方法で学ぼうという事自体が、危う...続きを読む

Aベストアンサー

全くご指摘の通りです。もしもスピードなんとかが効果があるのなら、受験校では、毎日のようにやっているはずです。しかしそんな学校はありません。
 ラジオ英会話はいいですね。私の娘にも小4から中3まで聞かせましたが、おかげで高校の英語はばっちりです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報