人間に魂や、来世が無いと証明することは可能なのでしょうか?
最近 意識の問題
心身問題や意識のハードプロブレムなどは科学的な解決案が出されているといいます
とゆうことは意識の問題を解決すれば死後は無だとしょうめいできるのではないでしょうか?

A 回答 (6件)

№2で回答した者ですがお礼を受けて再回答します。



>脳の神経細胞のネットワークが精神活動をしていると証明すれば死後は無だと証明されるのでしょうか?

ですから、科学は「死」を定義づけることができていないんですよ。
行政上、実務上の必要性から法律や医療現場では「死」は定義づけられていますが、科学的に「死」は統一した定義が無いんです。
「生命」も定義づけられていませんし、「精神」も明確な定義がありません。

人工知能をプログラミングしたとして、そのプログラムが再現した「思考」がどういう条件を満たせば、その活動を「精神」と認めることができるんですか?
そんな基準はどこにもありません。

まずは、それらを定義づけることが出来なければ、科学はそれらを証明することはできないのです。
    • good
    • 0

そんなの 死んだ人に聞くしかない


孔子は その様な質問に   分からないほうが良い  といっています

人間 自我 存在  これ科学ではなく 
哲学 心理学 文学 等をよく勉強すれば
他人に聞くのではなく 自分で 理解できます

聞いても 中途半端な ならいそこないが いいかげんに答えるだけですよ

私 どこかで 真剣に答えたかな ??
同じような質問に なら  それ見て
    • good
    • 0

魂はあります。

心、精神のことです。大和魂は日本人としての心、精神です。それは生きている頭の働きによってあります。
来世というのはありません。頭が壊れてなくなれば魂、心、精神といったものはなくなります。頭は記憶媒体です。それに載っている情報は媒体がなくなればそれもなくなってしまうのは当然です。
生命情報はDNAという媒体に記憶されています。それがなくなれば生命の再生はあり得ません。
    • good
    • 0

一般的に「○○が無い」という証明は、悪魔の証明であって不可能。

    • good
    • 0

端的に言って、不可能です。



 科学が何かを証明するためには、証明したい対象をいつでも誰でも測定可能なように定義づけなければいけません。しかし、科学は未だに「生命とは何なのか?」を定義づけられていないのです。「生命」も「死」も「魂」も定義づけることができていない以上、証明することはできません。

 「生命」「魂」とは何なのかを定義づけ、なおかつそれらを測定できるようになれば、科学はそれらを存在/不在を証明できるようになるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

脳の神経細胞のネットワークが精神活動をしていると証明すれば死後は無だと証明されるのでしょうか?

お礼日時:2017/05/15 07:52

死とは何でしょうか。

死んだ後私は何かを感じるのでしょうか。
その為には、私は誰なのか考えなくてはなりません。大抵の人は、これが私ですと自分の体を指すでしょう。

 では仮に、手が切り取られたらどうでしょう。手と残りの体とでは、どちらが私でしょう。手は私では無く、残りの方が私ですと答えるでしょう。では首が取れたらどうでしょう。首の方が私ですと答えるでしょう。では脳を取り出したらどうでしょう。脳の方が私ですと答えるでしょう。では脳を半分に切ったらどうでしょう。どちらが私でしょうか。脳を切り刻んだらどうでしょうか。どれが私でしょうか。脳の中のどの部分が私なのでしょうか。

 そもそも、体の中の物質は、3年に一回全てが入れ替わっています。では、3年後の私は私ではなくなっているのでしょうか。

 赤いとか熱いとか感じているのが私です。では、赤い熱いと言う感じは、物質でしょうか。赤い色は、心の外の世界には存在しません。物質の表面に当たって反射する光の波長が存在するだけです。

 では、音はどうでしょうか。外界には、色々な波長の空気の振動があるだけです。私たちが感じている様な音は存在しません。

 この様に、心が作り出したものを取り去ると、何も残りません。従って、赤い熱いと言った感じは、物質ではありません。幾ら科学が発達して、全てを見ることが出来る顕微鏡が出来たとしても、脳の中を覗いたところで、熱いと言う感覚を見ることは出来ません。触ることも出来ません。ただ、私が感じるだけです。物質ではないものを感じている私も物質ではありません。

 私の感じている世界は、私が心の中に作り出したものです。心の外の世界がどうなっているか、私には全く知る術がありません。しかし、心は外界に出来る限り似せて、心の中に世界を作り出しています。

 例えば部屋の中で、テレビを見ている様なものです。テレビは、実際の現場に似せて場面を作り出しています。しかし、決して現場そのものを見ている訳ではありません。あくまでも、テレビが作り出した場面を見ているだけです。
 部屋の中にいる限り、外の現場を直接見ることは出来ません。

 テレビを見ているのが私です。決して、テレビが私なのではありません。 テレビが壊れても、修理すればまた見える様になります。見ている私が壊れた訳ではありません。

 もし、見ている私が壊れたのであれば、幾らテレビを修理しても元通りに見える様にはなりません。テレビを修理して、元通りに見える様になったと言うことは、私自身は何も変わってはいなかった事を証明しています。

 同様に、もし病気で脳が壊れて、何も感じなくなったとしても、医学が発達して、脳を直す事が出来る様になれば、また私は前と同じ様に感じることが出来る様になるでしょう。

 この事は、私は何も変わっていなかったことを証明しています。病気をしても、年を取ってボケても、そして死んでも脳を元の状態に戻せば、元通り感じることが出来るので、私自身は何も変わってはいません。

 ただ脳が信号を送らなくなったので、何も感じなくなっただけです。テレビが壊れて直せなくなっても、新しいテレビを買えば元通りに見ることが出来ます。脳が死んでなくなっても、新しい脳が私に信号を送る様になれば、また元の通りに感じることが出来ます。

 科学が発達し、かつて脳を構成していた、物質を掻き集めて、元の通りに組み合わせて、脳を作ったら、また、私は元の通り感じるようになるでしょう。

 私自身は、生じるものでも無くなるものでもありません。穢れるものでも、清くなるものでもありません。増えるものでも、減るものでもありません。宇宙の初めから存在しており、宇宙の終わりまで全く変わらずに存在するものです。

 死んだ後の状態は、生まれる前の状態と何一つ変わりません。何か違いを指摘できるでしょうか。
 生まれる前の状態から、人は生まれてきました。死んだ後の状態から生まれることは、何ら不思議なことではありません。
 「不生不滅不垢不浄不増不減」です。

質問者さん、この様に脳が死ぬと精神である私に刺激を送るものが無くなるので、私は何も感じません。新しい脳がまた私に刺激を送る様になると、私はまた元のとおり感じる様になるでしょう。
死んだら、気が付くと母の胸に抱かれていることに気が付きます。誰しもそうです。ですから、死んだ人にもまた次の生或はその次の生で出会えると考えます。

詳細は、下記のホームページを参照下さい。
http://catbirdtt.web.fc2.com/sitohananika.html
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qくだらない質問ですがシミュレーション仮説と人間の魂や死後の世界があるとゆう意見 どちらが本当の可能性

くだらない質問ですがシミュレーション仮説と人間の魂や死後の世界があるとゆう意見 どちらが本当の可能性学部高いですか?

Aベストアンサー

どちらの説も、自分の意識の外に先入的に存在があるという
考えをベースとしており、量子論的な世界像(人間原理)に
おける「存在の有限的な性質は認識される事で派生する」、
「全ての素粒子は、たった一種の量子(エネルギーの最小単位)の
定常波の励起状態として得られ、量子(光子=ライトコーン)は
時空的な広がりに対する無の射影として得られる(時間軸と
空間軸の虚数関係により等距離点で相殺され0の面(界面原点)が
生じる)」といった知見に反している。

Q心身二元論と心身問題とは何ですか?

今、授業で心身二元論について学んでるんですが、教授が何を言ってるかわからないので、哲学の本で心身二元論について調べようと思ったのですが、難しい言葉で書き連ねられていて、意味を理解することができません。わかりやすく教えていただけたら、幸いです。

Aベストアンサー

心身二元論は長い歴史があり、いろんな学説が出ていますから、どういう立場から論じているかわからないと、参考文献を読んでも、混乱するだけです。1の方が上げているのは、一般的な入門書ですから、ほとんど役に立たないでしょう。
大学の講義、それも、哲学の講義は、先生によって、内容はもちろん、用語の定義まで、まったく違います。重要なことは、しっかり講義を聞くことです。そして、わからない点は、研究室に押し掛けてでも、どんどん質問することです。先生の方も、学生がどこがわからないのか、わからないので、具体的な質問をすれば、喜ぶでしょう。
一般的な入門書は、その先生の立場と同じとは限らないので、シラバスや授業で言及された参考文献を読むのが、理解の一番の早道です。

Q哲学の心身問題を解決する方法はありますか?

哲学の心身問題を解決する方法はありますか?

Aベストアンサー

人の喜ぶ顔を見るだけ
その後の利益をかんがえる人間です
あなたは
ばか正直は考えてない
プライドない
ばかは騙された詐欺❗

Q【宗教・法華経というのは】問題点を数えあげ、それをひとつひとつ解決するための意識の持ち方を語ったお経

【宗教・法華経というのは】問題点を数えあげ、それをひとつひとつ解決するための意識の持ち方を語ったお経です。

もっと詳しく教えてください。

Aベストアンサー

~~~~~~~~~~

Saddharmapuṇḍarīka


(236,1)22: bhaiṣajyarājapūrvayogaparivartaḥ |
https://www2.hf.uio.no/polyglotta/index.php?page=record&mid=815708&cid=456895&vid=483&level=1

~~~~~~~~


サンスクリットの壁があるので仏典は放置。
それから仏典を読む体力が現在は無い。


たまには回復を優先させる。

さらば。

Q死後の世界はどうなってるの?大怪我して長い間病院の中で眠った人いますか?眠って助かった人、死後の世

死後の世界はどうなってるの?
大怪我して長い間病院の中で眠った人いますか?眠って助かった人、死後の世界を経験した人いますか?
死後の世界ってどんなかんじですか?

Aベストアンサー

死後の世界って死んだら新しい世界へ行くとか言う事はありません。
死んだなら体の機能が全て停止してしまって「無」に戻るだけですからね。
よく言われて居る臨死体験で黄金の光が云々とか言うのは医学的な説明が出来る様ですよ。
死んだなら終わりですから、死後の世界を説明出来る人など存在しません。
もし存在したとしたならば、その人は死んでいないと言う事ですから死後の世界を体験していません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報