レキントギターを普通のガットギターの弦を使用してチューニングすると、張りが強くなりフレットを押さえるのに苦労します。レキントギター専用の弦があるのでしょうか?又は何か別の方法があるのでしょうか?教えてください。

A 回答 (1件)

ずばり、専用弦が必要です。



通常のガットギターに対して、レキントは5フレット分
上げたチューニングになります。これだけ差が大きいと
弦のテンションもバカにならず、演奏の支障のみならず
楽器そのものにもダメージが加わります。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

やはりそうでしたか。ギターの弦で2度半も上げれば張りが強くなりネックなどに悪いと思ってました。早速楽器店で購入します。アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2001/06/30 21:02

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエレキギターで、弦を押さえて弾く時、弾く弦は押さえた弦のみですか?

エレキギターで、弦を押さえて弾く時、弾く弦は押さえた弦のみですか?

Aベストアンサー

一音を出す時はそうですが、コードを引く時は違います。
em7なんて押さえる弦は一つですが6弦全部弾く事になります。

Qアコギって、弦とフレットが付いてる板が平行なのが普通ですか? 1フレットと弦の間は近いのに、20フレ

アコギって、弦とフレットが付いてる板が平行なのが普通ですか?
1フレットと弦の間は近いのに、20フレットと弦の間が5mmぐらいあるのですが。
弾いてみたいなぐらいの軽い気持ちでネットで安いのを買ったので、決して良いギターではないです。

Aベストアンサー

5ミリはちょっと高すぎるかもしれませんね。楽器屋(ギター屋)さんで、弦高調整してもらったら弾きやすくなると思いますよ。

Qベースについてです。 プリングオフしたあと、0の4弦に入るとき3弦は押さえなくていいんですか?押さえ

ベースについてです。
プリングオフしたあと、0の4弦に入るとき3弦は押さえなくていいんですか?押さえなかったら3弦が振動したままになるんですけど、、、

Aベストアンサー

8分音符で終わってるから素早くミュートでしょう。

Q6フレットの弦を人差し指でまとめて押さえられません

6フレットの弦をまとめて人差し指で押さえるところがあるのですが、1弦が鳴らなかったり3弦が鳴らなかったりします どうすれば解決するんですか?

Aベストアンサー

詳しい状況が分からないので、あれですが・・・
自分なりの個人的なコツですが、人差し指の腹全体で6弦全てを押さえるのはダメです。
多分、その押さえ方だと手が吊りそうになるはずです。

なので人差し指の側面(親指側)を意識して押さえてみてください。

あとは練習あるのみです!笑

頑張ってくださいo(^o^)o

Qウクレレ4弦の3フレットと4フレットが同じ音に

趣味で弾く程度のウクレレを独学でやっています。

最近、4弦の3フレットを押した音と4フレットを押した音が同じようになってしまいました。
(添付動画の通りです。)

楽器屋に見てもらうのが良いとは思うのですが、ウクレレはハワイで買ったものであり
また家の近くに楽器屋もなく、見てもらえるかどうかもわからないので、少し困っています。

もし個人で何か対処できる方法がありましたらご教示頂ければ幸いです。

https://www.youtube.com/watch?v=rCzTa3e3zz4

Aベストアンサー

これは、LOW-Gチューニングですね。第4弦がスタンダード(レギュラー)チューニングよりも1オクターブ下でOKです。
第三フレットが低いか、第四フレットが高いかということで、第三フレットを押さえても、第四フレットを押さえても、結局第四フレットの頂上が弦にふれているという現象ですが、根本的にブリッジ(サドル)が低い場合が大半です。木の板か、牛骨の板、あるいはプラスチック製のサドル材を買ってきてヤスリで調整して作り直すのが本来ですが、素人には難しいです。ハワイで数千円で買われたものなら、楽器というよりおみやげ物なので、そのような物が多いです。修理費のほうが高くつくので、ウクレレが好きになったのなら日本製の購入を考えたほうが良いと思います。ハワイで5~6万円出して購入された本格品なら、楽器屋さんでそれなりの費用で修理調整をされたら良いと思います。コアロハ、カマカ、Gストリング、というのが量産のハワイブランドの御三家ですが、現地では調整はよい加減で、正規に輸入されたものは、販売する問屋さんや楽器やさんが調整してから店に出しています。
ちなみに、「Low-Gチューニング」はオータ・サンが始めたチューニングで、どこでも通用しますが、「ハイGチューニング」という言い方は、日本人の恥ずかしい間違いで、ウクレレがギターの人に馬鹿にされる一因でもあります。ギターではダウンチューニングがありますが、レギュラーチューニングを「アップチューニング」とは言いません。本来のチューニングに対してLowがありHighがあるので、普通のチューニングは「スタンダード」または、「レギュラー」という言葉が正解です。
「ハイジー」という言葉が蔓延してきているので、阻止しようとしていますが、力が及びません。

これは、LOW-Gチューニングですね。第4弦がスタンダード(レギュラー)チューニングよりも1オクターブ下でOKです。
第三フレットが低いか、第四フレットが高いかということで、第三フレットを押さえても、第四フレットを押さえても、結局第四フレットの頂上が弦にふれているという現象ですが、根本的にブリッジ(サドル)が低い場合が大半です。木の板か、牛骨の板、あるいはプラスチック製のサドル材を買ってきてヤスリで調整して作り直すのが本来ですが、素人には難しいです。ハワイで数千円で買われたも...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報