レキントギターを普通のガットギターの弦を使用してチューニングすると、張りが強くなりフレットを押さえるのに苦労します。レキントギター専用の弦があるのでしょうか?又は何か別の方法があるのでしょうか?教えてください。

A 回答 (1件)

ずばり、専用弦が必要です。



通常のガットギターに対して、レキントは5フレット分
上げたチューニングになります。これだけ差が大きいと
弦のテンションもバカにならず、演奏の支障のみならず
楽器そのものにもダメージが加わります。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

やはりそうでしたか。ギターの弦で2度半も上げれば張りが強くなりネックなどに悪いと思ってました。早速楽器店で購入します。アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2001/06/30 21:02

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q二胡弦の交換時期について

二胡弦の交換時期について
私は、2009年1月より二胡を始めました。二胡は名師堂紅木彫刻二胡、名師堂二胡内外弦を使用しています。二胡教室は、名師堂ではなく、自宅近くの、カワイ二胡教室に月2回通っています。練習時間は、毎日休み無く約40分です。最後に、二胡弦を交換した時期は、2010年4月初めで、内外弦共に交換しました。交換した理由は、内外弦共に指の当たる位置が磨かれて光っており、特に外弦で顕著でした。現在、2010年9月も前回同様に弦が磨かれて光って来ました。また、速い速度のスラーで移弦する際に、時に、雑音(キーというような音)が入る事があるようになりました。弦を交換する時期と思うのですが、その手間を考えると先に延ばしたい気がします。また、過去に、弦を交換する際、外弦が外れて絡まったり、指を刺したりする事がありました。もちろん、ほっとく訳にはいかないので、近日中に内外弦共に交換するよりしょうがないと思っています。
そこで、二胡経験者の皆さんの二胡弦交換の時期と目安について、その経験からの実績をお伺いしたいのですが、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

補足への回答が遅くなりましたが、少々困った質問です。
耳障りな箇所があるかもしれませんが、どうか我慢してお読みください。

まず、わたしが「一般的な交換時期」と書いたことが誤解を与えたようですが、一般的な時期を決定することはできません。音がわずかに鈍っただけでも交換したがる人もいれば、切れるまで使用する人もいます。そうすると同じ弦を使用していても使用者によって交換時期は大きく異なることがお分かりでしょう。
弦の種類ごとの交換時期というものは存在せず、弦の性質の違いに加えて使用者の要求によって変わる、その時期は弦の状態で判断するしかない、ということになります。
これで(3)の回答になるでしょうか。

つぎに(1)ですが、申し訳ありませんがわたし自身はデータを記録しておりません。
さらにいえば、無数にある弦の劣化要因の中で使用時間のみに着目してデータをとっても、科学的に意味のあるデータとはなり得ません。
おそらく質問者様は客観的な判断基準を模索されているのだと思いますが、不完全に科学的手法を取り入れるよりは、ご自分が弦の状態に満足できるかどうかを交換の基準にされることをお勧めします。

(2)についても、厳密な練習時間は関心外なので記録しておりません。が、概ね1時間~2時間程度です。使用弦は白地に青でFang Fang 二胡弦と記載されたものです。

補足への回答が遅くなりましたが、少々困った質問です。
耳障りな箇所があるかもしれませんが、どうか我慢してお読みください。

まず、わたしが「一般的な交換時期」と書いたことが誤解を与えたようですが、一般的な時期を決定することはできません。音がわずかに鈍っただけでも交換したがる人もいれば、切れるまで使用する人もいます。そうすると同じ弦を使用していても使用者によって交換時期は大きく異なることがお分かりでしょう。
弦の種類ごとの交換時期というものは存在せず、弦の性質の違いに加えて使用...続きを読む

Qエレキギターで、弦を押さえて弾く時、弾く弦は押さえた弦のみですか?

エレキギターで、弦を押さえて弾く時、弾く弦は押さえた弦のみですか?

Aベストアンサー

一音を出す時はそうですが、コードを引く時は違います。
em7なんて押さえる弦は一つですが6弦全部弾く事になります。

Q【アコギ】弦の交換に関して

アコギ初心者なのですが、1弦を切ってしまいました。
そこで弦の交換をしようと思うのですが
弦の交換は1弦だけを変えるのでしょうか?
それとも、全部変えた方が良いのでしょうか?

よろしくお願いします。初心者なものでギターの知識が非常に乏しいです

Aベストアンサー

まだ新しかったら、1弦だけ変えてもいいですが、結構弾き込んでいた
ならセットで変えたほうがいいです。
初心者の方なら柔らかめの弦がいいですね。
お店の人に相談してください。

Qアコギって、弦とフレットが付いてる板が平行なのが普通ですか? 1フレットと弦の間は近いのに、20フレ

アコギって、弦とフレットが付いてる板が平行なのが普通ですか?
1フレットと弦の間は近いのに、20フレットと弦の間が5mmぐらいあるのですが。
弾いてみたいなぐらいの軽い気持ちでネットで安いのを買ったので、決して良いギターではないです。

Aベストアンサー

5ミリはちょっと高すぎるかもしれませんね。楽器屋(ギター屋)さんで、弦高調整してもらったら弾きやすくなると思いますよ。

Qグラスルーツのフォレストを最近買って、弦交換しようと思い

グラスルーツのフォレストを最近買って、弦交換しようと思い
弦を交換したらフロイドローズ全体?が下に下がっていて弦がすごくはっていて
弦を弾こうもんなら弦がフレットにあたって音にならないぐらいひどいです。

自分もフロイドのギターを買うのは初めてで分からないので
誰か優しい方おしえてください。

Aベストアンサー

交換前よりテンションの弱い細い弦にしましたね?
フロイドローズはボディ裏のスプリングのテンションと弦のテンションが釣り合った位置で安定しているので弦のゲージを変更した場合スプリングのテンションを調整する必要があります。
簡単に調整する方法を紹介しましょう。
ブリッジが沈みすぎる場合(質問者のケース)
・まずブリッジ下のザグリやサスティーンブロックにカマボコ板などを挟み、ブリッジをボディのトップと平行となる位置(又は貴方のお好きな位置)に固定します。板はスプリングのテンションで挟まった状態です。アームアップができない状態になります。アームダウンはできますがダウンすると板を固定している力がなくなるので板がずれる、落ちるなどします。
・その状態でチューニングしてナットをロックします。
・軽くアームダウンしてブリッジを固定した板を外します。
・アームから手を離すと全体にチューニングが上がっています。ボディ裏側のスプリングとボディをつなぐネジを概ね正しいチューニングになるまで緩めてロックナットを緩めて正確にチューニング。ロックナットを締めて完了。

逆にブリッジが浮きすぎの場合は「沈みすぎ」になるまでスプリングのテンションをあげて上の作業となります。

ちなみにフロイドローズに限りませんがゲージを変更するとオクターブピッチもチューニングし直しになりますのでがんばってください。
又、低い弦高で追い込んだセッティングのギターですとトラスロッドも調整しなければいけない場合もあります。

いろいろいじくって勉強してください。

交換前よりテンションの弱い細い弦にしましたね?
フロイドローズはボディ裏のスプリングのテンションと弦のテンションが釣り合った位置で安定しているので弦のゲージを変更した場合スプリングのテンションを調整する必要があります。
簡単に調整する方法を紹介しましょう。
ブリッジが沈みすぎる場合(質問者のケース)
・まずブリッジ下のザグリやサスティーンブロックにカマボコ板などを挟み、ブリッジをボディのトップと平行となる位置(又は貴方のお好きな位置)に固定します。板はスプリングのテンションで...続きを読む

Qベースについてです。 プリングオフしたあと、0の4弦に入るとき3弦は押さえなくていいんですか?押さえ

ベースについてです。
プリングオフしたあと、0の4弦に入るとき3弦は押さえなくていいんですか?押さえなかったら3弦が振動したままになるんですけど、、、

Aベストアンサー

8分音符で終わってるから素早くミュートでしょう。

Q初めて弦交換をしてみたら、音が出なくなってしまった・・・

ベースを始めて五ヶ月程の高校二年生です。
今使っているベースは使い始めて三ヶ月ほどなのですが、だいぶ弦が汚れているように見えたので初の弦交換をしてみました。
本を見ながら頑張ってとりあえず今四弦を交換しました。本には「一本交換するごとにチューニングすべし」と書いてあったので、アンプにつないで(まずはチューナーをつながずに)音を出してみたのですが・・・。。
ほんの微かな音しか鳴りません。本体の故障かと思い他のまだ換えていない三本の弦を鳴らしてみましたが、正常でした。また、変える前はちゃんと四弦は音が出ました。
換えた弦のみが鳴りません。良く聴くとアンプから微かに音は鳴っていますが、本当に微かです。生音と変わりません。

弦の交換の仕方が悪かったのでしょうか・・・??ベースは毎日必ず練習するようにしているので、このままではヤバイです。。
もし考えられる原因がありましたら教えてください・・・・。。

Aベストアンサー

またまた失礼します。

ちょっと失礼な推測ではありますが、弦のチューニングがあっている状態で張りが弱く、オクターブ下で合わせている訳でもない場合、4弦のところに3弦などより細い弦を張っているということはないでしょうか。細い弦は張力が低くても高い音程が出るので、もしより太い弦を張るところに間違って細い弦を張ったとしたら、張力が高くならない内からチューニングが合ってしまうと思います。こちらの可能性はいかがでしょうか。

安い弦の場合、品質面の信頼性はあまりありませんので、より品質の良い弦を買って、そちらを張ってみるのも良いかも知れません。今回の事態が弦の品質のせいといえるかどうかば微妙ですが、新しい弦を用意して再度張り直してみるのは、試してみて良い対策だと思います。
あくまでも憶測ですが、状況を伺う限りでは、弦に原因があるように思えますね。

Q6フレットの弦を人差し指でまとめて押さえられません

6フレットの弦をまとめて人差し指で押さえるところがあるのですが、1弦が鳴らなかったり3弦が鳴らなかったりします どうすれば解決するんですか?

Aベストアンサー

詳しい状況が分からないので、あれですが・・・
自分なりの個人的なコツですが、人差し指の腹全体で6弦全てを押さえるのはダメです。
多分、その押さえ方だと手が吊りそうになるはずです。

なので人差し指の側面(親指側)を意識して押さえてみてください。

あとは練習あるのみです!笑

頑張ってくださいo(^o^)o

Q弦交換によるネックのそり?

エレキギターでレスポールを購入して、3ヶ月たちます。弦交換のとき弦を全部切って、新しく張るときにいつもネックが逆そりしたみたいに、弦が指板についてびびりがでてきます。ブリッジで調整をしてなんとかいのいでいるのですが。エレキギターの弦交換っていうのは、こんなものなのですか?知識のあるかたおしえてください。

Aベストアンサー

#1さんがおっしゃっているように、弦を外した状態でやや逆ゾリか真っ直ぐ、張った状態でやや順ゾリというのが理想的(当たり前)なネックの状態です。

>エレキギターの弦交換っていうのは、こんなものなのですか?

質問の意図から考えると

暫くすれば(弦の張力にネックが対応して順ゾリぎみになり)ビビらなくなるけど、張った直後はビビる

ということでしょうか。
それであれば、多少不満かもしれませんが正常な範囲だと思います。確かに弾き難いでしょうが・・・(^^;
弦が馴染むまでチョーキングや半音"上げ"チューニングなどで暫く弾いてやれば解決する問題かもしれません。

不満であればトラスロッドを調節してやればいいのですが、素人がやるとネックにさらにダメージを与えてしまい取り戻しがつかなくなる可能性があります。「レスポール」としか書いてないので分かりませんが、Gibson製のレスポール(=本物)なら値段が値段ですしリペアショップに相談したほうがいいと思いますよ。

Qウクレレ4弦の3フレットと4フレットが同じ音に

趣味で弾く程度のウクレレを独学でやっています。

最近、4弦の3フレットを押した音と4フレットを押した音が同じようになってしまいました。
(添付動画の通りです。)

楽器屋に見てもらうのが良いとは思うのですが、ウクレレはハワイで買ったものであり
また家の近くに楽器屋もなく、見てもらえるかどうかもわからないので、少し困っています。

もし個人で何か対処できる方法がありましたらご教示頂ければ幸いです。

https://www.youtube.com/watch?v=rCzTa3e3zz4

Aベストアンサー

これは、LOW-Gチューニングですね。第4弦がスタンダード(レギュラー)チューニングよりも1オクターブ下でOKです。
第三フレットが低いか、第四フレットが高いかということで、第三フレットを押さえても、第四フレットを押さえても、結局第四フレットの頂上が弦にふれているという現象ですが、根本的にブリッジ(サドル)が低い場合が大半です。木の板か、牛骨の板、あるいはプラスチック製のサドル材を買ってきてヤスリで調整して作り直すのが本来ですが、素人には難しいです。ハワイで数千円で買われたものなら、楽器というよりおみやげ物なので、そのような物が多いです。修理費のほうが高くつくので、ウクレレが好きになったのなら日本製の購入を考えたほうが良いと思います。ハワイで5~6万円出して購入された本格品なら、楽器屋さんでそれなりの費用で修理調整をされたら良いと思います。コアロハ、カマカ、Gストリング、というのが量産のハワイブランドの御三家ですが、現地では調整はよい加減で、正規に輸入されたものは、販売する問屋さんや楽器やさんが調整してから店に出しています。
ちなみに、「Low-Gチューニング」はオータ・サンが始めたチューニングで、どこでも通用しますが、「ハイGチューニング」という言い方は、日本人の恥ずかしい間違いで、ウクレレがギターの人に馬鹿にされる一因でもあります。ギターではダウンチューニングがありますが、レギュラーチューニングを「アップチューニング」とは言いません。本来のチューニングに対してLowがありHighがあるので、普通のチューニングは「スタンダード」または、「レギュラー」という言葉が正解です。
「ハイジー」という言葉が蔓延してきているので、阻止しようとしていますが、力が及びません。

これは、LOW-Gチューニングですね。第4弦がスタンダード(レギュラー)チューニングよりも1オクターブ下でOKです。
第三フレットが低いか、第四フレットが高いかということで、第三フレットを押さえても、第四フレットを押さえても、結局第四フレットの頂上が弦にふれているという現象ですが、根本的にブリッジ(サドル)が低い場合が大半です。木の板か、牛骨の板、あるいはプラスチック製のサドル材を買ってきてヤスリで調整して作り直すのが本来ですが、素人には難しいです。ハワイで数千円で買われたも...続きを読む


人気Q&Aランキング