プロが教えるわが家の防犯対策術!

日本の総人口は次の世代で2割減るという。1億2800万人から1億240万人くらいになる。

では次の次の世代になると1億240万人から何人になりますか?

少子高齢化人口減少で社会が回らなくなると言われているが実際は2割しか減らないので全く問題がなかったりする。

貧富の格差とか貧困層も1割もいない。9割は貧困層ではないので貧困問題とか実際には何ら社会の問題ではない。

人口が2割減って1億240万人の日本人の次の世代は総人口が何割減るのでしょう?

A 回答 (3件)

http://www8.cao.go.jp/kourei/whitepaper/w-2012/z …

50年後に約8600万人になるみたいですね。

>少子高齢化人口減少で社会が回らなくなると言われているが実際は2割しか減らないので全く問題がなかったりする。
全く問題ないというのは、賛成できません。
少子高齢化とは飲食店に例えると、
大人数の客を少ない従業員で店を回す状態です。
無理があるでしょう。
現に、高齢者はクレーマーとなり、めちゃくちゃな論理で店にクレームをつけているみたいです。
話は逸れましたが、URL見てもらえれば質問には回答できていると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2017/05/30 07:29

全体が均一に縮小するのではなくて、若い方から減っていくので、人口比率からすると「若い方、労働人口では今の3割、4割減」と考えたら、それでも大丈夫だと思えますか?



労働者1人当たりの「面倒を見なければいけない不労人数」が、今よりも5割ぐらい増えるかな?
あなた一人が食えればよい、という社会ではなくなるということですよ?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2017/05/30 07:29

>2割しか減らないので全く問題がなかったりする


>貧困層も1割もいない
⇒ 何処から引っ張って来たデータなの?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

ネットです

お礼日時:2017/05/30 07:30

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング