アレルギー対策、自宅でできる効果的な方法とは?

壊すとか思わず壊すことを、やっつけるというのは方言ですか。
気になりました。

質問者からの補足コメント

  • 私自身北海道出身の本州住みで、この意味でやっつけると使ったところ、言葉のニュアンスから大体の人が意味がわかるようで、どういうこと?となったことはないのですが。
    自分の口から壊す=やっつけると使った人は北海道の人しかいなかったので、北海道弁?それかどこかの方言?と気になりました。

      補足日時:2017/07/17 16:26

A 回答 (4件)

やられる、被害をこうむる、場合に使われますが。


一種の隠語として、殺される、先を越される、勝負で負ける、トンビに油げも・・・・・・・。
やっつける、けりをつけると似た意味での使用?。
一定の仕事をやり終える、勝負で相手を負かす、跡形もなくす(壊す)・・・・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

跡形もなくす!というほどではないのですが、
普通対人(対動物やキャラ?)で使うところを物に対して、その物の一部がやっつけられた(壊れた)状態になってしまうので、
それを施した自分で言うときは
やっつけるというイメージです。
が、そんな使い方はなさそうです。
もう少し調べてみます。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2017/07/27 12:14

自分は、相手をうち負かす、という意味と、作業をすませる、という意味で使っています。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2017/07/27 12:04

やっつける、は(悪い)相手を倒すという意味と作業を為し遂げる、そこにあるたべものをたいらげる、の意味で使われます。



標準語で、思わず壊す、をやっつけると表現することはありません。
方言かどうかはわかりません。案外、その家庭だけで通じる言い回しとあうのも多いので。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

超ローカルでなんとなく使っていたのかもしれません。。ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2017/07/17 16:28

やっつけるというのは方言ではありません。

どこでも普通に使います。やって(決着を)つける、が語源かも知れません。

ヒアリの巣をやっつける。「壊す」ありそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
ぼーっと歩いてたら、ヒアリの巣やっつけてたさー!なんてことあるかもしれないので、足元に気をつけます。ありがとうございます。

お礼日時:2017/07/17 16:34

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「主観」の解釈について。

主観という言葉について、どのように解釈をすれば良いのか悩んでおります。
辞書いわく「その人ひとりのものの見方。」とありますが、これだけでは解釈の仕方に次のパターンが生まれてきます。

1・他には同じ見方の人はおらず、その人のみしかその見方をする人がいない。
2・他にも同じ見方の人がいることもあるが、ひとまずは1人の見方を参照しただけである。
3・上記どちらの意味も兼ねている。
4・そこまで明確な定義はない。
5・そもそも語学的な定義と呼べるものは存在しない。個人の解釈による。辞書はその一端を記しているだけである。

この5パターン。
私としましては、この場合「の」=所有を表す格助詞であり、何も「1人しかいない物の見方」と限定されているわけではないため1番上は無いのかなあと思いました。
ですが、あくまでウェブ辞書の『goo辞書』さんの説明を見ての考えですので、goo辞書が表記を誤っているかもしれないし、私がトンチンカンな思い違いをしているのかもと考えるとイマイチ自信がないので皆さんに協力を仰がせていただきました。


※補足
・もしも明確な答えがわからない場合はあなたがどのように解釈しているのか教えていただけると助かります。
・パターン「5」について。たとえ定義があろうとなかろうと、「個人の解釈による」ことには変わりがないのでその点はスルーしていただいて、語学的、文法的、法律的に定義づけがどのようになされているのか、そもそも定義づけがされているのかという観点からご意見ください。
・質問文に不備があればご指摘ください。

主観という言葉について、どのように解釈をすれば良いのか悩んでおります。
辞書いわく「その人ひとりのものの見方。」とありますが、これだけでは解釈の仕方に次のパターンが生まれてきます。

1・他には同じ見方の人はおらず、その人のみしかその見方をする人がいない。
2・他にも同じ見方の人がいることもあるが、ひとまずは1人の見方を参照しただけである。
3・上記どちらの意味も兼ねている。
4・そこまで明確な定義はない。
5・そもそも語学的な定義と呼べるものは存在しない。個人の解釈による。辞...続きを読む

Aベストアンサー

「その人ひとりのものの見方。」
この語釈表現が曖昧ですね。
辞書編纂者としては、「ひとり」は限定ではなく「複数ではない」ことを意図するために使われたのでしょう。
個人的には、
「ある人ひとりのものの見方。」
のようにすることを推奨したいところ。
「その」が、ある特定の人物を想起しやすい連体詞であるため「その人ひとりだけのものの見方」という表現を連想させやすいのに対し、「ある」は不特定の人物を表わすため「ある人ひとりだけのものの見方。」という限定表現が連想しづらいように思うから。

いずれにせよ、
2・他にも同じ見方の人がいることもあるが、ひとまずは1人の見方を参照しただけである。
このパターンになると思います。
従って、必然的に他の解釈にもならない。

Q次の問題の回答は「3」ですが、どうしてその回答が導き出されるのでしょうか。

問題の出典は、「1日10分で脳が若返り! ボケない人になるドリル」(児玉光雄・著)です。

Aベストアンサー

#7です。

>しかし、「これを・・・に基づいて積み重ねる。その後、・・・」がすんなりとは理解できません。
別の説明をするとしたらどうなるでしょうか。

たしかに、蛇足でしたね。
ピラミッドの形にこだわりすぎました。
法則としては、

「一段跳びの垂直線上には同じ数字が来る」

だけで十分と思いなおしました。

Q子供の頃にやったなぞなぞについて質問です

子供の頃に「朝は四足歩行、昼はニ足歩行、夜は三足歩行の動物はなんだ」というなぞなぞがあったのですが
答えは人間で朝を子供の頃 昼を大人の頃 夜を老人と例えているらしいのです
この朝昼夜を熟語で表すと
朝=子供=誕生、出生
夜=老人=死亡、退化(?)
になると思うですが、昼は何になると思いますか?

説明下手ですみません!!どうがよろしくお願いします!!

Aベストアンサー

朝 = 赤ちゃん     = 誕生(生誕),出生,生育
昼 = 子供~大人(成人)= 成長,活動,活発,活躍
夜 = 老人       = 衰退,老化,死亡

Q続 なかったらなかったで

先日、下記の質問がありました。

【なかったらなかったで ていう文型の で はどういう意味ですか?答えていただけると幸いです】  
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9819278.html 

 質問に関して考えているうちに迷路に入りました。
「~たら~で」で似た形に、
「~れば~で」
「~なら~で」などもあります。

 それぞれの違いを考えるために時制のパターンを考えたら……何がなんだかわかりません(泣)。
 なんで下記のようなことになるのでしょう。

 
 本題であるデの働きは、そうむずかしくない。問題は、この文型に入る言葉。 
 品詞は、動詞、形容詞、形容動詞だろう。 
 時制?は、現在(未来)と過去?かな。 
 バリエーションがいろいろあるような。 

 とりあえず「ない」「なかった」で考える。動詞的な性質をもつ形容詞は特殊なんでちょっと危険かなぁ。 
1)なかったらなかったで 
 1)’なかったらないで 
2)なければないで 
 2)’なければなかったで 
3)ないならないで 
 3)’ないならなかったで 

 1)2)3)と、仮定条件の四天王?のうち3つが並ぶ。「と」がない理由はわかりません。
【「~たら」と「~れば」をめぐって〈2〉&〈3〉 「ば」「と」「たら」「なら」】 
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-1624.html 

 1)~3)は、ほぼ同義と考えていいだろう。微妙なニュアンスの違いは……当方にはわかりません。 
 1)は、四天王のなかでイチバン守備範囲が広いと言われる「たら」。 
 なぜか前半は過去形(と書いておく)限定。後半は、1)’の形にできなくはないけど、ちょっと不自然だろうな。 
 2)3)はなぜか前半は現在(未来)形限定。後半も揃えるほうが自然だろう。 
 当然のことだが、通常の言葉は「ある」「ない」ではなく「辞書形」「~ない」になる。 
 ただ、「ある」にしてみると妙なことに気づく。 

4)あったらあったで 
 4)’あったらあるで 
5)あればあるで 
 5)’あればあったで 
6)あるならあるで 
 6)’あるならあったで 

 5)でもおかしくはないけど、5)’ほうが自然じゃないか? 
 6)と6)’は両方OKかな。どちらかと言うと、6)のほうが自然だろう。 
 理由は……わからんって。 
  
 この時制の制約は、品詞によって違ってくるようだ。 
 形容詞は、「ない」タイプ。 
 動詞は、「ある」タイプ。 
 形容動詞はまた妙なことに。 
7)静かだったら静かだったで 
 7)’静かだったら静かで 
8)静かであれば静かで 
 8)’静かであれば静かだったで 
9)静かなら静かで 
 9)’静かなら静かだったで 

 7)が自然なのは、形容詞、動詞と同様。 
 8)より8)’のほうが自然に感じるのは、「ある」タイプ。 
 9)’より9)のほうが自然に感じると言うより、9)’はほとんどアウトだろう。

先日、下記の質問がありました。

【なかったらなかったで ていう文型の で はどういう意味ですか?答えていただけると幸いです】  
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9819278.html 

 質問に関して考えているうちに迷路に入りました。
「~たら~で」で似た形に、
「~れば~で」
「~なら~で」などもあります。

 それぞれの違いを考えるために時制のパターンを考えたら……何がなんだかわかりません(泣)。
 なんで下記のようなことになるのでしょう。

 
 本題であるデの働きは、そうむずかしく...続きを読む

Aベストアンサー

本来、この質問は尻切れトンボの文「なかったらなかったで」で終わっていて、どういう言葉が後に続くのか明示されていません。そういう「で」がどういう意味を表しているのか分からないのです。たとえば「なかったらなかったで(構わない・問題ない・その時のことだ)のように補うとすれば、やはり『断定の助動詞「だ」の連用形』と考えられます。その点では、アスナロウさんに同感です。(その他の説明にはついていけませんが)
 天下の京大の学位論文と、その審査員(多分、教授)の意見を一刀両断式に酷評されているのは、ちょっとした驚きではあります。
 ただ、この「だ」の接続の仕方については、改めて問題を感じます。
>終止形の場合、「なかったらなかっただ」になります。
 「なかった<だ>」のような接続、「た」という助動詞に直接付く「だ」は「言っただ」「よかっただ」のように東北方言に似た響きがあります。このような「だ」の使い方については思うところがありますので、いずれ改めて述べてみたいと思います。

Q口頭でこっちの「お」ではなくてこっちの「を」のことを言うとき何て説明しますか? ちなみに僕は「難しい

口頭でこっちの「お」ではなくてこっちの「を」のことを言うとき何て説明しますか?

ちなみに僕は「難しい方の”を”」と説明していました。他の呼び方をしている人がいたら教えてください。

Aベストアンサー

むかし月曜から夜ふかしでやってましたね

https://www.youtube.com/watch?v=v5ZGmr2GjbQ&t=9m11s

9分11秒あたりからどうぞ

Q・どうして漢字には角ばった字が多いのか?

つまらない質問です。私たちが毎日使っている漢字。元は象形文字だというのがみんな知ってますよね。しかし、殆どが角ばっています。
例えば「日」という字。これは 太陽の形を象ったものですが、もとの象形文字では 丸かったはずなのに、四角い字です。
そこで質問ですが、どうして 漢字には丸みを帯びた字が少ないのでしょうか?

Aベストアンサー

紙と筆が発明される以前から文字は存在したことがヒントだと思います。つまり骨や金属に刻みつけるには直線が曲線よりも有利だったはずです。紙発明後は文字も次第に流れるような曲線が見られるようになりました。

Q童謡ちょうちょうの歌詞で、なのは

ふと思い立って「蝶々」の歌詞を検索してみたのですが、歌詞の中で、
♪ちょうちょう ちょうちょう なのはにとまれ
私が調べた限り全て「なのは」の所、漢字表記だと「菜の葉」となっています。
小学校の国語の授業の時、先生が教えてくれたのは、歌詞では「なのは」だけど、意味は菜の花なんだよという事です。歌詞を唄にするとき(音数に合わせる為に)、省略する事がある、というような理由だったと記憶しています。
要するに「菜の葉」は間違いではありませんか?

同じような事で、
♪丘を越え行こうよ 口笛ふきつつ
という童謡、題名は「ピクニック」というのだそうですが、歌詞の中で、
♪牧場をさして 歌おう、ほがらに
「さして」→「めざして」の省略、「ほがらに」→「ほがらかに」の省略という事になりますか?

Aベストアンサー

1、元々「蝶々」はドイツの童謡が原曲となっていて、それに「野村秋足」という人が、日本語詞をつけたものです。
その時につけられた詞には既に「菜の葉」となっており「菜の花」ではありません。
私見ですが、菜の葉の「緑色」から、桜の「薄桃色」に蝶々が飛び行くさまがコントラストを感じさせて良く、また「葉から花へ」「緑から桃色へ」と移り行くさまが、女性の成長を暗示させているのではないかと思います。
蝶というのは女性を想起させるものですので。

2、「さして」は「指して」ですので、そのまま。
「ほがらに」は「朗に」ですので、これもそのままです。

Q数え方の違う者同士を一遍に数えるとき、なんと数えますか?

犬と人を数えるとき、一度に伝える言葉はないのでしょうか?
例えば、この部屋には二匹の動物と三人の人がいます
こうではなく、
この部屋には5〇います。という言い方はありませんか?

不便です

Aベストアンサー

>人間と犬だったら、「既知の生命体5」と言いますかね。
たぶんそんなとこでしょうね。
ただ質問者は既知か未知かは不問ですね、人、犬、であれば、生命体5、でもよいはずです、「つ」も「個」も不要ではないかとも思います。

Q【エレベーターの数え方】 これはつまり、 人が乗るのを 1台 貨物用が 1基 と数えるということでし

【エレベーターの数え方】

これはつまり、
人が乗るのを 1台 貨物用が 1基
と数えるということでしょうか?

Aベストアンサー

据え付けてあって動かせないものは「基」で、物や人を乗せるものは「台」です。
荷物を運ぶトラックを1基、2基と数えますか? 乗用車と同じで1台、2台です。信号機は動かせないので1台、2台でなく1基、2基と数えます。

エレベーターが1基しか設置してなくて、満員で2回待ってもエレベーターの数が増えるわけではないので2基乗りすごすのではなく、2台乗り過ごすことになります。

Qクソして寝ろという言葉

寅さんが好きでよく観るのですが、「男はつらいよ 私の寅さん」で、寅さんがタコ社長に「タコ!クソして寝ろ!」という台詞を吐いています。

「クソして寝ろ」…上品とは言えない言葉ですが、よく捨て台詞で言いますよね。(今は死語でしょうか?)

誰が初めに言ったのでしょうか?
因みに「男はつらいよ 私の中の寅さん」が1973年作品なので、すでに当時にはあったのですね。

Aベストアンサー

信憑性はともかく、後醍醐天皇にまで遡るという説も。
http://dic.pixiv.net/a/%E3%81%8F%E3%81%9D%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%AD%E3%82%8D


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報