プロが教えるわが家の防犯対策術!

伸びてしまったビデオテープは直す事は可能なんでしょうか?
一時的にでも、見ることは出来ないのでしょうか?
知ってる方がいらっしゃいましたら、よろしくお願いいたします。

A 回答 (3件)

別のデッキで再生してみましたか?


場合によってはビデオデッキの故障の可能性があります。
とりあえず確認してみてください。
    • good
    • 0

伸びたとは具体的にどのような状態ですか?


ビデオテープを補修するキットは市販されています。
インターネットで検索すれば補修するという業者も見つかります。

参考URL:http://www.lpl-web.co.jp/products/videoriwainda/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

デッキに入れて再生すると、徐々に間延びしたようになり、最終的にはカウントされず止まってしまいます。
早送りしている間は、映像が見れます。

切る以外、直す事は無理なようなので、
諦めます。。。

ありがとうございました!!

お礼日時:2004/09/08 19:56

伸びてしまったら修復不能です。



どうしても観たいのなら、伸びた部分を切り取ってつなぎ直すことになります。
専用のキットが売られていましたが、現在も入手可能かどうかは分かりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですか。。。
やっぱり切る以外、直す事はむりなんですね。。。
諦めます。。。

ありがとうございました!!

お礼日時:2004/09/08 19:52

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QVHSビデオテープが伸びてるようです

20年ほど前に家庭用ホームビデオで撮影したビデオをみようとしたら、テープが伸びてる(?)ようで、みれませんでした。音声は通常どうり聞けるのですが、映像の方が飛び飛びになってます。昔の思い出深い貴重なテープです。なんとか復活できないでしょうか?

Aベストアンサー

 音声が正常に聞こえるようであればテープ自体は伸びているのではなくてカビが生えているからだと思います。
まずテープの窓からテープを見てください。
 テープの端端に白いものが見えませんか?若しあればカビです。まず、2~3回早送り巻き戻しを繰り返してテープを空気に触れさせてください。ある程度は空気の起こす風によって吹き飛ばすことが出来ると思います。その次にビデオデッキのヘッドにそのカビが付着していると思いますのでヘッドクリーニングテープを使ってヘッドの掃除をしてください。
クリーニングテープを入れて20秒くらい再生しても良くならないようだともう一度やってみててから電気店に相談されてはいかがでしょう。テープのカビをアルコールなどでふき取る機器もあります。大切なテープならこうしたテープは一度良くなってもまたすぐにカビが出てきますから、一度他のテープや今流行のDVテープやDVDなどにコピーされた方が良いようです。

Qビデオテープのカビを自分で取りたい。

こんにちは。
タイトルの通り、ビデオテープ(VHS)に白っぽくカビ(だと思います)が付いていました。他の質問を検索したら、「ビデオデッキに入れてはいけない」「あきらめましょう」「業者に頼みましょう」等のアドバイスがありました。

私は、自分でなんとかクリーニングしてみたいと思っています。
どなたか、その方法(クリーニングに使う液や気を付けること等)をご存じの方、アドバイスをください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

直接の回答ではないのですが・・・
私も一度大切なテープにカビが生えてどうにかならないものかと思案したことがあります
ふつうのデッキで無理に再生しようとすれば、絵も出ず音も出ずヘッドに深いダメージを与えてしまうだけなんだけど、ダメもとで古くて壊れても惜しくないフナイのデッキで再生したところ、なんの問題も無く再生できました 見た目にもダメそうなカビがびっしり生えたテープを数本試しても何事もなく再生できました
音声はモノラルなんだけど、そのデッキでダビングしてカビテープを救えたことがあります
なぜなのか理屈はわかりませんが、カビに異常に強いデッキが存在するのは事実です
古くてボロくて壊れてもいいデッキがあれば一度試してみてはどうですか?成功する保証はできませんが・・・

QVHSビデオの画像の乱れについて。

先日、VHSビデオをDVDにダビングしようとビデオを見ていたところ、突然映像に波のような乱れが生じてしまい上手く移し変えることができませんでした。
デッキの不調かと思い、ヘッドクリーナ(乾式)をかけてみましたが一向に良くなる気配はありません。
何度か試して見ましたが、だいたい同じ場所で画像が乱れてしまいます。
この原因についてお伺いしたいのですが、もう2年ほどビデオデッキを使用していなかったため汚れが落ちないためなのか。
それとも過去に何度も見返していた部分のみ、テープが伸びたなどの理由で画像が乱れるのか。

今まで画像が乱れてしまったり伸びたりした経験がないもので、
どういった状態になるのかも加えて教えていただきたいです。
知っている方、ご経験のある方いらっしゃいましたら教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

No.2です。
素人ですし、正直詳しくないので、経験談しか語れません。すみません。
やはり、その症状からするとテープが伸びたり痛んだりしているのだと思います。

>2年前まではきちんと見れていたのですが、やはり年月が経ってしまったのでテープの調子が悪くなってしまったのでしょうか?

2年前のしまう直前までは、間違い無く、全て綺麗に見えたのでしょうか?
同じ箇所が少しでもおかしくなかったですか?
2年も経てば保存状態によってはだいぶ痛みますし、色んな症状が出ると思いますが、特定の箇所だけおかしくなるというのは考え難いです。湿気や光の影響を受ければ全体的に、もしくはもっと広範囲に症状が現れると思うのです。
有り得る?とすれば、その箇所は前から多少痛んでいて、経年劣化で全体的に痛んだが、元々痛んでいたその部分だけ正常に再生するだけの能力以下に落ちてしまった・・・ということではないかと。それか、何かの拍子にその部分だけ手垢が付いてしまったとか。今も見た目は綺麗なんですよね?

世の中には、ビデオテープのカビ取りクリーニングや修復を行っているショップもあるようですが、テープ自体にシワや傷が出来た場合、その部分の修復は無理だと言われているようです。

実際映像を見てもらった方が修復可能か判断しやすいでしょうから、地元近辺でそういったサービスをしているお店が無いか探して見てはどうでしょうか。ネットでもありますが、経験した事が無いのでどこが良いとか分かりませんし、送料もかかるでしょうから、修復不可能となった時の事を考えるとあまりお勧めしたくないというのが本音です。

一応、ググッたものを幾つか載せておきます。
ご自分でも探されて、まともな店かな?と思ったらまず問い合わせてみてはどうでしょうか。

http://homepage2.nifty.com/media-s/index.htm
http://www.geocities.jp/kobeibuki/web_media/index.html
http://ksmmsyk.hp.infoseek.co.jp/

また、デジタル化した後の話しですが、ゴーストやブロックノイズとは違って、私はこのようなノイズを補正する術を知りませんが、私が知らないだけで、多少也ともノイズを軽減する方法が「ひょっとしたら」あるかも知れません。
テープ修復をやれるだけやってみてダメだったら、デジタル化したデータを元に新たに質問すると良いと思います。

No.2です。
素人ですし、正直詳しくないので、経験談しか語れません。すみません。
やはり、その症状からするとテープが伸びたり痛んだりしているのだと思います。

>2年前まではきちんと見れていたのですが、やはり年月が経ってしまったのでテープの調子が悪くなってしまったのでしょうか?

2年前のしまう直前までは、間違い無く、全て綺麗に見えたのでしょうか?
同じ箇所が少しでもおかしくなかったですか?
2年も経てば保存状態によってはだいぶ痛みますし、色んな症状が出ると思いますが、特定の箇...続きを読む

Qカセットテープの伸びを直方法を教えて下さい。

カセットテープの伸びを直方法を教えて下さい。
カセットテープに録音したものをMP3プレイヤー(ダイレクト録音できるもの)に移そうと思い、再生してみたところ音が伸びてしまっているらしく濁って聞こえます。
大分古いテープなので仕方ないのですが、テープ自体は切れてはいません。
何とか自分でこの音の伸びを直す方法はないでしょうか?
また、検索してみたところ「一晩冷蔵庫に入れておくと直る」とあったのですが本当でしょうか?

Aベストアンサー

はじめまして♪

テープが伸びた事が原因なら、治す事はほぼ不可能でしょう。

ただ、「音が濁る」と言う事ですので、違う原因も考えられそうです。

おおまかに、、
1)録音時と再生時のアジマスエラー。
2)経年劣化で磁力が弱くなってしまっている。
3)保管時に外部からの磁気により記録が劣化している。
4)テープの再生イコライザーやノイズリダクションが合っていない。
他に上記の複合的要因もありますね。

テープのスピードとヘッドの角度(アジマス)に関しては、基本的に完全な一致が不可能なので、昔から録音した機体で再生するのがベターと言われています。
再生するデッキの構造によっては、我々素人でも音を聞きながら、そのテープに適したアジマスへ微調整が出来る場合もあります。(個人的には過去のテープをデジタル化するために、過去に経験が有ったテアックのCシリーズをオークションで数台入手しましたよ。)

テープの速度偏差はプロ用機器のように速度が可変出来る機種以外では、素人には手が出せません。 しかし、パソコン用のマスタリングソフトの中には速度やピッチを個別に調整出来る場合が有ります。

録音した磁力は程度の差は大きいのですが、時系列で必ず弱くなって行きます。 経験上、やはり当時高価で高級なランクのテープの方が今でも聞きやすい音を保っているようです。
特に高音域が減衰しやすく、もごもごと濁った感じになりがちです。かと言って単純に高音域を増強しますとカセット特有のヒスノイズ(さー、しーと言う感じのノイズ)も強調されてしまいます。

この点も、パソコンソフトでノイズを減らした上で高音域をチョイ持ち上げると言う方法もあります(私が試したソフトでは、納得出来る様な効果は得られませんでした、安いソフトに任せてはそんな物なのかも、、、)

外部からの磁気による影響も、磁力低下と同じ様な症状が出ますが、部分的に強い影響を受けた場合は周期的に音量変化と高音域の増減が繰り返されるなんて事になります。
パソコンソフトで対応も不可能ではありませんが、数分の曲に数週間の手作業なんて言う気が遠くなる作業が必要になる可能性もあります。(1曲だけがんばりました、さすがに2局目以降はあきらめて、、、 ユーチューブで代替えを、爆笑)

再生イコライザーはノーマルとハイの2種です。 ノイズリダクションは私が知る範囲ではドルビー、B,C,HX, ANRS(ドルビーBと互換性あり)、dbx-II、ADRES、Super-D, 他にも各社の物が有ったようですよ。
どの方式も磁力低下等で周波数特性が変化すると異常動作しますので、手がつけられません。

ドルビーB程度でしたら、ノイズリダクションをパスしてパソコンに取り込んで、その後パソコンの再生ソフトで高音域を少し強め、(何度も試してみます)カセットにノイズリダクション無しで録音し、そのテープをノイズリダクションありで再生します。とても手間と時間がかかりますが、そこそこ妥協出来るサウンドが得られる可能性があります。

私の体験上、dbx-IIの場合、録音レベルや補正等に非常に敏感な為、かなり試しましたが妥協点に至らずあきらめてしまいました。

多分、ノイズ低減効果が高い他の方法の物もかなり難しいのではないのかと想像します。(未体験ですから、わかりませけれど、、、)

ネットで代替えが入手出来ない貴重な録音でしたら、創意工夫して手間をかけて復活させて上げましょう。

中高生の頃に学祭などの録音は、私もがんばってそれなりに復活させましたよ(苦笑)

がんばってくださ~い♪

はじめまして♪

テープが伸びた事が原因なら、治す事はほぼ不可能でしょう。

ただ、「音が濁る」と言う事ですので、違う原因も考えられそうです。

おおまかに、、
1)録音時と再生時のアジマスエラー。
2)経年劣化で磁力が弱くなってしまっている。
3)保管時に外部からの磁気により記録が劣化している。
4)テープの再生イコライザーやノイズリダクションが合っていない。
他に上記の複合的要因もありますね。

テープのスピードとヘッドの角度(アジマス)に関しては、基本的に完全な一致が不可能なので...続きを読む


人気Q&Aランキング