プロが教えるわが家の防犯対策術!

ビデオテープの再生時にノイズが出て困っております。

どんなノイズかと申しますと、再生を何度も繰り返したときのような画面全体のザラつき感やトラッキングが合っていないときのような砂嵐の帯ではなく、画面の左端や映画の白い字幕、人物の輪郭に黒く細い横線がメラメラと動くノイズです。特に字幕がひどいです。このようなノイズが出るのはどんな時でしょうか?

ノイズが出るテープは2~3年前に別のデッキで録画したものです。録画したばかりのテープは正常ですし、デッキのヘッドをクリーニングしても出るので、テープ側の問題だと思っております。テープ側の問題だとしたら正常な再生や修復は無理だと思いますが、原因だけでも分かれば今後予防に役立てたいと思っています。

別のデッキで録画したものだからでしょうか?
カビ?磁気?

ご回答、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

どのような症状か 理解できます


その症状は 色々と修理しています
どのようか回答が欲しいのかよく解りません

録画状態が正常化どうかは この文面からでは判断できません
ビデオと言う機器は 録画状態 再生状態が ベストの時
最高の画質を得ることができます

ただ言えることは カビ?磁気?の影響は よほど悪い環境でない限り
この質問に関しては 90パ-セントの確率で主たる原因ではありません
    • good
    • 1
この回答へのお礼

いろいろ調べてみましたら、こんなノイズが出たらここが悪いというようにノイズの出方によってある程度原因が掴めるようでしたので、症状(ノイズ)をご説明し、原因をご回答いただけたらと思い質問いたしました。
>~90パ-セントの確率で主たる原因ではありません
これが分かっただけでも助かりました。ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/01/15 00:27

toshi_ynと申します。


質問の現象はドロップアウト現象ではないでしょうか。ドロップアウト現象は特に白から黒あるいは黒から白に画面の明るさが急に変わるところで横に黒筋を引きます。
原因は以下のことが考えられます。
1)記録したデータを再生する途中で、極端にテープ磁気出力レベが低下する現象。これにより、データ処理の誤りが生ずる。
2)磁気記録媒体に記録再生する際、偶発的に起こるエー。普通、磁気記録媒体の表面の汚れ、傷、異物あるいは非磁性領域の存在などが原因している。

質問の内容からするとテープからの再生信号出力が小さいためと思われます。多分前のデッキの記録に問題がありそうです。ただ今のデッキの再生能力が小さいという点も捨て切れません。デッキ同士の相性もありますので別のデッキで再生するとうまくいくかもしれませんよ。

あまりお役に立てない回答ですが参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ドロップアウト現象について調べてみましたが、症状が違うようです。録画したデッキに再生しても映らない等の明らかな故障が出てきたので買い換えたのですが、今考えてみるとそういう明らかな故障が出る前から、一見正常に見えても信号とか磁気といったレベルで不具合が起きていたのかもしれませんね。ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/01/15 00:09

録画モード(S-VHS/VHS)に対応したビデオデッキを利用されていることを前提として説明します。



人物の輪郭などに黒いノイズが出る場合の原因のほとんどが、ビデオデッキの読み取り用のドラムヘッドの磨耗によるものです。(ビデオテープが伸びたりしてトラッキングが合わない場合には、幅の広い白いメダカ状のノイズがでます。)

再生しているビデオデッキは、購入後どの程度の時間が経過したものでしょうか?
一般的に普通に使用していたとして、ヘッドの寿命は、3年程度と言われています。
この場合、ヘッド交換を行えば、改善されますが、ヘッド交換が必要な状態の場合、その他の駆動部分にも損耗が生じていることがほとんどですので、それらのメインテナンスを含めると修理に合計2万円ほどかかるのではないでしょうか?
修理コストを考えると、新規にビデオデッキを購入するということを検討されたほうがよいかもしれません。

以上、簡単ですが参考まで
    • good
    • 0
この回答へのお礼

NO.1の方もS-VHSについて触れられていますが、普通のVHSでは起こらない/起こりにくいノイズなのでしょうか?といっても、活字で説明しただけではどんなノイズか分からないですものね。ヘッドの件、参考にいたします。ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/01/14 23:38

S-VHS方式のテープに録画されているものをS-VHS方式に対応していないビデオデッキで再生すると同じような状態になったように記憶しています。


もしくは、そのテープを録画したビデオデッキが故障していたかもしれませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どちらのデッキもS-VHS非対応なのです。ご回答いただいた現象は一つ勉強になりました。ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/01/14 22:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qビデオのノイズを消したい!

現在ビデオをDVD化しているのですが、
一部の映像でブブブというノイズが頻繁に入るものがあります。
1990年代前半のビデオテープではならないのに、おととし、去年録画した
ビデオでそういったノイズが見られます。ビデオデッキ買ってからここ2,3年は
ヘッドクリーニングをしていなかったので
ヘッドが汚れていた状態で録画したため、
元からノイズが入っているのかもしれません・・・(ToT)

古い映像を安定させるのにスタビライザーというものがあるようなのですが、
音声ノイズを除去するようなものはないのでしょうか??
また過去ログでS-VHSデッキは元からDNRなどの機能があり、
古い映像を高画質再生出来るとあったのですが、今もっている
デッキに3DWProなどをかませるより、S-VHSデッキを
買ったほうがいいのでしょうか??

よろしくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

  こんばんは。
ビデオデッキは機構部品・消耗部品が多く使用されています。ビデオヘッド、音声ヘッド、ピンチローラー、巻き取りリール、送出しリール、再生用モーター、早送り巻き戻しモーター、キャプスタンモーター、更にビデオヘッド用アンダーモーターその他メーカーによって構造が少しずつ違いますが多くのメカ部品が対象です。
 一日の使用時間にもよりますが、数年使用していると、微妙に音声ヘッドとビデオテープの接触具合が徐々にずれてきます。時には音声ヘッドやキャプスタン軸にビデオテープの削れた磁性体が付着して、それが元でテープを傷つけたりします。一度傷がついたテープは修復不可能です。

 音声ヘッドもビデオヘッド同様に磨耗劣化して、レベル低下、SN比低下で音声にも画像にもノイズが混じり劣化してきます。
 正確には、テスト用標準テープとオシロスコープにて映像出力レベル、音声出力レベルを測定する必要があります。ビデオヘッドの磨耗劣化で映像出力レベル低下が認められれば、ビデオヘッドを交換後、ガイドローラー調整や出力レベル調整が必要です。
 音声レベルが低下していたら、調整で規定レベルまで改善されれば調整します。
 音声ヘッド磨耗が激しく、調整でも規定出力レベルにまで達しなければ音声ヘッドを交換後、オシロスコープで音声レベルを測定しながら標準テープでアジマス調整する必要があります。

 スタビライザーやTBCなどの補正器機よりもメーカーへオーバーホールと音声及び映像のレベル再調整をしてもらう方が良いと思います。

 あと、意外に気が付かないのは、ビデオテープ自体の劣化です。ビデオテープは湿度や熱、磁気に弱く、長期保存が難しいものです。

 また、巻き取りトルクが規定トルク以上に強くなって故障したビデオデッキで使用したテープは、音声トラック部分が「ワカメ状態」になっていて、音声レベルの変動や音声ヘッドの接触が不十分なノイズ交じりの音声になる事象もあります。こうなったテープは修復の方法はありません。

 実際に使用しているテープとビデオデッキをメーカーのサービスセンターに、修理、オーバーホール依頼して、具体的な故障状況を伝えましょう。そうすれば、購入時と同等の性能になるように改善してくれます。

 実際に修理依頼しなくても、一度相談してみましょう。技術的に詳しい人であればきっと納得できる説明があると思います。販売店への問合せは、ハードや回路的には詳しくないので、メーカーサービスに直接問合せるのがよいと思います。

 元家電メーカーのサービスマンからでした。参考になれば幸いです。

  こんばんは。
ビデオデッキは機構部品・消耗部品が多く使用されています。ビデオヘッド、音声ヘッド、ピンチローラー、巻き取りリール、送出しリール、再生用モーター、早送り巻き戻しモーター、キャプスタンモーター、更にビデオヘッド用アンダーモーターその他メーカーによって構造が少しずつ違いますが多くのメカ部品が対象です。
 一日の使用時間にもよりますが、数年使用していると、微妙に音声ヘッドとビデオテープの接触具合が徐々にずれてきます。時には音声ヘッドやキャプスタン軸にビデオテープ...続きを読む

QVHSのビデオを液晶TVで再生すると画面の下帯状のノイズが入るのですが

VHSのビデオを液晶TVで再生すると画面の下帯状のノイズが入るのですが正常なのでしょうか?

もう少し正確に書くと三菱のVHSビデオデッキの出力をS端子で東芝のHDDレコーダーに接続して、HDMIで
接続したパソコン用の23インチのフルハイビジョンの液晶ディスプレイで視聴しています。
この環境でVHSテープを再生すると画面の下側に6mm程度の筋状のノイズが入ってしまいます。DVDにその映像を記録したものを再生しても同じようなノイズが入っています。

ビデオデッキの故障を疑い三菱のサービスセンターに持ち込んだところ、ビデオデッキもテープも正常とのことでした。
その際の説明では、ブラウン管式のテレビでは走査線は525本だが、実際は本程度しか画面に映っていない
(外枠で隠れて見えない)回転ヘッドの切り替えは走査線480本~525本の間で行っていてブラウン管式のテレビでは、そのノイズは映らないとのことでしたが液晶の場合はSDモードで480本の走査線に対応するため
ノイズが映るとのことでした。

この説明を信じるとすると非常に多くの人が同様の症状を経験しているはずですが、ネットで検索してもヒットしません。 教えていただけないでしょうか? ぼくには三菱のサービスの説明がどうしても納得できません。
どなたかくわしい方教えていただけないでしょうか?

なお、東芝には現在故障の可能性を問い合わせ中です。

VHSのビデオを液晶TVで再生すると画面の下帯状のノイズが入るのですが正常なのでしょうか?

もう少し正確に書くと三菱のVHSビデオデッキの出力をS端子で東芝のHDDレコーダーに接続して、HDMIで
接続したパソコン用の23インチのフルハイビジョンの液晶ディスプレイで視聴しています。
この環境でVHSテープを再生すると画面の下側に6mm程度の筋状のノイズが入ってしまいます。DVDにその映像を記録したものを再生しても同じようなノイズが入っています。

ビデオデッキの故障を疑い三菱...続きを読む

Aベストアンサー

このノイズの事でしょうか。
画面下の部分の黒っぽい所に白いチラチラがザワザワ動き回っているものです。もっと凄いとチラチラではなくて帯になります。
これならアナログテープ素材なら発生して当然のスイッチングノイズです。
DVD化するときには、この部分を黒くマスキングしてしまうか、画面全体を一回り小さく切り抜いてノイズ部分を削除する、といった手段を取ります。

私はビデオテープからのDVD化作業を10年ほど行っていますが、このノイズの除去作業は普通に行っています。このノイズのクレームは非常に多いからです。アナログテープメディアでは当たり前に出るノイズですよ、と説明しても理解されない事の方が多いですから、どんどんぶった切っています。

また、このスイッチングノイズが見えてしまう某社格安大型ブラウン管TV(といっても25型・32型)が1985年に販売されて大クレームになり回収騒ぎになっています。大画面を意識しすぎてフレームを広く取りすぎたのが原因です。私はビデオ編集をしていましたので、こんなの見えてあたりまえだ、という考え方でしたが、お客様は納得せず、TVのフレームを撤去して、ブラウン管のフレーム外ではこんなノイズがあるんだよ、と説明して回りました。

この事は間違いなく非常に多くの人が経験しています。三菱が嘘を言っている訳でも、東芝DVDレコーダーが故障している訳でもありません。

このノイズの事でしょうか。
画面下の部分の黒っぽい所に白いチラチラがザワザワ動き回っているものです。もっと凄いとチラチラではなくて帯になります。
これならアナログテープ素材なら発生して当然のスイッチングノイズです。
DVD化するときには、この部分を黒くマスキングしてしまうか、画面全体を一回り小さく切り抜いてノイズ部分を削除する、といった手段を取ります。

私はビデオテープからのDVD化作業を10年ほど行っていますが、このノイズの除去作業は普通に行っています。このノイズのクレームは...続きを読む

QVHSビデオの画像の乱れについて。

先日、VHSビデオをDVDにダビングしようとビデオを見ていたところ、突然映像に波のような乱れが生じてしまい上手く移し変えることができませんでした。
デッキの不調かと思い、ヘッドクリーナ(乾式)をかけてみましたが一向に良くなる気配はありません。
何度か試して見ましたが、だいたい同じ場所で画像が乱れてしまいます。
この原因についてお伺いしたいのですが、もう2年ほどビデオデッキを使用していなかったため汚れが落ちないためなのか。
それとも過去に何度も見返していた部分のみ、テープが伸びたなどの理由で画像が乱れるのか。

今まで画像が乱れてしまったり伸びたりした経験がないもので、
どういった状態になるのかも加えて教えていただきたいです。
知っている方、ご経験のある方いらっしゃいましたら教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

No.2です。
素人ですし、正直詳しくないので、経験談しか語れません。すみません。
やはり、その症状からするとテープが伸びたり痛んだりしているのだと思います。

>2年前まではきちんと見れていたのですが、やはり年月が経ってしまったのでテープの調子が悪くなってしまったのでしょうか?

2年前のしまう直前までは、間違い無く、全て綺麗に見えたのでしょうか?
同じ箇所が少しでもおかしくなかったですか?
2年も経てば保存状態によってはだいぶ痛みますし、色んな症状が出ると思いますが、特定の箇所だけおかしくなるというのは考え難いです。湿気や光の影響を受ければ全体的に、もしくはもっと広範囲に症状が現れると思うのです。
有り得る?とすれば、その箇所は前から多少痛んでいて、経年劣化で全体的に痛んだが、元々痛んでいたその部分だけ正常に再生するだけの能力以下に落ちてしまった・・・ということではないかと。それか、何かの拍子にその部分だけ手垢が付いてしまったとか。今も見た目は綺麗なんですよね?

世の中には、ビデオテープのカビ取りクリーニングや修復を行っているショップもあるようですが、テープ自体にシワや傷が出来た場合、その部分の修復は無理だと言われているようです。

実際映像を見てもらった方が修復可能か判断しやすいでしょうから、地元近辺でそういったサービスをしているお店が無いか探して見てはどうでしょうか。ネットでもありますが、経験した事が無いのでどこが良いとか分かりませんし、送料もかかるでしょうから、修復不可能となった時の事を考えるとあまりお勧めしたくないというのが本音です。

一応、ググッたものを幾つか載せておきます。
ご自分でも探されて、まともな店かな?と思ったらまず問い合わせてみてはどうでしょうか。

http://homepage2.nifty.com/media-s/index.htm
http://www.geocities.jp/kobeibuki/web_media/index.html
http://ksmmsyk.hp.infoseek.co.jp/

また、デジタル化した後の話しですが、ゴーストやブロックノイズとは違って、私はこのようなノイズを補正する術を知りませんが、私が知らないだけで、多少也ともノイズを軽減する方法が「ひょっとしたら」あるかも知れません。
テープ修復をやれるだけやってみてダメだったら、デジタル化したデータを元に新たに質問すると良いと思います。

No.2です。
素人ですし、正直詳しくないので、経験談しか語れません。すみません。
やはり、その症状からするとテープが伸びたり痛んだりしているのだと思います。

>2年前まではきちんと見れていたのですが、やはり年月が経ってしまったのでテープの調子が悪くなってしまったのでしょうか?

2年前のしまう直前までは、間違い無く、全て綺麗に見えたのでしょうか?
同じ箇所が少しでもおかしくなかったですか?
2年も経てば保存状態によってはだいぶ痛みますし、色んな症状が出ると思いますが、特定の箇...続きを読む

QアナログVHSのノイズ処理について。

PCast(バッファロー)というビデオキャプチャを使っています。
VHS再生時に音声にノイズが乗ってしまって困っています。
おそらく、もとのビデオに問題があると思うのですが、
その音声に乗っているノイズを消去(軽減)する方法ってあるのでしょうか。
動画編集ソフトなどでは音声のノイズキャンセラーのようなものは見つからず、当方PCはあまり明るくないので、手軽にできる方法があれば教えていただきたいです。

症状としては、
○音声(左)のみノイズ(ジジジといったもの)入る。
○他のビデオテープでは入らない。
○テレビ等での再生時にはあまり目立たず、PC再生時のみ気になるほど

まだ、ビデオデッキ自身の故障は考えてないので、それかもしれませんが、キャンセルできる方法がありましたら教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

その問題が発生するVHSビデオテープは標準(SP)モードですか?3倍(EP)モードですか?
音声はHi-Fiですか?
そのビデオデッキではオートトラッキングとマニュアルトラッキングの切換ができますか?

VHS Hi-Fi方式はβや8ミリと異なり、映像と音声は別々のヘッドで角度を変えて取り付けられ、映像はテープの上層部、音声はテープの深層部に記録されます。これは映像信号と音声信号の干渉を避けるためです。このために原理的に映像と音声の正確なトラッキングが取り難い方式となっております。
このために映像が破綻しないで音声も破綻しない中間地点が最適のトラッキングとされます。但しメーカーによってはこれが映像よりの場合、音声よりに設定されている場合もあります。
オートトラッキングはこの数秒間の信号状況からこの最適ポイントを選んでくれる非常に便利な機能なのですが、特に有効なのは標準モードに限定されます。3倍モードの場合そのトラック幅が標準モードの3分の1となるためにテープの伸縮などの影響をモロに受けます(標準モードでも稀に発生)。自己録再でもトラッキングがずれてしまったり、1本のテープに幾つもの番組を録画した場合は最悪、番組ごとにトラッキングの最適位置が変わります。大幅に異なった場合はオートトラッキングが追従しますが、細かな相違だとオートトラッキングは追従しません。
この細かな相違で音声にノイズが乗る場合が多いです。

対策はマニュアルトラッキングが調整可能な機種に限定されます(後期の廉価なVHSではこれが省かれている可能性もあります)。この機能があるのでしたら音声のノイズが消える位置に調整することでOKです。但し前にも書きましたが映像と音声は別々の角度でヘッドが取り付けられているために、映像のトラッキングがずれてしまい画面にノイズが現れる場合(最悪、画ブレ・画面消失)もあります。

もう一つ、録画時に音声ヘッドが汚れていた場合、当然音声にノイズが乗ることとなります。この場合は修復は不可能です。映像ヘッドが汚れたのは見た目ですぐ判りますが、音声ヘッドの場合は再生してみないと判りません。もちろんこの場合は修復は不可能です。

TV視聴とPC使用では環境が異なります。TVの場合は通常居間などに設置され、結構騒々しい場所にあるので音のノイズはマスキング効果で聴こえてないだけです。PCは比較的静かな環境で操作するために余計ノイズが目立ちます。

VHSのHi-Fi音声ってヘッドホンで音量を上げて音の少ない静かなシーンになると、結構ジジジやジュルジュル雑音多いですよ。通常のスピーカーじゃ全く気付きませんけどね。

はじめまして。

その問題が発生するVHSビデオテープは標準(SP)モードですか?3倍(EP)モードですか?
音声はHi-Fiですか?
そのビデオデッキではオートトラッキングとマニュアルトラッキングの切換ができますか?

VHS Hi-Fi方式はβや8ミリと異なり、映像と音声は別々のヘッドで角度を変えて取り付けられ、映像はテープの上層部、音声はテープの深層部に記録されます。これは映像信号と音声信号の干渉を避けるためです。このために原理的に映像と音声の正確なトラッキングが取り難い方式となっておりま...続きを読む

Qビデオデッキで録画するとノイズ(横線)が現れる

我が家には数台のビデオデッキがありますが、なぜか一台のデッキ(MITSUBISHI製)のみ異常がでます。
まず、TBS系チャンネルだけ全体に斜線が入り(その局のみ電波が弱いのか?)その他のチャンネルでもビデオのチューナーで綺麗に受信できていても、
録画操作をする(ボタンを押す)と画面いっぱいにすだれ状の横線がちらちらと上下し(TV画面上でも確認)、3~5秒に一度現れます。
なので録画テープを再生すると同じ様に、ノイズも少し増幅されているような・・・結構目障りな感じで映り込みます。
停止中やビデオ電源が入っているだけでは、すだれ状ノイズは現れません。
これはこのメーカーがよくないのでしょうか?それとも単に、このデッキのみの不具合なのでしょうか?
私的には、他のデッキ(別メーカー)ではこのようなことは起こっていないので、このデッキのチューナーに問題ありかと思っているのですが。
最近このデッキを使用することが少なくて、いつからのことなのか定かではありませんが、今年の梅雨、台風時には私の地域では雨が強く降る事が多々ありまして、
この問題に気象が関係することはあるのでしょうか??
それ以前(一ヶ月ほど前)に使っていたときには特に異常は感じませんでした。
このメーカーは使い勝手もよくて動作には問題もなく、主にお気に入りの番組を録り残す用にと、使っていきたいと思っていた矢先なので困っています。
後、別のデッキが不調なので、中古でコレと同メーカーの機種を入手予定なのですが、それにも同じようなことが起こるのではと少し心配です。

我が家には数台のビデオデッキがありますが、なぜか一台のデッキ(MITSUBISHI製)のみ異常がでます。
まず、TBS系チャンネルだけ全体に斜線が入り(その局のみ電波が弱いのか?)その他のチャンネルでもビデオのチューナーで綺麗に受信できていても、
録画操作をする(ボタンを押す)と画面いっぱいにすだれ状の横線がちらちらと上下し(TV画面上でも確認)、3~5秒に一度現れます。
なので録画テープを再生すると同じ様に、ノイズも少し増幅されているような・・・結構目障りな感じで映り込みます。
停止中や...続きを読む

Aベストアンサー

ビデオデッキにかぎらず、時折見られる事象です。
以下の条件のときに発生しやすいです

(1)アンテナ入力が弱い
 … そもそも弱い、分配により弱っている etc.
  入力が弱い状況では (2)のような要素により影響を受け易くなります。

  ビデオデッキ類を直列(アンテナ出力を次のデッキの入力に)に多段に
  つないでいる場合は、後ろの段ほど不利になっています。
  各々のチューナの感度や分配損失補償回路(簡易ブースター)の特性の違いから
  順番により影響の度合いが多少差異があることがあるので順番を組み替えて見るか、
  分配器を使用して根元から均等に並列に分配してみてください。

  現状、分配器で多数分配している場合は必要最小限にしてみてください。

  ※恒久的な対策は別として、一時的に当該のデッキとTVだけで試してみて
  もし改善するようであれば、入力を改善すれば解決する可能性があります。

  なお、アンテナ直下でなくビデオデッキ近傍に置くブースタでは、
  弱くノイズ混じりの信号を増幅するだけなので解決しないことがあります。

(2)電源ライン等のノイズがチューナや映像回路に飛び込んでいる
 … 経年劣化によるスイッチング電源の平滑回路の能力低下(コンデンサの容量抜け)
  による負荷増大時のノイズ発生や、機械的劣化(磨耗や潤滑油劣化)による
  モータ負荷増大によるモータ自体やスイッチング電源からのノイズ発生量の増大。

   RF回路(放送周波数)に飛び込む場合(=特定のチャネル)と、映像回路に
   飛び込む場合(=全チャネル)がありますが、ノイズ自体に周期性があるため、
   いずれにしても縞模様状となります。被干渉信号とノイズの周期により縞模様の本数と
   角度や流れ具合が決まり、強さ(干渉の程度)により濃淡が決まります。

  こちらの対策は一般の方では直接行うのは難しいので、メーカ点検(修理)が
  良いと思います。症状は詳しく伝えてください。

---
> この問題に気象が関係することはあるのでしょうか??

降雨などにより受信レベルが若干低下する環境であれば関係は必ずしも0ではないです。
(ビル壁面の反射率の変化によるゴースト=干渉波の変化や、屋外の分配器・混合器の浸水など)
また、気温・湿度により機械的機構(モータ・ベルトドライブ等)の若干の特性変動や、
基板上のホコリなどを介した微小な漏洩電流の増加(湿度大時)なども要因としては
考えられなくはありません。

> 中古でコレと同メーカーの機種を入手予定なのですが、それにも同じようなことが起こるのではと少し心配です。

個体差によることもありますし、設計上の仕様/製造上の微細な問題+経年劣化の
いずれも考えられますので、何ともいえません。

正確な型番でgoogle等で検索してみて同様の症例がいくつか出てくるようであれば、
同じようなことがおきる可能性はあるといえます。

ビデオデッキにかぎらず、時折見られる事象です。
以下の条件のときに発生しやすいです

(1)アンテナ入力が弱い
 … そもそも弱い、分配により弱っている etc.
  入力が弱い状況では (2)のような要素により影響を受け易くなります。

  ビデオデッキ類を直列(アンテナ出力を次のデッキの入力に)に多段に
  つないでいる場合は、後ろの段ほど不利になっています。
  各々のチューナの感度や分配損失補償回路(簡易ブースター)の特性の違いから
  順番により影響の度合いが多少差異があること...続きを読む

Qプロ並みのVHSからDVDへダビング方法

VHS DVD ダビングで一般的な機器ではある程度の劣化は免れないという事実を知りました。

幼少の頃より撮りためていた自身・家族・親戚の数千本のVHSを出来るだけ劣化しないで
DVDもしくはBDに移送することはできないでしょうか。
機器の購入代金上限は200万円まで拠出することが可能です。

デジ物に強い方、プロの方の具体的なアドバイスもしくは機器の紹介をお待ちしております。
どうかよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

根本的にVHSは画質が良くありません。ブラウン管TVの表示方法と補正で何とか見られる絵になっていたに過ぎません。
試しに超解像がない大型のTVで見てください。それが素のVHSの画質です。
VHSのSPモードで水平解像度が約240本。EPで約200本。メーカーによっては200本以下のものもありました。これはデジタル化の解像度では320×240程度です。
S-VHSのSPモードで水平解像度は約400本以上。但し大抵は380本程度。EPモードでは約350本程度以下が大半。デジタル化の解像度に換算すると640×480程度です。
DVD-VIDEO規格内のMPEG2PSのターゲットはS-VHSやLDであり、直径12センチディスクに同等の画質を再現することを目的としたものです。そのためにVHS程度の収録では十分な性能です。
VHSが元の解像度はデジタルの解像度で換算すると320×240程度ですが、デジタルのようにブロック化しているわけではないのでそのまま320×240の解像度のモードで記録すると大幅に画質が劣化します。これはこの解像度に対応した映像ビットレートが低すぎるからです。
これはMPEG系の圧縮方式が15フレーム相関での圧縮であることから、動きや画面の急激な変化に追従するには高ビットレートが必要となると言う根本的な欠点があるためで、DVD-VIDEOに採用されたMPEG2PSにおいても動作が確保されているのは2000Kbps以上、レコーダーのLPモード以上となります。
miniDVに採用されたDV-AVIの方が1フレーム内の圧縮であったので、その面ではMPEG2よりも高画質でしたが、如何せん圧縮率が低いために1時間で13GBも消費するので、これでは収録する器が当時はHDDかテープ媒体しかありませんでした(今ならばBDがあるけど)。
たとえVHSであっても、取り込みの際は720×480を選択し、映像ビットレートはVBRで平均4000Kbps以上。CBRで6000Kbps以上無いとブロックノイズの散見する見辛い画像となります。
レコーダーのSPモード、あるいはXPモードでも十分過ぎます。
元が320×240程度なのでDVDレコーダー側の内部処理で実際はアップコンバートされています。
アナログのデジタル化の際の画質劣化は量子化の時点で端数を切り捨てるために細部情報が削られることと、元のアラもそのまま収録するために気づかなかったVHSのアラに気づいてしまうことにあります。
アナログのダビングでは補正は再生、録画双方でかけると画質劣化を招きましたが、デジタル化の場合は逆です。できるだけ補正をかけてノイズが少なく、しかもシャープネスを効かせた画面にして取り込むことが必要です。

デジタル化は素材以上の画質にはなりません。
多少は繕うことはできますが、そのためには再エンコードは不可欠となるためにできるだけ高ビットレートで収録することとなります。
アナログビデオキャプチャーが全盛期であればMPEG2PSで、DVD-VIDEO規格以上の最大15000Kbpsでの収録が可能なものもありましたし、DVフォーマットで取り込みが可能なものもありましたが、すでに末期に突入しているため、これらビデオキャプチャー分野もDVD-VIDEO規格に準じたMPEG2PSでの取り込みしかできないものばかりになっています。
またアナログビデオにはジッターや時間軸ズレが付き物で、ブラウン管TVではTV側の回路で画面のゆらぎや揺れを吸収していたのですが、これら安価なビデオキャプチャーにはそれらを補正するTBC(タイムベースコレクタ)がありません。
これが有る無しでは画面の安定度に差が生じます。VHSのSPモードならばそれほど目立ちませんが、EPモードは画面が歪むことも珍しくはありません。
このジッターや時間軸のズレに関しては記録機でも、再生機でも生じます。録再が別の機種の場合はその揺れが顕著になる場合もあります。
これらを排除しないと、デジタル化では動くものは全て情報と判断するので、データ容量が膨れ上がり、画質も劣化します。
PCを使用するよりも、むしろレコーダーを使用した方が画質は良好になります。レコーダーには3次元Y/C分離、3DDNR、簡易TBCは常備されています。

DVDよりもBDとの意見もありますが、BDの利点は容量だけです。
VHSならばフォーマットではDVDが分相応です。
BDも初期にはDVD同等のフォーマット(MPEG2PS)で収録できるモードがあったのですが、その後MPEG2TSとH264/AVCにだけとなりました。
またメーカーによってはアナログ入力はDVD録画モードしか使えず、BDに収録するには再エンコードが必須となる場合もあります。
DVD化前提ならばパナソニック、BD化前提ならばソニーのレコーダーを選定した方が良いでしょう。

但しアップコンバートですが、DVDでも面積比で約2倍に拡大していたのが、BDともなると30倍に拡大となります。それだけアラの部分も拡大されることとなります。
アップコンバートは基本はデジタルズームでの拡大とシャープネスの組み合わせで細部情報の見かけを補正する技術です。万能ではありません。
元が良好なノイズの少ない画質の場合はBDビデオソフトと見紛うほどにもなりますが、ノイズだらけの映像は逆にザラザラでVHSの3倍モード以下とも言えるような画像になる場合もあります。
アップコンバート処理は飽くまでも一旦デジタル化した後の処理で、再エンコードは免れません。
ノイズリダクションも併用が必須です。
ノイズリダクションを効かせるとシャープネス効果が薄れ、シャープネスを効かせるとノイズリダクション効果が薄れるとの相反する効果のフィルタですので落とし所が困難です。経験が必要となります。単にDVD化するよりも解像度が高い分BD化の方がハードルが高くなります。
これはBDソフト制作現場でも同様で、古い映画などはリマスターから編集、色再現などを追求した各種フィルタ処理を施すとそれこそ数千万も費用がかかります。そのために旧作のBD化の進行度合いが遅く、確実に捌けると推測できるものだけがBD化されるとの状況です。
プロはそこまで再現性にこだわりますが、同等の機器、アプリケーションを揃えるとなるとそれこそスタジオを構える覚悟が必要となり、それこそ現実的ではありません。

最大の難問は時間です。
VHSはファイル化されているデータではありませんので、取り込みに相応の時間がかかります。
編集とオーサリングの時間を総合すると、慣れれば2時間もので1本計3時間程度で作業は完了して残るはDVDへの書き出しともなります。カット編集もしないし、チャプターも設定しないのならばもっと短時間で済みますが、慣れない内は失敗もありますし、1本のDVDを完成させるのに4、5時間かかることもあります。PCの場合はソフトのエラーがあったり、そもそも取り込みに失敗していたり、ファイルのヘッダーが破損していたりと様々なトラブルが必ず生じます。
数千本も取り込み作業をしている時間はありますか?
またVHS機自体すでに新製品はありません。旧製品、中古での活用が前提で、ヘッド自体の寿命も新品のヘッドで約2000時間。周辺の走行系は若干バラつきがあり2000時間以上持つものもあれば、それ以下の場合もあります。つまり120分テープを1000本ダビングしたら機器の方が寿命が尽きる計算となります。
修理を考えても、すでにVHSの修理サービスは終了しているところが多々あります。修理サービスが継続されていても、機種によっては部品在庫が尽きて修理不能のものもあります。

ビデオテープの量を考慮すると業者に頼むのが一番現実的です。
但しDVDソフトやBDソフトを制作しているメーカーと異なり、業者は手持ちの民生用機器やPCなどでキャプチャーしてDVD-RやBD-Rに書きだしているに過ぎないので、自分で行った場合と画質が大差ないことになるでしょう。
業者にしても再生機器のメンテナンスの問題は必ず生じます。
また2014年春にはアナログ映像入出力端子全廃が控えています。それ以降の機器ではコンポジット映像入出力も無くなります。
VHSのデジタル化はそろそろ末期に突入していると考えた方が良いです。
時間との闘いに突入しています。

取り掛かりが7、8年は遅かったですね。

根本的にVHSは画質が良くありません。ブラウン管TVの表示方法と補正で何とか見られる絵になっていたに過ぎません。
試しに超解像がない大型のTVで見てください。それが素のVHSの画質です。
VHSのSPモードで水平解像度が約240本。EPで約200本。メーカーによっては200本以下のものもありました。これはデジタル化の解像度では320×240程度です。
S-VHSのSPモードで水平解像度は約400本以上。但し大抵は380本程度。EPモードでは約350本程度以下が大半。デジタル化の解像度に換算すると640×480程度です。
DVD-VIDEO規格...続きを読む

Qビデオテープのカビを自分で取りたい。

こんにちは。
タイトルの通り、ビデオテープ(VHS)に白っぽくカビ(だと思います)が付いていました。他の質問を検索したら、「ビデオデッキに入れてはいけない」「あきらめましょう」「業者に頼みましょう」等のアドバイスがありました。

私は、自分でなんとかクリーニングしてみたいと思っています。
どなたか、その方法(クリーニングに使う液や気を付けること等)をご存じの方、アドバイスをください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

直接の回答ではないのですが・・・
私も一度大切なテープにカビが生えてどうにかならないものかと思案したことがあります
ふつうのデッキで無理に再生しようとすれば、絵も出ず音も出ずヘッドに深いダメージを与えてしまうだけなんだけど、ダメもとで古くて壊れても惜しくないフナイのデッキで再生したところ、なんの問題も無く再生できました 見た目にもダメそうなカビがびっしり生えたテープを数本試しても何事もなく再生できました
音声はモノラルなんだけど、そのデッキでダビングしてカビテープを救えたことがあります
なぜなのか理屈はわかりませんが、カビに異常に強いデッキが存在するのは事実です
古くてボロくて壊れてもいいデッキがあれば一度試してみてはどうですか?成功する保証はできませんが・・・

Qビデオデッキの、トラッキングとは?

ビデオデッキに、トラッキングというボタンやツマミが
ありますが、あれは、どういうボタンで、トラッキング
とは、どういう意味なんでしょうか?

Aベストアンサー

ビデオテープに記録される信号は、テープに対して斜めに記録
されます。

 ↓テープ
___________
\ \ \ \ \   ← 信号
 \ \ \ \ \
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
\ 部分が、信号が記録された、道(トラック)です。

この、トラックの上を正しく再生ヘッドが通らないと、信号
の読み取りが不十分となり、画面が乱れます。つまり、画面
の上端や下端に筋(ノイズ)が出ます。

ヘッドが正しくトラック上をなぞるように、テープを送る
スピードをコントロールするのが、トラッキングつまみです。

つまみを回してみれば、画面が乱れますので分かりますし、
上下の一方にノイズが出るようでしたら、このつまみで調節
します。

テープが古くなったり痛んでいたり(テープの端が波打つ)、
カセットハウジング(カセット自体)が歪んでいたりすると、
抵抗が掛かり、テープ走行が乱れるので、再生が正しく行わ
れない場合があります。
 

Qメダカノイズとは? 原因はビデオデッキ?

ある中古のS-VHSを購入しようと思っているのですが、あるHPを見たところ、評価の欄にメダカノイズがひどすぎると書いてありました。
メダカノイズってなんですか?
見た目で他のノイズとは違いがあるのですか?
自分なりに調べたのですが、電波障害で発生するとかヘッドの磨耗が原因とかでした。
前者ならデッキの性能とはそれほど関係ないですよね?
後者だとしたら中古なので気になります。その評価を書き込んだ人はヘッドの寿命のことを言っていたのでしょうか?
もしそれ(ヘッド)が原因だとしても動画キャプチャ用のチューナーとしては問題ないですよね?もちろんちゃんとビデオデッキとして録画、再生したいですけど。

質問としては「メダカノイズとは?(症状、原因)」なのですが文章中の細かい疑問も答えていただけたらありがたいです。

あと、中古でビデオデッキを購入するのは初めてなのですが、注意する点などもあったら教えてほしいです。
ちなみに全国チェーンのリサイクルショップでビクターのHR-VXG1(15000円、3ヶ月保証、リモコン有、説明書有)です。

詳しい方よろしくお願いします。

ある中古のS-VHSを購入しようと思っているのですが、あるHPを見たところ、評価の欄にメダカノイズがひどすぎると書いてありました。
メダカノイズってなんですか?
見た目で他のノイズとは違いがあるのですか?
自分なりに調べたのですが、電波障害で発生するとかヘッドの磨耗が原因とかでした。
前者ならデッキの性能とはそれほど関係ないですよね?
後者だとしたら中古なので気になります。その評価を書き込んだ人はヘッドの寿命のことを言っていたのでしょうか?
もしそれ(ヘッド)が原因だとしても動画...続きを読む

Aベストアンサー

メダカノイズというのは画面上に短い横線のノイズが出て、それがあたかもメダカが水槽で泳いでいるような感じの症状をいいます。

メダカノイズの原因はいろいろあって、バイクやモーター、工事用機械などによる妨害や映像回路の接触不良、アンテナ及びアンテナ線の劣化によるノイズの侵入などがあります。

参考URL
メダカノイズの症状と原因
http://home3.highway.ne.jp/welcome/tv/Q/13.htm

ビデオの場合には、上記のほかに特有の原因として、シリンダーヘッドについている静電気除去の部品が汚れるとメダカノイズが発生します。

シリンダーヘッドが汚れたり磨耗した場合にもビデオSN比が悪くなってメダカノイズが発生します。

録画中にメダカノイズが現れないで再生すると発生する場合にはビデオ特有の発生原因ということになります。

中古ビデオの購入は多分にリスクを伴います。
何百時間録画再生されたか分かりませんし、ビデオで一番デリケートな部品であるシリンダーヘッドがあとどの位の時間使用に耐えられるかとか修理費用などを考えると、3ヶ月で故障してもあきらめる位の割り切る気持ちがないと買えません。

メカが壊れてもチューナー部分が故障していなければテレビチューナーとして使えます。

参考URL:http://home3.highway.ne.jp/welcome/tv/Q/13.htm

メダカノイズというのは画面上に短い横線のノイズが出て、それがあたかもメダカが水槽で泳いでいるような感じの症状をいいます。

メダカノイズの原因はいろいろあって、バイクやモーター、工事用機械などによる妨害や映像回路の接触不良、アンテナ及びアンテナ線の劣化によるノイズの侵入などがあります。

参考URL
メダカノイズの症状と原因
http://home3.highway.ne.jp/welcome/tv/Q/13.htm

ビデオの場合には、上記のほかに特有の原因として、シリンダーヘッドについている静電気除去の部品が汚れると...続きを読む

Q20年以上前に録画してVHSテープを綺麗に再生する方法はないでしょうか

20年以上前に録画してVHSテープを綺麗に再生する方法はないでしょうか?

20年前に観ていたときはもっと綺麗であったように思います。
デッキも古いのですが、どうも再生してもノイズが激しいです。
で、市販の画像安定装置というものを通して再生しましたがやはりダメです。

最近でも、VHS+DVD再生、が売りの機器がでているようですが、ハイファイと書いてあります。

現在の15年前のデッキで再生して画像安定装置を通しているより、最近のVHS+DVD再生 の機器を買うようが綺麗に再生できる可能性が高いでしょうか?

Aベストアンサー

はじめまして。

>再生してもノイズが激しいです。
このノイズですが、種類があります。
輪郭から黒い尾をひくようなノイズが出ているようだとヘッドの寿命です。特に3倍モードの場合顕著に現れます。
粒状感のあるノイズやカラーノイズはDNRの効き目を強くすれば多少軽減されます。
ランダムに白っぽいノイズが周期的に出るパルスノイズ(掃除機やドライヤー、髭剃りなどを周囲で使用した際に発生することがあった)は記録時に同時に記録されているので、DNRで除去することはできません。
また黒い横線、或いは画面に白いメダカのようなノイズが散乱しているものは磁性体が欠落し、ドロップアプトがドロップアウト補償が効かないくらいテープが劣化しているので、余り再生させない方が良いです。最悪ヘッドが目詰まりします。

但し3倍モードの場合は機器での格差が大きくて、標準モード並の3倍モードで録画・再生できるような機種もありましたが、逆に3倍モードは相当酷いものも珍しくはありませんでした。同じ機種でも当たり外れもありました。
これらのハズレ機種で録画したものは、DNRを目一杯効かせても余り効果はありません。
元が悪いものは悪いなりです。
またデジタル化の際には細部がボケる傾向があるので、余りDNRを強めにかけるとかなりボケた映像となります。

25年以上前のβのテープをデジタル化していますが、それほど酷いものはありません。ほぼ当時の画質です。
むしろ25年前のものでも当時の画質を維持しているので、それだけでも十分満足です。

VHS(S-VHS)の3倍モードはテープのグレードにも結構左右されます。HG以上ならば結構マシですが、ノーマルテープではかなり酷いものもあります。またデッキとテープの相性でも結構画質に差が出ました。
現在はより高画質な比較対象する画像(DVDやBD)があるのでVHSなどのアナログ素材は特に画質の悪さが目立ちますが、実は当時から画質はそんなものでした。LDと比べるとS-VHSの標準モードでも見劣りしました。
ただ当時は高画質に接する機会が少なかったので気付かない。見られるだけで満足していたので気付かなかっただけが大半です。

>>15年前のデッキで再生して画像安定装置を通しているより、最近のVHS+DVD再生の機器を買うようが綺麗に再生できる可能性が高いでしょうか?

これは結構微妙です。
15年前のS-VHSの高級機と現在のHDD・DVD・VHS一体機とのVHS部を比べるとハードそのものでは雲泥の差です。
現在国内ではVHSは製造されていません。韓国や中国からVHS部を購入して一体化しているだけなので、今の方が劣ります。
但し映像回路の処理で多少綺麗に繕ってカバーしています。
15年前のVHSと言ってもS-VHSは映像回路も贅沢の限りを尽くしましたが、当時ですらただのVHSは取り残されました。せいぜいDNRを付加した機器があったくらいです。
ただのVHSならば今の一体型の方がヘッドも新品ですし、内部回路直結でデジタル化なので画質的には多少有利でしょう。
S-VHSの場合は現状の一体型はSQPB(S-VHS簡易再生)なので、S-VHS本来の画質ではダビングはできません。この場合は15年前の機器の方が有利です。但しヘッド交換などのメンテナンスを行っていることが条件です。

はじめまして。

>再生してもノイズが激しいです。
このノイズですが、種類があります。
輪郭から黒い尾をひくようなノイズが出ているようだとヘッドの寿命です。特に3倍モードの場合顕著に現れます。
粒状感のあるノイズやカラーノイズはDNRの効き目を強くすれば多少軽減されます。
ランダムに白っぽいノイズが周期的に出るパルスノイズ(掃除機やドライヤー、髭剃りなどを周囲で使用した際に発生することがあった)は記録時に同時に記録されているので、DNRで除去することはできません。
また黒い横線、或いは...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング