マンガでよめる痔のこと・薬のこと

僕は宇宙について深く考えて怖くなる事が多々あります
そこで逆に考え宇宙についてで凄いな!ロマンあるなぁ!と楽しくなるような話などを教えて欲しいです!!

A 回答 (3件)

宇宙のビッグバンのわずか3秒後で宇宙には水素とヘリウムが誕生しました。

もっともこのときは、高温だったため原子核と電子はバラバラだったプラズマ状態です。そしてビッグバン後、38万年後、温度が3000度まで低下したとき原子核は電子を捕獲し、光子と相互作用していた自由電子が激減しました。そのためそこから光が自由に通過することができるようになりました。宇宙の晴れ上がりです。

その後、暗黒物質の周りに多くの水素やヘリウムがあつまり、多くの星が誕生します。原始銀河の誕生です。星の中では水素からヘリウムに、炭素、窒素、酸素、巨大な星では鉄までつくります。原始銀河は衝突をくりかえし、その星の中で最初に誕生した多くの星はガスを放出するなり、超新星爆発をしたりして一生を終えます。鉄以上の元素番号が多い原子は星の中でつくることはできず、星の大爆発である超新星や中性子星の衝突などによって生成されました。

ですから、貴方の身体をつくっている原子、肉、血、骨などをはじめとする全ての物質は、かってこの宇宙のどこかの星で輝いていたんですよ。私達は宇宙の落とし子なんです。そう思えば夜空の星も身近に感じませんか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あなたに会えてよかった

すごいロマンがありますね!!
僕達は星の、いや、宇宙の子供なんですね!!

お礼日時:2017/09/20 17:18

宇宙をまっすぐ飛んでいくと、元の位置に戻るらしい。


なぜかはわからないが…
だから原発ゴミなどを宇宙に打ち上げたらダメです。
    • good
    • 0

UFOは、2回見ましたが宇宙人がいるのかなー?


宇宙には生命体は、予想より遙かに多いけど微生物が殆どだと思う。ロマンだね!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

僕もUFO?みたいなのは見たことあります!!
僕ら以外にも生命体はいるんでしょうかね!!?

お礼日時:2017/09/19 22:18

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q惑星進化論: 重力と核融合反応の釣り合い?

質問させていただきます。
地学の参考書で惑星の誕生と進化を勉強しています。
星が「収縮する力」と「膨張する力」の釣り合い加減で星が大きくなったり小さくなったりするようです。
主系列星→巨星への進化について疑問があります。
中心核のヘリウムが収縮を続け、ヘリウムの核融合が始まると炭素や酸素が発生します。この時一時的に星の大きさは収縮して太陽の10倍程度になるそうです。そして炭素や酸素の核が大きくなってくると再び膨張を始めると書いてありました。
私は「炭素や酸素原子は重いから重力が大きくなり収縮する」のかな?と思いましたが、それだとふたたび膨張を始める原因が分かりません。

参考書には『核融合反応が始まると重力が強まる』と書いてありました。核融合反応は「膨張する力」であって重力と関係あるのでしょうか。(そのため、一応「核融合反応で重い原子が発生するから重力が強まるのかな?」と考えてみました。しかしそれでは炭素や酸素の核が大きくなった後に巨星が膨張し続ける理由が分かりません)

質問よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

はじめまして、

最初にお聞きしますが表題に「惑星進化論」とありますが「恒星進化論」のまちがいですよね。
このご質問は、補足コメントでは「主系列星→巨星ではなく、巨星→白色矮星の進化についての質問」とされていますが、このご質問内容はどうみても主系列星から巨星への進化についてご質問されているようですが……
質問をいくつかにわけて回答させていただきます。

>私は「炭素や酸素原子は重いから重力が大きくなり収縮する」のかな?と思いましたが、それだとふたたび膨張を始める原因が分かりません。

核融合の仕組みはご存じのとおりです。軽い原子核が融合して重い原子核になり、その際にエネルギーをだすというものですね。よく恒星は核融合エネルギーで輝いているといわれますが、星全体で核融合をしているわけではありません。水素の原子核(陽子)が最終的にヘリウム原子核(陽子2中性子2)に変わるのですが、陽子はご存じのとおりプラスの電荷をもっています。ですから陽子と陽子は反発するのでこれを核融合させるのは、陽子にスピードをもたすこと、陽子相互の距離をすくなくすること、いいかえれば高温・高圧の条件が必要です。ですから核融合は星の中心部でしかできません。そうして中心部にヘリウムがたまっていき、こんどはヘリウムが収縮します。

そうなるとどうなるか、高温・高圧にさらに圧力をかけることになりますので、さらに高温になります。すると星はご存じの通りガス体ですので温度が高くなれば中心核以外はむしろ膨張をして巨大化していきます。収縮するのはあくまで中心核のヘリウムだけなんです。そしてさらに高温になるので星は巨大化していきます。しかし中心部はどんどん高温になりますが星が巨大化するために表面温度はむしろ下がり赤色になります。それが主系列星から赤色巨星になるということなんです。さらにヘリウムが圧縮されるとヘリウムにも火がつき炭素がつくられます。太陽程度の質量では炭素までしかできませんが、よりも巨大な星では炭素がさらに核融合しさらにはどんどん巨大化していきます。

赤色巨星から白色矮星への進化ですが、赤色巨星の外層は恒星の中心からの距離が遠くて重力が弱いために、徐々にガスが周囲に流出し、恒星は外層を失っていきます。こうして外のガスを失って中心核だけになったものが白色矮星です。太陽よりももっと質量の多い星は、核融合がさらにすすみ、最後には中心核で鉄までつくりますが、最後にこの鉄が分解されて一挙にエネルギーが減るため外周部の物質が押しつぶされ、そしてそれがコアにあたって飛び散るという超新星になります。超新星の残骸が中性子星やブラックホールですね。

なにか不明な点があれば私の知っている範囲でお答えしますよ。

恒星進化論
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9819506.html

はじめまして、

最初にお聞きしますが表題に「惑星進化論」とありますが「恒星進化論」のまちがいですよね。
このご質問は、補足コメントでは「主系列星→巨星ではなく、巨星→白色矮星の進化についての質問」とされていますが、このご質問内容はどうみても主系列星から巨星への進化についてご質問されているようですが……
質問をいくつかにわけて回答させていただきます。

>私は「炭素や酸素原子は重いから重力が大きくなり収縮する」のかな?と思いましたが、それだとふたたび膨張を始める原因が分かりません。

...続きを読む

Q太陽が自転する時赤道付近と極性が側付近などと表現しますが、太陽の赤道ってそもそも意味が分かりません。

太陽が自転する時赤道付近と極性が側付近などと表現しますが、太陽の赤道ってそもそも意味が分かりません。
教えてください…

Aベストアンサー

赤道は地球だけに付けられた言い方では有りません。

自転する天体の重心を通って、自転軸に垂直な平面が表面を切断する線を赤道と呼びます。

太陽の赤道、木星の赤道、・・・・など。

時計じゃ無いけど「2時の方向」って言い方します。

それと同じで解り易い。

Q笑われるような質問ですが、 星が、鉄まで作り超新星爆発しますが、金、プラチナ、ウラニューム等のあるの

笑われるような質問ですが、
星が、鉄まで作り超新星爆発しますが、金、プラチナ、ウラニューム等のあるのはなぜ(?_?)

Aベストアンサー

笑われるかもしれませんが、超新星爆発は鉄が作られることで核反応が吸熱反応になり、発熱反応で最大まで拡張した最外殻が中心部に向かって大気の何千倍の密度の超音速で収縮し中心核で爆縮して起こります。このとき最も不思議なのは水素もタップリ残っていることですが、爆縮でとてつもない発熱・圧力が生じます。すると吸熱反応でしか生じない元素がほんの少し生じ、それが鉄より重い元素群を作る。数値を入れて説明したかったなー。

Qブラックホール

の中には何があるのですか ?
何でも吸い込んでしまうと、お腹いっぱいとなりますが、何時になれば終わりですか ?
ど素人です。

Aベストアンサー

はじめまして、ブラックホールの中はどうなっているかという問題ですね。

ブラックホールの中の慣性系は光速よりもはやく中心部に落ち込んでいます。
ブラックホールの外側の物体も事象の地平を越えれば、分子は原子に分解し、さらに原子も素粒子に分解され、どんどん中心部の特異点に集まると考えられています。じゃあ特異点に集まったものはどうなるか、どんどん無限小の大きさになっていきます。
特異点は重力が無限大になる、特異点は無限小になる、特異点にいった物質は全く別の宇宙に出現する解もありますが、確実なことは言えません。
また、一般相対論では無限小という解しかでてきませんが、量子力学でいえばはたして無限小というのがありうるかどうかは疑問です。
要は、特異点は現代の物理法則ではわからないということです。

#1さんがおっしゃっているエディントン限界というのは、ブラックホールから光の輻射圧があまりにも強力なため、ブラックホールに吸い込まれるガスがそれ以上落ち込まないという現象なのですが、エディントン限界そのものがブラックホール周辺のガスが球対称であることを前提としていること、エディントン限界そのものもがブラックホールの質量に比例すること、条件があればエディントン限界の10倍ぐらいのガスがブラックホールに落ち込むことがコンピュータシミュレーションで明らかになっています。何でも吸い込んでしまってもおなかいっぱいにはなりません。きりがないのです。ただ、実際的には周りにガスがなければ、それ以上大きくなることはできないですが。

なお#2さんがふれられているとおり、ブラックホールといえども永遠の命があるわけではありません。ブラックホールも量子力学で計算すれば、事象の地平面から粒子を放出し、「蒸発」をします。これは車椅子の天才ホーキング博士が証明をしました。おおきなブラックホールにおける「蒸発」はごくわずかで、小さくなればなるほど激しく「蒸発」をします。もっともこの「蒸発」はまだ観測されていません。

何かご質問があれば私の知っている範囲でお答えしますよ。

はじめまして、ブラックホールの中はどうなっているかという問題ですね。

ブラックホールの中の慣性系は光速よりもはやく中心部に落ち込んでいます。
ブラックホールの外側の物体も事象の地平を越えれば、分子は原子に分解し、さらに原子も素粒子に分解され、どんどん中心部の特異点に集まると考えられています。じゃあ特異点に集まったものはどうなるか、どんどん無限小の大きさになっていきます。
特異点は重力が無限大になる、特異点は無限小になる、特異点にいった物質は全く別の宇宙に出現する解もあります...続きを読む

Q天体物理学で、一番の難問は、何ですか?

天体物理学で、一番の難問は、何ですか?

Aベストアンサー

時間、空間、ダークマター、ダークエナジー、の関係性
宇宙の始まり!

Q静止衛星と低い軌道の人工衛星の打ち上げ

静止衛星の打ち上げは,高度150km程度というような低い軌道の人工衛星を打ち上げるのに比べて,衛星の重さが同じなら何倍くらいのロケットの燃料(推進剤?)が必要になるのですか?

Aベストアンサー

燃料の比較は判りませんが、同じロケットでの衛星質量の差ならわかります。

H2Aの場合、低軌道 15,000kg 静止軌道 6.000kg

https://ja.wikipedia.org/wiki/H-IIA%E3%83%AD%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88

Q日本のJAXAは、インドとロシアで宇宙開発しないのか?

日本のJAXAは、インドとロシアで宇宙開発しないのか?

Aベストアンサー

しない

Qファーストスターを探すレースが、熾烈ですが、水素だけの原子的な恒星は、あり得ないと思いますが? 皆さ

ファーストスターを探すレースが、熾烈ですが、水素だけの原子的な恒星は、あり得ないと思いますが?
皆さんは、どう思います?

Aベストアンサー

はじめまして、おっしゃるとおりです。

ビッグバンで誕生した宇宙は水素とヘリウムで構成されていますからね。この水素とヘリウムの比がビッグバン説のひとつの証明になっています。ですので水素だけの星というのはありえません。ファーストスターの条件としては、水素とヘリウムのみで構成されているということ、かなり巨大な星であること(水素とヘリウムのみで核融合をおこすためには多くの質量が必要)でしょう。

何か不明な点があれば私の知っている範囲でお答えします。はやく見つかれば良いですね。

Q「ブラックホールは素粒子レベルまで菌を分解します」 なんでそんなことまで地球から望遠鏡だけで見て分か

「ブラックホールは素粒子レベルまで菌を分解します」

なんでそんなことまで地球から望遠鏡だけで見て分かるの?

Aベストアンサー

菌に限らず生物はタンパク質やアミノ酸で出来ています。
太陽よりも10倍から20倍程度の質量の星は、寿命が尽きた後超新星爆発を起こし中性子星になります。
中性子星は、原子が電子を取り込んで縮退し中性子だけが存在しています。
タンパク質やアミノ酸は多くの数の原子でできていますから、この時点で菌は生存もできず原子も中性子になってしまいます。

更に大きな太陽の30倍以上の質量の星は超新星爆発の後、ブラックホールになると考えられています。
重力が強すぎて光さえ脱出できない事象の地平線を持っているようですが、現代物理や数学でも未だに決着が付いていないです。
不明確な部分が多いようです。

このブラックホールを直接観た望遠鏡は未だにありません。
間接的に、ブラックホールが存在していないと”この現象は起きないだろう”というものをいくつも観測しているので、
多くの天文学者・物理学者がブラックホールの存在を肯定しているのです。
ブラックホールの候補の天体がいくつも見つかっているという感じです。

中性子星とブラックホールの間の太陽質量の20倍から30倍程度の星は、クォーク星になると言われていますが、
私の子供の頃はクォークの存在が認められていなかったので、クォーク星は考えられていなかったです。

太陽質量の40倍以上の星は極超新星になると言われており超新星爆発の後は何も残さずに消し飛ぶと言われています。

アインシュタインが一般相対性理論を出した後、その理論からシュバルツシルトがブラックホールを考え出したのですが、
実は、18世紀に既に、ラプラスがニュートン力学で光も脱出できない天体(今でいうブラックホール)を計算して推測している歴史があります。

菌に限らず生物はタンパク質やアミノ酸で出来ています。
太陽よりも10倍から20倍程度の質量の星は、寿命が尽きた後超新星爆発を起こし中性子星になります。
中性子星は、原子が電子を取り込んで縮退し中性子だけが存在しています。
タンパク質やアミノ酸は多くの数の原子でできていますから、この時点で菌は生存もできず原子も中性子になってしまいます。

更に大きな太陽の30倍以上の質量の星は超新星爆発の後、ブラックホールになると考えられています。
重力が強すぎて光さえ脱出できない事象の地平線を持って...続きを読む

Q日本の宇宙開発? ロシアは、宇宙ステーションミール、アメリカは、スペースシャトル、中国は、有人ロケッ

日本の宇宙開発?
ロシアは、宇宙ステーションミール、アメリカは、スペースシャトル、中国は、有人ロケット、インドは3人乗りミニシャトル、欧州は、観測衛星を多数、
日本とイギリスは没落貴族みたいですが、皆さんの意見は?

Aベストアンサー

はやぶさはNASAに可愛そうだから褒めてあげる扱いをされている。
はやぶさはイオンロケットを推進ユニットを馬鹿にしている。イオンロケットを実用にならないと証明した。
中国の成果を日本が成し遂げようとするとおよそ500兆円はかかる。ほぼ断言しよう。
また、中国はスパコンのCPUをインテルではなくメイドインチャイナにしている。
日本人は金にならないと何もしない。金になると、自信に危害が及ばないと目算できると進んで悪いことをする。
そういう民族である。そうでない日本人もいる。


人気Q&Aランキング