わが国の高度成長期以降、現在までの消費の特色はどうなっているのでしょうか。
そして、それとあわせ、皆さんはこれからの生活設計についてどう考えているのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

高度成長期というのは、池田内閣の所得倍増論から始まって、1973年の第1次石油ショックで終わったというのが一般認識ですから、お尋ねは、それ以降の消費傾向ということになりますね。



ところが調べてみると分かりますが、消費に変調が出始めたのは1980年代からで、それまでは拮抗していた物の豊かさを求める人と、心の豊かさを求める人が、80年代以降、心の豊かさを求める人が、どんどん増加して行ってます。石油ショック直後の70年代は物の豊かさを求める最後の時代で、ひとびとは物にシンボルを求めました。たとえば車を持つことに1つのステイタスを感じるとか。

それで80年代以降の消費ですが、必需品は行き渡りましたから、物では、面白い物、遊び心がある物、贅沢品などがどんどん比重を上げてきました。もっともバブル崩壊後は、それに本物志向、個性的な物といった要素が加わりましたが。

それから、80年以降はサービス商品、たとえば旅行とか、スポーツ観戦とか、広い意味の教育・医療関係とかの消費が、どんどん増えて行ったのです。

これらが消費の一般的傾向ですが、我が身の生活を考えると、やっぱり旅行とか、楽器演奏とかの、楽しいことにお金を使いたいと思ってます。それに自分の腕を磨く教育関係。もう一つは、いまはインターネット革命期ですから、そうした環境変化に合わせて、ライフスタイルを変えていきたいとも思います。それでもなにかアッと驚くような、面白い”物”が出るといいとは願ってますが。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

返事を返すのが遅くなってすみません。
こんなにも長い文章をありがとうございました。

お礼日時:2001/08/10 09:44

高度成長期というのは、池田内閣の所得倍増論から始まって、1973年の第1次石油ショックで終わったというのが一般認識ですから、お尋ねは、それ以降の消費傾向ということになりますね。



ところが調べてみると分かりますが、消費に変調が出始めたのは1980年代からで、それまでは拮抗していた物の豊かさを求める人と、心の豊かさを求める人が、80年代以降、心の豊かさを求める人が、どんどん増加して行ってます。石油ショック直後の70年代は物の豊かさを求める最後の時代で、ひとびとは物にシンボルを求めました。たとえば車を持つことに1つのステイタスを感じるとか。

それで80年代以降の消費ですが、必需品は行き渡りましたから、物では、面白い物、遊び心がある物、贅沢品などがどんどん比重を上げてきました。もっともバブル崩壊後は、それに本物志向、個性的な物といった要素が加わりましたが。

それから、80年代以降はサービス商品、たとえば旅行とか、スポーツ観戦とか、広い意味の教育・医療関係とかの消費が、どんどん増えて行ったのです。

これらが消費の一般的傾向ですが、我が身の生活を考えると、やっぱり旅行とか、楽器演奏とかの、楽しいことにお金を使いたいと思ってます。それに自分の腕を磨く教育関係。もう一つは、いまはインターネット革命期ですから、そうした環境変化に合わせて、ライフスタイルを変えていきたいとも思います。それでもなにかアッと驚くような、面白い”物”が出るといいとは願ってますが。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高度経済成長期

日本は勤勉
それは、誰にでも努力をすれば上を目指せるから
ですよね。
しかし、日本は年功序列制だったんですよね?

これは矛盾ではないのでしょうか。
年功序列制なら努力の必要もないですよね。
大企業に入れるように努力をしていたのでしょうか。
簡単にでもいいので教えてください。

Aベストアンサー

年功序列に終身雇用は世界中どこにもない日本の誇るシステムです。
今の人は、年功序列ならば電車に乗車するのに並んだ順番でスムーズに乗る....関東の電車のように....と思っているようですが、並んだ順でも馬飛びや蛙飛びという出世競争がありました。  関西の電車のように人より早く席を確保するかの合理的な乗り方が企業の活性化になっていました。

大事なのは、出世競争で負けても終身雇用で定年までは当然ですが、定年後の再就職の世話もし、死んだときは元の会社から弔問にも来るというのが大半でした。  今のJALの企業年金額で大半の国民はびっくりしているでしょうが、あれが当たり前なのです。 しかも、かって企業年金の掛金は全額会社負担なのです。  
終身雇用という意味を良く理解できましたか?

年功序列だけ論じては、本質をはずすことになります。

Q高度成長期の工業生産額について

高度成長期
日本がめざましい復興をとげたことを
工業生産額で示したいのですが
いい推移のグラフがありません。
どこかのHPにないでしょうか?
数値データでもいいです。
各国との比較で日本が2位であることを示したいのです。

GNPのグラフはあるのですがこれで「工業国」であるといっていいのでしょうか?
小学校の授業でつかいます!

Aベストアンサー

「生産したは良いものの、出荷出来なかった(orしなかった)分=ゼロではない?」と捉えるなら、完全に一致しているとは思えないのですが、(工業生産額ではなく)工業"出荷"額の推移なら、1960年~1985年の間のデータと1986年以後のそれが載っているHPがあり、URLは下記の通りです。

http://www.meti.go.jp/statistics/kougyou/data-lib/index.html

(念の為、経済産業省の"統計"関連の部分のURLも貼って置きます)

http://www.meti.go.jp/statistics/

その他に、工業生産額関連のデータがあるとすれば、(総務省)統計局辺りかも知れません。

Qエネルギー消費量と高度成長の因果関係

中国は猛烈な勢いで高度成長しています。しかし、『エネルギー消費量がそれに比例していない。』ので中国の経済成長率は捏造だという論評がネット上で見受けられます。

中国は外資を呼び込むために国家ぐるみで粉飾決算しているのでしょうか?中共政府が発表するGDPと地方の発表するGDPの合計が著しく違うともいわれています。

http://voiceplus-php.jp/web_serialization/china_economy/index.html

経済に詳しい方、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

基本GDPの成長は中国の公式発表です。
 しかしエナルギー消費量はマイナスなので、この数字は確かにおかしい。
 他に他国との貿易額も-20%の数字です
 中国の税収も-5%の落ち込みです、エネルギー以外のありとあらゆるデータが中国GDPのマイナスを示しています。
 それに対する中国の反論として・・・
 経済が外需形から内需型に切り替わったとの説明があります

しかし、1国の経済が1年で外需型から内需型に切り替わるはずがありmせん。
 実際、諸外国のデータが取れる上海などは内需はかなり落ち込み、輸出系企業を中心に倒産の嵐です。
 それに対する中国の説明として、四川、チベット、ウイグル地区で20~40%の内需の増加との説明があるのです。
 それは経済学の常識としてありえません

 米国の各種ハゲタカファンドは今 中国株を進めています。
これは危険な証です。
 石油の投機でも分かるように、急激に下がる危険性のある銘柄は主に米国系ファンドはなぜか勧めてきます。
 これは個人投資家に株を買わせておいて、自分たちは売り抜ける腹です。
 原油の時も150ドル超えは確実といいながら、後で見るとちゃっかり140ドルあたりで売り抜けていましたしたねw
 ゴールドマンサックスさんは・・・w 

まぁそのうち崩壊するでしょうねw

基本GDPの成長は中国の公式発表です。
 しかしエナルギー消費量はマイナスなので、この数字は確かにおかしい。
 他に他国との貿易額も-20%の数字です
 中国の税収も-5%の落ち込みです、エネルギー以外のありとあらゆるデータが中国GDPのマイナスを示しています。
 それに対する中国の反論として・・・
 経済が外需形から内需型に切り替わったとの説明があります

しかし、1国の経済が1年で外需型から内需型に切り替わるはずがありmせん。
 実際、諸外国のデータが取れる上海などは内需はかな...続きを読む

Q戦後の高度成長期の概要を探したい

戦後日本経済の高度成長期(1955~1971年)についての概要を四百字程度のものを探したいのですが、ご存知の方がいらっしゃいませんか。主な出来事とか文章的なものがほしいのです。

Aベストアンサー

四百字ではありませんが、↓ご参考までに。

参考URL:http://www.tku.ac.jp/~kagawa/download/02sengo.pdf

Q日本をこれから牽引するものは? 高度経済成長期には、製造業が日本を牽引して来ました。ところが、近年は

日本をこれから牽引するものは?
高度経済成長期には、製造業が日本を牽引して来ました。ところが、近年は、低価格な海外製品の台頭や、需要の変化により、製造業も危うくなって来ました。東芝が一例です。
そこで、製造業に代わって、これから日本を牽引する産業は何になると思いますか?

Aベストアンサー

1,まずは製造業です。
 日本の製造業が危ない、といいますが
 それは家電などの一部だけです。

 家電は、モジュラー化が進み、誰でも製造
 できるようになったので、人件費の安い
 途上国などが優位に立ちました。
 しかし、モジュラー化ができない複雑な製造業は
 日本がまだ強いのです。
 自動車や半導体製造装置などがその例です。

 また、台湾、韓国などの家電や車の重要部品の
 大部分は日本製です。
 だから、これらの対日貿易は大幅な赤字です。
 日本の部品産業は儲かっています。


2,農業をあげたいですね。
 日本の農業は経済の足を引っ張るだけの存在でしたが
 これは裏からいえば、それだけ伸びる可能性がある
 ということです。
 事実、中国などでは日本の農産物はブランド化
 しており、高値で取引されています。
 
 三ちゃん農業をやめて、企業化すれば、日本農業は
 将来性があると思います。


3,環境産業
 最新技術を駆使した大規模ゴミ処理場をつくり
 世界中からゴミを集めて処理します。
 勿論有料です。
 世界から感謝されるし儲かります。
 勿論、悪いガスや廃棄物など出しません。


4,インフラ輸出
 例えば、日本の水道技術などは世界一です。
 この輸出は既に始まっています。


5,水産業
 21世紀には水が大量に不足します。
 海水から真水を採取します。
 色々な方法がありますが、最も効率的なものは
 フィルターを通すものですが、これは日本の
 独壇場です。


6,エネルギー産業
 メタンハイドレードなど、日本近海には
 資源が無尽蔵です。
 うまくやれば、エネルギー輸出国になれます。


7,軍事産業
 軍事アレルギーが強い日本ですが、あの
 民主党が与党の時代に、武器輸出解禁を
 やりました。
 日本製の武器は優秀でしょう。
 これから伸びると思います。

1,まずは製造業です。
 日本の製造業が危ない、といいますが
 それは家電などの一部だけです。

 家電は、モジュラー化が進み、誰でも製造
 できるようになったので、人件費の安い
 途上国などが優位に立ちました。
 しかし、モジュラー化ができない複雑な製造業は
 日本がまだ強いのです。
 自動車や半導体製造装置などがその例です。

 また、台湾、韓国などの家電や車の重要部品の
 大部分は日本製です。
 だから、これらの対日貿易は大幅な赤字です。
 日本の部品産業は儲かっています。


2,...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報