放射能って本当に除去できないものですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (16件中1~10件)

地球レベルでみて除去できません。


放射能を出す物質に変わってしまった物質は出し続けると思ってください。
半減期・・・の話しは線量が半分になるだけです。
中性子を当てて・・・と言った話しは実験室レベルでも無理でしょう。紙上の空論ですね。

原子力発電所が動けば必ず放射性物質が生成されています。
この放射性物質はどんどんどんどん増え続けています。
その昔、林野庁が材木を切ってお金に換えてしまったように汚染物質を増やして電力を供給しています。

原子力で発電する行為は一刻も早く止めるべきです。
そして一刻も早く環境に優しいエネルギーに代替すべきです。
    • good
    • 0

ここで書いている「放射能」が放射性物質=放射性同位元素(RIと略)を含む物質のことを指していて,ある程度の量の物質中のRIの数をゼロにするという話ならば,不可能です。



RIの化学的性質はRIでない同位元素と同じです。個々の原子の重さで区分けするしかありません。そのためには,例えば水1g中に1兆の100億倍個ほどある水分子を重さで区分けし,普通でないものをすべて原子に分解し,個々の酸素原子と水素原子の重さをチェックして仕分けなければなりません。

また太古の昔から地球全体にはウラン等が薄く分布しており,身の回り,例えばコンクリートや石膏ボードにも必ず含まれています。宇宙線によりカリウム40というRIが日々大気中で作られていて,すべての生物はこれを単なる「カリウム」として体内に取り込んでいます。

なお,放射能=放射線を出す性質という本来の意味なら,「性質」を除去すること自体が不可能です。
    • good
    • 0

放射性物質を土壌から分離する観点で言えば、バイオレメデイエーション(ファイトレメディエーション)による方法があります。

ある種の植物が選択的に放射性物質の一部を吸収する性質を利用した方法です。

もし放射能そのものを弱めたい場合、中性子線を打ち込んで安定した原子に変換する方法も無くはないのですが、費用対効果の問題があるのと、高度に放射能が濃縮された対象でないかぎり有意な効果が認められない研究室レベルの(理論的な)話。。。非放射性物質に打ち込むと逆に放射化してしまうんです。
    • good
    • 0

除去はできます。

床などについたものであるのなら、中性洗剤で落とすことはできます。しかし、ふき取ったものは
汚染物質となりますので、その辺には捨てれません。

また、医療用の放射性物質は半減期(放射線を放出する料が半分になる期間:100が50になる期間)が短い為、環境に影響することは少ないです。
    • good
    • 0

聞いた話ですが床に落ちた放射性物質を取り除くためには雑巾で拭けばよいそうです。

で、その雑巾は汚染物質として厳重に管理されることとなります。
よって、放射性物質は除去できますが(その場所からという意味)、放射能は消せません。今日本は穴掘って埋めようとしていますが、その場合ガラス固化して炭素鋼の容器に入れ、特殊な泥(放射能を通さず、中から漏れたものを吸収し、水に強い)で被い埋めるそうです。その際の最大の敵は地下水で、それをいかにして防ぐか日夜研究しているそうです。
    • good
    • 0

おまけ。

この下にも書きましたが、現在の技術では「放射能を減少させる」ということは可能です。しかし、コストがかかりすぎて採算ベースにのらないというのが現状。固化して時間の経過を待つ方が安いし技術的な問題点が少ない(なにせ水冷ではなく、空冷ですむ程度の発熱ですから)ので、そうする計画にしてるだけですよ。
    • good
    • 0

放射能とは放射線を出す能力のことですが、一般的にはそういう能力を持った物質そのものをさすことが多いです。

ご質問の「放射能」が前者であるならば、それは時間の経過を待つか、あるいは中性子等をあてて核反応させて別の放射能の低い物質にかえるという手があります。後者なら、その物質を安全な場所に移動させればOKです。
    • good
    • 0

おっしゃる通りでごぜえやす。

確かに、変化が関数的ではなく、対数的になるのを忘れておりました。(;^_^A そう言う意味で、放射能はなくなる事はない(漸近線的に)でしょうけど、自然界に存在する放射能レベルになるには、半減期の倍以上の時間が余裕でかかりまするね・・・・。そんな時間を管理できる施設なんてあるんでしょうか?しかも、固めた放射性物質はその固めた物質その物(アスファルトや、容器)を放射線をあてる事により、加熱されます。(放射線がアスファルトなどの分子にぶつかり、振動を与えるために)ほっておくと火災になりますので、青森県の最終処分施設(と言っても保管しておいて、放射能がなくなるのを待つだけ)では、地下に巨大な施設を作り、クーラー(強力なやつね)でガンガンに冷やしているそうです。ただ放射性物質を保管するだけでも、厳重な警備や管理体制で金がかかるのに、保管の仕方も金がかかるんです。原子力発電では、必ず死の灰(高レベル放射性廃棄物)が出ます。原子力発電は決してクリーンな発電方法ではないのです。しかし、それに頼らないと要電気量を補えない事実もあるんですね・・・・。(-_-;) 原子力には反対ですが、絶対に事故を起こさない安全性をお願いします。m(__)m>原発関係者各位 事故ったらそれこそ、臨時国会でヤマト建造緊急特別予算を組まなくてはいけなくなります。組織隠蔽はもうお止めなさい。>核サイ機構各位
    • good
    • 0

gumさんの回答の中で誤りが一点。


半減期は放射能が半分になる時間ですが、半減期の2倍の時間で放射能がなくなるというのは誤りです。
半減期が一日の放射性同位体があったとしますと、1日目には50%、2日目には25%、3日目には12.5%というふうに、半減期ごとに1/2になります。
    • good
    • 0

gumさんの回答がかなり詳しくて正確です。

また、yoshiさんのおっしゃるとおり、除去するというより、洗い流してしまえば、とりあえず、そこからはなくなります。
ただ、放射能そのものがなくなるためには、自然になくなるのを待つしかなく、それにはその放射性同位体の種類によっては莫大な時間がかかります。
仕方ないので、コンクリ詰めにして散らばらないように保存しておいて、自然になくなるのを待っているんです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q福島原発汚染水の放射能除去について

福島原発でどんどん貯蔵タンクに汚染水を詰め込んでいますが、いつまでやるつもりなのでしょうかね。
東電って東大とかエリートの集まりなのに、小学生でも考えられるようなことしか出来ないですね。
ボンボンとお嬢ちゃんの集まりだから、こそこそ逃げている連中も多いのでしょうね。
そんなことを思ったってどうしようもないので質問です。

あの汚染水から完全とは行かないまでも基準値以内の水と放射性物質とに分離させることは可能なのでしょうか。
ストロンチウム90 半減期28.8年
セシウム137   半減期30年
アメシウム241   半減期432.2年
ラジウム226    半減期1600年
などいろいろありますし、浄化方法も違うでしょうが、政府は除去の研究と対策を考えているのでしょうか?
(質問が二つになってしまいました・・・)

Aベストアンサー

首都機能はほとんど、否すべてと言っていいほど東電に頼っています。
そして企業も自治体も政府関係団体なども東電株で儲けています。
今東電がなくなったら、企業も自治体なども収入源をなくします。
ようするに東電と政府は持ちつ持たれつの関係。

政府は東電の利益を上げるためにいい加減な工事を黙認。原発推進の為に尽力。
成績がイイのと頭がいいのはまったく別問題ですよ。
原子力の専門家などと言ったって、学会からして利益優先のいい加減な知識しかない連中が多いということは今回の事故で明らかになりました。

「東大は与えられた課題は完璧に答えるが、想像力応用力に欠ける」これは有名な京大教授の弁です。
だから汚染水といえば冷却水だけを考えて計画する。地下水が出てくることや雨が降ることは想定外。そこまで考えていたら儲からないから考えない。それが連中の頭の容量なんですよ。

原発稼働時には中規模河川一本分が一秒で数度水温が上がります。そこまで行かなくても多量の水が必要。
でも放射能を持った冷却水は循環させていたから問題なかった。
それを冷却水の冷却が出来ないから汚染水はためるしかない。単純に考えれば数度下げるだけでも中規模河川1本分が毎秒必要になる。
原子炉は稼働はしていませんが、稼働というのは制御されている状態。今は反応が自由に起きうる状態。果たしてどちらが水をふんだんに使うのか・・・簡単ですよね。
さらに地下水と雨。つまり通常運転分のろ過装置を作ったって間に合うわけがないんです。

ところが防災という観念が完全に欠落していた政府も東電もゼロからの出発。
他の回答にあるように今やっと試験にこぎつけただけ。それを完成させ、更に大容量を処理するために予備も含めて作らねばならない。でもきっと政府も東電も金がかかるからといって予備など作らないでしょうね。
だから壊れたら更に酷い状態になるのは必然。

そして除染と言ったって掃除機と一緒で部屋(水)は綺麗になっても掃除機の中には高濃度のカスが残る。
結局その保管場所が必要。それは未だ全く考えても居ない。

みなさんとんでもない勘違いしているけど、半減期って安全域になる事じゃないんですよ。
安全濃度が1%の毒物。100gを半分にしたって50g。それまでに100年かかるとして更に半分25%で200年。それでも人は死ぬ濃度です。半減期がどうのなんて議論ははっきりいってまやかしに過ぎません。
だから30年でことが済むと思い込んでいる連中が出てくるんです。

ご存知でしょうか、IAEAはチェルノブイリの際に、汚染濃度を桁を減らして発表しています。真実を報告した人は責任を感じて自殺?。結果多くの子供達が癌に侵され放置されています。
世界レベルてその程度のものです。

首都機能はほとんど、否すべてと言っていいほど東電に頼っています。
そして企業も自治体も政府関係団体なども東電株で儲けています。
今東電がなくなったら、企業も自治体なども収入源をなくします。
ようするに東電と政府は持ちつ持たれつの関係。

政府は東電の利益を上げるためにいい加減な工事を黙認。原発推進の為に尽力。
成績がイイのと頭がいいのはまったく別問題ですよ。
原子力の専門家などと言ったって、学会からして利益優先のいい加減な知識しかない連中が多いということは今回の事故で明らかになり...続きを読む

Q放射能って何ですか?

 広島被爆からもう60年以上。そして今原発の放射能が毎日新聞にでます。
 放射能って、能力っていうものでしょうか?
 http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/201764/m0u/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD/ では性質や現象だそうです。
 性質や現象なら、何が取り運んでいる何の性質や現象なんでしょう?
 何もないものの性質や現象っていうのは存在しないではないですか?

Aベストアンサー

放射能(ほうしゃのう、Radioactivity)とは、原子核が放射線を出して、より安定した原子核に変わる性質である[1]。

日本語ではしばしば放射能と放射性物質と放射線とが混同されているが、その意味は明確に異なる。日常会話やマスコミ等において「放射能を浴びる」「放射能に汚染される」などの誤用が一般に定着し常用されている。また、英語では放射性物質のことをRadioactive materialsと表記するが、標識などにおいてRadioactiveと略記することが多く、これを放射能と日本語訳してしまい(厳密には放射性と訳さねばならない)、誤用が起きていると考えられる。放射能は英語でRadioactivityである。

放射能という言葉の学術的な定義は前述の通りとなっているが、一般的には放射性物質や放射線を含んだ総合的な言葉として用いられることも多く、これを誤用とするかは人によって見解が別れている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD

Q放射能ってうつるんですか?

ハチロが昨日言ってましたが、放射能が村人全員に移うつて蔓延したので

福島とか双葉町には人が一人もいなくて死人の町になったんでしょうか?

Aベストアンサー

放射能とは放射線を出す能力のことで正確には放射能がうつるとは言いません。

放射能を持った物質のことを放射性物質といいます、この放射性物質が付着してしまうと接触

した際に他人にうつる場合があります。

うつると言っても服に付着したり口から入って内部被曝をしたりと様々です。

また、放射性物質は肉眼では見えないので、特殊な機械(ガイガーカウンターなど)を使って放

射線の量を計って調べる必要があります。

Q放射能ってどうしようもないの?

まったくの素人です。

原発災害の報道を見ていると放射能レベルが高いから避難したりしてそこから逃げるしかないようなのですが、放射能ってどうしようもないのでしょうか。

原爆のような熱や爆風などはどうしようもないのはわかりますが、じわっ~と生じているものなら科学技術で何とかできないんだろうか?と思います。

Aベストアンサー

放射能=放射線を出す能力
放射線=生物に害を与える光線(電波みたいな物)
放射性物質=放射線を出す放射能を持ってる物質

なので、放射能や放射線や放射性物質の害から逃れる為には、
1.放射能という能力を消滅させる。
2.放射線に当たらないようにしたり、放射線から遠くに逃げる。
3.放射性物質を除去する。

以上の方法で放射能の害を無くせます。

今、日本のバカな政府がやってるのは上の方法の2番。
とにかく放射線から逃げる。。。だが、政府がバカすぎて、逃げなきゃならないところからも逃げさせないで来たので、責任取らされると思って今頃になって必死になってる。

既に放射能汚染されてしまった所は、放射性物質を除去する事により、放射線の害を減らせる。これを「除染」と言いますね。これが上の3番。
放射能汚染された場所から放射性物質を取り除くか、放射性物質の付着・含有した物品そのものを除去する。
同時に、放射性物質を拡散させないで、範囲内に封じ込める。

具体的に言えば、放射性物質が降り積もって固着しかかっている土壌の表土を数センチ(時間が経てば数十センチ)削り取って除去する。
建物内の床や壁を洗浄する。(洗い流すとか、吹き掃除する)
放射性物質の付いた服はビニール袋の中に入れて、安全な場所に捨てる。同じく汚染されてしまった不必要な調度・物品も安全な場所に捨てる。
汚染地域から汚染された物品を持ち出さない。汚染地域に立ち入らない。(放射性物質を拡散しないように)

放射性物質から放射線が出ているのだから、種となってる放射性物質を無くしてしまえば問題は解決する。

ところが民主党政府がバカ過ぎて、これを思いついていない。(ようやく20Km圏内への立ち入り規制を始めただけ)
官公庁は既に様々な計画を立案しているのだが、総理大臣がイラ菅・バカ菅なので、提案できないでいる。政治主導だそうだし。
今、日本で一番邪魔になってるのが、菅。

放射能=放射線を出す能力
放射線=生物に害を与える光線(電波みたいな物)
放射性物質=放射線を出す放射能を持ってる物質

なので、放射能や放射線や放射性物質の害から逃れる為には、
1.放射能という能力を消滅させる。
2.放射線に当たらないようにしたり、放射線から遠くに逃げる。
3.放射性物質を除去する。

以上の方法で放射能の害を無くせます。

今、日本のバカな政府がやってるのは上の方法の2番。
とにかく放射線から逃げる。。。だが、政府がバカすぎて、逃げなきゃならないところからも逃げさ...続きを読む

Q地球温暖化の原因が、CO2と関係ないって聞きましたが本当でしょうか?

地球温暖化の原因が、CO2と関係ないって聞きましたが本当でしょうか?
本当ならなぜ世界で盛り上がっているのでしょう。

Aベストアンサー

数種類の反復実験によって再現される科学現象を組み合わせて造った仮説を、さらにそれ以外の可能性のある全ての仮説に関し実験によって否定する事が出来て、初めて残った唯一の仮説が科学理論として確定します。
そう言った意味では、医者が患者に対して行なう全ての診断は、確定したものとは言えない(死後解剖しない限り)訳ですが、だからその仮説に基づいて治療を拒否する重病患者は数少ないですよね。
学者さんは目立たなければ商売になりませんから、万馬券狙いの言動をするものですし、温暖化問題の関しては、気象学者や地球物理学者以外の「学者」さん、社会学者さんまでが参入しています。

「本当でしょうか」と言う質問に、完全に答えられる人は居ない筈ですが、「本当でない」と断言する事もまたいない筈です。
本人が死にそうな病気の本質が完全に突き止められない場合には、副作用があっても死に到るほど深刻でなければ薬を試しますし、害が在りそうな事は避けるのが普通です(それでも理屈を付けてタバコを喫う人はいますが・・・)。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報