エアーパージというものについて知りたいのですが・・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

意味としては回答者の皆さんの通りです。


製造工場や工事現場での一般的な使い方として
 置換、清浄化、吹き飛ばし、噴出・吐出 のような意味で使っています。
(1)密閉場所や深いピットで作業する場合のエアパージといえば
   有毒ガス等の排除、新鮮な空気の補給といった意味合い
(2)可燃ガス・酸素管等の配管工事でのパージといえば、管内のガスをエアー、
   窒素、アルゴンガス等で排除・置換して、爆発事故を防ぐ
(3)粉塵等で機器が正常な動作が出来なくなる場合には、圧縮空気を常時
   吹き付けて粉塵等を除去し、機器の機能を保つ
(4)機器が高熱個所で使用される場合や機器が発熱する場合、圧縮空気を
   吹きかけて強制冷却する
以上のような意味合いで使用しています。ご参考まで。

この回答への補足

回答ありがとうございました!

遅くなってすいません。補足で質問なのですが、今このようなものを設計し
ないといけない状況にあります。箱にエアーを供給するのにどのような流量
のエアーを供給すればいいのかわかりません。どのような数字がわかれば流
量等計算できるのでしょうか?ちなみに現状わかっているのは箱の容積だけ
です。
もしご存知でしたら教えていただければ幸いです。

補足日時:2001/07/09 18:44
    • good
    • 11

機械製作で使われるエアーパージは、”エアーで吹き飛ばす”です。


対象物はワークについたゴミ・ホコリの場合があったり、ワークそのものを吹き飛ばすときも使います。
    • good
    • 6

rei00 です。



38endoh さんの回答を拝見して思い出しましたが,容器内を気体で満たす時にパ-ジすると表現する事があります。

今の場合は,容器内を空気で満たすという事になります。もちろん,目的は jona さんや 38endoh さんがお書きのものです。
 
    • good
    • 2

やはり、状況がよくわからないのですが…。



真空系を持つ装置では「真空系の中に外の空気を導入し大気圧に戻すこと」を意味すると思います。同様に、窒素パージといえば「窒素ガスで真空を破ること」を意味すると思います。
    • good
    • 0

 


エアーパージ = air purge です。私も,具体的な状況が判りませんので一般論ですが。

で,「air」が空気なのはお分かりになるとして,「purge」には次の意味があります(インフォシ-ク版 EXCEED 英和辞典↓)。

purge[p:d]
vt.:(身・心を)清める(of, from); 一掃する (away, off, out);(政党などから)追放[粛正]する(from; of);(嫌疑を)晴らす(of);【(コンピユータ)】(ファイルを)消去する;【法】(裁判所侮辱などの)償いをする;(罪を)あがなう;【医】通じをつける.
―vi.: 清くなる; 通じがつく.
―n.: 浄化; 追放; 下剤.


つまり,空気(air)を使って,何かを一掃してその場所を清める(purge)事です。で,もう少し解りやすく言うと,jona さんの回答になるでしょう。
 

参考URL:http://jiten.infoseek.co.jp/Eigo?pg=jiten_etop.h …
    • good
    • 1

どのようなケースなのか具体的な状況がわからないので一般的と思われることで説明させてもらいます。



普通エアパージとは清浄な空気を設備などの内部に供給することによって毒性、腐食性、可燃性のガスや粉塵等を空気と置換させたり、それらのものが内部に侵入してくるのを防ぐ目的で使用するものです。

これで理解してもらえたでしょうか。

この回答への補足

回答ありがとうございました!

遅くなってすいません。補足で質問なのですが、今このようなものを設計し
ないといけない状況にあります。箱にエアーを供給するのにどのような流量
のエアーを供給すればいいのかわかりません。どのような数字がわかれば流
量等計算できるのでしょうか?ちなみに現状わかっているのは箱の容積だけ
です。
もしご存知でしたら教えていただければ幸いです。

補足日時:2001/07/09 18:33
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエアー配管からのエアー漏れ量

配管径6.5mm(A)から約0.5Mpaのエアーが漏れていると仮定します。
漏れ流量Q=A×V(流速)=A×√2g×△h(トリチェリーの定理)となり、数値を代入すると、A=33.1×10^-6(m^2)、△h=5×10^4/1.2=41667(m)→Q=0.03(m^3/s)となりました。
この計算の結果をコンプレッサー業者に確認するとなにか違うね・・・
と言われました。このコンプレッサー業者は計算して言ったわけではありません。感覚的なものだそうですが・・・。算出方法をご教授して頂きたいと思います。すいませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

気体容器の漏れ試験は
圧力計を取り付けた容器に気体を充填します。
計測開始の時刻と圧力を記録します。
試験時間が経過したときに圧力を計測します。
容器の内容積と圧力の差から漏れた気体の量を求めます。
漏れた量と試験時間から漏れ率を求めます。
温度の影響が無視できないときは温度補正をします。
流速という計測しにくい値を使わないので簡単ですが時間がかかります。

コンプレッサー業者はこの方法で漏れを試験しているのだと思います。

Q並列共振回路ついて・・・

       →
       I1
交流電源ーーーーーー
 |      | |
 |    I2↓| |↓I3
 |  コンデンサ 抵抗
 |       | |
 |      | コイル
 |      | | 
 ーーーーーーーーー
この回路についての電流I1とI2+I3と周波数についての実験を行いグラフを書きました。僕の予定ではキルヒホッフの法則からI1=I2+I3のグラフができると思いました。
が、しかし、実際出来たグラフはI1のほうが全体的に低いグラフでした。何故グラフが一致しなかったのでしょうか??分かる方お願いします。

Aベストアンサー

>I1=I2+I3のグラフができると思いました。
その通りです。しかしI2とI3は共振近くなると方向がほぼ180度違うので結果的には差のようになります。
 I2とI3をベクトル的に足せばI1になります。
 要はI2とI3では位相差があるので、単純に足すと、勘違いします。虚数jを使って計算してみては。

Q応力について詳しく知りたいのですが・・・。

最近、材料力学を勉強しているのですが、応力について詳しく知りたいのですが、教えてください。
出来れば、応力の言葉の意味も教えてくれると助かります。

Aベストアンサー

 
 
http://www.fml.t.u-tokyo.ac.jp/~izumi/easy/Whastisstress.htm


http://www.db.fks.ed.jp/txt/60000.1983chugakkou_gijyutsu-kateika_kenshu-kouza-shiryou/html/00007.html


http://www.nc-net.or.jp/kouza/press/3-2.html


http://www.mech.ibaraki.ac.jp/~gitoh/FT01_A.htm
 
 

Q科学は、存在が証明されていないものはないものとして扱うのですか? 幽霊やモノポールが存在しないことは

科学は、存在が証明されていないものはないものとして扱うのですか?
幽霊やモノポールが存在しないことは証明されていませんが、科学者は証拠が無いものに関してどんな立場でいるべきなのでしょうか

Aベストアンサー

「証明」ではなく、「実在するか」「実験で検証されるか」です。

実在が確認されていなくとも、その存在を仮定した「仮説」が現実の物理現象を的確に説明できれば、「確からしい仮説」として認められます。
しかし、「実在」や「実験での検証」がなされるまでは、あくまで「仮説」であって、「原理」「法則」にはなりません。

Q人間の体をはじめ、この世のありとあらゆるものは何というものできているのでしょうか?

全くの無知です。
宇宙そして星から私たち人間やその他・地球上のありとあらゆるものが生まれてきたのならば、
星と人間は同じ成分でできているということですか?
何というものでできているのでしょう?
それはどのようにして作られてきたのでしょう?

色々分かりやすく教えてくださると嬉しいです。

Aベストアンサー

これって「釣り」ですか?。
「釣り」じゃないと信じて回答しますが・・。
この世の全てのものは原子からできています。原子とは「水素」「ヘリウム」・・「炭素」「酸素」など物質の構成要素です。原子が複数個集まると「分子」ができます。「分子」の繋がり方によって「水」や「塩」「タンパク質」などの物質になります。
一方「原子」は「原子核=陽子と中性子」とその周囲を回る「電子」からできているのですが、現在の物理学ではこれらの素粒子もさらに小さな物質「クオーク」からできていることが明らかになっています。「クオーク」にも数種類があり、その組み合わせによって素粒子ができているらしいです。
結局この世の全てのものは「クオーク」からなっているといえるでしょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報