これからの季節に親子でハイキング! >>

友人に国民年金・厚生年金保険年金証書が届いたのですか見方がわかりません。

厚生年金保険決定通知書には
支給開始29年9月基本となる年金額291,569円
年金額291,569円

国民年金保険決定通知書には
支給開始29年9月基本となる年金額974,125円
年金額974,125円と書いてあります。
どちらの金額が支給されるのでしょうか?

A 回答 (5件)

> 大切な事を記入するのを忘れていました。


> 来年からは年間120万円くらい出ると言う事なのでしょうか?

はい。
おおむね、そのように考えていただいても差しさわりはありません。

ただし、もしかしたら聞いたことがあるかもしれませんが、年金の額は、物価や給与の変動といった社会情勢に応じて、毎年度改定されることになっています。
(実際、平成29年度は、平成28年度とくらべてダウンしました。)

そのため、もし「ダウン」ということになると、年間120万円ほどよりも若干減ります。

毎年1月末頃に、直後の新年度の年金額が、日本年金機構のホームページで発表されます。
ですから、年が変わったらすぐ、来年1月末には、平成30年度の年金額がわかります。

日本年金機構のホームページでは、老齢基礎年金の月額として発表されます。
実は、この額は、障害基礎年金2級の月額と同じです。
障害基礎年金1級は2級の 1.25倍、という決まりがあるので、この額に 1.25 を掛けて下さい。
その額が、障害基礎年金1級の月額です。
そうしましたら、これを12倍します。

たとえば、老齢基礎年金の月額が 64,000円だと発表されたとします。
これに 1.25 を掛けると、80,000円。これが障害基礎年金1級の月額になります。
さらに 12 を掛けて、960,000円。障害基礎年金1級の年額です。
もしもこの額にダウンしたとすると、975,125円 ⇒ 960,000円ですから、前の年度の約 98.4%になります。

この比率は障害厚生年金でも同じになるので、291,569円に 98.4%を掛けて、約 286,900円。
これを上で出した障害基礎年金と足し合わせてみると、計 約 124万円余。
ですから、来年度からは、年間120万円余になるわけです。
来年4月分(来年6月支払分)から反映されます。そのため、6月初めに「年金支払通知書」といって、その後1年間の支払見込額を通知する文書が届きますよ。
    • good
    • 1

> 証書が届いたのは確か10/19日だったとおもいます。


> 証書にも10/19と書いてあります。

そうでしたか!
それを先に書いたほうが良かったですよ(^^;)。初回支払が12月15日になる可能性は十分にあります。
(12月に入って「初回支払額のお知らせ」が届けば、ほぼ確定です。)

12月はもともと定期支払月なので、10・11月分は必ず入ります。
そして、かつ初回支払なので、「9月分から支給開始」ということで、9月分も入ります。
つまり、12月15日でしたら、9月分~11月分の3か月分ですね。

結果的には、支払われる額は回答 No.3 で書いた額と同じです(316,422円)。
ですが、支払われる日が早くなる(12月15日になる)可能性は十分にあり得ますよ。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

大切な事を記入するのを忘れていました。
来年からは年間120万円くらい出ると言う事なのでしょうか?

お礼日時:2017/11/23 23:07

> 確かにコードが1350になっています。


> 12月15日に3カ月分738,321円に入ると言う事なのでしょうか?

いいえ。違います。
初回支払は、証書が到着してからおおむね40~50日後の15日です。1月15日になるかと思います。
(15日が日曜日・土曜日・祝日など金融機関の休日にあたるときは、その直前の平日になります。)

初回支払のおおむね1週間~10日前頃に、画像のような「初回支払額のお知らせ」が届きます。
そちらによって、初回支払額と初回支払日(初回振込日)がわかります。

1月15日が初回支払日になったときは、平成29年9月分~11月分の3か月分が支払われます。
回答 No.2 でお示ししたように、1年間で 1,265,994円ですから、1か月あたり 105,474円。
したがって、3か月分として 316,422円が初回支払日に支払われます。
(1円未満の端数処理の関係で1~2円程度の誤差が発生します。あらかじめご承知おき下さい。)

以降は定期支払といい、各偶数月の15日に、前々月分と前月分の2か月分が支払われます。
例えば、2月15日(2月支払分ないしは2月定期支払分といいます)は、12月分・1月分が支払われます。
2か月に1度、合計で約 210,000円ほどの支払、ということになりますね。
(15日が日曜日・土曜日・祝日など金融機関の休日にあたるときは、支払はその直前の平日になります。)
「友人に国民年金・厚生年金保険年金証書が届」の回答画像3
    • good
    • 1
この回答へのお礼

証書が届いたのは確か10/19日だったとおもいます。
証書にも10/19と書いてあります。

お礼日時:2017/11/23 22:43

「合計年金額」としては表示されていないと思います。


以下の画像のようになっているはずですから、上部の「厚生年金保険 年金決定通知書」の「年金額」と、下部の「国民年金 年金決定通知書」の「年金額」とを足し合わせて下さい。
このようにして出された合計額は、平成29年度1年間あたりの年金支給額になります。
すなわち、平成29年度1年間で 1,265,694円です。
平成29年9月分からの支給(支給開始年月が平成29年9月)ということですから、その12分の7の額である738,321円が平成29年9月分~平成30年3月分として支給されます。
おそらく、障害厚生年金1級+障害基礎年金1級で、年金コードが1350となっているはずです。
「友人に国民年金・厚生年金保険年金証書が届」の回答画像2
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうごさいます。
確かにコードが1350になっています。
12月15日に3カ月分738,321円に入ると言う事なのでしょうか?

お礼日時:2017/11/23 22:16

合計額が支給されます。


通知書の冒頭あたりに「合計年金額」として表示されているはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうごさいます。
確認してみます。

お礼日時:2017/11/23 19:07

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q国民年金・厚生年金保険年金証書の見方を教えて下さい

 最近国民年金・厚生年金保険年金証書が届きました。ただ、記載されている内容から結局いくらもらえるのかが解らなく、困っています。
 
 まず証書内に「厚生年金保険裁定通知書」という欄と「国民年金裁定通知書」という欄で二つに分かれて記載されており、
「厚生年金保険裁定通知書」
 ・障害厚生年金→21年3月の年金額1,549,500円
         21年3月の年金額1,549,500円
・障害基礎年金→21年3月の年金額792,100円
         21年3月の年金額792,100円
と記載されております。
両方とも停止等とは記載されていないのですが、
結局両方足した額がもらえるということなのでしょうか?
それとも、どちらかしかもらえないのでしょうか?
今後の生活に関わる事なので大変困っております。
どなたかお答ください。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

1,549,500円と792,100円の合計額2,741,600円が年額です。その6分の1が偶数月に支給されます。
最初の支給約50日位かかる為、9月15日(初回は奇数月の時もあります。)だと思います。その時3~8月の6ヶ月分支給となる筈です。ただ、障害年金は非課税の為、No1さんの言われている源泉徴収はありません。

Q年金の裁定通知書の合計年金額と実際の支給額

3月中旬に、両親に
「国民年金・厚生年金保険の裁定通知書・支払額変更通知書」
(父・母の分1部ずつ)が届きました。
書類の左上に「合計年金額」が記載されていたので、
単純に、その金額を6ヶ月で割った金額が支払われるのかと思っていたら、
父の分も母の分も、実際はその金額ではありませんでした。

具体的に数字で表しますと、
母の場合、記載の「合計年金額」は、492,500円 でしたので、
492,500円 / 6ヶ月 = 82,083円 だと思っていたら、
実際の振り込み額は、47,141円  でした。

これは一体どういうことなのでしょうか?
お分かりになる方がいらっしゃいましたら、ご教授いただきたいです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

実際の振込金額とは4月15日に振り込まれた金額でよろしいでしょうか?
お母様が昭和18年2月生まれでこの2月に65歳になられ、今までは
厚生年金のみもらっていたのではないでしょうか?
送られてきた金額は3月からの年金額で1ヶ月当たり約41000円です
4月に振り込まれるのは2月と3月分であるため2月分は今までの厚生年金の約6100円で3月分が国年と厚年約41000円、
合計47141円振り込まれたと思われます。
次回の6月支給分からは82083円振り込まれるはずです。
その振込通知書は6月10日前後に送られてくると思います。

Q障害者年金の、初回支給日について

今日(3月20日)に「年金決定通知書」が届きました。

通知の証書の日付が「平成27年3月12日」、支払開始年月が「平成27年2月」と
記載されているのですが、支払開始年月の欄が空白になっています。

この場合、初回振込日はいつになるのでしょうか?
お詳しい方、教えていただけますか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

到着済の年金証書・年金決定通知書をもう1度確認して下さい。
以下のURL(画像)のようなものが到着したことと思いますが‥‥。

http://www.nenkin109.com/voice/img/miho/koe_miho1-2.jpg

まず、「平成27年3月12日」ですが、これは証書の発行日付です。
実際の初回支給日とは無関係です。

次に支払開始年月ですが、「厚生年金保険年金決定通知書」の部分と「国民年金年金決定通知書」の部分とに分かれているはずです。
前者は障害厚生年金の支給を、後者は障害基礎年金の支給を、それぞれ示しています。
両方とも支給される場合は、どちらの部分にも支給開始年月が印字されています。
一方、障害厚生年金と障害基礎年金のどちらか一方しか支給されないときは、一方の部分が空白になっています。その点を再度確認していただき、障害厚生年金と障害基礎年金のどちらが支給されるのか、その障害等級は何級何号なのかを調べて下さい。

支給開始年月とは、「◯年◯月分の年金から支給されますよ」ということを示していますが、実際の初回支給日とは直接の関係がありません。
障害認定日請求が通ったときは、一般に、受給権を取得した年月の翌月になっています。
障害認定日請求であっても、遡及請求として請求が行なわれて、時効のために5年よりも過去の部分が支給されないときは、ここは翌月にはなっていません(時効の計算によって、まちまちになります)。時効に到達していない部分については、遡及して支給されます。
一方、事後重症請求で通ったときは、請求日[窓口受理日](事後重症請求のときは、この日がある月が「受給権を獲得した年月」になります。)の翌月になっています。遡及しての支給はありません。

ポイントは、証書発行日付です。
この日から数えて、おおむね50日後に、実際の初回支給が行なわれることになっています。
したがって、5月15日には初めての振込が行なわれる、と考えて良いでしょう。
なお、年金の振込は各偶数月の15日が基本で、前々月分・前月分の2か月分が振り込まれますが、初回に限っては偶数月以外でも振込が行なわれ、次回以降の分よりも前の分が一括で振り込まれます。
質問者さんの場合には、平成27年2月分・3月分が振り込まれるとお考え下さい。
その上で、6月15日以降は通常の偶数月振込となるはずで、6月には4月分・5月分が振り込まれることとなります。

初回振込の直前(通常は、年金証書・年金決定通知書が到着した翌月)には、別途に、「 初回支払額のお知らせ・年金振込通知書」が届けられます。
その書類こそ、確定した初回支給日を示すもので、初回支給日に実際に振り込まれる額も示されています。そちらの書類の到着をお待ち下さい。

到着済の年金証書・年金決定通知書をもう1度確認して下さい。
以下のURL(画像)のようなものが到着したことと思いますが‥‥。

http://www.nenkin109.com/voice/img/miho/koe_miho1-2.jpg

まず、「平成27年3月12日」ですが、これは証書の発行日付です。
実際の初回支給日とは無関係です。

次に支払開始年月ですが、「厚生年金保険年金決定通知書」の部分と「国民年金年金決定通知書」の部分とに分かれているはずです。
前者は障害厚生年金の支給を、後者は障害基礎年金の支給を、それぞれ示し...続きを読む

Q厚生年金、受給開始で最初の受取は誕生日の何日後?

厚生年金の報酬比例部分は段階的に65歳支給になる事が決まってます。

所でこの年金ですが仮に満61歳から貰える人が、61歳の誕生日が過ぎて、
1回目の年金が口座に振り込まれるのは、最短で誕生日の何日後でしょうか?

勿論、其れまでに必要な手続きを全て遅滞なく行ったとして・・・

直近の支給日(隔月の支給の様ですが)に間に合いますか?

年金にお詳しい社労士の方とかに解説頂ければ嬉しいです。

Aベストアンサー

No4です。

>受給権?は誕生月の翌月からだそうですね。
正確には受給権が得られるのは受給年齢に達する誕生日の前日です。法では誕生日の前日に年齢が増えるので、本当は誕生日というより年齢が達した日が正確です。
そして年金は受給権を得た月の翌月分から支給になるのです。例外的に誕生日が1日ですとその前月の末日に受給権が得られますから、誕生日のある月の分から支給になるという場合もあります。
それが、処理などの遅れで実際に手に入れることができるのは3か月くらい後になるのです。

「飛ばされる」というのはまずないと思いますが、現実にそういうことがあるかどうかは知りません。

Q年金決定通知書についてです

さ昨日、年金決定通知書が届きました。障害年金2級の認定でした。
手引きはついていましたが、よくわからず不安です。

・厚生年金保険
支給開始年月 21年9月
年金額 799300
・国民年金
支払開始年月 21年9月
年金額 1020000

と2つ記載されていました。

1.どちらが支給されるのでしょうか?
2.支払開始年月まで遡って受給できるのでしょうか?それとも、決定日の24年10月分からの支給になるのでしょうか?

色々なサイトを調べてみましたが、よくわかりません。もしお分かりの方がいらっしゃったら、ぜひ教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

受給権を取得した年月(障害認定日のある年月)が平成21年8月となっているはずです。
したがって、初診日があったのは、平成20年2月だったのではありませんか?
(初診日から1年6か月が経過したときが、障害認定日です)

受給権を取得した年月(平成21年8月)の翌月分からが、支給の対象です(法令での決まりごと)。
したがって、平成21年9月分からが支給の対象となります。
このとき、請求したときから過去に向かって5年を超えた分については、時効で、実際には受け取ることができません(これも法令での決まりごと。支分権[しぶんけん]といいます。)。
しかし、あなたの場合には、そうなってはいません。
このため、平成21年9月分から受け取れます(過去に遡及して、過去の分を初回に一括で受け取れます。たいへん多額になります[百万円単位です]。)。

あなたの場合は、初診日に厚生年金保険に入っておられたと思います。
そのため、2級であれば、障害基礎年金2級と障害厚生年金2級が、それぞれ併せて出ます。
つまり、両方とも受けられます。そのように記されているはずですから、再度確認して下さい。

なお、不明な点があれば、年金事務所や日本年金機構(ねんきんダイヤル)へのお問い合わせを強くおすすめします。
おそらく、今回の回答と同様の答えが返ってくるとは思いますが‥‥。
 

受給権を取得した年月(障害認定日のある年月)が平成21年8月となっているはずです。
したがって、初診日があったのは、平成20年2月だったのではありませんか?
(初診日から1年6か月が経過したときが、障害認定日です)

受給権を取得した年月(平成21年8月)の翌月分からが、支給の対象です(法令での決まりごと)。
したがって、平成21年9月分からが支給の対象となります。
このとき、請求したときから過去に向かって5年を超えた分については、時効で、実際には受け取ることができません(これ...続きを読む

Q年金証書の見方を教えてください

障害基礎年金の証書なのですが、
「受給権を取得した年月」が平成6年3月なのに
支給決定日が平成15年6月26日となっています。
そして下半分の「裁定通知書」欄には7つの明細
が書かれていて、その一番最後の「支給開始年月」
は15年4月となっています。

これはどういう意味なのでしょう?
最初に受給権を得てから支給されたり停止されたり
を繰り返しているということでしょうか?

Aベストアンサー

障害年金の「受給権」には、2つの意味があります。
その2つとは「基本権」と「支分権」です。

1.基本権
 障害年金の受給要件に該当した、という証しとしての権利
2.支分権
 実際に障害年金を受け取れる権利

基本権は、いったん取得すると、65歳になるまでは消滅しません。
障害の程度が軽くなったために支給停止に至った場合であっても、65歳になるまでは権利を失うことはないわけです。
このため、再度障害が悪化した場合でも、面倒な裁定請求を繰り返す必要はありません。

一方の支分権は、障害年金の請求をしないまま(=請求権を行使しないまま)5年経過してしまうと、その分の権利は時効で消滅してしまいます。
言い替えると、「障害年金の受給要件に該当した後に裁定請求を忘れてしまっていたような場合は、最大で5年前の分までさかのぼって受け取れる可能性がある」ということです。

ご質問のケースの場合、基本権を獲得したのが平成6年3月であると思います。
しかし、おそらく何らかの理由で、裁定請求を後延ばしにされていたりしたのではないでしょうか。
仮にそうだったとしますと、裁定請求の結果、実際の支給が決定されたのが平成15年だった、と考えることもできますが。

基本権は、その障害の状態がどんなに回復しても、以下の2つの事由を共に満たさない限り、消滅する(失権、と言います)ことはありません。
ですから、時効による権利消滅(=支分権の消滅)は、失権ではありません。

1.3級不該当のまま、3年間が経過したとき
2.65歳に到達したとき、又は老齢基礎年金の繰上受給を請求したとき

なお、平成6年11月8日までは、上記1に該当するだけで、障害年金の受給権(基本権)が消滅してしまい、復活することはありませんでした。
現在はそのようなことはなく、その人が上記2に該当する前に再度悪化して障害等級に該当するようになった場合は、再び受給できるようになっています。
(但し、その場合(=悪化による再支給の請求の場合)、請求した月の翌月分からの支給になります。)

障害年金の「受給権」には、2つの意味があります。
その2つとは「基本権」と「支分権」です。

1.基本権
 障害年金の受給要件に該当した、という証しとしての権利
2.支分権
 実際に障害年金を受け取れる権利

基本権は、いったん取得すると、65歳になるまでは消滅しません。
障害の程度が軽くなったために支給停止に至った場合であっても、65歳になるまでは権利を失うことはないわけです。
このため、再度障害が悪化した場合でも、面倒な裁定請求を繰り返す必要はありません。

一方の支分...続きを読む

Q年金の最初の受け取り「月」は?

60歳です。
昨年初めて年金(厚生年金の分)を貰いました。
***********************************************
誕生月は、8月です。

1回目 10月 1万(分かりやすいように書きました)
    12月 2万
      ↓
   以後来年の8月までは、この2万のまま。
**********************************************
誕生月が8月なので、私の考えていたのは、

1回目 10月 3万(8月・9月分)
2回目 12月 2万(10月・11月分)

   以後来年の8月までは、この2万のまま。  
***************************************************

質問は、
(1)「年金の支給月」と月日の関係は、どうなっているのかということです。

社会保険庁から、「あなたは今後受け取る金額と日付けはこうなっています」といったような通知はありません。

(2)皆さんは、通知はありましたか?     

以上2点、教えていただけると有難いです。

60歳です。
昨年初めて年金(厚生年金の分)を貰いました。
***********************************************
誕生月は、8月です。

1回目 10月 1万(分かりやすいように書きました)
    12月 2万
      ↓
   以後来年の8月までは、この2万のまま。
**********************************************
誕生月が8月なので、私の考えていたのは、

1回目 10月 3万(8月・9月分)
2回目 12月 2万(10月・11月分)

   以後来年の8月までは、この2万のまま。  
**...続きを読む

Aベストアンサー

質問者の方の誕生日が8月1日でない限り年金の支給開始月は
9月からです。年金は支給該当月(今回は誕生月)の翌月からスタートし支給消滅月まで支給があります。よって質問者の方の支給は
10月に9月分(1ヶ月分)、12月に10月分と11月分(2ヶ月分)の支給になります。
年金は必ず4月に改定が入りますので2回目の支給(今回の12月支給分)以降金額に変更がなければ今年の6月まで振込通知書は送られてきません。6月には1年間の金額に変更があれば改定通知書がきます。
また改定の有無にかかわらず6月のは振込通知書が送られてきます。
年金は特別な事情がない限り偶数月の15日振込み(15日が金融機関が休みであれば前日もしくは前々日)となっていますので毎回金額と日付が送られてくることはありません。

Q受給申請してから年金がもらえるまでどのくらいかかりますか?

母が今年の2月に60歳になりました。老齢基礎年金を早めにもらう
ために、その月に受給申請をしたのですが、年金証書が自宅に
届いて、年金がもらえるようになるまで、どのくらいかかりますか?
なお老齢基礎年金の支給は本来は65歳からであり、その年齢に
達する前に受給申請をすると減額されることはわかってます。
ただ事情があるので60歳からの受給申請を選びました。
ご回答を宜しくお願い致します

Aベストアンサー

基本的に受給権が発生する月分からとなるのですが、
おそらく、3月から受給権が発生し、3月~5月分が
6月15日に支給されることになると想定されます。
http://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/roureinenkin/kuriage-kurisage/20150313.html

4月15日には3月分が支給されなかったということですよね?

Q老齢厚生年金の支給停止額について

昨年の12月で44年間勤めた会社を止め、今年1月に64歳の誕生日を迎えました。
昭和23年生まれのため、64歳から老齢厚生年金が満額受給できると思っていましたが、
本日年金機構から年金決定通知書が届き、内容を見たところ支給停止額が84万円もありました。
妻は59歳の専業主婦なので加給年金を含め、270万円程度を予定していたため大きな誤算です。
この支給停止額はどのようにして決まるのでしょうか?

Aベストアンサー

年金受給・手続きの手引きに載っていますが
昨年12月で退職されたなら、まだ給料を貰っていたときの
支給停止額になっています。

退職してから1ヶ月過ぎないと改定にはなりません。
退職した日にちにもよると思いますが
早ければ2月の受給前又は4月の受給前に、年金改定通知が来るはずです。

ちなみに私の場合、3月退職。改定通知は5月でした。

Q年金振込額が少ないのでは・・・

無知なので、どなたか教えて下さい。
父が8月末で定年退職しましたが、社会保険事務所で金額の説明を受けた
際に月額13万ぐらいになると言われたそうなのですが、昨日届いた振込
通知書では2ヶ月で6万6千円でした。
国民保健で月額約6万も支払わなければならないのに、この年金額では
生活が出来ません。
8月末に説明を受けた際の年金見込額は1,604,000円で停止額0円ですが、
9月に入ってすぐ届いた証書では基本額1,059,700円、加給年金額または
加算額396,000円、支給停止額1,455,700円、停止事由01(厚生年金保険
の被保険者であるため)、停止年月16年3月となっています。
この停止というのも、よくわかりません。どうすればいいのでしょうか。
回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

平成15年8月で60歳とするば、その翌月(9月)から年金を受給する権利が確定します。
年金の受給権は通常5年まで遡ることが可能ですので、この場合は15年9月以降、支給分があれば受け取ることができます。
通知が1回目だとすれば、多分、60歳時点での年金額の計算通知だったのではないでしょうか。
(但し、この場合は年金額は満額ではなく、在労による支給停止が含まれています。)
この停止額の計算は、給与(賞与)が変動すると変化します。
また、年金額自体も過去3年、物価スライド率のより変化(減少)していますので、3年間同じ金額だったわけではありません。
このため、3年間を、年金支給額が変化した期間に切り分けられて細かく支給額を通算した通知書が届くのではないでしょうか。
その上で、最終の計算がH18年9月の退職による全額支給、ということになると思います。
また、過去分は一括して支給されるはずのため、おそらく、まとまった金額の支給通知が届くと思います。

なお、年金の支給通知は、年度(4~3月)単位で記載されます。
3回(10月、12月、2月)の記載しかないというのは、そのためです。
通常であれば、4月以降は、物価スライド等の年金額の再計算をし、5月ごろ通知されます。

また、年金の支給は、年6回払い、偶数月の支給が規定ですので、通知の内容に記載の限りで不審な点は無いと思います。

平成15年8月で60歳とするば、その翌月(9月)から年金を受給する権利が確定します。
年金の受給権は通常5年まで遡ることが可能ですので、この場合は15年9月以降、支給分があれば受け取ることができます。
通知が1回目だとすれば、多分、60歳時点での年金額の計算通知だったのではないでしょうか。
(但し、この場合は年金額は満額ではなく、在労による支給停止が含まれています。)
この停止額の計算は、給与(賞与)が変動すると変化します。
また、年金額自体も過去3年、物価スライド率のより変化(減少)...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング