ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

客先の構内でフォークリフトを使用する際の保険について
①現在の状況
・私は個人事業主であり、ある客先から荷物を引き取り、持ち帰った後に自社で組み立て、それを納品をしている。運搬が主な仕事ではありません。

・客先の構内で客先が所有する二台のフォークリフトどちらかを毎日数分間だけ運転。

・客先所有のフォークリフト はどちらも自動車保険に未加入。(労災とは別の保険には加入している?)

②これからどうしたいのか?
・①の現況でも補填される保険商品に加入したい。
特にフォークリフトを客先の建物や従業員の車にぶつけた時に 使えるようなものを希望。

・持ち帰る荷物も大事だが、いわゆる対人・対物を主にカバー出来るものがあればそちらを。

・一番近いのは運送保険だが、配送中よりも客先構内での場合を重視したい。


以上、宜しくお願いします。

A 回答 (1件)

構内専用車としてのフォークリフトは強制保険


としての自賠責の加入は不要ですし、任意保険の
加入も自由です。

そのため、自賠責も任意保険も一切加入していない
会社も結構あると思います。

一方そうは言っても、実際に来客の駐車車両に
衝突とか、出入りの人を傷つけたりする可能性も
あるので、登録車でなくても、車台番号で自賠責を
付けたり、任意保険に加入する企業も結構あります。

貴方の場合には自賠責も任意保険もない車を貴方が
運転と言う事になると、事故の場合には運転していた
貴方に責任が及びます。

そのためには、事業の遂行中の事故に備える
「施設管理者賠償責任保険」での対応になると
思いますが、この保険では車の運転での事故は
対象外になりますが、登録車両でない構内車は
対象になると思いますので、保険会社と相談
してください。

以上一般論としての回答です。

保険会社により対応が異なる事もあるので
具体的には保険会社に相談という事になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。施設管理者ですね。さっそく保険会社に相談してみようと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2017/12/08 15:32

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q配達先でのフォークリフト事故

配達先の会社のフォークリフトを運転中
配達先の電動シャッターを
破損した場合

何か使える保険は
あるのでしょうか?
配達先で
荷物を下ろす時
そこの会社のフォークリフト運転者がいれば
やってくれるみたいですが

今日は たまたまいなくて
自分が(主人)
運転することになったみたいです。
シャッターは電動で 半分?しか開いてない状態で
あてたみたいです。
保険がないから?シャッター修理代がくるらしいですが

何か保険が使われないか
教えてほしく
質問しました。

他社の会社内で
フォークリフトを使う場合や
他 注意することって
どんな事なんでしょう。
何でもいいので
教えて下さい。

Aベストアンサー

損害賠償に関しては、法律通りだと通常は会社が賠償責任を負います。
ただし、会社側が損害を発生させた当人に支払いを求める場合は多々あります。
これは違法なのですが、雇用関係の立場の強弱でまかり通る場合もあります。
もしこのような場合で困ったら労働基準監督署に相談するか労働組合に相談するべきです。
表沙汰にすれば会社側が折れて渋々ながらでも払ってくれるはずです。
ただし、職場によっては以後の就労が著しく難しくなる場合もあります。

シャッターの修理代が全額請求されるようなら違法行為です。

世間一般的には免責として数万円といったところでしょう。

Qフリート契約の法人他社運転特約について

各社、自由化で商品・特約とも様々だと思います。うちの会社は自動車保険をフリート契約にしています。満期も近づいてくるといろんな保険会社の代理店が訪問してくるのですが、前からの付き合いなどいろんな事情があって今までは東京海上でずっとやっていました。でも、こんな時代でしょうか、今年は社長からいろんな会社の商品を比べて報告するように言われており困っています。
各社の保険代理店から大方説明をきいたのですが、一番魅力と思ったのは、タイトルの通り法人他社運転特約というものです。普通は個人契約にしかついていないようなのですが自由化で法人の一括契約につけられるようになったとの事です。うっかり、どこの代理店の提案の際にあった話なのか忘れてしまったので、詳しい方がいらっしゃったら教えてください(提案してくれた方に気を持たせたくないので再度連絡をしたくないんです。)。この特約がついていて、東京海上よりも安かったらそちらで社長に押そうかとおもっています。
ちなみに、提案してもらった会社は三井住友、損保ジャパン、あいおい損保、日生同和、そして東京海上です。
うちは、運送業をやってて事業用のトラックが大型中型取り混ぜ74台あります。
保険料の安いとか高いとかも一緒に教えていただいたらうれしいです。

各社、自由化で商品・特約とも様々だと思います。うちの会社は自動車保険をフリート契約にしています。満期も近づいてくるといろんな保険会社の代理店が訪問してくるのですが、前からの付き合いなどいろんな事情があって今までは東京海上でずっとやっていました。でも、こんな時代でしょうか、今年は社長からいろんな会社の商品を比べて報告するように言われており困っています。
各社の保険代理店から大方説明をきいたのですが、一番魅力と思ったのは、タイトルの通り法人他社運転特約というものです。普通は個...続きを読む

Aベストアンサー

あいおい損保です。「法人他車運転危険担保特約」は当社にございます。
ご存知のように「全車両一括付保特約」がなされる契約につけることが出来ます。
詳しくは担当者にお尋ねください。

74台のフリートですか、いいですねー。各社、喉から手が出るほど欲しいと思いますよ。 

Q工場敷地内における外部者の労災事故について

弊社工場の敷地内において、取引業者が、副産物の集品運搬等の作業を行っております。
当業者とは商品の売買契約は締結しておりますが、作業に関する契約はなにもありません。
このような中で、下記のような労災事故が起きた場合、どこの責任になるのでしょうか。
(1)側溝の蓋が破損しフォークリフトが横倒、し骨折した。(フークリフトは取引先のもの)
(2)構内においてフークリフトが滑り転倒しケガした。(雨天時)
(3)場内において車輌火災が発生し火傷をおった。
(4)スピートの出しすぎで、建造物に衝突しケガした。
(5)トラックへの積み下ろし時、容器が滑り落ちて人にあたりケガをした。
(6)取引業者の操作ミスによりケガした。(取引業者がケガ)
(7)その他、弊社工場に責任が発生する場合、どのようなことがあれば責任を負う必要があるの   でしょうか。

Aベストアンサー

労災保険については、被災した労働者を雇用する会社のものを使いますので、その点についてはとりあえず置いておき、労働安全衛生法上の措置義務という点について考えてみます。

フォークリフトを用いて作業を行う場合、労働安全衛生規則(安衛則)で、
・作業計画、作業指揮者を定めること
・車両の転落等の防止、接触の防止のための措置を取ること
・車両の定期検査を行うこと
などが定められています。特に重要なのは作業計画を定めること(安衛則第151条の3)で、その段階で作業手順や車両の走行経路、制限速度や立入禁止区域などを定め、運転資格者の確認などを行うことが有効です。これらは作業を行う業者が責任を持って行わなければなりませんが、作業場所の施設を所有している事業者の協力が不可欠な場合があります。

例えば、
『事業者は、車両系荷役運搬機械等を用いて作業を行うときは、車両系荷役運搬機械等の転倒又は転落による労働者の危険を防止するため、当該車両系荷役運搬機械等の運行経路について必要な幅員を保持すること、地盤の不同沈下を防止すること、路肩の崩壊を防止すること等必要な措置を講じなければならない。』(安衛則第151条の6第1項)
とされていますが、(1)のように設備に不備があった場合、取引先の業者だけでは対処が難しいので、御社の協力が不可欠となります。つまり、事故が起こった場合に責任を問われることもありうるということです。(2)や(4)の場合も、適切な制限速度を定める(安衛則第151条の5)ためには、施設を所有している御社の協力があったほうがよいでしょう。

なお、御社が責任を負う場合として最も気に掛けるべきは、御社の労働者が被災する場合です。その場合はやはり御社も責任を負うことになるからです。(5)もそうですが、車両と人の接触事故を防止することが重要で、御社の労働者と取引先の労働者が混在して作業を行う場合、フォークリフトの作業計画を御社の労働者にも周知しておくべきです。

作業に関する契約はないとのことですが、作業を請け負わせている場合は、構内下請業者に対して、より強い責任が生じることもあるので、関係法令等をご確認ください。

参考URL:http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/anzen/061120-1.html

労災保険については、被災した労働者を雇用する会社のものを使いますので、その点についてはとりあえず置いておき、労働安全衛生法上の措置義務という点について考えてみます。

フォークリフトを用いて作業を行う場合、労働安全衛生規則(安衛則)で、
・作業計画、作業指揮者を定めること
・車両の転落等の防止、接触の防止のための措置を取ること
・車両の定期検査を行うこと
などが定められています。特に重要なのは作業計画を定めること(安衛則第151条の3)で、その段階で作業手順や車両の走行経路、制限速...続きを読む


人気Q&Aランキング