中小企業の働き方改革をサポート>>

息子がビザ切れフィリピン人女性と結婚しました。お腹には二人の赤ちゃんがいます。婚姻届は無事に受理されましたが入管に出頭しビザを取得しなければなりませんが書類等わからないことが沢山有ります。どなたか教えていたたけますか❔よろしくお願いします。

A 回答 (5件)

>入管に出頭し



入管警備に出頭して下さい。これをもって退去強制手続きが開始となります。警察等の職質で在留期限切れが判明、入管警備に引き渡されるより、自ら出頭した方が遥かに良いです。
収容される場合とされない場合がありますが、一般的には自ら出頭し、出国の意思を示せば仮放免になることが多いです。これは単に収容施設の不足と、自ら出頭してきたものは逃走しないだろうという判断に依るものです。

>ビザを取得しなければなりませんが

在留期限が過ぎ、失効した在留資格しかない者が在留資格を得るには、在留特別許可を得ないことには無理です。申請により得るものではなくなっています。
フローは下記の通り。退去強制手続きの流れのひとつにあるのですから、退去強制手続きを開始しないことには在特もありえません。在特から逆に辿れば流れは見えてくるでしょう。幾つかの関門はあり必ず在特になるとは限りません。

http://www.immi-moj.go.jp/tetuduki/taikyo/taikyo …

>書類等わからないことが沢山有ります

最初は録取から始まります。日本に上陸することになった時点から、できれば出生からの流れを時系列で事前に整理しておくことで、録取が円滑に進むでしょう。
違反審査結果に対し口頭審理の請求、口頭審理の結果に対する異議の申し出の2回が重要です。定型書類はあるのかもしれませんが、窓口においてあるようなものではないので、その時々において渡されるであろう紙の説明に従って事を進めてください。25年くらい前は上記のフローの説明もなく異議の表明方法さえも説明されなかったそうですから、隔世の感があります。
ちなみに行政書士を付けようとも録取などには同席できず、当人の出頭なく手続きを進められるものでもありません。書士によっては、自身の経験での知恵は付けてくれるでしょうし、録取前の時系列申述のもとぐらいはまとめてくれるでしょうけど、それとて違反外国人の経験をまとめるだけのものですから、悪い言い方ですが代書屋の範囲を超えるものでもなく、その代書資料も入管警備に出すことはできても録取が省略になるものでもありません。
    • good
    • 1

オーバースティの方の在留資格取得は、個々の事情を見ないとわからないと思います。



こちらに質問されるより、在留資格専門の行政書士がいますから、そちらにご相談されたほうがよいと思います。 相談料だけなら、一回5千円~1万円程度です。 お住まいの近くの入国管理業務を専門にされている行政書士に電話であたってみてください。

ただし、ご相談されるときは、そのフィリピン女性が隠さず、すべて正直に行政書士に話されないと、在留特別許可の取得が可能かどうかの判断はできません。 日本のビザ欲しさに、オーパスティになる外国人は正直に言わない人が多いからです。 いくら専門にしている行政書士といえど、行政書士という資格保持者にすぎず、本人が嘘をいったり、正直にいわなければ、行政書士という資格では何も調べることはできません。(入国管理局が所持している情報にはアクセスできないという意味です)
    • good
    • 0

結婚すること自体は可能ですが、彼女が日本での在留資格を得るには、「在留特別許可」を得るなどの手続きが別途必要です。



不法滞在者との間の結婚であっても、婚姻要件を満たしていることを書類で証明できれば、日本で結婚することができます。
手続き自体も、普通の国際結婚と変わりません。
役所によっては、追加の書類を要求されることもあるようです。

ただ、日本人との婚姻届が完了しただけで、彼女が「日本人の配偶者等」という在留資格を得られるわけではありません。
不法滞在中の外国人が、在留資格を得るには、別途手続きを行う必要があります。
具体的には、以下の2つの方法が考えられます。

(1)在留特別許可を申請する方法
オーバーステイなどの不法滞在は、入管法(出入国管理及び難民認定法)70条に違反する犯罪なので、刑事処分として3年以下の懲役・禁錮若しくは300万円以下の罰金に処し、又はそれらが併科されることがあります。

また、行政処分として、退去強制処分がなされることがあります(入管法24条)。
ただ、退去強制されるべき者に対する恩恵的措置として、「在留特別許可」という制度があります。
法務大臣の裁量により、その者の日本在留を特別に許可するものです(入管法50条1項)。

個々の事案ごとに、「法務大臣が特別に在留を許可すべき事情があると認めるとき」に在留特別許可がなされます。

一般的にいって、許可の可能性が高いのは、日本人の配偶者があり、同居期間も長く、子供もおり、日本人側に収入や職業が確かで、偽装結婚などの嫌疑に乏しいような事案のようです。
また、社会事情などにより、他の不法滞在者に及ぼす影響なども含めて、総合的に考慮されます。

ご相談の場合は、一緒に暮らし始めて短そうですし、かなり難しいでしょう。
これから結婚をしたり、息子さんの収入や職業が確かであったりする事情があれば、在留特別許可が得られる可能性が高まるかも知れません。

(2)いったん帰国させ、ペナルティ期間が経過した後に再度呼び寄せる方法
退去強制事由に該当して、国外退去となった外国人は、以前に退去強制処分を受けたことがない者でも、最低5年間は日本に再入国できません(入管法5条9号ロ)。
また、悪質な場合は、10年間再入国できません(同号ハ)。

しかし、何らかの事情で一旦帰国しておきたいような場合や、結婚後は彼女の国で結婚生活を送りたいと考えている場合は、この方法を選択することになるでしょう。
入国管理局に任意出頭して、帰国の意思を告げれば、退去強制の手続きを取ってもらえます。

その後は、フィリピンで国際結婚の手続きをなされば済みます。
※日本での婚姻手続きは日本人同士と変わりません。
    • good
    • 2

入管に聴いて下さい

    • good
    • 2

はい。

いったい何がわからないのでしょうか??
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q滞在中にビザ、またはパスポートの期限が切れたら

そんなことはないですが、ふと疑問に思ったので書き込みます。
長期滞在中にビザが切れてしまったらどうなるのでしょうか?
また、パスポートの期限が切れたら。
犯罪にはならないと思いますが、
陸続きに繋がっていましたら、国を超えることが出来なくなるのでしょうか?
その時に強制帰国させられるのでしょうか?
パスポートが切れても上記と同じかと思いますが、強制にしろ帰国することは可能なんでしょうか?
ビザの要らない国ならば、発覚するまでずっといられると思いますが、
これはいわゆる不法滞在というやつでしょうか。
数日間の誤差であれば、帰国しなければならないのを「忘れていた」で済まないのでしょうかね?

Aベストアンサー

違法であるのは承知の上、アジアの某共産国で2度ほどオーバーステイをやっちゃいました。
商用目的で2度ともノービザです。
1度目は罰金。2日オーバーで当時日本円相当1万円ちょっと。
2度目は1日オーバーでしたがなぜかそのままスルー。
記録が残されたどうかはわかりませんが、1度目の時はパスポートにボールペンでチェックだけ入れられました。

1度目の罰金を支払った時は、出国した翌日に再びその国へ舞い戻っています。
入国拒否も覚悟の上だったのですが、特に何もなく再入国できました。

もちろん、参考にはなさらないでください。

Q配偶者のビザ申請中のビザ切れ

配偶者のビザ申請中のビザ切れ
先月トルコ人の夫が日本人の配偶者のビザの申請をしたのですが、後一週間ほどで入国した観光ビザが切れてしまいます。
インターネットで調べたところ、入国管理局から受理されて申請中のスタンプをパスポートに押されていれば、観光ビザが切れても日本に滞在できるらしいんですが、一ヶ月前に申請したときには受理証といって紙切れ一枚もらっただけで、パスポートにスタンプを押していただけませんでした。
また入国管理局に行ったらスタンプをいただけるんでしょうか?(電話で問い合わせをしたら、新規申請ではなくて、更新手続きをした人にしかスタンプを押していないと言われました。)
日本を離れないままで配偶者のビザを待つことは可能でしょうか?
あと一週間ほどでビザが切れ、不法在留になってしまうのであせっています!!
何か知っている人がいればぜひ教えてください。

Aベストアンサー

>入国管理局に行ったらスタンプをいただけるんでしょうか?

いいえ。でも、在留資格変更申請の審査結果が出る前に、現在の在留資格(短期滞在)の期限が来ても大丈夫です。受理証右上隅には事件番号はありますよね。事件そのものの入管への問い合わせには最低限、それが必要です。とはいえ、電話は繋がりませんし、転送してもらっても電話では個別事件に詳しい回答はしませんが。

>日本を離れないままで配偶者のビザを待つことは可能でしょうか?

在留資格変更申請の結果を待つことは可能です。「在留資格変更許可が出るまで」ではありません。
ちなみに不許可であっても、出国準備期間が設定されますので(その場合には、出国準備を目的とした「特定活動」の在留資格に変更となります。変更申請はしなくて結構です。要は許可されようがされまいが、短期滞在の在留資格の有効期限が満了していれば、入管に出向くことになります)、その期限を守れば不法滞在にはなりません。

Q不法滞在者を入国管理に実際に通報したことがあるかた

または、そのことに詳しい方に質問です

・確信がなくても通報できますか?
・間違っていたとして罰則はありますか?
・どのくらいの根拠があれば捜査対象になりますか?
 (根拠が乏しいと相手にされませんか?)
・実際に報償支払われたことありますか?(通報してからどのくらいでとか方法など)
・通報手段やどんな感じで通報したかおしえてください

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

経験はありませんが、元入国警備官の知り合いが数人います。

>・確信がなくても通報できますか?

「確信」というのは何らかの違反をしているということでしょうが、公務員ならともかく、身分事項を確認することもないでしょうし、その権限もありません。
正確には「通報」ではなく「提報」といいます。つまり、当局に通知報告すのではなく、情報を提供する訳です。
というわけで、確信なんか無しで提報することの方が普通です。可能かどうかというのであれば、可能ですし、何ら妨げられるものではありません。

>・間違っていたとして罰則はありますか?

いいえ。でも、何ら違反の無い外国人に対する提報は、「あぁ、これは恐らく私怨だね」と思われます。

>・どのくらいの根拠があれば捜査対象になりますか?

警備官の気持ちで考えてみましょう。まずは「数」です。そして「摘発の効率性」です。陸の孤島のような工業団地の会社で20人くらい問題のある外国人が稼動していれば、摘発月間であげるでしょう。更に「悪質性」があれば、彼らの対外的な正義感も満たされます。

「悪質性」が高い案件、具体的には人身売買や不法上陸、外登証偽造などですが、内偵期間は長くなります。警察との合同捜査になることもあります。が、簡単に数を稼げる摘発と比べると優先度は下がります。こういう案件に執念を燃やすかどうかは班長、課長レベルの人柄に拠ります。

> (根拠が乏しいと相手にされませんか?)

通常はファイルして終わりでしょう。可能な限り、より具体的に情報を提供すること。数か、刑法、入管法、外登法の観点で悪質性を訴求すること、そのあたりが提報を受ける警備官のやる気を喚起するかもしれません。

個人的な経験で言えば、ヤクザから逃げてきた某国女性を当人の希望で入管警備に連れていってあげたことがあります。たまたま東京駅で助けを求められただけなんですが。
当時、入管警備のあった十条に連れていきました。入管警備いわく「あなたは同席できません。帰ってください」で、「いや、俺も案内しただけだから、同席なんかするつもりなんかないよ」で帰ったんですが、帰り道で警備官に追いつかれ「あの人、静岡県で稼動だって。ここじゃないから名古屋に連れていってよ」と言われ、管轄もあるんだろうけど、お役所仕事だなと思いました。東京駅まで戻って新幹線ホームで見送りました。
良くも悪くもそんなもんです。多くは期待しないことです。彼らも忙しいし、公務員だし。

>・実際に報償支払われたことありますか?(通報してからどのくらいでとか方法など)

提報した例を幾つか知っていますが、提報そのものがトリガになったとは思えない状況でした。提報から摘発まで1年以上、挙句、摘発のときに「ついでに捕まった」という感じです。
報償金は相当に悪質なシンジケートの摘発に繋がる確度の高い情報でないと無理でしょう。もちろん、提報マニアのような人もいて、相当な数の提報をしたので報償金を出したという噂も聞いています。入管警備に出向いて報償金を要求した書士の先生もいたそうです(払ったかどうかは知りません)。

>・通報手段やどんな感じで通報したかおしえてください

もし、私が提報するとすれば、入管警備に出向いて、自身の身分事項を明らかにしたうえで、提報するでしょう。個人的には単なる超過滞在、資格外就労ぐらいでは提報しません。良いことではないんでしょうけど、利害関係もありませんしね。
でも、提報ですぐに動くとは期待しないことです。すぐに動いてくれた、と思えたときは、それ以前に相当数の提報があったはずです。

経験はありませんが、元入国警備官の知り合いが数人います。

>・確信がなくても通報できますか?

「確信」というのは何らかの違反をしているということでしょうが、公務員ならともかく、身分事項を確認することもないでしょうし、その権限もありません。
正確には「通報」ではなく「提報」といいます。つまり、当局に通知報告すのではなく、情報を提供する訳です。
というわけで、確信なんか無しで提報することの方が普通です。可能かどうかというのであれば、可能ですし、何ら妨げられるものではありません。
...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報