『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

今日NHKbsで放送していたモトGPというバイクのレースを見ていました。

レースの所々でバイクの車載カメラからの映像が映りました。 そのとき気付いたのですが、加速チェンジの時、選手はクラッチレバーを握っていないようでした。 バイクは加速していますし、エンジン音も切り替わっているので、ギアがあがっているのは確かだと思いますが、選手はクラッチレバーを握っていませんでした。

減速チェンジの時は、きちっとレバーをつかっているようでしたが…。

これは何故ですか? わたし普通二輪の免許はあるのですが、ちょっとわかりませんでした。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

モトGPなどのレーサーだけでなく、一般的なバイクであっても、クラッチレバーを使用しないでギアを変えることができます。



ギアを上げるとき
 加速中(アクセルを開けているとき)に、シフトレバーを上に軽く押し付けていると、アクセルを一瞬だけ戻したときにスコッと入ります。
昔のレーサーのほとんどは、こういったやり方でロスなくシフトアップしていました。
私も、いまだにギアを上げるときだけはクラッチをほとんど使用していません。

ギアを落とすとき
 減速中(アクセルを閉じているとき)に、シフトレバーを下に軽く押し付けていると、アクセルを一瞬だけ開けたときに、ギアが落ちます。

ギアを落とすときは、ギアをあげるときよりもミッションに負担がかかりますので、クラッチを使ったほうがよろしいでしょう。

モトGPなどのレーサーマシンには、こういった原理を元に特殊な機構が搭載されています。
#6のかたがおっしゃっているのがそうですね。

これは、チェンジペダルにキルスイッチのようなものがあり、チェンジペダルでシフトアップするときに、エンジンを一瞬だけ切り、アクセルを戻さなくてもアクセルを戻したのと同じ作用をさせるものです。
このため、「アクセルを戻す」と言うロスがなくなります。

さすがに、シフトダウンの場合はクラッチを使用しますが、強力なエンジンブレーキによるリアタイヤのロックを防ぐために、バックトルクリミッターなるものがついています。
これは、エンジンブレーキをある程度制限できるものとなっています。

ま、どっちにしても一般に公道を走るぶんには、とくに必要ないものですが・・・(^_^;)
    • good
    • 6
この回答へのお礼

まとまっていてとてもわかりやすい解説でした。
ありがとうございます。

お礼日時:2004/09/28 23:33

バイクのレースシーンでは、シフトアップの際はクラッチ切らない場合が多いですね。

その方が加速速いので。
モトGPマシンにはオートシフターのような物が付いているはずです。シフトアップの際に点火をカットしてノークラシフト出来る仕組みだったような・・・。市販のパーツでも「バトルシフター」というクラッチ切らなくてもシフト出来るパーツが売ってます。
シフトダウンの際にはクラッチ切らないと、バックトルクで後輪が滑ってしまうし、負担が凄いのでクラッチを切っているのです。モトGPマシンは990CCで250馬力以上のバイクだし、バックトルク対策に各メーカーが苦労しているみたいだし・・・。
まぁ何にせよレース以外では使う必要無いです。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

やっぱり減速のときはクラッチ切るんですね。 理由も含めて納得しました。
ありがとうございます。

お礼日時:2004/09/27 15:17

ニュートラルが各ギア間にないシーケンシャルギアでは、


加速時にはアクセルを一瞬戻すだけで容易にシフトアップできます。
特にレーシングエンジンにおいては使う回転数が限られますしレスポンスがいいので、
サーキットにおいてはこの方が一般的です。
減速時にはアクセルを一瞬戻し、ギア切り替え間にタイミング良くアクセルをあおってシフトダウンします。

ミッションカートも同様、これは基本ですから、
これがスムーズに出来ないようですとレース以前の問題です。

公道でもできますが、1000分の1のタイムや順位を競うわけではありませんので無意味です。
(サーキット経験者はついやってしまいますね)
    • good
    • 5

クラッチを使わずにギアチェンジする方法については、回答No.3の”unos1201”さんが詳しく説明されているので、よくおわかりになったと思います。


 クラッチを使わずにギアチェンジすると、その方法(エンジン回転数とタイミングなど)によっては、クラッチを傷めることがあるので、クラッチを切るのが手間だからといって、このギアチェンジの方法は、多用しない方がいいですよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

はい、免許はもっているものの、大きなバイクには教習所以外では乗ったことがないですし、自分でやるのはやめときます(>_<)

お礼日時:2004/09/27 15:04

大型2輪に乗っていました。

加速してある程度回転数が上がると、ほんの少しアクセルを戻した段階で次のギアの回転数まで落とせます。この段階でクラッチを使用せずにギアを上げれば、抵抗無く変速できます。

自動車でもある程度可能ですが、自動車はニュートラルを通ってからギアを変えるので、ぴったしというより少しアクセルを戻してギアが外れるときにニュートラルにして、回転数をもう少し下げて上のギアに入れればクラッチペダルを使用しないで変速できます。

私は、マニュアルトランスミッションの4輪の運転でもクラッチを使用しないで時々3から4、4から5速へと上げる癖がありますが、流石に1速から2速はクラッチです。

また、同様に、2輪でも、1速と2速だけはその中間にニュートラルがあるので、クラッチなしでもギアをアップできますが、抵抗があるので、ここだけクラッチ使用です。

小型のバイクほど簡単で、慣れると大型のバイクでも十分に使えるテクニックです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しく説明していただいてありがとうございます。クラッチ操作も、確かに小型のバイクのほうが簡単ですよね。 エンジンの力がないからなのでしょうか?

お礼日時:2004/09/27 15:02

専門家ではないので間違っていたらごめんなさい。



以前聞いた話ですが、GPクラスの選手になると、スピードとエンジンの回転数をあわせて、クラッチを使わずにギアを買えられると聞きました。クラッチはギアとエンジンの回転差を解消するためのもの。回転数を合わせることができればすんなりギアは入ります。

私も試しましたが、うまくやればできました。とはいえ成功するのは何回かに一回、また、絶妙なタイミングでギアを変えることができるようになるには並大抵の技術ではないでしょう。
さすがGP選手ですね。

でも、もしかしたら、バイクでも自動クラッチのような機構が開発されたのかもしれません。最近バイク情報を入手していなかったので昔の知識ですがお役に立てれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、そういう仕組みだったんですね。 クラッチを切らなくてもギアにつなげるなんて、すごい技術ですよね。

お礼日時:2004/09/27 15:00

自動車でも同じですが、回転数がぴったり合うとギヤは自然に入るようになります。


つまり、バイクではクラッチレバー、車ではクラッチペダルを踏まなくても、シフト操作だけでギヤは入るようになります。
一度試してみてください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
自分ではちょっとこわくてできなそうです。

お礼日時:2004/09/27 14:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qレース用のバイクって、シフトが逆なんですか?

最近、バリ伝のGP編を読んだのですが、
コーナー手前でカツカツとシフトペダルを上に蹴ってました。
GPマシンってみんなあんな感じなんでしょうか?

テレビで、motoGPも見た事あるのですけど、
足部分の映像が映らないのでよくわかりません。
ぜひどなたか教えてください。

あれ、でも、CB750Fやカタナもそうだったですかねぇ…。
昔のバイクって皆そうなんでしょうか。
峠編や8耐編はまだ読んでないのでよくわからないです。

(関係ないですが、ヒデヨシがいつの間にか死んでたーー(泣)

Aベストアンサー

正チェンジでコーナー立ち上がりで加速しながらシフトアップするとシフトの下につま先をもぐりこませると地面と擦ってしまうから

レースではシフトアップ(加速)するときは、ものすごーく必死で加速するので、掻き上げる(正チェンジ)より、踏み込んだ(逆チェンジ)ほうがロスが少なく確実にチェンジできるから

現在のmotoGPやアマチュアレース等ではシフトアップするときに、クラッチ操作をしません、シフトと連動して一瞬だけエンジンを失火させるシステムがあり、事実上クラッチが繋がったままシフトアップができます、
このシステムと踏みつける(逆チェンジ)シフトアップ方法で、加速時のチェンジロスを最小限にしています

Qクラッチ操作のないカブ以外のMT車ってありませんか?

今までずっと50cスクーターに乗ってきたのですが、MT車にすごく憧れをもち始めています。運転する楽しみとかってあるんだろうな。
エイプやマグナなんかはすごくイイと思うのですが、やはり自信がなくて……。
そこでお聞きしたいのですが、カブのようにクラッチ操作の必要のないMT車ってありますか?教えてください。

Aベストアンサー

ちょっと質問なんですが、カブはなんでだめなんですか?ここにでてるバイクだったら、いちばんバイクとしてバランスいいですよ。実用的だし、エイプとかマグナではツーリングは大変でしょうが、カブだったら、荷物わんさかつんでどこだっていけます。シャリーとかモンキーもモデルを選べばカブのシフトですけど、どうしてもタイヤが小さかったりして、快適ではないです。カブのシステムが気に入ってるなら、カブが一番ですよ。高性能ですし、バイクをある程度覚えられます。ただ、カブのシステムって結構難しいですよ。普通のバイク乗れる人だって、初め苦労します。同じく苦労するなら、普通のミッション車のってもいいと思いますよ。その場合もエイプとか遊びのサイズのではなくて、タイヤの大きい実用車ベースの奴のほうが、乗りやすいし、安全です。
カブシリーズいくなら別バージョンでリトルカブっていうのもあります。若者に人気のようですが、やっぱりタイヤが小さいのであんまりどうかと思います。
いまおもいだしましたが、ジョルノカブっていう、スクーターがおもしろいですよ。ジョルノってスクーターのカブのシステムをつんだやつです。エンジンもカブでみためだけ、ジョルノってスクーターです。略してジョルカブ。絶版になってますんで、中古でしかてにはいりません。ただ頑丈なはずですので、中古でもんだいなし。レッドバロン等でさがしてもらいましょう。スクーターだったら、これだろーなー。不人気ですから、安そー。でもかっこいいですよ。

ちょっと質問なんですが、カブはなんでだめなんですか?ここにでてるバイクだったら、いちばんバイクとしてバランスいいですよ。実用的だし、エイプとかマグナではツーリングは大変でしょうが、カブだったら、荷物わんさかつんでどこだっていけます。シャリーとかモンキーもモデルを選べばカブのシフトですけど、どうしてもタイヤが小さかったりして、快適ではないです。カブのシステムが気に入ってるなら、カブが一番ですよ。高性能ですし、バイクをある程度覚えられます。ただ、カブのシステムって結構難しいです...続きを読む

Qレーシングマシンのシフトダウンについて

super GTカーやF1マシンといった車は市販車などと違い、シフトダウンの時にブレーキングしながらアクセルで回転をあわせるというようなことをせずにスムーズにパンッ、パンッとギアを落とすことができているように見受けられるのですが、やはりなにか特別なメカニズムを備えているのでしょうか?

Aベストアンサー

基本的に、レーシングカーのギアボックスは『ドグミッション』と呼ばれるもので、各ギアに『クラッチリング(ドグリングとも言います)』が付いており、選んだギアのドグ歯が噛み合っているため、機械又はドライバーが回転を合わせないと、その噛み合いが外れないため、シフトダウンは出来ません。(ただし、各ギアのステップ比がかなり狭い超クロスレシオのため、最大でも2,000rpm以上回転を上げる必要はありません。)

まず、ギアボックスのシフト機構には大きく分けて、『セミオートマティック(F1・GP2等)』と『マニュアルシフト(SUPER GT・IRL等)』があり、それらにより回転の合わせ方が違います。

『セミオートマティック(ステアリングのパドルで操作するため、パドルシフトとも言われています)』の場合、エンジンの『スロットル(アクセル)コントロール』に『ドライブ・バイ・ワイア(DBW)』を採用している場合(F1等)が多く、その場合はスロットルコントロールとシフトコントロールとを協調制御しているため、自動的にエンジン回転を合わせてくれます。以前は『プログラムシフト』というものも使われており、ボタン一つで自動的に好きなギアまでシフトダウンしてくれました。
『DBW』でないエンジン(GP2等)の場合は、エンジン回転を合わせるための『THブリッバー』を言うものが付いており、回転合わせをしてくれます。

『マニュアルシフト』の場合は、シフトダウン中ドライバーはブレーキを踏みながらスロットルを少し開けて回転合わせをしています。ごく稀に、意図的にオーバーレブさせてシフトダウン時の回転合わせの代わりにするドライバーがいますが、最近のエンジンでそれをすると、『エンジンブロー』につながります。

最近のシフト機構は『シーケンシャルシフト(オートバイのギアボックスと同じ)』と呼ばれるもので、ギアの選択時間が短く、いずれの場合でも、6→2速までシフトダウンするのに、大体1.5~2秒位で操作が終わります。したがって、昔のように丁寧に『ヒール・アン・トゥ』をしている余裕はありません。

基本的に、レーシングカーのギアボックスは『ドグミッション』と呼ばれるもので、各ギアに『クラッチリング(ドグリングとも言います)』が付いており、選んだギアのドグ歯が噛み合っているため、機械又はドライバーが回転を合わせないと、その噛み合いが外れないため、シフトダウンは出来ません。(ただし、各ギアのステップ比がかなり狭い超クロスレシオのため、最大でも2,000rpm以上回転を上げる必要はありません。)

まず、ギアボックスのシフト機構には大きく分けて、『セミオートマティック(F1・GP2等)...続きを読む

Qミラーの締め方

バイクを倒されて左側のミラーが緩んでしまいました。
まわすと締まるのですが、向きが反対方向になります。
調整の仕方を教えてください。

Aベストアンサー

いくつかの方が回答されていますので、既に調整が出来た頃でしょうか…
補足的に説明させていただきます。
質問者さんの言う、ゴムのカバーの中に六角のナットがあると思いますので、ミラーを所定の位置にあわせてナットを閉めるだけです。
ミラーの位置を少し前にしたり、後ろにすると斜めになっているミラーのスタンド角度が変わりますので、少しでもバイクの幅からミラーが出ないようにするには、角度をつけて調整しても良いかもしれません。
で、実はミラーは意外とバイクから飛び出ているパーツであることはイメージできると思います。
走行中にこのミラーが何かに当る事(車の横を通ったり、歩行者を追い越したり…道路横の看板に接触したり…)を想定すると、前から力が加わるとミラーが折れるより、ステーの取り付けで力を逃がす工夫がされています。
左のミラーは、「の」の字の逆に回る方が良く、また右のミラーは「の」の字に回る方が、より危険性を低くする事ができると考えられます。
ですので、車種によっては、右と左でナットの回す方向が逆になっているのがあります。

余談ですが、私は、今ホンダの原付に乗っていますが、このタイプのミラーにはさらに、驚かされました。
このナットが二重になっており、前から力が加わっても後ろから力が加わってもステーが緩むようになっています。
ですので、駐輪場に停車していて、人が横を通過した時に荷物が当るだけですぐにミラーが緩んでしまってます。
このタイプは調整するときは、2本のスパナが要りますので、私は12ミリのスパナ(100均で購入したもの)を2本積んで走ってます。

いくつかの方が回答されていますので、既に調整が出来た頃でしょうか…
補足的に説明させていただきます。
質問者さんの言う、ゴムのカバーの中に六角のナットがあると思いますので、ミラーを所定の位置にあわせてナットを閉めるだけです。
ミラーの位置を少し前にしたり、後ろにすると斜めになっているミラーのスタンド角度が変わりますので、少しでもバイクの幅からミラーが出ないようにするには、角度をつけて調整しても良いかもしれません。
で、実はミラーは意外とバイクから飛び出ているパーツであること...続きを読む

Qトランスミッションの構造

バイクのメカに詳しい方教えてください。

先日、友人から「6~Nまで一気にシフトダウンしてする場合は、クラッチを切ったまま煽る→5速→煽る→4速→煽る→・・・・ってやるんだよ。」と聞きました。
 
しかし・・・

クラッチを切ったまま吹かしてもトランスミッションには動力が伝わらないはず。よって、シフトチェンジには何も影響はないのでは??と思いました。どうやらバイクは湿式クラッチの為、トルコンのように少しは動力が伝達され、車でいうダブルクラッチのような役割があるだとか。

しかし・・・

実際にやってみたところ本当に入りやすくなりました。

エンジンブレーキをかけるために、タイヤ側の回転とエンジン側の回転を合わせるためなら分かる話ですが、クラッチをつながず煽る意味はなんなのでしょうか?そもそもバイクのトランスミッションは車のトランスミッションと仕組みがちがうのでしょうか?(当方自動車整備士です。)

どなたか教えてください。

Aベストアンサー

http://www.medias.ne.jp/~ybitoh/gearchange.html

>そもそもバイクのトランスミッションは車のトランスミッションと仕組みがちがうのでしょうか?
レシングカーを 除けば違います。

普通の車ですと ミッションの歯(ギヤ)を合わせるために シンクロメッシュ機構(クラッチ)が有りますね。これでギヤ如何し噛み合わせて変速します 1速から5速に変速出来ますね!
常時噛み合いのミッションは出来無い構造なんです。
ギヤに爪が付いていて これを噛み合わせて変速するんです。
詳しくは URLを参考に 理解してください。 

Qセパハンでキップ切られました…(涙

いつもお世話になっております。
GB250をセパハン、バックステップにしてます。走行してたらパトカーに停められキップを切られました。理由が整備不良で「ハンドル整備不良車運転」と書いてあります。警官の言う通り、「ハンドルをフルで切った時、ガソリンタンクとの距離がギリギリで、隙間に手が入ってスイッチング操作ができない」という点は納得です。(個人的にはフルでハンドルを切ることもないし、そんな時にスイッチング操作もしないので、好みで干渉しない程度にしていました。)

そこで「もう少し角度を開いたらいいのですね?」と質問したら返事を濁してました。他にもトップブリッジがノーマルで、パイプハンドルを挟む部分が出っ張っているのでそれもダメ。フラットなトップブリッジに変えなさいと言ってました。さらに他にも、ハンドル周りのケーブルがヘッドライトステーにぶつかってはダメ。ハンドルストッパーは角度が狭まって小回りがきかなくなるからお勧めできないとも言ってました。

どこからが法に触れて、どこからだお節介なのかわかりません。バイクパーツ屋さんのWebを見ても、セパハン使用時には、トップブリッジ変更とハンドルストッパーの使用を推奨します、としか書いてありません。義務のように思えないのですが、ハンドルがタンクにぶつからず、さらにスイッチング操作の支障がきたさない範囲の角度なら、ハンドルストッパーを使わなくてもいいのでしょうか?
セパハン仕様の方、道路交通法や整備に詳しい方、ご教授お願い致します。

(以前、ヘッドライトがついてない状態で走行してたので、白バイに呼び止められ注意を受けた時にはセパハンなどについて、何も言われませんでした…。)

いつもお世話になっております。
GB250をセパハン、バックステップにしてます。走行してたらパトカーに停められキップを切られました。理由が整備不良で「ハンドル整備不良車運転」と書いてあります。警官の言う通り、「ハンドルをフルで切った時、ガソリンタンクとの距離がギリギリで、隙間に手が入ってスイッチング操作ができない」という点は納得です。(個人的にはフルでハンドルを切ることもないし、そんな時にスイッチング操作もしないので、好みで干渉しない程度にしていました。)

そこで「もう少し角...続きを読む

Aベストアンサー

大掃除で資料を捨ててしまったので(笑)、正確なことは言えないのですが、
車検の無い軽二輪の場合、道路運送車両法の範囲内ならユーザーの責任で改造できたはずです。

セパハンにした場合関係ありそうなのは、
最小旋回半径、
ハンドルを切った状態の安全性、
シート、ハンドル、ステップの位置関係も、法律ではないですが自動車工業会(だったかな?)の基準があり、それに準拠するかたちで一定の範囲内で無いとダメだったはずです。

今回の場合はハンドルとタンクに手を挟む可能性があるため違反とされたと思いますが、
それ以外は関係無いと思いますけどね。
ハンドルロックにしても、防犯装置を備えていないといけないという決まりがあるだけで、実際にはハンドルロックでなくても、ワイヤーロック、U字ロックを常に携帯するのでもOKです。
実際、逆輸入のオフロードバイクにはハンドルロックは無いですが、車検取れます。

ハンドルクランプが出っ張ってるなんて大きなお世話ですね。
だったら、ハンドルクランプを付けておけば良い。

>ハンドル周りのケーブルがヘッドライトステーにぶつかってはダメ。

ノーマルでもそんなバイクは多いですけどね。


私は、今のように法解釈がやさしくなる前の10数年前に、SRをセパハンにして改造申請を取りました。
きっかけは、スワローハンドル(若い子は知らないだろうな・・・)でキップを切られた為です。
NSRなどもっと低いハンドルのバイクが走っているのに、SRのバーハン(スワロー)が何故いけないのか!というのが発端でした。
頭に来たので、もっと低いセパハンで車検を取ったのです。

ハンドル切れ角を変えると申請項目が増えるので、ハンドルを広めにセット。
タンクに当たる部分はタンクを凹ましました。
昔の英車やイタ車にはそうしたタンクのバイクもあったので、違和感はありませんでした。
陸運局に電話して、何度も足を運んで相談して、実際の車両検査はあっけないほど簡単でしたね。


実際問題として、バイクを改造には法律と安全性は避けて通れない問題です。
こけてセパハンに親指を挟まれ、骨折した人もいますし。
まぁ、いろいろと勉強するのが良いのではないでしょうかね。

大掃除で資料を捨ててしまったので(笑)、正確なことは言えないのですが、
車検の無い軽二輪の場合、道路運送車両法の範囲内ならユーザーの責任で改造できたはずです。

セパハンにした場合関係ありそうなのは、
最小旋回半径、
ハンドルを切った状態の安全性、
シート、ハンドル、ステップの位置関係も、法律ではないですが自動車工業会(だったかな?)の基準があり、それに準拠するかたちで一定の範囲内で無いとダメだったはずです。

今回の場合はハンドルとタンクに手を挟む可能性があるため違反とさ...続きを読む

Qクラッチなしでギアをおとす?

はじめまして。
友達がTWに乗っているんですが、ギアをおとす時にクラッチを使わずにアクセルだけでおとしていました。
クラッチを使わずにギアっておとせるんですか?
知っていましたら方法教えて下さい。

Aベストアンサー

ギアを上げるとき
 加速中(アクセルを開けているとき)に、シフトレバーを上に軽く押し付けていると、アクセルを一瞬だけ戻したときにスコッと入ります。
昔のレーサーのほとんどは、こういったやり方でロスなくシフトアップしていました。
私も、ギアを上げるときだけはクラッチをほとんど使用していません。

ギアを落とすとき
 減速中(アクセルを閉じているとき)に、シフトレバーを下に軽く押し付けていると、アクセルを一瞬だけ開けたときに、ギアが落ちます。

ギアを落とすときは、ギアをあげるときよりもミッションに負担がかかりますので、クラッチを使ったほうがよろしいでしょう。

Qスムーズな加速のやり方を教えてください

TW200に乗っています。購入して2週間ほど乗っていますが、いまだにスムーズな加速ができません。チェンジするたびにガクガクなります。特に1速~3速の間です。私のやり方は
(1)1速から発進した後、アクセルを少し戻し(完全には戻さない)、クラッチは完全につながず、すぐ2速に入れた後、つなぐ。
(2)2速で加速したらクラッチを1/2~1/3切る。完全には切らない(半クラの一つ手前くらい)で3速に入れる。4~5速は(2)の繰り返し。アクセルは(1)と同様少し戻すくらい。
となってます。もしこのやり方でまずい点があればアドバイスよろしくお願いします。アクセルは完全に戻した方がガクッとならないでしょうか?

Aベストアンサー

バイクの場合、アクセルはスロットルと言います。
バイク暦が長くても、乗り慣れないバイクのギアチェンジはスムーズにいかないものです。ましてや、バイク暦が浅く、購入して2週間なら、ガクガクなってあたりまえだと思います。
その上で、回答します。

まず、ギアチェンジは、回転が低いうち(4千回転くらい)にすればあまりガクガクしません。

一連の手順は以下の通りです。
1.発進
2.4千回転くらいになったら、クラッチレバーを握ると同時に、スロットルを全部戻す
3.2の直後に左足でシフトアップ
4.3の直後に、クラッチレバーをポンっと離す(スロットルは戻したまま)
5.4.の直後から、スロットルをゆっくり開けていく
6.2.へ戻る

ちなみに上記2~4は、慣れてくれば一瞬(0.2秒くらい)で出来るようになります。
あせらなくても、そのうち頭で考えずに出来るようになるので、急発進・急加速を控えて、低回転運転で1年くらい乗ってみてください。

Qチョークレバーを引いたままの長距離走行

チョークレバーをひいたまま2,30km走行したりすることはときどきありますが、さらに長距離は知ってしまったばあいや、高速走行し続けていた場合などはやはりエンジンに悪影響をあたえるのでしょうか?

Aベストアンサー

あんまり勧めません。
悪影響もあるかも。

濃い混合気でエンジンを回していると、不完全燃焼によりプラグや燃焼室内にカーボンが溜まります。
ようするに煤です。
カーボンは電気を通すので、プラグにカーボンが溜まると電気がプラグギャップではなくカーボン内を流れてしまい、火が飛ばなくなります。
まぁ、軽度であれば一回全開走行すれば焼けて飛んでいくと思いますけどね。
重度の場合はプラグ交換が必要です。

また、濃い混合気によるガソリンがシリンダー内のオイルを洗い流してしまい、シリンダーの磨耗を早めると言う話を聞いたこともあります。
この話の真偽はわかりませんが。

環境の面からも、暖気のしすぎはお勧めしません。
みんなでチーム6%。

QYAMAHAのミッションカートの操作について教えていただきたいです

右手で操作するシフトはギアを上げていく時はどのように操作するんでしょうか。
左手のクラッチは走行中は操作するんでしょうか。
シフトダウンはその都度クラッチ操作が必要なんでしょうか。
とても初歩的ですが、エンジンの始動方法も教えていただけたら幸いです。

Aベストアンサー

直結のカートを10年ほどやった者です。

僕がレースの合間に試乗会で乗ったやつは、
・シフトレバーは下方向(というより進行方向に押すイメージ)でアップシフト、
・逆に手前に引くとダウンシフト
でした。ヤマハから出荷したいわゆる箱だし状態なのでシフト周りはノーマルなはずです。

クラッチは発進時以外は使いませんが、自動車のようにシンクロナイザがついていないので、
・アップシフト時には少しスロットルを戻す
・ダウンシフト時には少しブリッップ(煽る)
をそれなりにやらないと車がギクシャクします。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング