出産前後の痔にはご注意!

星を見ると光が点滅?してるのはなぜですか?
街の街灯も遠くから見ると光が強くなったり弱くなったりしてるように見えるのはなぜですか?
今日弟に質問されて、私も分からなかったので気になりました!
教えてください

A 回答 (4件)

瞬く原因は風です。


冬の星なども同じ原因で
風が吹くと大気中の部分部分の密度の差が出来て光が進む時この密度差の所で屈折するため、遠くの光が揺れ動くように見えるためです。
双眼鏡で見ると良くわかりますが 点滅するのではなく、揺らぐのです。
ちなみに街灯は近いのと面積が大きいので解かりにくいのです。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

助かりました

わかりやすく説明して頂きありがとうございます!
これで明日弟に伝えられます!

お礼日時:2017/12/27 23:24

星の点滅を、星のまたたきとも呼び、人間には昔から親しまれた現象です。



我々は、地球の大気を通じて恒星や惑星を見ています。大気は勿論空気が主体の気体です。空気は窒素と酸素の他、メタンガスや炭酸ガスやその他の気体が少量混ざっています。そして重要なのは、水もこの中に大量に混ざっているのです。

水は色々変化します。固体としては氷、液体としては水、気体としては蒸気として空気中に存在するのです。そしてその濃さは、時々刻々と変化します。そして三種類の組み合わせも、雲になったり、雨になったり、雪になったり、霧になったり、霞みになったり色々です。

こんな色々水が変化した空気の濃い薄いの変化で、星は良く見えたり、少し陰ったりして見えます。勿論色々な状態で、それが濃すぎれば星は見えませんが、薄ければ見えて来ます。これが星のまたたきの原因となります。
    • good
    • 1

空気の密度に差があると光は屈折します。


そのため、目に光が届いたり届かなかったり、あるいは届く光に強弱の差ができたりします。

そのまま何も動かないと「届かないまま」「見えないまま」ということになります。
しかし風のある日はそれに乗って空気の密度差も移動します。
それに伴い光の屈折も変化し、それが点滅したような――またたきとなって見えるのです。

町の街頭も同じことです。

水面から川の底を見ると揺らいで見えるのも、光の屈折の変化によってものが揺らいで見える例のひとつです。
    • good
    • 1

空気の密度の違いによる光の屈折。


風で温度の異なる空気(密度が違う)が揺らいでいるからですね。

ですので光学式の望遠鏡を備えた天文台は高い場所にあると有効なんです。
さらに風の影響を受けない形にすることで精度よく遠方(天体)の観測ができます。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q星のちらつきは何故起こるんですか?

夜空の星は肉眼で見てもチカチカと点滅している星がありますが、大気による影響だというのは知っていますがなぜ点滅しているのかがよくわかりません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1さま,#2さまの御回答は原理的にはその通りなのですが,
実はもうひとつ重要な要因があります.

「偏光」です.

惑星など,自分では光らず,太陽光を反射して明るくなっているものは,
普通の星(恒星)ほど「ちらつかない」です,金星や木星,土星はよく
見えますので,一度見てみて下さい.(肉眼で結構です.)

これは反射光は「偏光」からです.
通常,恒星の光は,その電磁場の振動方向(偏光面)がいろいろなのが
混ざったもの(結局,無偏光)なのですが,反射光は反射面の状態により
偏光状態が揃う場合があります.

その場合,大気の乱れにより光路は曲げられるのですが,その光は偏光
しているので曲がり方が一様で,結局目に届く頃には余りちらつかない
ものとなります.

それに対し,無偏光の光は曲がり曲がってむちゃくちゃになるため,
大気の状態によって明るさが大きくかわり,結局「瞬き」となります.

偏光しているかどうかは,ハンズ等で「偏光板」をお買いになって,
それをすかして対象物を見て,その偏光版の傾きを変えてみると
明るさが変われば,「偏光している」ことになります.

#1さま,#2さまの御回答は原理的にはその通りなのですが,
実はもうひとつ重要な要因があります.

「偏光」です.

惑星など,自分では光らず,太陽光を反射して明るくなっているものは,
普通の星(恒星)ほど「ちらつかない」です,金星や木星,土星はよく
見えますので,一度見てみて下さい.(肉眼で結構です.)

これは反射光は「偏光」からです.
通常,恒星の光は,その電磁場の振動方向(偏光面)がいろいろなのが
混ざったもの(結局,無偏光)なのですが,反射光は反射面の状態により
...続きを読む

Q夜空に点滅する光

質問させて頂きます。

山に囲まれた田舎に住んでる者ですが、去年あたりから、母が夜空に変な光を目撃します。
私も母が呼びに来て見てみましたが、あれが何なのか見当もつきません。

簡単に纏めると
・よく見る時間帯は夜の9時~10時辺り
 (もしかしたらそれ以外の時間でも光ってるかも)
・光る日と光らない日がある
・白っぽい光で数秒、長いと数分間隔で点滅。光も強かったり弱かったり。
・移動するときもあれば、留まってる時もある
上記のような感じです。
星ではなさそうですし、衛生でもなさそう…
飛行機にしても、こんなに不規則に点滅しながら移動したりするものでしょうか?

文章が支離滅裂でしたら申し訳ありません
家族内でもずっと話し合ってるのですが解決できず、ずっとモヤモヤしています。
詳しい方、お答え頂けると幸いです。

因みに、昨日と今日、9時過ぎ~10時頃に光るのを目撃しました。

Aベストアンサー

頻繁に目撃できるのなら、飛行機の可能性が高いと思います。
夜間飛行する飛行機はかなり遠方(数十km)からでも見えます。
もし、その方向に飛行場(基地)があるのなら、かなり飛行機である可能性が高まります。
方位や速度が一定していないのは航路の変進する空域であったり気象条件等によって、
飛行する条件や高度が若干変化したりするのでその影響かもしれません。


人気Q&Aランキング