最近、

「うろ覚え」



「うる覚え」

と書く人が多いようです。
辞書を見る限り、これは誤用で、本当は「うろ覚え」なのですが、
あんまり多いので、最近心配になってきました。
というのは、「うろ覚え」と書いたとき、
まちがって覚えている人に

「わー、あの人『うろ覚え』なんて書いてるよ。頭わるそう」

と思われそうで、それもちょっと嫌です。

で、質問なのですが、

(1)「うる覚え」と書いている人は、それが正しいと思って書いているのか?
それとも、シャレで書いているのか?

(2)「うろ覚え」という表記を見て、上記の感想を持ったことはあるか?

以上2点を教えて下さい。よろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

おはようございます!



うふふ!私も実は同じ事を考えて、以前調べた事があり、下記のサイトを見つけました。
実際に使っている訳ではないので分かりませんが、「うる覚え」への変遷の推察の興味深さも然ることながら、こういった記事になるほど多くの人が「うる覚え」表記でいるようなので、多分シャレではないのでしょうね。

どちらも経験者ではないので回答ではありませんが、同じ疑問を持つ人間として興味深かったので、ご紹介と共に書き込みさせていただきました。

参考URL:http://www.tt.rim.or.jp/~rudyard/hirago014.html
    • good
    • 2
この回答へのお礼

サイトの情報をありがとうございます。
面白く、また勉強になりました。

お礼日時:2004/09/28 22:20

(1)どちらもいるようです。


私も以前疑問に思って、ある場で尋ねてみたことがあるのですが、知人に「2ch用語だよ」という回答をもらいました。
2chでは「わざと間違った日本語を使う」→「わざと間違っていることを承知で突っ込む」や「わざと間違った日本語を使う」→「わざと間違っていることを承知しているから放置する」などの、暗黙の了解による遊びがあるようです。
「ふいんき」などもそれのひとつのようですね。

ただ、どんどん成員の増える中で、最近では、元からいる人間が「間違っているとわかって使っている」ものを、「みんな使っているから/だれも間違いだと指摘しないのだから正しい日本語である」と思い込んでしまう人もいるのではないかと思います。
他人事ながら少々心配です。

#もちろん下のかたがたがおっしゃるように、2chとはまったく無関係に間違って覚えてしまってる方もいらっしゃるかと思います。

(2)「うろ覚え」に対しては、ないです。
「うる覚え」に対しては、「頭悪そう」と思うよりは、「この人は本気で間違えているのか? わざと書いているのか? どっち?」と気になります。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
なるほど、話は想像以上に複雑ですね。

お礼日時:2004/09/28 22:41

私も見たことがあります。


1)多分本当にそうだと思って書いていると思いますね。
 一度間違ってインプットされてしまったら誰かに訂正
 されない限り違っていることに気が付かないでしょう。
 「わ」と「は」の違いのように小学校の時に誰もが念入りに(?)
 教えてもらう言葉とは違いますしね。

2)「うろ覚え」に関しては正しいので頭悪そうとは思いません。
 余談ですが個人的に「いった(言った)、そういう」を
 「ゆった、そうゆう」と書いてあったりすると、何となく
 「頭悪そうに見えるのになあ…」と思います。

 でも話し言葉でなんとなく使っている言葉も、表記したら
 実は違ってたなんて事を自分でもよくやってしまうので
 つくづく日本語って難しいですよね。

この回答への補足

上記の「そいういえば」は、入力まちがいです。

補足日時:2004/09/28 22:37
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
そいういえば、私もいくつかまちがって覚えていた言葉がありました。
難しいものですね。

お礼日時:2004/09/28 22:36

(1)正しいと思って書いているんだと思います。


ここのサイトにもいっぱいいますよ。
以下のようなのを自信もって何度も書く人。

・内臓ハードディスク(臓器だったんかい)
・確立は50%(これを書く人は本当に多い。確率60%)
・ディスクトップパソコン(皿の上?)

(2)ないです。
「うる覚え」って書いてあるとそう思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

確立は私も気になります。数学科だったもので…。
内臓は…知らないうちにやってるかもしれない。

お礼日時:2004/09/28 22:35

(1)「ふんいき」を「ふいんき」だと思っている人がいるように間違えて覚えているのだと思います。



(2)「うろ覚え」の時には正しくかけているのでさらっと流れてしまいますが、「うる覚え」の場合は頭悪そうと思います。

とはいえ、私もそういう言葉の間違いで「もしかして自分が間違っているの?」と疑問を持って人に聞いてみたことがあります。結果私の方が間違いなかったとわかりほっとしました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

みなさん「うろ覚えが正しい」派でほっとしました。
ただ、「うる覚え」派の人は書き込んでくれませんね。
相当数いるはずなんだけど。

お礼日時:2004/09/28 22:33

「うる覚え」と書いているのを見ると「こいつは馬鹿だなー」とは思いますが、


些細なことなので特に注意もしません。
注意したことで掲示板が荒れるのもイヤですしね(^_^;)<因縁つけてると思われるじゃないですかー。

それにしても、日本語すらまともに使えない日本人が増えているのは悲しいことですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
「うる覚え」を注意していたらキリがないですからね。

お礼日時:2004/09/28 22:24

(1)完全に間違えていますね。

正しいと思ってます。
(2)正しいことを確認しているので自信を持って部下にも良く注意します。
他にもいっぱいありますね。読み方の違いや漢字の誤用(孫にも衣装× 馬子にも衣装○)、また役不足のように全く意味を間違えていること。日本語は難しいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
難しいですね。私も注意はしていますが、
時々誤用してしまいます。

お礼日時:2004/09/28 22:22

(1)については、単純な間違いが多いとおもいます。

「的を得た」のような誤りと同じ部類でしょうね。
(2)は、思ったことはありません。
よくある2ちゃん的な表現にも無いと思いますが、自信はありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
「いちよう」「ふいんき」等もありますね。

お礼日時:2004/09/28 22:18

本を読まずに、耳から入った言葉をそのまま使っているからです。



まぁ、本人は正しいと思って使っているのでしょう。


>「わー、あの人『うろ覚え』なんて書いてるよ。頭わるそう」

私は逆ですね。「あの人、『うる覚え』なんて書いてるよ」と思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>「あの人、『うる覚え』なんて書いてるよ」と思います。
私もそう思わないでもないのですが、
あっちがまちがっていたとしても、
「まちがってる」と思われてたとしたらなんか嫌で…。
実害はないのですが…。

お礼日時:2004/09/28 22:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qうろ覚え うる覚え はどちらが正しいですか?

うろ覚え うる覚え はどちらが正しいですか?

Aベストアンサー

うろ覚え

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%86%E3%82%8D%E8%A6%9A%E3%81%88

Q「おられる敬語は誤用」は誤用?

私自身は方言に縁がなく育ち、昔からドラマや小説で「おられる」と見聞きしていたので、
最近多い「敬意表現として間違い」という指摘に違和感を覚えます。
あおぞら文庫などで「おられ」「居られ」を検索しても結構該当しますし、
「おられる→敬語は関西では普通だった」という説にしても、
東北出身の作家が「おられ」と使っていたりして、今一つスッキリ納得出来ません。
明治維新の頃に主要藩出身者の登用からその地方の方言が広まった、というようなのと同様に、
「おられる」も何かの際に広まったものの、その後「マニュアル国語信奉者」が増えて、
一度は市民権を得ていたものが誤用扱いされる事になった、のかなと思うのですが、
他の方たちのご意見を聞きたいです。
また、「誤用扱いは誤り」だとして、「おられる」は敬意表現として使っていいと思いますか?
それとも誤解を内包する以上不適切でしょうか?

Aベストアンサー

当方、関西に生まれ、関西に育っていますので、例に漏れず、「おられる」はごく普通の敬語(尊敬語になるのかな、相手を高める言い方)だと思っていました。

「おる」が「いる」とほぼ同じ意味を持つ普通動詞だというNo.2さんのご意見にとても納得しました。
これは「方言だ」と言われればそれまでですが、「おる」は自分を落とした言い方ではなく、ごく普通に「存在する」という意味で使っています。
「そこに犬がおる」は「そこに犬がいる」と同義です。
こういう「おる」の使い方は、depu2さんがおっしゃるとおり、ちょっと古い書物を繙けばすぐに出てきます。しかも西日本に限った表現ではなかったと記憶しています。
このことは古典文学を見ればすぐ分かると思います。ただこの表現が西日本に残り、東日本では廃れていっただけ。そして東日本の言葉が共通語(だか標準語だか分かりませんが)として採用されただけのことだと思います。

さらに、『広辞苑』を見ても、「おる」のどこにも「謙譲語である」とは書かれていません。せいぜい、

意味的に下の立場の人が上に向かっては使いにくく、上から下へが多いため、それをする人を低める語と解釈されることがある。「いる」より使われる場が減った結果、「いる」の改まった感じの語としても使われる。

自分について卑下、他人について軽侮・罵詈の意味を含むことがある。

という書き方です。
ほかの謙譲語であればはっきり「謙譲語」だと書かれていますから、「おる」を謙譲語とするのは間違いではないかと、私も思います。
ただ、私は国語学の専門家ではないので、学問的に言って正しいのかどうかは分かりません。

当方、とても不勉強で、たまにそういう「誤用」だの何だのという記事を見ても、めんどくさいのできっちり読まないのでよく知らないのですが、「“おられる”が“誤用”だ」と言っているのはきちんとした専門家の方なんでしょうか……。

当方、関西に生まれ、関西に育っていますので、例に漏れず、「おられる」はごく普通の敬語(尊敬語になるのかな、相手を高める言い方)だと思っていました。

「おる」が「いる」とほぼ同じ意味を持つ普通動詞だというNo.2さんのご意見にとても納得しました。
これは「方言だ」と言われればそれまでですが、「おる」は自分を落とした言い方ではなく、ごく普通に「存在する」という意味で使っています。
「そこに犬がおる」は「そこに犬がいる」と同義です。
こういう「おる」の使い方は、depu2さんがおっしゃ...続きを読む

Q「うろ覚え」ではなく「うる覚え」と書く人

最近、

「うろ覚え」



「うる覚え」

と書く人が多いようです。
辞書を見る限り、これは誤用で、本当は「うろ覚え」なのですが、
あんまり多いので、最近心配になってきました。
というのは、「うろ覚え」と書いたとき、
まちがって覚えている人に

「わー、あの人『うろ覚え』なんて書いてるよ。頭わるそう」

と思われそうで、それもちょっと嫌です。

で、質問なのですが、

(1)「うる覚え」と書いている人は、それが正しいと思って書いているのか?
それとも、シャレで書いているのか?

(2)「うろ覚え」という表記を見て、上記の感想を持ったことはあるか?

以上2点を教えて下さい。よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

おはようございます!

うふふ!私も実は同じ事を考えて、以前調べた事があり、下記のサイトを見つけました。
実際に使っている訳ではないので分かりませんが、「うる覚え」への変遷の推察の興味深さも然ることながら、こういった記事になるほど多くの人が「うる覚え」表記でいるようなので、多分シャレではないのでしょうね。

どちらも経験者ではないので回答ではありませんが、同じ疑問を持つ人間として興味深かったので、ご紹介と共に書き込みさせていただきました。

参考URL:http://www.tt.rim.or.jp/~rudyard/hirago014.html

Q「子供さん」という表現は誤用じゃないですか?

「お子様」「お子さん」ならいいと思いますが「子供さん」を
使う人がたまにいます。
なんか違和感あるのですが間違いではないでしょうか?

Aベストアンサー

こどもの「ども」は、「私ども」の「ども」のように謙譲の意を表したり、複数を表したりする接尾語であるため、違和感があるように思われたのかも知れません。
しかし「子供」の「ども」は現在ではほとんど意味がない言葉です。
ですから「子供さん」という言い方には、全然問題はありません。
「子供さん」という言い方は、最近流行ってきたのではありません。
むしろ最近は使われ方が少なくなってきたと思います。
使っているのは年配の人が多いようです。
昔はよく使っていました。
下の<参考欄>にもあるように、60年以上前の文豪たちの名作にも出ています★。
「子供さん」と言っている登場人物は、粗野で無教養な人物ではありません。

<参考>青山文庫ヨリ
 太宰治 「皮膚と心」
・・・そう覚悟をきめますと、それまで内心、うじゃうじゃ悩んでいたもの、すべてが消散して、苦しさも、わびしさも、遠くへ去って、私は、家の仕事のかたわら、洋裁の稽古にはげみ、少しずつご近所の★子供さんの洋服の注文なぞも引き受けてみるようになって・・・

 林芙美子 「「リラ」の女達」
・・・気が弱くつちや駄目、――牧さんの方だつて、奥さんも★子供さんもいらつしやるンですもの、判るでせう?」・・・

 林芙美子 「下町」
・・・「★子供さんあるのかね?」「えゝ、八ツになる男の子がありますけれど、いま、転入とか、学校の事でごたついてをりますンですよ。・・・

 矢田津世子 「旅役者の妻より」
・・・お邸に慣れるにつれ、内々の事どもを見ききするようになりましたが、この世の仕合せと羨やんで居りました大家の奥にも暗いかげがあり、奥様には★子供さんがなく、お妾に四人もの子があってお袋様は孫の愛にひかされてお妾にかたうどする有様、御主人はまた・・・

こどもの「ども」は、「私ども」の「ども」のように謙譲の意を表したり、複数を表したりする接尾語であるため、違和感があるように思われたのかも知れません。
しかし「子供」の「ども」は現在ではほとんど意味がない言葉です。
ですから「子供さん」という言い方には、全然問題はありません。
「子供さん」という言い方は、最近流行ってきたのではありません。
むしろ最近は使われ方が少なくなってきたと思います。
使っているのは年配の人が多いようです。
昔はよく使っていました。
下の<参考欄>にもあるよう...続きを読む

Qうろ覚え?うる覚え?どちらでしょうか!?

私はずっと「うろ覚え」と使っていたのですが

最近ネット上で「うる覚え」という表現を見かけるようになり
どちらが正しいのかわからなくなってきましたぁ~!

どちらが正しいのでしょうか?

※ちなみにCD-ROMの辞典で調べると「うる」は出てこなかったんです・・・。

Aベストアンサー

うろ覚えが正解です。

過去にもありましたね、この質問。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=167373

Q誤用されている言葉や意味が一般化している場合は、もうそれを正式な言葉や意味にして良いんじゃないかな?

例えば「間髪入れず(かんぱついれず)」って使う人多いですが、本来は「間、髪を容れず(かん、はつをいれず)」ですよね。
「すぐに」とか「即座に」って意味で使っているから意味は良いとして、言葉としては「間髪容れず(かんぱついれず)」を正式な使い方にしちゃっても良いと思うんですよ。

「三十路(みそじ)」ってのも30歳ちょうどのことだけど、この言葉を使って30代をあらわしたりする人も結構いますよね。
だったらもう三十路は「本来30歳ちょうどを意味するが、30代を表現する場合も使用する」みたいな感じで意味を変えちゃったり。

「敷居が高い」ってのも、「後ろめたいことがあって、そこを訪れるのに抵抗感がある」って意味だけど、「分不相応」って意味で使ってる人が多いと思うんですよ。
これももう「分不相応」も加えちゃって良いんじゃないかと。

他にも「煮詰まる(議論とかが)」とか「姑息」とか。

なぜならその間違った意味や用法で会話が成立しちゃってるから。
本来の意味をちゃんと理解している人たちは、そういう会話を聞いていると、「???」となると思うのですが、正式な意味として認定されてしまえば、その微妙なストレスはなくなると思うんですよね。
言葉なんて時代で変わっていくものだから、もっと柔軟にした方が良いと思うのですが、いかがでしょうか?

例えば「間髪入れず(かんぱついれず)」って使う人多いですが、本来は「間、髪を容れず(かん、はつをいれず)」ですよね。
「すぐに」とか「即座に」って意味で使っているから意味は良いとして、言葉としては「間髪容れず(かんぱついれず)」を正式な使い方にしちゃっても良いと思うんですよ。

「三十路(みそじ)」ってのも30歳ちょうどのことだけど、この言葉を使って30代をあらわしたりする人も結構いますよね。
だったらもう三十路は「本来30歳ちょうどを意味するが、30代を表現する場合も使...続きを読む

Aベストアンサー

おっしゃることは一理あると思います。

 例にあげられたような言葉は、まだマシです。
 辞書をひけば本来の意味がわかりますから。
 しかし、「誤用」のほうが完全に優勢になれば、コミュニケーションのツールとして成り立たないでしょう。
 下記のリンク先のリンク先からひきます。
==============引用開始
 昔、後輩が恥をかいた話を聞いたことがある。お偉いさんに仕事の進捗状況を訊かれ、「完全に煮詰まってます。アドバイスをいただけませんか?」と言ってしまったそうだ。
「オマエはオレをなめてんのかー!」と一喝され、延々と説教されたらしい。
 誤用ひとつにメクジラを立てるのもどうかと思うが、このお偉いさんはそういうキャラだからしかたがない。「煮詰まる」と「行き詰まる」を間違えると、こういうことが起こりかねない。
 実社会で使っちゃいそうで、使っちゃうと相手が逆上しかねない誤用って、ほかにもいろいろある。
「ご苦労様でした」
「役不足」
「枯れ木も山の賑わい」
 そういうのは知っておかないとダメだろ。
==============引用終了

 近年、辞書をひいても本来の意味がわからなくなった言葉がいろいろあります。
 個人的には、「使えなくなった言葉」になっています。
 詳しくは下記をご参照ください。
【もうダメかもリスト】〈2〉──けっこう厳選(笑)
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2266.html
==============引用開始
【1】これはもうダメだろう(新聞や辞書でも目にする)
1-1  一生懸命
1-2  独壇場
1-3  喧々諤々
1-4  潮時
1-5  ぎこちない
1-6  まぬがれる
1-7  逆王手
1-8  組みしやすい
1-9  檄(げき)を飛ばす
1-10  忸怩(じくじ)たる
1-11  知恵熱 ※これは新聞では見かけない?
1-12  確信犯
1-13  とても+肯定形
1-14  ★全然+肯定形(個人的には× 新聞も使わないだろうな)
1-15  なるほど(好ましくない相槌)
1-16  こだわり(本来は否定的な語)
1-17  生き様(微妙。「様」は本来は否定的な語)
1-18  さらなる(微妙)
1-19  破天荒
1-20  助長
1-21  ごぼう抜き
1-22  手をこまねく
1-23  憮然
1-24  白羽の矢が立つ
1-25  ジンクス
1-26  斜に構える
1-27  とんでもありません
1-28  とんでもございません
1-29  せめぎ合う
1-30  他人事(たにんごと)
1-31  王道
1-32  善し悪し(よしわるし)
1-33  私淑
1-34  欠
1-35  鳥肌が立つ
1-36  心が折れる
1-37  あげつらう

(略)
==============引用終了

おっしゃることは一理あると思います。

 例にあげられたような言葉は、まだマシです。
 辞書をひけば本来の意味がわかりますから。
 しかし、「誤用」のほうが完全に優勢になれば、コミュニケーションのツールとして成り立たないでしょう。
 下記のリンク先のリンク先からひきます。
==============引用開始
 昔、後輩が恥をかいた話を聞いたことがある。お偉いさんに仕事の進捗状況を訊かれ、「完全に煮詰まってます。アドバイスをいただけませんか?」と言ってしまったそうだ。
「...続きを読む

Qうろ覚え?

前から気になっていたのですが、
「覚えてるけどはっきりってわけじゃないから確かじゃない」
と言うような意味で、「うろ覚え」と言う言葉がありますよね。
私はずっと「うろ覚え」は「うろ覚え」だと思っていました。
でも「うる覚え」と使っていらっしゃる方もけっこう見かけます。「うら覚え」というのも見かけました。
気になって辞書でひいてみたのですが、載っているのは「うろ覚え」だけでした。
それにしても「うる覚え」という言葉もよく見かけます。
ただの誤用なのでしょうか?
それとも何か理由があるのか、分かる方いらしたらお教え下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「誤字等の館」というHPでそのあたり詳しく考察しています。
もちろん正解は「うろ(不十分、不正確の意)+覚え」なのですが、話し言葉においてはうる覚えと発音する人もいらっしゃいます。

うろ覚え→うろーぼえ→うろうぼえ→うるおぼえに変化して行ったのではないかという説ですが、結構説得力があって納得してしまいました。

参考URL:http://www.tt.rim.or.jp/~rudyard/hirago014.html

Q日本語が嫌いです 日本人は損してると思います、自分がそう思っています。 日本語覚えるなら英語覚えたか

日本語が嫌いです
日本人は損してると思います、自分がそう思っています。
日本語覚えるなら英語覚えたかったです、なぜなら日本語はダサいからです。
それに比べて英語はかっこいい、この違いはなんですか?
しかも日本語は簡単に発音できるのと違い英語の発音は難しい
ほんと日本語は損ばかりしてます。
日本語はなぜこんなにもショボくて腐ってる言語なんでしょうか?
日本人じゃなくアメリカ人が良かったです。
英語よめればウイルス表記も読めるしなにかと便利だけど日本語は不便です。
なぜ日本なのに日本語でウイルス表記しないですか?
なぜ日本なのに英語表記があるんですか?これぎもんです
nintendもローマ字表記で普通に、任天堂とかかないのはなぜですか?
しかもゲームの説明書の裏には英語表記がびっしり書かれてるし、日本なのに英語表記使う意味はなんですか?
日本語ってそこまで必要じゃないんですか?
英語の方が必要性ありますよね

Aベストアンサー

この質問、ずっと心に引っかかていました。
今週だったか、混血の人の自殺の話をテレビでやっていて、なんともいたましいなって思いました。

元ミスユニバース日本の女性が、子供時代のいじめで、アメリカに渡った話を聞きました。

日本も韓国も人種差別はお盛んです。韓国の場合は、日本よりも血縁を重んじますし、学歴社会ですから、もっとひどいものだと思います。私などでも、ずっと長い間、日本人からも、他の国の人からも「なに人」とか言われましたし、チケットを買おうとすると、英語で聞かれたりしました。

私の生まれ故郷では、幸い、あまり人種差別的なことは発生しなかったというか、不思議となかったと思います。今の学校というのは、先生方自体が、そういう問題に深刻に向き合ってきていないし、子供たちと同じ目線でしか考えられないようです。子供の差別心は、親の心を反映しているわけで、親がいけないと言えば、子供たちはやめるはずなのです。だいたい、日本人の遠い祖先の中には、かなり遠くの国からやってきて、日本にいついた人もいます。

日本語が嫌いになるには、それなりのもっと心の闇のようなものがあるような気もします。

それを一方通行であれこれと評価することも批判することも、無理だと思います。

アメリカは自由だと言いいますが、かつて明治の前にアメリカに渡った頃とは違ったものになっているわけで、自由の意味がだいぶちがってきているようです。多民族国家ゆえに、日本語以上に、相手への心遣いの言葉が必要だというそうです。

日本語が損しているというよりも、日本が、経済的にも政治的にも損をしているわけで、私たちが直接見聞きしなければ気がつかない問題が多くあります。日米地位協定なんていうものも、駐留米軍が日本では何をしても許されるような感覚に陥ってしまうものだと思います。

日本語の印象というのは、あまり効率的な言語ではないというのは事実です。最後の語尾まで聞き取らないと、某テレビ局のように、最後の音声を消してテレロップでは逆の意味にしたりすることも可能です。

言葉は最終的には意思を伝える道具にすぎません。しかし、それと同時に思考言語です。『英語で考える』といったところで、内的言語が英語になっているに過ぎません。

その道具の使い方次第ではどうにも変わるものだと思います。一生懸命に英語を勉強したら、きっと違う部分が見えてくるはずだと思います。日本人としてのアイデンティティーを失ってまで英語を勉強し続けるのか、それとも、日本人としてのアイデンティティーを深めるかは、ご質問者さん次第だと思います。

この質問、ずっと心に引っかかていました。
今週だったか、混血の人の自殺の話をテレビでやっていて、なんともいたましいなって思いました。

元ミスユニバース日本の女性が、子供時代のいじめで、アメリカに渡った話を聞きました。

日本も韓国も人種差別はお盛んです。韓国の場合は、日本よりも血縁を重んじますし、学歴社会ですから、もっとひどいものだと思います。私などでも、ずっと長い間、日本人からも、他の国の人からも「なに人」とか言われましたし、チケットを買おうとすると、英語で聞かれたりしまし...続きを読む

Q「うる覚え」????

正しくは「うろ覚え」なんですが「うる覚え」と書く方が何故か沢山います。

他にも誤字や記憶違いはありますが(もちろん自分もやってしまった経験あり)、とにかく「うる覚え」は抜きん出て多いような気がします。

「うる覚え」と言う間違いを初めて見たのはここです(と言うか実生活では聞いたことなしです)。衝撃的でした。あまりの衝撃に自分が間違ってたのか?と心配になり思わず辞書を引きました。やっぱり「うろ覚え」が正解でした…。

「うる覚え」と書かれているのを見ると、「訂正してあげたい~~~」といつも思うのですが、直接やってしまうと失礼なような気がしてなかなか出来ません。
「うる覚え」と言っている方も「うろ覚え」と書かれている文章を見て「うろ覚えだって、間違ってる~」って思ったりしているのでしょうか?

気にし過ぎだとは分かっています。でも同じように気になってる方いらっしゃいませんか?訂正してあげたい衝動に駆られませんか?

Aベストアンサー

通りすがりの者ですが、私も先日まで「うる覚え」と間違って覚えていたクチです。。。

たまたまwebの書き込みでこの話題を目にし、間違えていることに気付かせれました。
自分の指摘によって、言葉を正してくれる人がいるのですから教えてあげた方が良いと思いますよ。
現に結果として、私はどこの誰とも知らない方からそのことを教わったわけで、それによって非常に助かりましたので・・・(あー恥ずかしぃ)

他人のことは言えませんが、活字離れが嘆かれる昨今、言葉を覚える際に「耳にした音」のみで覚えるからこのようなことが多々起こり得るのではないかと推察します。

雰囲気 ○ふんいき ×ふいんき
などは、まさにその最たる例ではないでしょうか。
雰(ふん)囲(い)気(き)ですよ?!
言葉がどんな字で形成されているか目にしてさえいれば、「ふいんき」などと読めるわけがありません。

まぁ偉そうには言えませんが・・・、私も「うろ覚え」間違えてましたし(汗)

Q彼ほどの実力が十分あれば、成功しうるでしょう。 彼ほどの実力があれば、十分成功しうるでしょう。 ーー

彼ほどの実力が十分あれば、成功しうるでしょう。
彼ほどの実力があれば、十分成功しうるでしょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーー

以上の文はどちらが正しいでしょうか。
お教えください。

Aベストアンサー

後者でしょう。
前者は「彼ほどの実力」という言い方で
すでに「実力が十分」という意味は語っていますから、
言い回しが不自然ですね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報