【初月無料キャンペーン中】gooドクター

最近ずっと、自己嫌悪に陥ってしまい自分に自信が持てるどころか自分に批判的すぎる自分がいます。
皆さまはどのように自己嫌悪から脱却していますか?

gooドクター

A 回答 (5件)

自己嫌悪っていうのは、自分を嫌い、自分を悪く思うことですよね。



単純ではありますが、その逆を突いてみると良いかもしれません。自分を好きになり、自分を良く思うことです。

時間はかかりましたが、私はその方法で自己嫌悪から脱却しました。

なぜ、時間がかかるかと言うと、「そもそも自分が嫌いだから好きになれない!」と考えていたからです。

でも、半年経った頃から効果が少しずつ出てきて、一年くらいでほとんど良くなりました。

半年もかかったのは、そのことを頭の中だけで考えていたからです。頭の中には自分を嫌悪する強い感情が根付いているので、頭の外から攻めようという大胆な考えが生まれるのに半年かかりました。

頭の外からというのは、環境から変えるということです。自分を好きになり、自分を良く思う環境を作ってしまえばいいのです。

私は手始めに、紙に「自分を好きになろう」「自信を持って!」と書いて部屋に貼ってみました。頭の中でグルグル考えより、こういうものが目に飛び込んでくる方が楽に意識できて良かったです。

あとは、自分に「好きだよ!」と言ってみましたが、さすがに頭がおかしいなと思ったので、別の言葉に「好きだよ!」の意味を込めました。
「ありがとう」や「いただきます」なんかの、ちょっとした挨拶のことです。意識的に挨拶ができるだけでも、だいぶ自分は良い人間なのではないかと思えます。さらに毎回、自分を大切に思いながら言うわけだから、なんというか変な話、だんだん楽しくなってきます。一人でご飯を食べるときも「いただきます」と大きな声で言えなくても合掌したり、できる範囲で工夫するようになりました。

そのくらいのことをすると、あとはどれだけ自分を認められるかということになります。自分を大切にできているので、批判的すぎることもなく、正しく批判できるはずで、自己嫌悪に繋がりにくくなりますから大丈夫です。

私は失敗を恐れるあまり行動力に欠けた人間だったので、まずは失敗を認めました。

そして怠けグセがあり、時間にルーズな人間だったので、怠惰を認めました。

失敗してもいいからチャレンジして、疲れたときは有り得ないほど休んで、今までの自分だったらダメでどうしようもないなと捉えていたことも、一度認めてしまえば効果を持つようになりました。自己嫌悪が含まれてないからです。

長々と書きましたが、ここまで読んでくれたら嬉しく思います。どうぞ、参考までに。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ひとつひとつ丁寧に教えていただき、ありがとうございます。きりほさんが実際にされた方法を私もやってみようと思います。お陰で希望が持てました。ありがとうございます( ; ; )

お礼日時:2018/01/22 21:14

私は、綺麗な景色を見て「自分はなんでこんなくだらないことで悩んでいたんだ!」と思い脱却してました。

あとは自分の過去を振り返るとか、新しい趣味を持つとかすれば良いのではないでしょうか? 私の場合はあるスポーツで何をやってもうまくいかなくなって、どうせ自分には出来ないんだという気持ちに良くなるので、休日に何気ない景色(猫がひなたぼっこしているとか、川の流れを見るとか、日の出を見るとか)を見るたびにもう少し頑張ってみようと思えます
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私もそういう風にしてみようと思います。ありがとうございます!!

お礼日時:2018/02/02 05:51

じじいです。


人生経験の少ない若者が、自信に満ち溢れている事などあり得ない。
君も他の若者同様に未熟だと理解するだけで良いではないか。

>皆さまはどのように自己嫌悪から脱却していますか?
まだ、心の成長過程と思うことだ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

心の成長過程と考えると、少し気がラクになりました。ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2018/01/22 21:11

「皆さまはどのように自己嫌悪から脱却していますか?」


⇒そもそも自己嫌悪になったことがありませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですね!ありがとうございます!

お礼日時:2018/01/22 21:11

批判を生み出す元になるものは、


2種類しかありません。
固定観念と嫉妬です。

嫉妬は、他者批判に関する事なので、
自分に対する批判は、
専ら固定観念でしょう。

まずは、自分が、
固定観念に囚われていることに、
気づいてみてください。

あなたが自己批判をする時、
本当はこうじゃなきゃダメ。
という思いが必ずあるはずです。

それに気づいたら、
そのことが本当に、
そんなに大事なことなのか?
考えてみるといいと思います。

本当にそうじゃなきゃダメなのか?
なぜそうじゃなきゃダメなのか?
その理由にいまいちピンと来なければ、
実はどうでもいいことだったりします。

冷静に考えると、
意外とどうでもいいことって、
結構ありますよ。

固定観念に囚われてる人
っていうのは結構多いので、
あなたが、どうでもいいと
思い始めたことも、
どうでもよくないと
言い張る人もいると思います。

でもそれは、その人の価値観。
あなたは、あなたの気持ちに従って、
判断すればいいです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

自分に対してこうじゃないといけない、という考えを無意識のうちに持っていることに気付かされました。ご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2018/01/22 21:11

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

gooドクター

人気Q&Aランキング