実は、どうしても納得ができない表現があるのです。それは「太古の昔から~」という表現です。(友人が使用していました。)
これは「上を見上げる」と同じように、「昔の昔から」といった言葉の重複になるのではないでしょうか?
私の友人は「文法的にどうこうよりも、意味が伝われば良いと思う」と言うのですが、私は正しいのか間違っているのかをハッキリさせたいと思います。
ご存知の方は、教えてくださいませんか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

単に「昔から」と言わずに、どれくらい昔からなのかを表現するために


「太古」と付けているだけでしょう。
「太古という昔」(同格)なのか「太古から見て昔」(比較)なのかは
わかりませんが。

「太古」という漠然とした言葉を使うことで「昔」という漠然とした
言葉を具体化するというなんとも不思議な話ですね。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

やはり「同義ではないから間違いではない」ということですね。許容範囲内かも、と思えるようになってきました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/19 22:02

「太古」と「昔」は100%イコールではないので、許容範囲ではないでしょうか。


(「太古」の方がより古い時代に限定される)

例えば、
「白馬から落馬した」
「年取った老人」
の延長線上の表現といえます。

そもそも、
「古代の昔から」
「中世の昔から」
「明治の昔から」
という表現も使いませんか?

しかし、
「白馬の馬」
のように、このような表現が常に許されるわけでもなく、自然な表現になるには、定型化しているなど、何らかの条件が必要かもしれません。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございました。「太古」と「昔」は確かに100%イコールではないので「許容範囲かもしれない」と思いつつあります。定型化についても仰る通りで、定型化すればそれが「正しい日本語」になってしまいますからね。でも、正しくなかったものが通例になり正しくなるなんて、何か怖いですね。ら抜き言葉の代表的な言葉「食べれる」も定型化しつつありますね。

お礼日時:2001/07/19 22:03

確かに気にすれば気になる表現ですね。

しかし、言葉は数学とは違い答えは一つではありません。その言葉を使う人々の歴史、環境、年令、職業などによって不思議な言葉使いはいくらでもあります。

昔から行われていることだ・・・親の代から?明治時代から?江戸時代から?
昔という言葉は、会話をしている二人には分かっても第三者には分かりません。
太古の昔からまたは太古から・・という表現は一挙にこれらの疑問を解決し万人に理解できる文学的表現です。意味は時代に関係なく昔からということでしょう。

似たような表現に北の果てからがあります。どこから?答えは北からで十分な訳ですが、強調して北の果てからという訳です。この場合も北の果ての具体的な意味は
会話の当事者しか分かりません。最近はあまり使いませんが、「明け方早くから」といって早朝であることを強調する表現もあります。明け方は多くの人は未だ起きていないので、早いに決まっています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

これは#1さんの補足的なご説明なのですね。ありがとうございました。「北の果て」「明け方早くから」う~ん、確かに違和感は覚えませんでした。例えば「上を見上げる」はおかしいと思うのですが、「空を見上げる」はおかしくないと思うんですよね。「空は横にも下にも無い、故に見上げるしか無い」にもかかわらず。言葉の重複の許容範囲なのでしょうか? 

お礼日時:2001/07/19 22:04

太古の(時代というくらい)昔から~・・・という文学的な表現だと理解しては如何でしょう!

    • good
    • 1
この回答へのお礼

文学的表現と言われれば「確かにそうかも」って思うんですよね。ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/19 22:04

たしかこの場合の「太古」という言葉は、


「太古代」=「始世代」という意味だったと思います。

「始世代」は地質年代では最古の時代にあたり、
約25億年前のことです。

直訳すれば「始世代の昔から」となるんじゃなかったかな?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど。「太古」とは「どれくらい昔なのか」ということを表している言葉なのですか。ありがとうございました。でも約25億年前のことを指しているのなら、太古の昔から「人類は」なんて言っちゃったら大変ですね。

お礼日時:2001/07/19 22:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qあまのじゃくってどういう意味ですか?

あまのじゃくってどういう意味ですか?

Aベストアンサー

かっこつけたり、恥ずかしがったりして、自分の感情や思いをうまく表現できないこと。天邪鬼。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%82%E3%81%BE%E3%81%AE%E3%81%98%E3%82%83%E3%81%8F

Q太古に魚が陸に上がって行く際に、足が生えて言ったのですか? サンショウウオは、その進化の過程で止まっ

太古に魚が陸に上がって行く際に、足が生えて言ったのですか?
サンショウウオは、その進化の過程で止まったまんまの生き物なのでしょうか?
分類上は両生類として、魚類とは別に分類されてますが…

Aベストアンサー

ヒレが足に変化したんですよ∈( ⊙_________ ⊙)∋これが
┌(┌^o^)┐こうなる(lol)
サンショウウオは進化の過程で止まったのではなく進化する必要が無くなったんじゃないんですかね?まぁ進化(最適化)も特定の状況下以外では退化ですからね(´・ω・`)

Qどういう意味だと思いますか?

彼とLINEしていると
「返事がおくれてごめん、あまのじゃくなもので・・・」と
返事がありました。

たわいもないことをLINEでやりとりしているのですが

あまのじゃくになるというのは・・・
回答に困って返事が遅れるという意味でしょうか?

Aベストアンサー

返事が早かったり遅かったり、気まぐれだということじゃないですか?

遅れてごめんと謝ってくるところが全くあまのじゃくだとは思いませんけどね。

Q遥か、太古の(超)古代文明に詳しい方へ。 古代文明は当時、今より発展していたかと言われていますね。

遥か、太古の(超)古代文明に詳しい方へ。

古代文明は当時、今より発展していたかと言われていますね。
死人の知能指数は計れませんが、
IQ300はやはり流石に漫画や映画の話ですかね?超古代文明の時代のIQは最高どれぐらいの人がいたと考えられますか?
超古代文明のあの時代はあの時代で優秀な卓越した者達や賢人達同士で争いあって最後には共倒れになったとか?
『才人は才に倒れる』ならあれはあれで大変です。
良ければ、もっともっと詳しい方々は是非教えて下さい。

超古代文明があったとして、文明は生き物同様に、まず基本的にエネルギーを必要とします。
しかし石油や石炭、天然ガスなどが現代に大量に残されている以上、他の手段でエネルギーを得ていた可能性があります。現代人の脳は、使われているのはほんの一部だと言われていますが、それならほかの箇所が使われていたのかもしれません。
ですので、恐らくですが、人の才を量るのに知能指数という概念は持たなかったろうと思います。知能指数とは、データ処理能力を計る手段に過ぎないだろうと思うのです。つまり、人の能力のほんの一部に過ぎないでしょうと。
脳が、現代人とはまったく異なる箇所で活動し、その結果、当時の人類が爆発的な発展をとげたとするなら、現代人の脳にもそれを可能とするものがあるのですから、楽しいと言えば楽しいものです。しかし、文明を滅ぼしたものが自然災害でなく人為的なものであった場合、我々は、我々を滅亡に導く多くの要素を、それと知らずに脳の中に持ったまま生きているのかも知れません。
それなら、我々の脳の中にも超文明を築き上げるものがあるという事は、「楽しい事ではあるが、まるで断崖に立つかのような、極めてスリリングな楽しさである」と言えるでしょうと。

遥か、太古の(超)古代文明に詳しい方へ。

古代文明は当時、今より発展していたかと言われていますね。
死人の知能指数は計れませんが、
IQ300はやはり流石に漫画や映画の話ですかね?超古代文明の時代のIQは最高どれぐらいの人がいたと考えられますか?
超古代文明のあの時代はあの時代で優秀な卓越した者達や賢人達同士で争いあって最後には共倒れになったとか?
『才人は才に倒れる』ならあれはあれで大変です。
良ければ、もっともっと詳しい方々は是非教えて下さい。

超古代文明があったとして、文明は生...続きを読む

Aベストアンサー

No.2です。 No.3さんに手厳しいお叱りを受けましたので、

”真面目な考古学の本”というところを、”知的冒険本”というふうに変更しましょう。先の回答では、うまい日本語が出てきませんでした。

日本でも、門外漢の井沢さんが”逆説の日本史”と書いたり、哲学者の梅原猛氏が”水底の歌”を書かれたりしています。いずれも、知的冒険を標榜した、面白い本でした。

断崖の端に立つような、スリリングな楽しさである、というのは、当たっていますね。

アメリカでは、もう一歩先に行って、”人間の文明は宇宙人に与えられたものである”という、テレビ番組さえあります。言論の自由ですねぇ。番組を見た、考古学専攻の娘は、歴史的な事実は合っているけれど、そこから結論を導き出す手法が、まったく、なっていない、と、憤っておりました。

”神々の指紋”にも、そんな不備がありますが、作者は大真面目であり、アメリカ人の読者は喜んで読んでおります。程度の低い、アメリカ人で、申し訳ございません。

Q「あまのじゃく」に相当する英語は?

和英辞書を引いてみますと、色々な英語が出て来ます。
perverse or cussed person; contrarian とか。
それらの英語を逆引きすると、「つむじ曲がりの」とか「意固地な」とかの日本語になって、本来の日本語の意味の「あまのじゃく」に相当しません。

皆がこう言ったらいつも反対あるいは、別のことを言いたがる人。あるいは、何かが評判になったりして、多数の人がそこに殺到する時、その風潮に絶対に乗ろうとしない人。

私が捉えている「あまのじゃく」ですが、こんな性格の人は英米圏には殆んどいないから、それに相当する英語がないと言うことでしょうか?
もし、近い英語があれば教えて下さい。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 yes-man, yes-sayer(はいはいと言うことを聞く人)の対義語、no-man, no-sayer(違う違うとごねる人)が近いだろうと思います。

Q社会科目も忘却曲線の法則と同じように勉強してますか?

社会科目も忘却曲線の法則と同じように勉強してますか?

Aベストアンサー

社会科は記憶系、理科系は探求型だがね!

Qあまのじゃくな男性

中学生男子に
あまのじゃくな人は結構いますか?

あと中学生男子は
普通に女子の肩に触れたりは
するもんですか?

回答お願いします(*´∇`*)

Aベストアンサー

中学生はあまのじゃくが多い年代でしょう。

女の子に対し興味が無いようなふりをしたり、悪態をついたり。

肩に触れるのはある程度親しいしるしだと思います。

Q木の根もとから水平に9m離れた地点に立って木の先端を見上げると、水平面とのなす角度が35°であった。

木の根もとから水平に9m離れた地点に立って木の先端を見上げると、水平面とのなす角度が35°であった。目の高さを1.6mとして、気の高さを求めよ。ただし、少数第2位を四捨五入せよ。
という問題で、少数の三角比の表を見るためにtan35°のところを見なくてはいけないんですが、どうしてsin、cosではなく、tanだとわかるんですか??
長々とすみません。

Aベストアンサー

図を描いてみました。
下の絵で、角度θとbの距離がわかっていてaを知りたいとき、
必要なのはaとbが関係する三角比です。
ですから、tanθ=a/bを利用します。

三角比の表でtan35°を調べてb=9mのときのaを計算で出し、
目の高さ1.6mを足せば木の高さが求められます。

Qあまのじゃく・・・

なんとなく、あまのじゃくな性格です。
この性格ってどうしてこうなるの?
解決する方法とかありますか?

Aベストアンサー

同じくあまのじゃくです(笑)
#1さんのおっしゃること、確かに当たってるような気が・・・。
私は最近は、思わず言い返してしまっても
後で家に帰ってから反省をするようにしています(笑)
あまり役に立つか分かりませんが
参考程度に読んでおいていただけるとありがたいです。

Q「ハッキリ言って」という接頭語が嫌い。でもどうして?

どうも。会社勤めをしている者です。
タイトルの通り、『ハッキリ言って』という接頭語(?)が、ここ一年で嫌いになってしまったのです。
前は多分何とも思ってなかったし、寧ろ自身でも使っていたかもしれないのに・・・。

今の会社では(他所の会社でもかもしれませんが)、あらゆる人が何かにつけて「ハッキリ言って○○だからな」とか「~はこうなってしまうね、ハッキリ言って」とかいう風にこの言葉を盛り込んできます。わざわざつけなくてもいいんじゃないの?と言いたくなるようなときにも使っていたり・・・

そんなのを聞いてるうちに、だんだんとその言葉に対する何とも言いようのない生理的な嫌悪感を抱き始め、今では聞く度に、その言葉に、さらにはその言葉を発する人に警戒心等を抱いてしまいます。全く不必要な感情だとは思いますが。。。

ただ、変な話ですが自分自身どうしてこの「ハッキリ言って」という言葉に嫌悪感を募らせていったのか、その心情的な経緯がわからないのです。こんなにも嫌っている言葉なのに、「生理的に」だけでなく、具体的な理由が言語化できないのです。情けない話ですが・・・それをうまく分析できれば、この言葉とも向き合えると思うのですが。

そこで、どなたか私のこの変な話に少しでも共感してくださる方、もしくはこういった感情を抱いてしまう理由をご存知、又は的確な指摘・分析ができる、と言う方のご意見をいただきたく思います。よろしくお願い致します。

どうも。会社勤めをしている者です。
タイトルの通り、『ハッキリ言って』という接頭語(?)が、ここ一年で嫌いになってしまったのです。
前は多分何とも思ってなかったし、寧ろ自身でも使っていたかもしれないのに・・・。

今の会社では(他所の会社でもかもしれませんが)、あらゆる人が何かにつけて「ハッキリ言って○○だからな」とか「~はこうなってしまうね、ハッキリ言って」とかいう風にこの言葉を盛り込んできます。わざわざつけなくてもいいんじゃないの?と言いたくなるようなときにも使っていた...続きを読む

Aベストアンサー

もしスレッド違いと思われたらすみません。私も「はっきり言って」という文言は約25、6年位前からよく使ってました。周りの人もですし、テレビ等でもよく使われていました。だから別に、その言葉が悪いともなんとも思ってませんでした。ところが、高校3年のある日、家族と夕食の時の会話で、何の気なしに「はっきり言って」という言葉を使っていたところ、いきなり私の義母が「はっきり言ってなんて言葉は言うたらあかん」と口を挟んできたので、ムッとしたら今度は父が「それは闘争用語って言うてなぁ...」とか訳のわからないことばかり言われ、それからというもの、私が何か話す度に、いちいち言った言葉について、あれこれ難癖をつけられるようになってしまったんですね。しかし、そういう本人らは、私には難癖つけといて、平気で使うんだから腹立ちますね。別にそんなもん、使ったからって法に触れるでも、他人に不愉快な思いさせるとも思えないんですが、どうなんでしょうね。まぁ、余計な接頭語はつけない方がすっきりはしますが。確かに、やたら話す時に「え~」とか「あ~」とかつけて鬱陶しい人もいますし、でもいちいち他人の癖をどうのこうの指摘しても、誰でもお互い癖があるんですから。まぁ、不快に思われるなら、自分では使わないことですね。長々とすみません。

もしスレッド違いと思われたらすみません。私も「はっきり言って」という文言は約25、6年位前からよく使ってました。周りの人もですし、テレビ等でもよく使われていました。だから別に、その言葉が悪いともなんとも思ってませんでした。ところが、高校3年のある日、家族と夕食の時の会話で、何の気なしに「はっきり言って」という言葉を使っていたところ、いきなり私の義母が「はっきり言ってなんて言葉は言うたらあかん」と口を挟んできたので、ムッとしたら今度は父が「それは闘争用語って言うてなぁ...」と...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報