『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

障がい者を差別してはいけないと
世界中で言われていると思いますが
それにしてはオリンピックとパラリンピックの扱い方が違うように思います。
これだけで判断してはいけないのかもしれないですが
やはり世の中きれいごとなんだと思います。

質問者からの補足コメント

  • やはり人の心の中にはどこか差別的考えがあるように
    思いますが、どう思われますか?

      補足日時:2018/03/04 20:49

A 回答 (28件中21~28件)

「障がい者を差別してはいけない」の意味が分かってないね



車いすは邪魔だからお断り、とかが差別

障害者もオリンピック出ていいんだよw

差別は無い!!

オリンピックとパラリンピックは区別しているだけで、差別に当たらないww
    • good
    • 4

オリンピックもパラリンピックも強いものだけが優遇される差別的商業イベントだから、それで(イベント参加条件が差別的で)一貫性があり、良いのではないですか。

    • good
    • 2

それは差別じゃなくて区別だと思います。


それにオリンピックにしたって逐一放送される種目や、その裏で結果すらろくに伝えられない種目もあるでしょ。それは差別ですか?それと同じです。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

興味がないだけじゃないんですか?

お礼日時:2018/03/04 22:10

オリンピックとパラリンピックの扱いが違うのは当然です。



それは差別ではなく、「配慮」なのです。

公平な勝負と云うのは、前提条件が共通であってこそ成立します。

また、障がい者も、オリンピックに参加できます。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

すみません私の質問内容が悪いですね。
私が言いたいのは、国民の関心が
オリンピックとパラリンピックとでは
天と地ほど差があると言う事です。
テレビ中継、報道など比べ物になりませんよ。
これも配慮ですか?
健常者と障がい者が同じ競技をしろと言ってませんよ、関心や扱いが雑になってないですか?
一部の人の意見ですが
パラリンピックは視聴率が取れないから放送枠がないと言ってます。
視聴率が取れないという事はそれだけ
障がい者に対して関心がないって事ではないですか?

お礼日時:2018/03/04 21:43

私自身も差別はいかんと思うのですが、では自分の娘が黒人と結婚すると言い出したら、さて、その時どういう反応をするかわかりません。


これを読んで不愉快に感じる方もおられるでしょうが、正直、親としては戸惑うと思い、その戸惑いは私の心の底にある差別意識だと思うのです。
では、娘が白人のフランス人と結婚すると言い出したらどうするか。可愛い孫が生まれるかもしれないと期待するか。

優越感というのは、その陰に差別を生んでいるのでしょうか。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

何もかも差別なく生きていけたらいいですね。
しかし現実はそんなきれいごとだけではないですね。
でも、それが普通だと思います。
ありがとうこざいました。

お礼日時:2018/03/04 21:48

でも、普通の人と障がいのある方ではどうしても力の差が産まれてしまうからっていう理由でオリンピックは分けているんだと思います!


パラリンピックだったら障がいのある方でも輝けますものね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

私が言いたいのは
テレビ放送の違いや、報道の違い、
羽生結弦みたいに
パラリンピックの選手を応援しますか?
かなり温度差が違うと思いませんか?
あなたの事ではありませんよ、世の中の人のことですよ。

お礼日時:2018/03/04 21:10

差別では 無いと思います

    • good
    • 2
この回答へのお礼

興味がないって事ですか?

お礼日時:2018/03/04 20:50

ところで、質問は何ですか?

    • good
    • 2
この回答へのお礼

失礼
補足します。

お礼日時:2018/03/04 20:46

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qパラリンピックは逆に差別では?

良いか悪いかは横に置いといて障害も一つの個性であり、個人個人の個性にあった競技で努力して、一般の人に混じって世界一を目指すのが普通なのではないですか?
「障害があるのに頑張っててすごいよね」という見方こそが差別であるように思うのです。

足が不自由でも大きなハンディキャップにならないスポーツもありますよね。手も足も不自由なら将棋やチェスや学術で一流を目指せばよいのでは?

レクリエーションや体力づくりという面なら納得できますが、パラリンピックを健常者のオリンピックと同じように扱ってほしい、もっと広く盛り上げるべきだという意見には疑問があるのです。

パラリンピックをもっと盛り上げようという考えを延長させると、耳の不自由な人のための音楽コンクール、盲目の方のための絵画コンクール、もっというと、体重200キロ以上の人限定のフィギュアスケートもやればいい、ということになるのではないでしょうか。

生まれつきの様々な個性、病気、怪我からくるハンディキャップを背負っていたとしても、一般の健常者に負けない何かをみつけて、それをいかすことで健常者とにまざって戦うことに意義があると思うのです。

耳が不自由な日本のプロ野球選手がいますよね。一般の選手に混じって素晴らしい成績を残しています。病に負けず、素晴らしい研究を残しているホーキング博士の例もあります。

そういうことには素晴らしく感動しますし、そうあるべきと思います。

いかがでしょうか?私の考えのほうが差別なのでしょうか?
不快に感じた方がすいません。煽るつもりはまったくありません。
みなさまのご意見をお願いします。

繰り返しになりますが、障害のある方を差別するつもりは全くありません。車椅子バスケなど健常者のバスケとはまた違った面白みがあると思っています。
「片足なのにすごいよね」という考え方と、障害者スポーツに過度な費用(税金)をかけることに疑問がありました。
よろしくお願いします。

良いか悪いかは横に置いといて障害も一つの個性であり、個人個人の個性にあった競技で努力して、一般の人に混じって世界一を目指すのが普通なのではないですか?
「障害があるのに頑張っててすごいよね」という見方こそが差別であるように思うのです。

足が不自由でも大きなハンディキャップにならないスポーツもありますよね。手も足も不自由なら将棋やチェスや学術で一流を目指せばよいのでは?

レクリエーションや体力づくりという面なら納得できますが、パラリンピックを健常者のオリンピックと同じように扱...続きを読む

Aベストアンサー

>手も足も不自由なら将棋やチェスや学術で一流を目指せばよいのでは?

それって「障害者差別」ですよね。「障害者はスポーツするな」って言う。

質問者さんは「自分も気付かないうちに、差別意識を持っている」ってのを自覚すべきでは?

>いかがでしょうか?私の考えのほうが差別なのでしょうか?

質問者さんには「障害者手帳を持つ身になってから出直して来い」というセリフを贈呈します。

まあ、当方も、手帳を持つ一歩手前までは行きましたが、手帳を持つまでには至らなかったので、偉い事はいえませんが。


人気Q&Aランキング