経済理論の問題なのですが、どうしても解決しないできません。
・経済問題は市場機構を通じて解決されるということの意味を説明。
・1財の需要が増大するとその価格は上昇することの当否を厳密に論じる。
・均衡状態において最適資源配分は達成されることを説明。
の3点です。
頭では理解しているつもりなのですが、いざ言葉にしようとするとどうにもうまくいきません。
どのように表現すればよいのでしょうか?
また、何か良い本・資料などがあればお教えください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

基本的な経済原則でしたらどの教科書にものっていると思います。



以下は、3点についての説明です。

1.経済問題は市場機構を通じて解決されるということの意味を説明。

→ 市場機構(メカニズム)とは、そもそも1.市場への参入の自由、2.消費者の選択の自由、3.情報公開などが前提条件になっており、この条件が満たされれば、市場で物の適正価格が決定され(シグナリング効果)、この適正価格をもとに消費及び生産活動が行われるということだと思います。マイクロ的な観点からだと、ヤフーオークションが良い例で、出品者が高い値段をつけ過ぎてしまって売れ残ってしまうような場合、価格を下げるなどの調整を行い自分の出品した商品をさばくような努力をしますよね。また、出品者がそういう努力を怠れば、それより低い値段で別の人が同じ商品を出品するといった可能性もありますよね。マクロ的な観点から考えると、簡単に書いてしまいますが、ソ連のように、一部の官僚が一国の需給の計画を行う計画経済にはやはり限界があり、需給のバランスをうまく調整できず、崩壊してしまいました。

2.1財の需要が増大するとその価格は上昇することの当否を厳密に論じる。

→ 需要の増大というより、供給が需要に追いつかないければ、そのものの価格は上昇します。つい最近までアメリカでは、技術革新により景気循環がなくなるとの主張のニューエコノミーがブームでした。この主張の当否はさておき、この主張の一部には、技術革新に伴う生産性の向上により、増大する需要を満たし、価格の上昇を押さえると考えられています。

3.均衡状態において最適資源配分は達成されることを説明

→ 均衡状態というのは、どのような状態を指すのでしょうか?私が、1で補足した市場メカニズムについての諸条件が満たされるということでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございました。
とても分かりやすく助かりました。
3についてですが、1の回答により答えを導くことができました。
本当に感謝しています。

お礼日時:2001/07/16 14:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q外付けディスプレイが最適解像度にできなくなった

Windows7のノートパソコンにD-SUB端子で、ディスプレイをつなぎ
拡張デスクトップで使っています。

もう数年この状態で問題なく使っていますが、
昨日外付けディスプレイの電源を
起動状態で切った以降、トラブル発生。

外付けディスプレイの解像度が「最適解像度」に
設定できなくなってしまいました。

推奨解像度1920×1080なのですが、
1280×800 からかわりません。

画像の解像度プロパティで

「PCモニタ」(外付けディスプレイ)の「画面の解像度」の
選択で、1920×1080 の選択はできるのですが、
選択して「適用」を押すと、しばらく画面が消えて
1280×800のままで、再びもとの画面があらわれます。
(以前は、1920×1080となり、「この状態でよろしいですか」というような
趣旨の小さなウインドウがあらわれ、それにOKすると1920×1080になった
と記憶しています)。

「画像の解像度」の変更は「グラフィックプロパティ」からも上とは違う画面で
できますが、それも上と同様なことになります。

とりあえず、やることを思いつきませんので、
何かヒントをいただけたら幸いです。
なお、トラブルの原因?となった「起動中に外付けディスプレイの電源を切る」あるいあは接続コードがぬける」というような状況は、これませもそう珍しくなくおこっていましたがこのような現象は初めてです。

Windows7のノートパソコンにD-SUB端子で、ディスプレイをつなぎ
拡張デスクトップで使っています。

もう数年この状態で問題なく使っていますが、
昨日外付けディスプレイの電源を
起動状態で切った以降、トラブル発生。

外付けディスプレイの解像度が「最適解像度」に
設定できなくなってしまいました。

推奨解像度1920×1080なのですが、
1280×800 からかわりません。

画像の解像度プロパティで

「PCモニタ」(外付けディスプレイ)の「画面の解像度」の
選択で、1920×1080 の選択はできるのですが、
選択...続きを読む

Aベストアンサー

専門家ではないので専門的なことはわかりません
違うかもしれませんが似たような経験から・・

私はデスクトップPCで突然ある日、モニタの解像度がおかしくなって、できていたはずの解像度の
変更もなにも出来なくなってしまったことがあります。
質問者さんとほぼ同様にモニタの最適解像度が無くなってしまったんです。
とりあえず、解像度が違ってもPCは使えますので、1番近いのにしてグラフィックドライバーの入れ替えとか、メーカーサポートへのメールとか、わからないなりにやってみましたが治りませんでした
・・・OSリカバリかモニタの買い替えか・・・と思いつめて・・・
モニタをはずし・・次の日ダメ元でまたつないでみたら・・
治ってました・・というか、あのトラブルは何だったんだ、という感じで以前と同じになりました。

そこで一句「PCは、トラぶったときは、再起動(字余り)・・・」

ダメ元で
モニタの電源コード、PCとの接続コード、を抜いて一晩ほっておく。
「リセット」とでも言いますか、内部に残る電気も全て放電させてしまうということです。
これで治ればいいですが。

Q古典派の財市場の均衡と労働市場の均衡

古典派のマクロ経済について質問させてください。

労働市場で均衡した完全雇用の労働量から導出した国民所得

財市場で均衡した国民所得が一致しない場合

労働市場、財市場ともに縦軸に物価が含まれているので、
常にどちらかの市場を均衡させると片方の市場が不均衡に
なるとしか思えないのですが、、

どう解釈すればよいのでしょうか?

Aベストアンサー

労働市場で成立する所得は総供給です。生産関数における技術と労働者の時間選好が一定という仮定の下で、企業が作り出す所得を表しているからです。
財市場で成立する所得は総需要です。消費・投資などの需要関数の積み上げできますからです。古典派マクロ経済学では失業は自然失業率で所得が均衡しますから、その水準にまで物価が調整されて総需要と総供給が一致します。

Qディスクトップ画像の最適な画像解像度

IIYAMA ProLite E2202WS-B PLE2202WS-B1
を購入したのですが、
ディスクトップの画像のプロパティで最適な画像解像度はいくつに設定すればいいでしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

WSXGA+ のモニターなので
1680×1050 が適正解像度です

Qマクロ経済学でI=Sということが言われますが、これは均衡財政と貿易均衡

マクロ経済学でI=Sということが言われますが、これは均衡財政と貿易均衡を
前提としているのでしょうか?

Aベストアンサー

> マクロ経済学でI=Sということが言われますが、これは均衡財政と貿易均衡を前提としているのでしょうか?

その通りです。
均衡財政と貿易均衡からの帰結としてI=Sが導き出されます。
これは何らかの仮定等に影響されない、恒等的な関係です。

QOCRを行うのに最適な解像度

OCRを行うのに最適な解像度はどれくらいなんでしょうか?

世の中、1200DPI、2400DPIなどの製品がそろってますが、どれ位のスペックがあればOCRマシンとして使えるのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

文字の大きさ、質、書類の大きさ、OCRソフトによっても違うと思います
私が参考書のデーターベースを作ろうと思い、A4版の本を割いて1枚1枚にしてからオートローディングで読み取りをしていましたが、300dpiで設定し問題無く読み取り可能でした
もっと低くしても良かったのですが、原稿が汚れていたり、するとOCRの反応が悪いので300にしたのですが
絵や図が多いととんでもなく時間がかかりますよね

私の体験からするとOCRソフトの性能が良いと作業性が上がります、スキャナーの質はそれほど関係ないと思います

Qミクロ経済学、独占企業が存在し図の均衡価格が価格Aへと上昇したとする。各経済主体および経済全体の余剰

ミクロ経済学、独占企業が存在し図の均衡価格が価格Aへと上昇したとする。各経済主体および経済全体の余剰に起きる変化について正しいのを選べ。
1, 消費者余剰と生産者余剰の大きさに変化は無い
2, 消費者余剰の大きさが三角形①へと変化する
3,生産者余剰の大きさだけが三角形②へと変化する
4,経済全体の余剰に三角形⑤、⑥の損失が発生する


課題なんですが分かりません

Aベストアンサー

>問題は間違ってないです……訳分からないですよね……笑

一つ考えられるのは、需要曲線と供給曲線とで描かれる完全競争市場があったとする。いま、これらの競争している企業が結託して一つの独占企業として行動したとする。このときの、余剰(生産者余剰、消費者余剰、総余剰)はどうなるか?あるいはこの市場には独占企業が存在する。この企業が独占的に行動する(つまり限界収入=限界費用によって行動する)場合と競争的に(つまりプライステイカーとして)行動する場合を比較し、余剰がどうなるかを考えよ、ということかもしれない。どちらも同じ結果を導く。そういう意味だとしてこの問題を解いてみよう。
Aは独占価格、独占生産量は価格線が需要曲線と交わる点から垂線を下し、それの横軸との交点の横座標で示される。競争的に行動したときの価格は需要曲線と供給曲線の交点(均衡点)の縦座標で示され、生産量(取引量)は均衡点の横座標で示される。競争状態のときの消費者余剰=①+③+⑤であり、生産者余剰=②+④+⑥、よって総余剰=①+②+③+④+⑤+⑥であらわされる。一方独占状態のときの消費者余剰=①、生産者余剰=②+③+④、総余剰=①+②+③+④となる。したがって、独占のときの総余剰は⑤+⑥だけ、競争状態のときの総余剰より小さくなる、つまり、答えは選択肢4となる。

>問題は間違ってないです……訳分からないですよね……笑

一つ考えられるのは、需要曲線と供給曲線とで描かれる完全競争市場があったとする。いま、これらの競争している企業が結託して一つの独占企業として行動したとする。このときの、余剰(生産者余剰、消費者余剰、総余剰)はどうなるか?あるいはこの市場には独占企業が存在する。この企業が独占的に行動する(つまり限界収入=限界費用によって行動する)場合と競争的に(つまりプライステイカーとして)行動する場合を比較し、余剰がどうなるかを考えよ、とい...続きを読む

QWXGAで最適な解像度は・・・?

こんにちは。今回、解像度について少々お尋ねしたいと思います。

VAIOノートのTypeFを使っているのですが、モニタサイズがWXGAです。WXGAサイズモニタで動画を再生するには、最適な解像度は何でしょう?
動画を圧縮する際、720x480と640x480とで大変迷っております。全画面に表示できなくても構いません、違和感なく自然に見れる大きさであれば良いかなと思っております。
僕は720x480が良いと思うのですが、この解像度では満足な表示にならないでしょうか?(やたらと縦に伸びたり横に長かったり等しないでしょうか?)

今、VGAサイズのデスクトップしか手元にないので確認が出来ません。どなたか教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

WXGA=1280X768ですよね。720X480でも640X480でもこの範囲に入ってますのでどちらでもかまいませんが、画面比率が5:3の中に4.5:3か4:3の画面を表示させるわけですから、4.5:3(720X480)のほうが横の空きが減って不自然にならないのでは?。ただし、画素数と表示アスペクト比は必ずしもイコールではありませんので、アスペクト比を16:9とするならば720X480にしないと横に伸幅した場合に画面が粗くなる可能性がありますので、通常のテレビ規格でもある720X480で動画は作成しておいたほうがいいと思います。また、液晶モニターの場合はドットバイドット(動画の点が1つに対してモニターの点が1つで表示)での表示が一番きれいに視聴できますので、極力拡大表示させないことが重要です。(拡大すると像がぼやけます。)

Qエッジワースボックスにおいては、競争均衡は財の初期保有量に依存する?

・エッジワースボックスにおいては、競争均衡は財の初期保有量に依存する

↑とあるテキストの正誤問題で、正解は×となっており
解説では「価格比によっては競争均衡点は複数存在するため」とあります。
しかし、2者のオファーカーブ(価格消費曲線)の交点を競争均衡点とするならば1点に絞られるのではないでしょうか?
どなたか教えてください。。

Aベストアンサー

競争均衡となりうる候補は、契約曲線上にあります。

初期保有点がある場合、その曲線の一部です(コア)。

オファー曲線の交点(お互いの価格比の共通線上にある)は、その一部分の契約曲線上のどこかで競争均衡が達成されるわけです。
それは一つとは限りません。複数ありえます。

Qスキャナーの最適な解像度

現在エプソンのGT-S640というスキャナーを使っており、主に昔の写真を取り込んでいます。
パソコンはWindows7で、EpsonScanというアプリケーションから取り込みを行っています。
そこで写真取り込みをする際にEpsonScanの設定で、解像度という項目がありますが、どれくらいの解像度にするのが良いのか教えてください。

Aベストアンサー

プリンタの修理屋です。

「最高解像度で読取る」というのはやめたほうが良いでしょうね。

「試してみれば良い」というのも間違いではないのですけど、かなりの手間がかかりますし、納得いく結論が出るまでに結構な費用がかかるでしょうね。


少々長くなりますが・・・・

デジカメの写真がL判で実用レベルに達したのは、200万画素の時代です。
このときの写真の画素数は、1600×1200画素でした。
L判は5×3.5インチですから、フチ無し印刷のはみ出し量を無視すれば、1600÷5=320dpi と言う数字が出てきます。
これは印刷のときの話ですが、印刷物を見るのは人間の目です。
人間の目は300~360dpi以上のものを見ても判別できないため、320dpiの解像度なら充分という考え方が出来るわけです。

キヤノンのセルフィというフォトプリンタがありますけど、解像度は300dpiです。仕上がった写真はインクジェットよりもキレイです。(私はかろやかな感じが好きです)


プリントした原稿をスキャンする場合は、原稿のサイズで解像度を切り替えても良いでしょうね。
A4まで引き伸ばした写真と、ネガフィルムを同じ解像度で読めば、ネガの画質は非常に悪くなってしまいますし、A4の方はデーター量が異常に大きくなります。

読取ったデーターのサイズというのは非常に重要で、JPEGは圧縮できるから・・・・という意見もあるのですけど、一時的にビットマップに近い状態に変換して処理するソフトが多いです。
その場合、見かけのサイズよりも非常に大きくなって、PCがフリーズするとか、処理に時間がかかるという事もあります。
そういう制限が無ければ、最高解像度で読取るのも良いですけど、現状ではやめたほうが良いでしょう。


フィルムスキャンの機能があるスキャナで、オートでネガのスキャンを行うと、解像度が1200dpiに設定されるものが多いです。
手動で上げた場合は、警告文が出る場合もあります。(データーが大きくなりすぎてフリーズするかも知れないという感じのメッセージです)

普通の35mmネガフィルムの画像部分のサイズは、24×36mmですから、1200dpiで読取ると、
36÷25.4×1200→約1700画素、24÷25.4×1200→約1134画素となります。

先ほど紹介した200万画素のデジカメのデーターより少し横長で縦は少し短くなりますが、似通ったサイズのデーターが出来ます。


あくまでも私の個人的な経験値ですけど、
A4:300dpi
L判:600dpi
ネガ:1200dpi(場合によっては2400dpi)

と、しています。

プリンタの修理屋です。

「最高解像度で読取る」というのはやめたほうが良いでしょうね。

「試してみれば良い」というのも間違いではないのですけど、かなりの手間がかかりますし、納得いく結論が出るまでに結構な費用がかかるでしょうね。


少々長くなりますが・・・・

デジカメの写真がL判で実用レベルに達したのは、200万画素の時代です。
このときの写真の画素数は、1600×1200画素でした。
L判は5×3.5インチですから、フチ無し印刷のはみ出し量を無視すれば、1600÷5=320dpi と言う数字が出てきます...続きを読む

Qなぜ補完財は、補完財にも代替え財にもあるのですか?

マクロ経済学に四苦八苦中です。

商品Aの補完財を製造している会社Xは、商品Aを製造している会社Zの競合会社にも協力会社にもなれるのですか?

Aベストアンサー

・標題はどういう意味なのか、さっぱりわからない。どういうことを訊きたいのか明確にしてくれませんか?
・本文のほうは言おうとしていることは(なんとなく)理解できる気がしますが、それと標題との関連がわからない。
・代替財は「だいたいざい」と(経済学では)読む。

以上を説明していただくとして、まず代替財について考えてみると、極端な代替財というのは、同じ製品です。AならAという財を生産しているX社とY社は市場で競争もすれば、協力(あるいは共謀)もする。質問は、AとAの補完財をつくっている企業(それぞれX社とZ社)の間で協力だけでなく、競争をするということがありうるのか、ということではないかと思いますが、よろしいのでしょうか?協力というのはわかりやすい。あなたの別の質問の回答の中で書いたように、補完財の極端な場合というのは、たとえば、右の靴と左の靴のように、一定の固定した割合で消費されるような財(右の靴と左の靴の場合はつねに1対で消費される)の場合、右の靴を製造する企業と左の靴を製造する企業があったとして、それらは協力(この場合は経営統合)するのが効率的であることはあきらかで、右(あるいは左)の靴だけを製造する企業というのは(理論上存在するとしても)実際には存在しないのはそのためです。ではもっと不完全な補完財の場合はどうか?実際の例で考えてみましょう。Amazonが販売しているKindle(キンドル)という製品をご存知?Amazonは出版社と契約し、その出版社が出版している一部(あるいは全部)の本を電子化し、Kindleの購入者はそれらを無料であるいは(本を買うより)安い価格で読めるようにしているのです。キンドルと出版社の出版物とは互いに補完財であることはいうまでもないでしょう。しかし、X社=AmazonとZ社=出版社の間には競合関係はあるのです。Amazonとしてはキンドルで読むことのできる出版物をできるだけ安い価格で提供を受けたいのに対し、出版社としてはできるだけ高い価格でAmazonに提供したい。実際、昨日(2016/10/4)のNHKニュースは、交渉のもつれから講談社が提供していた全作品がキンドルから削除されたと報道しています。この問題の経緯を知りたかったら、ネットで検索してください。

・標題はどういう意味なのか、さっぱりわからない。どういうことを訊きたいのか明確にしてくれませんか?
・本文のほうは言おうとしていることは(なんとなく)理解できる気がしますが、それと標題との関連がわからない。
・代替財は「だいたいざい」と(経済学では)読む。

以上を説明していただくとして、まず代替財について考えてみると、極端な代替財というのは、同じ製品です。AならAという財を生産しているX社とY社は市場で競争もすれば、協力(あるいは共謀)もする。質問は、AとAの補完財をつくっている...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報