体に二つある器官の特徴およびその過去について教えてください。
つまり腎臓、肺などは二つありますが、なぜ二つある必要性があるのでしょうか?一つしかない器官と比較するとどういう特徴があるでしょうか?
またそれら二つある器官は昔から二つあったのでしょうか?違った形態をもつものに当たるまでにどの近縁種まで遡る必要があるでしょう。
詳しい方お願いします

A 回答 (4件)

これは生物の進化と発生に起因していることだと思います。


まず、生物がある程度高度に進化した場合「左右対称」になることが知られています。これはDNAの情報量がその分軽くて済むからなのかどうなのかはわかりませんが、有性生殖をする動物は、大抵の場合左右対称の体をしています。しかし、もともと植物は左右対称ではありませんし、動物であっても一般的に下等な生物は左右対称にはなっていません。
つまり、各内臓器官の発生から進化を考えた場合、単純な生物の時点ですでに内臓器官として存在していたものは「古くから存在していた臓器」であるために1つしかなく、それに対して左右対称の体をするようになってから存在し始めた「新しい臓器」は、左右対称後であるため、対になって存在しているのではないかということです。
循環器系である心臓、消化器系である胃や腸、それに付随する胆臓、肝臓などは、生物が単純な形態をしていた時点から存在していたために1つしかないのに対し、高度に進化した結果、左右対称になった後に、より多くの酸素を取り入れなければならなくなった結果発達した、肺、エラなどが対で発達し(単純な生物は皮膚呼吸)、血液や水分の高度な循環器系として腎臓が対で発達し(単純な生物は排泄器官と兼用)、さらに脳については、左右対称後に発達した新皮質部分は左右に別れていますが、単純な生物でも持っている脊髄は1つしかないことからも、臓器が2つあるか1つしかないかは、生物の発達の歴史に起因するものであると考えています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
とても説得力を感じました。
私としてはほぼ納得行きました。

お礼日時:2001/07/15 13:24

同じことを疑問に思っている人がいることを知り、嬉しい限りです。

納得のいく答えが来るまで締め切らないで下さい。私も知りたいので。
私の考えは、二つ折りの折り紙が開かれ、一枚になったように思います。
中心の折り目は一つの器官(消化器、生殖器、脊椎)鼻、臍など。
しかし、人に関しては進化の先端を行っているため、複雑怪奇としかいいようがありません。
二つあるのなら、四つあるほうがよさそうだが・・・・。
    • good
    • 0

肺に関しては、昔魚だった頃、浮き袋として利用していたから左右対称にある必要があった・・・という気がします。

    • good
    • 1

 お互いがお互いのスペアだからです。



 という回答は駄目でしょうか?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q医者って、外科医とか内科医とかってそれぞれ専門分野がありますよね?それら全部を専門にしているような人

医者って、外科医とか内科医とかってそれぞれ専門分野がありますよね?それら全部を専門にしているような人っていたりします?外科でも内科でも耳鼻咽喉科でもいける!みたいな人。

Aベストアンサー

そりゃいるさ。そんな細分化していられない田舎の診療所とかでは一人で全部だよ。

Q腎臓について気になること

最近、新藤冬樹さんの本「アサシン」を読みました

その中で、主人公である暗殺者が、ナイフで刺された部位を判断する際に返り血が鮮血だという理由から腎臓ではないと判断つけたシーンがありました。
主人公に言わせると、腎臓を刺した場合は黒ずんだ血が吹き出すらしいんです。

確かに腎臓には老廃物の多い血液が流れこむらしいですが、どうも腑に落ちなくて……

理論的には、実際どうなのでしょうか?
腎臓をナイフで刺した場合、本当に血は黒ずんでるのでしょうか?

フィクションに細かく突っ込むのもどうかと思うんですが、どうも気になってしまって……

なにやら不謹慎な質問になって申し訳ありませんが、お答えいただければ嬉しいです
よろしくお願いします<(_ _)>

Aベストアンサー

少し乱暴な説明をすれば、血液の色が赤いか黒いかというのは血液中の赤血球が酸素を持っているかどうかによります。
つまり、動脈血は赤く、静脈血は黒いです。

腎臓の中には動脈と静脈が同じだけ走っていますし、それで他の臓器との色の差が出るとは思えません。
また、老廃物と言っても、血液の色を変える程は含まれていません。

また、事故などで腎臓からの出血を止める手術を何度かみた事がありますが、色の違いはわかりませんでした。

Q肺は痛みを感じない?

1ヶ月ほど前から肺の後ろ背中側が痛むようになりました。その後息を吸い込むと右側の肺の当たりが痛みます。心配になり医者にみてもらいレントゲンもとったところ何も異常がないとのことで、気胸でもないと言われました。しかし、未だに痛みがあります。お酒は時々ビールを1缶飲む程度で喫煙歴は、10年あります。
他にどういった病気が考えられるのか教えてください。
ちなみに肺は、痛みを感じない場所と先生は言っておられましたのでよけいにわからなくなり不安です。

Aベストアンサー

神経がないって事を言いたいんでしょうか?レントゲンだけでは気胸は否定できないかと・・・CTを念のために撮ったらどうでしょうか?背中の痛みなら、尿管結石とかの疑いかと・・・

Q不活動性肺結核

健康診断で不活動性肺結核と診断されました。具体的にどういう病気なんでしょうか?再検査が12ヶ月後なんでそれほど心配するほどの病気ではないんでしょうか誰か教えてください。

Aベストアンサー

おそらく胸部レントゲン写真で、大くは肺の上のほう(肺尖部と呼びます)か真中あたりに小さな石灰化像が写っているのをそういわれているのだと思います。

結核に知らずに感染して、その残りがあるということですが(厳密には、初期感染のプライマリー・コンプレックスの治癒像といいます)、その所見自体は、めずらしいことではなくて、最近の頻度がどれくらいかわかりませんが、一定の年齢以上であれば10人に1人かもっとあるようなものです。

BCGのあとが肺に残ってるようなもの(←という例えは適当ではないかもしれません)し、ふつうはまったく気にしなくていいものです。

#ただし、高齢になって糖尿病なんかになって免疫の力が低下(免疫能の低下)してくると、そういう病変から結核が起こることはないことはないです。が、レントゲン写真にそういう所見がなくても、結核になる人はなりますし、気にすることはないです(咳が微熱が続くようなら、はやめに胸部レントゲン写真を撮ることはおすすめしますが)。

蛇足みたいなものですが、ちょっと前に、結核にかかりやすい体質みたいなのが遺伝的に解明されたって話題になったことがありますが、結核に感染して空洞ができて喀血で死んでしまうような人もいれば、t1515さんのように健全な免疫力をもって、結核菌を撃退してしまう人もいる。

ってことで、結核に強い体質をご先祖さまから受けついでるってことで、考えようによってはいいことでは。(^^)

おそらく胸部レントゲン写真で、大くは肺の上のほう(肺尖部と呼びます)か真中あたりに小さな石灰化像が写っているのをそういわれているのだと思います。

結核に知らずに感染して、その残りがあるということですが(厳密には、初期感染のプライマリー・コンプレックスの治癒像といいます)、その所見自体は、めずらしいことではなくて、最近の頻度がどれくらいかわかりませんが、一定の年齢以上であれば10人に1人かもっとあるようなものです。

BCGのあとが肺に残ってるようなもの(←という例えは適当で...続きを読む

Q父が肺ガンに・・医師に何を聞けば良いでしょうか?

56歳の父のことで相談です。

一ヶ月程胸に痛みがあり、ある晩その痛みが強くなり熱が出ました。
翌日、熱は下がり痛みも和らぎましたが、心配になり病院に行き、
レントゲン、CT検査をしたところ、肺に影があり、肺癌だと言われました。
(そこの病院で、いきなり本人に告知されてしまいました。)

後日、痰の検査をしたところ、これ以上はここの病院では出来ないと言われ、
市立病院を紹介され、市立病院でも、「そうだね、肺癌だね。すぐにでも一ヶ月位入院して点滴治療を」と言われましたが、
父は貯金も無いので(保険は3ヶ月前に加入したばかりの県民共済のみで給付がうけられるのか不安で)、
すぐには出来ないと、その日は更に検査と、他の検査の日程を組み帰りました。

明日、検査の結果と再度診察を受けます。
父が身内で頼れるのは娘の私しかいません。
なので私も父に付いて、詳しい説明を聞きに行こうと思ってますが、
わからない事ばかりなので、話を聞くポイント、聞くべき事を教えてください。

ちなみに、この症状だとの父は今どういう状態だと思われますか?
現在父は寝る時、胸が苦しく何度も寝返りをしないときついようですが、
我慢出来ない痛みではなく、仕事もしてます。
食欲も変わりなく痩せてもいません。禁酒禁煙もしました。

私は二十歳そこそこで、知識も無ければ、お金もありません。
父のことも凄く心配ですが、今後どのくらいお金がかかり、治療をしていく事が出来るのか心配です。
何かわかる事があれば、教えてください。
 

56歳の父のことで相談です。

一ヶ月程胸に痛みがあり、ある晩その痛みが強くなり熱が出ました。
翌日、熱は下がり痛みも和らぎましたが、心配になり病院に行き、
レントゲン、CT検査をしたところ、肺に影があり、肺癌だと言われました。
(そこの病院で、いきなり本人に告知されてしまいました。)

後日、痰の検査をしたところ、これ以上はここの病院では出来ないと言われ、
市立病院を紹介され、市立病院でも、「そうだね、肺癌だね。すぐにでも一ヶ月位入院して点滴治療を」と言われましたが、
...続きを読む

Aベストアンサー

医療費、療養費等の情報についてはNo1さんが既に書いておられる通りかと思います。

 現在のお父様の状態ですが断定的な事はこの場ではわかりませんが、初期の早期癌の類ではなさそうに思えます。
 これから諸検査をした後、ある程度はっきりとした検査結果が出てくると思います。肺癌にも幾つか種類があり悪性度が高いものから比較的進行が遅いものまであり発症する部位によっても予後は異なります。
医師から説明がある場合は外科的処置(手術)で取れるかどうか、
根治的治療が可能か否かをはっきり聞きましょう。
根治術が可能な場合はラッキーかと思います。
どの程度のリスクと有益性があるのかも聞いた方がいいでしょう。

 もし根治不可という事なら酷な話しになってしまいますが、
余命はどの位か、放射線、抗癌剤を使用した場合、それに対する感受性を持つタイプの癌の場合はどれくらいの余命が見込まれるか。

 これから大変かと思いますが一つずつしっかりと現実を受け止めていかなければならないかもしれません。
他に親族の方がいらっしゃらないようならば親友の方にでも結構ですので相談してみてはどうでしょう。話しをするだけでも精神的に少々落ち着けるのではないでしょうか。

参考URL:http://ganjoho.ncc.go.jp/pub/med_info/cancer/010202.html

医療費、療養費等の情報についてはNo1さんが既に書いておられる通りかと思います。

 現在のお父様の状態ですが断定的な事はこの場ではわかりませんが、初期の早期癌の類ではなさそうに思えます。
 これから諸検査をした後、ある程度はっきりとした検査結果が出てくると思います。肺癌にも幾つか種類があり悪性度が高いものから比較的進行が遅いものまであり発症する部位によっても予後は異なります。
医師から説明がある場合は外科的処置(手術)で取れるかどうか、
根治的治療が可能か否かをはっきり聞き...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報