人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

土壌改良剤として石灰はよく知られていますよね?
どうやら工事現場でも石灰は利用されているようです。
その石灰と土壌改良剤の石灰は成分に違いはあるのでしょうか?
工事現場の石灰は土壌改良剤として利用できますか?
教えてください。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

一般に石灰系の製品は次の種類があります。


生石灰・消石灰・炭カル(炭酸カルシウム)・苦土石灰などです。
土木などで使う石灰は消石灰の事もありますが、より強く固めるには生石灰を利用していると思います。
基礎部分の補強の為に生石灰を混和して鎮圧する事で、水分を含むと
消石灰となって固まり、簡易的なセメントのような効果があります。
いわゆる「たたき」を作ってしまうのです。
もっとも、一般住宅で「たたき」を作る時には消石灰を使いますが・・・

産地や地層で含有成分の違いはあるでしょうが、基本は石灰岩ですから
成分的には土木用も農業用も、そんなに差はないと思います。

ただ、土木用生石灰で、粉末なら良いですが、粒が1センチ以上の大きさで
包装される規格もあるようなので、その場合には分散させるのが難しいと思います。

それと生石灰は水分が加わると、火災を起こすほどの高温となりますので、
使用時の取り扱いや、残った場合の保管方法で十分な注意が必要です。
日本石灰協会・日本石灰工業組合のHP
http://www.jplime.com/top.html
その中の農業用
http://www.jplime.com/katuyou06.html
土木用
http://www.jplime.com/katuyou09.html

酸性土の改善には一般的に消石灰がよく使われますが、緩やかな効果や
費用的な事を考慮すると、炭カルの方が優位になることが多いです。
また、成分も考えると苦土(マグネシウム)の入った苦土石灰のほうが良いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい説明どうもありがとうございます。
とても参考になりました。

お礼日時:2004/10/20 23:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qぬかるんだ土を固める方法

最近家の近くの沼に水が殆どなくなり、ぬかるみ状態になりました。そこを通れると田んぼまでが近いので、挑戦してみましたが、段々深くはまっていって長靴が抜けなくなりました。工事する程でもないので、なにか水でぬかるんだ土を固める方法があれば教えて下さい。距離にすると100~200mくらい歩ける幅だけ固めれたらよいのですが。

Aベストアンサー

>・・段々深くはまっていって長靴が抜けなくな りました。・・

 この程度の状態は人荷重の問題ですので玉石等を歩く範囲に敷くのがよろしいでしょう。 
 これにより地盤の支持力があがりますので歩いたときに沈下がおさまれば後はムシロとかゴザなどを敷いて回りからの土砂をムシロで遮断することができるのであとの管理が楽になります。
 上位の行為がある一定期間経過すると最後に問題になるのが雨天時に土壌がぬかるんでしまうという現象です。
 
 これは土の粒子が細かくなりすぎて水を排水できなくなってしまうのが原因ですので、これを改善するには昔人が経験からやっていた土壌改良法が適切です。
 それは三和土というものですが、「三和土」。正しくはたたき(叩き)といいます。
 本来たたきは赤土+砂利+石灰に苦塩(にがり)を適度に混合することで土を固める効果がでます。

 わたしは手抜きをして現地土壌+石灰だけでおわらせています。 これだけでも十分な効果があり、養生期間が経過すれば雨の時でも泥などクツに付くことなく歩行できます。 さらに土が団粒化構造になりますので水はけもたいへん良くなります。(我が家でこれを実行する一番の理由は雑草よけなんですが・・・。何年も草取り不要です。)
 実際、これって立派な工事になるんですが。最低1週間はかかりますね、人力では。

>・・段々深くはまっていって長靴が抜けなくな りました。・・

 この程度の状態は人荷重の問題ですので玉石等を歩く範囲に敷くのがよろしいでしょう。 
 これにより地盤の支持力があがりますので歩いたときに沈下がおさまれば後はムシロとかゴザなどを敷いて回りからの土砂をムシロで遮断することができるのであとの管理が楽になります。
 上位の行為がある一定期間経過すると最後に問題になるのが雨天時に土壌がぬかるんでしまうという現象です。
 
 これは土の粒子が細かくなりすぎて水を排水でき...続きを読む

Q生石灰で地盤改良

盛土で仮設道路を作るのですが
土の含水費が高いので生石灰を混合しよう
と考えています。またその土を最終的には
畑に戻す工事なんですが畑の作物には影響が
でるのでしょうか?畑といっても梅の木だけです。
混合量は 1600m3に対して石灰32tです。(m3/20kg)
改良用ではなく農業用でも水気は飛ぶのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

仮設とはいえ、大型車が通るのであれば、工法的には・・・
敷き鉄板を使う。盛土との境目に分離用のシートを敷く。ということはお考えですか。
全体の沈下は途中であるかもしれませんが、盛り土をやっていく段階で下の地盤は排水固化して行くものと考えます。
現状復帰が言われている土壌に影響を与える物は基本的に使わないようにしたいです。

それでも最初の段階で対策を必要とする場合は、畝堀・排水、表土すきとり、その他の工法での水抜きをお勧めします。

Q石灰・・・ 生石灰 消石灰 について、 

石灰を水で固めて 硬くしたいのですが 


この場合 

 生石灰でしょうか、 消石灰でしょうか、

 
 また 
  石膏とは違うのでしょうか、、

 

Aベストアンサー

生石灰に水を加えたものが消石灰(激しく発熱します)。運動場のライン引きに入っているアレです。
消石灰は二酸化炭素と反応して固まる性質があります。
Ca(OH)2(消石灰)+CO2(二酸化炭素)⇒CaCO3(石灰石)+H2O(水:蒸発)
ただし、消石灰だけで固まるけれども、硬くはならず、脆いですね。

漆喰ってのは、扱いやすいように消石灰をにちょっぴり糊やツナギなどを混ぜたものです。
日本の土間である三和土(タタキ)も、消石灰を土と混ぜて、叩き締めて固めます。


石膏は石膏は硫酸カルシウム(二水石膏)CaSO4・2H20です。
別物です。

Q2つの違い?

生石灰と消石灰の違いがよく分かりません.誰か分かる人、
教えて下さい。あと、海苔とかに入っている乾燥剤は
上の(生石灰、消石灰)どっちなのですか?

Aベストアンサー

3の「希望」は、たしかにありますが、ここには「教えてください」「困っています」なんていうタイトルを平気で立てる人が毎日いますからねえ・・。

さて、基本的な回答は、1で出ていますから、補足を。
生石灰が水と反応して消石灰になりますが、乾燥剤のふくろをもって、「粒」が感じられたら、まだ「生石灰」が残っています。粉になっていたら、「消石灰」になって、吸湿効果はありません。

生石灰に水を加えると、発熱するので、以前、日本酒の「燗カップ」等に使われました。今でもあるかな?

昔は、運動場のライン引きは消石灰を使っていたのですが、アルカリ性で刺激が強いせいなのでしょう、最近は「炭酸カルシウム」(CaCO3)が使われているようです。(消石灰が二酸化炭素と化合すると、石灰石と同じCaCO3にもどります。)

同じような乾燥剤で「シリカゲル」は「物理的作用」によって水分子を吸着するのですが、生石灰は、化学反応で水と化合させるので、吸湿力は桁違いに高いです。

Qセメントと砂の配合について

モルタルを作る際のセメントと砂の配合についてなんですが、
一般的に1対2から1対3といわれてますがこれらはどういう違いが出てくるのでしょうか?
もし1対1とかにするとどうなりますでしょうか?

Aベストアンサー

no2で回答したものです。

ご質問の主旨がイマイチ解りませんが、
砂・セメントの調合比率と強度の関係を知りたいのでしょうか?

まず最初に、調合比率ですが、概ねセメント1に対して砂2~最大4ぐらいです。
この調合比率は 強度では無く用途で調合割り合いを変更するケースがほとんどです。

では次に、強度ですが、残念ながら1:2の場合は○○Nとか1:3の場合いには○○N と決まっている訳ではありません。 おそらく大学の研究室で実験しないと解らないと思います。

ちなみに、国土交通省が建築工事改修基準書という本を出していますが残念ですが その本にも強度は記載されていません。

では、どの様な基準があるか? となりますが、普通コンクリートの場合(コンクリートミキサー車で運んで来るものです) スランプ率15~18が一般コンクリート強度と表されています。
 しかし、普通コンクリート強度は、中に入れる鉄筋の太さ、数量などで強度が変わって来ますので、それ自体では強度の計算も確認もできないのが実際です。

ゆきつくところ、実際 砂セメントの調合比率・添加する水の量でどれだけの強度となるのかを知っている人は居ないということですし、調合比率で A+B=C みたいな計算式は成り立たないということです。

例えば、厚さ15センチのモルタルの板でも、ごく普通のサラリーマンでもハンマーで割ることが出来ます。

ですので、砂・セメント・水の調合比率で強度を計算することは不可能です。 どうしても知りたければ、大学の研究室に依頼して実験をしてもらう以外にないと思います。

最後に、最初に調合比率は用途でほほ決まると書きましたが、これも左官屋さんの経験値で変わります。
例えば、壁とかを塗る場合には、1:2 ぐらい
土間などを打つ時は(駐車場など)1:3 ぐらい
捨てコン とか、敷石などを固定するときなどは 1:4ぐらい
が一般的です。
『ぐらい』としか書けないのは、その時の施工条件、気温、湿度、施工部位、目的、砂質などで毎回変わるからです。そしてそれらを決めるのは左官屋さんの経験値と腕です。

いずれにしましても、大工にしても、塗装にしても左官にしてもそうですが、職人は今の時代でも 大工10年 左官7年 塗装3年 ぐらいの修行は最低して来ないと一人前と認められません。
つまりは、『こうすればこうなる』などという簡単な公式はありませんので それだけ経験して、実際に勉強してやっと一人前になるぐらいの難しさがあるということです。

no2で回答したものです。

ご質問の主旨がイマイチ解りませんが、
砂・セメントの調合比率と強度の関係を知りたいのでしょうか?

まず最初に、調合比率ですが、概ねセメント1に対して砂2~最大4ぐらいです。
この調合比率は 強度では無く用途で調合割り合いを変更するケースがほとんどです。

では次に、強度ですが、残念ながら1:2の場合は○○Nとか1:3の場合いには○○N と決まっている訳ではありません。 おそらく大学の研究室で実験しないと解らないと思います。

ちなみに、国土交通省が建築工...続きを読む

Q真砂土+石灰

教えて下さい。真砂土と石灰を混ぜると固まると聞きました。真砂土とは一般的に言う左官砂の事でしょうか?それともサバ土?あと真砂土と石灰を混ぜる配合比率を教えて頂きたいと思います。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

いいえ違います。左官砂の多くは海砂で、稀にですが川砂を使用する
事もあります。川砂は海砂に比べて高いので、ほとんどの左官の方は
海砂を使われています。セメントに混ぜるのも海砂がほとんどです。

さて真砂土ですが、これは一般的には山砂と呼ばれています。真砂土
は花崗岩が風化して出来た土で、ABCとセレクトに分類されます。
A真砂土は樹木を植栽する時に使用したり、宅地造成で工事の最後で
土の表面を仕上げる時の化粧砂として使用されます。
A真砂土を更にフルイに掛けて細かな粒にした物を、芝生を張った時
の目土として使用します。
真砂土は粘質が多く粒子が細かいので、通気性や排水性が悪いため、
バーク堆肥等を混ぜ込んで土壌改良をして使用します。
この事から分かるように、左官砂とは違う事は理解して貰えますね。

真砂土と石灰を混ぜるのは、最近になって行われ始めたのではありま
せん。セメントが使われる前から使われていたようです。
今は土間と言う言葉は残っていますが、コンクリート張りの土間では
なく、本来の土間を持つ家は少なくなりました。
本来の土間は山砂に石灰を混ぜた物でした。浸透性や通気性に優れて
いるし、凸凹になっても元々ある土を使用して張り替える事が出来る
ので、昔は何処の家庭でも使われていたようです。
それを今風に改良した物が「固まる土」です。

混ぜ合わせる比率ですが、これはセメントの時と全く同じです。
セメントに砂を混ぜて水で練った物をモルタルと言いますが、セメン
トに砂を混ぜて水を入れないで練った物をカラ練りと言います。
カラ練りは排水溝を設置する時等に、高さを調整する時に使います。
土間張りに使用する物は、このカラ練りのセメントと同じ状態で使用
します。モルタルのように水は混ぜません。

比率ですが、基本は石灰1:真砂土3です。これはセメントの袋の裏
に書かれています。
セメント1:砂3と書かれている砂とは、一般的には川砂の事を言い
ます。海砂には微量ですが塩分が残っていますが、この微量の塩分が
コンクリートの強度を弱めるとされていますが、川砂を使うとコスト
が高くなるため、今は何処でも海砂を使われているようです。
セメントに砂(川砂)を使うなら1:3で、セメントに砂(海砂)を
使うなら1:2です。

余談ですが、この土を使う時には絶対に水は混ぜてはいけません。
入れる部分に入れてから、表面を均等に均して自然に固まるまで待ち
ます。ほとんどの場所で使えますが、入れる下にコンクリートが既に
張られている時は、この土は使用できません。土を入れる地盤が庭土
や普通の土である事が条件です。

いいえ違います。左官砂の多くは海砂で、稀にですが川砂を使用する
事もあります。川砂は海砂に比べて高いので、ほとんどの左官の方は
海砂を使われています。セメントに混ぜるのも海砂がほとんどです。

さて真砂土ですが、これは一般的には山砂と呼ばれています。真砂土
は花崗岩が風化して出来た土で、ABCとセレクトに分類されます。
A真砂土は樹木を植栽する時に使用したり、宅地造成で工事の最後で
土の表面を仕上げる時の化粧砂として使用されます。
A真砂土を更にフルイに掛けて細かな粒にした物を、...続きを読む

Q土が すごい粘土質なのですが

自宅を購入したのでうが、すごく土が粘土質で
植物が育つか心配です。
なるべく費用をかけず、(労力はあるのですが)
ハーブをいろいろ栽培したいのですが
どなたかよい知恵がありましたら
教えてほしいのですがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 粘土質の土壌だから全く駄目というわけではありません.粘土質の特徴は水はけが悪い事、また、土がつまり気味で土の中に酸素などが入りにくい事です。ですが一方では保肥力や保水力に優れています。私の畑は1m掘っても砂ばかりで、水はけは良いのですがいくら肥料をやってもその養分は水とともにあっという間に下に流されてしまいます。保肥力がないのですね。だから長所を生かし短所を工夫すればよいのです。
 まず、費用を出来るだけかけないで粘土質の改善をしましょう。一つはモミガラの投入です。モミガラは近年農家の嫌われ者でまず無料でもらえます。モミガラを生で投入すると腐植の時に回りの窒素を浪費するので生の投入に警告する先生もおられますが、私はずっと生で投入していて何ら弊害はありません。良く耕せば良いだけの話です。モミガラは土を柔らかく綿のようなフワフワの土にするのに大変効果があります。次にタダの材料は枯葉です。これは山に行けば全国どの地方でもあるでしょう。枯葉は出来るだけ繊維質の多いものを選びます。丸い葉より針葉樹の松葉なんかは最適です。松葉はヤニがあるので畑に入れてはいけないと昔からいわれてきました。しかし、私は十数年松葉を投入し続けてきましたが良い事ばかりです。最後はやはり「砂」でしょう。粘土質の特徴を少しでも弱めるには砂が一番です。これは少し出費になりますが、これだけは必要です。
 それと一番大切なことは、これらの土壌改良剤を投入してよく耕す事です。何回も耕す事でモミガラや松葉の不安点も解消されます。そして徐々に粘土質の土壌と土壌改良剤とが融和して一つの新しい土に生まれ変わっていくでしょう。

 粘土質の土壌だから全く駄目というわけではありません.粘土質の特徴は水はけが悪い事、また、土がつまり気味で土の中に酸素などが入りにくい事です。ですが一方では保肥力や保水力に優れています。私の畑は1m掘っても砂ばかりで、水はけは良いのですがいくら肥料をやってもその養分は水とともにあっという間に下に流されてしまいます。保肥力がないのですね。だから長所を生かし短所を工夫すればよいのです。
 まず、費用を出来るだけかけないで粘土質の改善をしましょう。一つはモミガラの投入です。モミガ...続きを読む

Q消石灰について

生石灰を水につけると発熱いたしますが、消石灰は発熱しないと存じていたのですが、実際消石灰を水に着けたら60℃近くまでに発熱いたしました。事実はどうなのでしょうか?
また、酸化カルシュ-ムとアンモニア臭の関係も同時にお願い出来ますか?(ちょっと漠然すぎますが)

Aベストアンサー

ご指摘のとおり,消石灰(Ca(OH)2)の溶解度は,非常に小さく,溶解発熱がある仮定しても,60℃もの発熱は説明できません。したがって,水,あるいは消石灰に原因があるものと推測します。
・・・あくまでも推測ですから,あしからず・・・・

消石灰が,完全にCa(OH)2になっておらず,一部にCaO,が残っている場合,おっしゃるように水和熱が発生します。
これが,原因として非常に可能性が高いと推測します。

消石灰は一部水に溶けて強アルカリ性を示します。仮に,混ぜた水が酸性雨などのように酸性を示すものであったら,中和反応により発熱が起るはずです。

酸化カルシウムは,大気中で二酸化炭素と反応して,炭酸カルシウム(CaCO3)を生成します。ただし,CaOは一部,炭化カルシウム(CaC)が混ざっていることがあり,これが,空気中の水と反応してアセチレン臭を放つことがあります。
アンモニア臭ということですが,
・・・はっきりと原因はわかりません・・・
お役に立てず,ゴメンナサイ。

Qm3→tへの変換方法

土木関係初心者です。
コンクリートガラの計算で単位が「m3」になっているものを、「t」にして記入しなければいけない書類があるのですが、どうやって変換しらよいのかわかりません。

ちなみにもとの数量は、2378m3で代価表には「1.0m3あたり2.35t」となっています。
単純に2378×2.35=5588.3tでいいものなのか悩んでいます。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

1.0[m3]当たり2.35[t]ですか.
2.0[m3]当たりは何トンになりますか?
3.0[m3]だったら?

2378[m3]だったら?
って考えればいいのでは?

Q田の土を固める方法

よろしくお願いします。
10年ほど休耕田で放置してあり草刈りをしました。田んぼの土が非常に軟らかくて長靴が膝まで入っていく次第です。当然トラクターも入れません。入るとすぐに嵌ってしまいます。いままで枯れ草が倒れた状態で、田を覆っており日光が当たらず、湿気の強い沼地のようになっていたと思います。そこで、現在草を刈り、土の色が見える状態にまでしたんですが、未だに、土がゆるくて、トラクターが入れません。固めるには、石灰をまけば良いのでしょうか?またどんな方法があるか教えてください。具体的に商品名かURLお願いします。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

関東ロームしか、実行経験がありません。

海砂、トン380円。10アールあたり5トンくらい入れたかな(軽トラック1台500円という販売で重さを計っていません)。暗渠排水の上にいれて、湧水の水が地表にとどまることがなく、暗渠排水路にきれいに流れる様にしました。
現在、近所で海砂の販売がなくなり、川砂だけです。
明治時代にかいでんされた土地では、鹿沼軽石層(鹿沼土)をまぜて、排水を確保しています。

暗渠排水が壊れている場合には、復旧工事をしてください。

「トラクター」は、5-10馬力程度の軽い機械として回答しています。

>っているので見つけ次第撤去です、
私はあきられました。近所で川にたまった泥を浚渫する工事が行われたときに、無料で搬入を依頼し、40台ぐらい入れました。1mくらい高くなりました。乾くのに半年かかりましたが、乾いてしまえば畑になりました。しかし、大量の砂利が混ざっています。取り除くのがめんどうで、そのまま作付けしています。石蔵が2つや4つできてしまいますから。砂利まじりの土をトラクターでたがやすときには過負荷に注意してください。2回エンジンを焼いて、1台ロータリーを壊しましたから。

水田の土を筒状にとって、乾かしてみてください。どの程度収縮するか、を測定します。10cmの土を取って乾かしてみたら5cmになった。としたら、畑の土を5cm入れてみます(トラクターが入れないので人力です)。手で耕して(まんのう、3又鍬又は4又鍬で耕せば、体ができていれば1日1反は耕せるでしょう)、今年は作付けします。来年、同じように計ってみて、畑の土を入れます。人が入れるくらい硬くなったらば、掘って暗渠排水を作ってください。近所では、竹を3本束ねて入れて配水管の代用とし、その上に葉付ささを敷き詰める方法が一般的です。

関東ロームしか、実行経験がありません。

海砂、トン380円。10アールあたり5トンくらい入れたかな(軽トラック1台500円という販売で重さを計っていません)。暗渠排水の上にいれて、湧水の水が地表にとどまることがなく、暗渠排水路にきれいに流れる様にしました。
現在、近所で海砂の販売がなくなり、川砂だけです。
明治時代にかいでんされた土地では、鹿沼軽石層(鹿沼土)をまぜて、排水を確保しています。

暗渠排水が壊れている場合には、復旧工事をしてください。

「トラクター」は、5-10馬...続きを読む


人気Q&Aランキング